【モバマス】Pの休日back

【モバマス】Pの休日


続き・詳細・画像をみる


書き溜めあり。
デレマスのssは初めてなので至らないところがあるかもしれませんが温かい目で見守ってくれるとありがたいです
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1485091393
2: 以下、
日曜日
PPPPPPPPI…………
P「ふぉっ。」
P「……………なんだ、まだ10時じゃないか。………二度寝するでごぜーますよ。」
P「……………」
P「……………んん、ち、ちひろさんやめてください、これ以上は俺が破産してしまいます……」
ピーンポーン。
P「…ンガッ。夢か…………。それにしても誰だ?こんな朝っぱらから……。無視しよ。」
ピーンポーン、ピーンポーン。
P「………たまの日曜ぐらい寝かせてくれぇ。」
ピンポンピンポンピンポンピーンポーン。
P「あー!もう!出りゃいいんだろ出りゃ!」
ガチャ
P「はい、どなたでしょうか!?」
未央「やっほープロデューサー!元気ー?」
凛「ふーん、ここがプロデューサーの家?悪くないかな。」
卯月「おはようございます!プロデューサーさん!」
P「………スタドリの副作用か?NGの幻覚が見えるようになるなんて………。やっぱり寝たほうがいいな。」
バタン。
未央「ちょっとー!!せっかく訪ねてきたのに何で閉めちゃうのー!?」
4: 以下、
P「いくら払った?」
卯月「………?何のことですか?」
P「俺の家を特定するのにちっひにいくら払った!?」
未央「ちっちっち、愚問だよ、プロデューサー。私たちにはしぶりんの嗅覚があるんだよ。プロデューサーの家を特定するなんて朝飯前、いやプロデューサーのTシャツ略してPシャツ前だよ。」
P「言葉の意味はよくわからんがその凛はいったい何をしてるんだ?」
凛「悪くないかな。悪くないかな。」スンスンクンクン
未央「ちょっと?、しぶりんがっつき過ぎだよ?。」
凛「悪くないかな。悪くないかな。」モキュモキュ
P「俺のPシャツは朝御飯じゃありません!」バッ
凛「ちょっ、私の食事を邪魔する人は例えプロデューサーだとしても許さないよ?」
P「うん、Pシャツは食べ物じゃないってことからまず教えなきゃないけないな。」
卯月「えっ、そうなんですか?この前、ありすちゃんが、食べてましたよ?」
P「………あいつはマストレさんにでも鍛えてもらうことにしよう。」
未央「それにしてもプロデューサーは日曜日なのになんでスーツなの?」
P「ん、悪いか?」
未央「別に悪くはないけど……」
凛「いったいそのスーツ何着持ってるの?」
P「ざっと、20着ぐらいかな。」
未央(スーツって高いんでしょ?)ヒソヒソ
凛(プロデューサーって見かけによらず実はお金持ちなのかな?)ヒソヒソ
P「見かけによらずとは何だ、見かけによらずとは。」
5: 以下、
P「そういえば卯月はどこいった?」
ワー、ココガプロデューサーサンノ…
P「何勝手に人の部屋に入っとるねん。」
未央「へー、ここがプロデューサの部屋?なんにもない部屋だね。」
P「掃除のしやすい部屋だといってくれ。」
凛「ああっと、足がもつれて。」
P「させねえよ!?」
ガシッ
凛「ちっ、あと少しでベッドにダイブできたのに。」
卯月「卯月もやるー!」
P「やめい!」ペシッ
卯月「あうっ。」
P「三代目クンカーにうづみりあ、二人とも一旦落ち着け。」
未央「あれれ??おっかしいな??」
P「お前はコナンくんか、どうしたんだ?ベッドの下なんかあさって。」
未央「プロデューサーってゲイなの?エッチな本がないけど。」
卯月「えっ、プロデューサーさんってそっち系の人だったんですか?!」
