新田美波「体が火照る」back

新田美波「体が火照る」


続き・詳細・画像をみる


(エロ要素は)ないです
2: 以下、
うそだろ・・・
----------------------------------------------------------------------------
3: 以下、
レッスン場―
ライブが近づいて、私もトレーナーさんもレッスンに力が入る
ボーカル、ビジュアル、ダンス…どの分野も求められるレベルがどんどん高くなって行って、レッスンもどんどんキツくなっちゃって
美波「ふぅー…」
レッスンが終わった後は、満足に体を動かせないくらい
でも…
P「レッスンお疲れ様、新田さん。」
美波「あ、プロデューサーさん!お疲れ様です!」
プロデューサーさんだってライブ前で忙しいはずなのに、こうして何回も様子を見に来てくれてるんだし、私ももっと頑張らないとね。
4: 以下、
P「トレーナーさんから今日はいつもより頑張ってるって聞いたけど…なんか、思ってた以上だったね」
美波「そうですか…?」
P「うん、なんかこう、より…グワァー!って感じ?」
美波「フフッ、なんですかそれ」
P「上手く表せなくてね…」
照れたようにぼさっとした頭をかきながら、プロデューサーさんがいつものように変なたとえで私を褒めてくれる。
最初はこれがなんなのかよくわかんなくて戸惑ったりもしちゃったけど、プロデューサーさんなりに私を必死に褒めようとしているんだってことをちひろさんに聞いてからは、なんだかこの変な日本語が私にとってとっても嬉しいものになっちゃったな。
5: 以下、
P「でも頑張りすぎるのもダメだからね、万全の状態でライブに臨めるように!」
私に言い聞かせるようにプロデューサーさんが言う。
美波「大丈夫ですよ、安心してください」
これもいつものように言われる言葉。
P「うーん…まあ新田さんがそう言うなら、大丈夫だね」
美波「そうですよ、もっと私を信用してください。そんなに私は信用できませんか?」
いつも言われてるんだから、とわざと少し語気を強くして、ツンとして、プロデューサーさんにいつもより強く言葉を返す。
P「ご、ごめん。そういうつもりじゃなかったんだけど…」
プロデューサーさんがまた頭をかきながら、さっきと違って今度は弱々しく返してきた。
しまった、やり過ぎた。
美波「…なんて冗談ですよ、冗談ですってば!」
慌てて言葉を返す。プロデューサーさんはちょっと素直過ぎて軽い冗談も本気でとらえちゃったりするし、まじめだから変な嘘も信じちゃう事が多い。
...そんなところもなんかいいな、なんて思ったりもするけど。
P「冗談か…よかった…」
美波「ええ、冗談ですよ。プロデューサーさんが私を信用してくれてることなんてわかってますから」
P「そう言ってもらえると嬉しいけど…それはそれでなんか照れるな」
今度は照れるように頭をかく。少し弱気だけど、素直で、まじめな人。こんな人だから、私は心を惹かれたのかもしれない。
私の担当のプロデューサーに。
トレ「フウゥー…」
私たちをみていたトレーナーさんの、少し大きなため息がレッスン場を覆ってしまった。
6: 以下、
ホテルで火照る…
7: 以下、
どんどんとレッスンをこなして行くうちに、ライブ当日。こういうのはラクロスの試合と一緒で、何度ライブをしても始まる前の緊張感には慣れない。むしろ回を重ねるごとにどんどん大きくなって行ってる気もする。
それに頭がポーっとして、いろんな事が中でぐるぐるとして、考えも上手くまとまらない。
P「大丈夫新田さん?顔色が少し良くないようだけど…」
美波「プロデューサーさん…」
しんぱいした表情のプロデューサーさんが私に声をかけてくれた。…なんでだろう、プロデューサーさんのほうが私よりもきんちょうしているように見えるけど…
P「…緊張は…そりゃあするよね…でも」
たどたどしく、でも、はっきりと。
P「でも、新田さんなら大丈夫だと思うよ。今日のためにとても頑張ってきてる新田さんなら大丈夫だよ。」
P「大丈夫なんだって、信じているから」
美波「…ハハッ、なんですかそれ」
P「…ごめん、ちょっと上から目線すぎるね…?」
いつものように、弱気になって頭をかくプロデューサーさんのすがたを見ると、今までのきんちょうがうそのようにとんでいって
美波「そんなことありませんよ…ありがとうございます、もう大丈夫ですから」
P「そ、そう?なら良かった…」
体がらくになっていく。いや、どんどん熱くなっていく。
美波「信じてるなら、私をちゃんとみていてくださいね?」
P「…うん!」
プロデューサーさんに見まもられながら、わたしはステージへとかけだした。
8: 以下、
ステージの上に立つ。
あたまと体があつくなって、マイクをにぎる手はどんどんあせばんで行く。
サイリウムの光としょうめいのひかりがわたしをてらす。
メロディーがながれだした。
なにもかんがえられないのに、かしはしぜんと口からでる。
いつもよりも、じかんが早くすすんでいるみたいに、うたって、おどって。
みんながわたしをみていて、わたしもみんなをみていて、みんなと一つになっていって。
うたいおわって、ぶたいそでに行く。
せいこう、せいこうした。もしかするといままでで一ばんいいかもしれない。
そうかんがえると、なみだがでそうになるくらいにうれ――
9: 以下、
――わたしはゆかにいきおいよくたおれた。
10: 以下、
ここまでにします、続きはまた明日。
自分で書いといてアレだが、短髪薄毛の自分からしたらボサ髪とかめちゃくちゃうらやましいんだよなぁ...
11: 以下、
なんだ、PaPか

