【後編】俺「自分の名前をひらがなで書けるようになった」従姉妹「自慢うざ」→小さい頃に些細な事で喧嘩して以降、大嫌いだった従姉妹の話をするback

【後編】俺「自分の名前をひらがなで書けるようになった」従姉妹「自慢うざ」→小さい頃に些細な事で喧嘩して以降、大嫌いだった従姉妹の話をする


続き・詳細・画像をみる

2:
浮かれていると、今度は従姉妹が俺を責めだした
従姉妹「アンタずっと前からさとみとだけ連絡とってたんやろ?それも腹立つし」
従姉妹「それ以前に何で○高行ったんやし、普通こっち来るだろ!」
従姉妹「あの時も何も言わんとうやむやにするし!」
従姉妹「ってか今日やってさとみとばっかり楽しそうに話して、意味解らん!」
早口でダーッと言われたから、聞き取れたのはこれくらい
俺は従姉妹がこんな事考えてるなんて思いもしなかったから、ただ呆然として
俺「…ゴメン」
としかいえなかった
124:
両想いやんけ
125:
従姉妹「…まあ、それはもう許す、今更言ったってしょうがないし」
俺はここで滅茶苦茶安心した、しかしそれも束の間
従姉妹「で?あの時何言おうとしとったん?」
俺「………あの時?」
従姉妹「は?何とぼけとん?中三の時の夏休み!うちで花火した時!」
俺「…あー、オッケーオッケー、解った」
従姉妹「で?何なん?」
俺「………」
緊張した、けど、ここしかないって思った
127:
従姉妹「………はよ」
俺「………好き、多分」
従姉妹「え?誰が?誰を?」
俺「俺が、お前を」
従姉妹「多分って何?」
俺「…多分じゃない、絶対、ていうかめちゃめちゃ好き」
従姉妹「………うん、よろしい」
ここで「何?誰が?誰を?」「多分って何?」って詰め寄られたのは超ハッキリ覚えてる
128:
俺「…で?」
従姉妹「ん?」
俺「いや、返事」
従姉妹「…んー………内緒」
俺「お前ふざけとんか!」
従姉妹「あはは、ゴメンゴメン、からかっただけ」
従姉妹「…アタシも好き、多分」
俺「多分?」
従姉妹「もーうっさいなー、絶対!滅茶苦茶大好き!これで良い?」
俺「…おう、よろしい」
この時は平静を保つのに必死だった
あの時のリベンジをできたのが嬉しかったし、両思いになれたのも嬉しかった
何より従姉妹が可愛過ぎた
130:
そのまま二人の昔の話して、まさかなーとか、全然予想できんかったわーとか言ってた
帰りの車では、行きと同じグループ分けだったけど
大きく違うのは俺の隣に従姉妹が座ってたってところだった
従姉妹は俺にもたれかかってスースー寝息立てながら寝てて、俺はドキドキして固まってた
131:
それからはちょくちょく会うようになって、ゆっくり距離を縮めていった
デートもしたし、お互いのどこが好きか、何故好きになったか、みたいな暴露大会もやった
ケンカは全くしなかった、でも従姉妹はケンカをしてみたいみたいで「ケンカごっこしよーでー」とか訳わからないこと言われた
卒業後は、従姉妹は大学進学、俺は製薬会社に就職、とそれぞれの道を歩んでいた
132:
ごめん、今日はここまで
思ったより早く終わりそう、後1?2日くらい
質問とかあれば、答えるかも
134:
あ、今見直したら訂正ある
名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 23:35:07.37 ID:ySVmJicJ0
従姉妹「…な」
俺「ん?」
従姉妹「ありがとうな!」
俺「?は…?」
従姉妹「だって優アタシの事励ましてくれたし、いっつも話しかけてきてくれたし」
俺「あ、おお…」
従姉妹「あのおかげで大分楽になったんで、ありがとうってこと」
俺「ああ、別にいいけど…」
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>74
の従姉妹の台詞の優ってとこアンタに脳内補完しといて
133:
さとみちゃんは内心ガッカリだったのか
>>1の気持ち分かっててこれが目的だったのか
135:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 01:54:29.96 ID:qtHm3kr+0
さとみちゃんは内心ガッカリだったのか
>>1
の気持ち分かっててこれが目的だったのか
