【モバマス】多田李衣菜「サバの味噌煮」back

【モバマス】多田李衣菜「サバの味噌煮」


続き・詳細・画像をみる


みくりーなへの挑戦
前作
塩見周子「ぜんざい」
2:以下、
秋風がしっとりと冷たい、10月の夜。
多田李衣菜はダイニングルームで、前川みくの帰宅を待っていた。
2人はユニットを組んで長いが、ここのところ、個別での出演が増えている。
だがそれによって、かえって李衣菜は、
みくへの思いやりが深まっていくような気がする。
寮のルームメイト、仕事仲間、どれにも当てはまらない温かな気持ち……。
3:以下、
テーブルの上には、李衣菜が用意した夕食がある。
収録で疲れていて、なにかと食生活が偏りがちなみくのために、
腕によりをかけて作られた料理。
だが、李衣菜はかすかな不安を感じていた。
扉が開く音。
李衣菜はぱたぱたと玄関に向かった。
「たっだいまにゃ〜!」
みくが帰ってきた。
4:以下、
「おかえり。収録はどうだった?」
「ばっちり!
 
お茶の間のみんなもみくに夢中になること間違いなしにゃ!!」
みくは意気揚々をダイニングへ向かう。
「良い匂いがするにゃ〜」
「うん…ご飯もちょうど炊き上がるようにしておいたから」
李衣菜は新妻のように甲斐甲斐しく、みくの後ろを追った。
だが、ダイニングに入った途端、みくは声を低くした。
5:以下、
「これ、どういうこと?」
みくが目にしたのは、李衣菜が用意した夕食。
普段のみくなら、李衣菜の献身をねぎらうなり、感謝するなりしただろう。
テーブルの上に、魚料理さえなければ。
「りーなチャン、みくがお魚嫌いなの知ってるよね」
あからさまに不機嫌な顔をして、みくが言った。
それに怯えたわけではないが、李衣菜はか細い声で返事をした。
「うん…でも、お魚には栄養がいっぱいあって、
 私は…ただみくちゃんの身体のことが心配で…」
「健康管理くらい、自分でできるよ!!」
6:以下、
李衣菜はみくの怒りと、自分の迂闊さに心が苦しくなった。
みくは他のアイドルと比べて、デビューが少し遅れた。
その影響か時々、異様なほど他者からの干渉を嫌う。
腫れ物のように扱われた時期が、彼女の自立心をささくれ立てせてしまったのだろう。
だが、本来のみくは心優しい少女である。
李衣菜が怯えているのに気づいて、顔をそっと伏せた。
「…大声出してごめん。
 でもみくは、疲れたときは好きなものを食べたいの…にゃ」
外で食べてくる、とつぶやいて、みくは部屋から出て行った。
7:以下、
1人残された李衣菜は、がっくりと肩を落とした。
けれでも胃袋は空腹を訴えていたから、夕食をとることにした。
ほかほかの炊きたてご飯を、お椀によそってテーブルへ。
一人分の「いただきます」が、やけに部屋に響く。
8:以下、
李衣菜はまず、小鉢に箸をのばした。
ほうれんそうの胡麻和え。
きちんと水を絞って味付けをしたので、箸あたりがしんなり優しい。
口に含むと、青臭さを一切感じさせない、
ほうれんそうと胡麻のおだやかな風味が舌に広がった。
野菜の調理で腕前が知れるというが、その点で李衣菜は、
かなりの水準に達していた。
9:以下、
次に彼女が食したのは、野菜のオーブン焼き。
塩を軽くふって、ただ焼いただけの料理だったが、
その“焼いただけ”が良い仕事をしていた。
キャベツやパプリカは、砂糖をまぶしたのかと疑うくらい芳醇な甘み。
子どもたちに敬遠されがちなピーマンとナスも、御馳走へと変わっている。
李衣菜自身でも驚くくらい、ご飯が進んだ。
10:以下、
三品目はまいたけのお吸い物。
スーパーで特売であったため追加した料理であったが、
