【Guilty Kiss】鞠莉「ようこそ♪」善子「ウラノホシ♪」梨子「ホストクラブへ///」back

【Guilty Kiss】鞠莉「ようこそ♪」善子「ウラノホシ♪」梨子「ホストクラブへ///」


続き・詳細・画像をみる


短めに。
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484226919
2: 以下、
千歌「ねーねー。なんで私たち学校に呼ばれたの?今日日曜だよ?」
曜「Aqoursの練習も無いよね?」
ダイヤ「さあ。鞠莉さんがみんなを呼び出したみたいですが……」
果南「なんの用だろうね?」
ルビィ「あ、あれ?梨子ちゃんは?」
花丸「善子ちゃんもいないずら」
曜「ギルキスが全員いない……」
千歌「じゃあユニットでなにかあったのかな?とにかく部室に行ってみよー」
3: 以下、
ガチャッ
千歌「りーこちゃーん。ありゃ、いない」
果南「人を呼び出しておいて、どこ行ったんだろ」
曜「あ、みんな見て。ホワイトボード」
花丸「ずら?」
ダイヤ「理事長室で待つ……by果南♪……と」
曜「果南ちゃんも共犯か!!」
果南「違うよ!!ていうか共犯ってやめてよ!!」
ルビィ「は、犯人はあなたですっ!!」
千歌「出来心だったんです!!」
花丸「茶番ずら……」
4: 以下、
果南「……で、やって来ました理事長室」
ダイヤ「こんなところでなにを……」
千歌「まー、とにかく入ってみよ」
ガチャッ
鞠莉「ようこそ、仔ネコちゃんたちっ♪」ウィンク
バタン
千歌「ゴメン、部屋間違えた」
曜「もう千歌ちゃんのうっかりやさんっ」
千歌「てへぺろっ♪」
ルビィ「いや間違えてないよっ!?」
花丸「鞠莉さんだったずら。見間違いなく頭の先からつま先まで鞠莉さんだったずら」
果南「いやいや、あの鞠莉がパンツルックで髪をボーイッシュにまとめてウィンクしながら仔ネコちゃんとかうすら寒いこと言うはずないよ」
ダイヤ「だいぶ棒読みですが……」
5: 以下、
花丸「とりあえずもう一度開けてみるずら。そうすればわかるずらよ」
ガチャッ
善子「おかえり。おれのリトルデ――――」ギラン
バタン
花丸「ゴメンずら。堕天し間違えたずら」
果南「堕天し間違えるってなに?」
千歌「善子ちゃんだったね。変な風に堕天してたね」
曜「鞠莉ちゃんと同じだったね」
ダイヤ「なんなんですの?」
ルビィ「さ、さあ……」
6: 以下、
果南「もうちゃんと確かめよ。もう開けて閉めるの無しね」
千歌「なんでそんなフラグ立てるの?」
ガチャッ
梨子「や、やぁ///わたっ……ボクのえ、エンジェル……たち///」
ギイィ……
ガシッ!
梨子「閉めないで!!!///やるせないから!!!///やりきれないからぁ!!!///」
7: 以下、
曜「……で、なにこれ?」
鞠莉「なにこれって、見たらわかるでしょ?」
ダイヤ「わからないから訊いてるんですけど?」
鞠莉「もーっ、順応性に欠けるんだから。ホストクラブよ、ホストクラブ♪」
ルビィ「ホッ……」
花丸「ほすとくらぶ?」
善子「そう!ホストクラブ……それはこの世における伏魔殿。薄汚れた貨幣と欲望が渦巻くデッドエンド」
梨子「いや、デッドエンドではないから」
千歌「ホストクラブの説明はいいけど、なんで梨子ちゃんたちが?」
曜「それもそんな男装までして」
鞠莉「フフーン♪よくぞ聞いてくれたわっ♪」バッ
8: 以下、
鞠莉「日々Aqoursの活動で頑張っているみんなを、私たちGuilty Kissが最高のサービスで癒しちゃおうっていうアイデアなのっ♪」