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>133
わからんけどさとみのお陰で付き合えたんだし、感謝してる
145:
進学校の受験生に車の免許持ってるやつなんかそんないねぇだろ。しかも野球部はありえん
147:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 18:42:27.83 ID:EsyFmVTG0
進学校の受験生に車の免許持ってるやつなんかそんないねぇだろ。しかも野球部はありえん
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>145
ごめん書き方が悪かった
野球部の子の家が車出してくれたってこと、後さとみもそう
ちなみにごちゃごちゃするかと思って省いたけど、その子とさとみの親も一緒だった
誤解させるような書き方してスマン
148:
じゃあ続きからぼちぼち書いていく
ここからの話は俺社会人、従姉妹大学生だな
俺の入った製薬会社はそこそこ給料も良くて、結構忙しい時もあるけどブラック何かじゃない
良い会社に入れたと思ってる
一方従姉妹は他県の大学へ行って、一人暮らし
入社1年目は慣れない生活に戸惑う事もあったけど
長期休みには従姉妹が帰って来て、お互い励ましあいながら頑張ってた
150:
従姉妹「なぁー」
俺「ん?」
従姉妹「ちょーこっち来てー」
俺「どしたん?」
従姉妹「ん」
俺「……はい」
従姉妹「ん、よろしい」
従姉妹の「ん」は、ハグの合図だった
最初言われた時は何をしていいか解らなくて、従姉妹に理不尽に怒られた
151:
従姉妹「おい」
俺「おいってお前……何?」
従姉妹「今日どっか行かんの?」
俺「…行きたいん?」
従姉妹「うん」
俺「…ほな行こうか、どこがいい?」
従姉妹「…優と一緒だったらどこでもいいー」
俺「ふーん」
従姉妹「………ツッコンでよ、滅茶苦茶恥かしいけんな、コレ」
中々会えないようになったからか
たまの二人きりの時間にはこんな風に甘えてきて、その分可愛さも増した
152:
入社2年目、任される仕事も徐々に増えてきて以前より忙しくなり、
せっかく従姉妹が帰ってきてるのに会えない、という事も少なくなかった
すれ違いに焦りを感じていたし、その事でストレスも溜まっていたし、
何より俺が「会えない」と告げたときの
「…うん、解った……あ、仕事頑張れよ」
という返事を聞くのが辛かった
昔の従姉妹だったら怒ってただろうなーとか、もう何回断ったかなーとか、
色々考えているうちに罪悪感で胸がいっぱいになった
きっとこの頃から俺達の関係は狂い始めてたんだろう
153:
入社3年目、仕事は更に増え、後輩に指導する事も多くなった
極力従姉妹に合わせて休みを取るようにしていたため、合う頻度は2年目と変わらなかった
そして、中学以来全くしていなかったケンカをするようになった
従姉妹が、「…何か今日機嫌悪いな」とか「最近何かおかしいよ!」とか言いだす
もちろん俺はそんなつもりは毛頭ないから弁解する
しかし従姉妹は認めず「嘘!」「嘘じゃないって」「だって…!」「それは…!」
のような感じで水掛け論が始まって、ケンカ
154:
よく、『ケンカの原因はささいな事が原因』っていうのを聞くけど、それを嫌なほど実感した
その後一人になると、
何でもっと冷静になれなかったのか、また貴重な時間をケンカで潰してしまった、と自責の念にかられた
俺達の間にできた溝はどんどんどんどん深くなっていって、
その年の冬、俺達は悪い関係を修繕できないまま、別れた
155:
入社4年目、あれだけ必死にやっていた仕事が、どうでもよく思え始めた
いや、仕事だけでなく何もかもが鬱陶しくなって、
俺に気を使ってくれていた同僚や家族にも当たり散らかした
このままではダメだと思い、何とか従姉妹を忘れようとした
けど、二人で歩いた道を通るたび、一緒に行った場所を訪れるたびにアイツの事が思い出されて、
そのたびに心が痛んだ
俺の家の自室なんかもってのほかで、特に強い思い出が残ってる場所だった
156:
キスとか行為は?
158:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 20:32:49.63 ID:5T+l0yGO0
キスとか行為は?
