提督「人狼ゲームだとぉ――ッ!!??」back

提督「人狼ゲームだとぉ――ッ!!??」


続き・詳細・画像をみる


 
☆注意☆
・艦これのキャラ達で人狼ゲームをします
・ゲームの仕様上、暴言などが多少含まれます
・解説等はあまりしないので、ルール等を予め知っておくことを推奨します
・初心者COです
以上が許せる寛大な精神を持って読んでいただけたら幸いです。(特に人狼経験者には)
----------------------------------------------------------------------------
2: 以下、
提督「ええっ!? 我が鎮守府に艦娘に化けた深海棲艦がいるですって!?」
元帥「その通りだ。大本営調査班が裏付けた確かな筋の情報だ」
提督「そ、そんな………だ、誰が深海なんです!?」
元帥「残念ながら誰が化けているのかはわかってはない。だが、確実に深海が潜んでいるのは間違いない」
元帥「そこで今からお前達には人狼形式で誰が深海なのかを見極めてもらう!!」
提督「じ、人狼形式!?」
元帥「『汝、人狼なりや?』というゲームは知っているか?」
提督「ええまぁ。聞いたことはありますが」
元帥「そのゲームの形式を利用して深海凄艦を探すのだ! 細かいルールはこうだ!!」
3: 以下、
・配役:16人村
村人6人 共有者2人 占い者1人 霊能者1人 狩人1人
狼3人 狂人1人 狐1人
・初日は夜時間のみ
・初日犠牲者による役欠けアリ
・遺言なし
・投票同数の場合再投票。再投票は4回まで、それ以降は引き分けとなる
・最終日以外は、村人の騙り禁止
☆勝利条件☆
:村人陣営(鎮守府)
人狼及び妖狐を全滅させること
:人狼陣営(深海凄艦)
人狼の生存数が村人の生存数と同じになった時点で妖狐が死亡している
:妖狐陣営
村人&人狼陣営が勝利条件を満たした時に生存している
4: 以下、
元帥「ワシが張った結界により、この鎮守府は外界より完全に隔離された」
元帥「人狼ゲームをしない限り、艦娘、深海達はこの鎮守府に一歩たりとも出ることは出来ない」
元帥「更にワシの張った結界の効力により、一部の者には特殊な能力を得てる事だろう。それらを利用して深海共を探し出せ!」
提督「閣下は陰陽師か何かなんですか!?」
提督「でもお待ち下さい! その人狼ゲーム形式で探すとしたら、本物の艦娘達が確実に半数以上死ぬことになってしまいます!!」
提督「だったら勝利しても―――」
元帥「安心しろ。村人陣営が勝利すれば犠牲になった艦娘達及び、深海に取って代われた娘達も全員生き返る」
提督「ほ、本当ですか!?」
元帥「そうだ。だから勝ちさえすれば全て元通りになる。だから何としても勝て!! お前の手で艦娘達を守るのだ!」
提督「了解しました!! よーし! やってやる! 何としてでも勝ってやるぞ―――ッ!!」
元帥「ただし」
提督「………ただし?」
元帥「深海側及び妖狐陣営が勝利した時は―――全員死ぬ」
提督「」
5: 以下、
元帥「村人陣営が敗北した際は、我が結界の効力により、勝利した人外勢もろとも、ゲームに参加してない艦娘達もみんな消滅する」
提督「なん………だと………」
元帥「勝利した深海凄艦達を外に出させないための致し方ない処置だ。納得しろ」
提督「そ、そんな………」
元帥「では、諸君らの健闘を祈る。グッドラック!!」
提督「ひっ、ひっ、ひっ………」
提督「ひえぇぇぇぇ―――ッ!!!!」
6: 以下、
●参加者名簿●
人間
・提督(主人公)
駆逐艦  
・吹雪
・卯月
・浜風
・山風
戦艦
・金剛
・ビスマルク
水母
・瑞穂
工作艦
・明石
8: 以下、
軽巡
・那珂ちゃん
雷巡
・大井
正規空母
・赤城
・加賀
・瑞鶴
潜水艦
・伊58
練習巡洋艦
・鹿島
以上16人
9: 以下、
  ――二日目の朝になりました――
―――軽巡・那珂ちゃんが無残な姿で解体されていました―――
  ――残り村人、15人―――
10: 以下、
 ―――議論開始――――
提督「おはようみんな。とりあえず生存してるかどうか各自挨拶しといてくれ」
吹雪「駆逐艦・吹雪、抜錨です!」
加賀「おはようございます」
ビスマルク「グーテンターク」
瑞鶴「おはようございます! 人狼なんかに負けないんだから!」
金剛「グッモーニン――って那珂チャンが解体されてるデース!?」
卯月「うえぇ??ん! 那珂ちゃ――ん!!」
58「やっぱり那珂ちゃんは解体のアイドルだったでち」
12: 以下、
赤城「おはようございます。初日犠牲者は那珂ちゃんですか………必ず勝って生き返らしてみせます」
鹿島「みなさん、協力して人狼を探しましょう!」
瑞穂「水上機母艦・瑞穂、抜錨です」
明石「おはようございます! 初日に犠牲になった那珂ちゃんのために頑張りましょう!」
大井「北上さん、必ず勝って生き残ってみせます! 待っていてくださいね!」
浜風「本当に始まるのですね………深海凄艦との命を賭けたデスゲームが………」
山風「お、おはよう……ございます………」
13: 以下、
提督「よし、これで那珂ちゃん以外の15人を確認したな」
提督「さて、聞いての通り、この中に深海棲艦が化けている奴が3人、そして妖狐が紛れ込んでいる」
提督「俺達は誰が深海凄艦なのかを、人狼ゲーム形式で議論し合いながら探さねばならない」
提督「さもないと俺達だけでなく、ゲームに参加してない艦娘達も皆殺しにされちまう。そうさせないためにも各員の奮闘を期待する!」
58「つ、ついに始まるでち!」
卯月「でもどうやって探すぴょん? 深海の奴ら、完璧に姿を化けることができるんでしょ?」
瑞鶴「そこは占い師の出番でしょ」
赤城「元帥閣下の張った結界により、私達の中に能力が目覚めた者がいるはずです」
赤城「その力さえあれば――」
瑞穂「占い師になられた方、COをお願いします! どうか人狼を見つけ出してください」
14: 以下、
吹雪「はい、了解しました!」
吹雪「駆逐艦・吹雪! <占いCO>です! 司令官こと提督を占いました! 結果○です!」
卯月「おおっ! COがでたぴょん!」
金剛「ブッキーが占い師!?」
浜風「吹雪が占い師ですか。初日に提督を占ったのですね」
吹雪「司令官を占った理由は初日なので適当です。結果は○! 狼じゃなくて安心しました」
卯月「吹雪ちゃんが占い師ぴょん?」
吹雪「うふふっ、見ていてね卯月ちゃん。深海凄艦なんか私が占って見つけてやるんだから!!」
卯月「何だか頼もしいぴょん」
58「頑張って欲しいでち」
金剛「期待してますよーブッキー♪」
吹雪「えへへ♪」
15: 以下、
加賀「一航戦加賀<占いCO>をします。提督○」
卯月「えっ?」
16: 以下、
加賀「占い理由は初日だから勘で選んだということに加え、提督はこの鎮守府のトップ。必然的に私達の中で発言力は強いわ」
加賀「立場的に進行に口を出される事が考えられる。ここが人狼だったら非常に厄介だと思い占ったわ」
加賀「結果は○。とりあえず安心ね。進行役をお願いしたいわ」
卯月「か、加賀さんも………?」
鹿島「練習巡洋艦・鹿島<占いCO>です! 提督さん、○です♪」
卯月「ふえっ!? 鹿島先生も!?」
鹿島「占い理由は、提督さんは私達にとって大事な人です。だから白黒ハッキリさせれば他のみなさんも安心すると思いました」
鹿島「結果は○。よかったです。ウフフッ♪」
17: 以下、
赤城「三人もでましたね」
大井「定番の真狂狼ってところかしら?」
明石「3?0把握です」
浜風「この人数なら、狐が騙っている可能性も考慮しないといけませんね」
ビスマルク「三人ね………なら、二人は人外確定よね」
瑞鶴「占い候補三人。霊能は潜伏かしら?」
58「ってかみんなてーとく占い!?」
山風「ええっ………ちょ、ちょっと!」
卯月「なんで三人もいるぴょん? 占い師って一人しかいないんじゃ………」
18: 以下、
金剛「OH?! こいつはラッキーデース♪ きっと元帥閣下が気を利かせて三人も占い師を用意してくれたのデスネ♪」
金剛「三人もいれば楽にウルフを見つけることができマース♪ 提督ぅ、よかったですネー♪」
提督「そんなわけないだろうが………」
瑞穂「三人の内二人は人外が騙っているということですよ」
卯月「み、瑞穂さん! どういうことぴょん?」
瑞穂「占い師が占いを続ければ人狼を全て見つけることができます。それを阻止するために人外側が占い師を騙りに来たという事です」
瑞穂「村人たちに誰が真の占い師かをわからせないために、そして場を混乱させるために嘘をついているのです」
卯月「なるほどなるほど、だから三人の内二人は絶対に偽物と………うーちゃん、理解したぴょん!」
金剛「う??、占い師三人いれば楽勝デスのに………」
19: 以下、
吹雪「そ、そんな………私以外に二人も………」
加賀「占い3ね。吹雪さんと鹿島さんが人外確定。把握したわ」
鹿島「偽物は貴方達でしょう? 乗っ取りなんてさせません!」
卯月「い、一体誰が本物ぴょん?」
20: 以下、
提督「3?0把握だ。それにしても三人揃って俺占いかよ!?」
明石「しかも全員から○打ち………真っ白ですね提督」
大井「役に立たない占い候補達ね。これじゃ情報ないに等しいじゃない」
浜風「つまり提督は確定村人。俗に言うお弁当状態ですね」
卯月「お弁当?」
瑞穂「複数の占い師に〇出されてる村人の事をお弁当と言うのですよ」
瑞穂「本物だけでなく偽物からにも〇出されてるので、提督は確定で村人。人狼の可能性はありません」
卯月「なるほどなるほど。じゃあ、司令官は100パーセント村人なんだね。嬉しいぴょん♪」
58「そうでもないでち。確定村人ということは、それだけ狼に噛まれる確率が高いわけでちから」
浜風「だからお弁当と呼ばれてるんですよね」
赤城「提督がお弁当………何か凄く美味しそうな響きですね///」ジュルリ
提督「おい赤城、そのヨダレはなんだ!?」
21: 以下、
瑞鶴「まぁ、前向きに考えれば提督さんが進行役として機能できることがわかったからいいんじゃない?」
ビスマルク「アトミーラルが進行役? それでもいいけど、共有者は出ないの? 進行役ならそっちの方がいいんじゃない?」
提督「はぁ?………俺が全員に○打ちか………」
提督「本当はもう少し様子見をしようと思ったが仕方がない」
22: 以下、
提督「共有CO! 俺は共有者だ! 相方は潜伏中!」
吹雪「ええぇぇッ!? 司令官が共有者!?」
23: 以下、
これは提督が食われるな(意味深
24: 以下、
卯月「共有者って確か………二人いる確定村人だよね?」
瑞穂「そうです。誰が狼でもあり得る人狼ゲームに置いて、ただ唯一信じられる存在。それが共有者です」
卯月「あれ? でもだったら占い者達は………」
大井「そうね。三人揃って無駄占いしたってことよ」
吹雪「はうっ!」
加賀「………………」
鹿島「ご、ごめんなさ?い!!」
赤城「まぁ、初日ですし。仕方ないですよ」
25: 以下、
提督「そういうわけで今後の進行は俺がとりたいと思うが。異存はないな」
浜風「賛成です」
ビスマルク「いいんじゃない?」
加賀「私はそれが目的で、初日に貴方を占ったわけだし」
瑞鶴「いつも通り提督さんが指揮をとってくれれば、私達からしても安心するわ」
提督「反対意見はないな。なら俺が進行役をとる。ではまずは――」
卯月「あっ、待って待って司令官」
提督「なんだ卯月?」
卯月「司令官は共有者だよね? だったら相方がいるってことでしょう? オープンしないぴょん?」
金剛「そういえばもう一人共有者がいるんでしたネー。折角だからオープンしちゃいましょうヨー♪」
提督「そうだな。なら相方よ、出てきてくれ! カモン!!」
26: 以下、
シ―――ン!!
提督「………………」
浜風「誰も名乗り出ませんね」
大井「ちょっと、出るなら早く出てくれません?」
卯月「司令官? どういうことぴょん?」
提督「どうやら相方は潜伏を希望するようだ。ならその判断に任せようと思う」
卯月「およよ? どうしてぴょん?」
瑞穂「恐らく共有トラップを狙ってるのでしょう」
卯月「共有トラップ?」
27: 以下、
瑞穂「もう一人の共有者も提督と同じく確定で村人。それがグレーの中に潜伏していれば、偽占い師にとって牽制にもなります」
瑞穂「もし、潜伏してる共有者に●を出したら、その時点で占い師は破綻となります。人外を炙りだす戦術の一つですね」
卯月「それが共有トラップ………共有者も共有者なりに狼をあぶり出そうとしてるんだ。すてきぃ?♪」
提督「ははっ、そんな大それたもんじゃないよ」
大井「私は共有者フルオープンした方がいいと思います。潜伏してる最中に狼に噛まれることもありえますしね」
大井「それに占い師からしたらグレー候補が増えるわけで、占い対象が広がってしまいます」
大井「なので、私個人としてはフルオープンをお薦めしたいのですが」
提督「オープンするタイミングは相方自身の判断に委ねる。共有者のことは共有者に任せて欲しい」
大井「………そこまで言うのなら了解したわ。無駄な時間とらせてごめんなさいね」
大井「こんな共有で大丈夫かしら」ボソッ
提督「聞こえてるぞこの野郎」
金剛「むぅ?! 大井は感じ悪いデース!」
28: 以下、
提督「さてと話が逸れたな。では、白進行だし霊能も出てくれ」
浜風「霊能者もですか?」
卯月「霊能者って死体を判別できる人だよね。最初から出ていいぴょん?」
提督「占い候補が三人。それでいて白進行だからな」
明石「確かに占い師3で白進行なら出るのが無難でしょうか」
加賀「悪くないわね。私は提督の案に賛成よ。霊能には出てもらいたいわ」
大井「私は別に無理に出さなくてもいいと思いますけどね。結果報告だけなら明日にロケットCOしてくれればいいだけだし」
58「でも、誰が霊能者かわからない内に、今日の夜にオオカミさんに噛まれたりしたら困ると思うでち
大井「出てきた方が噛まれる確率が高いわよ」
ビスマルク「何か色々とまどろっこしいわね。それよりも占い師全員吊るせばいいんじゃない?」
卯月「ふえっ? 占い師を?」
鹿島「い、いきなり占いロラですか!?」
29: 以下、
卯月「占いロラ………?」
瑞穂「ロラというのはローラーの略です。つまり偽物が確実に二人いる占い師達を全員を順に吊るすことですね」
金剛「Oh?なるほどネー。確かにいい作戦デース! これなら確実に人外2人を吊るせますしネー♪」
瑞鶴「そうでもないわよ。だってその代りに真占い師もいなくなっちゃうんだから」
赤城「序盤で真占いなしで狼を引き当てるなんてほぼ不可能です。しかもこの三人の中に狼がいたとしても一匹でしょう。もう片方の偽物は狂人でしょうし」
ビスマルク「あら? 真狂狼とは限らないでしょう? 占いの中に狐だっているかもしれないんだから。だったら早くにロラするのもそうそう悪手ではないんじゃない?」
浜風「確かに狐が占いを騙るのは稀にある手と聞きますが。少なくともこんな序盤でするにはリスクとデメリットが高すぎます」
鹿島「しかも全員が提督さん占いですからね。私が早々に呪殺を出しますからロラはやめてくれません?」
加賀「一匹も狼を見つけてない状態で退場するなんて馬鹿げてるわ」
大井「………なんか臭いわね。こんな序盤でロラ推しだなんて」
ビスマルク「なんですって?」ピクッ
30: 以下、
大井「狐がいる可能性あるから悪手じゃない? それってなんだか狐が言いそうな台詞だと思わない? ビスマルクさん?」
ビスマルク「………あら? 私を疑ってるというの?」
大井「少なくとも、初日から占いロラだなんてセンスがありませんね。まるで呪殺が怖いから占い師を早くに消したい狐みたいな発言に見えるのですけど?」
ビスマルク「私はただ戦術案の一つを提示しただけよ。別にそうしろとは言ってないわ」
ビスマルク「それよりもこんな揚げ足取りして私を責め立てて狐扱いだなんてね………貴方の方こそ印象操作して私を人外扱いにしようとしてない?」
大井「センスない発言なんかするからよ。村人ならばもう少し頭を使ってから発言して欲しいわね」
ビスマルク「なんですって!?」ギロッ
卯月「あうぅ??………」
58「二人とも恐いでち………」
吹雪「早殴り合いが始まってるんですか!?」
金剛「いいぞ 二人ともやっちまえデース!!♪」
瑞鶴「ちょっと金剛! 煽らないでよ!!」
31: 以下、
提督「その辺にしておけ。また話が逸れてしまったな………」
提督「ともかく占いロラはしない。少なくとも今日はな。それよりも霊能者はCOして欲しい」
明石「………わかりました。提督の進行に従います」
明石「工作艦・明石<霊能者をCO>します!」
卯月「霊能者が出たぴょん!」
鹿島「明石さんが霊能者なんですね」
大井「3?1把握よ」
加賀「対抗はいないかしら?」
提督「明石が霊能把握だ。COしてくれて感謝する」
提督「対抗はいないか? これ以降出るようなら偽物と考えるが?」
32: 以下、
シ―――ン
提督「対抗は出ないな。よし」
金剛「これ、明石が本物と考えていいデース?」
浜風「そう考えて問題ないでしょう」
赤城「現時点で真濃厚ですね。この状況で真霊能が潜伏する必要もないでしょうし。むしろこれ以降出るよな霊能者は、提督の言うように偽物と考えるべきでしょうね」
鹿島「仮に明石さんが偽霊能者なら、本物は那珂ちゃんになりますか」
卯月「えっ、那珂ちゃんが霊能者の可能性もあるぴょん!?」
提督「ゼロではないな。今回のルール上、初日犠牲者が能力を持ってるの可能性がある役欠けアリだしな」
金剛「ええっ!? それじゃあ下手したら那珂ちゃんが占い師だったりする可能性もあるのデスか!?」
瑞鶴「最悪、その可能性もあるってことよね………」
明石「一応言っておきますが、私は本物です。証明する手段が無いのがつらいことですが………」
33: 以下、
提督「可能性をあげていたらキリがない。ともかく今後は明石を軸に進行するつもりでいく。狩人は明石護衛を頼むぞ」
大井「護衛指定までするの!? それは反対よ!」
浜風「確かに護衛指定までされたら、狼側は霊能を襲わないでしょう。ですが、その代わりに真占い師が噛まれる恐れがあります」
提督「それはどうかな。占い候補が三人。真狂狼だとしても、狼視点、真占い師と狂人の区別ができてないはずだ」
提督「しかも占い対象が三人とも俺だしな。それにここには妖狐もいる。呪殺のためにも迂闊に占い師を襲えないだろう」
ビスマルク「私は指定護衛に賛成よ。明石が偽霊能の心配はないと思うし。抜かれると非常に厄介だわ。護衛指定する価値あるんじゃない?」
34: 以下、
赤城「ですがそれ承知で噛む狼もいると思います。即抜き勝負を挑んでくるかもしれませんし。例え狂人を噛んだとしても、対抗の占い師の信用を落とす事ができるのですから」
58「ベグられるのは実際村側からしても厄介でち」
卯月「べ、ベグる?」
瑞穂「狼が騙りに出た狂人を?み殺して、真占い師の信用を落とすことを言います」
瑞穂「偽の占い師はめったに狼に噛まれません。噛まれることそれすなわち本物占い師である可能性が高いからです」
瑞穂「だから対抗を噛まれ、生き残った占い師は、例え本物でも偽物に見えてしまうんですよ」
金剛「なるほどネー………偽占い師である狂人を噛むことは、狼にとっても利点があるわけデースか」
大井「護衛指定は流石にやり過ぎよ。狩人に一任すべきだわ!」
赤城「私も大井さんと同じ意見です。護衛については言及しない方がいいでしょう」
提督「そうだな………前言は撤回する。護衛先は狩人の好きにしてくれ」
提督「でも俺としては霊軸で進めたいと思ってる。そこら辺のことは意識していて欲しい」
明石「了解です。狩人さん、できれば護衛してください!」
浜風「狩人の判断に任せましょう」
ビスマルク「指定護衛の方がいいと思うのに………これで霊能噛まれたらグダグダになるじゃない」
35: 以下、
提督「さてと、そろそろ議論時間が終了するな―――では、本日の吊先についての話をするぞ」
58「うっ、吊先………!」ビクッ
卯月「こ、この中から誰かを解体しなきゃいけないぴょん?」
瑞穂「それがルールですからね」
金剛「うぅぅ?………誰も殺したくはないのデースが………」
大井「なら金剛さん。村柱COしてくれますか?」ニコッ
金剛「NO! NO! お断りデース!」
瑞鶴「何かさっきから大井が怖いんだけど………」
ビスマルク「私もそう思うわ………」
36: 以下、
提督「吊先は俺が指定する。みんなそれに従って欲しい」
浜風「提督が指定するのですね」
赤城「グレランにはしないということですか」
卯月「グレラン?」
瑞穂「グレー(灰)をランダムに吊ることです。つまり暫定白・能力者CO以外の村人(灰)を対象に投票して、一番票をとった村人を処刑することを言います」
卯月「つまり、簡単に言えば誰か怪しそうな人を、みんな自分で考えて投票して適当に処刑するということぴょん?」
瑞穂「まぁ、その通りです。人狼ゲームの序盤でよく行われることですね」
