ソムリエまほ「この芳醇な香り...3日ものだな」back

ソムリエまほ「この芳醇な香り...3日ものだな」


続き・詳細・画像をみる


クール便代のほうが高くつくんだよなぁ
11: 以下、
そこは代引きで
12: 以下、
着払いにしたらみぽりんブチキレそう
13: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/18(土) 20:21:26.79 ID:XJDYtDgL0
エリカ「まあそれで事情は分かりましたよええ」
エリカ「隊長はとんでもないくらい味覚が優れている」
エリカ「すごいことです大変」
まほ「褒めてもなにも出ないぞ」
エリカ「(でない...)」
エリカ「でもですね」
エリカ「それは隊長の戦車道の才能をドブに捨ててまで、その味覚を生かすべきなんですか?」
まほ「エリカ...」
エリカ「今は黒森峰で隊長をしていますが」
エリカ「卒業後はプロリーグからの誘いも来てるんですよね?」
まほ「まあ一応...」
エリカ「しかも海外からも誘いが来てるらしいじゃないですか!」
エリカ「隊長はいずれは世界を股にかけて活躍する選手になるんです!」
エリカ「私が保証します!」
エリカ「だからこんなところで、一時の感情で辞めるなんて言わないでください!」
14: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/18(土) 20:21:58.62 ID:XJDYtDgL0
エリカ「あなたのファンもたくさんいるんです!」
エリカ「もちろん私もその一人なんです!」
まほ「エリカ...」
まほ「さっきもいったが」
まほ「私は味覚だけじゃなくて嗅覚も優れているんだ」
エリカ「へっ?」
まほ「今度は嗅覚に関するエピソードだ」
エリカ「えっ!?私の告白と受け取られても仕方のない決死の説得は!?」
エリカ「それに関する感想とか何もなしに回想に!?」
16: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/18(土) 20:28:59.32 ID:XJDYtDgL0
>>10->>12
ピンポーン
みほ「はーい」
ガチャ
宅配便「こんにちは、西住さんですか?」
みほ「そうですけど?」
宅配便「クール便が届いております、差出人は、西住まほ様ですね」
みほ「(お姉ちゃんから!?)」
みほ「(なんだろう?しかもクール便って...)」
みほ「あ、ご苦労様です」
宅配便「はい、着払いなので1404円になりますね」
みほ「えっ!?」
みほ「えっ!?」
宅配便「1404円になります」
みほ「」
みほ「はい...」
17: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/18(土) 20:31:58.02 ID:XJDYtDgL0
アリガトーゴザイマシター
ガチャ
みほ「もーなんで着払い何だろ?」
みほ「でもそれだけ重要なものってことかな?」
みほ「とりあえず中身はっと」ガサゴソ
ガーリガーリクンガーリガーリークンガーリガーリークーーーーーーン
みほ「...」
みほ「...」ピッ
みほ「もしもし会長ですか?」
みほ「大洗女子戦車道チームに至急集まるように連絡してください」
みほ「敵は熊本です」
みほ「パンツァー・フォー」バキィ
18: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/18(土) 20:33:13.46 ID:XJDYtDgL0
実際に着払いの物が届くときは事前に電話があると思いますが、そこはSSということで一つ
19: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/18(土) 21:05:53.28 ID:XJDYtDgL0
?回想?
?バス車内?
みほ「お姉ちゃん!もうすぐ着くよ!」
まほ「あ、ああ、そうだな...」
みほ「お姉ちゃんどうしたの?体調悪いの?」
みほ「もしかしてバス酔い?もーいつも戦車に乗ってるのになんでバスで酔うの」フフッ
まほ「あぁ、すまない」
まほ「(なんだ?普段は乗り物酔いなどしないんだが...)」
ツギハー ドウブツエンー
みほ「着いたよ!」
プシュー
みほ「早く降り
まほ「オボロゲシャピシャーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」
みほ「お姉ちゃん!?」
?回想終?