ルビィ「そ、それって三人も同じなんじゃ……」
善子「フッ。この堕天使ヨハネを、あなたたち一介の人間と同じにされるとはね」
花丸「その格好でもヨハネなんずらね」
鞠莉「まあ、ヨハネって男性名だし(事実)」
善子「うそぉっ!!!?」ガーン
梨子「ま、まぁ……ようはお疲れさまパーティーの催し物ってところなの」
千歌「でもなんでホストクラブ?」
梨子「たまにはいいじゃない、って鞠莉さんが……」
ダイヤ「どうせ……男っ気のないあの子たちをドキドキさせてあたふたしている姿を楽しむのデース……とか悪趣味なことを考えたのでは?」
鞠莉「ワタシ、ニホンゴ、ワッカリマセーン」アーハン?
9: 以下、
果南「ていうか、鞠莉たちなんだからドキドキもなにもないんだけど」
曜「まあ……たしかに……」
千歌「えーっ?でも、三人ともカッコよくない?イケメンだよイケメン」
梨子「あの、あんまりイケメンて連呼しないで……///」
千歌「梨子ちゃんカッコイー♪」
梨子「うぅ……///」
善子「なんでリリーが逆にドキドキさせられてるのよ」
千歌「えへへ?♪りーこちゃーん♪」
鞠莉「NOっ!!千歌っち、今の私たちはホストなのよ?」
千歌「だから?」
鞠莉「ホストには源氏名っていうものがあるのっ!!だから今の私たちは源氏名で呼んでっ♪」
ダイヤ「源氏名?」
鞠莉「そうっ♪ちなみに私は……コホン♪マリオ?♪」
果南「配管工か」
ルビィ「It's me♪」
鞠莉「マーリオーっ♪」
果南「配管工じゃん」
10: 以下、
善子「で、わた……っと。おれはヨハネ。よろしくな、リトルデーモン。おれの魔力に酔いしれないよう……気を付けろよ」
花丸「おお……///」
ルビィ「善子ちゃんカッコいい?……///」
善子「うっ、うっさい!!///そういう設定なんだから仕方ないでしょ!!///」
花丸「いつもの堕天使キャラでありながらも、そこはかとない荒々しさを秘めた善子ちゃん……///」
ルビィ「ルビィ……堕天してもいいかも……///」
善子「?っ///目を覚ませぇ!!///」
11: 以下、
鞠莉「うんうん♪さすが、私がレクチャーしただけのことはあるっ♪」
果南「鞠莉は鞠莉のまんまなんだね」
鞠莉「マリオだってば?。ちゃんと私もキャラ設定あるよ?」
ダイヤ「キャラ設定ね……。まあ期待してはいませんが」
鞠莉「むぅっ。ダイヤったらそんなこと言って……それじゃちょっと待って。今入るから」
ダイヤ「入るって……」
鞠莉「……ダイヤ様、果南様」ニコッ
果南「!!///」
ダイヤ「こ、これは……執事キャラ!!///」
鞠莉「お二人のために、私は誠心誠意尽くすことを誓いましょう」スッ チュッ
果南「ま、マリオ……///」
ダイヤ「あ、あの鞠莉さんが傅いて手の甲にキスっ!!?///は、ははっ、破廉恥ですわぁ……///」
鞠莉「んふっ♪」
13: 以下、
曜「それで?」
梨子「それでって?」
曜「いや、梨子ちゃんはなんて呼べばいいの?」
梨子「……梨子で///」
千歌「源氏名は?」
梨子「……梨子……太郎」
曜「へ?」
梨子「……梨子太郎!!///」
千歌「ぷっw」
梨子「笑わないで!!!///鞠莉さんが考えたんだもん!!!///私が考えたんじゃないもん!!!///」
千歌「梨子太郎ってwピコ太郎みたいwあぽーぺーんやって?♪」ケラケラ
梨子「ぜぇーったいやらないっ!!!///」
善子「梨子太郎、キャラ設定忘れてるぜ」
梨子「案外ノリノリよね……よっちゃん……。ああもうっ……///ボ、ボク……梨子太郎///よろしくね、キュートなエンジェルたちっ♪」パッチーン