凛「そうか、だから私たちに手を出してこないんだね………」
P「俺への熱い風評被害は止めてくれ。アイドルに手を出さないのは当たり前のことだろうが。」
P(別の場所に隠しといてよかった。)
6: 以下、
凛「おっと忘れてた。」
P「どうしたんだ?」
凛「いや、ちょっとね。」ゴソゴソ
カタ。
P「………………凛さん凛さん。それは一体なんでしょうか。」
凛「何って、プライズだよ。1番くじの。」
P「いや、うん、確かにそれはわかってるんだが、何でフィギュアを置くんだ?それもお前の。」
凛「卯月と未央のもあるよ。」カタカタ。
P「いや、そう言うことじゃなくてですね。」
凛「そう裕子とじゃなくて?ユッコはまだフィギュア化されてないよ。」
P「そうじゃなくて、プライズをおもむろにベッドの側に置くのはなぜなんですか!?」
凛「プロデューサー独り暮しでしょ。寂しくて死なないようにって。」
P「俺はちえりんか。」
凛「煮るなり焼くなり脱がすなりかけるなり好きに使っていいよ。」
卯月「かける?なんのことですか?」
未央「しまむーは知らなくていいことだよ。てゆうか、脱がすのはダメでしょしぶりん。」
P「だーっ!早くしまいなさい!」
凛「ダー?つまり了解と……。」
P「今のは日本語だ!」
7: 以下、
P「お前そのフィギュアどうやって入手したんだ?サンプルあげますって言われたとき断ってただろ?」
凛「ふっ、プロデューサーもまだまだだね。三代目シンデレラガールの太陽の手をもってすればA賞のみならず、B賞C賞だって手に入れるのは簡単なんだよ。」
P「太陽の手はパンが美味くなるだけの能力だけどな。」
凛「でもこの前精文館に行ったら一日目なのにもうすでにA賞とB賞がなかったんだよ!?プロデューサー、責任とってね。」
P「どないせいっちゅうねん。」
凛「まあ、智絵里と莉嘉は手に入ったからよかったけど。」プンスカ
P「………今度俺の代わりにガチャ引いてくれない?」
8: 以下、
P「そういえばお前らはなんで俺の家に来たんだ?」
卯月「あっ、そうです。実はちひろさんから書類を預かってて。」
P「ん………?ああ、次のイベントの資料か。ありがとな。」
卯月「えへー♪」
P「さてと、これで用は終わったから帰るんだよな?」
卯月「そういえばお腹すきました!」
P「やだ、この子話聞かない。」
凛「そうだね、卯月。そろそろご飯にしようか。プロデューサー、とりあえず下着がしまってある場所教えて?」
P「どういうことだってばよ。」
未央「うーん、あまりいいもの入ってないね。」ゴソゴソ
P「おいこら三ツ星、なに人ん家の冷蔵庫勝手にあさっとるねん。」
凛「悪くないかな。悪くないかな。」モキュモキュ
P「お前はいつの間にタンスからPシャツを出してきた!?」
卯月「ふわぁ。プロデューサーさん、私少し眠くなってきましたからお布団借りますね。」
P「あー、もう!わかった。飯作ってやるから!だから一旦騒ぐのを止めてくれ!」
9: 以下、
凛「プロデューサー、オムレツなんて作れたんだね。」モキュモキュ
P「失礼な。俺だって料理は作るぞ。」
未央「プロデューサー!見てみて!三ツ星だよ!ほら!」
P「あー、ケチャップアートか。ん?凛のオムレツにはなんてかいてあるんだ?」
『モロヘイヤ 私の胸は もろ平野』
P「やめて差し上げろ。」
卯月「お代わりください!」ニパー
P「食べるの早いなー、おかわりはないから、俺の食うか?あっ、食べかけは失礼だったな。」
卯月「……!いえ、大丈夫です!」
凛「…………あー、私もおかわりほしいかなー(棒」
P「いや、おかわりって、お前まだ全然食べ終わってないやん。」
未央「しまむー、私のと交換しない?」
卯月「ダメです、これは私のです。」
