モバP「南条光が泣く瞬間?」back

モバP「南条光が泣く瞬間?」


続き・詳細・画像をみる


思わず聞き返す。
「光が泣いたのって見たことある?」 前振りも何もなく、いきなり問い掛けてきたのは小関麗奈。
清く正しい悪の道を邁進せんとする自称・大悪党で、自分が担当している数少ないアイドルの1人だ。
南条光と言うのは同じく担当しているアイドルで、小関とは対象に正義の味方に憧れ、そうならんとすべく努力を欠かさぬアイドルである。
悪を志す者と正義を目指す者、対象とはいえ、お互い憎からず思っているように見えるのだが……さて。
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486225192
2: 以下、
「そうよ、アンタ担当なんだから、一回くらい見たことあるでしょ?」
どうした小関、いつにも増して唐突だな。
「悪ってのはそういうもんよ。常にヒーロー裏をかき、先手を取るの。だから、愚民から見ると何事も突飛に見えるってワケ」
フフン、と得意げに笑う白い歯とおでこが眩しい。
なるほど、確かにテレビのヒーロー物でも、行動は悪者が先に起こしている気がする。
「で、見たことあるの?」
改めて聞かれると……どうだったかな。
3: 以下、
ーー初めてのお仕事。まだ見ぬ世界に期待を膨らませ、その瞳を輝かせていた。
ーー初めての失敗。拳を握り、歯を食いしばり、悔しさに耐えていた。
ーー初めての握手会。来た人全てを忘れまいと、しっかりファンを見据えていた。
ーー初めてのライブ。みんなに夢を与えるアタシのスーパーお仕事タイムはこれからだ!と熱く燃えていた。
ーータンスの角に小指をぶつけた時。く、うぅ……ヒーローは決して挫けないぞ……!と強がっていた。
……あれ、泣いてなくね?
思い返すと、泣いているシーンが一切浮かばない。
初ライブとか普通泣くよね? 何で打ち切りっぽい事言って決意を新たにしてるの? 超かっこいいんだけど南条さん。
4: 以下、
「ねえ、ちょっと。黙ってないで何とか言いなさいよ。ねえってば。……ちょっと、ほんとに大丈夫?」
おっと失礼。悪いが、南条が泣いてるのは見た事無いな。
少なくとも、お前が泣いた場面ではあいつは泣いてなかったよ。
「アタシの事はどうでもいいのよっ! 泣いてないし!」
はいはい。
「て言うか本当に無いの? 何かこう、苦手な物とか、弱点とか……」
好き嫌い無く何でもよく食べるし、苦手な物……ああ、あれだ、シルバーブルーーそれはやめなさい。
っス、サーセン。
でも、他には……そうだ、さっき冷蔵庫にプリン入れてたぞ。スイーツファイブの撮影で貰ったどこぞの高級プリンだとか。
「ナイス、それよ! 帰って来た時にそのプリンがどうにかなってたら……」
なってたら? いや、あんまり酷いのは止めるけども。
「なんてね。いくらアタシでも、プリンに手を出す程落ちぶれちゃいないわ。アタシは南条を泣かせて這いつくばらせたいだけであって、プリン自体が憎いわけじゃないもの」
優しいんだか優しくないんだか。
5: 以下、
「優しいワケないでしょ! アタシは悪の帝王、悪のカリスマを目指してるの! プリンをバズーカの弾にするなんて、そんなの小物や畜生のする事よ。アタシの理想とは程遠いわ」
バズーカの弾にする気だったのか?
その感覚はわからんが、特に何もしないならそろそろ出ようか。スーパーお仕事タイムが始まるぞ。
「フン、準備はとっくにできてるっての。さあ、行くわよ! レイナサマの名前を世界中に響き渡らせる日が来たんだから!」
オーケー、それじゃ行こうか。お仕事にはちゃんと真剣なのよね、この子。