卯月「ふーん………あれ? でも司令官はそのグレランをしないって言ってるぴょん?」
37: 以下、
瑞穂「グレランにもメリットもありますがデメリットもあります」
瑞穂「潜伏している狼が多い場合、組織票により人外が釣りにくくなるということです。そしたら潜伏してる狩人やもう一人の共有者に票が集まり死亡することもあり得てしまうのです」
卯月「あっ、そうか………狩人さんもグレーの中にいるんだね」
瑞穂「ですから提督が指定すると言ったのでしょう。共有者である提督なら、狩人はわかりませんが、潜伏してるもう一人の共有者が誰かはわかります」
瑞穂「なので狼達による組織票での事故を起こす確率が減るということですね」
卯月「瑞穂さん、ありがとぴょん♪ 瑞穂さんに教えてもらわなきゃ今日一日中チンプンカンプンだったぴょん♪」
金剛「私からもサンキューネー♪」
瑞穂「ふふっ、いいのですよ」
提督「では指定するぞ」
38: 以下、
提督「<仮指定・山風>」
山風「えっ………」
39: 以下、
卯月「や、山風ちゃんを!?」
浜風「指定把握。やはり山風ですか」
吹雪「指定把握です。そうなっちゃいますよね………」
大井「妥当な位置ね」
赤城「把握しました。仕方のない事ですね………」
58「ゴーヤも納得です………正直、後半になるにつれて吊れなくなる位置でち」
加賀「把握しました。確かに、占いたくない位置ね………」
卯月「な、なんでみんな納得してるの!?」
提督「すまないな山風………敢えてCOは聞かない。黙って吊られてくれ」
山風「そ、そんな―――!」
41: 以下、
卯月「ちょっと司令官! どういうつもりぴょん!?」
山風「う、卯月ちゃん………」
卯月「何で山風ちゃんを吊ろうとするの!? うーちゃん全然わからないぴょん!」
卯月「これって狼を当てるのが目的なんでしょ! なのに何で山風ちゃんを吊ろうとするわけ!?」
卯月「山風ちゃんよりも大井さんとかビスマルクさんとか他の占い師達とか、もっと狼ぽい人はたくさんいるぴょん!!」
卯月「それなのに、なんで………」
提督「卯月、これはな――」
大井「なら逆に聞くけど。山風さんが村人だって言えるわけ?」
卯月「お、大井さん………」
42: 以下、
大井「貴方は私を怪しいと言ったけど、なら山風さんはどうかしら? 怪しくないと言えるわけ?」
卯月「あ、怪しくないぴょん!」
大井「本当にそう思うの? なら山風さんが村人だと言える理由を言いなさいよ」
卯月「そ、それはもちろん―――え、えっと………」
大井「言えるはずないわよね」
大井「だってその子は今日、ほとんど発言していないんだもの」
山風「あっ、うっ………」
43: 以下、
大井「何も喋らずに潜伏して吊りを回避しようとする。狼や狐がしそうな行動と思えない?」
卯月「そ、それは………」
山風「わ、私は何も喋らなかったの………だ、誰が狼だとか、本物だとか、全然わからなかったから………」
卯月「ほ、ほら! 山風ちゃんもこう言ってる! 山風ちゃんの性格ならこうなっても仕方がないぴょん!」
大井「アンタねぇ………そんな理屈、この人狼ゲームには通じないわよ」
大井「狼達は化けた相手の姿だけでなく記憶までコピーする。だからこの子はこういう性格だからとかいう理屈は通じないのよ」
卯月「で、でも………うーちゃんには何となくわかるぴょん!!」
卯月「山風ちゃんは………本物だって………」
山風「卯月ちゃん………」
提督「………」
大井「チッ、まったくとんだ茶番ね………」
44: 以下、
大井「いいわ。だったら教えてあげるわ。これは人狼ゲームの定石の一つ、『寡黙吊り』ってやつよ」
卯月「か、寡黙吊り?」
大井「正直なとこ、誰も山風さんを人外だとは思ってないわ。貴方の言うよう、ほぼ村人と見て間違いないでしょうね」
卯月「だったら!!」
大井「でも、村人だから何だというの? 今日一日でも喋れることはあったのにこの子は何も言わなかった」
大井「そんな狼が誰かもわからないような子を残して村人側に何の得があるというの? 何もないじゃない」
大井「むしろ後半になれば狼達にSG(スケープゴート)として利用されかねないわ」
卯月「そ、それは………」
大井「この寡黙吊りの真の意味は、例え村人だとしても必要ないから吊ろうっていう意味なのよ。グレランで狩人を処刑しないようにね」
山風「ひ、必要ない――!!」
卯月「そんなの酷いぴょん!!」
大井「だからこれ以上駄々こねないでおとなしく吊られてちょうだい。貴方が深海でなければ私達のために死んで役立って欲しいのよ」
45: 以下、
山風「て、提督………そうなの 大井さんが言った通りなの………?」
提督「………すまない、山風」
山風「そ、そんな………!」
山風「い、嫌だ! 死にたくない! 恐い! 嫌ぁ!! またあの深い海の底に行くのはいやぁ………嫌だよ!」
山風「助けて提督! 山風を殺さないで! な、何でもするから………次からちゃんと喋るから………!」
山風「死ぬのは恐い………恐いよぉ……うっ、うえぇ………」ポロポロポロ
卯月「や、山風ちゃん………」
提督「………………」
46: 以下、
提督「ごめんな山風。俺は提督として、共有者として、このゲームに勝たなきゃいけないんだ」
提督「そのためなら何でもする気でいる。それが例え、お前のような人狼ではないであろう艦娘を解体することであってもだ」
山風「て、提督………」
提督「でも、大丈夫だ! この先俺達は絶対に勝ってみせる! 勝てばお前は那珂ちゃんと一緒にに生き返ることができるから」
山風「で、でも………」
提督「だから後は俺達に託して欲しい。必ずお前を生き返らせてみせるから!」
山風「提督………」
金剛「提督の言う通りネー! 私達は絶対に勝ちマース!!」
山風「こ、金剛さん………」
47: 以下、
吹雪「山風ちゃん、大丈夫です! 私が狼を全員見つけちゃうんだから!」
浜風「最善を尽くします。だから後は私達に任せてください」
瑞鶴「そういうことよ。たった三匹の深海ぐらい楽勝なんだから♪」
加賀「慢心はしちゃダメよ五航戦。でも、その通り。私達は絶対に負けないわ」
赤城「慢心はしません。必ず山風さんを生き返らせます」
鹿島「提督さんがちゃんと指示してまとめてくれますから♪ 絶望村になんかはなりません!」
58「ゴーヤも頑張るよ!」
ビスマルク「のんびり待ってなさい。この私を信じてもいいのよ?」
瑞穂「及ばずながら、私も全力を尽くします」
明石「霊能者として村に貢献しますから!」
卯月「山風ちゃん………うーちゃん頑張るぴょん!」
卯月「山風ちゃんも他の艦娘達も、絶対に救ってみせるぴょん!」
山風「卯月………ちゃん………」
48: 以下、
大井「そういうことよ」
大井「人狼ゲームの定石の一つ。吊られた村人は残りの村人を信じて後を託しなさいってね」
大井「必ず勝ってみせるわ………だから、少しの間だけ我慢してなさい」
山風「お、大井さん………」ウルルルッ
49: 以下、
山風「………わかりました。提督、わ、私………恐いけど、解体されにくね………」
山風「私じゃ狼を見つけるのに、力になれないから………だから待ってるね」
山風「提督やみんなが勝つって………信じて待ってるから」
提督「ああ、任せろ山風。必ずお前を生き返らしてみせる!」
提督「では、<本指定・山風> みな票を合わしてくれ」
提督「占い候補達は各人が怪しいと思う奴を占い、明日一番に結果報告すること」
提督「あと、もし俺が明日噛まれたら、相方が即COするからそいつの指示に従ってくれ」
提督「俺からは以上だ………みんな、必ず勝つぞ!!」
全員『了解!!』
<議論時間の終了です。投票に移って下さい>
50: 以下、
<投票結果>
・提督→山風
・吹雪→山風
・卯月→山風
・浜風→山風
・金剛→山風
・ビスマルク→山風
・瑞穂→山風
・明石→山風
・大井→山風
・赤城→山風
・加賀→山風
・瑞鶴→山風
・伊58→山風
・鹿島→山風
・山風→大井
山風14票 大井1票
―――村民投票の結果、駆逐艦・山風は解体されました―――
 ――残り村人 14人―――
51: 以下、
☆夜時間☆
提督「はぁ?…」
提督「共有者は疲れるなぁ………村人陣営の責任者みたいなもんだし。色々重圧が………」
提督「今日は定石通り寡黙な山風を吊り指定したけど、たぶんあいつ村だよな………」
提督「泣きじゃくってるあいつに吊り指定をするのは、本当に心が痛んだ」
提督「うぅ……胃、胃が………!」キリキリ
「おいおい、まだ始まったばかりなのに大丈夫かYO?」
提督「ひっ!! だ、誰だ!? まさか狼!?」
提督「狼が役職持ちの俺を噛みに来たのか!? ひぃぃぃぃ!!」
「違う違う。俺だYO」
52: 以下、
共有者「お前の相棒だYO」
提督「おおっ、もう一人の共有者!」
53: 以下、
提督「そっか、共有者同士は夜に会話できるんだったな」
共有者「そういうことだYO。だから今後の進行について相談しに来たんだYO」
提督「というか、なんでお前そんな喋り方してるの?」
共有者「読者達に俺の正体がバレないようにするためだYO! Yo!」
提督「そ、そう………」
共有者「俺の正体が誰なのか、みんなも予想してくれよNA♪」
54: 以下、
共有者「とりあえず、会話時間も少ないから手短にいくYO」
共有者「初日にも言ったけど、俺は偽占いから●討ちされるまでは基本COする気ないからよろしこ」
提督「それはわかったが。本当に大丈夫か?」
提督「俺はもちろんお前に吊指定しないようにするけど、潜伏してる間に噛まれる可能性が………」
共有者「大丈夫だYO! 昼時間は噛まれないように立ちまわるからYO!」
提督「自信満々だな………」
共有者「昼時間だって噛まれないよう行動してたRO、オレ」
提督「あれは噛まれないための行動だったのか………結構冷や冷やしたぞ」
共有者「ともかくお前は堂々としてろYO! 不安な素振りを見せたら村人たちも不安になるし。狼達も調子に乗るしYO」
提督「わ、わかった………でも、胃が痛いよぉ?」
共有者「ま、でも必要ないかもNA。今日お前噛まれる確率高いしYO」
提督「は?」
55: 以下、
共有者「お前今日、狩人に明石に護衛指示したろ? その後撤回はしたけど。霊軸で行きたいと宣言した」
共有者「という事は狩人は高確率で霊能を護衛してるってことDA。狼側もそれを承知してるだRO?」
共有者「だとしたら次噛まれるのは真占い候補、もしくは狩人候補のグレー、または共有者ってことになるだRO?」
共有者「全員がお前を占った占い師候補達は、狼からしても真偽不明だから噛まれる確率はさほど多くない。妖狐に対し呪殺もして欲しいと思ってるだろうしNA」
共有者「だが、共有者にはそれがない。しかもお前はお弁当DA」
共有者「グレー数調整のためにも、狼が噛んで来る確立が高いってことだYO」
提督「そ、そうか………俺今日死ぬ確率高いのか」
共有者「まぁ、狩人候補のグレー噛みする方が高いかもだGA」
56: 以下、
共有者「まぁいずれにしても、お前が噛まれた時は俺がロケットCOするからYO! 安心しとけYO」
提督「うぅぅ………今日死ぬかもしれんのか………」
提督「あっ、でもそれならもう胃を痛めることもなくなるわけか」
提督「後は頼んだぞ相棒! 俺は山風と一緒に霊界からお前たちの勝利を信じてるからな!」
提督「狼さん、俺を噛んだください俺を噛んでください」ブツブツブツ
共有者「噛まれるのに期待してんじゃねぇYO!」
 ―――二日目が終了しました――――
57: 以下、
残人数:14人
残吊数:6回
<占いCO> 
吹雪:提督○
加賀:提督○
鹿島:提督○
<霊能CO> 
明石:那珂〇
<共有CO>
提督――???
・死体
那珂ちゃん
・吊り
山風
58: 以下、
今日はここまでです。
三日目以降は不定期に投稿いたします。なるべく早くするよう心がけますので。
よろしければ現時点で内訳なり予想してみてください。正直、共有者はわかりやすかったかもしれませんが
早ければ明日明後日までに投稿したいと思います。
駄文失礼しました。
64: 以下、
>>1です。
三日目を投下します
65: 以下、
―――三日目の朝になりました――――
 ――平和な朝を迎えました――
 ――残り村人・14人――
66: 以下、
 <議論開始>
提督「おはよう。おおっ、死体無しの平和だ!」
ビスマルク「グーテンターク。平和把握よ」
浜風「平和ですね。狩人GJか、狐噛みか」
瑞鶴「おはようございます! あら、平和じゃない。これで吊り数増えて村有利になったわね♪」
赤城「平和把握です」
卯月「おーっす! おーっすぴょん! あれ? 誰も解体されてない? 狩人さんが守ってくれたぴょん♪」
大井「狐噛みの可能性もあるわよ。そこのとこも把握しておきなさい」
明石「霊能CO! 山風ちゃん○です。やはり村人でしたね………山風ちゃん、必ず救ってみせます!」
吹雪「おはようございます! 早占い結果を報告しますね!」
67: 以下、
吹雪「占いCO、金剛さん○!」
吹雪「占い理由は、初日でほとんど中身のある発言をしなかったからです」
吹雪「更に周りに煽るような発言をして議題を撹乱させていたようにも見えたので占いました。結果は○。村人だったみたいですね」
加賀「占いCO、赤城さん○」
加賀「占い理由は発言力があり、共有である提督も参考にしていた節が見えたからよ」
加賀「吊指定をする提督の思考を誘導されかねたりしたら危ないと思い占ったわ。結果は○」
加賀「………同じ一航戦の仲間が村人と確定してよかったわ」
鹿島「占いCO、瑞穂さん―――●です!」
瑞穂「!?」
58「●が出たでち!?」
68: 以下、
鹿島「占い理由は、昨日瑞穂さんは丁寧にもルールを理解してない卯月ちゃんと金剛さんに解説をしていましたよね」
鹿島「ですがその一方で、狼が誰かとかいう考察については一切言及していませんでした」
鹿島「時折入れる解説する行動が、人外の村人アピールに見えて怪しいと思ったので占いました」
鹿島「結果は●。提督さん、やりました! 狼を一人見つけましたよ♪」
卯月「ふえぇ!? 瑞穂さんが狼!?」
瑞穂「そ、そんな! 鹿島さんが偽物だったなんて!」
瑞鶴「いきなり場が動いたわね………」
69: 以下、
提督「瑞穂、COはあるか?」
瑞穂「あ、ありません………でも、私は狼ではありません!」
卯月「昨日、丁寧に色々と教えてくれた瑞穂さんが狼だなんて………」
金剛「私も信じられないデース………」
鹿島「ですが占い結果は真実です。瑞穂さんは狼で間違いありません。提督さん、指定をお願いします」
提督「COはなしか。なら、<吊り指定・瑞穂>」
瑞穂「ッ!!」
金剛「ええっ!? もう決めちゃうんデース!?」
70: 以下、
浜風「指定把握。他に怪しいグレーもいませんし。妥当でしょうね」
瑞鶴「指定把握よ。明日の霊能結果で色々わかりそうね」
明石「指定把握です。これで瑞穂さんに黒判定がでれば私と鹿島さんにラインが出来る。逆に村人判定なら、鹿島さんは破綻になるわけですね」
吹雪「あの、これは鹿島さんの狂人特攻なのではないでしょうか? 正直、瑞穂さんがそんなに怪しいとは思えなかったんですけど………」
ビスマルク「私もそれは思ったわ。瑞穂より怪しいヤツはいっぱいいたじゃない」
ビスマルク「………例えば大井とか」
71: 以下、
大井「あら? 昨日のことで根に持ってるのでしょうか?」
ビスマルク「その通りよ。露骨に私に噛みついてきたじゃない。揚げ足ばっかとって」
大井「まぁ、確かに瑞穂さんはそこまで怪しくは見えませんでしたね。役職炙りたがってた貴方に比べれば」
ビスマルク「このっ………!!」ギロッ
卯月「うわぁ?! また喧嘩するぴょん!?」
58「ゴーヤは瑞穂さん狼は割と納得できるでち。あまり目立ってなかったし。潜伏狼ぽい動きにも見えたでち」
赤城「確かに。初日、卯月さん達に解説しかしてなかった瑞穂さんが狼かと言われれば、割かし納得できる位置だと思います」
瑞穂「ち、違います! 私は狼ではございません!」
瑞穂「鹿島さんは偽物です! 信じてください!!」
卯月「瑞穂さん………」
72: 以下、
58「それよりも他の占い候補の占い位置が気になるでち」
58「吹雪ちゃんの金剛さん占いはわかるけど、加賀さんの赤城さん占い位置がちょっとおかしくないでちか?」
58「正直、赤城さんはそんなに怪しいと思わなかったし、昨日の動きならビスマルクさんか大井さんの方を占うべきかと思うけれど」
卯月「確かに、昨日大井さんとビスマルクさんは目立ってたね。誰も占わないのはおかしいと思うぴょん」
加賀「確かに怪しい位置だったけれど、この二人は吊位置だと思い、敢えて占わなかったわ」
加賀「それよりも吊位置には置けないであろう、赤城さんが狼だとしたらまずいと思ったので占ったのよ」
浜風「ビスマルクと大井が吊位置だという主張はわかりますが。それでも個人的には占って欲しい位置でしたね」
大井「赤城さん占いはそこまでおかしいとは思わないわ。加賀さんの言う通り、吊位置じゃないからこそ占うべき位置よ」
大井「………ビスマルクさんの色を見て欲しいというのは同意だけれど」
ビスマルク「そうね。私も貴方の色は気になるわ大井。どうせ真っ黒だろうけど」
大井&ビスマルク『………………』ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!
卯月「ふえぇぇぇ??! 恐いぴょん!」
鹿島「グレー同士で殴り合うのはいと思うのですが………」
73: 以下、
金剛「そういえば、今日の平和はどこで起きたんでしょうネー?」
瑞鶴「無難に霊能じゃない? 占い候補の中に狼がいたら、霊能師は早めに処理したいと思うだろうし」
赤城「狐噛みの確率の方が高いと思いますよ?」
加賀「あら、それはどうして? 赤城さん?」
赤城「昨日は狼側からしても占い師や霊能を噛むメリットは少なかったでしょうし、狩人狙いでグレーを噛みに行った確率が高いと思います」
赤城「そうしたら狐を偶然見つけてしまったとか………」
鹿島「なるほど。聞いてるとその確率が高く思えますね」
浜風「ですが、それだったら告発があるはずですが………」
赤城「とはいえ、普通に狩人に護衛されただけかもしれませんし。考え過ぎて可能性を無駄に広げるのはいけないですね。勿論慢心するのもダメですが」
提督「………ふむ」
74: 以下、
提督「さて、そろそろ議論時間が終了するな」
提督「<本指定・瑞穂> みな票を合わしてくれ。狩人は昨日と同じく自由護衛で頼む」
瑞穂「………わかりました。私が今日死ぬ事で、村陣営に有意義な情報を与える事ができるのですね」
瑞穂「ならばこの命を捧げましょう。みなさん、どうか勝って下さいね」
卯月「み、瑞穂さん………」ジワァ
瑞穂「泣かないでください卯月ちゃん。山風ちゃんと一緒に、勝利を信じて待ってますから」
卯月「う、うん! うーちゃん頑張って狼達を見つけるぴょん! そして瑞穂さんを生き返らせるぴょん!」
瑞穂「ふふふっ、期待していますね♪」
75: 以下、
<投票結果>
・提督→瑞穂
・吹雪→瑞穂
・卯月→瑞穂
・浜風→瑞穂
・金剛→瑞穂
・ビスマルク→瑞穂
・明石→瑞穂
・大井→瑞穂
・赤城→瑞穂
・加賀→瑞穂
・瑞鶴→瑞穂
・伊58→瑞穂
・鹿島→瑞穂
・瑞穂→鹿島
瑞穂13票 鹿島1票
―――投票の結果、水上機母艦・瑞穂は解体されました――― 
 ―――残り村人13人―――
76: 以下、
 ――夜時間―――
提督「瑞穂が黒か………言動はそこまで黒い要素はなかったと思うが、潜伏位置としてはあり得るかも」
提督「狩人が上手く明石を護衛してくれればいいが。でも、それで鹿島が真で噛まれたりしたら最悪だよなぁ」
共有者「もし、明日鹿島が噛まれてたりしたら、占い師を全吊しないとNA!」
提督「そうだな。そうすれば確定で狼と狂人は潰せるはず。しかし、それだと狐の処理がなぁ………」
共有者「狐の事を考えると、まだ明石の方を噛んで欲しいよNA。占い師の真偽は明日ではハッキリしなくなるけど、後に呪殺で判明することもできるしYO」
提督「うーん、確かにそうだが………理想は適当なグレーを噛んで欲しいけどなぁ」
提督「もしくは確定白の俺とか? 俺噛んでくれた方が村有利だよね? 狩人も霊能も生存できるわけだし」
提督「そうだよ! ここは共有者を噛むべきだ! 俺がいなくなれば狼は有利だぞ?、何せ進行役いなくなるしな」
提督「だから狼さん、どうか俺を噛んでください噛んでください!」
共有者「だから噛まれるの望むなYO!!(憤怒)」
提督(しかし、今日の平和は何だったのだろう? 俺個人としては赤城と同じく狐噛みのような気がするが)
提督(もし、そうでないのなら―――)
 ――三日目が終了します―――
77: 以下、
今日は一旦これで終わりです
こんな感じで不定期に一日ごとに投稿したいと思うので、よろしくお願いします
駄文失礼しました
83: 以下、
>>1です。四日目を投稿します
84: 以下、
 