凛「はい、食べ終わったから私にもプロデューサーのオムレツを食べる資格はあるはず!」
P「食べ終わるの早いなおい。」
卯月「早い者勝ちです!」
未央「そんなルールないよね?プロデューサー。」
ピーンポーン。
P「あー、ちょっと、でてくるから、おとなしくしてろよ。」
ワタシノ!、リンチャンハサッキ‥
ピーンポーンピーンポーン。
P「はいはーい、今開けまーす。」
ガチャ
加蓮「やっほーPさん。」
P「…………」
P「………何しに来たんでしょうか?」
加蓮「いやー、奈緒がどうしても遊びにいきたいって言うから
奈緒「はあ!?そ、そんなこといってないだろ!?」
加蓮「そんなこと言っちゃってー、さっきまでそわそわしてたじゃない。ま、そういうわけだから、お邪魔するね?。」
P「おい。ちょっと待て。何でお前たちも俺ん家知ってるんだ?」
10: 以下、
凛「あ、加蓮と奈緒も来たの。」
加蓮「うん、地図ありがとね。」
P「………何勝手に人の住所を拡散しとるねんお前は。」
凛「大丈夫だよ。ラインのグループだけだから。」
P「つまりうちの事務所のアイドル全員に知られてるってことだよな!?」
凛「細かいことを気にしてるともてないよ?」
P「細かいことじゃないでごぜーますよ。」
凛「ちひろさんにいったら鍵もくれたし。」
P「……何であの人俺の家の鍵持ってるんだ?鍵って代えるのにいくらかかるかな…。」
11: 以下、
P「そういえばオムレツは結局どうなったんだ?」
凛「痛み分けだね。」
未央「三分の一ずつ食べたよ。」
加蓮「えー?三人ともPさんの手料理食べてたの?ずるーい。」
P「あー、わかったわかった、今度作ってやるから。」
加蓮「だってさ、よかったね奈緒。」
奈緒「なんでこっちにふるんだよ!」
凛「それよりもせっかく集まったんだし何かやらない?」
未央「んー、なにかないかな?」ゴソゴソ
P「当たり前のように部屋をあさるんじゃない。」
12: 以下、
未央「やっぱり、みんな集まったら桃鉄だよね。」
奈緒「だー!また掏られた!」
加蓮「いやあああ!ちょっ、来ないで凛!キングボンビー押し付けないで!」
卯月「ええ!?次の目的地は札幌ですか!?……島村卯月、那覇からだけど頑張ります!」
未央「しぶりーん、交代だよー。」
凛「……なんで、私ばっかりなまはげに狙われるの?」
14: 以下、
加蓮「はぁー。久し振りに遊んだな?。」
奈緒「普段は忙しくてあまり時間がとれないもんなー。」
未央「どうしたの?プロデューサー。疲れてるように見えるけど。」
P「たまのに休みに子守りをさせられてるからだよ。」
凛「えっ、私まだプロデューサーの子供産んでないよ。」
P「ワカラナイ、リンノシャベッテイルコトバガワカラナイ。」
加蓮「あー、でもちょっとはしゃぎすぎたかなー、」ケホッ
P「かーれーん!」ガシッ
加蓮「えっ、ちょっ、Pさん!?」
バサッ、
P「体調管理には気を付けろとあれほど…」
加蓮「……大丈夫だよ。これくらい。」
P「いや、大丈夫じゃない。ひとまずベッドで少し横になってなさい。」
加蓮「ぶぅ。」
凛「………………ふーん。」
P「うぉっ、凛どうしたんだ?」
凛「加蓮はいいのに私はダメなんだね。」
P「いや、加蓮は体調が悪そうだから……」
加蓮「どうしたの凛?妬いてるの??」ニヨニヨ
凛「妬いてないよ。妬いてないよ。」ギチギチ
P「腹いせに俺の服を破ろうとするな。」
サイゴノキリフダデス!
チョッ、シマムーツヨスギ!
ダー!ナンデフタリトモワタシバッカリネラッテクルンダ-!
15: 以下、
≫13
申し訳ない
未央「暇。」
モバP(以上以下P)「いや、だったら帰れよ。」
未央「家に帰ったらそっちの方がやることないじゃん!」
P「いや、知らねーよ。」
未央「はい、そういうわけで、プロデューサーがモノマネしまーす。」