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>156
この時はもうしてる
157:
だから俺はこの年一人暮らしを始めた
マンションを借りて、初めての一人暮らし
忙しさで気が紛れるかもしれないと思っていたけど、そんな事はなく、今までどおりの寂しさが俺を襲った
何をやっても俺の中には従姉妹がいて
どうしても従姉妹を忘れる事ができない、なら、もう従姉妹を嫌いになってやろうと思った
好きだと思うから辛い、だったらいっそ…という苦肉の策だった
従姉妹を恨むのは筋違いだし、情けない方法だと思う
けど意外なことに効果はあり、こうしたお陰で大分楽になったのも事実だった
160:
その年の冬にはもう家事もある程度できるようになっていた
とは言っても、まだまだ下手糞の領域だと思うけど
で、正月に仲の良い同僚と初詣に行った
深夜とはいえお正月、初詣に来ている人はたくさんいた
俺がその人ごみを眺めていると、その中に従姉妹が居た
見間違いかと思って、もう一度見る
すると、もうその場所には居なかった
俺は同僚をおいて、さっき従姉妹が居た方向へ走った
従姉妹は直ぐに見つかった
161:
俺「…おい!」
従姉妹「!…あ、優!何で…ってそりゃそうか……どしたん?」
俺「ん、いや……えーっと…まあ、久しぶり…」
従姉妹「…うん、久しぶりやな」
俺「…誰と来たん?(従姉妹の)母さん?」
従姉妹「と、弟と」
俺「そっか……あの、ちょっと一緒に周らん?」
従姉妹「………うん、いいよ」
何も考えず突っ走った俺は、しどろもどろになりながらも従姉妹を誘った
162:
他愛ない話をしながら一通り周った後、神社の脇に生えている大きな木の根元に腰を下ろした
俺「なあ」
従姉妹「ん?」
俺「…何か、最後ケンカ別れみたいになったやん」
従姉妹「…そうやなー…」
俺「あの後な、丁度一年くらいか、めっちゃ後悔した」
従姉妹「…」
俺「忘れようとしたり、嫌いになろうとしたりしたけど、無理だった」
従姉妹「…」
俺「…やっぱ俺お前の事好きやけん…今度は絶対幸せにするけん、俺ともう一回付き合ってほしい」
164:
従姉妹「…そんな事言ったって、またケンカするかもしれんし」
俺「それは、俺が悪かった、お前がせっかく会いに来てくれたのに仕事ばっかりやし、最低やな」
俺「でも今度はいける、何よりもお前を大切にするけん」
従姉妹「ん………私も、辛かった」
俺「…うん」
従姉妹「迷惑かけたらいかんかな、とか思って我慢しとったけど…アタシが間違っとった…」
従姉妹「…ずっと、もっとちゃんと話あったらよかったって…」
俺「…今度は話し合いしよう、何でも言い合って、本音言って」
従姉妹「…うん、うん、アタシも、好きだった…ずっと…こんなアタシで良かったら、もう一回付き合って…」
俺「うん、俺はお前がいい、お前意外考えられんけん」
従姉妹「…うん」
そういう訳で、俺と従姉妹はもう一度付き合う事になった
ちなみにこの後、従姉妹のお母さんに謝ったり、同僚に謝ったり、大変だった
166:
さて、これで俺の従姉妹の話はおしまい
俺の文章力が無かったせいで誤解を与えたり読み難かったりしたと思うけど
それでも読んでくれた人、レスしてくれた人ありがとう
165:
つきあってること身内には報告してたの?
167:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 20:52:45.15 ID:5T+l0yGO0
つきあってること身内には報告してたの?
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>165
高校3年の時、俺等から報告したわけじゃないけど
従姉妹と俺の母さんに同時期に聞かれて「付き合ってる」って答えた
168:
これで今に至るって感じなのか?
169:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 21:02:01.82 ID:OvRDm4msP
これで今に至るって感じなのか?