20: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/18(土) 21:14:10.38 ID:XJDYtDgL0
まほ「ということがあってだな」
エリカ「いやそれただのバス酔いじゃないんですか!?」
まほ「いや普段戦車に乗っている私がバスで酔うわけないだろう」
まほ「あれはきっと私の鼻が良すぎるせいで、動物園の臭いに反応してしまったんだろう」
エリカ「...」
エリカ「隊長はその前日の夜は何時に寝たんですか?」
まほ「前日の夜は楽しみすぎて眠れなかったんだ」
エリカ「当日の朝ごはんは?」
まほ「牛丼だ」
エリカ「酔い止めは?」
まほ「飲むわけないだろう」
エリカ「バス酔いですよそれ!!!」
エリカ「絶対バス酔いですって!!!」
エリカ「というかなんで朝っぱらから牛丼食べてるんですか!?」
まほ「そういえばみほは遠慮して食べてなかったな」
エリカ「当り前ですよ?」
21: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/18(土) 21:19:24.81 ID:XJDYtDgL0
まほ「でもまあ鼻はいいんだよ確かに」
エリカ「本当ですか?今までの話聞いてると信用できないんですけど」
まほ「そうだなあ、じゃあ」
まほ「エリカ、お前昨日の夜はピーマンの肉詰めを食べただろ」
エリカ「...どこで見てたんですか」
まほ「いや、体臭だ」
エリカ「...」クンクン
エリカ「...そんなに私臭いますか?」
エリカ「嫌味ですか?」
まほ「いや普通の人は全く分からないだろう」
まほ「私の嗅覚の鋭さだからこそ成せる技だ」
エリカ「えぇ...?」
22: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/18(土) 21:22:50.13 ID:XJDYtDgL0
エリカ「じゃあちょっと試してみますね」
まほ「どんとこい」
エリカ「今日の朝食」
まほ「めざし」
エリカ「最後のお風呂は」
まほ「昨夜9時」
エリカ「シャンプー」
まほ「TSUBAKI」
エリカ「ハンドソープ」
まほ「キレイキレイ」
エリカ「好きな人」
まほ「私」
エリカ「///」
24: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/18(土) 21:29:35.23 ID:XJDYtDgL0
エリカ「ッコホン」
エリカ「隊長の鼻の良さも十分わかりましたよええ」
エリカ「でもなんでソムリエなんですか?」
エリカ「第一隊長まだ未成年でお酒も飲んだことないでしょう」
まほ「私がいつお酒を扱うソムリエになるといった」
エリカ「えっ、違うんですか?」
まほ「当り前だ、そもそも私はワインよりビール派だ」
エリカ「どっちも飲んだことないでしょ!」
エリカ「それで」
エリカ「お酒以外のソムリエって何なんですか?」
まほ「エリカは知らないのか」
まほ「まあまだ女子高生だし無理はないな」
まほ「仕方ない教えてやろう」
まほ「私がなりたいのは」
まほ「パンツソムリエだ!」
エリカ「はぁ?」
25: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/18(土) 21:40:44.54 ID:XJDYtDgL0
エリカ「あの隊長、私の聞き
まほ「パンツソムリエだ!」
エリカ「あの
まほ「パンツソムリエだ!」
エリカ「...」
エリカ「...ぁ」
まほ「パンツソムリエだ!」
エリカ「わかりましたから!!!!」
26: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/18(土) 21:45:21.23 ID:XJDYtDgL0
エリカ「それで、パンツソムリエって具体的に何をする職業なんですか?」
まほ「...」
エリカ「隊長?」
まほ「...」
エリカ「隊長聞いてますか?」
まほ「...エリカ」
まほ「お前も来年は黒森峰の隊長になるんだから、人に請うのではなく自分で情報くらい集めろ」
エリカ「いやなにさらっと重大発表してるんですか」
エリカ「私来年隊長になるんですか!?」
エリカ「そんな...隊長のように立派で素敵な方の後任なんて...」
まほ「早く調べろ」
エリカ「だから!!私の告白ともとれる言葉を全部流すのやめてくださいって!!!」