 ――四日目の朝になりました―――
 ――正規空母・赤城が無残な姿で解体されました――
  ――残り村人、12人―――
85: 以下、
 <議論開始>
提督「おはよう。赤城が犠牲になってしまったか………」
加賀「あ、赤城さん………!」ガクッ
卯月「わっ! 加賀さん大丈夫ぴょん!?」
浜風「無理もないですね。相棒である赤城が噛まれてしまったのですから」
瑞鶴「加賀さん………」
ビスマルク「役職持ちではなく、赤城を噛むとは思わなかったわ……」
86: 以下、
加賀「うっ、うっ………」
大井「加賀さん、なにいつまで落ち込んでいるのよ。早く占い結果を言ってくれません?」
明石「ちょ、ちょっと大井さん!」
大井「正論でしょう? このままいつまでもいじけられたら議論は開始されないわ」
大井「貴方が本物なら、相棒である赤城さんを失ってショックを受けるのはわかるわ。私も北上さんを失ったりしたら同じ気持ちになるでしょう」
大井「でも今の貴方は占い師なのよ。占い師の役目は狼を見つけること」
大井「赤城さんの仇を探すのが、今の貴方にできることではなくて?」
加賀「………そうね。貴方の言う通りね」
卯月「加賀さん、大丈夫ぴょん?」
加賀「ええ、もう平気よ。心配かけてごめんなさい」
加賀「赤城さんのためにも………私は必ずこのゲームに勝利してみせる」
87: 以下、
加賀「占いCO。大井さん〇」
加賀「二日目、三日目と、よくも悪くも目立っていたから占っていたわ」
加賀「それでいてやたら攻撃的な発言も多々見られた。だから占ったけれど………結果は〇ね」
鹿島「占いCO。浜風さんは〇です!」
鹿島「発言レベルは高いと思いますが。やたら行動が中庸目に思えました」
鹿島「潜伏狼、妖狐、どちらの行動筋にも見えたので占いました。結果は〇。狼ではありませんでしたね」
吹雪「占いCO。大井さん●です! 司令官、見つけましたよ♪」
卯月「吹雪ちゃんが●を出したぴょん!?」
瑞鶴「これって、パンダってやつ?」
大井「あら、私がパンダ? ふーん………」
88: 以下、
吹雪「占った理由は初日から色々と目立っていましたからね」
吹雪「それにやたら揚げ足取りの発言が多かったですし、吊り誘導を仕掛ける人外にも思えたので占いました」
吹雪「結果は●! 司令官、大井さんは狼です!!」
浜風「昨日に引き続きまた●が出ましたね」
58「でも今度は別の占い師から………どう動いたらいいでち!?」
ビスマルク「大井が黒。やっぱりね。納得だわ」
提督「………霊能も結果を言ってくれ」
89: 以下、
明石「霊能COです! 瑞穂さん●! 狼でした!!」
加賀「なっ………!」
吹雪「ええっ!?」
卯月「み、瑞穂さんが………狼!?」
瑞鶴「鹿島と明石のラインが繋がったわ!」
鹿島「うふふっ、当然です♪」
鹿島「明石さんが真で安心しました。霊欠けもあるのではと少し心配していたので」
90: 以下、
金剛「えーっと、それじゃ鹿島がホンモノ確定ってことデスカ?」
浜風「いえ、まだ決め打つには早いでしょう。現時点では狂人誤爆、狼同士の身内切りの可能性もありますし」
卯月「身内切り?」
浜風「占い騙りに出た狼が、村人の信用を得るためにわざと仲間の狼に●出しすることです」
卯月「えっ、仲間を切り捨てるって………狼はそこまでするの?」
浜風「現時点で盲信するのは危険です。ですが私は明石が真霊能だと思っていますので。いずれにしろ狼一匹は吊れた。そう考えていいでしょう」
91: 以下、
加賀「私は鹿島さんを狼目で見てるわ。だからこの瑞穂さんの黒は身内切りね」
加賀「目的のためならば仲間をも切り捨てる。正に外道がする戦術だわ」
鹿島「私の信用を下げるのに必死ですね加賀さん。そんなにお仲間の瑞穂さんが吊られて焦ってるのですか?」
加賀「貴方が本物ならば、今頃噛まれているはずでしょう。もしくは明石さんが噛まれてるはず」
加賀「両方とも生存してる時点でおかしいわ。だから貴方は狼。それで決め打つわ」
吹雪「狂人誤爆乙ですね鹿島さん。これは仲間の狼さんも激おこプンプン丸ですよぉ?♪」
提督「吹雪は鹿島を狂人だと思うのか?」
吹雪「はい。昨日も少し言いましたが。瑞穂さんは個人的に怪しいとは思えませんでしたし」
吹雪「だから狂人が人狼でないと決め討って黒打ちしたのでは? まぁ、霊能結果からして誤爆だったということでしょう」
鹿島「雑な殴り入れですね吹雪ちゃん。真占い師を名乗るにしてはお粗末な発言ですよ?」
鹿島「それとも狂人アピールですか? 昨日と比べるとやたら軽口になってる気がしますけど?」
卯月「どれが本物ぴょん? 鹿島先生じゃないの………?」
58「うーん……加賀さんと吹雪ちゃんが組んで鹿島さんの信用を下げてるようにも見えるでち………」
92: 以下、
提督「さて、一旦状況を整理すると」
提督「瑞穂が狼でほぼ確定。そして大井がパンダか………」
58「そうでち! 大井さんに〇と●が出たでち!」
金剛「今日は大井を吊るのですカ?」
93: 以下、
瑞鶴「どうするの提督さん? 今日は大井を吊るの?」
吹雪「大井さんを吊って下さい! 他に吊るべきグレーもいないでしょう?」
吹雪「私視点、恐らく対抗の加賀さんは狼。鹿島さんは誤爆した狂人という線が濃厚!」
吹雪「今日、大井さんを吊れれば早くにラストウルフに持ち込めます!」
吹雪「そこから順にグレーを詰めて狐を炙れば村陣営は勝てます」
吹雪「さぁ、司令官! ご決断をお願いします!」
卯月「ど、どうするぴょん? 今日は大井さんを吊るの………?」
大井「………そうね。他に吊るべき村人もいないわね」
吹雪「ふふふっ、観念しましたか大井さん?」
94: 以下、
大井「ただし死ぬのはあんたよ。クソ人外!!」
吹雪「えっ………」
95: 以下、
大井「共有CO! 重雷装巡洋艦・大井、共有者を宣言します!!」
吹雪「なっ………」
卯月「ええぇぇぇぇッッ!!??」
金剛「大井が共有者!?」
ビスマルク「う、嘘でしょ!?」
吹雪「そ、そんな………嘘ですよ!!」
提督「吹雪、お前の未来は―――死だ」
吹雪「!?」
提督「共有CO確認。大井は俺の相方だ」
96: 以下、
瑞鶴「提督さんも承認した!」
加賀「それじゃあ、大井さんは本当に共有者………」
提督「潜伏ご苦労だったな大井」
大井「いえいえ、そっちこそ一人で進行お疲れ様です」
加賀「大井さんが共有者………だからやけに余裕な態度だったのね」
ビスマルク「そ、そうだったの………疑って悪かったわ」
大井「いえいえ、こちらこそ。ノイズを巻くためとはいえ、酷いこと言ったりしてごめんなさいね」
鹿島「なるほど。ビスマルクさんを叩いていたのは、ヘイトを巻いて吊位置に見せかけることにより、狼に噛まれるのを防止するためだったのですね」
大井「そういうことです♪」フフン
ビスマルク「なるほど。昨日私に突っかかってきたのは全て演技だったのね」
大井「半分はそうですけど。ビスマルクさんを人外視してるのは本当ですよ?」ニヤリ
ビスマルク「えぇ………」
97: 以下、
卯月「すごーい! 流石は大井さん! 早人外を見つけてくれたぴょん♪」
浜風「対して加賀は○打ち………若干ですが、真目が上がりましたね」
金剛「ということはブッキーは………狼?」
瑞鶴「いや、これは狂人でしょ」
大井「そうね。騙り狼が霊能生存中に黒特攻なんてするはずないわ」
浜風「吹雪は破綻です」
58「人外確定。今日の吊りは確定でち」
吹雪「………………」
金剛「ヘイ、ブッキー! 見事に提督達の罠にかかりましたネ♪」
金剛「ねぇねぇ、どういう気持ちデスカーwwwwNDKwwwNDKwww」
浜風「だから何で煽るんですか………」
吹雪「………………」
吹雪「あー、なるほど………そういうことですか」
金剛「ん?」
98: 以下、
吹雪「これは司令官も狼だったってことですよ! 真の共有者は初日犠牲者の那珂ちゃん! 加賀さんが狼で、鹿島さんが狐なんですよ!」
吹雪「共有者を二人吊りましょう! みなさん、票を合わして下さい!」
瑞鶴「何か言ってるわよ。この偽物」
大井「狂人特有の悪あがきね。黒特攻するのはいいけど、相手をもっと選ぶべきだったわね」
吹雪「吊指定・司令官! みなさん票を合わせてくださいねー♪」
提督「吹雪は無視しろ。さて、議論時間はまだあることだし」
大井「残りの時間は各自怪しいと思うグレーをあげて欲しいわ」
浜風「怪しいグレーですか………」
金剛「うーん………そうデスネー………」
99: 以下、
58「ゴーヤは金剛さんが怪しいと思うでち!」
金剛「えっ、私!?」
58「場をかき乱して、煽る発言が多いし、中身のあることを何一つ言ってないでち! 便乗した意見も多いし、経費吊できるならしたいと思うぐらい」
金剛「NO! NO! 私村人デース!!」 
浜風「狐にしては目立ち過ぎている………人外だとしても残念村人を装った狼目に見えます」
58「ゴーヤは狐だと思うでち」
58「さっき吹雪ちゃんを煽っていたのもそうだけど、叩ける位置を叩いて信用を落として吊りに行かせようとしてた風に見えたよ」
58「道化を演じて占い師から占われるのを避けるためなんじゃ? ここまで明ら様に臭い動きをされたら却って占えないでち」
鹿島「確かに………金剛さんは占いたいと思いませんでした。占ったら信用落としそうですし」
金剛「そ、そんなことないデース! みなさん、どうか考え直してくださいヨー!」
100: 以下、
瑞鶴「私はビスマルクが怪しいと思う」
ビスマルク「な、なんですって!?」
瑞鶴「昨日大井が言っていたけど。初日から占いロラも推してたし。それ以外にもやたら占い師を気にする発言も多かったと思うわ」
瑞鶴「占い師を恐れるのは、狼や狐だってことだしー………」
ビスマルク「ち、違うわよ! 私は戦術案を述べただけで―――」
大井「そうね。さっき言った通り、ビスマルクさんを疑ってるのは本当よ」
ビスマルク「ちょっと大井!?」
大井「狼目よりも狐目にね。役職ロラに関する言及が多い辺りがそう見えるわね」
ビスマルク「だからそれは戦術案を述べただけって言ったじゃない!!」
金剛「OH,見てください! ほら、ビスマルク怪しいデスヨー! こら人外確定デース!!」
浜風「また便乗発言ですね、金剛」
卯月「金剛さんが怪し過ぎぴょん! 狼臭い!!」
金剛「OH、NO!!」
101: 以下、
提督「意見をまとめると、みんな金剛とビスマルクを怪しいと思ってるのか」
浜風「吹雪が狂人確定と考えると、金剛の動きが村人には見えませんね」
瑞鶴「私はビスマルクのが怪しいと思うけど」
提督「ふーむ………」
吹雪「あっ、何か狂人認定してるみたいですけど。私は狐ですよ? コンコーン♪」
卯月「何か言ってるぴょん!?」
102: 以下、
提督「狐COか」
吹雪「ですから狐盾進行のために飼ってくれませんかー♪」
大井「論外ね」
瑞鶴「この状況なら無理に狐盾にしなくてもいいんじゃない? 狼一匹は吊れてるし」
浜風「というか、狐なはずがありません。占い騙りの狐がこう安易に黒出しするとはとても………」
大井「そうよ。だから相手しないで。どっちにしろ今日吊るんだから」
103: 以下、
吹雪「飼ってくれないですか………だったら狼COです! 飼ってくれたら告発しますよー♪」
浜風「今度は狼ですか。忙しい人ですね」
金剛「おー、クレイジーブッキー………」
大井「へー、狼なんですかぁ?………よし、吊ね」
吹雪「あらら、飼って呉れる気ゼロですか………なら!!」
吹雪「ラストウルフCOです。山風ちゃんと瑞穂さんが仲間です。私を今日吊ると狐が勝利しますよ?」
加賀「人外数合わないじゃない………」
明石「その内訳だと私はなんなんですか」
104: 以下、
提督「さて、そろそろ議論時間が終わるな」
提督「言うまでもないと思うが、<本指定・吹雪>だ」
浜風「指定了解。狂人が露見してよかったです」
加賀「指定把握。吹雪さんは狂人。なら対抗の鹿島さんは狼確定ね」
鹿島「指定把握です。呪殺狙いで狐目を占おうと思います。なので今回は予告投票をしますね」
明石「指定把握です。狩人さんは私よりも占い候補のどちらかに護衛をして欲しいです」
大井「そうね。そろそろ役職噛みが発生しそうよね」
金剛「HEY、ブッキー! 最後に何か言い残す事ありますカー?」
吹雪「………………」
吹雪「如月の事、ワスレナイデネ」
提督「くおら――ッッ!!! なんで如月の轟沈セリフ言うんだ――ッッ!!!」
<議論時間が終了します。投票に移ってください>
105: 以下、
 <投票結果>
・提督→吹雪
・卯月→吹雪
・浜風→吹雪
・金剛→吹雪
・ビスマルク→吹雪
・明石→吹雪
・大井→吹雪
・加賀→吹雪
・瑞鶴→吹雪
・伊58→吹雪
・鹿島→金剛
・吹雪→大井
吹雪10票 金剛1票 大井1票
――村民投票の結果、駆逐艦・吹雪は解体されました―――
 ――残り村人、11人―――
106: 以下、
 ―――夜時間―――
提督「共有トラップ、上手く言ったな大井」
大井「ええ。狂人が吊れたわね。ふふっ、まぁチョロいものですわ♪」
提督「占い師はどっちが本物かな? 盤面だけなら鹿島のが本物ぽいけど。加賀もお前を白打ちしたしなぁ」
大井「瑞穂さん黒打ちして、占い師と霊能が両方生きてるのはおかしいと思うわ」
大井「鹿島さんが身内切りした狼………結構あり得るんじゃない?」
提督「うーん、俺は加賀も結構怪しいと思うんだけどな」
提督「正直、真占い師にしては占って欲しいとこを占っていないと言う風に見えるかな。行動もあまり積極的に見えないし」
提督「鹿島はその点、怪しいとこを占ってくれてるし。生きてるのはやはり、呪殺のために敢えて放置してる気がするんだよな」
107: 以下、
大井「狐と言えば、貴方は誰が狐目だと思います?」
提督「う?ん………現時点じゃわからんな。今日の会話ではみんな金剛とビスマルクが怪しいと言ってたけど、俺的にはあんまピンと来ないと言うか」
大井「そうかしら? ビスマルクさんはかなり狐ぽいと思うけれど」
提督「確かに役職気にする発言多いけど、人外にしては露骨過ぎる気がする」
提督「特に狐だとしたら悪目立ちし過ぎだよなぁ。俺がもし狐だったら、初日に占いロラなんて口に出来ないと思うんだよね」
提督「素村だからこそ出来る発言じゃないかな」
大井「………なるほど。そう言われると私はパッションでビスマルクさんを色塗りしてしまったかもしれませんね」
提督「まぁ、確証はないから、俺もそこまで自信はないんだけどね」
108: 以下、
大井「提督はかなり盤面をフラットに見ていられるのね。私はエモーションで動いてしまうこと多いから、こうはできないわ」
大井「………これなら、私なんかがいなくても一人で問題なく進行できますね」
提督「おいおい、なんだよそれ。まるで明日お前が死ぬみたいじゃないか」
大井「あり得なくはないでしょう? 霊能か占い師には狩人がついてる可能性があるから襲撃に失敗する可能性がある。慎重な狼ならここで確定白を噛むのも十分あり得るわ」
提督「それはそうかもしれんが………」
大井「その時は貴方よりも私の方を噛んで欲しいわね。その方が村利だもの」
提督「いや、お前の方がいた方がいいだろう。正直俺はそんなに弁が立つ方でもないし、頭の回転も鈍いし」
大井「そんなことないですよ。もっと自信を持って下さい」
大井「貴方はいるだけでみんなが安心するわ。私じゃ恐がらせてしまうもの」
提督「大井………」
大井「私は北上さんともう一度会いたいわ………だから、提督」
大井「負けたら承知しませんわよ? フフフッ………♪」
―――四日目が終了しました―――
109: 以下、
<占い結果>
吹雪:提督○→金剛○→大井●
加賀:提督○→赤城○→大井〇
鹿島:提督○→瑞穂●→浜風○
<霊能結果>
明石:山風○→瑞穂●
<共有CO>
提督――大井
・死体
那珂→平和→赤城
・吊り 
山風→瑞穂→吹雪
110: 以下、
今日の分ははこれで終わりです。駄文失礼しました。
111: 以下、
乙乙
人狼ゲーム詳しくないからわからん語もあるけど面白い
112: 以下、