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>168
そう
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 20:37:24.92 ID:a/SrL6Rt0
その年の冬にはもう家事もある程度できるようになっていた
とは言っても、まだまだ下手糞の領域だと思うけど
で、正月に仲の良い同僚と初詣に行った
深夜とはいえお正月、初詣に来ている人はたくさんいた
俺がその人ごみを眺めていると、その中に従姉妹が居た
見間違いかと思って、もう一度見る
すると、もうその場所には居なかった
俺は同僚をおいて、さっき従姉妹が居た方向へ走った
従姉妹は直ぐに見つかった
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>160
からの正月は、今年の正月の事
170:
お疲れ!
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 20:51:51.08 ID:a/SrL6Rt0
従姉妹「…そんな事言ったって、またケンカするかもしれんし」
俺「それは、俺が悪かった、お前がせっかく会いに来てくれたのに仕事ばっかりやし、最低やな」
俺「でも今度はいける、何よりもお前を大切にするけん」
従姉妹「ん………私も、辛かった」
俺「…うん」
従姉妹「迷惑かけたらいかんかな、とか思って我慢しとったけど…アタシが間違っとった…」
従姉妹「…ずっと、もっとちゃんと話あったらよかったって…」
俺「…今度は話し合いしよう、何でも言い合って、本音言って」
従姉妹「…うん、うん、アタシも、好きだった…ずっと…こんなアタシで良かったら、もう一回付き合って…」
俺「うん、俺はお前がいい、お前意外考えられんけん」
従姉妹「…うん」
そういう訳で、俺と従姉妹はもう一度付き合う事になった
ちなみにこの後、従姉妹のお母さんに謝ったり、同僚に謝ったり、大変だった
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>164
がこの正月になるのかな?
ちゃんと気持ちを伝えられるようになった>>1はカッコイイよ
172:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 21:03:54.35 ID:qtHm3kr+0
お疲れ!
>>164
がこの正月になるのかな?
ちゃんと気持ちを伝えられるようになった
>>1
はカッコイイよ
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>170
ありがとう、お前のレスに大分励まされたよ
気持ちを言えたのは、今度こそお互いの気持ちを伝え合っていこうって思いの表れだと思う
171:
>>1
早くプロポーズしろ。
173:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 21:05:27.18 ID:OvRDm4msP
>>1
早くプロポーズしろ。
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>171
早くないかw
まだ付き合って一週間くらいだぞw
174:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 21:07:07.72 ID:a/SrL6Rt0
>>171
早くないかw
まだ付き合って一週間くらいだぞw
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>173
生活の基盤はできてるんだから婚約しろ。
177:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 21:07:54.67 ID:OvRDm4msP
>>173
生活の基盤はできてるんだから婚約しろ。
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>174
まあ結婚したいって願望はある
お互い落ち着いてきたらさらっと言うつもり
175:
書き終わってみて、
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 21:03:54.35 ID:qtHm3kr+0
お疲れ!
>>164
がこの正月になるのかな?
ちゃんと気持ちを伝えられるようになった
>>1
はカッコイイよ
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>170
までに収まったのに驚いてる
体感では凄く長く感じたのにな、字にするとこんだけなのかー
176:
ソイジョイ作る仕事か?
178:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 21:09:20.06 ID:WuKEKdQk0
ソイジョイ作る仕事か?
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>176
…ノーコメント
179:
同僚大丈夫か
180:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 21:13:10.26 ID:TrULg+f50
同僚大丈夫か
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>179
同僚は「まあ俺が強引に誘ったんやしな、でも嫌なら嫌って言えよー」って勘違いしてた
だからめっちゃ謝った後、誤解も解いた
181:
結構振り回しちゃったみたいだから
婚約までいかんでもとりあえず結婚を前提にぐらいには
誠意見せとかないとダメなんちゃうか
183:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 21:18:42.81 ID:ryJFqL6S0
結構振り回しちゃったみたいだから
婚約までいかんでもとりあえず結婚を前提にぐらいには
誠意見せとかないとダメなんちゃうか
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>181
うん、従姉妹は日曜日に帰って今居ないから
また帰ってきたときに言おうと思う
やっぱりこういうのは会って話したいし
182:
私も従兄弟に恋したことあるし、元カレが四国民で親近感沸いて見てたよ
現在進行形で良かった
これからもきちんと気持ち伝えて頑張ってね
183:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 21:19:19.49 ID:qtHm3kr+0
私も従兄弟に恋したことあるし、元カレが四国民で親近感沸いて見てたよ
現在進行形で良かった
これからもきちんと気持ち伝えて頑張ってね
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>182
何か急に親近感湧いて来たわw
ありがとう、絶対に幸せにする
184:
よかった
おめでとうございます
185:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 21:23:10.44 ID:/aiCnv5z0
よかった
おめでとうございます
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>184
ありがとう、保守嬉しかったよ
186:
ハッピーエンドで良かった!
