『不思議な救出劇』『音のない世界』『神社のワームホール』不可解な体験、謎な話〜enigma〜back

『不思議な救出劇』『音のない世界』『神社のワームホール』不可解な体験、謎な話〜enigma〜


続き・詳細・画像をみる


不思議な救出劇
私は誘拐(拉致監禁?)されたことがあります。
10年近い昔。その時のことです。
私を拉致ったのは同じマンションに住む女の人で、私は風呂場に閉じこめられました。縛られたりはしなかったのですが「逃げたら殺す」と脅され、ドアの外にも何か積まれているようで逃げることができませんでした。
危害を加えられるわけでもなく閉じこめられただけだっとのと、同じマンション内だということで、すぐに助かるのではないかと望みを持ってはいましたが、だからといって眠れるはずもなく、時間の感覚も分からなくなって、風呂場にいることが現実かどうかもよく分からなくなってきた私はバスダブの中に座ってぼうっとしていました。
不可解な体験、謎な話?enigma?シリーズ
http://world-fusigi.net/tag/enigma
引用元: ・不可解な体験、謎な話?enigma? Part8
410: あなたのうしろに
そんな時に、当時つきあっていた彼氏が突然風呂場に現れました。
彼は「大丈夫か?」とバスダブの中の私に声をかけ、私は訳が分からず「なんでここにいるんですか」と訊きました。自分の頭がおかしくなったのかと思ったので。
彼は「たぶんこれ夢だと思うんだよ。俺はいま夢見てるんだ」といいます。「ここは○○(私)の家の風呂場だし」と。
当時住んでいたマンションの作りは変わっていて、風呂場とトイレが別々になっているのに、風呂場はユニットバスです。
私は「ここは同じマンションの別の部屋で、変な女の人に閉じこめられているんです」と答えました。
何号室か訊かれましたが大体の階しかわかりません。彼は私がいなくなってから2日目になることを教えてくれた後「絶対に助かるから頑張れ」と言ってくれたのですが、風呂場の扉を開けて普通に出ていったので、やっぱり幻覚を見たのだと思いました。
411: あなたのうしろに
その後私は救出されました。私が閉じこめてから3日目でした。
病院に警察がきて事情聴取されたのですが、一通りの話をした最後、いきなり彼氏の話をきかれました。彼が警察の人に「同じマンションの人に閉じこめられている夢を見た」と言ったのだそうです。
普通はそんなことを真に受けたりしないそうですが、彼が部屋の番号まで詳しく話すので聞き込み調査の際にちょっと気にかけていたら不審なところがあり、発見に至ったのだそうです。
私は自分が見た幻覚のことを思い出しましたが、私は部屋の番号を知らなかったし不思議に思い、後日お見舞いに来た彼にきいたところ、彼は大学で倒れたときに(階段から落ちたそうです。私のこともあり寝不足と注意不足だったとか)その夢を見たそうです。風呂場で私とした会話もそのままでした。ただ夢の中で風呂場から出た後、玄関のドアからでて部屋番号を確認したところで目が覚めたと言っていました。
412: あなたのうしろに
彼は「階段から落ちたときに死にかけて幽体離脱でもしたのかな」と笑っていましたが、この不思議な体験で事件自体はトラウマにならずにすんだと思っています。結婚前に彼が亡くなってしまった事のほうがよっぽど引きずっているのですが。
長文になってすみませんでした。もうすぐ彼の3回忌なので思い出して書いてみました。
413: あなたのうしろに
>>409
そんな彼ならきっとあなたを見守ってくれているね。
幸せになろう。
414: あなたのうしろに
>>409
興味深い話でした。
ところで、女の人が何の目的であなたを監禁したのかが気になります。
415: あなたのうしろに
>>409
そんな悲しいオチがつくなんて…。°゜(≧Д≦) ゜°。ウエーン
なんで拉致られたの? 詳細キボンヌ
449: あなたのうしろに
>>414>>415
理由は、私が「その女性と某アイドルの関係を邪魔している」からだと言われました。その日、私がそのアイドルグループのコンサートの帰りだったからかもしれません。警察の方にも今まで何回コンサートに行ったことがあるか、いつ頃からファンなのか、など訊かれたりもしました。
他にも理由があったのかもしれませんが、精神鑑定で問題ありと出たこともあり、詳しいことは教えてもらえませんでした。
閉じこめられていた時にも「あなたが反省すれば出してあげる」「殺したり傷つけたりはしない。○○(アイドル)さんが来てくれなくなるから」など、意味不明のことを言われました。
247: あなたのうしろに
図書館本のメモ
高校3年のときの話
図書館で本を借りたら、本の中に「こんにちわ」と書かれたメモが入っていた。
次の週また別の本を借りたら、「こんにちわ。このまえのよんでくれましたか]と書かれたメモが入っていた。
それから一週間に一回くらいのペースで私の借りた本の中にメモが入っていた。
そこには「こんにちわ」から始まって、私がやったことが書かれていた。
(「こんにちわ、こぶんのじかんねちゃだめだよ」のような感じで)
私の直前に借りた人は毎回違うし、他の人にこのメモが入っていたという話は聞かない。
