【モバマス】早坂美玲「缶バッチ」back

【モバマス】早坂美玲「缶バッチ」


続き・詳細・画像をみる

1:
アイドルマスターシンデレラガールズの二次創作SSです。
ほんの数レス分の短いものになります。
登場キャラクター:早坂美玲、村上巴、藤居朋
2:
早坂美玲「なぁ、朋がラッキーアイテムが缶バッジって言ってウチの狙ってくるんだけど」
ウチは言いたくない相手にこう言い放った。
でも、コイツに言うしかなかった。
村上巴「あ?」
村上巴。
先述した朋こと藤居朋がリーダーをしているユニット『ともキュービック』。
この巴はそのメンバー。
もう一人いるんだけど、今はいない。
どころかこの部屋にはウチとコイツしかいない。
だから相談するにはコイツしかいなかった。
美玲「だーかーらー!オマエんところのリーダーがウチのバッチ狙ってくるんだって!」
巴「ウチにはカンケーなか、犬が追い払えばよか」
美玲「だー!もう犬犬言うな!!!今日のはデビキャだしッ!チビババァには分からないもんなッ!」
巴「わかるかそんなもんっ!ってぁチビババァとはなんじゃ!!!広島弁じゃしばくぞ!!!」
3:
 ─ ─ ─ ─ ─
ウチ、早坂美玲と村上巴は仲が悪い。
いわゆる犬猿の仲だ。
元々仲が悪い、・・・はず。
波長がまったく同じというか、色々同じなのだ。
一人称も、ちょっと素直になれないところも、目指すところも。
とある共通の友達に頭が上がらないところも、先輩に可愛がられて拒否できないところも。
違うところは、わずかな年齢の差と、住んでいたところぐらい。あとは趣味嗜好かな。
それくらい、同じ。
自分の嫌なところだって、アイツを通して見えちゃう。
・・・つまり、同族嫌悪。
でも、完全に嫌いじゃない。
信頼はしている。
だからこそ、今回みたいに話題を振っては何故か喧嘩腰になってしまう。
 ─ ─ ─ ─ ─
4:
美玲「ぐむむむっ」
巴「ぐぎぎぎっ」
二人「ふんっ!!!」
互いにそっぽを向いてしまう。
心のどこかでは、助けて欲しいはずなのに、ついつい対抗心が湧いてしまう。
まるで磁石の同じ極を向けたように。
でも、でも、でも。
ホントにタマに。
何かが“噛み合う”、そんなときがある。
5:
巴「・・・自分で作ればええじゃろ」
美玲「は?」
ウチは驚愕した。瞼をこれでもかと見開いた。コイツが提案?
巴「智香姐さんが持ってきてたんじゃ、自分で作れるやつ」
そう言って、巴は部屋の戸棚を漁った。
皆が持ってきたグッズがまとめられている中から、いかにも小中学生が喜びそうなオモチャの箱が出てきた。
巴「ん」
美玲「あ・・・」
巴はわざわざ探して手渡してきた。埃まみれの髪を払いながら。
いや、コイツはこういうヤツだ。
分かる、自分で分かる。
誰かが困ってたら絶対見捨てないし、手が届く範囲なら勝手に体が動く。
勝手に体が動いて、自分が例えゴミだらけになったとしても、平気な顔をする。
だって、ウチだってそうするもんッ!
6:
巴「ふんっ」
後ろを向いたコイツに自然に言葉が出る。
譲歩を見せた相手に自分も何か見せなきゃという気分になる。
美玲「・・・一緒に作らないかッ!」
巴「あ?」
美玲「そのまんまの意味だよッ!だって、ウチはオマエんところのリーダーの趣味なんてあんまり分からないし」
巴「・・・わーった。さっさとだせい」
美玲「え?」
巴「さっさと出さんか、朋姐さんは○時に帰ってくるゆーっとったからな。サプライズというヤツじゃ」
あの巴がノった。
心の中でマジか、とさっきとは違う意味で驚愕した。
7:
 ─ ─ ─ ─ ─
それから、ウチらは淡々と作業を行った。
美玲「・・・なぁ“巴”、朋の好きなものって占いって言うけど・・・」