13: 以下、
>>1 です、再開します
14: 以下、
―――
――

その知らせは寝不足のボクの頭を思いっきり殴ったようだった。
舞台袖で新田さんが倒れたと。今は救護室に居ると。ひどい発熱だと。今は寝ているが苦しそうだと。
いろんな情報がボクの耳に飛び込んでくるが、とても脳が追いつかない。パンクしてしまいそうだ。
混乱した頭を抱えたまま、新田さんが居る医務室へと足を運んだ。
15: 以下、
新田さんは簡易的なベッドに寝ていた。
とても苦しそうに。
救護の人が言うには、ライブが終わったことで今まで抱えていた緊張が途切れて、元々たまってた疲れがどっと身にかかったのだろうということ。
言うほど酷くはないから回復するまでここに寝かせといた方が良いとも言われた。
スタッフ「じゃあここからは君に任せるよ、俺もまだ他にやることが残ってるからな」
P「わかりました。ありがとうございます、それと、すいませんでした」
スタッフさんが救護室から出て行った後、近くにあったいすを寄せて座り、彼女の顔をのぞきこむ。
ひどくはない、と言われたがそれでも新田さんはとても苦しそうに見えた。
P「…プロデューサー失格だな」
たった一人しか居ない担当の体調も管理できないなんて。
何が「信じている」だ、よくそんな大口がたたけたな。
16: 以下、
新田さんが少しオーバーワーク気味になりがちなことは知っていた。
いや、知っていたつもりだった。
まじめな新田さんはいつも他の人よりも頑張っているって認識ぐらいにしかしてなかった。
いろんな事をこなして、高いレベルのことでも自力で成し遂げる。
そんな彼女なら、自分の体調管理はきっちりとしているんだろうって勝手に思い込んで。
結果、ボクは新田さんに大きな負担を押しつけてしまった。
そのせいでこうなってしまった。
P「ごめん」
謝罪の言葉を口にする。
うなされ、身をよじらせ、苦しんでいる彼女の耳には届かないのかもしれないけど、言わずには居られなかった。
P「ごめん、新田さん」
17: 以下、
―――
――