一応借りる前に、パラパラページをめくってメモがないかチェックしていたが、いつの間にか挟まっている。
同じ学校の人がやっているのかと思ったが、学校以外で学校の人が回りにいない時に起こったことも書かれていた。
三ヶ月くらい経って、いい加減恐くなり友達に相談をした。
友達は、返事を書いてみたらどうかという。
私は「こんにちわ。いつもお手紙ありがとう。でも、私もうすぐ卒業だからもう手紙読めないんだ。ごめんね。さようなら。」
と書いて、本を返却する時に挟んでおいた。
次本を借りた時、またメモが入っていた。
そこには「わかった。ばいばい。」と書かれていた。
それからメモが挟まっていることはなくなった。
あまり恐くない話でごめんなさい・・
249: あなたのうしろに
>>247
充分こえーよ!(;゚Д゚)
297: 247 02/11/24 21:02
音だけ
図書館のメモと同じ位の時期に、予備校の帰り道にコンクリートの階段のある坂がありました。
夜帰るときに通ると、後ろから階段を下ってくる音がしました。
後ろから人が来ると思って、端によけたんですけど誰も来なくって音だけが通り過ぎていきました。
結構頻繁に音だけが通り過ぎていくことがあり、一ヶ月に2?3度くらいのペースでそんなことがありました。
私の空耳とか勘違いかと思ったのですが、一度私の前に人がいるときにそんなことがあり、
私の前にいた人が、「えっ?」という顔で後ろを振り向き、きょろきょろしていることがあったので、私だけの勘違いじゃないんだと思いました。
図書館のメモのことより、私にはずっとこっちの方が不思議だったです。
恐くない話でごめんなさい。
299: あなたのうしろに
>>297
こえーって!
363: あなたのうしろに
稲荷様
1月の末ころかな、道路も畑も真っ白な時(ウチはかなり田舎です、、、w)
オヤジと軽トラに乗って配達の帰り道、視界の隅に動物が走る姿が映った。
その動物はものすごいスピードで左の畑から右の林へと向かっていく。
はじめは大きい犬と思ったのだが、近くまで来たときそれが犬ではない事が判った。
ものすごい綺麗な金の毛並みと大きなしっぽと身体を持つキツネだった。
オヤジも私も驚いたままそのキツネから目が離せず、気がついたらそのキツネは目前に居た。
危うく轢きそうになり、急ブレーキをかけ車を止めたのだがキツネはそのまま林の中へと消えていった。
しっぽから頭の先まで、軽トラックの横幅よりもかなりオーバーしてて大きかったのを覚えている。
車を止め、キツネが入っていった林を見た、、、その林の奥、実は神社なのだ。
それからもう10年くらいが経つが、あんなに大きなキツネは見たことが無い。
そしてあんなに綺麗に走る動物も、、、。
オヤジと私は、今でもあのキツネが稲荷様と信じている。
つか、周囲に変な事が多すぎるので信じてしまうのだが(w
それから何度かキツネは見たけど、小さすぎ。もっかい見たい、、、。
364: あなたのうしろに
>>363
なんか、お参りしたくなったな、そこの神社。
差し支えない範囲で、どのあたりなの?
370: あなたのうしろに
その狐の足跡も大きかったの?
373: あなたのうしろに
363です。
あわわ。こんなにも多くのレス、ありがとうございます。
おおざっぱな場所で申し訳ないのですが、此処は北東北人口1万人ほどの小さな町です(w
神社は初詣と祭り以外はひっそりとして、人を寄せ付けない雰囲気があります。
周囲の変なこととは、例えば霊山が近くにあり今の世でありながら藁人形による呪詛がたまーにあったり
一つの集落で奥の家から順番に1週間に1人ずつ亡くなっていった事があったり
300mの範囲内で毎年のように自殺者が出たり(今は落ち着いていますが)
家を見てもらったら前述の神社の神主さんに「あんたの家は霊道が重なっているのでうるさいだろう」と言われてみたり、、、。
あ、これらはスレ違いなのですね、すみません。興味がありましたら他スレででも(w
田舎に多いと思いますが、龍神様や蛇神様を信じて蛇を殺してはいけないなどそういうことをしている土地柄です。
私の家から神社は少々離れていて仕事持ちの私はたまに前を通るくらいしか接点がありません。
でもその道路を通るたびに、またあのキツネに会えないかと左を見てしまいます。
轢いたら、、、大変でしたよね(w想像はしたくないです。
足跡は見ていません。オヤジと2人、車から降りて林を見て( ゚д゚)ポカーン の状態で。
追いかけようとも思いましたがなんせ神社なもんで、、、。
というわけで、駄文申し訳ないです。失礼します。
374: 超党派笑いの鉄拳 ◆UXUJJUbRMk 02/11/28 16:37
お狐さま、(-人-)
335: あなたのうしろに
恵比寿様
小学生の頃、夜中に足を触られている感じがして、目が覚めた。その時足元に「恵比寿様」が居た。私と目が合うと急いで逃げて行った。その大きさ30センチ位。
翌日母にその事を伝えると、「あんた、靴下履いたまま寝たでしょう!靴下履いて寝ると、恵比寿様が足をこちょくりに来るのよ!!」と言われた。 あれは、絶対に恵比寿様だった・・・。
336: あなたのうしろに
>>335
まるで日常会話のように。
そういう母って凄いと思う。
209: あなたのうしろに