27: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/18(土) 22:01:38.48 ID:XJDYtDgL0
エリカ「...」スマホポチポチ
エリカ「えーっと、パ、ン、ツ、ソ、ム、リ、エっと」
エリカ「ってなにもでてこないじゃないですか!!」
エリカ「pixivで調べても1件しかでないって相当ですよ!?」
まほ「当り前だ、私が世界初のパンツソムリエになる女だからな」
エリカ「なんで調べさせたんですか!!!」
まほ「エリカに隊長としての自覚を持ってもらおうと思ってな」
エリカ「///」チャリン
エリカ「ってごまかされませんよ///」チャリン
まほ「(300円とは、こちらでも隊長の自覚が芽生えたか)」
29: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/18(土) 22:23:21.80 ID:XJDYtDgL0
エリカ「それで、パンツソムリエって何をする職業にするんですか?」
まほ「エリカはソムリエという職業について詳しく知っているか?」
エリカ「まあ一応知ってますけど」
エリカ「ソムリエ(仏: sommelier[† 1][† 2][† 3]、女性単数形:sommeli?re[† 4])は、レストランで客の要望に応えてワインを選ぶ手助けをする、ワイン専門の給仕人。」
エリカ「ですよね?」
まほ「おまえ、Wikipediaを丸丸読んだだけだろ」
エリカ「しょうがないじゃないですか!まだ未成年なんだし!」
まほ「まったく、しょうがないやつだ」
まほ「だがまあだいたいその通りだ」
エリカ「でも、レストランの給仕人ですよ?」
エリカ「そのまま当てはめると」
エリカ「パンツソムリエ(仏: slip de femme sommelier[† 1][† 2][† 3]、女性単数形:slip de femme sommeli?re[† 4])は、レストランで客の要望に応えてパンツを選ぶ手助けをする、パンツ専門の給仕人。」
エリカ「という感じになるんですけど」
まほ「私のイメージ通りだな」ウンウン
エリカ「いや意味わからないんですけど...」
30: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/18(土) 23:26:04.00 ID:XJDYtDgL0
まほ「言葉の通りなんだが」
まほ「客の要望に応えてパンツを選ぶ手助けをしたいんだ」
エリカ「そもそもその客って何ですか?どこの世界にパンツを選ぶのを手伝ってもらう客がいるんですか!?」
エリカ「それは下着屋の店員のすることでしょう!」
まほ「エリカはまだ人にパンツを選んでもらったことがないのか...」
エリカ「あるわけないじゃないですか!!」
まほ「おまえは何か勘違いをしてるんじゃないのか?」
まほ「私のいうパンツというのは」
まほ「使用済みパンツのことだぞ?」
エリカ「ハァ!?」
エリカ「いやいや、女の子同士で一緒に下着を選びに行くとかそういうことじゃないんですか?」
まほ「そんなことするやつがいるわけないだろう」
エリカ「(隊長、戦車道ばかりやってたからそんな体験したことないんだ...)」
エリカ「今度一緒に下着買いに行きましょうね...」
まほ「下着は親が買ってくるものだろ」
エリカ「(だからあんなクソダサ下着ばかり持ってたのね...)」
32: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/18(土) 23:46:34.06 ID:XJDYtDgL0
まほ「エリカは使用済み下着はいらないのか?」
エリカ「わ、わたしはべつにそんなの...」
まほ「そうか、私のいらないパンツをあげようと思ったんだが」
エリカ「そそそそういえば最近持ってるパンツのゴムが一気に切れちゃって足りないんですよね」
まほ「それなら私のパンツをやろう」
エリカ「え、えーいいんですかー(棒)」
まほ「もちろんだ、ほら」スッ
エリカ「ありがとうご...」
エリカ「いやこれ毛糸パンツじゃないですか!!」
まほ「いやせっかく母上が買ってきてくれたんだがどうも落ち着かないんだ」
まほ「なんというか毛糸が素肌にあたってかゆいんだ」
エリカ「(直履き!?)」
まほ「まあ合う合わないは人それぞれだからな」