6: 以下、
ーーー
「くうぅ……悔しい! 次こそはきっと……!」
もはや聞き慣れたこの言葉。小関が様々なアイドルにイタズラを仕掛けていくという冠番組、レイナチャレンジ。今の所全敗中だが、失敗後には毎回言ってるな。
今回は相手が悪いよ、次は頑張ろう。
「アンタそれ毎回言ってるじゃない!」
おっと、さすがに覚えてるか。いやでも実際相手が悪い。木場さんをイタズラで驚かすのは無理ゲーってもんだろう。
「うう、何で瞬きした瞬間に視界から消えるのよ……。後半かなり本気だったのに、一切笑顔を絶やさずあしらわれたって何なのもう……」
海外帰りってやっぱり凄い。
と、あれ? 部屋の前に南条が立っている。何かを見ているようだが、部屋の中に何かあるのか?
「光? どうしたの、そんな所で突っ立って。邪魔だから部屋に入るか、レイナサマ万歳と言って平伏しなさい」
何だよその二択。
「え? あ……麗奈。と、プロデューサー、おかえり」
7: 以下、
珍しい。……と言うか、初めて見た気がする。明らかに落ち込んでいる。
どうした? 何かあったのか?何かされたか?
「い、いや、何でもない! 何でもないんだ、本当に。誰かを笑顔にできれば、アタシはそれで……」
そう言って、顔を俯かせ走り去る。何だってんだ、一体。
誰かを笑顔にって、どういう意味かわかるか? 小関。……小関?
「ちょっとアンタ、何食べてんのよ!」
部屋の中から小関の怒号が聞こえる。これまた珍しい、レイナサマのマジギレモードだ。
待て待て、何があった?
「こいつが光のプリン、食べてんのよ!」
あれまあ。麗奈の掴んだその手には、さっき見た、某高級プリンさんが。すでに半分程食べられているようだ。
とりあえず、手を離してやれ。跡になるといけない。
話を聞くと、千川から冷蔵庫におやつがあると言われ、中のプリンを食べてしまったらしい。
あー、なるほど……。いや、ちゃうねん、おやつを常備してある冷蔵庫って談話室の物やねん。
ああいや、そんな恐縮しないでいいよ、君はまだ事務所に入って日も浅いし、説明しなかった千川が悪い。
「だからって、こんな豪華なのが入ってたら確認くらいするでしょ? 名前……は、書いてないにしても、一個しかないんだし」
ご尤も。だが、そう責めてやるな。ああ、待って、泣かないで。アイドル泣かせたら俺が千川に捻られちゃうから頑張って堪えて。
8: 以下、
とは言え、食べちゃったのはしょうがない。同じ物を千川に用意して貰ってくるから、小関はちょっと南条呼んできてくれ。
「アタシを小間使いにしようっての? いい度胸じゃない」
頼むよ、マジで。とりあえず怒気を引っ込めてくれ、怖いから。
「アンタ」
プリンを持ったままの子をジロリと睨む。怖いって。
「今から光呼んでくるから、ちゃんと謝りなさいよ」
そう言って、南条を呼びに行ってくれるレイナサママジ悪のカリスマ。
……ああうん、そのプリンは食べちゃっていいよ。ただ、次からはちゃんと確認してくれるとお兄さん嬉しいな。……やめて、待ってだから怒ってないから泣かないで!
9: 以下、
ーーー
ヒーローに憧れていた。
たとえ自分を犠牲にしても、誰かの笑顔を守る事が何より大事だと思っていた。
例えば、自分が楽しみにしていたプリンを、他の誰かが食べてしまっていたとして。
それで、その誰かが、笑顔になれるならーー
「それで、いいじゃないか」
そう言葉にして、自分を納得させようとする。だけど、どうしてか。
ーー涙が流れた。
「いいわけ無いでしょバカじゃないの?」
声をかけられビクッとする。悪いことはしてないはずだけど……。