これは昨年実際に私が体験した事です。
そしてこれがもしも「辻占」なら最悪の神託です。
会社帰り終電間際になってしまったので、ヘトヘトになって自転車置き場に向かって歩いていました。
ひと気もまばらになった通りの奥から、自転車に乗った女の人がやってきました。
年の頃は30代後半?って感じ。ご機嫌な様で歌を歌ってます。
「ルン、ルン、ルン、ルルン……♪」
夜も遅かったし、酔っ払いか何かだろうと思いました。
「ルン、ルルン、ルン、ルルン、ルン…♪」通りは一本道なので、どんどん近づいてきます。
「ルルルン、ルン、ルルン、ルン、ルルルン…♪」まるで子供の様な声
何の歌を歌っているんだろう?私はだんだん気になってきました。
「ルン、ルルルン、ルン、ルルン、ルン、ルルルン…♪」
見極めてやろう(聞き極める?)と耳を澄まします。
自分が耳を澄まし彼女が通りすがる瞬間…
「 キ ラ イ 」
歌っていた時の子供の様な高い声とは違う、凄まじく低い声で…
振り替えると、もう前の様に子供の声で歌いながら夜の道に消えてゆきました。
「ルン、ルル…ルン、ルルルン、ルルン、ルン、ルルルルン…♪」
何だったのだろう?彼女…
すみません、あまり怖くないですね。
234: あなたのうしろに
ななめ
あれは中学生の頃。
俺は友達と廊下で、丸めたガムテープをボールにして、
サッカーをしていた。
その時の俺のポジションは、キーパー。
味方が攻めていて暇だった俺は、何気なく後ろの壁に寄りかかった。
すると、背中に何かチクチク当たるの物が。
不思議に思って後ろを見ると、剥れ掛けた壁紙の先が当たった様だ。
しかし、よく見るとその壁紙、壁全体でなく一部分のみ貼られている。
まるで、何かを隠すように。
とりあえず軽く剥がしてみた。すると何やら「な」という文字が見えるではないか。
おおっ!と思い、すぐに友達を呼ぶ。まるで都市伝説のような展開に、友達も喜ぶ。
「呪いの言葉じゃない?」「自殺した人の遺書だよ」等、様々な意見が飛び交った。
みるみるギャラリーは膨れ上がり、壁紙の前はちょっとした人だかりができた。
235: あなたのうしろに
そして、俺と友達がまるで何かのお披露目式のように、仰々しく壁紙を剥がし始めた。
だんだんと隠された文字が姿を現す…随分と大きな文字のようだ。
そしてついに壁紙を剥がし終えた。
そこには、俺の身長と同じ位の巨大な文字でこう書いてあった。
沈黙が流れた。あまりにも間抜けな響きにみんな困惑しているようだった。
無論俺も困惑した。呪いの言葉には到底思えないし、落書きにしてもかなり意味が解らない。
結局、拍子抜けした感じでその場は解散。その後、俺は主犯として先生にこっぴどく怒られた。
236: あなたのうしろに
?後日談
あれから一週間がたった頃だろうか。みんなもう殆ど壁紙の件を忘れかけていた。
そんな時、俺と友達が廊下で雑談をしていると、1つ上の学年の知能障害の生徒が、
「なぁぁ?なめぇぇぇ!!!!」と叫びながら、物凄い勢いで俺達の目の前を走り抜けていった。
そして、そのまま女子中学生の群れにダイブ。その後、不良軍団にボコボコにされていた。
多分、彼はあの文字に呪われていたんだろう。きっとそうだ。
238: あなたのうしろに
ななめに「な な め」と書くあたり、センス感じるなぁ。
いや、本人にはきっと何か重要なメッセージかも知らんが。
壁紙って、そのあと貼り直したの?
そのままにもしておけまい。>>234-236
240: あなたのうしろに
>>238
その後は、壁紙でなくペンキで塗られてしまい。
もう「ななめー」の文字を見ることは無くなりました。
ちなみに俺は、「むやみに壁紙を剥がさない」という念書を書かされました。
265: あなたのうしろに
