【話題】間違って覚えている言葉TOP5 「愛想を振りまく」「押しも押されぬ」「過半数を超える」「老体にむち打つ」などback

【話題】間違って覚えている言葉TOP5 「愛想を振りまく」「押しも押されぬ」「過半数を超える」「老体にむち打つ」など


続き・詳細・画像をみる

5:
最初の覚え間違いは、「愛想を振りまく」。
「え……、何が間違いなの?」と思うかもしれませんが、正しくは「愛嬌(あいきょう)を振りまく」です。
“愛嬌”とは辞書を調べると、“人に好かれるような愛想や世辞”と書かれています。
そう考えると意味的には大きく間違っていないのかもしれませんが、正確には「愛嬌を振りまく」なのです。
愛想を使った言い回しだと「愛想がいい」「愛想が悪い」といった表現があります。注意して使いましょうね。
●ワースト4:
続いて4位は、「押しも押されぬ」。
「押しも押されぬエースに成長した」などと普通に使いそうですが、正解は「押しも押されもせぬ」になります。
意味は“実力があって、堂々としている雰囲気”を表すときに使う言葉。まさに“押しも、押されもしない”存在といった感じ。
同じ意味の言葉では、「押すに押されぬ」という表現があります。
「押すに押されぬ」と「押しも押されもせぬ」が入り混じって、「押しも押されぬ」といったになってしまったのかも!?
●ワースト3:
第3位は「過半数を超える」という表現。身の回りの人に聞いてみると、「え、何が駄目なの?」と驚かれてしまいました。
確かに普通に使ってしまいそうな表現。しかし正確には「過半数に達する」「過半数を占める」になります。
こちらも似たような表現として、「半数を超える」という言い回しがあります。
「過半数に達する」と「半数を超える」が入り混じって、「過半数を超える」といったにつながっているのかもしれませんね。
●ワースト2:
年老いた体を奮い立たせて、仕事などに取り組むさまを「老体にむち打つ」と言ってしまいがち。
しかし正確には「老骨にむち打つ」が正解なのです。
「老骨」を辞書で調べると、“年老いた体や老体”といった説明があります。
そう考えると大きく意味は違っていないのかもしれませんが、正しい表現として覚えておきたいですね。
●ワースト

続き・詳細・画像をみる


Beatsのワイヤレスイヤホン「BeatsX」レビュー:iPhoneと相性抜群。AirPodsの代わりになれる?

ゆとり新入社員「定時なので帰ります」ワイゆとり上司(29)「おつかれさん」

【打切】なんだよこの漫画www【注意】

【画像】人気声優さん、謎の絵を描くwwww

【画像】ロシアのヌーディストビーチが2017年も解禁・・・エロすぎだろ・・・

働いてる友人が子供を育休中もずっと保育園に預けててモヤモヤする。働いてる人は優遇されすぎ

【森友学園】籠池康博さん証人喚問でいきなり嘘をつき偽証罪で逮捕か

Googleが「Android O」を発表、従来比2倍高速&ソニーの協力によりLDACをネイティブサポート

【悲報】京都動物園でなんj民みたいなペンギンが発見される

川越シェフのレストランが次々閉店 「世の中から僕の存在は忘れてもらいたい」

【画像】オーストラリアが怖すぎる理由…もうこの国には行きたくない…

ブレンパワードこそ白富野の最高傑作

back 過去ログ 削除依頼&連絡先