【ガルパン】みほ「闇鍋ウォー!!」back

【ガルパン】みほ「闇鍋ウォー!!」


続き・詳細・画像をみる


まほ「訓練を終了する!」
みんな「お疲れさまでした!」
みほ「はぁ?…」
エリカ「どうしたのよため息なんかついちゃって」
みほ「明後日のテスト勉強でちょっと」
赤星「テストかぁ…私も不安ですね…」
まほ「勉強会でも開けばいいじゃないか」
エリカ・赤星「隊長!?」
みほ「お姉ちゃん!?」
まほ「わからない所があったら教えてあげるぞ」
エリカ「ご迷惑になるんじゃ…」
まほ「勉強会なら迷惑にはならんさ」
みほ「晩御飯とかどうする?」
エリカ「ハン…」
赤星「みんなで食べれるものにしましょうよ、お鍋とか」
まほ「鍋か…」
みほ「どうしたのお姉ちゃん」
まほ「やってみたい鍋があるんだが」
エリカ「何鍋ですか?」
まほ「闇鍋」
みほ「…」
エリカ「…」
赤星「…」
まほ「不満か…」ションボリ…
エリカ「最高ですよ隊長!」
まほ「そうと決まればお母さまに電話入れてくる!」
みほ「大丈夫なの?」
まほ「お母さんには勉強会をするって伝えれば大丈夫だろう、待ってろ」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1476606158
2: 以下、

