【ガルパン】まほ「みほ警察だ!!!」小梅「最終章」back

【ガルパン】まほ「みほ警察だ!!!」小梅「最終章」


続き・詳細・画像をみる

1 :
優花里「しーっ!お静かにお願いします」
まほ「秋山優花里だな。何をしている?」
優花里「こちらのセリフです!......あぁ、しまった!とにかくお静かに」
???「どこへ行った!」
???「こちらから声がしたぞ!探せ!」
優花里「あぁ、やっぱり!気づかれてしまいました!」
まほ「なるほど、取り込み中か」
優花里「とにかくここにいては見つかってしまいますから、逃げましょうこっちです!」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1513519043
引用元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513519043
2 :
優花里「ここまでくれば安全ですかね.....」
まほ「ふむ、そうか。では改めて」
まほ「みほ警察だ!!!」
小梅「ピーッ!!!」
優花里「どうして隠れてるのに大きい音を立てるんですかね?!」
まほ「秋山優花里、キミはこんなところでコソコソと偵察任務についている場合ではない!」
小梅「ピーッ!ピッ!」
優花里「分かりました!分かりましたからせめて笛はやめてください!」
小梅「ピーッ?」
優花里「ちょ、本当にやめて...わたしが何したって言うんですか......」
小梅「ちょっとキャラ被ってませんか?」
優花里「被ってませんよ!!逆恨みじゃないですか!?」
小梅「ピーッ!」イエローカード
優花里「えぇっ.....ほんとえーっ.....」
まほ「小梅、やめなさい。話が進まない」
3 :
まほ「まぁ、我々はな、少々怒っている」
優花里「はぁ、そうですか」
???「くそッ!どこに行ったんだ!それもこれもお前らが」
???「なんだと!お前らこそ!」
まほ「キミはみほが好きだろう?」
優花里「えぇ、まぁ、チームメイトとして.....」
まほ「はぁ.....」
優花里「いつも思うんですけど、なんなんですかね?わたしがおかしいんですかね?」
小梅「おかしいのは最終章で
まほ「小梅、ネタバレはダメだ」
小梅「はい....」
優花里「なんのことかよく分かりませんがなもうこの場にいる時店でだいぶ手遅れだと思いますよ」
???「なんだとキサマ!」
???「やるのかっ?!」
まほ「気を遣ってだいぶ伏せてるんだぞこれでも」
小梅「ここがどこでどういう状況かは最終章を見ていないと分かりません」
優花里「なんなんですか最終章って....」
まほ「まぁ、タイトルに最終章と書いてある時点で未見のものは察するだろう」
小梅「自衛はして欲しいですよね」
優花里「あの、そろそろ本題に...あ、入らなくていいです」
4 :
まほ「ふむ、そうだな。秋山優花里、キミは潜入任務について無駄に凝った
???「これだから中途組は!」
???「なんだと!ぬるい環境で育ったエスカレーター組に何がわかる!」
まほ「あぁ、もううるさいな。小梅」
小梅「ピーッ!」
ズドーン
???「大変です!空から大洗の隊長の銅像が!」
???「なんだと?!くそ、大洗め....なんて真似を!」
???「無駄に立派に作りやがって!頭悪そうな顔して!」
まほ「これでよし、で、だ」
優花里「なんであんなものが....っていうかアレって......」
まほ「頑張れ。応援していると伝えておいてくれ」
優花里「いえ、完全に悪印象しかないのですが......」
6 :
???「こうなったら犯人をなんとしても捕まえろ!」
???「あのもじゃもじゃ頭を探せ!」
まほ「なんとも落ち着きがないな」
小梅「ピッ!」
優花里「あれ?ひょっとしてアレをやったのわたしということになってませんか?!」
まほ「なんとも堂々とした挑発行為だな」
小梅「犯人がくせっ毛というのはあながち間違ってませんからね」
優花里「酷すぎますよちょっと!」
まほ「憂さ晴らしはこの程度でいいか。小梅、次に行くぞ」
小梅「はい」
優花里「今完全に憂さ晴らしって言いましたよね?!」
まほ「では、よいみほライフを!」