まほ「もし気にいったら大切にしてくれ」
エリカ「(隊長の直履き毛糸パンツ!)」
エリカ「(この毛糸も隊長の毛の糸なのかもしれない!!)」
エリカ「大切にします!!」
33: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/19(日) 00:10:14.51 ID:PR1ZbDYG0
まほ「ほら、やっぱり使用済みパンツは需要があるじゃないか」
エリカ「ハッ」
エリカ「私はたまたま持っていたパンツのゴムが連鎖的に切れただけです!」
まほ「まあいい」
まほ「そこまでいうなら実際に活動してみようじゃないか!」
エリカ「活動って...」
エリカ「何をするんですか?」
まほ「とりあえずお小遣いの範囲で新聞広告を出してみた」
エリカ「」
エリカ「ちなみにどこに?」
まほ「中日新聞だ」
エリカ「何面?」
まほ「一面」
エリカ「むちゃくちゃ本気じゃないですか...」
まほ「無論、実家に置きっぱなしのボコグッズを売り払ったお金を足しにした」
まほ「置いていったということはいらないってことだろ」
エリカ「(3日後にはボコになってそう...)」
35: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/19(日) 00:24:37.01 ID:PR1ZbDYG0
まほ「昨日の朝刊に載ったはずだからきっと大量の依頼がメールボックスに来ていることだろう」ワクワク
エリカ「そんなにうまくいきますかね...」
まほ「さてとチェックチェックっと」ポチー
まほ「...」
まほ「...」ゴシゴシ
まほ「...4件」
エリカ「ほら、やっぱり」
エリカ「いくら新聞に公告載せてもそんなわけのわからない肩書の人に」
エリカ「わけのわからないことのためにお金なんか払う人いませんよ」
まほ「...しかも1件はみほだ」
まほ「件名にも本文にも何も書いていないんだがこれはどういう意味なんだ」
エリカ「あっ、画像が添付されてますよ」ポチー
<血まみれのボコの画像>
まほ「........」
まほ「ボコグッズを処分したのはエリカで
エリカ「ちょちょちょっと!なに罪を擦り付けようとしてるんですか!!!」
エリカ「自分がやったことなんですからちゃんと責任取ってくださいよ!!」
まほ「......」
まほ「まあいいや」
まほ「そんなことよりほかの依頼メールを読もう」
エリカ「(切り替えの早さはさすが西住流)」
エリカ「(ただ問題を先送りにしただけだけど)」
36: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/19(日) 01:07:04.24 ID:PR1ZbDYG0
まほ「さて一通目は」
まほ「名前はペッパーランチさんか」
まほ「変わった名前だな」
エリカ「いやそれ多分本名じゃないと思いますけど」
エリカ「(まあ十中八九戦車道関係者だと思うけど)」
エリカ「(そもそも広告に)」
<パンツソムリエ:西住まほ>
エリカ「(なんて書いてても知らない人が依頼してくるわけないじゃない!)」
まほ「ふむ、なになに...」
以前、姐さんと友達と三人でCV33に乗ったのですが、その時の狭い室内には姐さんのいい匂いでいっぱいでした。
しかし私と姐さんは基本的には別車両。同じ車両、しかもあんな狭い戦車に同乗することはまずありません。
帰ってからは姐さんのウィッグをこっそり持って帰って我慢していたんですが、もうそれでは満足できません。
私の満足できるようなパンツをどうかお願いします。
38: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/19(日) 01:35:50.59 ID:PR1ZbDYG0
まほ「ふむ、この姐さんという人の住所は...」
まほ「なんだ、アンツィオの学園艦じゃないか」
まほ「パンツの送付先も同じところか...」
まほ「だったら自分で取ればいいじゃないか!なぜ私にわざわざ依頼してくるんだ!」
エリカ「だったらやめればいいんじゃ...」
まほ「いや、それは西住流の信念に反する」
まほ「ということで早行動開始だ」ピポパ
まほ「もしもし?」
??『ん?誰だ?』
39: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/19(日) 01:36:26.75 ID:PR1ZbDYG0
