モバP「さいきっく能力開拓...なんてな」back

モバP「さいきっく能力開拓...なんてな」


続き・詳細・画像をみる

1:
モバマス堀裕子のssです
ネタは古いですがスペインです
それでもよろしかったら、是非
2:
裕子「ムムムーン...」
スプーン ...
裕子「ムムムムーン!」
スプーン ...
P「あーツアーライブも明後日か...実際こんな作業してる場合じゃねえよなあ...」カタカタ
裕子「ムムムムーン!!!!!!」
P「おーい裕子、ちょっとボリュームダウン」カタカタ
裕子「あ、すいません...」
裕子「ムムムーン(小声)」
スプーン ...
3:
P(毎度毎度やってるけどよく飽きないな...サイキックトレーニング)カタカタ
P(やっぱスペインで気合い入ってるのか?)カタカタ
P(いや、そもそもあのトレーニングに意味はあるのか...?)カタカタ
P「ま、本人は本気でやっているんだろうけど...」カタカ...
P「...」スッ
P「万年筆よ曲がれ?...なんて、な」
万年筆 グニャリ
P「」
4:
P「あああああえええええええいっ!?」
裕子「ひゃっ!!どうしたんですかプロデューサー?急に大声出して...」
P「俺の...俺の万年筆が...」
万年筆 グニャリ ボタボタ
裕子「こ、これは...」
裕子「エスパーユッコの超能力がスプーンではなくこっちに伝わったんですね!」
裕子「まあ、私の超能力にかかれば当然ですけどね!」ドヤア
P「お前の仕業かああああああああああ!!!!!」ギリギリギリギリギリ
裕子「いたたたたたたた!!ほっぺつねらないでください!痛い痛い!」
裕子「私じゃないですから!ほら!私が超能力送ってたのはスプーンですし!スプーンですからいたたたたた!」
5:
P「あーあ、親父から貰ったもんなのになあ...」パッ
裕子「うう、痛かった...」
P「まあ、事故だからしょうがないか...」
裕子「すいませんプロデューサー、大切なものを...」
P「気にするなよ。裕子がエセキッカーなのは俺が一番よく知ってるから」
P「これっぽっちも疑ってないよ!」
裕子「なんですかエセキッカーって!疑ってくださいよ!ちょっとは疑ってくださいよ!」
P「ま、ひとまず仕事も終わったし送ろうか、裕子?」
裕子「エスパーユッコは本物のサイキッカーですから!ちょ、待ってくださいプロデューサー!」
6:
P自宅
P「うーん...やっぱおかしいよなあ...」
P「直角に曲がってるもんなあ...自然現象じゃあなさそうだよな...」
P「...まさかね?」
P「鉛筆よ?曲がれ?...」スッ
P「うおっ曲がっ...」バキッ
P「...うそん」
7:
P「数をこなすうちになんとなく分かってきたぞ」
P「どうやら俺は自分の持ってるモノのどこかに、ある程度の力を加えられるみたいだ」
P「でもこんな力、どうしろって言うんだよ...頑張っても鉛筆折るのが限界だよ...」
P「こんな能力でも裕子は羨ましがりそうだけど面倒だから黙っとこ」
P「...にしてもなんで今日突然、こんな能力が身に付いたんだ?」
P「ま、明日はオフだし準備しながらゆっくり考えよう...」
8:
1日空いて
P「おはよう裕子」
裕子「おはようございます!スペイン楽しみですね、プロデューサー!」
P「だな。...さて裕子、今日の予定は?」
裕子「えっと...なんでしたっけ?」
P「空港で昼飯食って、14時発のフランクフルト行きの飛行機に乗る、だ!ちなみに、乗り継ぎ込みでバルセロナに着くのは現地時間21時頃だからなー」
裕子「あはは、忘れてましたよ...」
P「?」
9:
P「...裕子、寝不足か?顔色があんまり...」
裕子「プロデューサー!」
P「ん?どうした?」
裕子「えーとですね、その、これ...」スッ
P「え?俺に?何、プレゼント?」ガサガサ
P「! この万年筆...まさか裕子お前...」
裕子「やっぱり一昨日の万年筆...大切なものだったんじゃないかと思いまして...」
裕子「私が渡すのとお父さんが渡すのでは、全く価値は違うとは思うんですけど...やっぱり形だけでもお返しするべきだと思いまして...」
10:
