モバPのフリーマーケットback

モバPのフリーマーケット


続き・詳細・画像をみる


モバマスのフリーマーケットのお話です
やさしい仏のようなモバPは、いないので注意
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442324397
2: 以下、
午前の部
凛「フリーマーケット?」
モバP「そうだよ」
卯月「収入も増えて、不要なゴミも処分できちゃいますね♪」
卯月「ゴミの処分にも、お金がかかりますから大変です」
モバP「そういうこと」
卯月「ゴミの処分にお金を使うなんて、もったいないです」
3: 以下、
凛「………」
未央「あんまりゴミ、廃棄物、ダスト、廃品、産廃と連呼しないでよ……しまむー」
卯月「え?」
未央「ご覧よ!いつもクールなしぶりんのハートが粉々になってるよ」
凛「 」
4: 以下、
凛「この首輪は……」
モバP「ごめん……本当に、ごめん」
凛「私からプロデューサーへのプレゼントだったのに……プロデューサー!!」
モバP「首輪をつけて、出勤するのは遠慮したいんだ。ごめん」
凛「鬼畜!プロデューサーの人でなし!ネクタイつけても、首輪でも同じだよ!」
5: 以下、
卯月「人間に首輪を付ける方が、鬼畜ではないかと……」
凛「そんな……私は愛情をもって、首輪をプロデューサーにプレゼントしたんだよ」
未央「しぶりんは鬼畜。鬼畜なしぶりん、略してちくりーん」
モバP「卯月は、わかってくれるんだね……卯月はやさしいなぁ……」
卯月「えへへっ」
凛「ぐぬぬ」
6: 以下、
未央「まぁ、しぶりんのプレゼントはフリーマーケットに出品されても仕方ないよハハハ」
卯月「あ!コレはフライヤーですね」
未央「え?」
凛「コンビニに置いてあるマシーンだ」
未央「ええ?!あ……ああああ!私がプロデューサーにプレゼントした業務用フライヤー!」
7: 以下、
モバP「ごめんよ……未央」
未央「プロデューサーの家で、出来たてフライドチキンを食べようと思ったのに!!」
凛「フライヤーなくても、たかがフライドチキンなんて冷凍食品でいいでしょ」
卯月「電子レンジで加熱すれば、楽ですね」
未央「これだから、素人は困るよ。フライドチキンは、業務用でなくちゃ!!」
モバP「ごめんよ……清掃したり、維持管理が大変でね。ごめん」
8: 以下、
未央「えー!出来たてのフライドチキンは最高なのに」
凛「これだから、パッションってやつは困るね。余計な行動力を発揮するから、困る」
未央「ぐむむ」
卯月「もしかして、未央ちゃんがフライドチキンを好む理由は、ハートもチkもごもご」
モバP「それ以上は、ダメだよ。NG(ニュージェネレーションズ)が、NG(共演禁止)になってしまう」
9: 以下、
午後の部
奏「フリーマーケット?」
モバP「そうだよ。使わない物を売って、お小遣いを稼ごうかと思ってさ」
周子「なるほどねー。不要な物も売れて、小金が手に入るし」
奏「不要な物も処分できる…ってところかしらね」
モバP「そういうこと」
11: 以下、
モバP「良ければ見て行ってよ。何か欲しい物があるかもしれないよ?」
奏「では、お言葉に甘えようかしらね」
周子「どれどれ?……色んな物があるんやん」
モバP「業務用フライヤーとか、すごーくオススメだよ!」
周子「揚げ物屋でもするんかい。給与の無駄遣いはやめとき」
奏「個人では、持て余すわ」
モバP「……しょぼん」
12: 以下、
奏「あら?この紙は何?」
モバP「ああ、それはね……とある品物の詳細とサイズを明記した書類だよ」
周子「ほほう……パスタの麺を作るマシーンかー。プロデューサーが購入したん?」
奏「そこまで熱心な麺好きだったかしら?」
13: 以下、
モバP「いいや。とあるアイドルからプレゼントされたんだけど」
奏「あ……なるほど、ね。見当はついたわ…」
周子「ええ!?大切なプレゼントやん?」
モバP「そうだよ、ありすの気持ちが籠った誕生日プレゼント」
周子「手放したら、ありすちゃんが悲しむよー」
モバP「でもね、その…パスタ製麺マシーンは業務用なんだよ」
14: 以下、
奏「ほ……本体重量が200kg以上あるわね」
周子「ひぇー」
モバP「そうなんだよー。ハイスペックすぎてねえ……自宅に置けないんだ」
周子「業務用かい!デカすぎや。冷蔵庫を置くスペースが無くなるじゃん」
奏「マシーンの重量も、ありすちゃんの愛も」
周子「ヘビー…級」
奏「すごく、重たい」
15: 以下、
