勇者「剣士がいなくなった日、僕らは」back

勇者「剣士がいなくなった日、僕らは」


続き・詳細・画像をみる


剣士「俺は、世界一強い!!だから、見せてやるよ、俺の力を!!!うおおおおおお!!」
勇者「お願いします!」
強そうな怪物「ギャオオオオオオ!!」
剣士「おっと…ごめん!急にお腹の調子が悪くなったから俺は降りる!あとは頼む仲間たち!」
勇者「な…なんじゃそりゃ」
僧侶「腰が引けてる…」
魔法使い「だっさ」
最初はただ、調子の良い奴だけだとしか思わなかった。
強そうな敵「ギャオオオス!」
剣士「…す…すまん、戦おうと思ってたのだが今度は更年期障害で…」
勇者「またかい」 
僧侶「そんな更年期障害って急に襲ってくるのかなあ」
強そうな敵「おらああああああ!!」
剣士「あいたたた…もう多分足首粉砕骨折したから戦えないかも……」
勇者「出た…」
魔法使い「この腰抜け野郎…」 
正直、うざいときもあった。でも
魔法使い「…」 
剣士「何、黄昏てんだ」
魔法使い「……うっせー」
剣士「気にすることはない、ああやって感情的になるのは、お前が本当に僧侶を心配しているからだ、あいつもわかってるさ」
魔法使い「う…うっせー!!!…………お、怒ってねーかなあいつ?」
----------------------------------------------------------------------------
2: 以下、
剣士「ああ、ほら、あいつらも心配してるから、帰るぞ、俺も一緒に謝ってやるから」
魔法使い「ありがと……」
お節介で、
剣士「うるせぇ!!確かに俺らは僧侶の過去は知らねぇ!だが、今のこいつはいい奴だ、俺らの仲間だ!こいつが悪いことをしたというなら、俺らは全力で謝るしなんでもする!だがな、魔法使いの産まれだとか目の色だとかそんなことでこいつを今まで押し潰してきたのなら俺らは絶対お前らを許さねえ!!」
僧侶「…剣士さん…」
馬鹿で、熱くて、それでいて
剣士「お前は、お前のままでいいんだよ。無理に変わらなくて。お前だから、俺たちはここまでついてこれたんだ、他の誰が何と言おうとお前は勇者だ」
勇者「…はい」
格好良かった。僕や魔法使いはあまり人付き合いも良くなく尖っていたが、この人がこうして要所要所でフォローしてくれたことがあり、瓦解することもなく、仲間としてここまでやってこれた、みんな不可欠な仲間だ。
そんな仲間が欠ける、居なくなる日がやってくる
3: 以下、
魔王「もう終わりか?」
魔法使い「ぐっ…がはっ……」
勇者「魔法使い!」
側近1「動くな、煩わしい、爪でも剥がしてやろうか、そのあと骨でも折ってやろうか百本くらい」グリグリ
魔法使い「い……」
僧侶「や…やめて!」
側近2「人の心配してる暇あるの?このまま頭を踏み潰してあげよっか?」グリグリ
僧侶「ひ…ぎぃいいいいっ…」
勇者「やめろおおお!!仲間に手を出すな!
!」
魔王「ふふ、断る、ん?なんだその目は」
勇者「魔王!…俺は貴様に滅ぼされた国々の人たちのためにも絶対にお前をここで倒してやる!」
魔王「はて?国など滅ぼしたか、些事など覚えておらんわ」
勇者「貴…貴様…」
魔王「それより勇者よ」
魔王「貴様の仲間がこうなったのは貴様が弱いからだ、人間の癖に、弱者の癖に、自らの力と理を省みず、我に逆らった結果、貴様の仲間達は苦痛の果てに死ぬ。なあ、仲間とは何だ勇者?」
勇者「…」
僧侶「それでも私は…勇者たちと出会えて後悔なんかしたことがない!勇者たちが居たから、私は生きてこられた、楽しさや喜びを教えてもらった!!私は勇者と出会ってから後悔などしていない!」
魔法使い「右に同じ!」
勇者「…みんな…」 
4: 以下、
魔王「…勇者、貴様には直接的な攻撃よりも、貴様の仲間を苦しめた方が効果的なのだろうな、少しは退屈しのぎになるだろう、さぁ貴様らこいつらを殺せ」
勇者「なっ…やめろおおおおお!!」 
魔王「ガハハハ、後悔しろ!!その呪われた血をな!」
勇者(あと少し条件が揃えば代々受け継がれてきた封神宝刀で魔王を斬りつけて倒すことができるのにっ…くそっ…)
側近1「何か最期に言っておくことはあるか?みっともなく命乞いでもすれば許してやらんでもないぞ」
僧侶「……魔法使いから手を放せ」
魔法使い「僧侶から足を放せ」
側近2「馬鹿なやつ」
側近2「僕はこういう勘違いしてるゴミ共をいたぶるのが好きなんだ!友情だ仲間だなんて形のない幻想に酔いしれてる馬鹿共をちょっと痛め付けたら、みんなすぐ俺だけは助けてくれ!とか泣き叫ぶ、何が仲間だ![ピーーー]お前ら!」
勇者(くっ…助けなきゃ…動けっ!このままじゃ、仲間が死ぬっ)
勇者「くそっ、くそおおおお!!動け!動いてくれよ俺の右腕があああ!!」
魔王「無様な………」コツン
魔王「…なんだ、石…?」
剣士「待てよ!!!こいつらには腕1本触れんな!」
勇者「け…剣士!」
側近1「なんだ、お前」
5: 以下、
魔法使い「ば…馬鹿!逃げろ!殺されるぞ!」
側近2「えーまだ仲間がいたんだ、どうしますか?」
魔王「…」
側近2「魔王様?」 
魔王「…人間ごときが、、私の顔に傷を付けた…劣等種がっ…虫と呼ぶにもおごがましいクズが、この魔族最上種である私に傷を付けた!!!これは許されることではない!
