魔王「余の呪詛に蝕まれるがいい」back

魔王「余の呪詛に蝕まれるがいい」


続き・詳細・画像をみる

1:
魔王「お前を愛している壊れる程抱き締めて3分の3も愛してると伝えたい溶け合いたい容姿も心も美し過ぎるお前は余のもの誰にも渡さぬ愛している愛している愛している愛している愛している愛している」
女勇者「くっ、これは魂を弱らせる呪詛じゃない」ポカポカ
女勇者「むしろ活性化している、苦しい、こんな呪詛は初めてだ」ポカポカ
女勇者「流石は魔王と言ったところか!」
魔王「フハハハハハハ」
3:
女勇者「おのれ、ならば伝説の剣で」バッ
魔王「余には当たらぬ、なぜなら」シュンッ
女勇者「うおおおお......む!」
ギュウウウウゥ
魔王「初太刀を見極め抱き付いてしまえば良いのだからな」
女勇者「くっ、拘束された」
女勇者「瞬時に懐に入る素早さは相当なもの」
女勇者「流石は魔王と言ったところか!」
魔王「フハハハハハハ」
4:
女勇者「おのれ、こうなったら魔法で」
魔王「魔法は使えぬ、なぜなら」
女勇者『氷結魔ホッ......ぐむっ」
ムチュウウウウウゥ チュパ
魔王「......ふ、お前の口を塞ぐからだ」
女勇者「......ぷはっ、手強い」
女勇者「まさか物理的に使えなくするとは」
女勇者「流石は魔王と言ったところか!」
魔王「フハハハハハハ」
5:
女勇者「離せー」ジタバタ
ギュウウウウゥ
魔王「ダメだ」
女勇者『範囲爆発魔ホッ...むぷ」
ムチュウウウウゥ チュパ
魔王「......ふ、ムダだ」
女勇者「......」
女勇者『極大自爆魔ホッ...むぐ」
ムチュウウウウウゥ レロレロ チュパ トローリ
魔王「......ふ、自爆魔法とは感心せんな」
女勇者「......ハァハァ、魔王を倒すためならばこの命くれてやるさ」
女勇者『極大自爆魔ホッ...むぐぅ」
ムチュウウウウウゥ チュパ チュパ
ムチュ レロレロレロレロ チュパ トローリ
魔王「...ふ、今のはお仕置きだよ」
女勇者「...ハァハァハァ、魔法を出す隙がない」
女勇者「流石は魔王と言ったところか!」
魔王「フハハハハハハ」
6:
女勇者「くそ、手も足も出ない」
魔王「降参するか?」
女勇者「否、命尽きるまで戦うぞ」
魔王「ほう、では余も攻撃に転じよう」
女勇者「......くっ」
魔王「砕け散るがいい」グンッ
ギュゥゥウウウ
メキメキメキ メキャッ バキバキ
ボロボロボロ
女勇者「ぬ、鎧が壊れて裸に」
女勇者「まず防御を削ぐとは強い上に堅実」
女勇者「流石は魔王と言ったところか!」
魔王「フハハハハハハ」
7:
女勇者「私もここまでか」
魔王「なぜそう思う」
女勇者「攻撃も出せず、防御力も0、おまけに身動きが取れない」
女勇者「いつでも私を葬れるのだろう?」
魔王「ふっ、勇者が早々に諦めてどうする」
魔王「どれ、希望を見せてやろう」
シュシュン
女勇者「魔王のローブが消えた?」
魔王「余の防御力も0...対等であろう」
女勇者「互いに全裸と言う訳か」
女勇者「自に枷を強いるとは、その余裕」
女勇者「流石は魔王と言ったところか!」
魔王「フハハハハハハ」
9:
女勇者「今なら魔王も無防備ということか」
魔王「またとない好機であるぞ」
女勇者「...」
女勇者『極大自爆魔ホッ...むぷ」
ムチュウウウウウゥ レロ チュパ レロレロ
チュパ トローリ チュパレロレロ
魔王「...ふ、懲りないやつよ」
魔王「このまま口を塞いでくれよう」
ムチュウウウウウゥ モムモム レロレロ
女勇者「むぐむぐ」
女勇者「まむまままもーもみっまもももま!」
魔王「むまままままま」レロレロ
11:
女勇者「っぷは!ハァハァ」
魔王「ふふふ」
魔王「再び余の呪詛に蝕まれるがいい」スッ
女勇者「くっ!耳元だと」
魔王「好きだ大好きだ狂おしい程にお前を愛している愛している愛している愛している愛している、余の火照った体とお前の火照った体を1つにしようではないか」
女勇者「......うん」ムラムラ
女勇者「っは、危ない」
女勇者「まずい、耳元は効果が強い」ムラムラ
女勇者「こんな強力な呪詛を使うとは」ムラムラ
女勇者「流石は魔王と言ったところか!」
魔王「フハハハハハハ」
12:
魔王「堕ちぬか......ならばもう良い」
魔王「その首、へし折ってくれるわ」
女勇者「くっ」
クニ クニ
女勇者「乳首が、倒されてしまった」
魔王「何度でもへし折ってくれるわ」
クニクニ クニクニ
女勇者「あん」
女勇者「そうか......私の首は1つ、乳首は2つ」
女勇者「手数で攻める怒濤の攻撃」
女勇者「流石は魔王と言ったところか!」
魔王「フハハハハハハ」
13:
魔王「次はこちらを攻めるぞ」
サワワッ サワワワワッ
女勇者「む、臀部をなで回したところでそこは脂肪の塊......大したダメージなど」
モミモミッ モミモミミミッ
女勇者「くぅ!あふん!」
魔王「余はいくつもの城を攻め落とした」
魔王「弱点を見つけ、そこを攻める」
魔王「シロがシリに変わろうと同じことよ」
女勇者「経験から活路を見出だすその閃き......」
女勇者「低級魔物とはやはり頭が違う」
女勇者「流石は魔王と言ったところか!」
魔王「フハハハハハハッ」
14:
魔王「仕上げといこう」スッ
女勇者「屈み込んで何を......く!」
ペロチュパ ペロペロ チュパチュパ
女勇者「ひゃふん......そこは排泄物を出す穴だぞ」
女勇者「舌を入れる穴ではない......んっ」
ペロペーロ レロレロ チュパ チュポン
魔王「......ふぅ、余が目指すは世界制服」
魔王「世界を股にかける男だ」
魔王「一人の女の股なんぞすぐに支配してくれる」ペロリ
女勇者「あん!....んっ......そこ...だめぇ」
レロレロレロレロ
女勇者「だめなのぉぉおおおっ!」ビクンビクン
女勇者「......」ハァハァ
女勇者「流石は魔王と言ったところかっ!」ハァハァ
魔王「ムマママママママ」モゴモゴ
15:
女勇者「股に顔をうずめたまま笑うな」ハァハァ
女勇者「力が入らなっ...」
カランカラン
女勇者「あ、剣が」サッ
魔王「取らせぬ」スクッ
ギュウウウウゥ
女勇者「くっ、また身動きが」
女勇者「鎧に加えて武器まで失ってしまっては勝機は皆無」
魔王「ふ、余とて武器はないぞ」
女勇者「......私には分かるっている」
女勇者「下腹部に当たる熱い棍棒、まさか隠し武器を持っていたとはな」
女勇者「流石は魔王と言ったところか!」
魔王「フハハハハハハ」
16:
魔王「この武器の威力、とくと味わうがいい」
ズンッ メリメリ
女勇者「いづっ.....」
魔王「ふん、ふん、ふん」
ズンッ ズンズンッ
女勇者「......んん!」
女勇者「体の内側から攻める魂胆か!......く」
ズンズンズンズン
魔王「あ、出そう」
ズンズン
女勇者「え、何が?」
ズン...
魔王「ふんぬ」
ビュク ビュク
女勇者「なんだこの体内に広がる熱い液体は」
女勇者「もしや毒か、やはり卑劣極まりない」
女勇者「流石は魔王と言ったところか!」
魔王「フハハハハハハ」
17:
ーーーーー
ーーー

