花丸「マルと結婚しよう!」 善子「なんでよ!」back

花丸「マルと結婚しよう!」 善子「なんでよ!」


続き・詳細・画像をみる


キャラ崩壊あり
花丸「善子ちゃん、マルと結婚するずら!」
善子「いやいや聞こえてたわよ!なんでそうなったのよ!」
花丸「簡単な話ずら」
花丸「まず善子ちゃんは堕天使がやめられない。大人になってもずっと堕天使ずら」
善子「さらっと失礼ね!」
花丸「なのでマルが隣にいればもう大丈夫!一生安泰!証明終了ずら!」
善子「一つも証明できてないけど!?」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481743131
2: 以下、
花丸「なるほど善子ちゃんは一人だけリア充になるのが心苦しいと」
善子「言ってないわよ!」
花丸「そういうことなら曜さんと千歌さんにもカップルになってもらうずら」
善子「しれっと巻き込まないであげて」
花丸「といわけで、おいでませ曜さん!」
曜「部室に呼ばれてよーそろー!何かあったの?」
善子「タイミング!」
3: 以下、
花丸「これから曜さんには千歌さんに告白してもらうずら」
曜「ちょ、なんで!?」
善子「ずら丸暴走してるの!曜さん助けて!」
曜「なんで私が千歌ちゃん好きなの知ってるの!?」
善子「そっち!?そんなの見ればわかるでしょ!」
花丸「ずら!」
曜「みんなにばれてた!?」
4: 以下、
花丸「というわけで、おいでませ千歌ちゃん!」
千歌「やっほー。花丸ちゃん何かあったの?」
善子「だからタイミング!」
花丸「曜さんが言いたいことあるらしいずら」
曜「ようそろ!?」
千歌「え?あ、曜ちゃん。用事ができたってここにいたんだ」
5: 以下、
曜「う、うん。....それより千歌ちゃん!!」
千歌「ふぇ!?な、なに?曜ちゃん」
曜「じ、実は私....前から言おうと思ってたんだけど....ち、千歌ちゃんのことが....!」
千歌「....!う、うん」
曜「千歌ちゃんのことが....!」
千歌「ち、千歌のことが....」ドキドキ
曜「......」
千歌「......」
花丸「早く告白するずら」
善子「ずら丸ぅぅぅぅぅぅ!!」
6: 以下、
千歌「えぇ!?私やっぱり告白されるの!?」
善子「い、今のはずら丸流のジョークで....」
曜「なんで告白しようとしてるのわかったの!?」
善子「聞け!てか曜さんは千歌さんの声しか聞こえてないの!?」
千歌「うれしい!私も曜ちゃんのこと大好きだよ!」ダキッ
曜「千歌ちゃん!!」ギュー
千歌「曜ちゃん!!」ギュー
花丸「二人ともお幸せにずら」ウンウン
善子「Aqoursは話を聞かない人の集まりなの!?」
7: 以下、
花丸「それじゃあリア充二人は出ていくずら」グイグイ
曜「わわっ。そんなに押さなくても花丸ちゃんたちの邪魔はしないよ?」
善子「できれば邪魔してほしいんだけど」
千歌「じゃあ私たちもう行くね!」
善子「ついでにずら丸も連れて行ってくれない?」
花丸「千歌さん、曜さん、また明日ずらー」フリフリ
千歌曜「「ばいばーい」」フリフリ
善子「私の声聞こえてないの!?さすがに泣くわよ!?」
花丸「大丈夫。みんなちゃんと聞いてたずら」
善子「余計タチ悪いわ!」
8: 以下、
花丸「さぁこれでリア充になるのに遠慮はいらなくなったずら!」
善子「だから別に遠慮とかじゃなくて...」
ルビィ「ちょっと待ったぁぁぁぁぁぁぁ!!」ガラッ
花丸「ルビィちゃん!?」
