【朝日新聞】日本のAIIB加盟「とても重要」back

【朝日新聞】日本のAIIB加盟「とても重要」


続き・詳細・画像をみる


マレーシア中央銀行の総裁を2016年まで16年間務めたゼティ・アクタル・アジズ氏が朝日新聞のインタビューに応じた。
中国が主導して2016年に設立したアジアインフラ投資銀行(AIIB)については、「アジアで旺盛な需要があるインフラへの投資に対象を絞って設立された国際機関。インフラ整備に経験がある日本の加盟は、とても重要だ」との見方を示した。
――タイバーツの暴落に端を発したアジア通貨危機から20年が過ぎました。マレーシアは激しいリンギ売りを強い資本規制で乗り切りました。その後の地域協力の進展をどう評価しますか。
「各国は自国の金融市場の透明度を高め、安定性を強化する改革を進めるとともに、チェンマイ・イニシアチブと呼ばれる通貨スワップ網を築き、相互の情報交換を進めました。だからこそ2008年の米国発の金融危機や、それに続く欧州危機でも大きな影響は受けず、アジアは成長を続けました」
――日本と中国、韓国の政治的な対立があり、いざという時にチェンマイ・イニシアチブは機能するかどうかを懸念する見方があります。
「危機への備えは、多国間や二国間でさまざまな選択肢があることが重要です。日本と中国を含めて中央銀行の協力は緊密です。中央銀行どうしで言えば、日本銀行が呼びかけて1991年に始まった東アジア・オセアニア中央銀行役員会議(EMEAP)という会合があります」
「域内のマクロ経済や金融情勢、金融、決済システム、銀行監督や為替市場の動向については、自由に意見交換をしています。総裁が年に1回、副総裁級は年2回は集まりますし、東南アジアの国々のほか、中国や韓国もいます。
各中央銀行のディーリングルームは毎週のように金融市場について情報交換をしています。そこに、政治的な利害は持ち込まれていません」
「ほかにも、東南アジア中央銀行グループ(SEACEN)という集まりもあります。60年代に東南アジア諸国連合(ASEAN)の加盟国で始まりました。82年にはクアラルンプールに常設の研究・研修センターを設けました。
私は70年代後半から関わっていますが、残念なことに、何度呼びかけても日本は入ってくれませんでした。韓国もいますし、中国も11年に加わりました。アジアの主要国・地域で参加していないのは日本だけです」
――先進国の中央銀行として、日本は、オブザーバーの立場で講師を派遣するなどの協力をしていると聞いています。
「アジア通貨危機にあたって日本は自らの銀行システムが危機に直面するなかでも、地域の通貨協力をリードし、とてもすばらしい貢献をしました。ただ、SEACENのような(新興国からの)呼びかけにも答えてほしいと思います」
――日本と米国は加盟していませんが、AIIBでは、国際諮問委員会のメンバーの一人ですね。
「AIIBはアジアで旺盛な需要があるインフラへの投資に対象を絞って設立された国際機関です。貧困削減や衛生など幅広い目的を持つアジア開発銀行(ADB)や世界銀行と異なり、互いに補完性があります。
地域の経済を発展させるものとして歓迎されるべきものです。だからこそ、世界の約80カ国が加盟を決めたのでしょう」
「AIIBの財務内容は、三つの国際的な格付け機関からADBなどと同様に最高位のトリプルAを取得しました。私は、経営の透明性と効率をあげるために、国際諮問委員会に加わりました。インフラ整備に経験がある日本の加盟は、とても重要です」
http://www.asahi.com/articles/ASK8Q6H86K8QULZU00T.html
前マレーシア中央銀行総裁のゼティ・アクタル・アジズ氏。アジア通貨危機後の2000年から16年まで、女性として初めて総裁を務めた=8月11日、クアラルンプール、吉岡桂子撮影
前マレーシア中央銀行総裁のゼティ・アクタル・アジズ氏。イスラム金融市場を育てた=8月11日、クアラルンプール、吉岡桂子撮影
2
日本は結構です
3
バスはいつ発車するんだ??
9
朝日の言うことの逆が正しい
21
(中国にとって)とても重要
26
まぁ日本は参加する必要無いな
35
バスまだ発車してないのかよw
87
中国、朝鮮にベットリ浸かってるのは
一目瞭然
91
(  `ハ´)朝日は仕事してるアル
103
またバスが来た
122
しつっけーなほんと
165
エンジンと燃料の無いバスに乗る必要無し
211

続き・詳細・画像をみる


【画像】ディズニー、またもや「性的サブリミナル」を使う

反闘牛活動家が闘技場に乱入、直後に牛から攻撃 フランス

甘デジみたいな詐欺丸出しのゴミは廃止すべき

教室内で女生徒のスカート内を盗撮した男子生徒を逮捕

【生活】面白いコピペを貼り付けるスレ 98

【北朝鮮ミサイル】アメリカ政府「北米への脅威を与えるものではない」

back 削除依頼&連絡先