お前たち!この不届き物を今すぐ処分しろ!」
側近2「あーあ、怒らせちゃった。お前らマジで終わりだよ」
剣士「俺は逃げない!!」 
勇者「剣士、駄目だよ!君の実力じゃ相手を倒せない」
剣士「大丈夫だ、今は別にお腹も痛くないしヘルニアにも更年期障害にもなっていない!俺はやる時はやる男だ!」
勇者(足が震えてる…)
側近1「無謀過ぎる、存在だけでも穢らわしいというのに、あろうことか貴様ら人間ごときが魔王様に牙を向く、腸が煮えくり返りそうだ…」
剣士「うるせぇ、いいから3人まとめてかかってこい!!」
側近1「馬鹿が、それが望みなら殺してやろう」
僧侶(…剣士さん、自分を犠牲にして私たちを逃がすつもりだ…)
魔法使い(あの野郎…!)
勇者(動け!俺の手、動け!なんで動かないんだよ、くそっ!理由はわかっている…だが…くそっどうすればいいんだ)
6: 以下、
魔王「微力、取るに足らんがなぶり殺し
てやろう」
僧侶「駄目!!やめて!!」
魔法使い「こいつらに手を出すな!お…お願いだから……」
側近1「ここまで、心身を消耗させたというのにまだ言語能力があるのか、驚きだ、まあみておれ貴様の仲間が消し炭になる様を」
剣士「魔法使い」
魔法使い「な…なに…」 
剣士「君は優しく強い魔法使いだ、今までたくさんの種族が君の優しさに救われた、もちろん、僕もだ」
魔法使い「や…やめてよ…なんで今言うんだよ…」
剣士「僧侶」
僧侶「…」
剣士「君がこれまでどれだけ努力してきたか僕は知っている、いや皆知っている。僕らを助けるために文字の勉強からはじめて、今じゃ秀才だ。憎まれ口を叩きながら僕らのために一生懸命魔法の勉強をしたその努力は本当にすごい、脱帽するよ」
僧侶「だから、やめてください…まるで死んじゃうみたいじゃないですか…」
勇者「…剣士…行くなっ…」
剣士「勇者、もう誰も君を怪物なんて呼ばない、君は皆のヒーローで、象徴で、憧れで、希望で、勇者だ」
剣士「頼むぞ、世界を」
勇者「なっ……」
7: 以下、
勇者「ばっ、剣士!!」
側近1「…だから、なぜわざわざ死にに来るのだ、人間よ」
剣士「…人間っつうのはやらなきゃいけねぇことがあんだよ…命を秤にかけてもな」
側近2「そう言いながら手足震えてるんだけど、だっさ。もうさ、殺してあげる。仲間の絆とかいうくっさいつながり?踏みちぎってあげるよ」
魔王「ここで死ぬのも天命だ、弱者として産まれた貴様の人生を恥じろ、では行くぞ…」
剣士「……みんな……俺も、楽しかった。みんなの仲間でいれて良かった。行くぞおおおおらああああああああああ!!」
僧侶「剣士さんっだめっ!」
魔法使い「いやっ、いやあああああああああああ!!」
勇者「何が勇者だ…仲間を守れなくて…何が勇者だ…くそっ…くそおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」
剣士「とうっ」ピコッ 魔王「わかめっ」バターン 側近1「ぎゃあ」ビタン 側近2「やられた」バタン
勇者「えっ」
僧侶「えっ」
魔法使い「えっ」
剣士「よしっ魔王を倒したぞ」 
勇者「…」 
僧侶「…」
魔法使い「…」
剣士「よしっ魔王を倒したぞ」 
勇者「…」
僧侶「…」
魔法使い「…」
剣士「よしっ魔王を倒したぞ」
8: 以下、
僧侶「いやわかってはいるんです。決して別に聞こえていなかったわけではないんです、ちょっと処理できてないだけで」
魔法使い「なんだろうこれは、たまげたなぁ」
剣士「さぁ仲間のみんなで力を合わせて魔王を倒したことだし、胸を張って故郷へ帰ろうよ」
勇者「えっと…」
魔法使い「なんだろう、これはたまげたなぁ」
僧侶「恐れながら申し上げますが、力を合わせるも何も貴様が一人で魔王を倒したんやで。」
剣士「いやいや、みんなの力あっての魔王討伐だよ、俺一人の力じゃない、むしろ勇者あってこその魔王討伐だ!なぁ勇者!」
勇者「ここで俺が『おう!』とか言ったら完全に英雄ただ乗り野郎になって、生涯後悔する気がする」
魔法使い「なんだろうこれはたまげたなぁ」
僧侶「あまりもの衝撃に魔法使いが立命館大学の野球部監督みたいなことしか言わなくなった」 
剣士「まるでそれが立命館大学野球部監督の口癖だって言い方はよくないなあ」