ルール見たら狐って存在がすごく面倒だな、印象に残っても残らなくて噛まれるか吊られるなんて…
119: 以下、
>>1です。五日目を投稿します
120: 以下、
  ――五日目の朝になりました―――
 ――雷巡・大井が無残な姿で解体されました――
 ――残り村人、10人―――
121: 以下、
<議論開始>
提督「お、大井………」ガクッ
浜風「共有者を噛まれましたか………」
ビスマルク「大井が噛まれた? 占いでも霊能噛みでもないの!?」
明石「グレー噛みですらなく、確定白の大井さんを噛んでくるなんて」
鹿島「狼は信頼勝負を挑んて来てるということですか………」
122: 以下、
提督「クソッ!! おのれ人狼め!! よくも大井を!!」
卯月「し、司令官………」
金剛「提督もショックですよネ………パートーナーである共有者が噛まれたのデスから」
提督「なぜ俺を噛まなかった!? そうすれば進行役せずに済んだのに!!」
卯月&金剛『そっち!?』
浜風「共有者もつらいのでしょうね………」
123: 以下、
提督「ええい、占い師達!! さっさと占い結果を言ってくれ!!」
加賀「了解しました」
鹿島「では、行きますよ」
加賀「占いCO、瑞鶴〇!」
鹿島「占いCO、金剛さん〇です!」
124: 以下、
加賀「昨日、五航戦はビスマルクを怪しいと声高にしたわね。確かにビスマルクさんはどこか不穏な感じはした」
加賀「けど、私はそれ以上に今まで発言数が少なかった五航戦が急にビスマルクさんを怪しいと口にしだしたことに違和感を覚えた」
加賀「それが吊誘導する狼の手口に見えたので占ったわ。結果〇」
加賀「………まったく、紛らわしい行動しないでほしいわね」
鹿島「予告通りに占いました。昨日、私の白である浜風さん達が怪しいと指摘したので占った次第です」
鹿島「私自身も、金剛さんには便乗した発言など多数あって怪しいと思ったのですが………結果は〇」
鹿島「狐だと自信があったのですが、溶けていませんね」
提督「●はなしか………霊能結果を頼む!」
明石「はい! 霊能CO,吹雪ちゃんは〇です」
58「知ってた」
浜風「まぁ、狂人ですね」
125: 以下、
金剛「やはりブッキーは狂人でしたネー。昨日は最高にクレイジーでしたから納得デース!」
提督「さて、まとめるとこんな感じか………」
――――――――――――――――――――――――
<占い結果>
吹雪:提督○→金剛○→大井●
加賀:提督○→赤城○→大井○→瑞鶴〇
鹿島:提督○→瑞穂●→浜風○→金剛〇
<霊能結果>
明石:山風○→瑞穂●→吹雪〇
・死体
那珂→平和→赤城→大井
・吊 
山風→瑞穂→吹雪
――――――――――――――――――――――
浜風「明石視点、狼と狂人の2人外が排除できたということですか」
浜風「そうなると、残り狼二匹。狐生存濃厚。占いに真狼真狐のどちらだとしても、潜伏してる狼が必ず一匹はいるということですね」
鹿島「その通りのはずです。山風ちゃんが狐だとは思いませんし」
明石「私や占い師のお二人を噛んで来る気配がないですね………狼側は信用勝負を挑んでるのでしょうか?」
126: 以下、
提督「吊回数は4回か………ミスが許されるのは一回のみ」
提督「占い師の決め打ちをすべきなのか?」
ビスマルク「ロラよロラ! だから私が散々言ったじゃない!」
金剛「またそれ言ってるのデスカー? 懲りないネー………」
浜風「いえ、日数的に視野に入れるべきかもしれません」
127: 以下、
瑞鶴「っていうか加賀さん! なんで私を占うのよ! 昨日の会話からしてビスマルクか金剛を占うべきでしょ!!」
加賀「貴方も十分怪しかったと思うわよ。急にビスマルクさんを怪しいと声を大きくしたし」
瑞鶴「昨日は怪しいグレーについて会話しろって流れだったんだから当然じゃない! なのに何でビスマルクさんを占ってくれなかったのよ!」
加賀「私が誰を占うかを一々貴方に指摘される覚えはないわ」
鹿島「加賀さんがビスマルクさんや金剛さんを占えないのは当然ですよ」
鹿島「偽占い師は狐を囲うのを恐れますからね。だから非狐目を占ってお茶を濁すしかなかったのでしょう」
加賀「それは貴方だって同じじゃない。瑞穂さんに黒を出して以降、無難な白討ちしかしてないわ」
鹿島「それは仕方がない事ですよ。私視点、対抗である加賀さんが人外なのは確定ですし。残りグレーから探すのも大変ですから」
128: 以下、
卯月「うーん、これは加賀さん偽物って感じに見えるぴょん」
明石「私もそう思いますね。正直、加賀さんから人外を探す意欲があまり感じられません」
明石「でも鹿島さんが真なら、この時点で噛まれないのもおかしいと思います。すでに狼一匹を引き当ててるわけですし」
明石「………ごめんなさい。やっぱり現状イーブンです」
鹿島「私が噛まれないのは単純に狩人護衛が恐いからだと思いますよ?」
鹿島「あと呪殺のために放置されてるとも思います。狼の噛み筋的に狐を探してるとは思えませんしね」
鹿島「狐の処理は真占い師である私にさせて漁夫の利を得たいのでしょうかね? 中々厚かましい狼ですこと」
加賀「自意識過剰ね。じゃあ、明石さんが生きてるのは何故よ? 説明になってないわ」
ビスマルク「やはりロラするべきよ! それが一番手っ取り早いわ!」
瑞鶴「もう! だから思考停止しないでよ!」
129: 以下、
提督「………占い師はまだ切らないで行く。ロラするにしても明日からだ。ギリギリまで引き伸ばす」
ビスマルク「それで大丈夫なの? 悠長過ぎない?」
提督「………今日はグレランを行いたいと思う。浜風がさっき言ったが、両視点で潜伏してる狼が一匹いるのは間違いないからな」
明石「現時点、両視点グレーは、ビスマルクさん、卯月ちゃん、ゴーヤちゃんですね」
130: 以下、
瑞鶴「正直、狐か狼かはわからないけど、切りたいと思うのはビスマルクよ!」
ビスマルク「ちょ、瑞鶴またなの!?」
瑞鶴「理由は昨日と同じよ。金剛さんが白なら、現時点で一番怪しいのはあんたしかいないわ」
ビスマルク「………占いロラ発言がそこまでいけなかったかしら?」
瑞鶴「それ以前に、あんたは役職に気にかけ過ぎだもの。グレーに目を向けず、役職持ちの艦娘にしか目を向いてない感じだわ。そこら辺が人外臭いのよ!」
ビスマルク「随分と無理 矢理で強引な主張じゃない。なら、私からも言わせてもらうけど」
ビスマルク「ズイカクはやたらと私を吊りに持っていきたい風に見えるわ。他の村人は差し置いて、この私だけをロックして激しく誘導している!」
ビスマルク「まるで周りに私を人外だと印象付けたいかのようだわ。そうでないと困るかの様にね」
瑞鶴「何が言いたいのよ?」
浜風「ビスマルクは瑞鶴自身が人外だから、それで自分を狼か狐に仕立て上げて吊ろうとしている。そう言いたいのですか?」
ビスマルク「その通りよ」フフン
瑞鶴「私が人外? 冗談じゃないわ! 疑われたから疑い返してるだけじゃない!」
ビスマルク「そっちこそ! 感情で私を疑ってるじゃないの!!」
131: 以下、
58「ゴーヤは瑞鶴さんに同意でち。ビスマルクさんはやっぱり怪しいよ。無駄吊りが一回できるなら吊ってもいいと思うでち」
金剛「右に同じデース! 今日はビスマルクをパニッシュすべきデース!」
浜風「私はビスマルクを村だと思いますが」
ビスマルク「!!」
瑞鶴「はぁ? なんでよ?」
132: 以下、
浜風「少なくとも狐は切っていいと思います。こんなにも悪目立ちして狐だったりしたらお粗末過ぎだと思いますし」
卯月「うーちゃんもビスマルクさんは狼や狐だとは思えないぴょん」
卯月「正直、うーちゃんも占いロラにはそこまで反対だと思えなかったし………だって、敵である人外勢が確実に二人消せるのなら、それはそれでいいんじゃないかと思ったし………」
卯月「というか、瑞鶴さんが何でそこまで占いロラ発言に叩いてるか分らないぴょん………」
瑞鶴「あのね卯月。あんたはこの手のゲームは初めてだろうからわからないかもだけど。このゲームでは占い師は重要な存在なのよ?」
瑞鶴「それを軽視して安易にロラへ誘導しようとする時点で怪しいと考えるべきなのよ」
ビスマルク「だから誘導なんてしてないわよ! 捏造しないでくれない?」
明石「うーん………意見が割れてますね………」
提督「………………」
提督「よし、指定を出すぞ」
133: 以下、
提督「<仮指定・ビスマルク>」
ビスマルク「ッ!!」
瑞鶴「そうよ提督さん。それでいいのよ」
ゴーヤ「ナイス指定でち♪」
134: 以下、
提督「COはあるか?」
ビスマルク「聞いてアトミラール! 私は村人よ! 人外じゃないわ!!」
提督「COはあるか?」
ビスマルク「考え直して! 私は狼でも狐でも―――」
提督「何度も言わせるな。COはあるのか? ビスマルク」
ビスマルク「ッ……!」ビクッ
ビスマルク「な、ないわ………私は村人よ………」
提督「そうか。把握した」
135: 以下、
金剛「グッバーイ、ビスマルク♪ あの世でブッキー達によろしく言っておいてくださいネー♪」
ビスマルク「くっ………!」
浜風「………個人的には、村人だと思うのですが」
卯月「うーちゃんも………」
鹿島「確かに村人かもしれませんが、私視点でグレーですし、反対はしません。占い範囲も絞れますし」
加賀「指定把握。私も反対はしないわ。ビスマルクさんが怪しいと思うのは同意よ」
136: 以下、
ビスマルク「そ、そんな………」
瑞鶴「これでいいのよ………吊るとしたら無駄吊りできる今しかない」
ゴーヤ「提督もナイス判断でち! 流石だね。これで順にグレーを詰めてけば村陣営の勝利は揺るがないよ♪」
提督「では、本指定をだすぞ」
ビスマルク「うっぅ………」
137: 以下、
提督「<本指定・ビスマルクと伊58でラン投票>」
ビスマルク「えっ」
瑞鶴「なっ………!?」
金剛「ワッツ!?」
58「えええええぇぇぇぇぇぇぇッッッ!!!????」
138: 以下、
58「て、ててーとく!? どうしてでちか!?」
提督「少し思考開示するが、俺個人としてはビスマルクを村目で見ている」
提督「そしてゴーヤはこの中で一番目立たない位置にいるし、共有者の視点から何度も視界の外にいることを多く感じた」
提督「ビスマルクに仮指定した時も一番喜んでるようにも見えた。よってラン投票とする」
58「ま、待って欲しいでち! ゴーヤは村人だよ!?」
浜風「それはCO無しということですね」
卯月「うーちゃん、ビスマルクさんは村だと思うから、ゴーヤちゃんに投票するぴょん!」
58「ちょ、ちょっと待って!!」
139: 以下、
ビスマルク「アトミラール………貴方………」
瑞鶴「ゴーヤは確かに目立たなかった………いえ、それでもビスマルクは残せないわ!」
鹿島「確かにゴーヤさんは、私の視界からも消えてました………」
加賀「仮指定直後に提督に擦り寄ってた風にも見えたわ………確かに怪しい」
提督「指定は撤回しない。今日はビスマルクとゴーヤのランだ」
提督「占い師は予告投票禁止。ビスマルクかゴーヤのどちらかに票を必ず入れてくれ」
鹿島「指定把握です。予告投票はしません」
加賀「把握しました」
浜風「了解です」
明石「わかりました」
ビスマルク「把握したわ。アトミラール………ダンケ………」
58「そ、そんなぁ?………」
<議論時間が終了します。投票をしてください>
140: 以下、
<投票結果>
提督→伊58
卯月→伊58
浜風→伊58
鹿島→伊58
加賀→伊58
金剛→伊58
ビスマルク→伊58
瑞鶴→ビスマルク
明石→ビスマルク
伊58→ビスマルク
伊58 7票
ビスマルク 3票
――村民投票の結果、潜水艦・伊58は解体されました―――
  ――残り村人、9人――
141: 以下、
 ――夜時間――
提督「思ったよりも票がゴーヤに傾いたな」
提督「ビスマルクに仮指定をだしたのは、そこが人外勢なら狩人COするのではと踏んだのだが」
提督「CO無しだったな………やはり村に見える。ミスリード恐いけど」
提督「ゴーヤは発言自体少なかったから、意図的に潜伏してるように見えた。だから潜伏狼もあり得るのではと思ったけど………」
提督「占い師が二人ともゴーヤに投票してる。こりゃ狼の線はないか」
提督「狐ならばいいんだけれど、村だったらどうしよう………あぁ?村人だったらごめんよぉゴーヤぁぁ??ッ!」
提督「ってか金剛の奴、ちゃっかりゴーヤの方に投票してやがる。あれだけビスマルクを叩いてた癖に」
提督「本当あいつ何なんだよ………あぁ?鹿島が白打ってなかったらこいつに指定出してたんだけどなぁ?」
142: 以下、
提督「残り日数的に占い師を決め打たなきゃならんな………」
提督「ええと、視点整理すると、両視点で狼一匹と狂人一匹は確定で吊るせてるんだよな」
提督「明石が真前程の話だけど………ってか明石の奴が中々噛まれんな」
提督「信用勝負だから噛まれないという感じなんだろうけど………今更ながら偽物なんてことはないよな?」
提督「もしも瑞穂が狼でなかったら………この時点で3ウルフ生存なんてしてたら………」
提督「い、いや! やめよう! 今更霊能偽なんか追えるか!」
提督「落ちつけ俺………狼は確実に一匹吊れてるんだ………」
提督「大丈夫………きっと勝てるはず………」
提督「………でも、負けたら皆殺しなんだよなぁ………」
提督「………………」
提督「胃、胃がぁ………胃がぁぁぁ………!!」キリキリキリ
 ――五日目を終了します―――
143: 以下、
今日はこれで終わりです。次の投稿は少し日数空くかもしれませんが、どうか待っていてください
駄文失礼しました。
144: 以下、
づづぎぎに゛な゛る゛

