花丸「善子ちゃん、1本どうずら」back

花丸「善子ちゃん、1本どうずら」


続き・詳細・画像をみる


善子「何よこれ……タバコ?」
花丸「堕天使たるものタバコの1本や2本吸うものずら」
善子「でも……未成年だし……」
花丸「堕天使はそんなこと気にしないずら」
花丸「まさか善子ちゃんは堕天使じゃなかったの?」
善子「なっ……! 私は堕天使ヨハネ! タバコなんて飽きるほど吸ってきたわ!」
善子「貸しなさい!」
スゥー
善子「ゲホッゲホッ」
花丸「」パシャッ
善子「えっ? なに撮ってるのよ?」
花丸「バラされたくなかったらこれからオラの言う事聞くずら」
善子「はぁ!? 意味わかんない!」
8:
花丸「とりあえず本買って来るずら」
善子「うぐぐ……なんで私が……」
善子「何を買ってくればいいの?」
花丸「まずは、あれとこれとそれとどれと……」
善子「ちょっ……ちょっと待って!1冊だけじゃないの!?」
花丸「何言ってるずら」
花丸「マルは一日に100冊読むんだよ」
善子「はぁ……まあいいわ」
善子「で、お金は?」
花丸「は?」
13:
花丸「善子ちゃんが出すに決まってるでしょ」
善子「私そんなに買えないわ。今お金ないもの」
花丸「おうちに帰って貯金箱壊してくればいいずら」
善子「貯金もないわよ。あっても持ってこないし」
花丸「言う事聞くって言ったずら。写真ばらまくよ」
善子「くっ……」
花丸「お金ないならお母さんにもらってくるなりなんなりできるずら」
花丸「少しは努力を見せて欲しいずら。そうすればオラも考えてやるずら」
花丸「仕方ないから今日のところはもう帰るずら。明日までに本代、用意しといてね」
善子「なんでこんなことにぃ……」
19:
翌日
花丸「お金持ってきたずら?」
善子「(どうしよぉ……何も用意できなかった……)」
花丸「だんまりしててもわからないよ」
花丸「写真ばらまかれてもいいの?」
ルビィ「マルちゃん」
花丸「あ、ルビィちゃん」
ルビィ「まだこういうことしてるんだね」
花丸「余計なお世話ずら」
花丸「オラは本さえ読めればいいの」
ルビィ「そうやって私からすべてを奪っていったの忘れたわけじゃないよね」
花丸「本を買ってくれなくなったルビィちゃんは用済みずら」
ルビィ「それで別の子に手を出してるんだ」
善子「(なんか始まった)」
27:
花丸「もう皆めんどくさいずら」
花丸「善子ちゃん、どうせお金ないんでしょ」
花丸「残念だけど写真は拡散するね」
善子「ちょっ」
花丸「ルビィちゃんも、ホテルからおじさんと出てきたように見える風に撮れた写真ばらまくずら」
花丸「ルビィちゃんはたくさん本を買ってくれたからそのままにしておこうと思ったけど、お説教してきたからマルは怒ったずら」
ルビィ「そんな写真、誰も信じないよ」
花丸「何を言ってるずら。印刷して教室の黒板に貼り付けておこうか」
ルビィ「マルちゃんはそんなことしないよ」
花丸「うるさいずら。あと屋上から巨大扇風機て撒き散らすのもいいずら」
花丸「他にも……」
ルビィ「マルちゃん」
花丸「なに」
ルビィ「どうして泣いてるの?」
35:
花丸「泣いてなんか、ないずら」
ルビィ「マルちゃん。もういいんだよ」
ルビィ「自分を偽らなくても」
花丸「オラは……本を……」
花丸「ぐすっ……」
花丸「うわああ???ん」ポロポロ
花丸「オラが悪かったずらぁ……」ポロポロ
花丸「ごめんなさい……」ポロポロ
ルビィ「いいんだよ」
ルビィ「また仲良くしようね?」
花丸「うんっ……」ポロポロ
善子 (なんか助かったのかしら)
48:
ルビィ「マルちゃん、善子ちゃんにちゃんと謝ろ?」
花丸「うん」
花丸「善子ちゃんごめんずら」
善子「あぁ……うん……」
花丸「お詫びに悪の教典を貸してあげるずら」
善子「えっ!何かしらそれ!」
花丸「サイコパス教師が生徒を虐殺していく話ずら」
善子 (小説かよ)
花丸「でも喫煙はホントの事だから学校に言っておくずら」
善子「ちょっ」
花丸「ルビィちゃん、目を覚まさせてくれて本当にありがとう」
花丸「ハグするずら」
ルビィ「ぇっ? あっ……」
抱きっ
49:

続き・詳細・画像をみる


駐車場にキジトラっぽい子猫がいた

「魔法陣」は魔方陣からヒントを得て作られた水木先生の創作

【画像】 セミの抜け殻でつくったゴジラのクオリティがすごすぎると話題に

米ルイジアナ州の公園に突如としてピカチュウの銅像が置かれる 誰の仕業が不明 リアルポケストップ

【画像】ダレノガレ明美さん、空間を歪ませる能力の持ち主だった

(ヽ´ん`)「韓国に移住したい…」彡(^)(^)「ップァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーwwwwwwww」

back 削除依頼&連絡先