お幸せに!
187:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 21:28:20.53 ID:HM9YqMcmi
ハッピーエンドで良かった!
お幸せに!
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>186
ありがとう!
まだまだこれからだから頑張っていく!
188:
終わったから話すが、実は俺の両親も従兄妹同士なんだよ。
だから>>1も何とかしてみろb
189:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 21:30:53.09 ID:OvRDm4msP
終わったから話すが、実は俺の両親も従兄妹同士なんだよ。
だから
>>1
も何とかしてみろb
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>188
マジか!
だからあんなに婚約進めて来たのかw
任しとけb
190:
仲が直ったのならそれは良かった
リア充じゃないから暇なので結婚まで保守してやろうか?ww
まぁ頑張れよ!
191:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 22:29:52.48 ID:Q4lWmVAN0
仲が直ったのならそれは良かった
リア充じゃないから暇なので結婚まで保守してやろうか?ww
まぁ頑張れよ!
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>190
ありがとう
保守の件については実はどうしようか迷ってる
俺の予定だと
>>500
は行く予定だったからなぁ、ちょっと省きすぎた
194:
省いたところを遡って書いてくれてもいいのよ
196:
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 23:19:00.38 ID:P43Csjlu0
省いたところを遡って書いてくれてもいいのよ
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>194
そうだなー…でも遡るとゴチャゴチャになっちゃいそうだからな…
それに何から書けばいいかわからないし、あ、リクエストがあれば(従姉妹との絡みとか)そこ書くけど
200:
だけんワシが言うたやろが!
S工業行かんとS高に行けと。そしたら話は早かったんや
とにかく復縁おめでとう。絶対幸せになってね。
ワシの分まで(´;ω;`)
208:
名も無き被検体774号+ 2014/01/08(水) 03:30:07.44 ID:26MQu7jp0
だけんワシが言うたやろが!
S工業行かんとS高に行けと。そしたら話は早かったんや
とにかく復縁おめでとう。絶対幸せになってね。
ワシの分まで(´;ω;`)
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>200
そうだなーそうしてたらこんな回り道しなかったかも、でも逆に付き合ってなかったかもしれない
ワシの分までとか悲しい事言うなよw
きっと幸せになれるよ
207:
青春やね?羨ましいわw
209:
名も無き被検体774号+ 2014/01/08(水) 15:02:38.69 ID:nKQCBfYH0
青春やね?羨ましいわw
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>207
社会人からは青春って感じがしないんだが…w
羨ましがられるのは素直に嬉しい
199:
付き合い始めて、どのタイミングでキス&行為に到ったか知りたいな
210:
名も無き被検体774号+ 2014/01/08(水) 00:25:07.39 ID:KuDp5M8b0
付き合い始めて、どのタイミングでキス&行為に到ったか知りたいな
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>199
ちょっと待ってて
211:
行為は社会人1年目の時
俺の家で、良い雰囲気だったんでその場の流れでだった
キスは少し長くなる
212:
高校3年生の冬
付き合って何ヶ月か経ってたんだけど、お互いにまだ上手く接せてなかった
いや、今までどおり接せてたんだけど、それじゃダメというか
会話も態度も、どうしても仲の良い友達同士のものになってた
もちろんそれだけで、従姉妹と一緒に居れるだけで嬉しいんだけど、
やっぱり少しは恋人らしい事もしてみたかった
どうにかしようとあの手この手を試したんだけど、もう従姉妹に対するソレが体に染み付いてて、
恥かしいやら照れくさいやらで、全部失敗に終わった
そんな俺の苦悩を打ち払ったのは、