まほ「西住まほだ」
??『はぁ!?なんでまた私なんかにいきなり』
まほ「少し頼みたいことがあってな」
??『なんだ?私が力になれることなら手伝うぞ!』
まほ「実はお前の使っているパンツを譲ってほしいんだ」
??『はぁ!?何言ってるんだ!?』
まほ「今言ったじゃないか」
??『いや言ったことの意味が分からないといっているんだ!』
まほ「詳しく言うとだな」
まほ「わが校に戦車道歴史博物館という施設があるんだが」
まほ「そこに弱小アンツィオ高校を1回戦突破に導いた英雄ドゥーチェ・アンチョビコーナーを作りたくてな」
まほ「本人にゆかりがあるものを一つ展示したいんだ」
まほ「そこで、おまえのパンツかウィッグのどちらかを寄贈して欲しいと思ってな」
アンチョビ『そういうことか...ってこれは地毛だ!!』
40: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/19(日) 01:50:07.29 ID:PR1ZbDYG0
アンチョビ『でもそういうことなら...』
アンチョビ『今履いているパンツを寄贈しよう!』
まほ「おお、ありがたい!」
まほ「(こいつなかなか有能だと思っていたが、こんな嘘に騙されるとはもしや意外と...)」
まほ「では、今から言う住所に送ってくれ」
まほ「じゃあここまで送ってくれ、送料は着払いでいい」
アンチョビ『なあ、これって黒森峰に送らなくていいのか?』
まほ「うむ、そこには中継してくれる友人がいるんだ」
アンチョビ『(この住所どこかで見た気がするんだが...)』
アンチョビ『(...偶然か)』
まほ「ということで以上だ、突然済まなかったな」
アンチョビ『あぁ、今度はアンツィオに遊びに来てくれ!』
アンチョビ『ペパロニやカルパッチョたちと精一杯のもてなしをしよう!』
まほ「........」
まほ「楽しみにしている」
まほ「ペパロニによろしく伝えておいてくれ」
まほ「それでは」ピッ
41: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/19(日) 02:00:08.53 ID:PR1ZbDYG0
エリカ「誰に電話してたんですか?」
まほ「アンチョビだ」
エリカ「えぇ!?ご本人登場じゃないですか!!」
まほ「無事パンツを送らせることに成功した」
エリカ「あの人有能じゃなかったの!?」
まほ「ちなみに配達先はペパロニの実家だ」
エリカ「それはマズいでしょ!」
エリカ「差出人がアンチョビになってる中身はパンツの荷物をもしペパロニの家族が受け取ったら家庭崩壊しますよ!!」
エリカ「しかもアンチョビは部下にパンツ送りつけた変態になっちゃいますよ!!!」
まほ「...」
まほ「...うっかり失念していた」
まほ「まあいいか」
エリカ「また問題先送りにしてるし...」
47: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/19(日) 15:11:42.02 ID:PR1ZbDYG0
まほ「さあ、次の依頼メールを見てみよう」
エリカ「知りませんよどうなっても」
まほ「ええと、名前は大洗のグデーリアン」
まほ「...」
エリカ「...」
エリカ「.....どうするんですか」
まほ「.....この前余ったボコグッズでも送っておこう」
エリカ「道連れにしていくスタイル」
まほ「なぜこんなに知っているやつばかりなんだ!」
まほ「これじゃ全然、世界を股にかけるパンツソムリエ感がないぞ!」
まほ「もっと某国のお偉いさんとかから依頼が来てほしいんだ!!」
エリカ「来るわけないじゃないですか...」
まほ「この前あいつ日本に来てたじゃないか!」
まほ「あのアメリカの
エリカ「海兵隊に殺されますよ....」
48: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/19(日) 15:55:29.44 ID:PR1ZbDYG0
まほ「大洗のモジャ毛の依頼は解決したし」
エリカ「いやそれでいいんですか」
まほ「最後の依頼に移ろう」
まほ「えっとなになに」
まほ「黒森水没子さんか」
エリカ「!?」
まほ「変わった名前ばかりだな」
エリカ「いやわざとすっとぼけてるでしょ!!」
まほ「黒森峰に人のパンツを欲しがるようなやつはいない」
