ショタ魔法使い「これで淫魔を召喚できるハズ…」ロリ淫魔「じゃーん♪」back

ショタ魔法使い「これで淫魔を召喚できるハズ…」ロリ淫魔「じゃーん♪」


続き・詳細・画像をみる

1:
ショタ「あ、あれ、なんで?淫魔を召喚するつもりだったのに……」
ロリ「うん、わたし淫魔だよ。よろしくね♪」
ショタ「でも、こどもじゃん……これじゃあエッチできないよ……はぁ」
ロリ「むっ、バカにしないでよ!こどもでもエッチできるもん!」
がばっ
ショタ「わわっ!?」
7:
ロリ「うんしょ、っと」
するする……ぽろんっ
ショタ「わっ、わっ」
ショタ(ズボンとパンツ、脱がされちゃった……)
ロリ「ふ、ふーん……これが、おちんちん……」
つんつん
8:
ショタ「そ、そうだよ、おちんちんだよ。はやくエッチなことして気持ちよくしてよ」
ロリ「う、うん。ええっと、おちんちんを、こう……」
ぎゅううっ
ショタ「痛い!痛いよ!」
ロリ「あっ、ご、ごめん」
ぱっ
9:
ショタ「もー……ほんとにエッチなことできるの?」
ロリ「うるさいなぁ、はじめてだからちょっと失敗しちゃっただけだもん」
ショタ「はじめて!?したことないの!?」
ロリ「だってこどもだもん。あなただってどーせしたことないでしょ!」
ショタ「そうだけど……でも、淫魔なのに……」
ロリ「やり方は知ってるから大丈夫だもん……今度はもうちょっと、やさしく……」
10:
ふにっ……
ショタ「あっ……」
ショタ(おちんちん触られるの、きもちいいかも……)
ぴくんっ、ぴくんっ
ロリ「それで、次は……なでてあげて……」
なでなで……さわさわ……
11:
むくむく……
ロリ「あっ、おっきくなった!ほらね、ちゃんとできたでしょ!」
ショタ「ま、まだ、ぼっきさせただけじゃん……」
ショタ「これからが本番でしょ。ちゃんと……エッチさせてよ」
ロリ「むー、わかってるもん」
するするっ
12:
ロリ「それじゃあ……あなたのおちんちん、挿れるね」
ショタ「う、うん」
くちゅっ
ロリ「んっ」
ショタ「あっ……!」
ちゅ、くちゅっ、じゅぷんっ
14:
ロリ「あ、んんっ……!」
ショタ「うあ、ああっ!」
ショタ(ぼくのおちんちん、全部、おまんこの中に入った……!)
ロリ「ねえ、きもちいい?」
ショタ「うん……きもちいい。やわらかくて、ぬめっとして……」
ロリ「わたしもきもちいい……おちんちん、いい……」
15:
ぬぷっ……ぬぷっ……
ショタ「あうっ……うごくと、もっと……いい……」
ロリ「はぁはぁ……おちんちん、きもちいいよ……」
ぬぷっ、ぬぷっ……ぬぷっ、ぬぷっ……
ロリ「はぁはぁ……」
ショタ「……?」
17:
ぬぷっ、ぬぷっ、ぬぷっ、ぬぷっ
ショタ「あうっ、あっ……も、もうちょっと、ゆっくりぃ……」
ロリ「やだ。きもちいいんだもん」
ぬぷっぬぷっ、ぬぷっぬぷっ
ロリ「ああ……おちんちん、おちんちん……」
ぬぷっぬぷっぬぷっぬぷっ……
18:
じゅぷっじゅぷっ!じゅぷっじゅぷっ!
ショタ「ま、まって!ちょっとまって!おちんちん、へんになっちゃうからぁ!あんっ!」
ロリ「おちんちんいいよぉ……おちんちんってこんなに気持ちいいんだ……だいすきぃ」
じゅぷっじゅぷっ!じゅぷっじゅぷっ!
ショタ「あっあっ……も、もう、で、出るっ出ちゃう!」
ぞくぞくぞくっ
ショタ「あっ、あーっ!」
ぴゅるるるっ!ぴゅるっ!ぴゅるっ!ぴゅるっ!
20:
ロリ「……!!」
ロリ(おちんちん、びくびくしてる……射精、してるんだ……)
ショタ「あっ、あっ……ああー……」
ぴゅっぴゅっ、ぴゅるっ、ぴゅるっ……
ロリ(おなかいっぱい……しわわせぇ……それに、きもちいい……)
ロリ(これが、エッチなんだ……)
ぴゅるっ、ぴゅるっ……ぴゅるんっ
ロリ(……)
21:
ショタ「すごく気持ちよかった……こどもだからってバカにしてごめんね……」
ロリ「べつに……それより、ね」
すりすり
ロリ「エッチするの、とってもきもちよかったから、もっとしたいの……ダメ?」
ショタ「う、ううん。ぼくも、もっともっとエッチしたい」
ロリ「やった♪それじゃ、さっそく……」
ショタ「えっええっ!?ちょっとまって、今すぐはむりだよぉ……」
ロリ「はぁはぁ……あなたの匂いかいでると、ガマンできないの……いいでしょ?いいよねっエッチするからねっ」
ショタ「あっだめっあっあっやめてぇ?!」
to be continued
24:
ロリ「何してるのー?」