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 01:52:28.20 ID:a/SrL6Rt0
それからはちょくちょく会うようになって、ゆっくり距離を縮めていった
デートもしたし、お互いのどこが好きか、何故好きになったか、みたいな暴露大会もやった
ケンカは全くしなかった、でも従姉妹はケンカをしてみたいみたいで「ケンカごっこしよーでー」とか訳わからないこと言われた
卒業後は、従姉妹は大学進学、俺は製薬会社に就職、とそれぞれの道を歩んでいた
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>131
に書いた従姉妹主催の『暴露大会』なるものだった
213:
従姉妹「なぁー」
俺「ん?」
従姉妹「ちょっとこっち来てー」
俺「何?」
従姉妹「よし、そこへ座って」
俺「…ん」
従姉妹が座っているベッドの上に、向かい合わせになるようにして腰を下ろした
214:
従姉妹「いくよー………ででーん!第一回、暴露大会スタートー!」
俺 ビクッ
従姉妹「えー、この大会はー恥かしい事をー赤裸々に告白しちゃおう!という大会でーす」
従姉妹「あ、主にアンタのな」
俺「…は?」
従姉妹「ほなけん、色々質問をし合って、それには絶対に答えないかんっていうゲーム」
俺「…何か恥かしいけん嫌や」
215:
従姉妹「じゃあ一個目なー、えーっと…えー…あ、初恋は誰?」
俺「ちょ待てよお前、俺嫌って言っただろ?」
従姉妹「えーそんな事言うんー?うわー…嫌いになるよー…?」
俺「え…」
というような感じで告白を余儀なくされ、正直に質問に答えた
質問の割合は、従姉妹の質問5回につき俺の質問1回、
でもそんな我侭な所も好きだったので許した
216:
そのまま質問は続いていって、もう何問目かも忘れた頃
従姉妹「…じゃあ次はー、アンタはこのままで良いと思うー?」
俺「ん?どういう事?」
従姉妹「んー…この関係のままで、みたいな?」
俺「あー、そういう事………嫌」
従姉妹「ん、次、ならどうしたい?」
俺「…何かもっと恋人らしい事とかして、イチャイチャ、したい」
従姉妹「ほーほー…次、具体的には?」
俺「え…」
従姉妹「…はよはよ」
俺「………キス、とか?」
217:
従姉妹「…ふーむ、次は…」
俺「待ってそろそろ俺の番じゃない?」
従姉妹「そっか、じゃどうぞ」
俺「お前は…どうしたい?具体的に」
従姉妹「…んー………いいよ」
俺「具体的には?」
従姉妹「…」
俺「…はよはよ」
従姉妹「……あほ、ヘタレ、………キス」
この後キスした
これが俺と従姉妹の初キス
218:
名も無き被検体774号+ 2014/01/08(水) 20:37:16.72 ID:/kZh/p3a0
従姉妹「じゃあ一個目なー、えーっと…えー…あ、初恋は誰?」
俺「ちょ待てよお前、俺嫌って言っただろ?」
従姉妹「えーそんな事言うんー?うわー…嫌いになるよー…?」
俺「え…」
というような感じで告白を余儀なくされ、正直に質問に答えた
質問の割合は、従姉妹の質問5回につき俺の質問1回、
でもそんな我侭な所も好きだったので許した
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>215

名も無き被検体774号+ 2014/01/08(水) 20:41:52.42 ID:/kZh/p3a0
そのまま質問は続いていって、もう何問目かも忘れた頃
従姉妹「…じゃあ次はー、アンタはこのままで良いと思うー?」
俺「ん?どういう事?」
従姉妹「んー…この関係のままで、みたいな?」
俺「あー、そういう事………嫌」
従姉妹「ん、次、ならどうしたい?」
俺「…何かもっと恋人らしい事とかして、イチャイチャ、したい」
従姉妹「ほーほー…次、具体的には?」
俺「え…」
従姉妹「…はよはよ」
俺「………キス、とか?」
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>216
の間には「好きな食べ物は」みたいなどうでもいい質問から「アタシのどんな所が好き?」みたいな本気で恥かしい質問もあったので省略
ちなみに暴露大会はコレ一回きりだった
219:
名も無き被検体774号+ 2014/01/08(水) 20:45:59.41 ID:/kZh/p3a0
従姉妹「…ふーむ、次は…」
俺「待ってそろそろ俺の番じゃない?」
従姉妹「そっか、じゃどうぞ」
俺「お前は…どうしたい?具体的に」
従姉妹「…んー………いいよ」
俺「具体的には?」
従姉妹「…」
俺「…はよはよ」
従姉妹「……あほ、ヘタレ、………キス」
この後キスした
これが俺と従姉妹の初キス
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>217
暴露大会の暴露はよ!