23歳になった近頃はあまり遭わなくなったが中学、高校、大学の前半は3日に一度くらいのペースで金縛りに遭っていた。金縛りそのものは大して怖いと思わないが遭う前には必ず同じ夢を見る事が未だ気掛かりで仕方ない。
もう何百回も見ただろうその夢は、あるデパートの屋上で誰かをひたすらみんなで探しているという物だ。誰を探しているのかは今でも分からない。
夢を見始めて5分くらい経った頃だろうか?誰かが「見つけた!」と大声を出した途端、急に目が覚めて体が動かなくなる。体が動かない間は10人くらいの人がずっと「見つけた」と耳元でささやいている。声が聞こえなくなると体は自由になる。
何度か急に目が覚めて驚いて目を開いたままで体が動かなくなった事もある。
当然目を閉じる事ができない。その時に見た物は
1)何十本という数の腕が体を押さえつけている。(体はなく腕だけ)
2)首から上がない数人がベットの周りを囲んで何をするわけでもなく立っている。
3)同じ様に首から上がない人が一人足元に立っている。よく見ると自分の頭か
 生首を抱えていて、その生首と目が合った途端に目の前が真っ赤になり
 気がつけば朝になっていた。
4)赤いドレスを着た女の人が天井の辺りに浮いていてずっと手招きをしている。
これは何だか普通に気味が悪くて嫌な体験。近頃は弟が金縛りに遭いまくっているらしくて俺はほとんど逢わなくなった。
266: あなたのうしろに
↑こわひ?
311: あなたのうしろに
お盆
工房の頃、自宅の仏壇部屋と襖を隔てた隣の部屋でごろごろしていたら、いきなり仏壇の中に白い人のような気味悪いものがすっと入っていった。
お盆だった。
まだほかにもあるけど。
312: あなたのうしろに
>>311
ぜひ。
313: 311 02/11/25 22:33
それじゃ、季節はずれのお盆ネタ。
これまた俺が工房の頃。
その年のお盆、我が家では毎年欠かさず行っていた墓参りを取りやめた。
深い理由はなかった。
ただ単に面倒だったのだ。
その夜、仏壇に供えてあったデカいスイカが地震でもないのにいきなり転がり落ちた。
それを見た家族は「あっ、ご先祖様怒ってるわ」「わかりやすい先祖だな」などと呑気に話していた。
その年は家族が事故にあったり、自分がバイク事故を起こしたりと、とにかく良いことが無かった。
その後、反省した我が家では、毎年欠かさず墓参りを行うようになったのは言うまでもない。
他にもたくさんあるよ。(個人体験としての不思議ネタ)
314: あなたのうしろに
>>313
そういう話は結構スキ。
お盆っていう風習がなんかイイ。
夏の夜ってのがポイントかもって思います。
316: あなたのうしろに
漏れの元カノの母ちゃんが体験した話。
夕食の支度をしてたらその元カノが玄関開けて帰ってくる音がしたので「ミカちゃん(仮名)お帰り」って声かけたら「私ミカじゃないもん!」と言ってそのまま2階へ上がっていった。この時は変なこと言うわねぐらいにしか思わなかったらしい。(扉越しに声かけただけで姿は見てない)
しばらくするとまたミカが帰ってきたので変に思った母ちゃんが「またどっかへ出かけてたの?」と聞いたところ今帰ってきたところだという。
2階にはやっぱり誰もいない。ちなみに兄弟は弟が1人いるだけで、声も間違いなくミカのものだったという。
信じる信じないというより不思議な体験という類の話です。
過去スレとか見ても結構似たような話があるので、そう珍しいことでもないのかなと思いました。
(昔どこかのスレにも書いたかもしれん。かぶってたらスマソ)
323: あなたのうしろに
呪いの電話
全然怖くないんだけど思い出した事をカキコします。
15年位前なのかな。消防の頃。地元で(千葉県)
