【プチ革命】佐藤秀峰「電子コミックを11円でセールしたら3億円売上。印税1億3000万儲かった」back

【プチ革命】佐藤秀峰「電子コミックを11円でセールしたら3億円売上。印税1億3000万儲かった」


続き・詳細・画像をみる

1. 名前 名無しさん@まとめたニュース 2016年05月28日 10:51 ID:dXnuCqmy0
コイツの場合、炎上混じりとはいえ元の知名度と広告が完璧な状態だったからなぁ
名が知れてる作家ならまぁその点はいいけど、無名だとそれをどうするかが一番難しい
2. 名前 名無しさん@まとめたニュース 2016年05月28日 10:57 ID:I2gZKnaJ0
単価11円で作家の収入が1億3000万超えるって、作家の取り分が10円で運営に1円だとしても1300万DLされたってこと?ありえなくない?
3. 名前 名無しさん@まとめたニュース 2016年05月28日 10:58 ID:I8pmyqIS0
ベテラン作家や有名なアーティストはネット環境でも儲けられるけど、新人作家はヒットさせることができないだとしたら、何のためのネット環境なのだろう?
ネットコンテンツは昔の遺産を食いつぶしてるだけなんだよ
4. 名前 名無しさん@まとめたニュース 2016年05月28日 10:59 ID:BrujxZ1f0
フ○テレビ「ホレ見てみろ。映画化続編に自分の作品ガー!とかさんざん文句言って御破算にしたクセに、結局は金じゃねーかよ…アホくさ」
5. 名前 名無しさん@まとめたニュース 2016年05月28日 11:02 ID:icIs1J6b0
※2
佐藤の単行本31冊あるから、一冊あたり40万ちょい
映画化ドラマ化されて日本中どころか世界に知られてるタイトルだからありえなくもない
単価も安いから、積み本効果も期待できるしね
6. 名前 名無しさん@まとめたニュース 2016年05月28日 11:04 ID:vpyY0kdp0
漫画って、中途半端に1冊2冊買っても、ストーリーが進まないから、結局最終的には全巻買わないといけない。
だけど、全巻買うってことは、1冊450円だとしても、22巻で1万円超えるし、なかなか手が出ない。
だから、たとえば「お試しで2〜3冊」というのが、できない。
だけど、もし電子書籍で値段が安くなれば、一気に買う人の割合が多くなる。
この問題の解決は非常に大きいし革命的だ。
7. 名前 名無しさん@まとめたニュース 2016年05月28日 11:20 ID:DYafim6y0
無名の自分が作った作品を、他人が手間と時間と金を掛けて売りに出したのを
有名になった後に直売にすれば儲かるのは当たり前だろw
8. 名前 名無しさん@まとめたニュース 2016年05月28日 11:33 ID:icIs1J6b0
※7
その他人様は時間と金をかけても割にあうよう、作者の印税は非常に低く設定されてるんだぜ
もう十分手間賃は払っただろうて
9. 名前 名無しさん@まとめたニュース 2016年05月28日 11:49 ID:DYafim6y0
米8
失敗したときに作者は金を払わないからなw
文句があるならオリジナルの同人誌でも売ればいいよ
それで儲けてる人もいるわけだし
出版社を印刷所と勘違いしているアホウにはうんざりだわ
10. 名前 名無しさん@まとめたニュース 2016年05月28日 11:53 ID:TvpSjjhB0
これは既に人気のある作家を使って電子書籍をプロモーションしようとする楽天の戦略でしょう
一度電子書籍に手を出して消費者の心理的なスイッチングコストを取り払うことが目的だろうし、こういった成功事例を作ることで漫画家も呼び込める
少なくとも楽天はこんな低価格で売り続ける気は無いだろうよ、価格競争はお互いにケガしかしないしね
そんな戦略取るのはアホだ
11. 名前 名無しさん@まとめたニュース 2016年05月28日 12:04 ID:VXmf6I.C0
アニメのDVDとかもそうだな
大多数の人は500円位なら全巻大量買いするだろうけど少数の人が5000円で買うから
「なら5000円で売ればいいじゃん。そっちの方が儲かるわw」
って考えだからな
1

続き・詳細・画像をみる


【画像】海外のイラストレーターが描いたスマブラキャラ全員集合の大作イラストが素敵な件

知らない方が幸せだった雑学『ミミズは体に良い?』

【原爆よりヒドイ】オバマ広島訪問に中国外相「20万人以上が虐殺された南京も忘れるな」と念押しへwへ

筋肉アイドルさん、ザキヤマさんを持ち上げるwwwwwww(※画像あり)

【閲覧注意】勃起包茎にローター入れたら宇宙生物みたいになったったwww (※画像有)

高橋ジョージ「1年で16億稼いだ。六本木で一晩6000万使った」 指原「超やべぇじゃん!」 → 2ch「ダセぇ」

back 削除依頼&連絡先