エリカ「それを職業にしようとしてる人がいるんですけど」
まほ「まあ今は黒森峰の話じゃないだろう」
エリカ「えぇ...そういうスタンスでいくんですか...」
まほ「それで依頼内容は...」
49: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/19(日) 16:42:24.11 ID:PR1ZbDYG0
エリカさんのパンツ3日ものが欲しいです
エリカ「もう隠す気ないじゃない!!」
エリカ「しかもなによ3日ものって!!」
エリカ「10年物のワインみたいな言い方するんじゃないわよ!!」
まほ「エリカ」
エリカ「だいたいそれじゃ私が毎日着替えてないみたいじゃない!!」
まほ「エリカ」
エリカ「私はちゃんと毎日お風呂に入ってるわよ!!」
まほ「エリカ!」
エリカ「っはい!」
まほ「落ち着け」
エリカ「いや落ち着いてられるわけないでしょ!!!」
エリカ「今まで普通の友達だと思ってたやつがいきなり私のパンツ欲しがってるんですよ!?」
まほ「エリカ」
まほ「今履いてるパンツをよこせ」
エリカ「」
50: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/19(日) 17:30:43.69 ID:PR1ZbDYG0
エリカ「(隊長に言われるとなんか興奮するわ...!)」
まほ「なあエリカ、頼む」
エリカ「い、嫌ですよそんなの!」
エリカ「なんで隊長に来た依頼のために私が一肌脱がなきゃいけないんですか!」
まほ「ほう、一肌脱ぐとパンツを脱ぐをかけている...」
まほ「つまり、くれるということか」
エリカ「違いますよ!!」
まほ「でもエリカ」
まほ「確かお前に」
まほ「私の毛糸パンツあげたよな」
エリカ「」
エリカ「いやそれは...」ダラダラ
エリカ「隊長が自分からくれるっていってたんじゃないですか!!」
まほ「エリカ...」
まほ「隊長たるもの」
まほ「人に借りを作りっぱなしでいいのか...?」
まほ「そんなことでは来年の隊長は...」
51: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/19(日) 23:51:15.36 ID:PR1ZbDYG0
エリカ「いやいやいやいや!!」
エリカ「それとこれとは別でしょう!!」
エリカ「なんでパンツあげないと隊長にはさせないみたいな言い方してるんですか!!」
まほ「そう言ってるんだが」
エリカ「堂々と言わないでください!」
まほ「もしエリカが協力してないのなら」
エリカ「なら?」
まほ「小梅を隊長にする」
エリカ「それが一番ダメでしょ!」
エリカ「仲良くしてる同級生のパンツ欲しがるようなやつ隊長にしちゃダメでしょ!!」
まほ「おまえだって私のパンツ欲しがったじゃないか!!」
エリカ「それとこれとは別でしょう...」
まほ「別じゃないだろう...」
52: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/19(日) 23:58:41.15 ID:PR1ZbDYG0
まほ「それでエリカ、どうするんだ?」
まほ「依頼に応えてくれるのか?」
エリカ「依頼に応えるっていえば格好付きますけど」
エリカ「これずっとパンツの話してるだけですからね?」
まほ「エリカ、私はお前に来年は隊長をやってほしいと思ってるんだ」
エリカ「...さすがにもう褒めてもなにも」
まほ「お前の戦車道の腕だけじゃない」
まほ「顔や性格、料理の腕まで全てを評価したうえで言っているんだ」
エリカ「そ、そんなに褒めたって」
まほ「なあエリカ、明日一緒に出掛けないか」
エリカ「またそうやって都合のいいことばかり」
まほ「お前は私が好きなんだろう?」
エリカ「もう///やめてください///」
まほ「だってさっき『(この毛糸も隊長の毛の糸なのかもしれない!!)』とか思ってたじゃないか」
エリカ「なんで分かるんですか!!」
まほ「西住流読心術だ」
エリカ「西住流ってつけりゃいいとか思ってません?」
53: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/20(月) 00:04:38.79 ID:oFffuMIq0
エリカ「まあわかりましたよ」
まほ「じゃあ...」
エリカ「ただし」
まほ「ただし?」
エリカ「この依頼を最後にパンツソムリエはやめてください!」