小梅「ピーッ!」
優花里「ちょっとまって....消えた......」
優花里「え?っていうか今回本当に西住殿関係ない.......」
8 :
まほ「みほ警察だ!!!」
小梅「ピーッ!」
エクレール「え?な、なんでしょうか....?」
まほ「みほ警察だ!!!」
小梅「ピーッ!」
エクレール「みほ警察...あのこの前来た小さい子の.....って、西住まほさん?!」
まほ「そうだが、今回はみほ警察として伺った」
エクレール「はぁ...あなた確か今
まほ「おっとそこまでだ。ネタバレは控えてもらおう」
小梅「いろいろうるさいので注意してください」
エクレール「は、はぁ」
まほ「改めてエクレールだな。キミは次の試合に向けて準備をしている場合ではない!」
エクレール「あの、大洗の隊長....あ、いえ、西住さんのビデオでしょうか」
まほ「分かっているな....と、言いたいところだが少し違う」
小梅「ピーッ!」
エクレール「え?」
9 :
まほ「いいか、エクレール。キミに必要なのは....」
エクレール「ひ、必要なものは.....」
まほ「.....すまない、わたしは無力だ.....」
エクレール「へ?」
まほ「その、なんだ。いいじゃないかフランス戦車で機動戦術!キミは間違っていなかった!間違っていなかったんだよ!」
エクレール「え?え?」
まほ「間違って、いなかったんだ......」
エクレール「あ、あの、西住流のあなたに褒めていただけて光栄です」
小梅「これ、どうぞ。島田流の漢方薬です」
エクレール「ど、どうも.....」
小梅「その、気を落とさないでください。ご愁傷様です......」
エクレール「もしかしてものすごく気を使われていますかっ?!」
まほ「その、なんだ。頑張ってくれ....機会があれば、だが」
エクレール「え?ちょっと、ちょっと待って.....」
まほ「そ、そうだ!みほの写真をやろう!ほら、大学選抜との戦いの時のとっておきのやつで....あ、いや、あの時もお前は....こっちにしよう。ほら、可愛いだろ、みほ。な?」
エクレール「はぁ、ど、どうもありがとうございます.....」
小梅「.....ありますよ、良いこときっと」
エクレール「あの、なぜ私慰められているのかしら.....?」
10 :
まほ「エクレール、キミに必要なもの、それはみほだ」
小梅「あ、これお水です。みほさんのお宅から頂いたもので....わたしのとっておきです」
エクレール「あの、状況がよく読み込めないと言いますか、なぜこんなに気を使われているのかさっぱりで.....」
まほ「.....安斎と、どこで差がついてしまったのだろうな」
エクレール「あの、説明を....あぁっ、胃が.....」キリキリ
小梅「さっきの胃薬を、よく効きますから」
まほ「きっと、きっとなかったことになってないからな。だからその....強く生きてくれ.......」
小梅「みほさんと、みほさんと仲良くしていれば機会は、機会が必ず巡ってきますから!」
エクレール「え?ちょっと、説明を......」
まほ「では、良いみほライフを.....」
小梅「ピーッ!」
エクレール「ちょ、ちょっと....消えた.....」
エクレール「.....島田流のお薬すごい。胃痛も消えた」
15 :
まほ「みほ警察だ!!!」
小梅「ピーッ!」
ミカ「っ!?」ビクゥッ
まほ「継続高校のミカだな。何をしている?」
ミカ「わたしが今何をしているか。それは果たして知らないといけない事かな?」
ミカ「あとできれば静かにして欲しい。今何時だか分かってるかい?」
まほ「ミカ、キミは劇場版での活躍にあぐらをかいて大会不参加を決め込む傍観者ぶっている場合ではない!」
小梅「ピーッ!」
ミカ「笛、せめて笛だけでもやめて欲しい。願わくばそのまま帰って欲しい」
小梅「ホイッスルです」
ミカ「そうだね、笛でもいい気がするけれどもそれはホイッスルだね。それじゃあこのまま静かに森へお帰り」
小梅「ピーッ?」
ミカ「そうかい、目的を果たすまで帰るつもりはないんだね。それじゃあわたしは失礼させてもらうよ」
まほ「まぁ、座れ。話はこれからだ。ほら、ピロシキでも食べるといい」