勇者「つかさ、剣士めっちゃ強いよね。次元が違うというか、」
魔法使い「ピコピコハンマーみたいな音したら魔王たち倒れてたし」 
僧侶「魔王たちつい5分前までは人間などゴミ劣等種だとウキウキではしゃいでいたのにね」
9: 以下、
剣士「だから言ったじゃん。今日は身体の調子がいいからって。」
勇者「え?じゃあ今まではガチでお腹が痛かったから、戦いから逃げてきたの?」 
魔法使い「じゃあ、今まで言ってたヘルニアとか更年期障害とかアルツハイマー型認知症とかアルコール依存性とか円形脱毛症とかはマジ病ってこと?」
魔法使い「手足が震えてたのはアルコール依存性だったからか」
僧侶「よしっ試しに帽子を脱いでみてくださいよ、剣士」
剣士「みんなで魔王を倒したっていうのになんなの、この刺々しい空気は。」
勇者「いや、俺倒してないもん。俺が倒れてたら、アデラ○スが勝手に魔王倒して終わった。」
魔法使い「言っておくけど、これゲームで言うとエンディングだからね。今ごろ私らの足元にはスタッフロールが延々と流れているから。」
僧侶「斬新なエンディングだよね。プレイヤーがやっと魔王を倒したぞ、エンディングを見ながら余韻に浸ろうと思って画面を見たら、ただ傷だらけの勇者が棒立ちになって延々とハゲに文句言ってるだけのエンディングが流れてるというね。」
10: 以下、
剣士「余韻もクソもない。つうか勇者よ、ハゲを育毛エステ会社の名称で呼ぶなよ、む
しろハゲと育毛エステ会社は対極の関係だからな」
勇者「いいよ、ハゲ特有のこだわりとかどう
でも」
魔法使い「本性現してきたなこのクレーマー」
僧侶「ていうか、何が不満なんですか勇者は。剣士が魔王を倒しました、チャンチャンでいいじゃないですかアホが。結局貴様は自分じゃなく剣士さんに魔王倒されていいところ取られたのが気に入らないだけでしょゴミクズの癖にプライド高すぎやろ」
勇者「いやその通りなんだけど、なんでそんなグサグサ心にナイフ刺してくるんや。たった三行で勇者→ゴミクズにランクダウン、口が悪すぎやで、みんなもそう思うやろ」
魔法使い「それより、ごく平然にいやその通りなんだけどと言ってのける勇者に驚愕したんだけど、え?本当にそんなクソみたいな自尊心でグダグダ愚痴ってるのこの生きてる生ゴミは」
剣士「別に、譲ってもいいけど。俺も勇者が倒したって報告するつもりだし」
魔法使い「え、冗談だよね?」
僧侶「お人好しを通りすぎてただの馬鹿ですね」
勇者「いや、そりゃもちろん俺もそうするつもりなんだけど、王様に根掘り葉掘り聞かれるとキョドっちゃうから。みんなで口裏合わせなきゃならんだろ」
魔法使い「はぁ?こいつ頭沸いてんのか」
11: 以下、
僧侶「つい5分前までは僕は英雄ただ乗り野郎になるかもしれないとか言ってたのに、本当信念もクソもないんですね」
勇者「違う違う、その時の状況とは全然違うよ。だって今はこうして魔王を倒したと主張する権利を剣士に譲渡されたんだからそしたらもう俺が魔王を倒したことになるじゃん」
魔法使い「どうしよう話しかけられても、僕はもうこのクズと口を聞きたくないんですけど傷付けずにこの事実を伝えるにはどうすればいいですかね」
勇者「大丈夫、聞こえてるよ。だって声がでかいから」
剣士「いいよなんでも、とりあえずもう帰ろうよ、何だよこの謎時間」
僧侶「もう同じ空気を吸うことすら苦痛を覚えます」
勇者「じゃあさ、魔王を倒した技を教えてよ、王様に報告するにはちゃんと話の辻褄を合わせないと矛盾が生じるじゃん。事の前には仲間内である程度話を合わせないと」
魔法使い「知らないよそんな詐欺師のハウトゥー本みたいな知識」
剣士「なんでもいいよ、それこそお前の火鋭斬炎掠弐を使ったとか言えばいいじゃん。その勇者代々に伝わる封剣あんだろ」
勇者「あるけど」
12: 以下、
僧侶「そうですよ、ていうか、最初からそれを使えば魔王も倒せてたんじゃないですか。それか何か使えない理由でもあったの?勇者のポリシーとか美学とか?発動条件とか?」
勇者「んーまあ口で言うより一回披露してみるわ」ノソノソ
魔法使い「え、今ごろ出すの?」 
勇者「とう!」ブリッバビィイイスギャーン!