善子「ルビィ!?」
ルビィ「マルちゃんと善子ちゃんが結婚すると聞いて!」
善子「いろいろ突っ込みたいけどとりあえず誰に聞いたの!?」
ルビィ「鞠莉さん」
善子「マリーは部室に盗聴器かなんか仕掛けてんの!?」
9: 以下、
花丸「ルビィちゃんもまさか善子ちゃんのことが....!?」
善子「どっちかっていうとルビィはずら丸なんじゃあ....」
ルビィ「ルビィも善子ちゃんのことが好き!!」
花丸「!!」
善子「えぇ!?!?」
ルビィ「でも花丸ちゃんのことも大好き!!」
花丸「ずら!?!?」
善子「!?」
ルビィ「だからルビィは....ルビィは.....」
花丸「ルビィちゃん....」
善子「ルビィ....」
ルビィ「二人と結婚したい!!」
善子「なんでよ!」
10: 以下、
ルビィ「二人のことが大好きだから二人と結婚したいの!」
善子「なんでそうなるのよ!」
花丸「ずら.....!!」ハッ
善子「ずら丸も『その手があったか...!』みたいな顔やめなさい!」
花丸「でもルビィちゃん。方法は違うけどマルはその辺もちゃんと考えてたよ」
ルビィ「え?」
善子「ん?」
花丸「マルが善子ちゃんと結婚したら.......」
花丸「ルビィちゃんを娘にする予定だったずら!」バーンッ
善子「いやいやいやいや!」
ルビィ「.....」
ルビィ「うゅ....!!」ハッ
善子「ルビィも『そんな方法が...!』みたいな顔しない!」
花丸「万事解決ずら!」
ルビィ「だね!」
善子「何も解決してないでしょ!」
11: 以下、
「お困りのようね、善子!」
「助けに来たよ、よっちゃん!」
善子花丸ルビィ「「「こ、この声は...!」」」
鞠莉「面白くなってきたところで、マリー推参!」
梨子「よっちゃんと結婚できると聞いて、リリー見参!」
善子「リリーは帰って」
梨子「じょ、冗談だよ冗談!鞠莉さんによっちゃんが困ってるって聞いて...」アセアセ
鞠莉「イエース!グッドタイミングな登場でしょ?」
善子「マリーは部室に仕掛けてある盗聴器を回収しなさい!」
鞠莉「え?....あー、ナンノコトカシラー」メソラシ
善子「嘘へた!」
12: 以下、
花丸「鞠莉さん、梨子さん、マルたちの邪魔をしにきたずら?」ギュウウウウ
ルビィ「善子ちゃんはわたさないよ!」ギュウウウウ
善子「二人とも絞まってる!絞まってるから!」イタタタタッ
鞠莉「さすがに善子がかわいそうかもと思ってね!」
善子「そう思うならもっと早く来てよ!」
ルビィ「うゅゅ....でも数は2対3。こっちのほうが有利です!」
善子「しれっとヨハネをこっちサイドに入れないでくれる!?」
梨子「ふっ、甘いわねルビィちゃん」
ルビィ「うゅ?」
梨子「おいでませ、ダイヤさん!」
ダイヤ「なんですの梨子さん。こんなところに呼び出して」
善子花丸ルビィ「「「!!」」」
13: 以下、
花丸「ま、まずい。3対3になったずら」
善子「いや、だから....」
ダイヤ「おや、ルビィたちも部室で何を....」
梨子「大変ですダイヤさん!ルビィちゃんがよっちゃんにたぶらかされています!」
ダイヤ「なっ!?」
善子「ちょおっ!?」
ダイヤ「....善子さん?少しだけお話がありますわ」ゴゴゴゴゴ
善子「ちょっとリリー!?」
梨子「ごめんよっちゃん!ダイヤさんの戦闘力を最大まで引き出すにはこれしか...!」
善子「ヨハネへの被害も最大になったわよ!?」
14: 以下、
花丸「くっ、善子ちゃんはオラが守る!」ギュウーー