エリカ「闇鍋って…」
赤星「意外だよねぇ…」
みほ「お姉ちゃんも楽しみたい年頃なんだよ」
エリカ・赤星「それにしても…」
みほ「意外だよねぇ?」

まほ「待たせたな」
みほ「OKだった?」
まほ「あぁ、OKをもらえた」
エリカ「それじゃあ!」
まほ「今日は闇鍋パーティーだ」
みほ「ふぅ?!、お姉ちゃんさえてるぅ!」
まほ「ふぅ?!!」
エリカ(こんな隊長と副隊長見たことがない…)
赤星(楽しみたい年頃なのね…)
まほ「じゃあ19:00分に私の家集合でいいか?」
エリカ「すみません…、隊長の自宅までの道のりが不安です…」
赤星「私も…」
まほ「そうか、なら私が家で鍋の準備をするから、みほ、エリカと赤星を連れてきてくれ」
みほ「うん!」
まほ「材料の食べ物は1人2品まで、食べ物限定で頼む」
みほ「食材は家についてから買いにいく?」
まほ「家の近くにスーパーはないから買ってきてくれ」
エリカ・赤星「わかりました」
みほ「私たちは18:40分に駅前集合で」
エリカ「わかったわ」
まほ「それでは…解散!」
3: 以下、
スーパーです!
まほ「どれにしようか…」
まほ「普通の具材では…あまり面白くないよなぁ…」テクテク
まほ「みほはわからないが…エリカと赤星は遠慮して無難な材料を選んできそうだなぁ…」
まほ「む…」
まほ「エリンギ…いいなぁ、ミカンなんて…面白そうでいいなぁ…」
まほ「よし、これにするか」
まほ「みんなの驚く顔が目に浮かぶぞ…フフフ」
コンビニです!
みほ「わぁ?ボコのカード新しいのが出たんだ?」
みほ「しかもウエハースが付いてる!」
みほ「奇抜なモノが入った方が面白いよね…」
みほ「ウエハースは箱買いで…あとは…グレープフルーツ…面白そうだなぁ…」
みほ「これにしよう!」
みほ「みんな驚いてくれるかなぁ…楽しみ」
コ〇ポです!
エリカ「ハンバーグ…駄目ね普通すぎるわ…」
エリカ「みほや赤星はわからないけど…、隊長はまじめだからきっと普通の食材を持ってくるは
ず…」
エリカ「…」
エリカ「ネットで情報を集めるとしましょう」ポチポチ
ハンバーグ大使「今日友人と闇鍋をすることになりました、場が弾む食材とかありますか?
情報お願いします」
エリカ「…」ポチポチ
エリカ「返信…来たわね…」
カンテレ女「レバーとかがおすすめです、香りが悪く一見はずれのように思えますが意外とおい
しいです、あたり食材になります」
エリカ「ふーん…レバーね…、あとは…パイナップルで良いか」
エリカ「みんなの驚く顔が目に浮かぶわ…ふふふ…」
ヨークベ〇ニマルです!
赤星「闇鍋かぁ…初めてだなぁ…」
赤星「隊長がどんな食材を選んでくるか想像がつかないわね…逸見さんはハンバーグを持ってき
そうね…みほさんは…うどん当たりかなぁ…」
赤星「味を取るか奇抜な食材を取るか…悩むわね…」
赤星「あ、食材が2つあるんだから味がいい食材と奇抜の食材を選べばちょうどいいわね」
赤星「味の方は豚足で…奇抜の方は…ホヤでいいわね」
赤星「みんなの驚く顔が目に浮かぶわ…フフフ…」
4: 以下、
集合です!
エリカ「結構歩くわね…」
赤星「みほさんの家ってどんな風なんですか?」
みほ「普通の家だよ」
エリカ「それにしても…闇鍋ねぇ…いったいどんな感じなのかしら…」
赤星「もうすぐ体験できますから、楽しみですね」
ブィーブィー
みほ「お姉ちゃんからだ、準備できたって!」
エリカ「もうすぐ19時だけど大丈夫なの?」
みほ「もう着くから、ほらあそこ、もう見えたよ」
エリカ「普通じゃないじゃない豪邸なんだけど!」
みほ「そのリアクションが見たかったために付いた嘘だよ」
赤星「流石家元の家ね…」
玄関です!
犬「わんわんわん!!!」
エリカ「へぇ…あなたって犬飼ってたのね」
赤星「なんて名前なの?」
みほ「犬」
赤星「へぇ?…」
エリカ「名前は誰がつけたのよ」
みほ「お母さん…」
赤星「へぇ?…」
エリカ「へぇ?…」
みほ「センスあるよね…」
赤星「う…うん…」
エリカ「ちょっとどうかしてるわ…」
みほ「お母さんに伝えておくね」
エリカ「ちょっと卑怯よそう言うの、やめてよ…」
赤星「あはは」
みほ「ただいま?」
まほ「お帰り、さぁ上がってくれ」
エリカ・赤星「お邪魔します」
まほ「あぁ、お邪魔してくれ」
みほ「ははは」
エリカ(ほぁ…寝間着姿の隊長…)
赤星(パンツァージャケットを着ている姿と比べるとだいぶ印象が変わるなぁ…)
5: 以下、
廊下です!
みほ「トイレはあっちで、あそこが客間ね」
まほ「荷物はみほの部屋に置いていいか?」
みほ「うん」
エリカ「あのピンクの扉の部屋はなんなんですか?」
みほ「あそこはお母さんとお父さんの愛の巣だよ」
まほ「足を踏み入れるなよ、魂を吸われるぞ」
エリカ「え…えへぇ?…」