巴「占い・・・星座占いは毎日チェックしていたはずじゃ」
美玲「じゃあ、誕生日の・・・」
巴「蟹」
美玲「それッ!」
蟹座のマークを見て、少し顔を熱くしたのは内緒。
8:
巴「“美玲”、そちらから見て朋姐さんはどう見えるん?」
美玲「甘えん坊」
巴「知ってたわ。じゃが、身をわきまえている」
美玲「どういう事?」
巴「自分一人の限界を知ってる、という事じゃ」
美玲「・・・限界」
巴「じゃが、誰かと一緒なら限界を突破できる事も知っている」
巴「言ぅてしまやぁあの人は月。誰かによってさらに綺麗になる人」
美玲「月」
巴「ああ、智香姐さんは太陽で、ウチは華、そして朋姐さんは月。三人で・・・『ともキュービック』じゃ」
美玲「ふぅん、だからそのマークのバッチ作ってたのか」
巴「ふふっ、シンボルマークというやつじゃ」
ちょっとだけ羨ましいと思った。
9:
そうして時間は過ぎていった・・・。
藤居朋「たっだいまー!!!つっかれたー!!!!」
巴「おかえり」
美玲「・・・おかえり」
その問題の人が帰ってきた。
朋「巴ちゃんパワー充電させて?むぎゅ?」
巴「やめんか、こっちにせんかい」
美玲「やだ、そのままで」
朋「ひ、ひどいっ!・・・って、待ってこれって」
気づいたようだ。
年下のような年上はテーブルの上に並べられたバッチを手に取る。
ウチら2人で10個ほど、似合いそうなデザインを施したものだ。
美玲「ずっとラッキーアイテムだって欲しがってたから作ったんだッ!」
巴「普段のお礼じゃ」
朋「え、えっ・・・ちょっと待ってよ、あたし泣きそうなんだけど」
10:
朋はひとつひとつじっくり見て、大事そうに抱きしめた。
サプライズは成功したようだ。
朋「ありがとね、2人とも」
美玲「えへへ」
巴「ふふっ」
朋「でもびっくりしたわ!巴ちゃんと美玲ちゃんが仲良く作業しているなんて」
2人「仲良く・・・?」
朋の発言で互いの顔を見合わせた。
2人「はっ!!」
そして2人いっぺんに明後日の方向を向く。
美玲「んなわけないしッ!!!チビババァとは競争してただけだしッ!!!」
巴「ウチが犬と仲良くするわけがなか、朋姐さんに喜んでもらうためで」
なんで仲良くしていたんだ?と頭の中で渦巻く。
言うなればたまたま噛み合ってただけ、そのはずだッ!
11:
朋「ふふっ、2人が仲が悪いのは分かったわ♪」
朋は嬉しそうにこちら2人の頭を撫でてくる。
嬉しいけど嬉しくない!!!!
朋「こんな仲の悪い子たちに慕われるなんて幸せねー♪」
美玲「だーッ!ニヤニヤするなぁ!!!」
巴「全然わかっとらんわっ!!!!」
ウチも横のチビババァも、ボサボサの頭で口を尖らせてあらぬ方向を見続けた。
12:
今日起きたこの事は、特別なことじゃない。
ウチと巴が喧嘩をすれば、ふと仲良くしている時間がある。
そして、また喧嘩している。
時々たまに、日をいくつか跨げばまた起こる。
・・・そんなこんなで、事務所のみんなが口を揃えてこう言うんだ。
2人は仲が悪いのが、仲が良い証拠だって。
終わり
1

続き・詳細・画像をみる


警視庁、ネットに詳しい理科大生にサイバーパトロールを委嘱 ボランティアで違法書き込みなど監視し通報

29歳職歴なしのワイ、詰む

【淫夢】野獣先輩「うちさぁ…」監督「はいカーット!!!」カンカン!!

初めて猫飼ったんだが痛くて辛い

『HUNTER×HUNTER』「謎の奇術師」ヒソカさんのセンス超凄えェェ!! ヒソカさんの私服のセンスが壊滅的!!

『ドラゴンボール超』超サイヤ人の種類が超増えてるゥゥ!! 超サイヤ人1・2・3 超サイヤ人ゴッド 超サイヤ人ブルー 超サイヤ人ロゼ

back 削除依頼&連絡先