ショタ「魔法の薬作ってるの」
ロリ「ふーん?」
すりすり
ショタ「薬草を調合して、魔法を付与して……」
すりすり、さわさわ
ショタ「……そうやってつくった薬を売って、生活費稼いでるの」
ロリ「そっかー、大変なんだ」
すりすり、むにむに
ショタ「……その、さっきからなんでひっついてくるの?」
ロリ「んー?べつにいいじゃん」
26:
すりすり、なでなで
ショタ「でも……あんまり、そーいうことされると……」
ロリ「興奮する?」
ショタ「……その、ええと」
ロリ「わたしは……興奮してきたけど……」
なでなで……なでなで……
ショタ「うう……もうっ」
ぐいっ
ロリ「やんっ。お薬はもういいの?」
ショタ「後にするっ。もう、集中できないから、すっきりしてから!」
27:
姉「やっほー、様子見に来たよ」
ロリ「お姉ちゃん!?」
姉「ぜんぜんウチに帰ってこないと思ったら、まさかこんなかわいい子を手篭めにしてたなんてね」
ショタ「え、ええと……」
姉「ねえ、この子ちょっと味見させてよ」
ショタ「!!」
ロリ「だ、だめ!絶対だめ!」
姉「いいじゃんちょっとくらい。私こーいうかわいい子大好き……ん?」
ロリ「……」
ぎゅーっ
ショタ「く、苦しいよ……そんなに強く抱きつかないで」
ロリ「だめだもん……わたしのだもん」
うるうる
姉「……ご、ごめんね。お姉ちゃんいじわるだったね。しないから許して、ね?」
なでなで
28:
ロリ「もー、お姉ちゃんったら……ごめんね」
ショタ「お姉さん……キレイだったな……おっぱいもおっきかった……」
ぽー……
ロリ「……」
ぎしっ!ぎしっ!ぎしっ!
ショタ「もっ、やめっ……出な、い……許、し……て」
ロリ「許してあげないもん!」
ショタ「あっ」
びゅるるるっびゅるんっ
35:
ショタ「淫魔にもお姉さんっているんだ」
ロリ「いるよー。お父さんもお母さんもいるよー」
すりすり
ロリ「人間にだっているでしょ、お姉ちゃんとかお兄ちゃんとか」
ショタ「うーん。ぼくにはいないけどね。お父さんとお母さんはいるけど」
ぐりぐり、すりすり
ロリ「そういえば会ったことないけど、どこにいるの?」
ショタ「お城ではたらいてる。忙しいからあんまり帰ってこないけど」
ロリ「ふーん、そっか」
ぐりぐり、ぐりぐり
36:
ショタ「……」
ロリ「あっ、おちんちんかたくなってきた」
ショタ「だ、だって、ひざの上に座られると、その、おしりが……」
ロリ「おちんちんにあたって、きもちいい?」
ショタ「……っていうか、そっちがぐりぐり押し付けてくるせいなんだからね!」
ロリ「あなただって、わたしのふとももとかなでなでしてるくせに」
ショタ「こうふんしてガマンできなくなってきたの!ああもう……いいからエッチするよ!」
ロリ「はーい♪」
38:
姉「3日くらい溜めさせてから吸精するとおいしいよ」
ロリ「そうなんだー」
ロリ「……だから、今日から3日間エッチしてあげないからね」
ショタ「えー、そんなぁ」
ロリ「うふふー、がんばってガマンしてね♪」
ショタ「しょうがないなぁ……分かったよ」
ロリ「……ねえねえ、ちゃんとガマンできてる?オナニーもしちゃだめだからね」
ショタ「わかってるよ」
ロリ「……そろそろガマンできなくなってきたんじゃない?エッチしたいでしょーほらほら♪」
むぎゅーっ
ショタ「もー、くっつかれるとエッチしたくなるからやめてー」
41:
ロリ「……ねえ、どーしてもエッチしたいなら、させてあげてもいいけど?」
ショタ「別に大丈夫……っていうかまだ一日目だし」
ロリ「ほんとに?無理してない?」
ぴとっ
ショタ「だ、大丈夫だってば。くっつかないで」
ロリ「ほんとはエッチしたいんでしょ、無理しなくていいから」
ぐいっ
ショタ「わっ、ちょっと、服脱がさないでよ。エッチはガマンするんじゃなかったの?」
ロリ「もういいの!3日もガマンできない!おちんちん欲しいの!」
ショタ「あひっ、あっ!そ、そんな、強く吸っちゃだめっあうっ」
42:
ショタ「エッチはガマンしようって自分から言ったくせに」
ロリ「……ごめんなさい。次こそちゃんとガマンします」
ショタ「まったくもう。まじめにやってね」
ショタ「……お風呂行ってる今の内に……よし」
しこしこ……しこしこ……
ショタ「はぁはぁ……」
ロリ「……何してるの?」
ショタ「えっ!?な、なんで?お風呂入ってたんじゃ……」
ロリ「タオル忘れたから戻ってきたの。それより、何してたの?それ、わたしのパンツだよね?」