「麗奈、どうしてここにーー」
「嬉しい時も悲しい時も、何かあったらとりあえず屋上に。全く、わかりやすくて助かるわ」
振り向いて言った言葉を邪魔される。なんだろう、怒っているような笑っているような……。
10: 以下、
「正義のヒーローがプリンを食べられたくらいで泣くなんてね」
うぐ。
「なーにが『誰かを笑顔にできればー』よ。それで自分が泣いてちゃ意味無いでしょうが!」
うぐぐ。
「そもそも、大事な物なら名前書いときなさいよよ!アタシ達以外もあの部屋使うんだから、誰かが間違って食べるに決まってるでしょ!? そんなんだからバカ光って言われんのよ! 主にアタシに!」
麗奈以外に言われた事無いよ!?
「たまにプロデューサーも言って笑ってるわよ! アンタがベッドではしゃぎ過ぎてキヨラツイストくらった時とか!」
なっ!?
「バイクに乗せて貰ってテンション上がって変身ポーズ取ろうとして、両手離して転がり落ちた時とか!怪我無くて良かったわねホント!」
その節はご心配をおかけしました!
「してない! 夏休みの宿題忘れてて、アタシに泣きついてきた時とか! 学年違うでしょうが!」
あの時は助かった、ありがとう!
「どういたしまして! 来年はちゃんと自分でやんなさいよ!」
頑張る!
「……ハア。全然元気じゃない。心配して損した」
えっ?……あれ?
11: 以下、
「今まで散々イタズラしてきたのは気に留めないくせに、プリン程度で凹んでんじゃないわよ。アンタを最初に泣かすのはこのレイナサマって決まってんの! アタシ以外に泣かされたら承知しないんだから!」
何だろう、これは。励ましてくれてるのかな。
「何よ、ニヤニヤしちゃって気持ち悪い」
いや、麗奈は優しいなって。怒る理由はいつも誰かのためだ。
「優しくない!アタシは悪のカリスマなの!」
でも、キヨラツイストはやり過ぎだって止めてくれたじゃないか。
「うぐっ」
バイクから落ちた時、心配して来てくれた。
「アタシ以外にやられるなんて許さないってだけよ!」
宿題だって、手伝ってくれただろ?
「学年違うのにね! アタシの優秀さを崇め奉りなさい!」
今だって、落ち込んでるアタシを励ましに来てくれたんだろ? ありがとう、もう大丈夫だよ。
「だから違うっつってんでしょ! 人の話しを聞けってのよバカ光!」
12: 以下、
まあ、プリンを食べられなくて凹んでるっていうのは確かだけど。
いつまでも凹んでる訳にはいかないもんね!
ああ、でもおやつ抜きだからお腹が減るなあ。麗奈、何か持ってない?
「正義のヒーローがワルにタカるの? ……まあ、そうね。無くもないわ。飴だけど、要る?」
ホント!?ありがとう、麗奈!
麗奈から数個の飴を受け取り、まとめて頬張る。
やっぱり麗奈は優しいなあ。
ところでコレ、何味?あんまり甘くないね。若干酸っぱいようなーー熱っ痛っ!?
「アーッハッハッハ!引っかかったわね!こんな事もあろうかと用意しておいたハバネロキャンディーよ!まさか、正義のヒーローが食べ物を無駄にするような事はしないわよねえ? アーッハッハ……ゲホゲホ」
やられた!まとめて頬張ったのが仇になったか……だが、ヒーローはこんな事では挫けない! 思ったよりも辛味薄いし!
「ま、腐ってもアイドルだからね。清良監修の元、喉に影響が出ない程度の辛味に抑えてあるから、フツーに耐えられるでしょ。ほら、行くわよ」
? 行くってどこへ?
「アンタのプリンを食べた子の所よ。怒られないかって可哀想になるくらいビクビクしてたわよ」
なんと! なら、気にしてないよって言ってあげないとな!