P「どういうわけだよ。」
卯月「楽しみです!」
P「しょうがねえなあ。」
P「…………モノマネ、きらりの真似をした凛」
凛「ちょっ、」
P「にょ、にょわー、凛ちゃんだにぃ……はぴはぴ。」
一同「……………………」
P「……………」
加蓮「…………なんというか、想像以上にあれだったね。」
奈緒「………気にするなPさん。そういう日もある。」
P「俺泣いていいかな?」
16: 以下、
P「それで?お前ら、いつまでうちにいるんだ?」
未央「えっ、泊めてくれるんじゃないの?」
P「そんなわけあるかーい!」
凛「私は泊まっていっても大丈夫だよ。」
P「俺が大丈夫じゃない。それに、アイドルを朝帰りさせたらさせたで緑の金食い虫に殺される。」
加蓮「ああ、私ちょっと今日は帰れないかも……。」
P「よし、救急車呼ぶな。」
加蓮「じょ、冗談だって!」
未央「何でプロデューサーはそんなに私たちを帰らせたがるの?」
P「そりゃ貴重な休日を満喫したいからな。」
加蓮「もしかして、夜に誰かと会う約束でもしてるからとかだったりして?。」
P「んなわけあるか。」
未央「……プロデューサー。素直に吐いちゃいなよ。」
凛「………まさかうちの事務所の人とじゃないよね。」
卯月「り、凛ちゃん目が怖いです。」
P「はあ、お前ら想像してみれ、一カ月のうち休みが一日しかないんだぞ?しかもほとんど毎日サービス残業してるんだからな?」
奈緒「……プロデューサーも大変なんだな。」
未央「てゆうか、それ労基に引っ掛からないの?」
P「ちっひの力でちょちょいのちょいだそうだ。」
凛「いったい何者なのちひろさんは……。」
卯月「あれ?でも私プロデューサーさんが倒れたりしてる姿を見たことないんですけど……」
P「スタドリがあるからな。飲んでから数時間たつと禁断症状を起こすが。」
奈緒「それ、麻薬じゃないのか?」
17: 以下、
ガンバリマス!ガンバリマス!
P「……何今の声。」
凛「卯月のメールの受信音だよ。」
P「何で自分の声を設定してるんだよ。」
卯月「すいません、私そろそろ帰らないと……。」
未央「じゃ、私たちも帰ろっか。」
加蓮「そうだね。」
P「おっ、そうか、また明日な。あと、凛、お前はその服をおいていけ。」
凛「えっ、プロデューサーみんなの前で私に脱げって言うの?」モグモグ
P「ちげーよ、俺のシャツとかパンツとかもろもろだよ。」
18: 以下、
P「はあ、やっと帰ったか。」
P「久しぶりの休日だっていうのに大いに疲れた。」
P「明日も早いからさっさと寝るか。」
ピーンポーン。
P「ん?こんな時間に誰だ?あいつら忘れ物でもしたのか?」
ピンポン。
P「あー、今開けまーす。」
ガチャ。
楓「…………」ニコニコ
早苗「やっほー!Pくん、なかなかいいところに住んでるじゃない。」
美優「あの、私はやめようって言ったんですけど…」アセアセ
P「……………むぅーりぃー!!!!!!」

19: 以下、
終わりです。
一番くじでちえりんと莉嘉がひけたので書きました
読んでくれた方はありがとうございました。 
HTML化依頼出してきます。
20: 以下、
やっぱり美優さんは良心なんやなって
おつおつ
23: 以下、

続き・詳細・画像をみる


パヨク達の「大阪の小学校への国有地格安売却」デマ、財務省に公式に否定される

東芝、3月末以降の銀行団支援が「白紙」に 法的整理リスク高まる

ガンダムWというアニメを見ていたらEDテーマに出てくる女の子がずっとガンをつけてきてとても怖いです

暁「リアクションの殿堂?」

シャープの17年3月期、経常利益99億円 3期ぶり黒字化

日本人の7割が「起業に無関心」 先進国で最低に

back 削除依頼&連絡先