小説作家志望のやつら、お題「爆発した」で文章力の鍛錬してみないか?back

小説作家志望のやつら、お題「爆発した」で文章力の鍛錬してみないか?


続き・詳細・画像をみる

1. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 09:15
デイダラ「芸術は爆発だーーーーーーーーー!!!」
2. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 09:21
久しぶりに西村寿行を読みたくなった
3. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 09:27
爆発→p124
アウチッ!あなたは、無慈悲な鉄の塊を踏みつけてしまった。薄れゆく意識の中で、地雷の俺が地雷を踏んだらさようならって笑えねぇ。と
GAME OVER
4. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 09:45
何が何だかわからなかった。
突然の爆発と共に俺の体が宙を舞う。
自慢の鼻から地面に叩きつけられる。
敵が呟く。「俺の息は爆発する」
そよ風息爆弾!ドン!
5. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 09:58
何回同じネタ使うんだよ
6. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 10:01
「それ」の襲来によってまず彼が連想したのは、怒り狂い暗天を裂く雷霆の唸り声であった。
如何せん晴天には似つかわしくないそれが己の耳朶のみならず大地や大気すらも揺らしていると気づいたのは、何事かと振り向きその元凶を目撃してからだ。暗雲。空へと立ち上る黒き暴虐の嵐が、呆れるほど牧歌的な雲一つない青空を、人間味のない無機質な大小の建物を、いとも簡単に飲み込んでゆく。
破壊のあぎとが鼻先に迫るまで、彼は余りにも非現実的な「それ」がなんなのかという理解に至ってはいなかった。
こんな所か
7. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 10:07
何かがドカーンしたんだから
俺が振りかえる理由としては十分だった
だけどその一瞬に乗じて童心をも振りかえった俺は
ガキかよ!と三村にツッコまれるくらいの意固地になり
結果チラ見で済ませた そして後悔が残った
8. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 10:09
ぐるぐるぐるぐるどっかーん!うれしくなっちゃうなーぁ!あっ!
ぐるぐるぐるぐるたのしくなっちゃうなーぁ!あっ!
ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるどっかーん!
9. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 10:13
マジレスすると、私小説とか、主人公の心理描写が重要な作品でない限り、『爆発』は『爆発』とシンプルに表現しちゃった方が良いんだよなぁ。読者が映像を想像しやすいから。
特にラノベは、『シンプル』かつ『解りやすく』なるように書かれるから、実はストレートな描写が多い。
逆に、上に出ているような詩みたいな描写は、回りくどくて判りにくいから、直される。
ラノベ作家志望で、『文章力に自信がある』とか、『ラノベの文章力ってwwwwww』とか言ってる人は、実は『表現』が下手な人が多い。
10. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 10:16
ところで皆は爆発というとどのよう物・現象・状態を思い浮かべるだろうか?
正統派ハリウッド級の爆発?それとも戦隊物の背後で巻き起こる爆発?これを読んでる年齢層を考えると可能性は低いが、戦争体験者なら実際の爆発を思い浮かべるのかもしれないな。
11. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 10:17
でも俺が実際にこの目で見たモノは、そのどれとも全く違っていた。
擬音で表すと「ぺほ」程度にしか弾けなかったそれは、ただそれだけの凡庸極まりない動きであるにも関わらず、周囲の人間にある言葉を発するだけの威力を持っていた、ようだった?
「爆発だ!」
12. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 10:17
ただならぬ形相で全員の視線が「ぺほ」に向かう。おかげで「もしかして別の場所で爆発が」という勘違いはミリセコンドで終わらすことが出来た。しかし依然として今の「ぺほ」を爆発だとは脳が認識しない。
どうしても揺らめきつつ静かに広がる波紋と爆発という単語が結びつかない。