148: 以下、
>>1です。6日目を投下します
149: 以下、
 
 ――6日目の朝になりました―――
――工作艦・明石が無残な姿で解体されました―――
  ――残り村人、8人―――
150: 以下、
 <議論開始>
提督「ここで霊能噛みだと………?」
卯月「うわぁぁぁん! 明石さ――ん!!」
ビスマルク「もしかしてゴーヤは狼だった? それを知らせないためにアカシを?」
浜風「それはないと思います。昨日占い師は二人ともゴーヤに投票してましたし」
鹿島「占いCOします。瑞鶴さん―――●です」
瑞鶴「!?」
加賀「占いCO………金剛さん○よ」
金剛「えええぇぇぇッッ!!?? またワタシ占い!?」
卯月「瑞鶴さんが狼!? そして金剛さんがまたまた占われてるぴょん!?」
浜風「何ですかこの占い結果は………」
151: 以下、
―――まとめ―――
<占い結果>
吹雪:提督○→金剛○→大井●
加賀:提督○→赤城○→大井○→瑞鶴〇→金剛〇
鹿島:提督○→瑞穂●→浜風○→金剛〇→瑞鶴●
<霊能結果>
明石:山風○→瑞穂●→吹雪〇
・死体
那珂→平和→赤城→大井→明石
・吊 
山風→瑞穂→吹雪→伊58
――――――――――
152: 以下、
ビスマルク「コンゴウ、貴方三人の占い候補達に占われたわね………」
金剛「私、ランチボックスになっちゃたデース!?」
浜風「占い師がそれぞれ昨日対抗が占った位置に占いをしたのですか?」
卯月「ど、どうなってるぴょん!? わ、わけわからないよぉ??!」
瑞鶴「そんな………私に黒!? それじゃ鹿島が偽物!?」
提督「このタイミングで対抗の白占いはそこまで変ではないと思うが、二人揃ってかよ!」
浜風「グレー範囲が絞れませんね」
提督「………まぁいい。二人とも、占い理由を言ってくれ」
153: 以下、
鹿島「占い理由は、昨日瑞鶴さんはやたらとビスマルクさんを吊りたがってましたよね」
鹿島「確かに怪しむ気持ちはわかりますが、それにしては必死過ぎではないかと違和感を感じました」
鹿島「なのでビスマルクさんをSGに見立てようとした人外目に見えたので占いました」
鹿島「結果は●です! 対抗の加賀さんは狼と睨んでます。なので私視点狼を全て発見することができました!」
鹿島「狐は正直確証はありませんが、ゴーヤさんで決め打ってます。もう私の仕事はありません。加賀さんと瑞鶴さんを吊れば村は勝ちます!」
浜風「鹿島視点、狼全露出ですか………」
加賀「正直、占い先を誤ってしまったとしか言い様がないわ………」
加賀「昨日、金剛さんは投票先をゴーヤさんにした。散々ビスマルクさんを非難していたのにも関わらずによ」
加賀「このどっちが吊られてもいい様な曖昧で真剣味のない態度、とても村人だとは思えなかった。むしろ妖狐にあるスタイルそのものよ」
加賀「それに対抗の鹿島さんの囲い候補だった。だから狼もあり得ると思ったのだけれど………結果は○」
加賀「自分でもこの結果は信じられないわ………ごめんなさい」
提督「加賀のグレー範囲が広いな………」
154: 以下、
金剛「そ、そんなに私怪しかったデスか?」
浜風「ええ、それには加賀に同意です」
卯月「というか金剛さん本当に村人!? 確定白になっても信じられないぴょん!」
ビスマルク「というかアナタ!! なんで昨日ゴーヤの方に投票したわけ!? あれだけ私を吊りたがってたくせに!!」
金剛「いやぁ??、確かにビスマルク怪しいと思ったんデスけど、提督の言った事の方が最もだと思いましタので、だから直前に考えを変えてゴーヤに入れましタ。テヘペロ」
鹿島「残念村人過ぎますよぉ………」
提督(思考開示すべきじゃなかったか?)
155: 以下、
瑞鶴「なるほど、だから霊能の明石を噛んだのね………私に黒打ちするために!!」
瑞鶴「ああもう! 完璧ミスリードだわ! 鹿島の方を真目に見ていたのに!!」
鹿島「完全グレーである卯月ちゃんとビスマルクさんが狐の可能性があるかもしれませんが、これで私の占い師としての仕事は完了したも当然です」
鹿島「今日は瑞鶴さんか加賀さん吊りでお願いします。狐が最悪生存していても明日は来ます」
瑞鶴「そうはいかないわ!! 鹿島、あんたは破綻よ!!」
156: 以下、
瑞鶴「五抗戦・瑞鶴<狩人CO>をするわ!!」
鹿島「なっ!?」
金剛「えええぇぇぇぇぇッッッ!!!???」
ビスマルク「ズイカクが狩人!?」
浜風「そこから来るのですか!?」
提督「みんな少し落ち着け。対抗いるならすぐに出ろ!」
シ―――ン
提督「対抗はいないか………瑞鶴、日記はあるか?」
瑞鶴「当然! 真狩人だから当然よ。今から公開するわ!」
157: 以下、
 ――☆五航戦・瑞鶴の狩人日記☆――
 
・初日:狩人になったからにはなるべく噛まれない様に立ち回るわ!
・二日目:提督さんを護衛 結果:死体なし
共有者が指定してくれるようで一安心。正直、グレランを回避できる自信なかったし。
護衛先は霊能にしようかと最初思ったけど、あれだけ提督さんが霊能護衛して欲しいと要求したからには狼も噛めないでしょう。
だから敢えて霊能は護衛せず、GJ狙いで共有者を護衛するわ。明石が噛まれたらごめんなさい!
・三日目:明石を護衛 結果:赤城さんが解体
瑞穂が正直怪しく見えなかったし、鹿島は狂人の黒特攻に見える。
占い真偽発覚のためには、霊能護衛が望ましいと判断。よって今日は明石護衛よ
・四日目:鹿島を護衛 結果:大井が解体
吹雪が狂人発覚。そして明石と鹿島のラインが繋がったわ。
盲信する気はないけれど、現時点じゃ鹿島が真占い師候補筆頭。よって鹿島を護衛に切り替える。
・五日目:鹿島を護衛 結果:明石が解体
加賀さんは私に白だししたのはいいけど、真占い師としては無難に白を出し続け過ぎな気がする。
それに見るからに怪しいビスマルクを占おうとしない辺り、どうにも人外を探す気が見当たらない。
よって、ほぼ鹿島を真に決め打って護衛継続
――――――――――
158: 以下、
瑞鶴「――これで以上よ。まさか護衛してたのが狼だったとはね………本当、笑えないわ」
鹿島「偽狩人の癖にそんな日記まで用意してご苦労なことですね」
ビスマルク「ズイカク、本当にアナタ狩人なの? それにしては随分と目立っていたような………」
卯月「狩人って、狼さんに噛まれないために、あまり派手に動かないって聞いたけど………瑞鶴さん、滅茶苦茶目立ってたと思うけど?」
浜風「確かに。狩人にしては危険な立ち回りをしていましたね」
金剛「その通り! 悪目立ちし過ぎデース!」
瑞鶴「あんたにだけは言われたくないわよ!!」
159: 以下、
瑞鶴「目立ち過ぎていたのはまずいと思ってたけど、つい議論が白熱して我を忘れてしまったわ………そこのところはごめんなさい」
鹿島「苦しい言い訳ですね。昨日のあの誘導は素村ならば納得できますが、狩人のものではありませんよね?」
ビスマルク「私もそう思うわ」
ビスマルク「昨日、貴方は私を散々吊りたがってたわよね。それ自体は構わないわ。正直私も色々失言をしていたと思うし」
ビスマルク「だからミスリードして私を吊ろうとする行動自体は理解できる―――それが村人ならばね」
ビスマルク「でも貴方は狩人と言った。狩人があんなに目立って私を吊ろうと行動するかしら?」
ビスマルク「するにしても、一歩引いた位置で誘導するぐらいじゃない? なのに率先として声高らかに意見を出すなんて………いつ噛まれてもおかしくない行動よ!」
ビスマルク「あんな行動をするのは私を人外と思った村人。もしくは無駄吊り目的で私をSGにしようとした狼ぐらいなものよ!
瑞鶴「それについては申し訳ないと言うしかないわ………」
瑞鶴「でも、それが私なのよ! 私はこういう性分なのよ!」
160: 以下、
卯月「うーちゃんも瑞鶴さんが狩人とは思えないぴょん!」
瑞鶴「ちょっと卯月!?」
卯月「瑞鶴さんが狩人に見えないというよりも、加賀さんが真占い師に見えないぴょん!!」
卯月「だって、鹿島先生はちゃんと狼を見つけてくれてるけど、加賀さんはそうじゃないもん! ○ばっかり! 呪殺もしてくれないし、全然役に立ってないぴょん!!」
加賀「そ、それは………」
卯月「だから鹿島先生が真占い師。その占い師が黒打った瑞鶴さんこそ狼に違いないぴょん!」
161: 以下、
鹿島「加賀さんは占い師にしては行動がやたら受動的で積極性が欠けていましたね」
鹿島「金剛さんを占ったのも破綻回避のためだけ。ここでグレー範囲を狭めないなんてあり得ませんよ」
瑞鶴「このタイミングで対抗占いは全然おかしくないわ! 提督さんもそう言ってたし、あんただってそうしたじゃない!!」
鹿島「ですが盤面を見て下さい。私はすでに狼二匹を発見しましたか。加賀さんは無難に白しか出していません」
鹿島「破綻を恐れ、無難に白打ちしかしないのは、騙り狼の手口です」
瑞鶴「それは違うわ! 加賀さんが狼なら信用取るためになりふり構わず黒をすでに打ち出してるはずよ!」
加賀「五航戦…貴方………」
瑞鶴「加賀さん、しっかりして!! 貴方は真占い師なんでしょう!? ここで殴り負けちゃダメよ!!」
加賀「瑞鶴………」
162: 以下、
提督「待て瑞鶴、日記を読んだが、二日目俺を護衛したのか!?」
金剛「あっ、本当デスね。しかもあの日は確か平和が起きた日デース」
浜風「霊能でも占い候補でもなく提督を護衛? しかもそれで平和ですか?」
瑞鶴「狐噛みには思えなかったわね。だからその日、狼は提督さんを噛みに行ったのよ」
鹿島「あり得ませんね。占い師や霊能でなく共有者護衛だなんて、真狩人の行動じゃないでしょう?」
瑞鶴「なら、私が偽物ってなら、真狩人は誰になるってのよ!」
鹿島「赤城さんでしょう。行動もどこか狩人めいていましたし」
提督「確かに俺も赤城は狩人ぽいと思ったな………視点がやたら広かったし」
瑞鶴「ちょっと提督さん!!」
163: 以下、
浜風「赤城は平和が起きた次の日に噛まれている………つまりこれは狩人狙いの噛みだったということですか?」
瑞鶴「なるほど、そういうことね。鹿島、あんたが三日目の夜に赤城さんを襲撃した理由はこれね!」
瑞鶴「前日平和を出された狼は焦って狩人に見える赤城さんを襲撃した………語るに落ちたわね」フフン
鹿島「それが私の狼要素だと言いたいのですか? なりませんよ」
鹿島「提督さんも赤城さん狩人だと感じていた。村人視点でも察しられたことです」
鹿島「だから貴方は今、狩人COをして乗っ取りを図ってるのでしょう? 対抗はいないとわかっていたから即座にCOできた。典型的な吊逃れですよね」
鹿島「ですが瑞鶴さん、貴方のこれまでの行動は狩人としては滅茶苦茶です」
鹿島「COしたところで誰も狩人だと信じてはくれませんよ?」
164: 以下、
瑞鶴「なら真アピさせてもらうけど。私は最初意図的に出力を落としていたわ。発言数少なかったでしょう?」
瑞鶴「人外からも目立たず、占い師からも占われないような位置にキープしようとしていたわ。これは私が狩人だからこそとった行動よ!」
鹿島「それが真アピですか? 苦しい以前の問題ですね」
鹿島「そんなの潜伏狼の行動にも十分当てはまりますよ?」
瑞鶴「狩人の行動事体、人外の動きに見えてしまうものよ!」
鹿島「なら、後半になって発言数を増やし、ビスマルクさんを吊誘導した行動は何ですか? それも狩人の行動ですか?」
鹿島「私には無駄吊りさせようとする潜伏狼の行動そのものに見えましたけど?」
瑞鶴「くっ………!」
165: 以下、
ビスマルク「やはり信じられないわ。ズイカク、貴方が狩人には見えない」
卯月「鹿島先生が真確定ぴょん! 瑞鶴さんが狼臭すぎる!
提督「確かに狩人にしてはアグレッシブ過ぎだよな………」
瑞鶴「待って提督さん! ダメよ!! ここで私を吊りにしてはまずいわ!!」
ビスマルク「あら、随分と必死ね」
瑞鶴「当然でしょ!! もう日数も少ないし、ここで鹿島に決め打ったら負け濃厚だから抵抗してるのよ!!」
166: 以下、
瑞鶴「【指定希望・鹿島】よ! 加賀さんで真決め打って!! お願い!!」
鹿島「【吊り指定希望・瑞鶴さんか加賀さん】です。提督さん、お願いします」
提督「………………」
提督「よし。俺の中で考えはまとまった」
167: 以下、
提督「<仮指定・鹿島>」
鹿島「えっ………」
169: 以下、
瑞鶴「流石提督さん!! 信じてたわ!!」
ビスマルク「ま、待ってアトミラール! この状況でカガを真占い師で決め打つの!?」
浜風「正直、不安なのですが………」
提督「いや、決め打ちはしない」
浜風「えっ?」
提督「今日鹿島を吊ったら、明日は加賀を吊る」
加賀「!?」
170: 以下、
卯月「か、加賀さんも!?」
浜風「占いロラですか………」
ビスマルク「このタイミングでするの!?」
鹿島「待って下さい! だったら加賀さんの方を先に――」
提督「いや、吊るのは鹿島が先だ」
鹿島「えっ?」
提督「なぜならお前視点で内訳はハッキリしてる」
鹿島「あっ………」
171: 以下、
提督「お前視点で狼は瑞穂、瑞鶴、加賀の三人という事で確定している」
提督「それに比べ加賀視点では、まだ潜伏狼がいることになっている」
提督「だから加賀に一日猶予を与える。鹿島、お前は真占い師だとしても狼を三匹露出させたことにより仕事はほぼ終了した」
提督「だから鹿島から先に吊る。そして次に加賀。これで両視点でラストウルフ一匹で最終日を迎えられる」
瑞鶴「提督さんはあくまで両方の真を追うというのね………」
ビスマルク「そこまで考えてたのね………アトミラール………」
浜風「狐が生存していたら危ない進行ですが………」
卯月「でも、これならどっちが偽物の占い師でも狼は残り一匹なのは確実ぴょん!」
172: 以下、
提督「【本指定・鹿島】だ!」
鹿島「………そうですか。提督さんは私と加賀さんの両方を信じようと思ってくれたのですね」
鹿島「うふふっ♪ 流石は私達の提督さん。優しいんですから」
鹿島「指定把握しました♪ 後の事はお任せします。勝って下さいね、提督さん」
提督「ああ、任せろ」
173: 以下、
鹿島「では遺言を残します」
鹿島「私視点、卯月ちゃんとビスマルクさんが完全グレーですが。狐の線は薄いと思っています」
鹿島「なので加賀さんと瑞鶴さんの二人を吊れば勝利は確定です。後の事は託しましたから、みなさん頑張って下さいね」
浜風「指定把握です。鹿島教官の意見は参考にさせてもらいます」
卯月「指定把握ぴょん! 鹿島先生、うーちゃん絶対に勝ってみせるからね!」
金剛「指定把握デース! カシマ、お疲れ様でシタ♪」
ビスマルク「指定把握よ。正直、カシマが本物だと思うけれど、アトミラールが安全策をとるというのなら、その判断を信じるわ」
瑞鶴「指定把握。提督さん、ありがとう………私はGJを狙うわ!!」
加賀「指定把握。提督に感謝します………私は完全グレーの二人のどちらかを占うわ」
<議論時間が終了します。投票を行ってください>
174: 以下、
<投票結果>
提督→鹿島
卯月→鹿島
浜風→鹿島
加賀→鹿島
金剛→鹿島
ビスマルク→鹿島
瑞鶴→鹿島
鹿島→瑞鶴
鹿島7票 瑞鶴1票
175: 以下、
 ―――村民投票の結果、練習巡洋艦・鹿島は解体されました――
  ――残り村人・七人―――
176: 以下、
 
