ホンダ「インサイト」復活の可能性back

ホンダ「インサイト」復活の可能性


続き・詳細・画像をみる

1:
”打倒 プリウス、ホンダ インサイト 4年ぶり復活か…東京ショーでお披露目の可能性も
https://s.response.jp/article/2017/08/03/298249.html
2017.8.3 Thu 15:30
1996年に初代を発売、2009年に登場した2代目ではトヨタ『プリウス』との熾烈な価格・燃費競争を繰り広げたホンダ『インサイト』。販売の低迷から2014年に生産を終了したインサイトだが、2018年に3代目として復活する可能性が浮上した。レスポンスの兄弟サイトSpyder7が、開発中のプロトタイプの姿をスクープすることに成功した。
今回捉えたプロトタイプは、日本では『グレイス』として販売されているモデルをベースとしており、現段階ではデザインの詳細は不明。だが、後席ドアが延長されていることから、2代目の課題でもあった居住空間の拡大には力を入れてくるものと思われる。
ホンダ独自の簡易かつコンパクトなハイブリッドパワートレーン「IMA」を売りとしたインサイトだが、次期モデルではどうか。ボディタイプ的には同クラスのグレイスや『フィットハイブリッド』と共通する1.5リットルのスポーツハイブリッド i-DCDが有力だが、より走りに特化したモデルとして『アコード』と共通の2モーター式 i-MMDを採用する可能性も捨てきれない。
予想価格帯は250万円?290万円程度とみられ、高い居住性、低価格、低燃費と全てにおいて打倒プリウスを掲げる。2018年登場となれば、今年の東京モーターショーが復活の舞台として選ばれる可能性も大いにある。”
※グレイスがベースとなっており、実際のエクステリアは現時点では不明
インサイト
初代
2代目
【かっけえ】ホンダ・インサイト復活の可能性、これにはks千葉怒りのコーションラベル
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1502105790/
iframe未対応です
3:
初代インサイトの割り切り具合が清々しくてよかった
47:
>>3
車体がすごく軽くてよかった
ボンネットもアルミだったな
52:
>>3
仕事のなくなったNSXのラインで作られてた。
7:
これは無いだろ・・・・・・・・。
19:
>>7
なんでリアタイヤ覆ったんだろうね
27:
>>19
空気抵抗が少なくなって燃費向上とか言ってた
28:
>>27
実際あそこ塞ぐと燃費向上著しいんだよな
33:
>>28
そうなんだ
うーん、でもダサいな
38:
>>33
し、シトロエン
57:
>>7
おいハゲ、これこそが至高
フルアルミボディの実現の為にNSXの工場で製造されてたからな
今ならフルカーボンコンポジットでないとその志しは現れないレベル
BMWがi3とかいうクソでカーボンボディやらかしてるけどな、今は
58:
>>7
当時も思ったけどこれタイヤ交換どうすんの
59:
>>58
スパッツ外せばいいだろ、無能か
71:
>>59
あの板スパッツって言うのか。知らんかった。
65:
>>58
よく見るとタイヤの周りに切れ込みがあるだろ。
カバーが外れるようになってるんだよ。
14:
ガワだけ偽装するためにグレイスを付けてるな
後ろのドアやら伸ばしてる所があるな
22:
FCXだかに似ててなかなかカッコいいと思ったけどさっぱり売れなかったな
32:
グレイス「ぐぬぬ・・・」
62:
シトロエンSMはなんであんなにもカッコイイのだろう
63:
正直初代は昭和の少年が思い描いてた未来カーっぽくて格好いい
68:
cr-z生産終了してたの今知ったorz
69:
正直な話IMAの方が良かった
73:
それよりフリードの特別仕様出してよ
74:
シティ復活させろよ
コロンとしたデザインはウケると思うけどな
81:
>>74
現行のグレイスが中国版のシティだよ
どうせ今のホンダが作ったらフリードにビガーパンツみたいなダッサイグリル付けて出すだけだわ
79:
そんなものよりCR-Zの新型出してよ
75:
陛下「新しいインテグラはまだかの…」
7

続き・詳細・画像をみる


よつばと!がアニメ化されない理由wwwwww

容姿も知性も恵まれて生まれてきたのに幸せな家庭を築いて子供を産むという普通のことができなかった

オーイズミさん技術介入なしで設定1でも出率100%の機種を作ってしまうwwww

天使か。新垣結衣“ハート写真”がファン悶絶のかわいさ

ココリコ田中が離婚した理由wwwwwwwwwwwwwwwwww

【画像】月収200万の人気コスプレイヤーえなこ(23)がコスプレ会場に突如降臨してパニック

back 削除依頼&連絡先