○○小学校の前にある公衆電話から○○-○○○○
に電話をかけると、真璃子って歌手の「夢飛行」って曲が流れて来る。
曲を最後まで聴くと呪われて頭がおかしくなり、必ず自殺して
しまう。という今となっては萌え噂が広まった事があった。
俺の通ってた学校からちょいと距離のある所なんだけど、
ある日の放課後、友達と小銭を握り締め試しに行った。
324: 続き 02/11/26 08:11
友達と一緒に番号の書いてあるメモを見ながら電話をかけ
数秒すると「あっ繋がった!」と言って最初は友達が持っていた
受話器を俺に押し付けてきた。受話器に耳を付け黙って様子を
伺っていると「トゥルルルートゥルルルー、、カチャッ」
「ツーーーーー  チャンチャラチャラ....」と凄い小さい音で
その夢飛行って曲が流れて来た。「流れて来た!」つって友達に
受話器を渡したり俺が受話器をとったりしてハシャイデいたが、
ある時点になってどこで終わる曲なのか解からない事に気付き
「どうする?」って友達と言い合っていると、曲が終わってしまい
「あぁーノイローゼになっちゃうよー」なんて焦っていると
いきなりでっかい音で「エ ク レ ア」「コ ワ ス」
と大人の女の声で言うかと思うとガッチャと電話を切られたんだ。
その後、暫くして噂は消え電話もかからなくなった。
なんだったんだろう。
328: あなたのうしろに
多分どうでもいい話。
7、8年前に母方の祖母が亡くなった。
母の実家はウチから車で20分くらい。危篤との報を受けて、当時実家に帰っていた母以外の家族全員で母の実家へ行った。
母の実家についてみると、祖母は少し持ちなおしたようで、3、4時間ほどいても特に容態に変化は無かったので、父と私たち子供は一旦帰ることにした。
帰り際、もう意識が無いのは判っていたが、祖母に「ばーちゃんまた来るね」と言って帰宅した。
家に着いて、私は当時飼っていたウサギを見に行くと(つい習慣で帰宅するとウサギに挨拶していたのだ)、何故かウサギの小屋が倒されていた。
特に強風があったわけでもないし、風で小屋が倒れたことなんて一度も無かったから、悪戯だろうとは思ったのだが、こんな時に嫌な悪戯だと思っていたら、家の中から電話の呼び出し音がした。
祖母の死亡を告げる電話だった。
それ以来、ウサギ小屋は一度も倒されていない。
長くてスンマソ。母の実家は以前にも祖父の死に際に謎の修験者が日参していたりするので、なんか気になったんですわ
338: 311 02/11/27 01:42
変化する心霊写真
今度は心霊写真ネタ。
俺が厨房の頃、一枚の心霊写真を持っていた。
それは、ただ墓だけを写した写真だった。
何故そんな写真を撮ったのか?
この写真は、俺の親や親戚が先祖の墓を新たに作り替えた時、記念に写したものらしかった。
俺がこの写真を発見したとき、もちろん目を皿のようにして霊の姿を探したのは言うまでもない。
そして、背景の木陰に顔らしき陰を見つけたときは、小躍りしてよろこんだ。
さっそく、次の日学校でその写真を友人たちに見せびらかして自慢した。
しかし、友人たちの反応は意外なものだった。
「うん、確かに写ってるね。この墓の前に子供が歩いてるのが見えるよ」
子供? 俺が昨日探したときにはそんなもん写ってなかったはずだ。
だが、友人が差し出した写真には確かに子供らしき人影が歩いているように見える。
「まあいい。俺の見間違えだったんだ。」
そう自分を納得させ、その写真は友人たちの間を転々とすることになった。
そして、その写真が自分の元に戻ってきたとき、とても嫌な事実に気がついた。
340: 311 続き 02/11/27 01:47
 子供の写っている位置が変わっている・・・
明らかに、前に確認したときとは違う位置に、その人影は移動していたのだ。