まほ「...」
エリカ「私は、戦車道をしている隊長が好きなんです!」
エリカ「パンツソムリエの隊長もちょっといいかなとは思いましたけど...」
エリカ「こうやって依頼をこなす姿を見ると」
エリカ「やっぱり違うんです!」
エリカ「隊長の口はパンツを舐めるためではなく、指示を出すためにあるんです!」
エリカ「だからお願いです、どうか戦車道に
まほ「初めからそうするつもりだ」
エリカ「えっ!?」
まほ「あのなぁエリカ」
まほ「私がこんな未来のないような職業を目指すわけないだろう」
54: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/20(月) 00:15:49.23 ID:oFffuMIq0
まほ「三つの依頼に実際に向き合ってみて分かった」
まほ「この職業はあまりにもニッチすぎる」
エリカ「いまさら!?」
まほ「たぶんこれじゃご飯が食べられない」
エリカ「そんなの新聞広告出す前から分かることでしょ...」
まほ「まあおまえが戦車道をしている私が好きといってくれたし」
まほ「これからはまた戦車道に集中できるようになれそうだ」ニコ
エリカ「こ、今度は告白と受け取られても仕方のないようなことを流さないんですね///」
まほ「真剣な告白くらい私にもわかるさ」
エリカ「////」
まほ「パンツソムリエへの夢はとりあえず封印だな」
まほ「これからはエリカだけのパンツソムリエになろう」
エリカ「いや結構です」
まほ「なんで!!今完全に二人は結ばれただろ!!」
まほ「カップルならパンツソムリエやってもいいだろ!?」
エリカ「ダメです」
まほ「そんなあ...」
エリカ「......」
エリカ「.....まあちょっとだけなら」
55: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/20(月) 00:16:20.68 ID:oFffuMIq0
まほ「いいのか!!」
エリカ「....はい」ヌギヌギ
エリカ「.....どうぞ」スッ
まほ「はぁ??!!これがエリカのパンツか!!」ピチョッ
まほ「んっ?室内なのに雨」クルッ
みほ「お姉ちゃんただいま」ニコ
エリカ「」ダラー
まほ「エ、エリカーーーーーーーー!!!」
まほ「みほ!なんでエリカをボコボコに....」
まほ「あっ.....」
まほ「あれはだな、すべてエリカがやったんだ」
まほ「だから被疑者死亡のため捜査終了!以上だ」テクテク
みほ「や?ってやるや?ってやるや?ってやるぞ?」ガシッ
まほ「なあみほ、私は違うんだ」
みほ「お姉ちゃんのパンツは」
みほ「情熱的な赤色に染まるんだよ」ニコ
まほ「」
【完】
56: ◆bL5b7ovQmQ 2016/06/20(月) 00:16:54.12 ID:oFffuMIq0
最後までお付き合いいただきありがとうございました
このSSが少しでも読者の方の人生の糧になれば幸いです
60: 以下、
乙。
取り敢えず、まほさんは売り払ったボコの倍は貢がないといけないですね。
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1466/14662/1466245633.html
きゃらスリーブコレクション マットシリーズ ガールズ&パンツァー 劇場版 「島田愛里寿」 (No.MT250)
ムービック ムービック 2016-08-26
Amazonで詳しく見る
関連記事
- 苗木「お前らホントいい加減にしてくれよ」
- 久「風俗は浮気じゃないから」
- 【ステラグロウ】アルト「ドロシーが甘えてくる」
- 苗木「苗木響子じゃ、ちょっと語呂が悪いかな……」霧切「!?」
- エレン「それは正に鉄塊だった」
- 恵美「なんで私が魔王とイチャイチャなんか!」
- 山口「ヘルシング機関が動き出したみたいなんだけど」
- ナッパ「この土なら良い三倍満が育つぜ」
- 【ガルパン】蝶野「今大会より戦車の略奪を認めます!」
- 悟空「ベジータ、同窓会すっぞ!」
- 先日のバイト帰りの風景をジョジョっぽく再現するようです
- 久「豆ひさ?」
- 遊星「スターダストが、100円……?」
- ランカ「私は良い奥さんだよね?ね?」アルト「そ、そうだな・・・」
- 球磨川『ここはどこ?』『僕は誰だい?』 霊夢「ここは幻想郷。あんた誰よ」
Amazonの新着おすすめ
