保護施設で2381日過ごした犬。ついに家族に巡り合える(アメリカ)back

保護施設で2381日過ごした犬。ついに家族に巡り合える(アメリカ)


続き・詳細・画像をみる

1. カラパイア »
2. 知る »
3. 動物・鳥類 »
4. 保護施設で2381日過ごした犬。ついに家族に巡り合える(アメリカ)

-->
保護施設で2381日過ごした犬。ついに家族に巡り合える(アメリカ)
2019年05月15日 ι コメント(4) ι 知る ι 動物・鳥類 ι #
 動物の保護施設では、様々な事情をかかえた犬や猫が、自分を必要としてくれる家族に巡り合えることを信じて、待ち続ける日々を送る。
 最近では期限を決めず、新たな飼い主が見つかるまでずっと世話をし続ける施設も増えてきたが、すぐに新しい飼い主が見つかる子もいれば、しばらく施設の中で過ごす犬猫もいる。
 アメリカのオハイオ州にある保護施設には、長い間飼い主に巡り合うことができないでいる犬がいた。ヒギンスは施設の中で2381日、約6年半の間待ち続けていたのである。
 だがついにその日が来た!
スポンサードリンク
-->
すぐに引き取りてが現れたがひどい扱いを受け再びシェルターに…
 オハイオ州プレブル郡にあるシェルター「Humane Society of Preble County」の事務局長レズリー・レナ―さんは、長年施設に留まったまま、引き取り手が見つからないヒギンスに関する心配を口にする度、周りから「もう安楽死させたら?」という言葉を何度も耳にしてきた。
 2012年、まだ子犬だった頃にこのシェルターに連れて来られたヒギンスだが、実はその時すぐに飼い主が見つかり一度は引き取られていた。
 ところが、その生活は理想とは大きくかけ離れたもで、ある人により再び施設に戻ってきたのだ。ヒギンスは、引き取られてからの1年間、飼い主にずっと犬小屋に鎖で縛りつけられる生活を送っていたのだ。レズリーさん変わり果てたヒギンスを見て、野良犬と見間違えたほどだったそうだ。
年を増すごとに誰にも見向きされなくなったヒギンス
 再び、施設生活に戻ったヒギンス。今度こそいい飼い主が現れてほしいとレズリーさんも願っていたが、施設に犬を求めてくる人たちはみな、ヒギンスを素通りした。
施設に来る人は、大抵、生後半年ほどの犬を求めています。ヒギンスがここに戻ってきた時は1歳でした。
誰にも求められず、2歳、3歳と年を取るうちに、施設を訪れる人たちも、「なぜ、そんなに長い間この犬は引き取り手がないのか。何か問題があるんじゃないのか」と思ってしまうようです。
ヒギンスは人懐っこいタイプではなく、あまり愛想がないので、余計にみんな素通りしてしまうのです。
と、語るレズリーさん。
 しかしそれでも、「いつかヒギンスに新しい飼い主が現れる」と希望を諦めたくはなかった。何より、ヒギンスも諦めていなかったに違いない。
施設生活2381日目。ついに新しい飼い主が現れる
 だがついに!
 ついにヒギンスの目の前に、ヒギンスが良いという新しい飼い主が現れたのだ。施設生活2381日目のことであり、まさに運命の奇跡である。
 22歳のブレンドン・リードさんは、ヒギンスのことを施設の運営する里親募集サイトで知った。新しく家を購入したばかりのブレンドンさんは、「このヒギンスこそ、自分が求めている犬だ」と直感し、シェルターにヒギンスを引き取りにやって来た。
 これまで約6年半の間、シェルターに多くの人が犬を求めてやってきても、ヒギンスの前を素通りしていただけに、「ヒギンスを引き取りたい」とブレンドンさんから言われたレズリーさんは、うれしさと驚きのあまり激しく動揺したという。
 ブレンドンさんに引き取られて行ったヒギンスは、長く辛かったシェルター生活からついに解放された。と同時に、新しいブレンドンさんの家で芝生に寝転んだり、裏庭を走り回ったり、テレビを見たり、ソファで眠ったりする楽しさを味わえるようになった。
 後に、ブレンドンさんは動物サイトthedodoの取材で、「素晴らしい犬なのに、なぜ今まで誰も引き取ろうとしなかったんだろう?ヒギンスはいい意味でクレイジーな奴さ。リラックスするのが大好きで、今はとてもハッピーにしているよ」と話している。
 ヒギンスもまた、自分を毎日可愛がり、安心を与えてくれる“ダディ”のブレンドンさんの大切さをかみしめているようだ。
References:thedodo/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
それでも人を信じたいの。ひどい虐待を受けていた犬が、保護された直後に見せた人間への愛(アメリカ)
保護施設の犬、配達員にロックオン。車に飛び込み飼い犬となる(アメリカ)
これがハスキー?バリ島で変わり果てた姿のハスキー犬が保護される。その10ヵ月後、本来の姿を取り戻す
それでも誰かと一緒がいいの。一度捨てられた犬が再び愛を与えられた時。保護犬ビフォア・アフター
ここが犬の楽園か!コスタリカの広大な大地で暮らす900匹以上の保護犬たち
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
スポンサードリンク
- twitter公式アカウント
- facebook公式ページ
- カラパイア全記事一覧
「知る」カテゴリの最新記事
「動物・鳥類」カテゴリの最新記事
「動物・鳥類」カテゴリをもっと見る
この記事をシェア :
人気記事
最新週間ランキング
1位
2830 points
世界の名だたる数学者がこぞって日本のチョークを買い求める理由
2019年5月11日
21700517143
2位
1402 points
グリーンランドに異変。国内最大の氷河が融け大きな池が観察される
2019年5月11日
13700230
3位
1055 points
食べるなら今だ!日本初「オオグソクムシラーメン」が期間限定で販売中!(東京・錦糸町)
2019年5月6日
95902274
4位
879 points
発達障害によるパニック発作で苦しんでいる男の子に対し、愛猫がとった行動。猫は何をするべきかを知っていたようだ。
2019年5月12日
74503797
5位
682 points
子供の頃ポケモンのゲームに熱中していた人の脳には「ポケモン領域」がある(米研究)
2019年5月12日
6170263
もっと読む
----------------------------------------------------------------------------
スポンサードリンク
Facebook
カラパイア
コメント