「それと、プリン。新しいのをちひろが用意してくれるって。アタシの分もあるのかしらね? まあ、もし無かったらーー」
ちひろさんなら用意してくれてると思うけど。でも、もし麗奈の分が無かったらーー
半分貰うわ!
半分あげるよ!
13: 以下、
ーーー
おねげえしますだお代官様!何卒、何卒お慈悲を!!
地に頭擦り付けます!足舐めます!ガチャ回します!!
「必要ありません。光ちゃんの貰って来た物と同じプリンを、スイーツファイブのスポンサーから頂いてますから。ほら、頭を上げてください。ちゃんとみんなの分もありますよ」
おお、やはり……天使!女神!ちひろ!
「やめろ捻るぞ」
っス、サーセン。
「あ、あの、あたしは……」
「ああ、ごめんなさい。私の伝達不足でしたね。談話室の冷蔵庫の中のおやつは好きに食べて大丈夫ですからね」
「ううん、あたしも気付かなかったから。ごめんなさい」
お互いに非を認め、譲り合う。うむ、良きかな。
ところで、何であの部屋に? 前はあまり来てなかったよね? 担当変わった?
「あ、はい! 今度から…….」
「あなたの担当になるんですよ」
はぇ?
「三好紗南です! 好きな物はゲームと夜更かし!ゲームのショーとかゲームのお仕事とかしたいです!よろしくお願いします!」
あ、ウチの子だ。南条と仲良くなれるタイプだ。
「すみません、以前のプロデューサーが退職されて急だったので、連絡が滞っていたみたいです」
おいおい千川ぁ?お前社会人なんだからさぁ?そういうトコだぞ?
「あ?」
っス、サーセン。
14: 以下、
ともかく、よろしくな三好。小関と南条もすぐに戻って……ああ、ほら。
ドタドタと、聞き慣れた足音が聞こえてくる。
「南条光、ただいま戻りましたーっ! とりあえずお水くださいちひろさん!」
「ちひろ、アタシの分のプリンもあるんでしょうね? あ、あんたさっきの……腕、痛む?」
「ううん、大丈夫。ごめんね、ありがとう、怒ってくれて。南条……さん?にも、謝らないと」
「ちひろさんがプリンくれたし、アタシなら気にしてないぞ! だから君も気にするな!」
「ああいうヤツよ。ほっといて、プリン食べましょ。 えーっと、名前何だっけ?」
「三好紗南です。……あなたは?」
「麗奈!麗奈の分のプリンもあるって! 新人祝いだって、寿司もだ!紗南も一緒に食べよう!あ、アタシは南条光!ヒーローなアイドルを目指してるんだ、よろしくな!光って気軽に呼んでくれ!」
「ううん、それでも、ごめんなさい。光……と、麗奈。うん、よろしく! 」
「ちょっと、アタシの事は悪の大王レイナサマって……ああもう、光! プリン持ったまま走るな!転ぶわよ!」
「あたし、三好紗南!ゲーマーアイドル目指してるんだ!光と麗奈はゲームやる?どんなゲームが好き?」
いやあ、にわかに賑やかになった。
年も近いし、タイプも似てる。いっそユニットでも組ませてみるかな?
まあ、まずは俺の分のプリンを……え、無い? 千川ぁ!
おわり
15: 以下、
#南条光が泣く瞬間というハッシュタグに触発されて。失敗じゃめげなくても、おやつ食べられると泣いちゃう南条さん可愛いなって思いました
17: 以下、

続き・詳細・画像をみる


嵐・櫻井翔、小川彩佳の子供の将来の顔wwwwwwwwww

三菱 GTO が フェアレディZ との兄弟車として復活!?

ファイナルファンタジーに必要な4つの要素「クリスタル」「ジョブチェンジ」「召喚魔法」もうひとつは?

【教育】物理・数学・文学・歴史・地理を廃止するフィンランド

鹵獲ロボのかっこよさ

【画像】AV女優「スカトロ物はガチで大変」

back 削除依頼&連絡先