P「これ、同じの探すの苦労したろ。古いもんだし...」
裕子「そこはエスパーユッコのサイキックお取り寄せ、ですよ!」
P「...!」
P「ありがとう裕子!」ダキッ
裕子「ひゃっ!!」
P「この万年筆、絶対大切にするからな!」ギュー
裕子「プロデューサー...気持ちは嬉しいですけど、ちょっと苦しいです...」///
P(あれ?なんか忘れてる気が...)
P(曲げたのは俺だ!!!!!!!)
17:
P「あー、その、裕子、実はな?」
ちひろ「プロデューサーさん!ほら、急がないと!もうじき出発ですよ!」
裕子「そ、そうです!プロデューサー、早く行きましょう!ご、ごーとぅー空港ですよ!」タッ
P「あ!待て裕子、実はな...」
ちひろ「ああー、抱きつくのも立派なセクハラ行為ですからね。嫌われちゃったんじゃないですか?」
P「...ちひろさん、帰ってきたらセクハラしますから」
ちひろ「なんで!?」
18:
飛行機にて
P「ふわ...ああ」
P「あと6時間...微妙な時間だな」
P「くそ、さっきまで寝てたせいでもう眠れねえ...」
P「その上、映画も微妙なのばっかだな...」
裕子「...プロデューサー?」
P「あ、いっけね...起こしちゃったか?」
裕子「大丈夫です...結構眠れたので」モゾモゾ
裕子「プロデューサー、まだ起きてるならチェスでもやりませんか?」
P「ほーう、俺にチェスで挑むか。良いだろう、相手してやろう!」ピッピッ
裕子「エスパーユッコの実力、見せてあげます!このさいきっくチェスで!」ピッピッ
P「ただのチェスです」
19:
裕子「ムムムーン...」
裕子「ムムムーン!!」
P「いや、唸ってないで早く動かせよ...」
裕子「この場面、どうすれば良いんですかプロデューサー!?」
P「それ俺に聞いちゃうの!?」
裕子「えーと、これは縦に動くんですよね...」ピッ
裕子「あ、斜めだ」
P「やっぱり素人には厳しかったな...」
20:
裕子「いやいやいや!エスパーユッコはテレパシーの応用でプロデューサーの心を読めますから!プロデューサーの戦術は全て筒抜けですから!」
P「ああそう、テレパシー、出来ると良いね」
裕子「むう、見ててくださいよ、ムンムムーン!」
裕子『えーと、ここにナイトを置いて、そしたら...』
P「そしたらここでビショップの餌食だな」
裕子「ぐぐっ、確かに...」
裕子「お見事です、さすがはプロデューサー...私の考えてることがよくわかりましたね!」
P「いや、口に出てたぞ?」
裕子「え?...出てませんよ?」
P「え?」
21:
裕子「とりあえず動かします!さいきっく?進撃!!プロデューサーの番です!」
P(んー...これは何考えてやったんだ?)
裕子『クイーンで取って!クイーンで取って!クイーンで取って!』
P(ったく口に出てるっつの...だいたいそんなことしたらナイトに取られるっての)
P(そんな見え見えの罠、素人でも引っかからねえぜ...って)チラ
裕子「...」
P(裕子は喋ってないのに...)
裕子『クイーン!クイーン!!クイーン!!!』
P(なんかめっちゃ盛り上がってるー!?)
24:
フランクフルト到着
裕子「結局一回も勝てなかった...」
P「初心者には負けてられないって!」
P(まあ裕子の作戦が漏れまくりだったってのもあるけどな)
裕子「超能力に不可能はない設定なんですが...」
P「設定とかあるんかい」
25:
P(チェスを通して確信した。昨日のあれに続き俺は読心術を会得してしまったようだ)
P(大丈夫。うちの事務所にはもっと変な奴たくさんいるから。超能力の一つや二つ、何もおかしくはない!)
裕子「プロデューサー、どうかしましたか?何か考え事ですか?」
P「ああいや、なんでもないよ!さ、バルセロナ行きの飛行機に乗ろう!」
26:
こうして無事スペインに到着
ツアーライブinスペインが始まろうとしていた
P「ま、やることは基本ライブバトルと一緒だ」
P「異国の地であるがやることはいっしょだから、これ以上特別に教えることはないな?」
裕子「はい! ...それでですねプロデューサー!」
P「ん?なんだ、なんか質問か?」
裕子「今日オフなんですよね!」