僧侶「当たり前のように魔王たちの亡骸へ向けて技を放つところは流石です」
魔法使い「相変わらず凄い威力、なんというか今までも最初からモンスター相手にこれ出しとけばあんな苦労しなかったんじゃないのっていつも思う。」
勇者「理解したか?」 
魔法使い「僕が理解できたのはあなたの技の威力とあなたのクソみたいな人間性だけだよ」
剣士「益々わからん。最初からこれを使えば倒せてたぞ。何を出し惜しみしてたんだ」
勇者「…」 
僧侶(あ、悲しそうな顔だ)
僧侶「んー、良いじゃないですか。こうして魔王も倒したんだし、ていうか今まで勇者のこの技で私たちも助けられたんだし。勇者にもどうしてもって事情があったんですしもう詮索はやめましょう」
剣士「…うむ、まあそれはそれでいいんだが」
勇者「そうだな…お前らにだけは言っておくよ」
僧侶「え?」 
13: 以下、
勇者「お前らにだから話しておく、俺がこれを出し惜しみした理由を」
剣士「…勇者…」
魔法使い「もしかして、えっ…使うたびに命を削られるとかっ…」
僧侶「えっ…」
勇者「違う、そんなことなら多分俺は躊躇せず使っていたと思う…」
剣士「なっ…じゃあ一体どうして」
勇者「排泄音みたいじゃん」
僧侶「は?」 
勇者「排泄音みたいでカッコ悪いじゃん」
魔法使い「何言ってだこいつ」
剣士「[ピーーー]ぞクズ」
僧侶「勇者に鬼寛容な剣士でも流石にこれは駄目だった」
勇者「途中とかならともかくクライマックスでこんな排泄音みたいな技で魔王を倒すのは自尊心が許さなかった。だって絶対馬鹿にされるからっ…しかし目の前で仲間が魔物たちから傷付けられるのを見ていると心が揺れた」
僧侶「何カッコいい独白をしている感出してんだコイツ」
魔法使い「そんなクソみたいな自尊心と天秤にかけられてたんだ僕ら」
勇者「ただ、あと少しお前らが傷つけられていたら俺は完全に怒ってたから俺は形振り構わず剣を振るってた。予定外の事故のせいでそれも敵わなかったが」
僧侶「フォローになっていないですよ勇者」
14: 以下、
魔法使い「つか仲間の大活躍を予定外の事故として片付けやがったこの男、嘘だろ」
剣士「仲間の危機を前にその態度は捨て置けんな勇者」
勇者「いやでもお前だって今まで仲間の危機を前に、円形脱毛症だとか過敏症腸炎だとか夏休み症候群だとか言って闘う素振りを見せなかったじゃん」
剣士「いや、正直もう少しお前らが心身を消耗してたら俺だって満を持して登場していたぞ」
勇者「じゃあ仕方ないな」
僧侶「なんなんお前ら、どSなん?少女たちがいたぶられてるのを見るのがそんなに楽しいの?」
魔法使い「あー、ごめん僕男なんだけど」
僧侶「今さらどうでもいいよそんな告白、この流れでそんなこと言われても今さら驚きはしないよ、コイツら大人の腐りきった本性を今日ムザムザと見せ付けられたからなそっちの驚きの方がでかい」
僧侶「いややっぱりちょっと待って、お前普通に私と同じ部屋で着替えとかしてたよな 、え、お前嘘だろ、え?」
15: 以下、
勇者「落ち着けよ、仲間同士の喧嘩は感心しないぜ」
僧侶「ちょっと黙ってろよカス」
勇者「しばらく僧侶から敬語を聞けてないなあ」 
僧侶「私たちはあなたたちより弱いよ、でも一生懸命頑張って、本当はすごく怖い敵とも戦って、何回も死にかけたり痛い目とかにも
あってたのに、助けられる力とかもあったのに私と魔法使いがいたぶられているのを黙ってみてたってことでしょ?そんなの、ひどいよ!」
剣士「僧侶…」
僧侶「あなたたちを信じて戦ってきて、攻撃されて。痛みに耐えながら私や魔法使いは何を思ってたか知ってる?ねえ!」
魔法使い「気持ち良かった」
僧侶「え?」
魔法使い「いたいのすごくきもちいいから感謝の気持ちでいっぱいだった、ありがとうみんな」
勇者「どういたしまして」
僧侶「おやおやこれから私は何を信じていけばいいのだろうか」
勇者「じゃあ話も解決したことだし帰ろうか、とりあえず剣士の技を俺が使ったってことにしていいよな」
剣士「でも俺の技名は、ぺんぺん・ぺん・ぺぺん?ぺぺん・ぺん?で、ピコピコハンマーを1秒で1億回転させてその勢いのまま相手にぶつけるだけなんだが、それでよければお前がこの技を使ったってことにしてもいいよ」
16: 以下、
僧侶「めちゃくちゃ言いよるわ」
勇者「わかった、話はなかったことにしてくれ。俺の技で相手を倒したってことでいいよ」
剣士「わかってくれたみたいで何よりだ」
魔法使い「話も解決したみたいだし」
僧侶「じゃあ帰りましょうか」 
魔王「いやそれだと私が困るんだよ」 
勇者「何が困るんだよ」
魔法使い「早く言えよ」
魔王「いやちょっと待って」
剣士「何だよ」
魔王「私としては魔王生きてたのか!だとか普通に会話に参加するなや!とかそんなリアクションを期待していたんだけど」
勇者「そんなあなたの身勝手な理想を押し付けないでくれますか?」
魔王「すみません」 
僧侶「あなたの仕業だったんですか魔王」
魔王「はい?」
17: 以下、
僧侶「私の大好きな仲間たちが、今ゴミクズサイコパスに成り果てているんですが。あなたが精神錯乱の魔法をかけたんでしょ?そうに決まっています!」
勇者「そうりょは現実から逃げ出した」