ミカ「遠慮させてもらうし、それはわたしの荷物の中身だね」
16 :
まほ「それでだな、わたしは思ったんだ」もっちゃもっちゃ
ミカ「今からキミが話す内容、それって今すぐに話さなければいけない内容かな?」
小梅「どうぞ、温めておきました」
ミカ「ありがとう、アツアツだね....どうやって温めたのかな?」
まほ「まほタッシェに電子レンジを入れてきたんだ。便利だぞ電子レンジ」
ミカ「うん、聞いたわたしが悪かったみたいだ」
まほ「どうにも話が逸れるな。まぁいい。わたしは思ったんだ」
まほ「あ、今回はのっけから迷走してるな、と」
ミカ「いつものことだね。満足してもらえたかな?」
まほ「まぁまぁ、座れよ。そこでだ、やっぱり一度初心に帰ろうと思って活動記録を見返していたんだよ」
ミカ「そうだね。自分を見つめ直すのはとても大切なことだよ。前にも言ったね?」
まほ「ところが内容がさっぱり理解できなくてな」
小梅「間を空けすぎましたね」
ミカ「そうかい。だけどその反省会にわたしを巻き込む必要ってあったかな?」
まほ「何を言うみほ警察相談役じゃないか」
小梅「ピッ!」
ミカ「初耳だね。あと、今つけられたこの腕章外して薪にくべても構わないかな?」
まほ「プレミアものだぞ、西住流みほ警察腕章」
ミカ「物の価値は人によって変わるものだからね。わたしには分からない」
17 :
まほ「うん、やはりキミに会いに来てよかった。気持ちが少し軽くなったよ」
小梅「これから新天地での生活が始まりますからね」
まほ「あぁ、あちらでもどうにか頑張れそうだ」
ミカ「人は新しいことに挑戦するときはいつも不安に思うものだからね。あなたも人の子だったと言う事かな?」ポロローン
プラウダ生「聞こえました!こちらの方からです!!」
ミカ「しまった!」
まほ「うん、向こうに行く前に一つ心残りをなくすことができそうだ」
小梅「では、わたし達も撤収準備を」
ミカ「謀ったな!謀ったな西住まほ!」
まほ「キミの日頃の行いが悪いのだよ。シベリアでよく反省するといい。シベリアに行ったことはないけどね」
カチューシャ「今日こそ逃がさないわよ!うちの戦車とあと食料を返しなさい!!」
ミカ「くっ」
18 :
梓「あの、お困りですか?」
ミカ「?!」
梓「あ、みほ弁護士です」
ミカ「知って....いや、ごめんみほ警察とは違うのかな?」
梓「えーっと、違う組織なんですけど説明が難しくって」
ミカ「そうなんだね。ところで今わたしはプラウダの小さな隊長にありもしない窃盗の罪を着せられそうになっていて困っているんだ」
梓「え?このずた袋の中身プラウダの....」
ミカ「それはサンタクロースの忘れ物だよ」
梓「え?どう見ても盗品.....あ、違う。そんなことしてる場合じゃないんだった」
梓「ミカさん、あなたはサンタクロースのコスプレでプラウダに忍び込んで食料調達をしている場合ではありません!」
ミカ「つ、続けるのかい?!この状況で?!」
19 :
梓「ミカさんに今必要なもの、それは西住隊長です」
ミカ「今わたしに必要なのはこの包囲網からの脱出経路と、そもそもみほ警察がなんなのかと言う説明なんじゃないかな?」
梓「でも、西住隊長ならこの程度のピンチは機転と西住流体術で切り抜けますよ?」
ミカ「うん、一体どんな修羅場を潜ればそうなるんだろうね?」
カチューシャ「ちょっと、マホーシャ?話は終わった?終わったならさっさとその賊を引き渡しなさい!」
梓「あ、もうちょっとで終わります」
カチューシャ「さっさとしなさいよ!ホントならとっくに寝てる時間なんだから!」
梓「....あの、時間がないので端折りますね。どうぞ、みほぐるみサンタコスver2017です」
ミカ「ありがとう。でもこの後わたしは身柄を引き渡されてしまうんだね、このぬいぐるみのように」
梓「そ、それは....きっといいところですよシベリア。行ったことはないですけどね」
梓「それでは、よいみほライフを」
ミカ「......」
カチューシャ「終わった?それじゃあ取り押さえるわよ!」
ミカ「やぁ、カチューシャ、メリークリスマス。わたしはこの大洗の隊長のぬいぐるみを届けにきただけなんだ」