なんだろうこれ?夢かな?
ライブがあったって事は覚えているけど…
頭がくらくらしてよくわからない。
体が火照っている。
なにがあったんだろう?
…わからない。
「ごめん」
近くから聞き慣れた誰かの声。
「ごめん、新田さん」
その声は震えていて、
「プロデューサー失格だ」
とても苦しそうで。
18: 以下、
すいません今回はここまでです。続きは明日。
美波の寝ているベットになって汗を吸い取りたいだけの人生だった…。
20: 以下、
P「本当にごめん」
ぽつりぽつりと、はき出すようにプロデューサーさんは何かを言っている。
聞いているだけで泣きそうになるほどの悲痛な声で。
でも私はまだこれを夢の中の出来事と思ってた。
思ってたけど、次の言葉は、
P「辞めた方がいいのかな」
私の心を酷く傷つけた。
プロデューサーさんが辞めるなんて、信じられなかったから。
21: 以下、
P「新田さんはだれかに任せた方が…」
任せる?誰を?私を?誰に?
P「僕なんかが担当し続けるよりも、その方が良いかもしれない…」
どういうこと?プロデューサーさんが居なくなっちゃうの?
美波「いやだ…」
いやだ。
P「…新田さん!大丈夫!?まだ起き上がらない方が…」
美波「いやだ」
P「え?」
理由はわからないけど、プロデューサーさんが居なくなるなんて嫌だ。
P「どうしたの新田さん?」
22: 以下、
プロデューサーさんと出会えて、私の世界が開けたように感じた。
プロデューサーさんのおかげで、私の知らない世界を知ることが出来た。
プロデューサーさんが私を、新しい私にさせてくれた。
そんなプロデューサーさんが辞めるなんて。
どうか夢であって。
どうか夢なら醒めて。
離れたくないから、一緒にいたいから。
美波「ううぅ…ぐすっ…ううう…」
P「新田さん!?大丈夫!?」
知らないうちに泣いてしまったみたい。
でもそんなのは一切気にせず、私はプロデューサーの胸に飛び込んで、
美波「いやぁ、いやだ!うぅ、いやだよ…!」
思いっきり、泣いた。
離れたくない、一緒にいたい。
私をみてほしい。
あなたが変えてくれた私をもっとみていてほしい。
少し弱気だけど、素直で、まじめで。
優しすぎるあなたに。
あなたのおかげで変わることが出来た私をみてほしいから。
だから―
美波「行かないで…」
23: 以下、
―――
――

えーっと、何が起きたんだ?
新田さんが泣き出したとおもったら、ボクに抱きついてきて、子供のように泣いている。
この場合どうするのが正解なんだ?
美波「行かないで…」
P「…?」
いかないで?どういう意味だ?
美波「辞めるなんて…言わないで…」
もしかして、さっきの独り言が聞かれてたのか?
そのせいで、新田さんがこんな風になっちゃったのか?
……そう考えると、思い上がりも甚だしい気がするけど…
でも、もしボクの弱音のせいで彼女を不安にさせているとしたら…
P「それこそ…プロデューサー失格だな…」
24: 以下、
弱音を吐いて、そのせいで新田さんを不安にさせているとしたら、それこそプロデューサー失格だ。
P「ごめんね」
新田さんを落ち着かせるために、さっきと同じ言葉を、さっきと違うように言う。
P「辞めるなんて言わないから…もう弱気になんかならないから」
どうしよう、必死に何かをいおうとして日本語が崩れていってる気がする。
P「もっと新田さんのそばに居たいし」
でも、ことばを紡がないと。
僕の思いを、彼女に伝えるために。
25: 以下、
P「それに、思い出したしね…『トップアイドルになるまで、一緒にいる』って言ったこと」
いつか、新田さんに言った言葉。
たしか、初めての仕事が上手くいった後だったな。
浮かれたボクは知らないうちにこんな事を口走ってたんだった。
…そのとき、なぜか新田さんの顔が赤くなっていたな。
P「もっと新田さんの力になれるように…頑張るから」
震えている新田さんの肩に手を置く。
P「だから…ええと、その…」
最後の最後で詰まってしまった。
しかも、気持ちが先走るあまり、とんでもなくキザなセリフを言ってしまった気がする。
めちゃくちゃ恥ずかしい、やっぱり慣れないことはするもんじゃない。
26: 以下、
ボクの恥ずかしいセリフを聞き終えて、新田さんは少し落ち着いたみたいだ。
まだ抱きついたままだけど。
P「あのー…そろそろ離れてくれると…」
新田さんはギュッと、返事を返すように、子供のように抱きついてきた。
P「離れて…」
ギュギュッと、さらに腕に力を入れられる。
ボクも男だ、新田さんみたいな人にあんまり抱きつかれ続けるとかなりヤバい。
さっきから鎮めようと必死なんだ。
…でもまあ、悪い気はしないけども。
誰かが来る前に早く離れてくれないと、絶対に誤解され
ちひろ「美波ちゃん!倒れたって聞い、た、けど…」
P「ち、ちひろさん…」
絶対に誤解された。
ちひろ「…ちょっと、お話があります。」
P「はい…」
その後の弁明は30分にわたってしまった。
27: 以下、
―――
――