俺は周囲の人々が我先にと逃げ出すさまを横目に、他の爆発に関する該当事項を脳内検索していた。
13. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 10:17
今だから言おう、俺はその当時の「持ち前のあまのじゃく気質にアホと馬鹿とマヌケを足して割らない自分」を呪う。
あそこで逃げていれば、この後全5巻+外伝3巻+逆コミック化からアニメ化BDの末映画化し、挙句の果てに実写化されてコケるような波乱に満ちた人生にはならなかったはずだ。
え?ならない?…風呂敷は広げておかないと包めないと言う格言があってな。言ったもの勝ちという格言もある。爆発だと誰かが叫べば爆発になってしまうよりはマシな部類だと思うがどうか?
14. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 10:19
広がる波紋も消えた頃、ようやくサイレンとに赤色灯が存在を主張し始めた。
「実験用ナノデバイスが暴走し爆発的に増加した事を感知しました。関係者はただちに避難してください」
説明ありがとう。そろそろ読者も混乱してたところだ。
だがしかし俺はもっと混乱している!
15. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 10:25
※9
確かに、まず状況をきちんと読者に伝える技術から持ってないとそこから発展しようがないもんねぇ。
後から、人物の動きや心理を色々な言葉を用いて印象的に表現していく感じか。
16. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 10:28
書こうと思っていた事が大体※9に書かれてた
ラノベでは薄い内容の水増しの為(ストーリーよりキャラ描写に文章量が費やされている為)に一見クドイ表現が多用されているが、一般的な小説で不要な表現ばかりだと書き手の才能が疑われる
例えば全盛期の司馬遼太郎の時代小説のチャンバラシーンだと、一瞬の剣劇を表現する為に「剣劇描写が空行」だったりする
17. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 10:33
その日、原発が爆発した…
18. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 10:38
「リア充なんて爆発しちゃえばいいのにね。」
向こう岸の二人を眺めながら、彼女がそう呟くやいなや、僕たちは爆発した。初めて出会った時のことも、楽しかった日々も、添い遂げられない苦しみや悲しみも、瞬く間に光と共に吹き飛ばされていく。
「そうか、僕たちは満たされていたのか。」
バラバラになった兄妹の体と向こう岸の二人の驚きを残して、0時を指した時計の針がほんの少しだけ揺れた。
19. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 10:41
>>1の例文がクソだってのが結論かね
20. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 10:42
ドグラマグラとか恩田陸のQ&Aとか元ネタあるものをさぞ自分の作品のように言うやつキモい
21. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 10:51
酒のつまみにはやはりホタルイカだ。
だが買ってきたのが一週間前。
さすがに生ではまずいとレンジに入れる。
用を足してきて、さあ食べようと思って開けたら、ホタルイカは粉みじんになっていた。
22. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 11:00
その音は、音の正体が何であるのかを把握する前に私の身体を反射的に振り返らせた。
そして思考よりも早く視覚から情報で理解する。今の音が、爆発音であったと。
23. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 11:04
 爆発音とはまず光が目の前を覆う。特に至近距離の場合は大抵そうらしい。
田中太郎の目の前で爆発したそれがプラスチック爆弾であったこともあり、彼の視界は一瞬にしてオレンジ色が支配する。
「ヒッ!?」
 田中太郎は超人ではない。したがって爆弾の閃光を眼球が感じ取った瞬間、続く音の衝撃波の破壊旋風や、それと共に押し寄せる大量の瓦礫の弾丸を超える度で動くことはかなわない。
 これが田中太郎の最後の言葉。所謂断末魔という奴だ。この哀れで滑稽な響きの悲鳴とともに、彼の体は人体の許容範囲を超える衝撃にさらされ四散した。
24. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 11:07
小説家志望www
どうせ無職の連中が俺ならできると無根拠で思い込んでいるだけだろw