P「まあ夜に事前ミーティングがあるけどな。それまでは確かにオフと言っても良いくらいの空きだな」
裕子「だったらスペインをリサーチするべきだと思いませんか?」
裕子「日本代表サイキッカーエスパーユッコには、スペインのサイキッカーたちと競う義務があると思うんですよ」ウンウン
P「ようは観光したいのね」
裕子「さすがプロデューサー、話が早いっ!」
P「...まあ観光日を設けてないからな、ちょっとぶらついてみるか」
裕子「やたっ!!!!」
27:
P「これがスペインの町並みかあ...やっぱり日本とは全然違う華やかさがあるよなあ」
裕子「ですよね!あぁ?私のサイキックパワーもこの地に来たことで潤ってますよ!」
P「...些細な疑問なんだけどさ」
P「裕子ってサイキッカーの設定?エスパーの設定?」
裕子「設定ってなんですか!私はサイキッカーでエスパーなんですよ!」
P「設定って言い始めたのは裕子だと思うんだけど」
28:
裕子「ん?クンクン...はっ!!!」
裕子「プロデューサー!なんかあっちから良いにお...気配が!サイキッカーの気配がします!」
P「思いっきりにおい嗅いでたじゃねえか」
裕子「違います!気配です!行ってみましょう、ほら、早く!」グイグイ
P「あーはいはい」
29:
...........
裕子「プロデューサー、パエリアとても美味しいですよ!」モグモグ
P「まあ、本場もんだからね...」
裕子「プロデューサー、はい、あーん!」
P「いや、あーんじゃなくてね?スプーン変えるとかさ...」
裕子「ほらほら、どうぞどうぞ!」
P(本人が気にしてないなら良いか...)
P「...じゃあ、失礼して」パク
P「あ、全然違う、美味い」モグモグ
裕子「ですよね!日本で食べたのとは全然違って...」モグモグ
30:
裕子「あ!!あとこれも美味しいんですよ!イベリコ豚の生ハム!」
P「ああ、スペインの豚さんね。有名だよね」
裕子「それでは...オホン」
裕子「浮かべ!イベリコ豚の生ハム!」
ハム ...
裕子「浮かべ!!!!イベリコ豚の生ハム!!!!」
ハム ...
31:
P「あの、裕子さんとんでもなく注目を集めているので大声は勘弁してほしいのですが」
裕子「ふんっ!」グサァ
P「!?」
裕子「はい、あーん!」
P「結局フォークを使うのね」
裕子「フォ、フォーク?ナンノコトカナー」
P「さすがに無理があると思うなあ」
32:
.........
裕子「ちょっとお手洗いに行ってきます!」タタタ
P「おーうあっちなー」
P「...まさか、まさかな?」
P「フォ、フォークよ浮かべ?」スッ
フォーク フワフワ
P「」
33:
P(ああなるほど、なんとなく全体が見えてきたぞ)
P(裕子がやろうとした超能力全て、俺が出来るようになってるらしい)
P(なんでこんなことに...超能力とか正直いらねえ...)
裕子「おまたせしました!」
P「お、おう!」
P(まあしかし、超能力なんざ俺が使わなきゃ良いだけだ)
P(意識さえしなければ大丈夫、大丈夫)
34:
P「次、どこか行きたい場所とかあるか?」
裕子「そうですね...サグラダファミリアなんてどうでしょうか?」
P「おお、良いね!えーと、とりあえず駅探すか...」
裕子「必要ありませんよプロデューサー...」
裕子「いきます!サグラダファミリアにテレポート!」シュバッ
P「!?」
裕子「...」
裕子「...サグラダファミリアにテレポート!」シュバッ
裕子「...」
裕子「...気を取り直してもう一度。サグr」
P「せんでいい」ゴチン
裕子「いたぁー!酷いですよプロデューサー!」
P(凄い嫌な予感がする...)
35:
...........
裕子「今日は楽しかったですプロデューサー!」
P「ああ、俺も楽しかったよ」
裕子「明日のライブ...プロデューサーのためにも頑張りますから!」
P「おう!応援してるからな!」
裕子「それじゃ、おやすみなさい!」ガチャ バタン
P「...」
P「...」シュン
P「やはりテレポートも会得してしまったか...」
36:
Pの部屋
P「うむ、テレポートに関してもよく分かってきたぞ」
P「このテレポート、自分の行ったことある所には有効らしい」