あのライブから数日…
結局、ライブのことはあんまり覚えてない。
でもなんだか、とっても不安になったことと、そしてとっても嬉しくなったことは覚えている。
それと、とんでもなく恥ずかしいことをした記憶もある。
どんなことか詳細を思い出せないだけ、余計に気になる…。
美波「おはようございます、プロデューサーさん!」
P「おはよう、新田さん」
あれからプロデューサーさんは、前以上に私の体調を気にかけるようになった。
プロデューサーさんは私が倒れちゃったことにかなり責任を感じていたらしいけど…。
私の責任のほうが大きいのに。
28: 以下、
それ以外にも、変わってきたところがある。
前よりも、弱気なことを言わなくなった。
「ボクが、変わらないといけない気がするから」って言って、そのあと恥ずかしそうに頭をかいて。
前よりも、かっこよくなった気がする。
…冗談が通じないところなんかは変わってないけど。
美波「もう、プロデューサーさん!またですよ!」
P「ご、ごめん…まだ慣れなくて」
美波「変えるなら、私たちの関係からよくしていこうって言ったのはプロデューサーさんですよ」
あの後、『もっと互いによく知り合った方が良い』ってプロデューサーさんが言って。
それなら名字で呼ぶのは他人行儀だし、下の名前で呼んでほしいと私が言って。
親密になりすぎるのは良くないけど…と躊躇ってたけど、プロデューサーさんも了承してくれたから。
やっと名前で呼んでもらえるって喜んじゃったけど…
P「でもだからって…下の名前で呼ぶのはあんまり…」
そんなに呼んでもらえてない。
美波「ちひろさんは『ちひろさん』って呼んでるじゃないですか」
P「あれはそう呼んでほしいって言われたから…」
美波「私もそうですよ」
P「ウグッ…」
プロデューサーさんには悪いけど、こういうときは少し強めに言ったほうがいいかな?
29: 以下、
美波「言い直してください」
P「えーっとじゃあ…」
美波「『さん』、はつけないでくださいね」
とっても重要なことを言い忘れてた、危ない危ない。
P「うん…えっと…」
P「おはよう、美波」
美波「・・・」
美波「…これからも、そうするように!」
P「わかったよ…」
プロデューサーさんはやっぱり恥ずかしそうに頭をかいている。
美波「それじゃあ、レッスンに行ってきますね!」
P「うん、行ってらっしゃい」
美波「ハイ、Pさん!」
背中を向けて、歩き出す。
どうしよう、すごい嬉しい、すごい照れる。
美波「『美波』…フフッ…」
どうしよう。顔が熱い。
体が火照ってきた。
Pさんの言葉を頭で何度も何度も繰り返して。
繰り返すたびに顔と体が火照ってしまう。
レッスン場に行くまでに寄り道して外に出る。
火照った顔と体を冷ますために。
この顔は誰にも見せられない。
だって絶対真っ赤で、絶対にニヤケてるもん。
END
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486906321/
ようこそ!スケベエルフの森へ【予約特典:葵渚描き下ろし複製サイン色紙付き】
Windows 7
ルネ 2017-03-31
Amazonで詳しく見る
関連記事
- 堀裕子「ぼええええ!」剛田武「ホゲーーー!」矢吹可奈「!!」
- 凛「プロデューサーじゃなくて卯月がお見舞いに来た」
- モバP「茜ェ!!特訓だァ!!!!」茜「はいっ!!!!!」
- 琴葉「私だって恵美にボインダイブしてみたい!」【ミリマス】
- 美希「ぁぁぁ...ァァァァっっふぅぅぅん!」
- モバP「最近ちひろさんの黄緑がやけに目に刺さる蛍光色になってる気がする」
- 凛「…はあ、プロデューサーって…」
- みりあ「ママーっ!」美嘉「お前がママになるんだよッ★」
- 輿水幸子「もう、本当に不用心ですね!」
- P「いおりん」伊織「いおりん言わないの」
- 真美「またJAXAでお仕事?」
- 瑞希「プロデューサー、サキュバス瑞希です」
- 高垣楓「夢と現を、月見で一杯」
- 凛「あのね…プロデューサー、私さ……彼氏、できたんだけど」
- 渋谷凛「可能性の獣」
Amazonの新着おすすめ
PLAY ARTS改 FINAL FANTASY XV シドニー・オールム 塗装済み可動フィギュア
期間限定!「電子特典版」付き 弱キャラ友崎くん Lv.3 (ガガガ文庫)
PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#03【電子特別版】