44:
ショタ「え、ええと……」
ロリ「わたしにあんなえらそうなこと言いながら……自分はこっそりオナニーしてたんだ」
ショタ「だ、だって、3日なんてガマンできるわけ」
ロリ「これはもうおしおきだね」
ショタ「おしおきってまさか……」
ロリ「うふっ♪」
じゅぷっじゅぷっじゅぷっじゅぷっ
ショタ「も、もうだめっ!ほんとにもう出ないからぁ!」
ロリ「何言ってるのー?パンツにだすくらい溜まってたんでしょ?えんりょしないでいーっぱいぴゅっぴゅしてね♪」
びゅるんっ!びゅるっびゅるっびゅるっ
49:
ロリ「そう言えば、わたしって一応あなたの使い魔なんだよね?」
ショタ「まあ、そうかな。召喚したのぼくだから」
ロリ「じゃあ、あなたに命令されたら逆らえないんだ……」
ショタ「簡単な命令なら……まあそうだね。でも、そんなことしないよ」
ロリ「ねえ、ちょっと命令してみて。おもしろそう」
ショタ「えっ……まあ、いいなら、いいけど」
ロリ「わーい。それじゃあお願いします、ご主人様♪」
ショタ「ご、ご主人様って……んー、それじゃあ……」
『飲みものもってきて』
ロリ「はーい……どうぞ♪」
ショタ「ん、ありがとう……次は、ええと」
『抱きついて』
ロリ「ぎゅーっ」
ショタ(ちょっと楽しい……かも)
50:
ショタ「次は……」
『おっぱい見せて』
ロリ「うふふー、分かりました、ご主人様」
するする……
ショタ「……ごくり」
ロリ「どうですか、ご主人様、ご満足いただけましたか?」
ショタ「つ、次は……」
『裸になれ』
ロリ「脱ぎましたよ……ご主人様、目がエッチです」
ショタ「はぁはぁ……次は」
『ぼくによく見えるようにオナニーしろ』
ロリ「……はーい、ご主人様……♪」
53:
くちゅ、くちゅっくちゅ……
ショタ「……」
ちゅぷっ、ちゅく、ちゅぷっちゅぷっ……
ロリ「はっ、はっ、はっ……んっ……ごしゅじ、さまっ……」
ショタ「……はぁはぁ」
もぞもぞ……
ロリ「あっ、あっ……ご主人様、もうイきます……わたしがイくとこ、見ててくださいっ、ああっ」
びくっびくんっびくんっ
ショタ「……はぁ、はぁ、はぁ」
しこしこ、しこしこ
ロリ「……ご主人様、オナニーなんてなさらずに……わたしの、ここに、ご主人様のを……」
ショタ「うう、はぁはぁ……挿れたい……おまんこに、おちんちん挿れさせて」
ロリ「……命令ですか、ご主人様?」
ショタ「もうそういうのいいから!はやくエッチさせてよぉ!」
ロリ「はーい、分かりました♪」
56:
ワイワイ、ガヤガヤ、ワイワイ
ロリ「ここが街!?すごーい!人いっぱい!」
ショタ「ほら、うろちょろしないで。はぐれるとこまるから、ぼくからはなれないようにね」
ロリ「じゃあ、手つなごうよ」
ショタ「……」
きゅっ
ロリ「えへへー」
ショタ「……い、行くよ」
てててっ
57:
ショタ「おばさん、薬持ってきました」
ゴトッ
おばさん「はいよ、いつもお薬ありがとうね……おや?」
ロリ「こんにちはー」
おばさん「おやまあ、あらら。坊やにこんなかわいい彼女がいたなんてねぇ」
ショタ「お、おばさん!からかわないでよ!」
ロリ「えへへ、ありがとうございます」
おばさん「女の子には優しくしてあげないとだめだからね。はい、お代金」
ショタ「まったくもー……ほら、行くよ!」
ロリ「うん。おばさんまたねー」
ふりふり
59:
ロリ「えへへ、えへへ、彼女だって」
にへら
ショタ「もー、おばさんったら……」
ロリ「わたし達が恋人同士に見えたってことだよね。なんかうれしーかも♪」
ショタ「見えるっていうか、恋人みたいなもんじゃん……エッチもしてるし」
ロリ「……そっか、そうだよねー。うふふ」
ぎゅーっ
ショタ「な、なに?」
ロリ「なんでもなーい。えへへっ、大好き♪」
ショタ「……ぼ、ぼくも、大好きだよ」
6

続き・詳細・画像をみる


『響け!ユーフォニアム』分かりやすい吹奏楽部部員64名一覧表

もう続編が絶望的なゲームのファンのやつ

【旭日旗問題】 ハリウッド女優クリステン・スチュワートの空港ファッションが物議〜韓国行くのに旭日旗Tシャツ?

中国の笑い話を紹介するスレ

【政治】韓国の朴大統領「(日韓関係は)別の次元の明確な目標と方向を持って進めている」 歴史問題の分離示唆

【英国】王女の名前「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」に決定

back 削除依頼&連絡先