少年「学校行って来る!」タタタッ
女勇者「人間や魔族と仲良くね」
魔王「お前も勉強するか」
青年「やだよ、父さんの跡継ぎ気ねーもん」
青年「彼女と遊んでくるわ」バサバサッ
魔王「......まったく」
女勇者「平和になったね」
魔王「ああ......」
女勇者「じゃあ洗濯物を......キャ!」
オヒメサマダッコ
魔王「では、これより」
魔王「第三子を召喚する儀式を行う」
女勇者「......昨晩もしたじゃん」
魔王「余を見くびって貰っては困る」
女勇者「流石は魔王と言ったところか」ハァ
魔王「フハハハハハハ」
1

続き・詳細・画像をみる


貯金が8000万近くあるんだけど今から一生ニート生活って出来ると思う?wwwwwww

2ちゃんに毒されてキラキラネーム嫌悪をこじらせてやらかしてしまった。房子(ふさこ)って改名出来るのかな・・

この前彼氏としてから生理が来なくて死にたい

「嫌なら見るな」 → テレビを見ないのが空前の大ブームへ

漫画アニメの「狂気キャラ」ってこの二種類に分けられるよな

閲覧注意の領域に・・・メキシコの風変りな9の食材・料理

音楽と美術って義務教育でやる必要あったのか

「確かに」って言葉ってめちゃめちゃ便利だよなwwwwwwwww

【悲報】欅坂46のメンバーが教師と恋愛していて始まる前に完全終了 (※画像あり)

「貴様…謀ったな!」 効果的にネコを連れ去る方法が発見される

今日のGoogle検索の暗号って何だか分かるか?

女子高生のLINE聞き出す技を編み出したwwwwww

back 過去ログ 削除依頼&連絡先