カチューシャ「......」
カチューシャ「もうそれ持ってる!」
ミカ「!?」
人は絶えず変化する
しかし、変化が必ずしもよい結果を残すとは限らない
それでも変化を繰り返し、あるいは過去の過ちを正すため進み続けるのだ
それは、そう、戦車道のように......
20 :
終わりますん。HTML出して来ますん
間めっちゃ空いてしまいました。本当はクリスマスまでにかたつけるつもりだったのですが、最後誰出すかですっごい悩んだのと引越し費用が70万を超えた絶望でメンタルダウンしてました。ハハハ
最終章と銘打ちつつ最終章ネタは使わない縛りしようと思ったんですが、色々考えてる間に公式がガンガンネタバレ初めてあ、もういいんだってなりました。ムラカミが可愛いなって思いました
21 :
エリカ「まほ警察よ!!」
小梅「!?」
エリカ「赤星小梅、あなた隊長に付き従って元副隊長が可愛いなんて世迷いごとを広めている場合じゃないわ」
小梅「え?エリカさん?あの、これは一体......」
エリカ「小梅、わたしは気づいたの」
小梅「あの、え?一体何に.....」
エリカ「これまでわたしは全てにおいて受け身だった」
エリカ「隊長が妹好きを拗らせてファンクラブに入ろうとか言い出した時も、突然みほ警察なる組織を立ち上げて暴れ始めた時も、予算と隊長のお小遣いで副隊長グッズを作り始めた時も、アタシが副隊長大好き娘だと仕立て上げるために情報戦を仕掛け始めた時も」
エリカ「いつも隊長には敵わない、隊長がそれで幸せならと諦観していつも流されて来た」
エリカ「でももう隊長はいない。そこでようやく気づけたの」
エリカ「そうよ、黒森峰を去ったあの子じゃない、隊長の、いいえ、まほさんの素晴らしさこそを伝えていくべきだと!」
小梅「わたしが言うのもアレだけど、黒森峰の隊長は何かを拗らせる伝統でもあるんですか?」
エリカ「まずはあなたよ小梅。今あなたに必要なのは元副隊長じゃない、まほさんよ!」
小梅「え、えぇっ.....」
22 :
エリカ「いい、小梅。わたし達が所属しているのは黒森峰。BC自由でもコアラの森でも、ましてや大洗でもない、名門黒森峰よ!」
小梅「はぁ...そうですね」
エリカ「黒森峰と言えば西住流、西住流と言えば?そう、まほさんよ」
小梅「現当主のみほさんのお母様は....」
エリカ「まほさんの!お母様よ!」
小梅「あの、どっちも同じ....」
エリカ「とにかく、まほさん不在となった今、黒森峰の弱体化は必至。このままでは優勝どころか準優勝すら危うい」
エリカ「だからわたしは隊長を、いえ、まほさんに追いつき、まほさんを超え黒森峰に栄光を再び取り戻してみせるっ!」
エリカ「そのためにはまずまほさんを知り、まほさんに近づかないと....っ!」
小梅「うわぁ.....」
エリカ「ウフフ、待っててください隊長。必ず、必ずわたしが隊長が決して間違っていなかったことを証明してみせますから.....アハハハハ」
小梅「あの、エリカさん、一度冷静に.....」
エリカ「SS隊ッ!小梅をアウシュビッツに」
親衛隊「ヤーッ!」
小梅「え?エリカさん?え?ちょっ、エリカさーんっ!」
事態風雲急
みほ警察最終章第1話 了
2

続き・詳細・画像をみる


【モバマス】輿水幸子「たってるからたてない?」

【社説】日本は「慰安婦」被害者の名誉回復の意義に立ち返れ

女子高生アイドルが妊娠を発表!!なお相手はマネジャーの模様

【衝撃】綾瀬はるか ベールを脱ぐ全裸騎乗位濡れ場映画

( ^ω^)アスファルトに咲く花のようです

【悲報】ハイレゾ、やっぱりアニオタしか買ってない

【ニュー速】ひとりでは行けない場所 

【医療】重い心臓の病気…移植を待ち続け、自らもドナー登録した大学生 20歳で死亡

NHK職員の給与1100万円に上がる。国もグルだからしょうがないね

【NHK】若者バッシング「若者が短絡的に保守化している」

曜「ルビィちゃんお金欲しいなら良い仕事あるよ」 ルビィ「えっ?」

『武装神姫』復活!島田フミカネ氏、しずまよしのり氏、Ark Performance氏など豪華クリエイター陣参加!

back 過去ログ 削除依頼&連絡先