 ――夜時間――
提督「い、胃が痛いよぉ………」キリキリ
提督「ううっ、鹿島を吊ってしまったぜ………」
提督「これでよかったのだろうか………決め打ちしないで占いロラなんかしてよかったのだろうか………?」
提督「い、いや大丈夫なはず! 明日の生存人数は6人! 仮に鹿島が真で加賀と瑞鶴が狼でもPPは発生しない!」
提督「狂人が吹雪で金剛が素村なのが確定してるから、明日加賀を吊れば最終日ラストウルフ一匹だけになる」
提督「そうだ! この進行こそがベストなんだ! どっちが偽物で本物でもケアできるこの進行こそが正着手のはずだ!」
提督「ここまで来ると占い師が全偽ということもあり得るしね! だから占いロラは間違ってないはず!」
提督「明日、呪殺が起きない限りは加賀吊だ!」
提督「そして最終日にラストウルフを言い当てれば村陣営大勝利! 希望の未来へレディーGO!」
提督「そう、ラストウルフを言い当てれさえすれば………みんな生き返るんだ………」
提督「………いい当てられるのかな? 俺」
提督「間違えたらもう終わりやん………ああっ、こんな時に大井がいてくれたらなぁ??うぅぅっ………」
提督「明日加賀が呪殺起こして死体が二人発生してくれれば勝ち確定なんだけどなぁ………そんなこと起きる希望すら沸かないし………」
提督「うぅ………胃、胃がぁぁ?………胃が痛いよぉ??!!」
 ―――6日目が終了します――――
177: 以下、
今日の分はこれで終わりです。
残りあと二回を予定してます。
どうかよろしければ最後まで付き合ってくれれば幸いです。
駄文失礼しました。
180: 以下、
面白いな
これどうなるんだ……
191: 以下、
>>1です。七日目を投稿します
192: 以下、
 ―――七日目の朝になりました―――
 ――戦艦・ビスマルクが無残な姿で解体されました―――
  ――残り村人・6人―――
193: 以下、
提督「おはよう。ビスマルクが解体されたか………」
加賀「<占いCO・ビスマルク○>!」
加賀「私視点対抗の白である浜風さん含めて、グレーは三人。その中で一番悪目立ちしていたビスマルクさんを占ったわ」
加賀「瑞鶴が散々狐だと口にしていたし、占ってみたけど………結果○」
加賀「最後まで白しか出せなかったわね………提督、申し訳ございません」
加賀「私は最後まで狼を一匹も見つけられなかった………ダメな占い師ね、本当………」
瑞鶴「<狩人CO>加賀さん護衛! 潜伏狼が見つけられないために加賀さん襲撃も考えれると思ったからよ! 私視点、呪殺GJの可能性が高いわ」
194: 以下、
―――――まとめ――――
<占い結果>
吹雪:提督○→金剛○→大井●
加賀:提督○→赤城○→大井○→瑞鶴〇→金剛〇→ビスマルク○
鹿島:提督○→瑞穂●→浜風○→金剛〇→瑞鶴●
<霊能結果>
明石:山風○→瑞穂●→吹雪〇
・死体
那珂→平和→赤城→大井→明石→ビスマルク
・吊 
山風→瑞穂→吹雪→伊58→鹿島
195: 以下、
卯月「ビスマルクさんが解体されたぴょん………」
金剛「不謹慎ですが。ビスマルクが解体されてホッとしたデース。狐じゃないかと散々言われてましたからネ」
浜風「これは加賀視点、呪殺GJの可能性があるわけですか」
瑞鶴「そうよ! ビスマルクは狐筆頭よ! 呪殺GJあり得ると思うわ!!」
提督「【吊り指定・加賀】だ」
加賀「………把握しました」
瑞鶴「て、提督さん………」
196: 以下、
提督「悪いが死体が一つだけだ。呪殺だと断定できん。だから宣言通り占いロラ完遂だ」
提督「【本指定・加賀】だ! 撤回はない!!」
加賀「了解。後はお任せます」
瑞鶴「加賀さん………」
加賀「瑞鶴、貴方が私の唯一の白よ。託したわ」
瑞鶴「………ええ! 任せて頂戴!!」
金剛「あの?、ワタシも加賀の白なのデスが………」
加賀「ごめんなさい。正直金剛さんじゃ戦力外通告よ」
金剛「酷いデース!!」
197: 以下、
提督「みんな、よく聞いてくれ。今日は加賀吊り確定だ」
提督「だから残り時間、各自ラストウルフ候補を挙げてくれ」
浜風「わかりました」
卯月「了解ぴょん!」
瑞鶴「なら私から行くわ! 私が思うラストウルフは―――」
瑞鶴「浜風! あんたよ!!」
浜風「………私ですか」
198: 以下、
瑞鶴「理由は単純よ。私視点、鹿島が偽占い師、そして加賀さんが真占い師で確定」
瑞鶴「だから必然的に狼候補は浜風と卯月のニ択になるわ」
瑞鶴「あんたと卯月とでは、偽占い師の鹿島から白貰ってるあんたが狼に見えて仕方ないのよ」
浜風「確かに………鹿島教官が偽だとすれば、私は囲いに見えるでしょうね」
瑞鶴「それにあんたと卯月では、あんたの方が発言力は高いわ。鹿島が占いで騙りに出たということは、自分が吊られることも想定していたはず」
瑞鶴「そうなるともう一方の相方は、潜伏に自信のある奴がいるということになるわ」
瑞鶴「卯月は正直、山風と金剛がいなかったら初日で吊られているような位置。とてもじゃないけど潜伏狼を任せられる人材じゃない」
瑞鶴「だから消去法であんたが狼だってこと。実際、あんたはどこか一歩引いた位置で発言して、悪目立ちもせず、だからと言って寡黙でもない絶妙な立ち位置にいた」
瑞鶴「いい具合に潜伏していたと思うわよ。狩人である私が見習いたいぐらいにね。あんたみたいなのがいれば鹿島が身内切りまでして信頼勝負を選択したのも納得できる」
浜風「………………」
199: 以下、
瑞鶴「内訳はこうよ!」
瑞鶴「【真占い師:加賀】【霊能師:明石】【狂人:吹雪】そして狩人はこの私!」
瑞鶴「【妖狐:ビスマルク】そして狼は【瑞穂・鹿島】そして浜風、あんたよ!!」
浜風「………なるほど。瑞鶴はそう考えてるのですね」
浜風「私は卯月がラストウルフだと確信しています」
卯月「えっ、うーちゃん!?」
200: 以下、
浜風「私は瑞鶴が真狩人だと思います。なので消去法で卯月がラストウルフ以外あり得ません」
瑞鶴「あら、私が真狩人と決め打ってくれてるみたいだけど、なぜそう思ってるわけ?」
浜風「日記の内容です。貴方は二日目に提督護衛と言った」
浜風「ハッキリ言って狩人としてはリスキーな行動です。正直、あまり褒められるような行動とは思えませんが、その分真に見える」
浜風「偽狩人ならば無難に霊能か占い師護衛とでも書けばいいのに、貴方は提督護衛などという信頼を度外視した内容だった」
浜風「偽狩人が日記で信頼を落とすような内容は書いたりしない。だからこそ真に見える」
浜風「そうなると私の中で消去法で卯月がラストウルフということになるんです」
浜風「内訳はこうです」
浜風「【真占い師・加賀】【霊能師・明石】【狂人・吹雪】【狩人・瑞鶴】」
浜風「【妖狐・伊58】【狼・瑞穂、鹿島、卯月】これで間違いないでしょう」
201: 以下、
瑞鶴「私を真狩人と言ってくれて嬉しいわ。でも、それってさ」
瑞鶴「内訳見えてるからこそ断定してるんじゃない?」
瑞鶴「自分で言うのも何だけど、私は狩人らしかぬ行動をしていたわ。みんなが信じられないのも当然ってぐらいにね」
瑞鶴「なのにそんな自信を持って断定しているのは、あんたが狼だからで、内訳全部見えてるからこそ言えたことじゃない?」
浜風「………卯月はここまで誰にも占われずに生存している」
浜風「貴方は私を潜伏狼として申し分ないと評価しましたが。それは卯月にも言えることです」
浜風「初日に吊られる位置と言いますが、現にこの時点で生き残ってます!」
瑞鶴「それは狼からしてみれば噛む価値がないからでしょう? 私が狼なら卯月は噛まないでSGとして残してる。そう正に今の状況みたいにね!」
浜風「現在SG枠になってるのは私です! 鹿島教官はこの状況を想定して私に○打ちしたんです! 気付いてください!」
卯月「およよ?………なんか浜風ちゃんに疑われてるぴょん………うーちゃん村人なのに………」
卯月「でも、うーちゃんは瑞鶴さんこそラストウルフだと思うぴょん!!」
瑞鶴「ちょ、ちょっと卯月!?」
202: 以下、
卯月「昨日にも言ったけど、うーちゃんは鹿島先生が本物だって決め打ってるぴょん! だから白出された浜風ちゃんは村人確定。瑞鶴さんこそ最後の狼さんぴょん!」
瑞鶴「待って卯月! それは――」
卯月「待たないぴょん! 鹿島先生は昨日吊られたけど、破綻は全然してないぴょん! 加賀さんと比べても本物ぽいのは鹿島先生!」
卯月「だから瑞鶴さんが狼! うーちゃん、考えを改めないぴょん!」
卯月「うーちゃんの考える内訳はこうぴょん!」
卯月「【真占い師・鹿島先生】【霊能者・明石さん】【狂人・吹雪ちゃん】【狩人はたぶん赤城さん】」
卯月「【妖狐・ゴーヤちゃん】【狼・瑞穂さん、加賀さん、そして瑞鶴さん】の三人!」
卯月「これがファイナルアンサーぴょん!」
203: 以下、
浜風「やけに鹿島教官を真だと言い切りますね卯月。その根拠はなんですか? 破綻してないと言うのならそれは加賀も同じです」
卯月「だって鹿島先生は狼を一匹見つけてくれたぴょん!」
浜風「それは身内切りということで片が付きます。貴方は加賀が本物とあり得ないと断定してますが。偽占い師がこうも無難に白を打ち続ける意味こそありません」
浜風「それは偽物と言うよりも、狼を見つけられなかった真占い師の行動筋にも見えます。そのことを考慮しないで一方的に盲信している貴方の姿は村人のそれとは思えません」
瑞鶴「そうかしら? 私は益々卯月が村に見えて来たわ」
瑞鶴「私も加賀さんも、真狩人及び真占い師として相応しい行動をとれなかった」
瑞鶴「だから信用されなくて当然………卯月の反応は素村のそれに見えるわ!」
瑞鶴「対して浜風、あんたは今日やけに加賀さんや私の肩を持ってくれるじゃない。昨日までそんな素振りなかったのにさ」
瑞鶴「露骨に鹿島とのラインを切ろうとしてる。バレバレなのよ!」
浜風「私は今まで盤面をフラットに見て来ただけです。そして最終日前日である今日、加賀真で決め打ったんです!」
卯月「そうぴょん! 浜風ちゃんは村人ぴょん! 今までだって特に狼らしい行動してなかったもん! していたのは瑞鶴さんの方ぴょん!」
卯月「というかこれってビスマルクさんにやった事を浜風ちゃんにしようとしてるだけでしょ!」
卯月「うーちゃんを言いくるめて浜風ちゃんを吊らせようってことだろうけど、そんな手は通じないよ?だ! アッカンベー!!」
205: 以下、
瑞鶴「卯月気付いて!! 私は真狩人なのよ!!」
浜風「瑞鶴こそよく考えて下さい! 現時点で完全グレーの卯月を素村で決め打たないで!!」
卯月「浜風ちゃ?ん!! うーちゃんじゃなくて瑞鶴さんが狼なんだぴょ?ん!!」
ギャー! ワー! ギャー!
提督「三人とも意見が違うわけか。ううっ、胃が痛ぇよマジで………」キリキリキリ
金剛「ワオ! 三者三様ってやつデスねー♪ みんなラストウルフ候補が違うのネー」
提督「なに他人事みたいに言ってんだ。お前もラストウルフだと思うのを言えよ」
金剛「Ohーソリ―デース」
金剛「う?ん………正直全然わかんないデース」
金剛「ぶっちゃけ、みんな村人に見えますネ………この中でダレが一番怪しいかと聞かれると、ワタシだと思いますシ………」
提督「自分で言うのか!?」
金剛「でも………」
提督「ん?」
206: 以下、
金剛「今日加賀を吊ってゲーム終了したりしませんかネー?」
提督「??? どういう意味だ?」
金剛「占い師は全員フェイク。ブッキー狂人。加賀&鹿島がダブルウルフの可能性あったりしませんカー?」
提督「ないだろ。流石に」
提督「仮に加賀と鹿島が仲間だとしても、瑞穂を身内切りする意味がわからん」
提督「仮に全偽だというなら、どっちかは狐になるだろう」
金剛「AHAHA、確かにそうデスネー♪ だとしたら全然わからないデース♪」
提督「ハァ?………頼むから最終日前日ぐらい、もっと真面目に考えてくれよ………」
207: 以下、
提督「さて、そろそろ時間だな。加賀を吊る。みんな投票を合わせてくれ」
浜風「了解しました」
卯月「わかったぴょん!」
瑞鶴「加賀さん、後は任せて!」
加賀「ええ、信じてるわよ」
卯月「泣いても笑っても次が最終日ぴょん………」
瑞鶴「ここで護衛宣言をするわ! 今日は提督さんを護衛する!」
瑞鶴「だから狼は金剛を噛むことね」
金剛「えっ、何でワタシ!?」
208: 以下、
瑞鶴「それはそうでしょう? だってあんたは提督さんと同じ確定白。狼が残しておく利点ないじゃない」
浜風「私達3人の内、誰かを噛む事もあり得ません。ラストウルフ候補が減ってしまうわけですし」
卯月「そっか………だから狼さんからすれば、今日は司令官か金剛さんを噛まなきゃいけないんだね」
瑞鶴「それに提督さんと金剛なら、ジャッジ役は当然提督さんに任せたいと思う。それ含めての護衛宣言よ!」
浜風「確かに、金剛に最終日は任せられませんね」
卯月「それには瑞鶴さんに同意できるぴょん! 金剛さんなんかに村の行く末託したくないぴょん」
金剛「私の評価ボロクソデース!?」
瑞鶴「提督さんが最終日に判断するのなら、例え負けたとしても納得できる。悔いはないわ」
209: 以下、
提督「………わかった。正直、胃がもう蜂の巣みたいに穴だらけだし、ジャッジ役なんてやりたくないのが本音だけど」
提督「ここまで言われたら引き下がれねェ………お前らの命、俺が預かった!!」
卯月「司令官、かっこいい??♪」
浜風「信じてます………提督!」
瑞鶴「なんなら狼は私を噛んでもいいわよ? その時点で鹿島が破綻するから、むしろ望むところだし」フフン
金剛「あー………これ噛まれるんデスネ………ワタシ」
210: 以下、
<間もなく議論時間が終了します>
提督「よし。みんな投票の準備をしろ」
提督「加賀………お疲れ様。後の事は任せろ。必ずお前を生き返らせてみせる!」
加賀「提督、貴方には感謝してるわ。私みたいなダメな占い師の真を切らないでいてくれて………」
加賀「瑞鶴の言う通り、例え負けたとしても悔いはないわ。貴方が共有者であることを誇りに思います………本当にありがとう」
提督「あ、あのさぁ………」
加賀「ん?」
提督「そういうのやめてくれないか? 別れ際にそんなこと言われたら益々胃が………ぐおおっ!!」キリキリ
加賀「ご、ごめんなさい。さっさと解体されに行くわ」
瑞鶴「提督さんェ………」
浜風「共有者は本当に大変なのですね」
211: 以下、
金剛「あっ、提督。ワタシも最後に一言いいデスカ?」
金剛「何か今日の夜に噛まれるのワタシみたいですしから、最後に遺言言いたいネー♪」
提督「ああ、わかった。いいぞ」
金剛「サンキューネー♪」
金剛「えー、オホン! ミナサン、ここまで一緒に付き合ってくれてアリガトウゴザイマシタ♪
金剛「ワタシは終始残念な村人でしたネ………何も貢献できなくてスイマセンでしタ………」
金剛「だから―――」
212: 以下、
金剛「<狂人CO>デース。御主人サマはワタシを噛まないでくださいネ♪」
213: 以下、
卯月「えっ」
浜風「なっ!?」
瑞鶴「はぁ!?」
加賀「!?」
提督「……………は?」
<議論時間が終了しました。各自投票を行ってください)
214: 以下、
金剛「クククククク………フフフフ………」
金剛「アハハハハハハハハハハハハハハハハハハ♪」
金剛「キャハハハハハハハハハ♪」
215: 以下、
 <投票結果>
提督→加賀
浜風→加賀
卯月→加賀
瑞鶴→加賀
金剛→加賀
加賀→金剛
――村民協議の結果、正規空母・加賀は解体されました――
  ――残り村人・5人―――
216: 以下、
―――夜時間――――
提督「な、何が起きたんだ………?」
提督「咄嗟の事で指定も投票も変えられなかった………えっ、本当何が起きた!?」
提督「金剛が狂人COをした………?」
217: 以下、
提督「いや、そんな! バカな!?」
提督「あり得ない!! そんなはずがない!!」
提督「だったら吹雪はなんなんだ!?」
提督「内訳が違ってたのか!?」
提督「占い師全偽?」
提督「まさか明石が偽物!?」
提督「わけがわからないよ!!???」
218: 以下、
提督「いや待て落ちつけ! まず金剛は三人の占い候補に占われてる。つまり狐でも狼でもないのは確定!」
提督「そして最終日以外は村人は騙りができないから、村人でないのも確定!」
提督「それじゃあ本当に狂人………? なら吹雪はなんだ!?」
提督「………」
提督「………」
提督「狐………? 吹雪は狐だったのか………?」
219: 以下、
提督「あの狐COは本当だった!? 負け確定だったから狂人のように振舞っていたのか!?」
提督「そ、そんな………ああっ!」ガクッ
提督「終わった………仮にどちらの占い師が真でも確実に狼が一匹いる以上、半PPが起きてしまう………」
提督「どう足掻いても引き分け確定だ………引き分けならみんな死んでしまう………」
提督「すまない大井………山風……みんな…………俺は村を勝利へ導けなかった………」
提督「この勝負………もう村勝ちはない………」
 ―――七日目を終了します―――
220: 以下、
これで終わりです。次は最終日&内訳発表です。
早かければ明日明後日に投稿しようと思うので、よろしければ最後まで付き合ってください。
駄文失礼しました。
221: 以下、