しかもそれは見るたびに位置を変えていた。
まるで、写真から出てこようとしているかのように・・
そして最後には、その写真から人影は消えてしまった。
(全て実話)
344: あなたのうしろに
竜神様
漏れの消防の頃の話
消防3?4年位だったかな?の夏休み中のある日、村の行事で山の神様にお供え物を納めるみたいな、ささやかな儀式みたいなのがあったのね。
山っつても400m位のどこにでもある里山なんだけど。
村から少し上った、山全体が良く見える高台が会場で、漏れらガキ共はただで飲み食いできるってんで10人くらい居たかな。大人は20人位。
それで神主さんが来て「かしこみかしこみ?」ってやってたわけ。
天気は曇りだった。そうしたら何か山頂から右下、稜線に沿って一本の黒い筋が出てきたのね。大人達も「何だ?あれ」ってザワザワしだして「竜神様だよ、竜神様」って口々に言い合っていた。
漏れもポカーンって見てたんだけど、あれは....確かに竜に見えた......
それはほんの数分で風に流されるようにスーっと消えてった。
気象の悪戯によるものだったのか何なのか未だに分からない。
346: あなたのうしろに
>>344
すごいなー
たとえ気象のいたずらにしてもそれはそれで竜神様と解釈してもいいもんな。
353: 超党派笑いの鉄拳 ◆UXUJJUbRMk 02/11/27 19:23
不思議な体験といえば、夏に京都の某ホテルに泊まった時のこと。
ホテルの前にはいつもタクシーがいっぱい停まっているのだが、滞在していた四日間毎日同じ運転手さんの車に乗ることになった。
別に電話連絡とかしてたわけじゃないのに。
ものすごい偶然。よっぽど縁があるのか。
448: あなたのうしろに
音のない世界
高校の頃の学校帰り、ひとりで道路脇の歩道を歩いていた。
脇には歩道もある、ちょっと広めの2車線、ガソリンスタンドもある通り。
土曜の昼下がりで、車も普通に走っている道だ。
ところがある瞬間、何かがおかしい事に、ふと気が付いた。音が全くしないのだ。
一瞬自分の耳が聞こえなくなったのか?と疑い、声を出してみたがそうではなかった。
周囲の人、車など、動く物体が全て無いのだ。
遠くで聞こえていたガソリンスタンドの有線も聞こえない……
まるで鏡の中の世界に入り込んでしまったような感覚……
怖くなって近くのコンビニまで走り出した……
453: あなたのうしろに
>>448
俺も似た経験あるYO!
昼過ぎまで寝てて(学生)、腹が減ったんでコンビニへ行こうと外に出たら・・・
土曜日の真昼間なのに、表に誰も人が居ねぇの。
つか、スズメやカラスすら居なくて、生物の気配が全く無いんだよ・・・。
違和感を覚えながら表の大通りまで歩いても、見渡す限り車の一台も走ってない。
交通量のある通りなのに、生き物がいない・・・。映画なんかのゴーストタウンそのまんま。
「俺が寝てる間に日本に何かあったのか!」とパニック起こしかけたよ。
その後すぐに車や人が現れて安心したんだけど、あれは怖かったなぁ・・・。
たぶん凄い偶然で、誰も居ない状況が出来上がったんだろうけどさ。数分間の異次元体験でした。
487: ((;゚Д゚)ガクガクブルブル 02/12/02 02:03
神社のワームホール
私も不可解な出来事があったので話します。
小学四年生の時なんですが、私は校庭でドッチボールをして遊んでいたんですよ。
漏れが本気で投げたボールは友人の鼻に思いっきりぶつかったんです。
友人は怒ったのか、私に狂ったようにボールを投げかえしました。
当然、方向も定まらないボールは校庭のフェンスを超えてしまい
隣にある神社の茂みに入ってしまいました。
友人と焦ってボールを捜したのですが、見つからずその日は諦める事にしました。