ルビィ「ルビィも!」ギュウーー
善子「ぐえっ」
ダイヤ「ル、ルビィ!そんなに善子さんにくっついてはいけませんわ!」
ルビィ「やだ!ルビィは善子ちゃんとマルちゃんと結婚する!」
ダイヤ「な、なにを言ってるの!?そんなの認められるわけ....!よ、善子さん!あなたルビィに何かしたんですの!?」
善子「何もしてないわよ!」
ルビィ「そうだよ!善子ちゃんは悪くないもん!」
ルビィ「善子ちゃんを悪く言うお姉ちゃんなんて嫌い!」
鞠莉梨子「「あ」」
ダイヤ「」
15: 以下、
鞠莉「ダ、ダイヤ?」
梨子「ダイヤさん?」
ダイヤ「ぐはぁぁぁぁぁぁ!!」ドサッ
鞠莉梨子「「ダイヤ(さん)ーーーーー!!」」
善子「なんでよ!」
ダイヤ「くっ、わたくしはもう....ダメみたい....ですわ」
梨子「そんな....ダイヤさん!しっかりしてください!」
ダイヤ「ルビィのことは任せ....ましたわ、梨子さん、鞠莉.....さん」ガクッ
鞠莉「ダイヤぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
16: 以下、
花丸「強敵だったずら....」
ルビィ「気づいたらお姉ちゃんが倒れてたよ....」
善子「あんたのせいだけどね」
鞠莉「しかーーし!ダイヤが対ルビィにおいて最弱なのは百も承知よ!」
善子「立ち直りはやっ!」
鞠莉「こんなこともあろうかとAqoursの最終兵器を呼んでおいたわ!」
善子「展開が読めるんだけど!?」
鞠莉「カモーーーーーーン、果南!!」
果南「はいはい」
善子「でしょうね!っていうか呼ばれるまでスタンバってたでしょ絶対!」
17: 以下、
花丸「しまった!ラスボスが来たずら!マルが食い止めるから善子ちゃんたちは逃げて!」
ルビィ「そんな....!花丸ちゃんを置いて行けるわけないよ!」
善子「あんたら果南さんをなんだと思ってんの!?」
果南「ごめんね善子?花丸ちゃんとルビィちゃんのそれ、鞠莉のせいなんだ」
善子「へ?」
鞠莉「ホワッツ!?かかか果南?なんの話をしてるの?」
果南「ヨクヲゾウフークβ....だったっけ?思ってる欲望が増幅されて表に出ちゃう薬。花丸ちゃんたちはそれを飲んでるの」
鞠莉「根拠のない言いがかりはノーサンキューよ!?」
果南「鞠莉のカバンから説明書落ちてたよ」
鞠莉「私がやりましたー!」ドゲザー
善子「諦めはやっ!」
果南「大方これでイタズラでもするつもりだった....ってもうしてるか」
梨子「鞠莉さん、後で私にも少し分けて」
善子「リリーは黙ってて!」
18: 以下、
果南「鞠莉のカバンに解毒薬が入ってたからもう大丈夫だよ!」
鞠莉「毒でもないのに解毒とは失礼ね!」
善子「合ってるでしょ!」
花丸「ずらー」ギュウウウ
ルビィ「うゅー」ギュウウウ
善子「でもこの状態の二人が素直に飲むとは思えな....いたたた!だから絞まってるって!」
果南「問題なし!!」ボフンッ
善子「けほっ。なにこれ煙玉!?....じゃないわね」
19: 以下、
花丸「ずら?」ムニャ
ルビィ「うゅ?」トロン
果南「霧状になったこの気体に解毒成分があるから大丈夫....だよ....」ムニャ
梨子「なんか眠い....です....」フア
善子「なに...これ....」フラッ
鞠莉「解毒に睡眠効果も....つけて...みたの...」ウミュ
善子「いらないことを....あ、ダメ...おやすみ.......」ムニャムニャ
20: 以下、
――――
―――
――