読んでいるだけなのに頭がぐわんぐわんしてくる
242: 以下、
>>1です。最終日を投下します。
どうか最後までお付き合いください。
243: 以下、
 
  ―――八日目の朝になりました―――
 ――正規空母・瑞鶴が無残な姿で解体されました―――
   ――残り村人・4人―――
244: 以下、
―――――まとめ
<占い結果>
吹雪:提督○→金剛○→大井●
加賀:提督○→赤城○→大井○→瑞鶴〇→金剛〇→ビスマルク○
鹿島:提督○→瑞穂●→浜風○→金剛〇→瑞鶴●
<霊能結果>
明石:山風○→瑞穂●→吹雪〇
・死体
那珂→平和→赤城→大井→明石→ビスマルク→瑞鶴
・吊 
山風→瑞穂→吹雪→伊58→鹿島→加賀
―――――――――――――
245: 以下、
 <最終日・議論開始>
金剛「アヒャヒャヒャヒャヒャ!! 瑞鶴が噛まれましたネー♪」
金剛「つまり真狩人確定でコングラチュレーション!! 鹿島は破綻でイコール私の御主人サマでしタ――♪」
金剛「いやぁ?たぶんそうじゃないかと思いましたけド、瑞鶴があんまり狩人に見えなかったんで確証なかったんですヨー♪」
金剛「キャハハハハハハハ♪」
提督「………全て計算していたのか?」
246: 以下、
提督「残念村人を装ったのは狼に噛まれないため。そして占い師に無駄占いさせるためだったのか!?」
金剛「YES。狂人視点で占い師に3人いる時点で狐がいるのではと踏んでいましたからネー」
金剛「狼二匹で占い騙りの可能性も考えましタガ………確率は低めだと思ったネー♪」
金剛「だから霊能騙りするか迷いましタけど、潜伏の方が勝算あると踏み残念村人アピールに徹したわけネー♪」
金剛「結果、三人の占い候補全てに占われる事に成功! ランチボックス(お弁当)になることもできましター♪ キャハハハハハハハ♪」
金剛「それにしてもブッキー………プププププwww、見事な狂人ぶりでしたヨネーwwwwwフォックスの癖にwwwww」
金剛「負け決定のフォックスがウルフに味方してくれましター♪ 本当におかしいデース♪」
金剛「サンキューブッキー♪ これでワタシ達、狼陣営の勝利デース♪ キャハハハハハハハ♪」
提督「く、くっそ………!!」
247: 以下、
金剛「悔しいでしょうねぇ??提督ぅ??!」
金剛「でも、進行の手順は間違ってなかったとおもいますヨ? アレやられたら誰だってブッキーは狂人に見えますからネ?………」
金剛「だから運が悪かったと諦めて………私と一緒に死にましょうヨー♪」
金剛「もう村人勝利はあり得ないデース………そして引き分けなら元帥閣下の貼った結界により、この鎮守府にいる艦娘みんな死にマース」
金剛「でも、大丈夫。だって瑞鶴も言ってたじゃないですカ。提督が間違えたのなら悔いはないって」
金剛「きっとみんな提督のことを恨んだりしないデース………だから」
金剛「あの世でみんなと仲良くしましょう………ククククク………フフフフ」
金剛「アハハハハハハハハハハ♪ キャハハハハハハハハ♪」
提督「くそったれがぁッ!!!」バンッ!!
248: 以下、
浜風「………………」
卯月「………………」
金剛「さーて御主人サマ、引き分け処理をしましょうカー?」
金剛「私と提督が交互に。そして浜風と卯月が交互に一票ずつ。これでひーきーわーけーデース♪」
浜風「………………」
卯月「………………」
249: 以下、
金剛「それともCOしてくれますカ? フフフフ………」
浜風「………………」
卯月「………………」
250: 以下、
浜風「【狼CO!!】」
251: 以下、
提督「なっ! 浜風が狼!?」
金剛「おおっ、やっぱりそっちでしたカー♪ 鹿島は囲ってたのデスネー♪」
浜風「【吊り指定・卯月】狂人は票を合わせて下さい」
金剛「了解デース♪ これにて人狼ゲームはジ・エンド!」
卯月「ちょっと待つぴょん!!!」
金剛「ん?」
252: 以下、
卯月「【狼CO!!】対抗は村人ぴょん! 【吊り指定・浜風】惑わされるなぴょん!!」
金剛「………は?」
提督「なるほど。そう来たか」
金剛「えっ、ちょ、おま」
金剛「ええええええぇぇぇぇぇぇぇぇッッッ!!!???」
254: 以下、
金剛「な、何で狼COが二つも!?」
浜風「村人の悪あがきですね。金剛、分ってると思いますが私が狼です。卯月に票を合わせて下さい」
卯月「浜風ちゃんは村騙りしてるぴょん! 狂人ならこの後何をすればいいかわかってるよね? 金剛さん!!」
金剛「そ、そんなこと言われても………えっ、えええぇぇぇぇ!!!??」
金剛「ま、待ってくださーい!! そもそも何で狼COが二つあるんデスカー!? 村人は嘘つけないはずデスよネー!?」
提督「忘れたのか金剛? 最終日は村人も騙りができるんだぞ?」
金剛「あっ………!」
255: 以下、
提督「だから二人の内一人は村人だ。つまり―――」
提督「お前が間違えると、狼陣営は負けてしまうということだ」
金剛「オーマイガッ!!??」
256: 以下、
卯月「惑わされないで金剛さん!! もうこの時点で村陣営勝利はないぴょん!!」
浜風「その通りです。貴方が卯月に票を入れてくれれば我々の勝利です。何も考えずに票を合わせればいいんですよ?」
卯月「うーちゃんに入れないで金剛さん! わかってるよね? これは半PPぴょん! 狼側に負けはないんだよ!?」
浜風「卯月が苦肉の策で狼COをしましたが無駄な事です。狂人から見ても素村透けていましたよね?」
257: 以下、
浜風「昨日瑞鶴が言った事が全て正しい。私達は信用勝負を挑んでいました。そして鹿島教官が信用負けした場合も兼ねて私を囲ったのです」
浜風「実際、私の行動は潜伏狼の行動そのものだったでしょう?」
浜風「昨日の瑞鶴には透けられたようなので、正直危ないところでしたが、貴方が最終日まで生存してくれたおかげで狼の勝利はゆるがなくなった。感謝しますよ、金剛」
浜風「【指定・卯月】村騙りの狼COに惑わされないで下さい」
卯月「うーちゃんは敢えて囲わずに放置して鹿島先生とのラインを切ったんだぴょん! そのため初日から何もわかってない初心者アピールをして最終日まで生き残って戦う布陣で挑んだぴょん!」
卯月「浜風ちゃんに白を打ったのは、そこが素村透けてて、なお且つ最終日にSG枠として利用するためだぴょん!」
卯月「【吊り指定・浜風】うーちゃんは敢えてこう言っておくぴょん」
卯月「これは半PPだよ! 半PP! 狂人、理解してぴょん!!!」
258: 以下、
浜風「そう、半PPです。私と金剛が狼陣営。卯月と提督が村人」
浜風「お互いが2票正しく入れ合えば引き分けにできる。狼陣営にとって引き分けは実質勝利」
浜風「思考停止して卯月に入れて下さい。狂人の仕事はそれで終わりです」
卯月「潜伏狂人したのならこのロジックに気づいてよ!! 浜風ちゃんの口車に乗るなぴょん!!」
卯月「この勝負は村人詰んでるぴょん! 金剛さんが余計な事考えなきゃうーちゃん達の勝ちは揺るがない!」
浜風「黙れ村人!! これ以上狼の芝居はやめろ!」
259: 以下、
浜風「金剛は卯月に票を入れて下さい!! 互いに2票入れ合えば安定に引き分けにできる! だから卯月に票を入れて下さい!!」
浜風「卯月に票を入れて下さい! 卯月に票を入れて下さい! 卯月に票を入れて下さい!」
浜風「卯月に票を入れろ! 卯月に票を入れろ!! 卯月に票を入れろ!!」
浜風「卯月を殺せ! 卯月を殺せ!! 卯月を殺せ―――ッッッ!!!!!!!!!」
261: 以下、
卯月「うるせぇんだよ!!! 黙りやがれ!!」
卯月「もうお前らはすでに負けてんだよ!! 負け犬なんだよ!!」
卯月「無駄な抵抗なんかするな!! 負け犬はオレ達狼に黙って食われてればいいんだ!!!!」
卯月「浜風と司令官は村人だ!! この二人を皆殺しにしろ狂人ッッッ!!!!!!!」
262: 以下、
浜風「うるさい黙れ! 今日はお前が死ぬんだよ!!」
卯月「いや、お前が死ねッッ!!!」
浜風&卯月『もうこのゲームは我々深海棲艦の勝ちなんだ!! お前はおとなしく死ねッ!!!』
金剛「うわあああああああああああああああ!!!???」
263: 以下、
金剛「な、なんデスかこれは………? ウルフが二人いるようにしか見えない………」
金剛「ど、どっちなんデスカ………? これ、立場的にもどっちがウルフでも成り立つデース………」
提督「………………」
金剛「あ、あの……提督?」
提督「なんだ?」
金剛「こ、これどっちが御主人サマかわかったりしないデース………?」
提督「あははっ♪ わかっても俺が教えると思うかな?」
金剛「デスヨネー……」
265: 以下、
提督(チャンスだ! 金剛はこの半PPのロジックに気づいていない!!)
提督(このままあいつがロジックに気づかなければ、まだ勝機はある!!)
提督(だが、それはオレも同じことだ。ここで俺が狼位置を間違えたら、村は確実に負ける)
提督(せっかく村人が最後の最後で狼COをしてくれたんだ。ここで俺が間違えるわけにはいかない!)
提督(どっちが村人で、どっちが狼か正しく見分けなければ………)
266: 以下、
提督(だが、実際金剛が言うように難しい)
提督(なにせ二人の立場はとても似ている。浜風は偽占い師確定の鹿島の白。そして卯月は誰にも占われなかった完全グレー)
提督(どっちが狼でも破綻しない2択。真偽判断となる材料も少ない)
提督(一体どうやって見分ければいい?)
267: 以下、
提督(………………………)
提督(ふふっ、なーんてな♪)
提督(実はもうとっくに真偽ついてるんだよなぁ??これが)
268: 以下、
なん…だと…
269: 以下、
提督(今までどっちが村人か狼かがわからなくて、いつも胃痛に悩まされた俺だけど)
提督(最終日に限ってそれがないとは何だか可笑しいな。ハハハッ………)
提督(それにしても、あいつ狼の演技はすげぇな………迫真にも程があるわい)
提督(………………)
270: 以下、
提督「ありがとうな」
金剛「えっ?」
卯月「?」
浜風「?」
271: 以下、
提督「俺は正直、最終日勝てないだろうと絶望していた………だからお前がこうして諦めずに戦ってくれたおかげで希望を見出せる事が出来た」
提督「本当にありがとう………俺はもう全てわかっている。あとは存分にやってくれ」
金剛「な、何を言って………?」
浜風「………………」
卯月「………………」
浜風「フン、村人の戯言ですね。金剛、あなたは無視して卯月に票を入れて下さい」
卯月「いや、浜風ちゃんは村人だ!! 金剛さん、わかるでしょう!?」
金剛「あうぅぅぅ??!!」
272: 以下、
浜風「客観的に見てください!! 私と卯月、どちらが狼臭いですか?」
浜風「考えるまでもなく私でしょう? だから素直に私を狼認定し下さい! 変に考えすぎないで!!」
浜風「【吊り指定・卯月】撤回はない!! 私の指定に従え!! 狂人!!」
卯月「もしも金剛さん抜きで最終日になった時、うーちゃんと浜風ちゃんが殴り会ったらどっちが勝つと思うぴょん? 考えるまでもなく素村くさいうーちゃんだよね? わかるよね?」
卯月「それにこれは半PPだよ! 何度も言うけどこれは半PPなんだよ!!」
卯月「だから勝つための進行を考えて票を入れるぴょん!! 狂人!!!」
金剛「あああっ!!!!」
273: 以下、
浜風「自分が殴り合いで勝てる? それすなわち村人COしたってことですよね卯月? はい、ダウトです」
卯月「浜風ちゃんは昼間熱心に狼探してたよね? そこで素村透けましたぴょん。だからSG枠にしました。本当にありがとうございます」
浜風「私はどこか中庸目な動きだったでしょう? 占い師視点で狐目にも見えたはずです。そんな狐ぽい私を鹿島教官が囲うと思いますか?」 
浜風「思いませんよね? 私が狼で仲間だったから白で囲ったんですよ!」
卯月「狼視点で吹雪ちゃんは狂人だと思ってた。だから狂人欠けの状態でも最終日勝てる編成で挑んだんだぴょん! そのためにうーちゃんは無能村人の演技をした!」
卯月「実際に金剛さんもうーちゃんを村人だと思ってたでしょ!? 浜風ちゃんがラストウルフで挑むよりも勝率高いのは盤面でわかるでしょ!? いい加減に気付けぴょん!!」
浜風「必死ですね卯月。まぁ、わかりますよ。現状村陣営に勝ちがない今、金剛を騙さないと引き分けにすら持ち込めませんからね」
浜風「この私の余裕ぶりは、負けが100パーセントないとわかってる狼だからこそです」
卯月「負けなしが確定ならそもそも狼COする必要もないぴょん!!」
卯月「金剛さん気付いて!! 戦犯になりたくなきゃよく頭で考えて票先を考えろ!!」
浜風「考える必要なんてない! 慢心していいんですよ! もう狼陣営に負けはないのだから!」
浜風「だから卯月に票を入れて下さい!」
卯月「浜風に入れろ!! そして半PPのロジックに気づけ!!」
金剛「もうやめてぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!」
274: 以下、
金剛「い、胃が………胃が痛いデース………」キリキリキリ
<間もなく議論時間が終了します。投票の準備をしてください>
金剛「ひっ! もう時間が―――」
提督「さて、投票が開始するな………何か最後に言いたい事あるか?」
卯月「くそ………!!」
275: 以下、
卯月「もういい!! 勝利は諦めた!! 吊り指定変更!!!」
浜風「卯月だ!! 卯月に入れろ!! これで私達の勝利だ―――ッッ!!!」
金剛「うわああああああああああああああああああああああああ!!!!!」
提督「南無三!!」
<議論時間が終了しました。投票を開始してください>
276: 以下、
  <内訳紹介>
軽巡・那珂ちゃん(初日犠牲者)=役職:村人
駆逐艦・山風(二日目処刑死) =役職:村人
水上機母艦・瑞穂(三日目処刑死) =役職:人狼
正規空母・赤城(四日目襲撃死) =役職:村人
駆逐艦・吹雪(四日目処刑死) =役職:妖弧
重雷装巡洋艦・大井(五日目襲撃死)=役職:共有者
277: 以下、
潜水艦・伊58(五日目処刑死)=役職:村人
工作艦・明石(六日目襲撃死)=役職:霊能者
練習巡洋艦・鹿島(六日目処刑死)=役職:人狼
戦艦・ビスマルク(七日目襲撃死)=役職:村人
正規空母・加賀(七日目処刑死)=役職:占い師
正規空母・瑞鶴(八日目襲撃死)=役職:狩人
<最終日生存組>
提督=役職:共有者
戦艦・金剛=役職:狂人
278: 以下、
 