GRANBLUE FANTASY The Animation 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
【早期購入特典あり】戦姫絶唱シンフォギア Blu-ray BOX【初回限定版】(B2告知ポスター付)
アイドルマスター シンデレラガールズ 橘ありす はじめての表情 1/7スケール PVC製 フィギュア
おすすめサイトの最新記事
アイドルマスターSS コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
-
- ありす「ふいうち」
| トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
ピックアップ
Fate/Grand Order -First Order-(完全生産限定版) [Blu-ray]
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
最新記事
- 新田美波「体が火照る」
- ありす「ふいうち」
- ガヴリール「最近よくパンツがなくなるんだ」
- 【艦これ】榛名「はるにゃはだいじょーぶれしゅ」 提督「嘘つけ」
- ちひろ「私もPみたいにアイドルとイチャラブしたい」
- 佐久間まゆ「結婚可能年齢が18歳以上になるらしいですよぉ」橘ありす「ついに」
- ぐだ子「ジャンヌ・ダルクはかくありき」
- モバP「時子は心理学やってるからな!」
- 魔王「フハハ……裂けよ大地! 轟け雷鳴! 燃え盛れ火炎!」勇者「強すぎる……!」
- 【ゆるゆり】向日葵「ですのート?」
- 【SS】善子「リリーは酔っ払うとめんどくさい」
- モバP「ふみちゃんは語りたい」
- 一ノ瀬志希「フレちゃんは10着しか服を持たない」
- 赤城「これからは先輩禁止ですよ、吹雪さん」
- 紗枝めし!【小早川紗枝とハンバーグ編】
週間人気記事ランキング
【全ランキングを表示】
最新
禁書目録SS
Fate SS
アイドルマスターSS
艦これSS
俺ガイルSS
エヴァンゲリオンSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
ポケモンSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
この素晴らしい世界に祝福を!12 オリジナルアニメブルーレイ付き同梱版
映画『聲の形』Blu-ray 初回限定版
ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
ねんどろいど Re:ゼロから始める異世界生活 ラム ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
新次元ゲイム ネプテューヌVII ネクストパープル 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア
四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE ロイヤルエディション
モンスターハンターダブルクロス【初回封入特典版】
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
この素晴らしい世界に祝福を! 2第1巻限定版 [Blu-ray]
Fanaticism (BAVEL COMICS)
新刊ピックアップ
ホビー
ゲーム
アニメ
ブログあれこれ
・まとめ依頼はこちら!
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
最新
逆アクセスランキング
最新コメント

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


タイだとこのレベルの女の子が3ドルでヤレるらしいwww

夜勤のバイトして見た結果wwwwwwwwwwwwwwwwwww

新田美波「体が火照る」

【超愕然】 フーゾク嬢と客のLINEでのやり取り流出・・・ 泣けるぞ・・・ (画像あり)

アスクル 火災倉庫の資産価値121億wwwもう二度とアスコナイwwwwwwwwwwwww

『ドラゴンボール超』亀仙人と天津飯が超微妙ぉぉ! ドラゴンボール超の孫悟空陣営の大会メンバーさ!

back 削除依頼&連絡先