出汁は粉を使わず、昆布とかつおぶしから煮出した。
それが功を奏し、身体にしみじみと行き渡る、良い仕上がりになっていた。
そして彼女は、とうとう、みくと自分を引き裂いた相手と合間見えた。
11:以下、
サバの味噌煮。
今回の料理の中で、李衣菜がもっとも自信を持っていた一品である。
みくの嫌う魚臭さを最小限にすべく、最大限の努力をした。
わざわざ郊外の魚屋に出向いて、パックにされる前の新鮮なサバを手に入れた。
血抜きや臓物抜きも手際よくこなし、霜降り(お湯のまわしかけ)で身を締めた。
酒、生姜、味噌を絶妙なバランスで使い、時間をかけてゆっくりと煮込んだ。
少なくとも、調理は完璧だった。
それでは味の方はどうか。
12:以下、
塩分が気になって味噌を少し減らしたが、生姜が味のボリュームを支えている。
それでいてわざとらしくなく、きちんと味噌の旨味と調和している。
手間をかけた分、魚の身はほろほろとやわらかく、口の中でとろける。
今晩の夕食はすべて、最高の出来だった。
だからこそ、李衣菜は悲しかった。
みくちゃんに食べてほしかったなあ…。
李衣菜はゆったりとサバを味わいながら、
改めてみくの存在が、出会ったころよりも、
自分の中で大きくなっているのを感じた。
13:以下、
夕食後、李衣菜はみくの分を、自分のお弁当箱に詰めた。
明日の昼食にするつもりである。
だが、みくが食べるはずだったサバの味噌煮を、箸で持ち上げた時、
不意に涙がでてきた。
私は、いらない。
みくは、アスタリスクではなく、
前川みくという1人のアイドルとして、十分以上に活動できている。
健康や食事だって、李衣菜がいなくても、1人でなんとかするだろう。
李衣菜は知っている。
他のアイドルや、みくのファンよりも、知っている。
前川みくは、すごい女の子なのだと。
14:以下、
むしろ自分の方が、みくを必要としている。
憧れのロックなアイドルは、まだ遠い。
いや、ひょっとしたら、
アイドル人生を全てかけても、見つかるかどうかわからない。
親友の木村夏樹は
「その“わからない”に、“だけど”を返せるのがお前のロックだ」
と言ってくれた。
だが、どうしようもなく心細いときがある。
「塩分注意…なーんて…」
李衣菜は、涙がお弁当箱に入らないように、
顔をしばらく上げていた。
15:以下、
翌日、李衣菜はテーブルから顔を上げた。
お弁当箱におかずを詰め終わって冷蔵庫にしまったとき、
どっと疲れがやってきて、ダイニングで眠ってしまったのだ。
時計を見ると、プロダクションに行く時間が迫っていた。
立ち上がると、猫柄のブランケットが床に落ちたが、
李衣菜は気にもとめずに身だしなみを整えた。
そして部屋を出る直前、お弁当のことを思い出して、
冷蔵庫を開けた。
16:以下、
けれども、お弁当箱はなくなっていた。
おかしいな。
李衣菜は台所を探した。
そしてまさかと思って引き出しを開けてみた。
みくのお弁当用の箸が、なくなっていた。
李衣菜はきゅうと胸が苦しくなって、その場にうずくまった。
レッスンに遅れるのもロックかな…。
李衣菜はしばらく、痛いくらいにあたたかい気持ちを、抱きしめていた。
17:以下、

続き・詳細・画像をみる


【画像】夫「嫁からセックス券もらったwwwww」

【兵庫】「人が火だるまに」 白昼の武庫川河川敷で焼死 尼崎市

風呂の残り湯で米炊かない奴wwwwwww

20前半「10代若いわw動きが違う。わいらも衰えたなぁ〜」

そろそろ、突然引退表明するベテラン選手出るかもしれないよね

Bingを使ってる人は意外に多い…ググらない人たちが増加中!

back 削除依頼&連絡先