1


1.


- 2019年05月15日 11:45
- ID:nmW8RVnd0 #











2


2. 匿名処理班


- 2019年05月15日 11:45
- ID:u84FtaI70 #





> 素晴らしい犬なのに、なぜ今まで誰も引き取ろうとしなかったんだろう?
ブレンドンさんに巡り合うためかもね!
それはともかく、22歳というけどえらい貫禄じゃな...






3


3. 匿名処理班


- 2019年05月15日 11:51
- ID:WNCuRvRt0 #





欧米って動物の取り扱いが進んでて凄いなぁと思うけど、
>何より、ヒギンスも諦めていなかったに違いない。
こういう謎の擬人化&決め付けが良くあるよねぇ。
でも、そういう勝手な同情が今の体制を築いているのかなとも思う。






4


4. 匿名処理班


- 2019年05月15日 12:03
- ID:JlnxGN.X0 #





22歳で家を購入とか凄い甲斐性持ちですな。






5


5. 匿名処理班


- 2019年05月15日 12:08
- ID:Vxzb3TGC0 #





保護犬を引き取っておいてさらに虐待するとか何考えてんだ…普通数週間のトライアルがあるんだから無理ってなったらそこで返せばいいのに。地獄で報いを受けやがれ






6


6.


- 2019年05月15日 12:36
- ID:h64AqIa20 #











7




続き・詳細・画像をみる


【東京】「働く大人がはいた長靴のにおいがかぎたくて盗んだ」自宅から長靴270足押収 53歳男を逮捕

ブリーチと七つの大罪のインフレの連続なんとかならんの?

【図表】これが「1分間にインターネット上で起こっていること」・・・Google検索よりもあれの再生回数の方が多いってマジかよ!?

【朗報】上原多香子の現旦那、反省する

【悲報】FF7リメイクさん、エアリスが指原、バレットが蝶野、クラウドが新宿のホストになってしまう…

「デス妻」フェリシティ・ハフマン、不正入学の罪で有罪を認め懲役4ヵ月へ 「娘には障害があった」と涙ながらに告白

火事で逃げ遅れた少女(16)を果敢に助けた男子高校生(17)wwwwwwwwww

【悲報】日本さん、軽自動車ばかり売れる国になる・・・

同級生「同窓会やってるよ。今どこ?」俺「ごめん、今シンガポールにいます」

【画像】ここ二週間ぐらいこの時間帯に不可解な事が起こるんだが

スパロボα外伝って名作だよね…

すまん、新宿駅にいる者だが八王子まではどうやっていけばいいんだ?

back 過去ログ 削除依頼&連絡先