先生に怒られるのではないかとビクビクしながら、学校を過ごすハメに・・・。
無事先生に気づかれずに学校から帰宅することができ、自分の部屋へと階段を上りました。
私の部屋は二階建てなのですが、屋根裏部屋があり、正確には三階建てなんです。
窓は、人間の頭一つぐらいのサイズなんですが、網戸があり窓は開けても手は出ません。
換気用の窓なんです。
自分の部屋にカバンを置いてからトイレへと行きました。
トイレは三階の窓側にありトイレの天井と三階の床は30cmぐらいしかないと思います。(昔、設計図を見ました)
その時、トイレ天井から「ポンッ」と音が聞こえました。
気の抜けた怪我しない軽いボールの音です。
不思議に持った私は急いで三階へと上りました。
そこには学校でなくなったはずのボールがありました。
意味がわからなくなり友人にこの事を話しました。
友人は確かに学校のボールだと言います。
私達はまだ現地の人にこの話をした事がありません。
よく神社やお寺には空間と空間を繋ぐホールがあると聞きますが、これがそのホールなんでしょか?
宇宙の本も調べたんですがワームホールという穴があるとかなんとか・・・。
誰か解釈できる方いますか?
490: あなたのうしろに
>>487
その神社と家は、どの位離れているの?
507: ((;゚Д゚)ガクガクブルブル 02/12/02 23:38
>>490
そうですね・・・。
正確にはわかりませんが一キロ前後だと思います。
379: あなたのうしろに
幼稚園の頃の話です。
プラスチックのお箸を折ってしまったのでセロハンテープで止めておいたんです。
数日後に直ってました。
なので大きくなるまで、プラスチックはそういう素材なのだと思っていました。
320: あなたのうしろに
子供の頃道に転がってる形の変わった綺麗な感じの石を拾いもっていると
怪我をしてた
石を捨てると治まった
未だに謎
それから綺麗な石見つけても絶対拾わないようにしてる
不思議ネタ募集中
不思議.netで扱ってほしいネタ、まとめてほしいスレなどがあれば、こちらからご連絡ください。心霊写真の投稿も大歓迎です!
面白いネタやスレは不思議.netで紹介させていただきます!
■ネタ投稿フォームはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S13082310/
#kako_link a {color:#0000ff;}
▼合わせて読みたい石じじいが語る石にまつわる不思議な話「叫ぶ石」「獣を喰らう石」他
白根の時間が止まる場所
#out_link a { color:#0000ff;}
おすすめリンク(外部)
【閲覧注意】工ヴァンゲリオンのあのトラウマシーンをみんなで克服しませんか?
前任者3名が口裏合わせて一気に退職!会社『配置換えしなきゃ!』私「引継ぎは…」係長「今は時間ないから来月ね!」私「わかりました」→大変な結果に…
【画像】佐々木希と一般女性が並んだ結果wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ニワトリの卵を割った状態で中身を孵化させる「殻なし孵化」の実験映像がすごい。
ゆるきゃん△に憧れて一人キャンプしてきたらアニメと現実の世界に絶望したお話wwwwwwww
【戦慄】1週間ほど出張で “留守” にし帰ってきたらポストに「昨日はやかましかった。何とかしろ!」とメモが…えっ…?私、いなかったんだけど…→実は・・・
【※暴力】「死ねよ」後輩がムカつくから、ブチ殴って首を思い切りしめてみた→結果・・・
【心霊】「え?なんであんな所に女の子がいるんだ?」
-->
- Tweet
-
-
-
-