千歌「アッハハハハハwww」
梨子「笑わないでっばぁ!!!///」
曜「ていうか、それ鞠莉ちゃんじゃん」
鞠莉「私あんなに恥ずかしいこと言わないわよ」
梨子「ちょっとぉっ!!!///」
14: 以下、
鞠莉「とまあ、だいたい雰囲気もわかってもらえたところで、さっそく皆さまをおもてなしさせていただきますね」ニコッ
果南「だからそれズルい……///」
ルビィ「おもてなしって、みんな揃って?」
善子「ギルキスはうまい具合に一年、二年、三年と揃ってるから、それぞれの学年に別れて接待すればいーんじゃね?おれはズラ丸とルビィを、梨子太郎は千歌と曜を、マリオはダイヤと果南を相手するってことで」
花丸「この善子ちゃんは強烈ずらぁ……///」
鞠莉「はい。私はかまいません」
千歌「おおっ♪梨子太郎くんとお話出来るんだ♪」
梨子「梨子太郎くんって……。鞠莉さん……じゃなかった……マリオさん、相手ってなにをすればいいんですか?」
鞠莉「お任せします♪」ニコッ
梨子「ノープラン!!?」ガーン
千歌「ノープランのガールズだね」
シーン……
千歌「今のはμ'sの名曲No brand girlsと――――」
ダイヤ「最後まで説明しなくて大丈夫ですから……」
鞠莉「それじゃあ、この部屋だけじゃ狭いから……三年生はここで、一年生は部室、二年生は屋上で♪それぞれ甘美なひとときを過ごしましょうか♪」
千歌「おーっ♪」
梨子「なんでこんなことに……」
15: 以下、
――――――――三年生SIDE in 理事長室
鞠莉「さあ、始めましょうか。至上のおもてなしを」
果南「その話し方……スッゴいゾワゾワする」
鞠莉「悦んでくれていますか?」
ダイヤ「なまじ基がいいだけに……改めて冷静になるとスゴく腹立たしいですわね」
鞠莉「またまた、そんなことをおっしゃって……」
グイッ
ダイヤ「っ!!///」
カオチカー
鞠莉「素直になったらどうですか?たまには……そんなあなたも悪くない」
ダイヤ「!!///」ボフンッ!
果南「うっ……わぁ……///」
ダイヤ「あ、あぅ……///」
鞠莉「果南様も、どうですか?」ニコッ
果南「……お願いします///」
16: 以下、
鞠莉「どうしたんですか?果南様。いつものあなたらしくありませんよ?」
果南「ま、鞠莉がそんな格好してふざけたマネしてるから……」
鞠莉「手厳しいですね」クスッ
鞠莉「でも……」
クチビル チョンッ
鞠莉「みんなを癒してあげたいって思いは、本当ですから」
果南「?っ///」
果南「本当……ズルいよ///」
鞠莉「小悪魔ユニットですから♪」
17: 以下、
――――――――一年生SIDE in 部室
花丸「んぁー♪」
善子「ほら」
花丸「んっ♪ん?甘いずらぁ?♪」
善子「ったく……ミカンくらい自分で食えよ……。このおれに悪魔の果実を食させるなんて……罪深い女だな、ズラ丸」
花丸「甘いずらぁ……///」
ルビィ「いいないいなっ!善子……じゃなかった!ヨハネくんっ!ルビィもっ、ルビィもっ!」
善子「っせぇよ……ほら」
ルビィ「あーむっ♪えへへ、甘ぁい♪///」
18: 以下、
善子「つーか、こんなことでいいのか?一応、マリオには精一杯サービスするようにって言われてるんだけど。これじゃいつもと変わんねえだろ」
花丸「マルは善子ちゃんとルビィちゃんと一緒にいるだけで、最高ずら♪」
ルビィ「ルビィも♪カッコいい善子ちゃんに、可愛い花丸ちゃんに囲まれて天国だよっ♪」
善子「あんたたち……///?っ、リトルデーモンのくせに、おれを堕天させようとしない……すんなよ……///」
