なろう小説読んでると作者の闇が見えてきてつらいんだがback

なろう小説読んでると作者の闇が見えてきてつらいんだが


続き・詳細・画像をみる

1:
クラス転移ものとかすごく悲しくなる
引用元http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1489138811
2:
マサツグ様ぁ?
4:
いじめ描写だけは商業作家より上手くてワロタ
7:
>>4
クソワロタ
92:
>>4
ワロタ
94:
>>4
これほんと闇
5:
いじめっ子達をボコボコにしてクラスの美少女とイチャイチャ
…可哀想(´・ω・`)
6:
主人公の名前がリアルだとなんか察してしまう
8:
主人公のいじめっ子に対する感情だけはなんかリアルだったりするから(´;ω;`)
9:
10:
そしてヒロイン達がすごく薄っぺらい
童貞なんだろうなぁ…
11:
あの子たちすぐにエタるから
14:
クラスのイケメンとか不良とかに頼られる俺くん…
18:
>>14
それだけなら可愛いもんだけど、クラスのイケメンを散々無様な目にあわせて他人からの評価下げまくって敵に利用されて死ぬとかザラにあってこわい
15:
ちょっとしたことですぐに絶賛される主人公
今まで褒めてもらいたいとたくさん思っていたんだろうな…
16:
>>15
やめたげてよぉ!!
20:
>>15
お兄様…
17:
わしかわいいだけまだ読んでる
19:
なろう小説家ぼく
高校一年の女の子が20歳のバンドマンに全身拘束されて
真夏に部屋に放置されて脱水症寸前で口移しで水を飲ませてもらう場面が書きたくて
いまプロットに着手
22:
>>19
応援してる
23:
>>19
がんばれよ
21:
問題を放置して度々入る飯回くそつまらん
24:
一話で矛盾を起こしていくスタイルは流石にやめて欲しい
25:
独占欲モンスターが多い
これは作者読者共に
26:
なろうをほとんど知らないから例えばどんな内容でどんな闇が見えたのか教えて
29:
>>26
クラス転移でいじめっ子ボコボコ美少女とイチャイチャ
30:
蜘蛛ですがとかもそんな展開で激萎え
33:
>>26マサツグ様の有名シーン
「ふーん、まあ悪くないかな」
俺はそう言ってミヤモトから取り上げた聖剣を、ヒュンヒュンという風きり音を立てて、やすやすと振るう。
「へあ・・・?」
「お、なんか魔力を込めると黄金色と青色が混じり始めたぞ? ちょっとブゥゥゥンっていう振動音みたいなのもするんだな」
「な、な、な、・・・」
「これで遠くへ飛ばすイメージで振ってみれば・・・。よっと!」
俺が魔力を帯びた剣を遠くに見える山に向かってひと振りすると、その山の山頂が吹き飛んで消滅した。なるほど大した威力だ。
「ん? どうしたんだ、ミヤモト?」
「なんで持てるんだよおおおおおおおおおおおおおお!?!?!?!?」
そうミヤモトは絶叫したのである。
何やら絶望した顔をしており、そのうえ涙を流し、鼻水まで垂らすというひどい有様だ。
一体どうしたってんだ?
「そ、それは俺だけしか使えない剣のはずだぞ!! し、しかも俺ですらまだ満足に扱えてなかったから修行してるところだったのに、何を楽々振り回してやがる!
し、しかも魔力伝導まであっさりと成功させるなんて、てめええええええええええ、どういうことだあああああああああああああああ、どんなズルをしたああああああああああああ」
「そう言われてもなあ。逆になんで使えないんだ? 簡単だぞ?」
そう言って俺はもう一度剣を軽々と振ってみる。
「んぎいいいいいいいいいいいいいいいいい」とミヤモトがまたしても金切り声を上げた。
一方で、俺のその剣技を見ていた少女たちから感嘆の声が上がる。
「ご主人様、すごい・・・。太刀筋が全然見えません」
「聖剣をいきなり使いこなすなんて・・・。もしかしてマサツグ様は勇者様でもあったんですか!」
「勇者どころじゃないよー、神様にだってなれるんだからー」
「ち、ちくしょう! 返せ! 返せよ! 俺の聖剣を返せ!!」
そう言ってミヤモトが泣きじゃくりながら俺に迫ってくる。
「いや、もちろん返すさ。ふう、まるで俺が弱い者イジメをしたみたいに思わるじゃないか。
そうだ、ちゃんと説明しておこうじゃない。皆さん! 俺はいじめをしてるわけじゃありませんよ!!」
俺はそう言って周りにイジメではないと大声で説明をする。
「や、やめろよ! 俺はイジメなんて受けてる訳じゃねえ!い、いいから返せよ!」
「だからそう言ってるんだ。いじめなんて最低の行為を俺はしてる訳じゃないから。周りの人たちにも言っておかないと。
皆さん! 断じて俺はミヤモト君をイジメて泣かせた訳ではありませんからね!」
「うわあ! やめろよおお!!」と俺を制止しようとしてくるミヤモト。
だが、俺は諦めずに「イジメではない」と念入りに宣伝する。
ふう、これくらいやっておけば勘違いはされないだろう。
「うう、ぐす、ぐす・・・許さねえ・・・許さねえぞ・・・マサツグ・・・。俺に公衆の面前で恥をかかせやがってええええ」
「別にお前の許しなんかいらん。だいたい何でお前みたいなゴミに許される必要があるんだ?
わけのわからないことを言ってないで、この剣を持ってさっさと城に帰れ」
異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件 - 12.聖剣の担い手 後編より
37:
ありがとおおおおおおおおおおおおおお!
40:
マサツグ様ってのはさすおにみたいにネタ扱いされんのか?
41:
>>40
マサツグ様の存在自体がネタと化してる
42:
マサツグ様2レスだけで胸焼けがしてきた
45:
マサツグさまはほんとリアルが心配になる
46:
マサツグ様はやはり強大すぎて他を圧倒するな
47:
マサツグ様は途中までガチでおかしい事に気づいてなかったっぽいからなあ…
51:
マサツグ様でこれだけ周りにインパクト与えているならキャラ作り大成功じゃねえか
53:
クラス転移って何?
56:
>>53
クラスメイト全員で異世界に転移
64:
>>55-56
なるほどね
エデンの檻とかバトルロワイヤルの異世界版みたいなもんか
74:
>>56
漂流教室かよ
57:
言うてマサツグ様も何だかんだで人気なんでしょ?
58:
転移もの多すぎというのを聞いて初期の宗教もそういうとこから始まったんかなと思うに至る
59:
「なっ、なっ、なっ、なんだとおー!!」
絶世の美少女から次々と投げかけられる罵詈雑言に、とうとうミヤモトが聞いたこともないような裏返った声で絶叫した。
当然周囲から白い目で見られて注目されてしまうが、ミヤモトは完全に激高していて気づかないようだ。
まったくもって馬鹿丸出しである。
「おいゴミ虫ミヤモト。こんな往来の真ん中で大声出して恥ずかしくないのか。っていうか俺が恥ずかしいんだ。いい加減どこかに行ってくれないか? お前みたいなのと知り合いってこと自体が恥なんだよ。頼むよ」
俺はそう心から懇願するが、ミヤモトはなぜかますます怒りだした。
「て、てめええええええええ、マサツグ、俺にそんな口きいてただで済むと思ってんのかあああ!!!」
その猿のような叫び声を聞いて俺は思わず頭を抱える。
「おいおい、もともと低かった知能がこっちに来て更に退化したんじゃないか? さっきからまともな言葉を話せてないじゃないか? 猿野郎が、いい加減にどっか行ってくれ。一緒にいるのがマジで恥ずかしいんだよ。ああいや、それじゃ猿に対して失礼か。やっぱ蛆野郎かな?」
おれはそう言ってから、「ウジモト君どっかいってね」と、本当に蛆虫に対してやるようにシッシと追い払う仕草をする。
60:
なんだこれ胸が痛くなってくるな
63:
ミヤモト君に手も足も出なかったんだろうな…
65:
マサツグ様けっこうボリュームあるな
読もうと思ったけどめんどいわ
69:
マサツグ様なんて氷山の一角だろうな
70:
初めて見たけどなにこれすごいこわい
72:
>>70
掘り出せば作者の闇が見える作品ゴロゴロとあるぞ
78:
まぁマサツグ様スレになってしまったが
こんな可哀想な人を見つけるのも楽しみの一つよ
80:
内容のコピペはともかくこれを指摘されたりこことかでこんな反応されてる事を知って作者や読者がどう反応してるかを見たいぞ
84:
>>80
感想欄で指摘されまくると作者と読者のレスバトルになるか作者が感想欄を閉じる
85:
さすおにはなろうだっけ
86:
>>85
うん
87:
昔俺ガイルで読んだわなびネタの中でも信じ難かったが
憎い奴を小説内でいじるってのはリアルにあったんだな…
89:
なろうとかいう現代若者の闇
100:
主人公「ひええクラスで異世界転移しちまったぁ! 貧弱スキルの俺はイジメられて殺されちまうんだぁ!もうだめだあ!」
イケメン「落ち着け主人公。ここはみんなで力を合わせて乗り越えよう。俺は戦闘が得意だからみんなや主人公を必ず守る。だから主人公も力を貸してくれ」
主人公「なんだあこの飯の量は! あっちのほうが豆五粒は多いじゃねか! 不公平だ、俺だけに飢えろってのかよ!」
イケメン「まってくれ主人公。食料はできるだけ長くもつよう計算して公平に分配しているつもりなんだ。
俺は今は食欲がないから、足りないなら俺の分けてわる。だから怒るな」
主人公「畜生! 俺ばかりに重労働させやがって! こんな暑い中小屋なんか作ってられるか! 俺を奴隷だと思ってんだろ! こんな体調じゃ働けない、俺は休ませてもらう!」
イケメン「まってくれ主人公。肉体労働は男は多め、女は少なめにしてその分細かいことをやってもらっているんだ。調子が悪いなら仕方ないから休んでてくれ。お前の遅れは俺がやっておくから」
主人公「へへ、いいじゃねぇかよぉ…なんだぁ! この女、お高く止まりやがって! 俺なんかには触らせねぇってのか! ふざけんじゃねぇぞ!」
イケメン「やめろ主人公! やめるんだ、この子は泣いてるじゃないか! やめろお!」
イケメン「主人公を…モンスターのいるダンジョンに突き落とすかクラスみんなで挙手を取るだって…?
や、やめろ!」
イケメン「反対は俺だけ…賛成は主人公と俺を除く他のクラス全員…」
イケメン「わかったよ…突き落とすのは俺がやる…」
イケメン「みんなは手を汚さなくていい…主人公を直せなかった俺の責任だ…」
10

続き・詳細・画像をみる


【1/4】姑が夫作の料理を私が作った物だと勘違いしてけなしてきた→姑「あんたは必要ない」私「私も家事すら出来ない無職野郎(夫)は必要ない」姑「出てけ!」私「この家、私名義です」

【画像】18歳からISISに ”セ○クス奴隷” にされていた美女をご覧ください

スーパーロボット大戦とかいう新規お断りゲーム

【悲報】WBC、欠陥ルールだったwwwwwwwwww

【ハンターハンター】クラピカが生存100%安泰とは言い切れないwwww

ドラえもん「え!!3月11日に大震災が!?」

back 削除依頼&連絡先