  <投票を終了しました>
提督「実は最初の狼COの時から気付いていたんだ。どっちが村人で狼なのかをな」
提督「金剛、お前は引き分け処理の際、こう言ったよな?」
――「私と提督が交互に。そして浜風と卯月が交互に一票ずつ。これでひーきーわーけーデース♪」―――
提督「引き分けの処理としてこれは非常に正しい。なぜなら狂人のお前は確定白の共有者である俺に票を入れてるからだ」
提督「お前は気付いてなかったみたいだが、この場合狼は、対抗にる村人に票を入れる必要はないんだよ」
提督「なぜなら、黙って確定白である俺に票入れれば絶対にに負けないからだ」
提督「狂人であるお前が俺に票先を固定しておけば確実に2票入る。この時点で狼陣営に負けは100パーセントなくなるんだ」
279: 以下、
提督「むしろ俺が浜風と卯月、どっちが狼か村人かを間違えてしまえば村が負けになって狼陣営が勝利する」
提督「村陣営が詰んでると言われてるのはこういうことだよ」
提督「ならば、そんな有利な状況なのに、何で浜風は狼COなんてしたんだ? しかも吊り指定を卯月と言って」
提督「狼ならばここでCOするメリットはほとんどないんだよ」
280: 以下、
提督「そして卯月。お前は初心者アピールをしていたと言っていたな。事実、その通りだった」
提督「何故なら本当に何も分からない素村なら、最終日に狼CO自体思いつかなかったはずだ」
提督「それなのに浜風がCOしてすんなり狼COした辺り、それは本当だったと言える」
提督「そう。卯月は本当に何もわからない無能アピールを今までしていたんだ」
提督「今までずっと………村人達に嘘をついていたんだ」
金剛「あっ………あっ………!!」
提督「気付いたな金剛。だが、もう遅い」
提督「この勝負は―――」
281: 以下、
<投票結果>
提督→卯月
浜風→卯月
金剛→卯月
卯月→提督
卯月3票 提督1票
282: 以下、
駆逐艦・浜風=役職:村人
駆逐艦・卯月=役職:人狼
提督「俺達(村人)の勝利だ」
283: 以下、
金剛「そ、そんな………卯月が………御主人サマ………!!」ガタガタガタ
卯月「クソ………クソ!!」
卯月「クソクソクソクソクソクソッ!!! あと一歩のところで!!!」
浜風「提督、感謝します………私の事を気付いてくれて………///」
提督「礼を言うのは俺の方だ。お前が諦めないでくれたおかげで俺も最後まで戦う事ができた………ありがとうな、浜風」
284: 以下、
卯月「くっ………」
提督「引き分けを良しとせずに、勝利を狙ったのがお前の敗因だ。もう少し早く、金剛に指定を飛ばせたらな」
卯月「………引き分けなんかに興味はないぴょん。だから狂人が半PPのロジックに気づくまで待った………」
卯月「だから直接的に【吊指定:提督】って言えなかったんだぴょん………」
卯月「司令官も金剛さんと同様に、どっちが狼なのか気付いてないと望みを賭けて………」
提督「………残念だったな。俺は共有者として、村人全員の様子をずっと見ていたからな」
提督「お前が狼COをした時点で、狼陣営に勝ちはなくなったんだよ」
卯月「………………」
285: 以下、
提督「お前は本当に恐ろしい敵だったよ、卯月………いや」
提督「深海棲艦(ラストウルフ)!!!」
<村民協議の結果、駆逐艦・卯月は解体されました>
286: 以下、
提督「終わった………これで全て………」
ピカァァァァァァッツ!!
浜風「提督、結界が剥がれていきます!」
那珂「那珂ちゃん復活―――ッ!!♪」
大井「勝ったわね………フフッ、流石は私の共有ね」
赤城「提督、浜風さん、よく勝ってくれましたね!」
瑞鶴「やったわ!! 私達勝ったのね!! それはそうと浜風ごめん??!!」
加賀「………信じていましたよ」ニコッ
ビスマルク「生き返れた………アトミラールやったのね!!」
58「ゴーヤも復活でち♪」
287: 以下、
スレタイでパラガスだと思ってたが違った
288: 以下、
鹿島「あれ? 私は何を………?」
瑞穂「一体何が………?」
卯月「ううぅぅ?………頭がぐわんぐわんするぴょん………」
金剛「何か盛大にやらかした気がしマスが、気のせいですよネー♪」
吹雪「ううっ、おうどん食べたいです………」
浜風「提督、みんな………みんな生き返りましたよ!」
提督「ああ、そうだな………狼陣営に乗っ取られた奴らも含めてみんなだ!」
山風「提督………」
提督「や、山風!!」
289: 以下、
山風「信じてたよ………ちゃんと勝ってくれるって………」ニコッ
提督「や、山風………」グスッ
提督「ごめんよぉぉぉぉ!!! 初日吊っちゃって本当にごめんなぁぁぁぁぁぁ!!!!」抱きっ
山風「ちょ、ちょっと………///」
瑞鶴「あらら、大泣きしてるわね提督さん」
ビスマルク「意外ね………昼時間では物凄く冷静に振る舞ってたのに」
大井「それはみんなを心配させないためよ。本当は物凄いヘタレだったんから♪」
明石「私達のために頑張ってくれたのですね………ふふっ、ご苦労様でした提督」
290: 以下、
瑞鶴「何にせよ、長い戦いが終わったわ! さぁ、記念にパーッと宴会でも開きましょう♪」
赤城「フフッ、賛成ですね」
鹿島「戦い? 宴会?」
卯月「一体何のことぴょん?」
金剛「何だかわかりませんが、パーティなら私も参加しますヨー♪」
ビスマルク「………あとで卯月達に説明しないといけないわね」
加賀「本当、今でも信じられないわ。この子がラストウルフだったなんて………」
卯月「???」
291: 以下、
浜風「さぁ、提督。鎮守府で待ってるみんなに顔を見せに行きましょう」
山風「提督………行こ?」ギュッ
提督「ああ、そうだな。でも、待ってくれ」
提督「その前に一つ叫びたいことがあるんだ」
浜風「叫びたいこと?」
提督「」スーッ
292: 以下、
提督「もう二度と共有者はごめんだぁぁぁぁぁッッッ!!!!!!」
  ―――――村人陣営の勝利です――――
 
 ―――勇敢なる村人たちにより、村の平和は保たれた!―――
  ―――さあ、復興だ!―――
   ――――完―――――
293: 以下、
これで終わりです。長い間、こんな駄文にお付き合いいただきありがとうございました。
20戦以下の初心者COです。つたない部分が色々あったと思いますが、それでも楽しんでいただけたのなら幸いです。
私の方から内訳予想を推奨しましたが、よそうはよそう(激うまギャグ)と言う方もいて、ネタバレを防ぎたかった人達への配慮が足りなかった点は、本当に申し訳ございませんでした。
でも書いてる身としては、こうして読者の方に内訳予想してくれるのは凄く嬉しいものなので、どうかご理解いただけたらと思います。
個人的にもっと、人狼ゲームSS増えて欲しいです。
私よりも経験豊かで文才のある方、どうか人狼SS書いてください! なんでもしますから!
295: 以下、
>>1の前作COです。なんなりとお読みください。
提督「大鳳? 駆逐艦かな?」
提督「食べりゅううううぅぅぅぅぅぅぅッッッ!!!!」
提督「艦娘がみんなヤンデレですが、僕は元気です」
提督「浜風が俺のことを護衛してくるゥッ!?」
提督「浜風と一緒に大和ホテル(意味深)に入っちゃったァァッッ!!??」
提督「磯風が秋刀魚を焼いちゃうぅぅぅぅぅぅぅッッッッ!!!!!」
提督「俺もそろそろケッコン(仮)するぞ―――ッッ!!!!」
提督「今日はクリスマスだ―――ッッッ!!!!!」
提督「孕ませなきゃ!(使命感)」
提督「俺がロリコンでシスコンのマザコン野郎だと!? ふざけるなァ―――ッ!!」
提督「グラ―フが決闘者(デュエリスト)になっただとぉッ!?」
提督「IPPAI!  OPPAI! ボク元気♪」
提督「浜風VS鹿島じゃとぉ―――ッッッ!!??」
提督「WE  GOTTA  POWER!!」
提督「陸軍の友人に艦娘達への愚痴を聞いてもらいましたぁッ!!」
提督「俺の妻が妊娠したぞ―――ッッ!!!」
提督「ゴジラ! ゴジラ! ゴジラがやって来ただとぉ―――ッッ!!??」
提督「俺は………超ハゲータだッッ!!!」
提督「よっしゃ!! ポケモンするぞ―――ッッッ!!!」
明日か明後日あたり、別スレ建てて、感想戦を投稿しようと思います。
狼陣営の夜会話も載せますので、よろしければご覧になってください
クソSS失礼しましたぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!
297: 以下、
やっぱりパラガスじゃないか
296: 以下、
パラガスこんな長SS書けたのか
299: 以下、
人狼全くの初心者だけど楽しめた
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483871496/
関連記事
- 【艦これ】井之頭五郎「横須賀鎮守府の特製カレーライス」【孤独のグルメ】
- 【艦これ】響「うぉーとかうぉーとかっ」グラーフ「む……」
- 赤城「これ以上、私を苦しめないで…」
- 比叡「お姉様ってふぁっきんびっちですよね!!」金剛「わっつ!?」
- 【艦これ】提督「心が読める眼鏡?」【R-18】
- 【艦これ】文月「司令官おはよ?」【4行SS】
- 利根「ちくま(裏声)」
- 吹雪「金剛さんが大和ホテルと言うのを止めない」
- 提督「しゃぶしゃぶしたいなあ……」
- 時雨「夕立…ちょっと話があるんだけど」
- 提督「艦娘は本当に強いのか?」
- 【艦これ】北上さまとの温泉旅行
- 【SS】サボリ提督と北上さん
- 鈴谷「提督! 鈴谷から目を離しちゃダメなんだからね!」
- 【艦これ】長門「ビッグ7の力、侮るなよ?」
Amazonの新着おすすめ
干物妹!うまるちゃん うまるが家でかぶってるアレ [公式]
ぱこたて! 性交率0%の鉄壁美処女VS性交率100%の変態家庭教師 (真激COMICS)
PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#03【電子特別版】
Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box ?【完全生産限定版】
ARIA The ANIMATION Blu-ray BOX
PGユニコーンガンダム用 LEDユニット [RX-0シリーズ兼用] (機動戦士ガンダムUC)
おすすめサイトの最新記事
艦これSS人狼  コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
-
- 【SS】覇王龍ズァークVSトム
| トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
ピックアップ
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか Blu-ray BOX(OVA付き)(初回仕様版)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか OVA(初回仕様版) 【Blu-ray】
最新記事
- 提督「人狼ゲームだとぉ――ッ!!??」
- 【SS】覇王龍ズァークVSトム
- ガヴリール「課金しすぎてお金がない…楽して稼げないかな…」
- うまる「彼氏ができた」
- 穂乃果「その顔が気になって」
- 律子「プロデューサーと初詣」
- 女騎士「なんという冷静で的確な判断力なんだ!」
- 「ステージの端っこに藤原肇」
- 利根川「ポケモン勝負………面白い………やるか」【トネガワSS】
- 【SS】彼女達との思い出
- 【SS】彼女達との思い出(中編)
- 【SS】彼女達との思い出(後編)
- 【SS】星井美希監修 ポテトチップス いちごババロア味
- 【モバマス×クトゥルフ】塵を踏むもの
- 黒子「わたくしはお姉様の露払い、ってお兄様?」上条「へっ?」
週間人気記事ランキング
【全ランキングを表示】
最新
禁書目録SS
Fate SS
アイドルマスターSS
艦これSS
俺ガイルSS
エヴァンゲリオンSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
ポケモンSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
PERSONA5 The Animation - THE DAY BREAKERS -(完全生産限定版) [Blu-ray]
PINKERTON 秋窓蛍 illustration by モノリノ 1/6 完成品フィギュア
人喰いの大鷲トリコ 初回限定版 【早期購入特典】「ミニサウンドトラック」付き
モンスターハンターダブルクロス【初回封入特典版】
手品先輩(2)
figma 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ Iowa ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
Re:ゼロから始める異世界生活 7 [Blu-ray]
Re:ゼロから始める異世界生活11 (MF文庫J)
悪女考察 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
新刊ピックアップ
ホビー
ゲーム
アニメ
ブログあれこれ
・まとめ依頼はこちら!
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
最新
逆アクセスランキング
最新コメント

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


パンチラ・乳首ポロリ・性器露出しちゃったハリウッドセレブたち…(30枚)

3〜4ヵ月入院することに女子高生なんだけどあったら捗るもの教えて

【VIP】正直このコピペより面白いコピペが存在するとは思えない

韓国新大統領は日本を「捨てる」

暇だから俺の小学生から大学生までのインターネットの歴史を振り返る

【画像】NMB卒業生の手コキ挑戦キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

back 削除依頼&連絡先