客間です!
まほ「材料に切るものがあったら台所を使ってくれ」
みほ「切り終えたら材料がばれないようにこの黒タッパーを使ってね!」
エリカ「本格的ね…」
みほ「闇鍋だからね!」キリッ
まほ「失敗は許されない!」キリッ
赤星(闇鍋に失敗も成功もないんだよなぁ…)
エリカ(失敗と成功の差がわからないわ…)
6: 以下、
切り終えました!!
エリカ「出汁と味付けはどう決めるんですか?」
まほ「赤星がくじを作ってくれたからそれで決めよう」
赤星「誰が引きますか?」
エリカ「味付けは私が」ゴソゴソ
まほ「出汁は私がやろう」ゴソゴソ
ピらっ!
エリカ「味付け味噌味ね」
みほ「無難だね」
まほ「無難だな」
赤星「出汁はなんでしたか?」
まほ「出汁は…三ツ矢サイダーだ!」
みほ「おぉ?…、無難だね…」
エリカ「どこがよっ!」
赤星「一気に闇度が増しましたね」
みほ「増し増しだよ」
まほ「後に引けないな」
7: 以下、
闇鍋です!
まほ「食材の準備はできたか?」
エリカ「出来ました!」
まほ「良し…闇鍋を開始するぞ…」
みほ「ドキドキするね」
まほ「ドキドキするな…」
赤星「電気消しますね」
カチリ
エリカ「お鍋の火がなきゃ真っ暗ね…」
まほ「では鍋を開けるぞ…」
モワァ…
みほ「あぁっ!甘い匂いと味噌の匂いが混ざったなんかすごい独特なにおいがする!!」
まほ「もう開いてしまったのか…闇鍋の扉を…」
エリカ「今ですよ!、ひきかえすなら今ですよ!」
赤星「ドキドキするなぁ…」
ドボドボドボ
みほ「あっつぁ!」
まほ「すまん、汁がはねた」
エリカ「気を付けてください隊長!」
まほ「すまんな」
赤星「スリリングね…」
赤星(ん…?、今ならいたずらしてもばれないわよね…)
スッつ豚足
赤星(えいっ)
プニ
エリカ「ひぃぃぃぃぃ!!」
まほ「どうしたエリカ!!?」
エリカ「冷たい何かが…うわ生臭!!」
みほ「ごめんエリカさんの状況が全く分からない!!」
エリカ「生臭い何かがぁ!?何かが私の顔に!!」
赤星(ははは)
8: 以下、
ドボドボドカサカサカサビポチャンポチャンヌルゥン
まほ「みんな具材は入れたな?」
みほ「うん!」
エリカ「入れました!」
赤星「なんか途中チョコレートの甘い匂いがしましたけど!?」
みほ「気のせいだよ」
エリカ(みかんみたいな柑橘系の匂いもしたわ…いやまさかありえないわよ…)
まほ「よし…、後はふたを閉めて煮込むだけだ」
15分後です!
まほ「もうそろそろか」
エリカ「灰汁…どうしますか?」
まほ「取った方がいいだろう」
エリカ「いったん開けますね…」カパッ
ムワァ…
みほ「うわぁ!!?」
赤星「臭!!?」
まほ「エリカ早く灰汁を取ってくれ!!」
エリカ「どれが灰汁だかわかりません!!」
まほ「なんだとぉ!?」
みほ「わぁーやばい!」
まほ「窓を開けろぉ!」
みほ「換気しなきゃ!」
まほ・みほ「部屋が臭くなったらお母さんに殺される!!」
赤星(この姉妹必死だなぁ…)
ギャンギャン…!?キュゥウゥウン…
みほ「どうしようお姉ちゃん犬が苦しんでるよ!!」
まほ「窓を閉めろ!」
みほ「そんなことしたら部屋が臭くなっちゃうよ!?」
まほ「犬の命のほうが大事だ!」
エリカ「灰汁取りました!!」
みほ「ナイスですエリカさん!」
まほ「ふたを閉めろ!!」
9: 以下、
カチャン!
まほ「…」
みほ「…」
エリカ「…」
赤星「…」
赤星「私ピアノのレッスンが…」
まほ「返さないぞ」ガシ!
赤星「太ももをつかまないでください!」
みほ「赤星さん…嘘はいけないよ…」
ベコンベコン
赤星「ペットボトルで殴らないでください!」
エリカ「酸っぱいにおいがしたんですけど…」
みほ・まほ(あぁ?…柑橘類入れたもんなぁ…)
みほ・まほ「気のせいだよ」
エリカ「なんでハモるんですか…」
空気清浄機「ブィー…ピー…ピー…!!」
みほ「空気清浄機が勝手に反応したよ!?」
赤星「化学兵器よ…化学兵器を作り出してしまったのよ…」
まほ「やばいぞ…これはやばいやつだ…」
10: 以下、
数分後
みほ「匂いがなくなってきたね」
まほ「流石シャ〇プの空気清浄機だ」
エリカ(金持ちの家ね…)
赤星「もうそろそろできますよね…」
みほ「うん…」
エリカ「覚悟はできてるから」
赤星「電気消しますね…」
マックラ
みほ「怖いよぉ…」
まほ「鍋…開けるぞ…」カパァ
モワァ…
まほ「ほぁあ…臭いぃ…」
エリカ「変な声出さないでくださいよ」
みほ「あぁぁ?すんごい臭い…」
11: 以下、
実食です!
赤星「みんな取りましたね」
まほ「取ったぞ」
みほ「取りました」
エリカ「取ったわ」
みんな「…」
みほ「誰から食べるの?」
まほ「同じタイミングで食べればいいだろう」
エリカ「そ…そうですね…」