P「ただし、この室内にテレポート出来なかったことから察するに、密室へはテレポートできないということか」
P「事務所にもテレポートできなかったからな...おそらく範囲制限もかかってる、ってことだろうか」
P「どうしたもんかな...」
37:
P「一連の事件から考えて、裕子の超能力ワードは能力を開拓してしまうのかもしれん」
P「...裕子に超能力ワード禁止令を出そうか」
P「ネットでも喋らなければ美少女って言われてるし...ここで路線変更って手も」
P「いや、それは駄目だな。たとえ誰がなんと言おうと、俺は本物の裕子で売り込むと決めたんだ」
P「俺の担当アイドルはこうもアホ可愛いんだ...何を恐れることがあるか」
P「...まあでも裕子にこの能力のことは黙っておこう。羨ましがって面倒そうだし」
P「ひとまず明日からのライブを乗り切らなきゃな...!」
38:
翌日
裕子「どうですかプロデューサー!エスパーユッコの華麗な変身は!」
P「よく似合ってるぞ」
裕子「行きましょうプロデューサー!エスパーユッコの力をスペインの人々に見せつけてあげましょう!」
P「おう!」
こうして、無事にツアーライブは終了した
39:
帰りの飛行機
裕子「仕事終わリーノー...」ムニャムニャ
P「寝言かそれは...」
裕子 スースー
P「初めての大舞台でよく頑張ってくれたよ、裕子」
P「ライブバトルの勝率は高くはなかったけど、俺はとっても良いパフォーマンスだったと思ってるよ」
P「ありがとうな裕子」
P「またスペインに行こうな...なんて...」
シュン
P「...あれ?」
40:
P「ここはどこだ?」
P「...スペインだ!ここ裕子とパエリア食ったところだ!」
P「テレポートを使っちまったのか...全く迷惑な能力だな」スッ
P「...?」
P「...」
P「...戻れない!?」
41:
飛行機
裕子「ふわぁ...あれ、プロデューサー?」ノビー
裕子「トイレかな...チェスの準備しておこう」ピッピッ
スペイン
P「ととととりあえず電話だ電話!」スッ
携帯 グニャ バキン
P「なんでだァァァァアア!!!!」
P「そ、そうだ!日本行きのチケット!日本行きのチケットを買い直せば...」
P「...財布シートに置きっぱだ!」
P「つ、詰んだ...」
42:
飛行機
裕子「プロデューサー、遅いな...」
裕子(添乗員さんの英語分からないし...どうしよう...)
裕子「トイレ、行くだけ行ってみよう...」スッ
スペイン
P(正直今の状況めちゃくちゃ恐い)
P(未知の星に一人不時着した気分)
P(金もないし言葉もない)
P(これからどうしよう...)
43:
飛行機
裕子「全てのトイレが空いているなんて...」
裕子「プロデューサー、本当にどこに行っちゃったんですか...?」
スペイン
P「そうだ!そうだよ!テレパシーだよ!」
P「裕子の設定ならテレパシーの応用が読心術だった!なら、俺はテレパシーを使うことが出来るはずだ!」
P「そうと決まれば...」
44:
飛行機
裕子「まさか誰かスカウトしてるとか...」ブツブツ
『裕子!!!!』
裕子「ひゃいっ!?」ビクッ
裕子「プププププロデューサー!?どこにいるんですか!?」
『裕子!信じられないかもしれないけど聞いてくれ!』
『今、俺はお前にテレパシーで話しているんだよ!』
裕子「...はぁ」
『あ、その反応結構傷つくわ』
45:
『でも本当なんだよ。俺の声が聞こえているのはお前だけだと思うんだよ』
裕子「...それで、プロデューサーはどこにいるんですか?そろそろ出てきた方が...」
『出て行きたいさ...でも俺、今スペインにいるんだ』
裕子「え?」
『裕子が寝てる間にテレポートしちゃって...』
裕子「あーなるほど」
『日頃の復讐か絶対そうだなくそう俺の馬鹿日頃からアホの子とか言うから!』
46:
裕子「携帯とか使ってちひろさんに連絡したらどうですか?」
『携帯も曲がっ...いや、どこかに落としてしまったんだ』
裕子「ええ!?じゃあどうするんですか!?」
『だからこうして相談してるんだけど...』
裕子「むむむ...でも確かにプロデューサーは飛行機にいないみたいですし...この会話も他の人には聞こえてないみたいですし...」