226:
じゃあ特に印象が強かった質問を何個か
227:
従姉妹「次ー……アタシのどこが好き?」
俺「…それ答えなダメ?」
従姉妹「ダメ」
俺「えー…えー…」
従姉妹「………ないん?」
俺「いやいやいや!あるある、ありすぎて解らん」
従姉妹が本気で悲しそうな顔をしたから、マジで焦った
228:
従姉妹「…じゃあゆっくりでいいけん、一個ずつ」
俺「えー…美人」
従姉妹「…ん」
俺「スタイル良い、面白い、明るい、家事できる、性格も含めて可愛い……」
従姉妹「…」
俺は考えられる限りの褒め言葉を使った、俺が一個挙げる度に反応する従姉妹が可愛かった
229:
このスレは>>1に萌えるスレだなww
231:
名も無き被検体774号+ 2014/01/08(水) 21:49:45.99 ID:C2fADNvD0
このスレは
>>1
に萌えるスレだなww
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>229
なにゆえ、せっかくだから従姉妹に萌えてやってくれ
230:
従姉妹「次は、何でアタシの事好きになったん?」
もうこの大会に慣れた俺は、こんな質問もくるだろうと予想していたので結構すっと答えられた
俺「…あの中学の、お前がうちに来とったとき」
従姉妹「うん」
俺「めっちゃ落ち込んどったけん笑わそうと思って、必死に頑張って」
従姉妹「うん」
俺「だんだん笑顔が増えていって、その度俺は嬉しくなって」
従姉妹「うん」
232:
俺「…いつ好きになったとかは解らんけど、多分お前の笑顔に惚れたんだと思う」
従姉妹「…ほー」
俺「以上、次俺、お前は何で俺を好きになったん?」
従姉妹「んー…アタシもいつ好きになったとかは解らんけど、多分優のそういう所に惚れたんだと思うよ」
俺「へー…ってお前それ意味わからんのやけど」
従姉妹「…ま!それはおいといて次!」
俺「おい!」
従姉妹の言葉はよく解らんかったけど、
改めて自分の気持ちも理解できたし良かったかな、と思った
233:
印象の強い我儘は?どんなこと要求してきとかkwsk
249:
名も無き被検体774号+ 2014/01/08(水) 22:01:06.64 ID:StHlrgVj0
印象の強い我儘は?どんなこと要求してきとかkwsk
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>233
こんなもんでいいだろうか
後は芸能人でも「あの人可愛いなー」っていうと怒るとか
234:
従姉妹「次、さとみの事どう思う?」
俺「…え?」
従姉妹「さとみ、アンタ昔好きだっただろ?」
俺「…いやそれは中学校の時やし」
従姉妹「高校入ってからもあの子とだけ連絡取り合って?毎週毎週遊んどったんだろ?」
俺「違う違う!たまたま会っただけやし別に毎週遊んでないし!」
従姉妹「…まあいいわ、で?どう思う?」
俺「…普通の、良い友達?」
236:
従姉妹「違う、顔、性格とか」
俺「…顔は、美人…性格は、良い子…」
従姉妹「…ふーん、あっそ」
俺「え、何で怒っとん?お前が言えって…」
従姉妹「もうええし、次、さとみとアタシ比べてどう思う?あ、顔、性格、その他な」
俺「…その他って」
従姉妹「色々あるじゃん、料理とか、優の事どんだけ解っとるかとか」
俺「あー…顔はお前、性格もお前、料理も俺の事を解っとるのもその他も全部お前」
従姉妹「…ふーん…ちょっと照れるな」
俺「…何なそれw」
この時は従姉妹も嫉妬とかあるんだなーって思って萌えた
後、もう他の女性とはあんまり関わらないようにしようと思った
237:
従姉妹「次、アタシの事お前じゃなくて名前で呼んで」
俺「それ質問じゃない」
従姉妹「細かい事気にするなよ、さんはい」
俺「………(従姉妹の名前)、さん」
従姉妹「はい」
従姉妹の名前を呼ぶときに、何だか恥かしくてつい「さん」付けにしてしまった
238:
これだけでもパニックになっているのに、
従姉妹が「はい」何て敬語で返事しながら顔を近づけてくるもんだから余計混乱して
俺「好きです」
これが俺の人生で二回目の告白だった、アホだ
従姉妹「!」
流石の従姉妹も驚いたのか、しばらく固まっていた
しかしその後にこっと微笑んでこんな返事をした