魔王「え?いや違うけど。そもそも私は負けた上になぜか戦闘時には一切使用されなかった凄い魔法で粉々にされたのにそんなことできる暇はないよ。元々クズだったのが露呈しただけでしょ」
僧侶「そんなことわかってますよ!」 
剣士「理不尽だなあ」
魔王「ていうかお前ら私の城で棒立ちになって何をだべってるの?」
魔法使い「今まで隠していたことを仲間に告白して相手が驚く表情を見ながらエクスタシーを覚えるゲームをしているんだよ、次は僧侶の番」
僧侶「困ったなあそんな狂ったゲームに参加した覚えはないんだけどなぁ」
剣士「それより粉々にされたのに何故また蘇って来た?また闘いにきたのか」
魔王「いやそのつもりもあったがお前やそこのナルシストサイコパスに勝てそうにもないからやめておく。それより直談判にきたんだ」
魔法使い「直談判?」 
18: 以下、
魔王「あの排泄音みたいな技を使って私を倒したって吹聴するのやめてほしいんだけど」
勇者「ほら、出た」 
剣士「わがままだなぁ」
魔王「いや別にあれで倒されたことにするのは別にいいし、私自身も勇者に倒されたってことにした方が体裁がいい。でも、ちょっと不満があって」
剣士「何」
魔王「私の断末魔、わかめっ!なんだよね」
僧侶「知らんがな」
魔王「排泄音のあとに、わかめっ!ってなんかあれだよね。便所でお腹を下して排泄していたらう○こに消化していないわかめが出てきた図になるよね」
剣士「なるよねって言われてもな」
魔法使い「食事中に何を言っているんだろうか」
僧侶「こんな状況でなぜ食事をするんだろうか」
勇者「ていうかお前、もしかしてそんなことを言うためにわざわざ蘇ってきたのか?」
魔法使い「誰もそんな勘違いしないだろうに」 
魔王「いやでも私って、400年に1回は復活するんだけど、400年も時間がたつと噂も噂、結構ネジ曲がった伝わり方するんだよ」
勇者「ほう」
19: 以下、
魔王「400年後、蘇った時に、う○こをした時に未消化の食品が出てきたことで驚き転倒、打ち所が悪くそのまま非業の死を遂げた魔王様がついに目を覚ま したぞとか言われたら私どうすればいいの?」
勇者「どうすればいいんだろうね」
魔法使い「あの、さっきから思っていたんですけど魔王さんみたいな美人さんの口からう○こって聞くと興奮します、ちょっと一回だけ僕の口の中にう○こして貰っていいですか」
魔王「んー、ごめんちょっと意味わかんないかな。」
剣士「そういえば最初と今とで魔王の口調が全然違うなぁ」 
僧侶「すみません、この変態は片付けておきますので話を続けておいてください」
魔法使い「ぐぎやぁああああああああ」ボキゴキグシャァァ
魔王「え?凄い何かが砕け散る音がしてるんだけど大丈夫なの君らの仲間?」
勇者「え、俺には聞こえなかったけど」
剣士「うわぁ凄く痛くて苦しそう」
僧侶「え?魔法使い、苦しそうですかぁ?///魔法使いの苦しそうな顔をみると、なんかすっごく嬉しいです。えへへ♪」ゾクゾク
勇者「大変だ僧侶の何かが目覚めてしまった」 
魔法使い「こ…ここは天国か…」ゾクゾク
僧侶「魔法使い、おいで。もっと魔法使いと遊びたいの私♪」
魔法使い「は…はい!」
勇者「二人ともどこに行くんだい、いややっぱり話かけるのはやめよう」
魔王「天国ってどっちの意味なんだろう、おっと両方か」
ボキミシッ
勇者「じゃあ話も解決したようだし」
ベキボキッ
剣士「帰りましょうか」
ぎゃああああ死ぬううう
魔王「まてまて何一つ解決していないんだけども」
キャハハハハ♪
剣士「おいおい流れを壊すなよ」
ザクッグチャブシュッ
勇者「早く帰れよ、クソ垂れ魔王。ケツから出てきたわかめ持って病院に行けよ」
ボコボキブスグサ
剣士「部下たちを集めた前で壇上に立って、わかめを掲げながら皆のものこいつこそが私の息子で世継ぎである!って泣きながら演説しとけば?」
ぷしゅ?パチパチ
20: 以下、
魔王「なあそのチームワークをもっと戦いの時にだしとけよ」
戦士「で、なんだよ」
魔王「あの、今回私が結局成し遂げたことって勇者の仲間がどSになる切っ掛けを作っただけじゃん」
ぎゃああああ
勇者「いやいやそれで勇者一行をバラバラにできたんだから君ら的には御の字だろ」
はぁああああああ♪
魔王「いや私が何かをしなくても、君らの友情はバラバラに瓦解していたと思うけどね」
勇者「確かに」
ぶしゅっぐちゃ
剣士「ていうか、隣から聞こえる音がうるさいから移動しようよ」
勇者「そうだね、僕らと関係ない何かが起きているんだろうし」
魔王「仲間って何なのだ勇者」
剣士「それで魔王もさ、もし暇ならもうまたいちいち封印されなくてもいいんじゃないかな」
魔王「え?」
剣士「勇者もさ。王様に魔王と友好を結んできましたと言えばいいじゃん。じゃあ勇者の株も上がるし。闘いも終わる。魔王も戦うきないだろ?」
勇者「あー確かに」
魔王「そんなこと簡単に言うが、今から滞在できるのももって数年くらいだし、魔界の連中も絶対納得しないし、というかまず私が住む場所がない。」
勇者「ワカメ…いや魔王ちゃん。俺の家に来ないか」
魔王「えっ…」
勇者「人間界のおいしい飯とか面白い場所とか連れていくし、思い出とかつくって、人間って素晴らしいって所を教えてやるよお前に」
ラミレス「…ハ、ハラサン…」