裕子「まさか...プロデューサーはサイキッカーだったんですか!?」
『今はそれはどうでも良い!とりあえず丸腰でここにずっといるのは色々マズい。飲まず食わずは色々マズい』
裕子「でもまだ離陸したばっかですから...私が日本に着くのはまだまだ先ですよ?」
『やっぱりか...』
47:
裕子「プロデューサー、テレポートで戻ってこられないんですか?」
『密室へはテレポートできないみたいなんだよ...』
裕子「むう、なるほど...」
裕子「あっ!分かりましたよプロデューサー!」
『おおっ!』
裕子「密室じゃなくすれば良いんです!」
『...と言いますと?』
裕子「ドアを開けたり窓を割ったり...今こそサイキック力技のでb」
『無理』
裕子「じゃあ、じゃあ!ドラマみたいにタイヤの所に入るっていうのはどうですか!?」
『多分それは凍え死ぬと思う』
48:
裕子「じ、じゃあどうするんですか!?」
『ちひろさんに連絡さえつけば何とかなるとは思うんだが...』
裕子「でもまだOKサインが出てないので...」
『そ、そうか...じゃあOKサインが出たら手段は問わない、ちひろさんに連絡してくれ。俺はフランクフルトの空港にいるからって』
49:
『裕子の声が小さくなってきてるな...距離が離れすぎたのかな』
裕子「...プロデューサー」
『うん?』
裕子「これでお別れとかやめてくださいね...」
『大丈夫!ちひろさんがなんとかしてくれるさ!』
『それに裕子、俺は今お前と一緒に仕事ができて楽しいと思ってるんだ。まだまだ始まったばかりだけど、これからも一緒に頑張っていきたいと思ってる』
『だから、簡単にお別れなんてする気はないからな!』
裕子「プロデューサー...」ジーン
裕子「分かりました!なんとしてもちひろさんに連絡を取ってみせます!」
裕子「私、プロデューサーがいないと全然ダメダメみたいなので...」
裕子「待っててくださいね、プロデューサー!」
『裕子...!!!』
50:
P「テレパシーが切れた...限界範囲に到達したか」
P「...さて、フランクフルトへテレポートするか」シュン
裕子「プロデューサー...」
ポン
裕子「OKサイン...!待っててくださいねプロデューサー、このエスパーユッコ、必ずちひろさんに連絡を...!!!!」
裕子「ムムムーンムムムムーン!!」
裕子「ちひろさんに届け、テレパシー!!!」
裕子「ムムムーン!!!!」
ちひろのもとに連絡が入ったのは、裕子が帰国してからだった
51:
事務所
P「ゆ?う?こ?!!!!!」ギリギリギリギリギリギリ
裕子「いたたたたたた!!!痛いですってほっぺつねらないで!」
ちひろ「フランクフルト在住の日本人の方に拾われて良かったですね」
P「本当ですよ、人の優しさが身にしみましたよ」パッ
裕子「うう、痛かった...」
P「あの時テレパシーでかわした思いは何だったのか...」
裕子「すいませんプロデューサー...」
P「まあ助かったから良いけどな...ただそれなりの罰は受けてもらうぞー」ニヤリ
裕子「な、なんですかその顔!」
ちひろ(あれはとんでもない仕事を取ってくる顔ですね...)
52:
P「それにしても、帰ってきてからすっかり超能力使えなくなっちゃったんだよなあ...」
裕子「ええ!?サイキッカーじゃなくなっちゃったんですか!?」
P「まあそうなるな」
裕子「教えてもらおうと思ってたのにー!!!」
ちひろ「ちょっぴり残念ですね」
P「なくなったからといって苦労する訳でもないですし、別に良いですよ。今まで通りってことです」
裕子「...はっ!!ということはやっぱり本物のサイキッカーは私一人ということに!!」
P「裕子は絶ッッッッッッッッッ対に違う!!」
裕子「断言しないでくださいよ!」
5

続き・詳細・画像をみる


「オールガンダム」がテーマのゲームをバンダイナムコがPS4で開発進行中!

P「役割論理…?」

【画像】ドイツのビール祭りってコスプレおっぱい見るお祭り?

あと3年持ちそうな機種

これを買おうか本気で迷ってる

主人公の相棒キャラで一番魅力的なのは

back 削除依頼&連絡先