周子「おお!?しょーもない物ばかりかと思えば、素敵な大皿があるやーん」
奏「へぇー……黒くて高そうな大皿ね。○でも鑑定団に、出せそうな一品ね」
モバP「ああ、それは……」
奏「きゃッ!」
モバP「まゆがプレゼントしてくれた大皿なんだ」
16: 以下、
周子「よーく見たら、黒地の皿ではなくて……」
モバP「………」
周子「文字かい!」
奏「内容は甘い、甘ーい、ラブレターね」
周子「皿の全面に、恋文が手書きやん……コレ、プリントじゃないで」
奏「甘ったるくて吐きそうな文章……まるで、恋愛映画ね。ああ、蕁麻疹が出そうだわ」
17: 以下、
モバP「その大皿は、大きすぎて使い辛いんだ」
周子「プロデューサーは一人暮らしだもんねー」
奏「このサイズの大皿だと、大家族用って感じかしら」
モバP「独身では持て余すんだ」
周子「大皿では洗い物が増えるよねー」
18: 以下、
周子「洗い物って、めんどいんだよね。食器洗浄機を買いたーい!」
奏「食器洗浄機を買っても、お皿を使わないでしょ」
モバP「フライパンや鍋を、食器にするよね」
奏「アイドルでも、私生活はズボラなのよね……はぁ」
周子「生活の知恵ってやつ♪」
20: 以下、
奏「あら?この箱は……」
周子「ブルーレイだね」
モバP「それは…見なくても……」
周子「遠慮しなさんな♪中身は、どれどれ……『特選!戦争映画名場面?射殺編?』」
奏「………」
モバP「………」
周子「『空軍編、陸軍編、海兵隊編、空爆編』」
奏「やめて」
21: 以下、
周子「後は、『砲撃編、塹壕編、テロリズム編、銃剣編、防御陣地』」
奏「いやぁぁああああああああああああああああああああああああああ」
周子「……うわ?まだまだある…『WW1…WW2』」
モバP「ごめん…ごめん、本当にごめんよ…奏」
周子「……『特選!戦争映画音響ベスト100』」
奏「どうしてコレを……どうしてフリーマーケットに出すのよ!」
22: 以下、
奏「私が、最高の名場面ばかり集めて編集したコレを!!」
モバP「ごめんよ…うっ…」
奏「私が吟味して選んで、悩み、悩み、悩み、抜いた末に、編集した至高のコレを!」
モバP「ぐすっ……本当にすまないと思ってる……」
奏「フリーマーケットに出品するなんて……鬼!」
23: 以下、
周子「まぁ、しゃーないって」
周子「プロデューサーは、ブルーレイ再生機もテレビも、シアタールームも持ってないからさ」
奏「やだ、本当!?」
モバP「……うん」
周子「フリーマーケットに出品されても、しゃーないしゃーない」
奏「シアタールームが存在しないって、人間かしら!?」
24: 以下、
周子「まったく、映画オタクはこれだから困る」
奏「もしかして……芸術という概念が存在しない猿なの?ねえ?」
モバP「ごめんなさいごめんなさい」
奏「ミジンコ?アメーバ?それとも、ゾウリムシかしら?」
奏「この世に、生命として存在しているのかしら……心配ね」
25: 以下、
モバP「本当にごめんなさいごめんなさいごめんなさい」
奏「芸術を理解しきれていない生物(仮)には、映画の素晴らしさ、映画という宝石、映画という芸術を」
周子「生物(仮)ってことは、一応は生物なんや」
モバP「ひぃぃぃ!」
奏「骨の髄まで再教育する必要があるわ。私の家のシアタールームで映画鑑賞会よ」
26: 以下、
周子「うわ?プロデューサーお疲れー」
モバP「…そ…その映画鑑賞会は、2時間ぐらいで終るよね?ね、ね?」
奏「寝惚けたことを……。もちろん、オールナイトよ」
周子「オールナイトで映画鑑賞会だってさー」
モバP「うわあああああああああああああ」
28: 以下、
周子「マジで、おつかれさーん♪」
奏「貴女も来るのよ」
周子「は?……マジで、シューコちゃんも?」
奏「マジよ」
周子「うあああああああああああああああ」
おわり
27: 以下、
(なんか周子に違和感を感じる…)
31: 以下、
HTML依頼してきます。
>>27
すまんな。周子の狂気じみたオタクというかマニアっぽい
ところが見つからなかった。
45: 以下、

続き・詳細・画像をみる


東芝社長「サザエさんはできるだけ続けたい。社員や社会に後ろ向きな姿勢ばかり見せたくない」

古舘伊知郎「基本的には偏らない放送はできないと思っています」

上条「インデックスにオ○ニーを見られた……」

2番セカンドっぽい都道府県wwwwwwwwwwwwwwww

札幌に画期的なパチンコ屋が登場wwwww

【ハンター×ハンター】キルアVSヒソカどっちが勝つ?

back 削除依頼&連絡先