善子「......!!」ガバッ
善子「....夢?」
鞠莉「グッモーニーン、善子!」
善子「マリー!....ってことは夢じゃなかったのね!?」
鞠莉「ソーリーソーリー」
善子「ずら丸とルビィは?」キョロキョロ
鞠莉「梨子が保健室で様子を見てるわ。薬が効いてた分睡眠も長いと思う」
善子「そこに寝てる果南さんとダイヤさんは?」
鞠莉「起こすのも悪いかなーって。....ダイヤはあれ寝てるの?」
善子「さぁ?」
21: 以下、
鞠莉「もともとちかっちか曜が飲めばいいなーって思ってたけどまさか花丸が飲むなんてねぇ」フフフッ
善子「おかげでひどい目にあったわよ!」
鞠莉「でもほら、花丸とルビィがあなたのこと大好きだってわかったわよ♪」
善子「?薬のせいでしょ?」
鞠莉「ノーノー!ヨクヲゾウフークβはあくまで欲望を『増幅』する薬。アレは花丸とルビィの本心に近いわ!」
善子「なっ!?」
鞠莉「ふっふっふ。二人に言い寄られるなんて善子もすみに置けないわね♪」
善子「つ、つまりずら丸とルビィは、その......っ!!」///
22: 以下、
鞠莉「あららー。善子ったら顔真っ赤よ?」ニヤニヤ
善子「っ!」
善子「.....マリー、ヨハネを本気で怒らせてしまったわね」ゴゴゴゴ
鞠莉「え?」
善子「ダイヤさん起きて。起きなさい」ユサユサ
ダイヤ「ん?....んん。善子....さん?」パチッ
善子「ヨハネよ」
ダイヤ「何やら夢で善子さんにすごく怒っていた気がするのですが....」フワァ
善子「き、気のせいでしょ。それより寝起きで喉乾いてない?これ飲む?」スッ
鞠莉「!!そ、それは!」
ダイヤ「うゅ....すみませんいただきます。.....変わった味のスポドリですね」ゴクゴク
善子「マリーの差し入れよ」ニコッ
鞠莉「それ部室に置いてたヨクヲゾウフークβ....」
23: 以下、
ダイヤ「うっ....!」
鞠莉善子「「!!」」
ダイヤ「.....」
ダイヤ「ま....」
鞠莉善子「「ま?」」
ダイヤ「鞠莉さん!結婚しましょう!」ガシッ
鞠莉「ほぇ!?!?」///
善子「ふっ、うまくいったみたいね」
鞠莉「みたいね、じゃないわよ!解毒薬一個しか持ってきてないのよ!?」
善子「自分も解毒って言ってるじゃない....」
善子「じゃ、私は疲れたからもう帰るわ。ダイヤさん、ごゆっくり」スタスタ
ダイヤ「気が利きますまわね善子さん」
鞠莉「ノオォォォォォ!」
24: 以下、
鞠莉「善子―――!あ、そうだ果南!」
鞠莉「ダイヤ!果南もそこでスリーピングよ!」
ダイヤ「果南さんも?....くっ、鞠莉さんも大好きですが果南さんも大好きです。いったいどうすれば....」
鞠莉「そ、そのへんは落ち着いてからいいアイディーアを考えましょう?ね?ね?」アセアセ
ダイヤ「....そうですね。では果南さんが起きるまで鞠莉さんをハグしてもいいですか?」
鞠莉「へ?」
ダイヤ「大好きですよ、鞠莉さん」ギュウウウウ
鞠莉「ダイヤ.....!」
鞠莉「いたたたたた!薬の効果でハグの力すごい!」
ダイヤ「結婚したら鞠莉さんが夫でしょうか?それとも果南さん?」ギュウウウウ
鞠莉「かなーーーーん!早く起きてーーーー!!」
果南「......」
果南「(寝たふりしてよう。自業自得だし)」
25: 以下、
==次の日==
花丸「(どどどどうしようーーーーー!)」
花丸「(鞠莉さんの薬のせいとはいえ二人にとんでもないことを言った気がするずら!)」
花丸「二人になんて言えばいいずら....」
ルビィ「あ、花丸ちゃん。おはよー」
花丸「ル、ルビィちゃん!?おおおおはよーずら」アセアセ
ルビィ「うん」ニコッ
花丸「(....あ、あれ?ひょっとしてルビィちゃん昨日の記憶ない?だったらオラも....)」
ルビィ「....」///
花丸「(めっちゃ顔赤い!かわいい!やっぱり昨日の記憶あるずら!かわいい!)」
ルビィ「.....」
花丸「.....」
花丸ルビィ「「えっと...」」
26: 以下、
善子「ヨハネ、堕天!!おはようずら丸、ルビィ」
花丸「ずら!?」
ルビィ「ぴぎぃ!?」
善子「な、なによ?私が来たのに気づかなかったの?」
花丸「い、いきなり現れたずら(あれ、善子ちゃん)」
ルビィ「びっくりしたよぉ(いつも通り?)」
善子「ふふふ、さすがヨハネ。人知れず隠密のスキルを発動してしまったみたいね」
花丸「あんな大声出したらそのスキルがかわいそうずら(いつも通りはうれしいけど)」
善子「どういう意味よ!」
ルビィ「ふふっ(昨日のこと言ってくれないのはちょっと寂しい....かも?)」
27: 以下、
善子「.....そういえばずら丸」
花丸「ずら?」
善子「ルビィ」
ルビィ「うゅ?」
善子「私も....その....」
花丸ルビィ「「?」」
善子「二人のこと....大好きだからね?」
花丸ルビィ「「!!」」
28: 以下、

続き・詳細・画像をみる


寝れなくて暇だから久しぶりに猫さんをうpします

桐生つかさ「経営者や管理職はマゾヒズムに走りがちだという風潮」

“生涯未婚”の原因

【長崎】地熱でぽかぽか「足蒸し」が人気 雲仙温泉 ネコちゃんも転がっています(動画)

友人が会社員から土方に転職した結果wwwwwwwww

【サッカー】<MF柴崎岳(鹿島)>マドリードで契約待ち 代理人「99・9%オファーがある」 まとまらない場合は鹿島と再契約へ

back 削除依頼&連絡先