花陽「凛ちゃんがやってきた」back

花陽「凛ちゃんがやってきた」


続き・詳細・画像をみる


ピンポーン
花陽「むぐむぐ・・・ん?・・・ごくん、誰だろ」
ママ「凛ちゃんかしら?」
花陽「そうかも♪」
ピンポーンピンポーン
ママ「凛ちゃんね?、ふふ」
花陽「はーい!」
トテトテ
ガチャ
凛「やっ、来たよー」
2:
花陽「ふふ、やっぱり」
凛「なになに?」
花陽「なんでもないよ♪あがってあがって?」
凛「はーい」
ママ「凛ちゃんいらっしゃ?い」
凛「おじゃましますにゃー!ぁ、これママから!」
ママ「は?い、ありがとうね?」ルンルン
花陽「先に私のお部屋いってていいよ?」
凛「はーい!」
―――――
―――

3:
凛「久しぶりのかよちんのお部屋だ?♪」
スンスン
凛「いい匂いするにゃ」
ポスン
凛「ベッドもふかふか?」ポスポス
凛「お人形ふえてる!」キャッキャ
ゴロゴロ
凛「このクッションりーんの!」
ムギュ
凛「かよちんのにおいする?」
4:
ガチャ
花陽「お待たせ凛ちゃん」
凛「かよちん!凛このクッションつかっていい?」
花陽「いいよ♪」
凛「えへへ」ムギュムギュ
花陽「うちにくるの久しぶりだね」
凛「そうそう!だから今日はかよちんとたっくさん遊ぶんだ!」
ムギュー
5:
花陽「凛ちゃん?くるしいよ?♪」
凛「えへへ、抱き着くならやっぱりかよちん?」
ムギュー
スンスン
花陽「ぴゃあ、り、凛ちゃん?」
凛「いい匂いする?」
花陽「や、やめてよぉ///」
凛「なんか落ち着くにゃ・・・」グデー
6:
花陽「ふふ、いっぱい遊ぶんじゃなかったの?」ナデナデ
凛「もうちょっとー」
花陽「しょうがないなぁ」ナデナデ
凛「かよちんのおひざふわふわで気持ちいい?」スベスベ
花陽「り、りり凛ちゃん!?」
凛「・・・ふにゃぁぁ?」グデー
7:
花陽「今日の凛ちゃん、なんだか甘えんぼさん♪」
凛「違うもん・・・///」
花陽「ふふ」
凛「わらわないでよぉ///」
花陽「ごめんね、凛ちゃん」ナデナデ
凛「・・・・・・・許す///」
花陽「ふふっ、凛ちゃんかわいい」
凛「・・・・・・///」プシュー
ムギュー
花陽「・・・・・」ナデナデ
凛「・・・・・・」ゴロゴロ
凛「・・・zzZ」スピー
8:
花陽「ぁ、凛ちゃん寝ちゃった」
花陽(凛ちゃんのお洋服、もこもこしてて温かそう)
花陽(ちょ、ちょっとだけ、触っていいでしょうか!)
花陽「・・・・・!」
フワッフワッ
モフモフ
花陽「は、はらしょ・・・」ドキドキ
9:
花陽(す、すごくいけないことしてる気分です)ドキドキ
凛「・・・ん、んん・・・」モゾモゾ
花陽「ピャ・・・」
花陽「起きちゃったかと思った」
花陽(凛ちゃん、髪の毛お口にかかっちゃってる)
花陽「ちょっとごめんね」サワッ
凛「・・・zzZ」スースー
花陽「」ドキッ
11:
花陽(凛ちゃんの寝顔、久しぶりに見たらすごい可愛い)
花陽「ほっぺもちもちしてる」プニプニ
プニプニ
花陽「なんかクセになりそう」
プニプニ
花陽「えへへ・・・ぷにぷにしないでぇ?♪」プニプニ
13:
「あら、凛ちゃん寝ちゃったの?」
花陽「ひゃ、お母さん!?い、いつからいたの?」
かよママ「ついさっきよ?」
花陽「み、みた・・・?」
かよママ「なんのこと??」
花陽「な、なんでもないです!」
かよママ「ぷにぷにしないでぇ?♪」
花陽「うぅ・・・まねしないでぇ?」
14:
かよママ「うふふ、二人とも昔から変わんないわね?」
花陽「そ、そうかなぁ」
かよママ「そうよ、凛ちゃんも花陽ちゃんもかわいいままよ?」
花陽「凛ちゃん、最近もっとかわいくなったんだよ」
かよママ「あらあら、そうなの?」
花陽「うん、すっごく!」
かよママ「うふふ、あとで凛ちゃんのママに教えてあげようかしら」
花陽「凛ちゃんのお母さんすぐ心配するからいたずら言ったらだめだよ?」
かよママ「はいはい?♪」
―――――
―――