魔王「馬鹿かお前、」
勇者「あれれー」 
剣士「クズに人間の素晴らしい所とか教えてもらいたくないよな、つかどこ連れていくつもりだ、競馬場か?パチンコか?」
勇者「おかしいなぁ…だけどもさ普通女魔王とか男勇者って終盤じゃ結ばれることも多いじゃん」
魔王「いやでもお前がしてきたことって、無意味な自尊心で余力残したまま私に倒されて、仲間に倒して貰った私と部下の遺体をバラバラに切り刻んだあげく、蘇ってきた私に向かってウ○コに混ざった未消化のワカメを跡継ぎにしろと言い放つ。恋心生まれる?」
剣士「生まれないわなあ」
勇者「じゃあいいや、やるだけでいいからやらせて」
剣士「なあ魔王、本当に勇者にメダパニとか掛けてないの?」
21: 以下、
魔王「誓ってかけていないよ、こいつは平常心で狂ってる」
戦士「魔王はとにかくこの勇者を王様の前に連れて行けないなあ、なんか俺の品性まで疑われる」
勇者「いっておくがお前も大概だからな。ていうか別に俺だって国民だ、弁えているさ、ATMに対して失礼なことなんてしねえ」 
剣士「ATM と書いて王様と呼んでる時点で信用できないなあ」
勇者「そりゃ、俺だってはした金と装備で国の為に魔物とかを倒してきたんだ。失礼なことを進んではしないが、報酬は欲しい。だが暴力では訴えない、誠心誠意剣を素振りしながら報酬額を交渉するよ」
魔王「暴力を背景にしているな」 
勇者「だが剣士よお前だってそうだろ」
勇者「もし王様にハゲを弄られたら普通スリッパで王様の頭をひっぱたくくらいするだろ」
魔王「異端者って何故自分を常識人だという前提で話をするのかな」
剣士「そんなのしないよ、精々あの時みたいに国を焼き払うくらいで」 
勇者「うんうん、そうだよね。えっなんだって」
魔王「勇者、あの時みたいに国を焼き払うってどういう意味?私魔界の産まれだから人間界の常識にうとくてによくわからないんだけど」
勇者「俺は人間界の生まれだけどわからん言葉の意味はわかるけど理解はできていない」
剣士「大丈夫、死者は出していないから」
勇者「ああいやうん…ああまあ安心はしたんだけど…ええっと」
魔王「珍しく勇者が困窮している」
勇者「じゃあ複数の国を滅ぼしたのは魔王じゃなくて、剣士…なのか?」
剣士「そういうことになるな」 
勇者「え、じゃあお前何しにきたん」 
魔王「うるさいなー」 
勇者「わざわざ蘇ってきて少女いや少年をいたぶっただけって…まあそれはそれでひどいけどな」
魔王「だって人間とか魔物ってお互い殺しあっても教会ですぐ生き返られるやん」
剣士「凄い、教会の存在が逆に人の倫理観を狂わせていたんだね」
勇者「あーちょっと整理しようぜ」
魔王「整理?」
勇者「この調子でグダグダ書き続けても、読む人もえ?まさかこんなノリが延々と続くの?とか思うんだよ。だからこの辺で区切りをつけたい」
剣士「ほう」 
勇者「俺は、魔王とヤりたい。魔王は暇を潰しつつ魔界からのブーイングを避けたい、剣士は勇者を連れて王様と会いたくないし、ハゲを馬鹿にする奴は滅ぼしたい」 
剣士「まあそうだな」
勇者「じゃあ剣士が魔王になって世界を征服すればいい。魔王より強い剣士が魔王になれば、魔界もほとんど文句 は言わないだろうし、王様に会う必要もない」
勇者「魔王は、剣士を倒す旅にでも出れば暇潰しになるし魔界でのしがらみからも解放される、俺はまぁなんとかして魔王を口説く。はい、完璧、どうよ」
魔王「あー、まぁ私は別に悪くないかな。お前が私と行動を共にするという前提で話を進めている理由がわからないけど」
剣士「俺が魔王って…別にいいんだけどちょっと困るなぁ、一体どうすればいいんだろう」
勇者「国を滅ぼせばいいと思うよ、お前の日課だろ」
剣士「まあそれならみんな傷付かないわな」
魔王「うん、じゃあとりあえず、王様に報告しに行こうか。」
勇者「そうだね」 
王宮
勇者「??というわけなんです」 
王様「あー、ちょっと君が何を言ってるか理解できないかな」
勇者「大丈夫、魔王になったのは剣士です。あいつは優しいから人を苦しめるようなことはしませんよ」 
王様「勇者、ハゲって言われただけで国を滅ぼすような奴を優しいとは言わないよ」
魔王「王様、新魔王を倒す旅へ出て参ります」
22: 以下、
王様「魔王は本当にそれでいいのか?」
魔王「だって私、もう帰る場所がないんだもん。もう新しい魔王が色々な所を侵略しまくって帝国史上最大勢力図を築いて、侵略先の市民の頭髪を片っ端から剃りあげてるらしいからさ」
僧侶「とんでもない人が魔王になったもんだなぁ」
勇者「剣士は敵地に行ったとたん大活躍しすぎやろ、新井貴浩かよ」
王様「というか、魔王こんなJKみたいな喋りかたしてた?」
魔法使い「してたしてた。最初から自撮り棒とか使いながら一人称とかうちだったし」メキメキッ
王様「そうですかじゃあ行ってらっしゃいませ」
勇者「ちょっと待って下さい、」
王様「何、今からア○ランスに電話するから忙しいんだが」
魔法使い「アデ○ンスは魔王に滅ぼされましたよ」ミシミシ 
勇者「それより、魔法使いや賢者に何かお話があるんじゃないですか王様」
王様「ふぁっ止めてくださいよ。僕、触れないように一生懸命頑張ってたのになんで巻き込もうとするんや、なあ」