全然作品を完結させず投稿もしない、頭の中で短い文章考えて、未来の小説家気取りなだけw
当然小説家なんかなれない、無職を一層こじらせるだけ
25. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 11:18
眩い光が辺りを覆った瞬間、周りの音が掻き消された。
背中に感じる衝撃、振動に思わず膝をつく。耳鳴りの遠くで叫び声が聞こえた。
振り返り、まず目に入ったのはごうごうと立ち込める黒い煙。遅れてやってきたのは焦げた臭いだ。
全壊した建物は先ほどまで私が居たはずの喫茶店だったが、今や面影すら残していない。
26. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 11:22
全部変
27. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 11:33
静寂。
今思い返してみると、そのとき、その瞬間、男の周囲は驚くほどの静寂であった。嵐の前の静けさ。
しばしの静寂のあと、それはたしかに起こった。空気の歪みが男の耳に届く。
確信。
男はまさかな、と思い振り返ったがやはりそれは起こっていた、爆発。
28. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 11:38
瞬間、すさまじい轟音と爆風が、俺の背中をライダーキックの如く弾きだした。反対の壁際に激しく打ちのめされていた。立ち込める煙と硝煙の匂い、俺は涙と嗚咽で顔面をぐしょぐしょにして前後不覚になっていた。視野がはっきりしない状況の中「お、おい!なにが起こったんだ!誰か他に生きてる奴は居るか!」
ふと見上げると、そこには、爆発太郎が。
29. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 11:40
改行の制限厳しいので文書削りまくったらおかしいやこりゃ。
30. 名無しさんあじゃじゃしたー@春から中三 2014年03月26日 11:43
帰宅。夕飯は何にしようかと考えながら、鞄から家の鍵を取り出す。
そのとき、俺の家が視界を遮る白い光を発した。
反射的に目を反らす。その瞬間、バラエティ番組の効果音のような、激しい爆発音が耳を襲う。
……気を失っていたのか。重い瞼を開く。道の真ん中で何をしているんだっけ。そう記憶を手繰りながら起き上がり、目の前に視線を向ける。
31. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 11:53
妹が爆発した。
32. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 11:59
ちっ、ちがう!! ぼくは本当に見たんだっ! あれは夢で見た爆発だよっ!! だから、あっちを見てよっ!
ドスン
ウワーアアアアアン 顔がっ! 痛い、痛いっ! ウワーアアアアアアアアン
(楳図かずお)
33. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 12:07
爆発の中なら多分テロリストのパラソルが最高峰だと思う
個人的には開始二行目で指示語が出たり体言止めが二回続くと読む気がなくなる
34. 名無しさんあじゃじゃしたー 2014年03月26日 12:10
爆発ーーーーーー誰もがその現象を理解するのにワンテンポ遅れることになった。すべてを理解するにはあまりにも非現実的な出来事を目から脳へ伝達するのに時間がかかったのだ。そして爆殺ーーーー周辺の人間の血肉が飛び散り上条当麻の髪の毛へとノーバウンドで容赦なく突き刺さる。「ごっ、ガァァァァァァァア!?!?」と、体をくの字にさせ、血肉は、鮮血は、手足は、上条当麻へと突き刺さる。それはまるで現代的な杖の様に突き刺さる。
肺から全ての空気を吐き出された上条当麻は言う
「ま、多少はね、、、」
3

続き・詳細・画像をみる


【画像】 なんて座り方してんだw

【原発】 政府、福島の避難解除地域の線量が想定外に高かったため数値を隠蔽していた

弓画像を探しててとんでもないものを見つけてしまった。どうしよう・・・・

ハトの背後からゆっくりと近づきしとめようとする犬が面白い!!犬「焦らず、ゆっくりと…」

名誉生え抜きといえば

永遠の0の映画が公開から93日で観客動員693万人で東宝作品第一位の興行収入に!書籍はワンピースを越え本部門で歴代1位の売り上げ376万部に

オタク川柳の大賞クソワロタwwwwwwwwwwww

鳥にはクズしかいないってことがよくわかる画像wwwwwww

春香「え?私がたけのこの里ときのこの山のCMに?」

【画像】シャープが人工知能搭載の“妹キャラ掃除機”を開発

撮り鉄集団、大宮●●●軍団が鉄道敷地を勝手に草刈り、カンパ金要求

画像で笑ったら寝ましょう

back 過去ログ 削除依頼&連絡先