15:
凛「ん、んん・・・」
凛「ふわぁ?、凛寝ちゃってたんだ」
花陽「・・・zzZ」スースー
凛「かよちんも寝ちゃってるにゃ」
ユサユサ
凛「かよちん、おきて・・・・おきて・・・」
16:
花陽「ん・・・ぁ、凛ちゃんおはよー」フワフワ
凛「もうお外真っ暗だよ?」
花陽「ふわぁ・・・そんなに眠っちゃってたんだ、えへへ」
「ふたりとも?ごはんできたわよ?」
凛「いこ、かよちん」
―――――
―――

17:
・・・カポン
凛「あったまるにゃー」
花陽「・・・・」
凛「か、かよちん、なんでさっきから黙りっぱなしなの?」
花陽「うぅ、凛ちゃん・・・花陽ちょっぴり怒ってるよ」
凛「えーなんでなんで」
花陽「なんでお母さんにあんなこと言っちゃったのぉ///」バシャバシャ
18:
 凛『そのときね!抱きしめちゃいたいくらいかわいいって!』
 かよママ『あらあら』
 花陽『///』プシュー
19:
凛「だって・・・うれしかったんだもん///」
花陽「で、でも・・・私も恥ずかしいよぉ」
凛「・・・///」
花陽「・・・///」
凛「にゃぁあああ!」バッシャァ
花陽「!?」
凛「凛も恥ずかしくなってきたからワシワシするにゃー!」
花陽「ちょ、え!?・・・凛ちゃ・・・ぴゃああぁぁぁああぁあ!」
―――――
―――

20:
はなよのおへや
花陽「もう花陽!本当に怒ったよ!もう完全にぷんぷんだから!」プンプン
凛「ご、ごめんってば」ペコリ
花陽「ぷんぷんだよ」プンプン
凛「う、うぅぅ」
21:
ムギュッ
花陽「ふぇ!?」
凛「り、凛も怒ったもん」
花陽「なんで!?」
凛「かよちんが許してくれるまでこうしてるから!」
ムギュー
花陽「り、凛ちゃん・・・///」
凛「り、凛も今はぷんぷんだからね///」
花陽「じゃあ今日はずっとこのままだね」
凛「・・・・うん///」
22:
凛「ごめんねかよちん」
花陽「いいよ、だけど許さない♪」
凛「うんっ♪」
ムギュー
23:
花陽「ねぇ凛ちゃん」
凛「なぁにかよちん」
花陽「これからもずっと一緒にいようね」
凛「急にどうしたの?かよちん♪」
花陽「そ、そう言う気分なのっ」
凛「ふふ、センチメンタルかよちんだにゃ」
花陽「も、もぅ?、いいでしょ///」
凛「もちろんずっと一緒だよ、かよちん♪やくそくっ」
花陽「やくそくっ!」
ニギニギ
―――――
―――

24:
花陽「・・・zzZ」
凛「かよちんもう寝ちゃった」
凛「ほんとはね、かよちん、凛寂しかったんだ」
凛「高校生になって、アイドルやってる人たちがいて、かよちんの背中を押して・・・」
凛「一緒にスクールアイドルになったときに思ったんだよ、これからも凛が引っ張っていこうって」
凛「だけどさ、かよちんどんどん強くなっていくんだもん、凛が何もしなくても、かよちんはぐんぐん大きくなっていくんだ」
26:
凛「初めは凛が背中を押してたはずなのに、気づいたら凛が背中を押されてた」
花陽「・・・」
凛「もう、かよちんに凛はいらないのかもって思っちゃってた」
凛「だから・・・ありがと、かよちん♪」
27:
花陽「・・・・・・・・凛ちゃん」ボソッ
28:

続き・詳細・画像をみる


父子家庭の姪の中学受験をサポートしてほしいと頼まれた。落ちたら私の責任になりかねないし回避したい

【悲報】ローソン店員、ポイント泥棒していた (※画像あり)

この後すぐ!人類が超進化、2050年までに、”デジタルの不死”を獲得した超人類「ホモ・オプティマス」が登場する!?

チワワ、トリミング中に台から落ちて死亡

異世界に行きました→雑魚モンスターでました→攻撃できる?(気持ち的な問題で

韓国紙「慰安婦合意のせいで韓国内はメチャクチャに、一方日本はどんどん厚かましくなっている」

back 削除依頼&連絡先