勇者「この国で一番偉い人に何とかしてもらおうと思って」
王様「悪いけど王様とはこの国の司法行政立法を統括する立場であって、精神異常者の介護は職務に含まれていないんだよ」
僧侶「精神異常者って誰のことですか?」キョトン
王様「聖教衣の少女が恍惚とした表情を浮かべながら、四つん這いになり恍惚とした表情を浮かべた上半身裸少女の上に腰掛けながら右手では鎖で下の少女の首を締め上げて左手で下の少女の尻をロウソクの火で炙ってる状況を僕はむざむざと見せ付けられているわけだが、さあ答えはわかるか?」
僧侶「うーん、難しいですね。教科書の英訳文の例題で出せませんか」
王様「うーん、出せませんね。」
魔王「でも、目の保養になりませんか?」
王様「いやぁ…暴力かなあ」
魔法使い「ちなみに僕は男です」 
僧侶「ちなみに私は女ですが戸籍上は男です。」
魔王「おっと唐突な新情報が追加されたぞ」
勇者「これで、王様の性癖上の問題はクリアできましたね」
王様「いや問題だらけだよ、こいつらが男であろうと女であろうといくら顔が整ってようと、俺の目の保養になり得ない理由はもっと別のベクトルに存在しているから。
というか勇者よ、ナチュラルに俺がホモであるみたいな印象操作をするのはやめようや。」
23: 以下、
勇者「印象操作はやめようということだ、勉強しなさい」
魔法使い「ふむふむさすが先生、勉強になるなぁ」 
王様「やめろよ、俺が授業しているみたいじゃねえか。ここは国家を管理する王宮の執務室であってキチ○イの養成所じゃねえんだよ」
魔王「すごいなあ、国民をためらいもなく○チガイ呼ばわり」
僧侶「でも、私達は王様直属の旅団なので王様の名前とは切っても切れない関係だと思いますけど」
王様「ぱ?」
勇者「王様!一生ついていきます!!」
魔法使い「じゃあ今度から僧侶様にムチで叩かれている時王様の名前を叫んでいいってこと!?」
僧侶「いいと思うよ王様直属だから」
勇者「じゃあ今度から野クソした時は王様の名前をその辺で書き残していいの?」 
僧侶「いいと思います王様直属だから。とりあえず私は今から魔法使いを殴ります、王様直属だから」
魔王「どういうことだろう」
王様「…じゃあもう俺やめるは王様」
勇者「え」 
王様「なんか面倒臭くなってきた。一応俺も敬意を持って接してくれるのが魔王だけって」
魔王「悲しい人だ」
勇者「剣士も王様には敬意を払っていますよ」 
王様「だから、あいつも魔王じゃねえか!もうそん なに魔王にばっか気を使われるのならもうこの国剣士にあげる!!ばーかばーか!」
魔法使い「えー、新井貴浩さんが次の王様?強いのは強いけどちょっとなあ」
魔王「剣士、いつの間にあだ名が新井貴浩さんになったのだろう」
勇者「政治でも絶対満塁で二遊間にゴロ打ってスライディングしてアウトになりそう」
魔王「あれ、政治って二遊間にゴロを打つ機会なんかあったかなあ」
王様「お前らは知らんだろうが、剣士は短い期間でみるみるうちに成長してんだよ、ただでさえ強いのにもう別人みたいに強くなってんだよ!マジで!馬鹿にできんぞ!」
魔法使い「はいはい、新井さんは最高の打者だから」
僧侶「阪神の辛いと広島の四番新井貴浩さんは別人だからな」
勇者「悔しければ新井貴浩さんを超える逸材を連れてこいよばーか!」
魔王「え、流れの意味がわからないんだけど新魔王の剣士を連れてくるだけだよね。ていうか剣士はいつから新井貴浩って呼ばれるようになったの」
僧侶「ワカメは黙って漂ってろ!」
魔王「はい!」
王様「吠えずらかくなよお前ら!絶対新井貴浩を超えるものすごい人を連れてくるからな!」
勇者「無駄にハードルあげるんじゃねえよ!もうこんなクソssじゃ普通にオチ付けるのは無理なんだよ!」
魔法使い「そうだ!諦めろ!もうオチを付けるのは諦めろ!素直になんで1くんが!ってやってろ!」
魔王「さぁてどんなオチになるのかなあ」
24: 以下、
立浪和義さん「お前ら久しぶりやな。俺がこの国の新しい国王や、よろしく頼むでw」
勇者「素晴らしいオチ」 
王様「素晴らしいオチ」
魔王「ざt…素晴らしいオチ」
魔法使い「酷かった」パァン 
僧侶「素晴らしいオチ」
ワカメ「素晴らしいオチ」
煮卵「素晴らしい倉本」
伝説の封剣「素晴らしいオチ」
側近1「雲の上の存在」
側近2「素晴らしいオチ」
強そうな敵「おんJでもなくVIPでもなく、ss報VIPで良かった」
強そうな怪物「素晴らしいオチ」

元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503226275/
野球観戦娘! (MFC)
KADOKAWA 白井サモエド 2017-02-23
Amazonで詳しく見る
関連記事
- 薬草屋「僕は薬草の可能性を信じる!」
- 女騎士「くっ…殺せ!」俺「お仕置きだ!犯してやる!」ガバッ
- 勇者「ほう、貴様が魔王か…よくぞ我が元へと辿り着いた。」
- ゆうしゃ「くらえー!まおー!!」魔王「くはははは!!」
- 勇者「いやぁ?、魔王退治の旅も便利になったもんだなぁ」
- 勇者「腕を1000本にしてください」女神「」
- 魔王「魔王が実は優しい設定とか」
- 魔法使い「勇者愛してる」魔王「魔法使い愛してる」