まほ「それでは…」
みほ・まほ・赤星「いただきます!」
エリカ「いただきます!」ガブリ
みほ・まほ・赤星「ふぅ…」
エリカ「…」
エリカ(え…、なにこれ…すっぱ…え…苦いんだけど…え…?、もしかしてこれグレープフルーツ?)
エリカ(えっえっえっ、みそ味のグレープフルーツ?)
エリカ(ゲロみたいな味がするんだけど…)
エリカ(あ…)ウプ
エリカ「あ゛ぁああああああああ!、やばい!、これはやばい!!」
みほ「エリカさん大げさだなぁ」
エリカ「大げさじゃない!!」
まほ「大丈夫か?」
エリカ「水をください!!」
みほ「西住家の水は一杯500円だよ」
エリカ「トイレお借りします!!!」
みほ「行ってらっしゃい」
12: 以下、
エリカ「はぁ…はぁ…」
赤星「一体何を食べたのよ…」
エリカ「私の舌が正しければ、食べたのはグレープフルーツよ」
赤星(え…、グレープフルーツ?)
みほ「エリカさん大げさだなぁ、私のは美味しいよ」
まほ「美味しい?」
エリカ「何食べてるのよ」
みほ「多分お肉だと思う」
エリカ「よかったじゃないきっと当たりよ」
みほ「うん…んえぐぶっ…!?」
みんな「…!?!?!?」
みほ「え゛っえ゛っ…」
まほ「みほが嘔吐きだしたぞ!」
エリカ「ちょっと大丈夫なの!?」
みほ「え゛ん!」
赤星「飲み込んだわ…!」
まほ「偉いぞみほ!」
みほ「あの…私の心を支えている柱があるんですよ…」
エリカ「語り始めましたよ」
まほ「これはやばい時のみほだ…」
赤星「うん…うん…」
みほ「10本のうち7本が砕けました」
赤星(残り3本だけじゃない…)
13: 以下、
数10分後です!
まほ「ん…なんだこれは…」
エリカ「どうしたんですか隊長」
まほ「とんでもなく重い何かがあるんだ」
エリカ「えぇ…?」
まほ「箸でつかめば…あぁっ!?落ちた!?」
みほ「あぢぢぢぢぢぢぢ!!熱い熱い!」
まほ「すまない落とした!」
みほ「取ってよ!早く取ってよ!」
まほ「待ってろ…あっついなこれ!!?」
バッ!
ヒュー…
バスん!
みほ「え、何の音!?」
まほ「ほっぽてしまった…」
エリカ「で…電気付けますね!」
カチリ
豚足「…」
襖「…」
まほ「なんじゃぁこりゃああああああああああああああ…!」
エリカ「あ…」
みほ「どうしたのエリカさん?」
エリカ「襖にでっかい染みができてる…」
みほ「え…あ…ほんとだ…」
まほ「見た目はあれだが美味しいなこれ…」
赤星「隊長、現実を受け入れてください」
まほ「みほ…助けてくれ、お母さまに殺される」
みほ「ごめん、無理」
チラッ
鍋「こんもり」
みほ「心を支えている3本の柱が折れました」
エリカ「もう何も残ってないじゃない…」
赤星「こんなの訓練よりも辛いわ」
まほ「闇鍋を訓練メニューに追加してみようか?」
みほ「そんなことしたら黒森峰の戦車道は今年でお終いだよ」
まほ「ハハハ…」
エリカ「もう…もう…なんでこうなるのよ…」
14: 以下、
数分後です!
みほ「…」モムモム
まほ「…」モムモム
エリカ「…」モムモム
赤星「…」モムモム
みほ「…」
まほ「なんだこれ大根か…?」パクリ
まほ「おぇ…パイナップルだこれ…」
みほ「ハハハ…」
エリカ「なんでみかんが入ってるのよ…」
みほ「不思議だよね…」
エリカ「おかげで私の口の中は愛知県よ…」
みほ「ハハハ…」
赤星「…」
まほ「…」シャクシャクシャク
エリカ「もう闇鍋じゃないですよねこれ」
みほ「電気付けてるからね」
まほ「拷問鍋だ…」
みほ「提案者はお姉ちゃんだよね」
エリカ「貴女もノリノリだったじゃない…」
みほ「…」
まほ「赤星大丈夫か…?、さっきから一言もしゃっべってないぞ」
赤星「大丈夫です生きてます」
まほ「そうか…よかった…」
エリカ「このペースだと1人4杯おかわりしたらなくなるわね」
まほ「〆のうどんはどうする?」
みほ「ごめんお姉ちゃん…今冗談言える状況じゃないから」
まほ「スマン…」
エリカ「ウプ…」
赤星(空気が…空気が重い…、胃も重い…)
みほ「そうだ、今のエリカさんの心境当ててみてもいい?」
エリカ「言ってみなさいよ」
みほ「後悔」
エリカ「正解よ」
赤星「ちょっと…」
15: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【悲報】女さん、人目を気にせず屁をこく

超人気声優凄いぃぃ! 林原めぐみさんって今で言うと誰レベルの声優なの?

【艦これ】加賀「……文化的生活?」

おにぎらずがおはぎ業界にも進出した件

変えてから迷うのもありなMVNO。2〜10GBまで毎月選べて繰越OKな「nuroモバイル」

ヤフオクで落札者が銀行に振り込んだ金額が4円足らないんだけど、請求するべきかな?

back 削除依頼&連絡先