花丸「キャラがブレブレずら♪」
19: 以下、
――――――――二年生SIDE in 屋上
曜「はいっ、チーズ♪」
カシャッ
梨子つ千歌|床
梨子「あの……///」プルプル
千歌「撮れたっ?」
曜「バッチリ♪梨子太郎くんの渾身の屋上ドン。上気する頬に感じるほんのりとした色気が最高!」ゞ
千歌「あとで送ってね♪」
曜「ヨーソロー♪」
千歌「じゃあ次はねー」
梨子「二人とも堪能しすぎじゃない!?///嘘でしょ!?っていうくらいこの状況をフルに楽しんでるじゃない!!///」
曜「え?だって私たちのためにいろいろしてくれるんでしょ?」
千歌「つまり梨子ちゃん……おっと、梨子太郎くんは私たちの言うことをなんでも聞かなきゃいけないってことだよね?」
梨子「そうだけど……そうだけどぉ……///」
20: 以下、
千歌「今の私たちは、梨子太郎くんにジュースを買ってこさせるくらい余裕なのだ」
梨子「パシらないからっ!!」
曜「梨子太郎くん。キャラ、キャーラ」
梨子「うぅ……///ボ、ボク……パシりなんかしないからねっ!!///」
千歌「なにこの弟感……///」
曜「スッゴいなんかお菓子とかあげたい……///」
梨子「もうっ!!///」
千歌「よし、じゃあ膝枕してっ」
梨子「まあ、それくらいなら……」
曜「エンジェルは?」ニヤニヤ
梨子「あ、朝飯前さエンジェル///」ウィンク
千歌「んしょっ」ゴロン
曜「ヨーソロッ」コテンッ
梨子「……………………」
千歌「んー///」
曜「んぅー///」
梨子「……これ、ホストじゃなくてもいいんじゃない?」
千歌「頭撫でて?」
梨子「……はいはい」
曜「エンジェル?」
梨子「……ゆっくりおやすみ、ボクの可愛いエンジェルたち」ボソッ
千歌「?///」モゾッ
曜「?///」モゾッ
梨子「……………………///」
21: 以下、
――――――――
鞠莉「おつかれ?♪」カンパーイ
善子「おつかれ」カチンッ
梨子「おつかれさまです……」カチンッ
鞠莉「いやぁ、楽しかったわね?♪ダイヤも果南も顔真っ赤にして♪ウフフ♪そっちはどうだった?」
善子「いや、まあ……真っ赤にはなった……かな?///」クピ
梨子「同じく……///」クピ
鞠莉「また機会があったらやりたいわね♪次はキャラも変えて――――」
ガチャッ
ダイヤ「それには及ばねえですわ」
鞠莉「ダイヤ?それに果南も」
梨子「そ、その格好は……」
果南「やられっぱなしは癪だからね。今度は、おれたちが三人をドキドキさせてやろうって♪」
ルビィ「る、ルビィの魅力で……熱く燃えさせてやんよ///」
善子「あんたたちまで……。ていうか、無理あるでしょそのキャラ」
顎クイッ
梨子「おお……///」
花丸「そんなこと言って、期待してんじゃねーの?ずら」
善子「あんたね……///」
曜「まっ、そーゆーわけで♪」
梨子「うっ……!!///」
千歌「覚悟しろよ」ペロッ
千歌「てめえら全員に、眠れねえ夜をプレゼントしてやるよ」
22: 以下、
Guilty Kiss「だっ、誰か助けてぇ?っ!!!!!//////」
23: 以下、

続き・詳細・画像をみる


両面 ← りゃんめんって読む奴wwwwww

【悲報】貧乳好きの9割、嘘だった事が判明wwwww

私お手製のルームライトが兄夫婦の離婚の原因になりそう。

女子高生「トイレ行かせて…」教師「どうしても行きたけりゃここでバケツにしろ」

ケンシロウとバットの年齢は6歳しか違わない

「吊り天井固め」を女性職員にきめた疑いで滋賀県警が調査 開脚姿のままカメラで撮られた模様

back 削除依頼&連絡先