干物妹!うまるちゃん うまるが家でかぶってるアレ [公式]
ぱこたて! 性交率0%の鉄壁美処女VS性交率100%の変態家庭教師 (真激COMICS)
PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#03【電子特別版】
Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box ?【完全生産限定版】
ARIA The ANIMATION Blu-ray BOX
PGユニコーンガンダム用 LEDユニット [RX-0シリーズ兼用] (機動戦士ガンダムUC)
おすすめサイトの最新記事
その他二次創作SSガールズ&パンツァー  コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
- 【艦これ】提督「最高練度に達した艦娘が、ことごとく無気力になっている」
- 【艦これ】鹿島とプロレスごっこをするだけのお話
≪ PREV | トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
ピックアップ
Fate/EXTELLA VELBER BOX 【初回限定特典付】
figma Fate/EXTRA キャスター
最新記事
- 【艦これ】提督「最高練度に達した艦娘が、ことごとく無気力になっている」
- ソムリエまほ「この芳醇な香り...3日ものだな」
- 【艦これ】鹿島とプロレスごっこをするだけのお話
- 凛「店番と、アイドルと」
- 佐久間まゆ「まゆ会議ですよぉ」
- 勇者「冒険してて一番キツかったダンジョンや地形はどこか……ですか」
- 【モバマス】三船美優「が…がおー…」
- 榛名「鼻毛提督」
- セクサロイド「わたしを使ってください」男「いやだ」
- 妹「んほおおおおおおおおおお!!!十円玉がないのおおおおおおおおお!!!」ガンガン
- 時雨「僕を提督の犬にしてよ!」提督「え?!」
- ペパロニ「すけこまし作戦?」まほ「下克上編!」【ガルパン】
- 有田「上田さんって戦車道の家元なんですか?」
- 【艦これ】ヴェールヌイ「ぬいぬい」不知火「ぬ、ぬい」
- 八幡「バック・トゥ・ザ・フューチャー?」
週間人気記事ランキング
【全ランキングを表示】
最新
禁書目録SS
Fate SS
アイドルマスターSS
艦これSS
俺ガイルSS
エヴァンゲリオンSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
ポケモンSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
この素晴らしい世界に祝福を! 第4巻 [Blu-ray]
オーバーロード11 山小人の工匠 Blu-ray付特装版
アイドルマスター プラチナスターズ プラチナBOX
そにアニ すーぱーそに子 レーシングVer.
PLAY ARTS改 FINAL FANTASY XII ガブラス
amiibo シオカラーズセット
ペルソナ5
BORUTO -NARUTO THE MOVIE-(完全生産限定版) [Blu-ray]
TVアニメ「中二病でも恋がしたい! 」Blu-ray BOX(初回限定生産)
とろくちずむ
新刊ピックアップ
ホビー
ゲーム
アニメ
ブログあれこれ
・まとめ依頼はこちら!
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
最新
逆アクセスランキング
最新コメント

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


この画像クソワロタwwwwwwwwwwwwwwwwww

【韓国】隣の客が残したおかずを出された!韓国の飲食店への苦情で最も多いのは“不衛生”=韓国ネット「めずらしいことじゃない」

オタク「俺くんってオタクだよね!」俺「うん!」オタク「好きなラノベとかアニメとかゲーム教えて!」俺「フォールアウト」

ホバーボード50万台がリコール。発火する恐れあり(またなの?)

今年もジャパンエキスポに韓国が寄生…日本の国旗を掲げて韓国グッズを販売、来場者も不快感あらわ

8年ニートから買い物代行始めたら月収25万になってワロタwwwwwww

back 削除依頼&連絡先