この記事が気に入ったら
イイね!しよう
不思議.netの最新記事をお届けします
おススメ記事ピックアップ(外部)
「謎・不可解な体験」カテゴリの最新記事
「謎・不可解な体験」の記事一覧
おススメサイトの最新記事
コメント
1 不思議な
えぇ…(困惑)
2 不思議な
17年前の2chにしてはあまり殺伐としてないな
448・453みたいな経験をしたことのある人は割といるんじゃない
高齢者の多い地区なんかは特に
3 不思議な
>>1
面白いと思ってコメ打ってそう
4 不思議な
最初の話
誤字脱字が多く、主語が抜けていて分かりにくい上にまとまりがなく、何だか読んでいて不安になる文章だった
話そのものより文章が怖い
5 不思議な
プラスチックのお箸の件だけは
それを見つけた親御さんが微笑ましく思って
こっそり新しいもの買って入れ替えてくれてたんだろう
割とよくある話
6 不思議な
ノリが臭いおもたら古いのまとめたなあ
7 不思議な
>>5
だよね
折れた箸をいつまでも幼稚園に持って行かせるわけがない
子供の頃ならともかくこうした掲示板に書き込める年になった人間がそうした考えに至らず不思議な体験して語ることの方が不思議というか大丈夫かという印象を受ける
8 不思議な
>>6
漏れ とかね
その内なんj民とやらの使うえせ猛虎弁も「平成臭が酷い」とか言われるようになるのだろう
今から楽しみだわ
9 不思議な
10年くらい前の事だけどマキノ出版の願望実現グッズを購入して
それは幾何学図形が描かれた紙箱の中に自分の願い事を書いて
おくものだけど、半年くらい経って見たら箱だけ消えていて
中身の紙と包んでいた白い布だけ残っていたことが有った
10 不思議な
壊れた系で直った話あるな。オートバイのフロントホイル段差にぶつけて、リムがかなり歪んでしまった。修理どうするか悩んで1週間、なぜか表面の傷だけ残して歪みが直ってた。バイク屋にも持っていって見てもらってたから、店の人とも不思議だねで終わってしまった。
11 不思議な
「呪いの電話」はいたずら電話の逆バージョンなんじゃないのか?
便所の落書きじゃないけど、この番号に電話すると呪いが〜って噂を流して、かかってきたら真璃子の歌を流す。
いたずら電話をかけるとお金かかるけど、かけさせていたずらするなら、金かかんないよね。
しかし真璃子、懐かしいな。
12 不思議な
>>7
いや本人も未だに分からないなんて書いていないし、読めば親がやったんだろなってことくらいは誰にでも想像つく
単なる子供の頃に不思議だと思いこんでた微笑ましい体験談だろ
ガチでそういう食いつき方してるなら大丈夫かという印象を受けるわ
13 不思議な

続き・詳細・画像をみる


【朗報】飛行機のトイレで乳首を出す「おっぱいチャレンジ」が女子の間で流行www(画像あり)

居酒屋ぼく「ふう〜」(ドカッ) 大将「あ、そこナベさん(常連客)の席なんで」 ぼく「あ、はい…」

45億もかけてバスターミナル作ったから 使こてや・・・ 1台2000円

大学出て作業着着る仕事してるやつwwwwwwwwwwwwww

【超!閲覧注意】最新の首切り映像・・・・・

男子高校生、火災から逃げ遅れた少女(16)を抱えて2階から飛び降りる

パチンカスさん、悲しすぎる物を投げ捨ててしまう

【ハンターハンター】シュートは結局なんのために作った能力かさっぱりわからんwwwwwww

【悲報】<尾木ママ>「eスポーツ」を疑問視「どうしてスポーツなのか」「ゲーム依存症の心配の方が大きい」

神奈川県川崎市とか言う日本有数のスポーツ都市

米が「第4弾」関税発表、スマホは「もろ刃の剣」

【超!閲覧注意】最新の首切り映像・・・・・

back 過去ログ 削除依頼&連絡先