従姉妹「…(従姉妹の名前)さんもです」
俺「…はい」
従姉妹には勝てないと思った瞬間だった
239:
かわええw
なんかほのぼのしててええなw
241:
名も無き被検体774号+ 2014/01/08(水) 22:15:50.14 ID:fu6EnIEX0
かわええw
なんかほのぼのしててええなw
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>239
うん、可愛いんだこれが
240:
>>1の将来は従姉妹(嫁さん)の尻にしかれるに一票。
241:
名も無き被検体774号+ 2014/01/08(水) 22:15:50.70 ID:PNU05nQbP
>>1
の将来は従姉妹(嫁さん)の尻にしかれるに一票。
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>240
俺もそっちにかける
242:
ワガママっていっても、これまで書いてきたような事がほとんど
暴露大会や、ケンカごっことかいう変な遊びをさせられたり、
名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 20:05:07.51 ID:a/SrL6Rt0
従姉妹「なぁー」
俺「ん?」
従姉妹「ちょーこっち来てー」
俺「どしたん?」
従姉妹「ん」
俺「……はい」
従姉妹「ん、よろしい」
従姉妹の「ん」は、ハグの合図だった
最初言われた時は何をしていいか解らなくて、従姉妹に理不尽に怒られた
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>150
みたいに「…ん」だけで全てを伝えようとしてきて、解らなかったら怒ったり
甘えてくるような我侭が多かったかな
そういう意味では妹であってるかもしれないw
246:
詳しく…会話形式で書くと
従姉妹「なー」
俺「ん?」
従姉妹「マンガ読むけんこっちきてー」
俺「…どういう事?何か怖いな…」
そう言いながらも従姉妹に逆らえない俺、言われるがままにする
247:
従姉妹「座って…もっと足開いて…ちゃうって、胡坐かいてって…そう」
俺「??」
従姉妹「よし」
そう呟いて、従姉妹は胡坐をかいた俺の上に座ってきた
当然ガッチガチになる俺、真剣にマンガを読み出す従姉妹
従姉妹「………」
俺「…髪がくすぐっ」
従姉妹「今良い所やけん黙ってて!」
俺「…」
従姉妹「………」
こんな風に我侭な従姉妹だけど、すっぽり俺の脚に収まる所とか可愛くてしょうがない
それと読んでた漫画に全く同じ場面があって萌えた
243:
>>1は従姉妹を助け、従姉妹は>>1を助ける良い関係になれよ!
245:
名も無き被検体774号+ 2014/01/08(水) 22:24:19.17 ID:PNU05nQbP
>>1
は従姉妹を助け、従姉妹は
>>1
を助ける良い関係になれよ!
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>243
おう!ありがとう!
引用元: ・大嫌いだった従姉妹の話する【前編】俺「自分の名前をひらがなで書けるようになった」従姉妹「自慢うざ」→小さい頃に些細な事で喧嘩して以降、大嫌いだった従姉妹の話をする
- シェアする
- LINEで送る
- ツイートする

- シェアする
- はてブする
- ツイートする
- 共有する

このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
@kijyosokuhouさんをフォロー
100

続き・詳細・画像をみる


I Ate My Parents In A 'Scientifically Accurate' Dinosaur Survival Game

海外メーカー「日本が舞台のゲームを作ったで!」

【速報】真・三國無双の董卓さん、公開される

【悲報】手取り18万田舎実家暮らしワイ、全然金が貯まらず泣く

Battlegrounds Skirt Going For Nearly $500 On The Steam Marketplace

【速報】真・三國無双の董卓さん、公開される

back 削除依頼&連絡先