- 魔王「勇者が弱すぎるからちょっと安価で協力してくれ」
- 魔王「魔王を倒そう」
- 勇者「お、お前何者だ!」悟空「オラか? オラ孫悟空だ」
- 僧侶「私達には使命があります」勇者「嫌です」
- 魔王「四天王がいつも会議でいがみ合ってて困る」
- 魔王「『フォローありがとうございます!』……っと」
- 魔王「姫をさらって世界征服を始める」側近「では理由を考えましょう」
Amazonの新着おすすめ
PLAY ARTS改 FINAL FANTASY XV シドニー・オールム 塗装済み可動フィギュア
期間限定!「電子特典版」付き 弱キャラ友崎くん Lv.3 (ガガガ文庫)
PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#03【電子特別版】
GRANBLUE FANTASY The Animation 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
【早期購入特典あり】戦姫絶唱シンフォギア Blu-ray BOX【初回限定版】(B2告知ポスター付)
アイドルマスター シンデレラガールズ 橘ありす はじめての表情 1/7スケール PVC製 フィギュア
おすすめサイトの最新記事
魔王・勇者SS コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
-
- マシュ「恋仲の貴方ともう少し先へ」
| トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
ピックアップ
Fate/Zero Blu-ray Disc BoxStandard Edition
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS U149(1) SPECIAL EDITION
最新記事
- 勇者「剣士がいなくなった日、僕らは」
- マシュ「恋仲の貴方ともう少し先へ」
- 卯月「部屋の中でモバPさんが・・・」
- 【NEWGAME】青葉「キス12?、恋人15?か」
- 娘「伝説のソーセージ?」
- 【モバマス】白菊ほたる「私は、黒猫が苦手です」
- 女勇者「身体拭いてもらえるかな?」
- 天海春香「私、やっとわかったの。叶えたい願い事見つけたの」
- 【デレマス時代劇】一ノ瀬志希「しあわせの白い粉」
- 【ゆるゆり】向日葵「これは、密室殺人ですわ!」
- 夕張「みんなで語ろう、由良の魅力」
- 【モバマス】橘ありす「待てますか」
- 【ミリマス】静香・志保・紬「めんどくさいガールズ!?」
- 【モバミリ】佐久間式P独占法【SS】
- 【ミリマス】期限付き、田中琴葉【SS】
週間人気記事ランキング
【全ランキングを表示】
最新
禁書目録SS
Fate SS
アイドルマスターSS
艦これSS
ガールズ&パンツァーSS
ダンガンロンパSS
ラブライブ!SS
遊戯王SS
ポケモンSS
俺ガイルSS
エヴァンゲリオンSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
マンガで分かる! Fate/Grand Order(1)
Newニンテンドー2DS LL はぐれメタルエディション+Amazon.co.jp特典付
すんどめ!!ミルキーウェイ 1
落第騎士の英雄譚 Blu-ray BOX
劇場版 天元突破グレンラガン Blu-ray BOX(完全生産限定版)
GRANBLUE FANTASY The Animation 4(完全生産限定版) [Blu-ray]
Fate/EXTELLA ネロ・クラウディウス 着物Ver. 1/6スケール フィギュア
りゅうおうのおしごと!6 (GA文庫)
はじめてのギャル Blu-ray限定版 第1巻
1/7スケールフィギュア塗装済み完成品 Re:ゼロから始める異世界生活 レム
あまナマ (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
新刊ピックアップ
ホビー
ゲーム
アニメ
ブログあれこれ
・まとめ依頼はこちら!
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
最新
逆アクセスランキング
最新コメント

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
名も無き魔人:男「君のインド象を食べたい」
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


お盆休みとって今実家にいるんだけどまだ子供いないから姪っ子の扱い方がわからない…

狐神「お主はお人好しじゃのう」【その3】

なぜ“歩きスマホ”は人をイライラさせるのか

日本人のほとんど全員が「自分の名前の逆読み」をスラスラ言える

歩行者俺「引きたかったら轢けば?」 お前ら車「グヌヌヌ...」徐行...

【恥ずかしくないの?】日本から美味しいイチゴを盗んで「韓国産」として売る・・恥じない韓国へ

back 削除依頼&連絡先