【ガルパン】小梅「絶対カールなんかに負けたりしない!!」back

【ガルパン】小梅「絶対カールなんかに負けたりしない!!」


続き・詳細・画像をみる

1:
? 黒森峰女学園 戦車道チームブリーフィングルーム ?
小梅 「カールには勝てなかったよ…。」
エリカ 「そ、そう… 残念だったわね。」
小梅 「残念んんんッ?ええもう、そりゃぁ残念でしたともッ!!」
エリカ 「あかん、妙な暴走してる。」
小梅 「エリカッさん!私がどれだけ大学選抜戦を楽しみにしていたかわかりますかッ!?」
エリカ 「ものすごく浮かれてクソうざかったことだけは覚えているわ。」
小梅 「浮かれもしますとも!みほさんに恩返しをするときが来た!」
小梅 「私はこの試合のために戦車道を続けていたのだといっても過言ではないッ!」
小梅 「…はずだったんですよねぇ。」ショボーン
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482634591
2:
小梅 「自分でいうのもなんですが、私の人生ってすごくドラマチックだと思うんですよ。」
エリカ 「は?」
小梅 「みほさんは私にとって、中学時代からのつきあいの戦友であり」
小梅 「私に戦車道の指導を続けてくれた、いわば師匠でもありました。」
小梅 「そんなみほさんは私を助けたことが原因で、黒森峰を去ることになりました。」
小梅 「その身を挺して私の命と居場所を守ってくれたんですッ!!」
エリカ 「いや、別にアンタ一人を助けたわけじゃぁ…。」
小梅 「私の為ですッ!」
エリカ 「あ、はい…。」
3:
小梅 「あの事故の後、同じ車両に乗っていた娘はみんな辞めてしまいましたが」
小梅 「私だけは黒森峰で戦車道を続けていました。」
小梅 「理由は二つ。みほさんの判断が間違っていなかったという証明の為と」
小梅 「みほさんがもしも黒森峰に戻ってきたら、おかえりなさいって言ってあげる為です。」
小梅 「いやぁ… 私ってば健気ですねぇ。これはもう、みほの嫁を自称してもよろしいのではないでしょうか?」
エリカ 「そういうのはもう、大洗にいっぱいいるから。」
小梅 「ぐぎぎ…。」
4:
小梅 「コホン、それでですね…。あの事件から一年経った公式大会で感動の再開を果たし」
小梅 「敵として戦い、そして今度は味方としてあこがれの人と轡を並べて戦う展開!」
小梅 「ああ、なんてロマンチックなんだろう…」
小梅 「これはもう、フェイズ小梅で作品が一本出来上がるくらいですよ。」
エリカ 「活躍できていればね…。」ボソッ
小梅 「うわぁぁぁぁぁぁッ!カァァァァァッル!おのれ自走臼砲ッ!!」
小梅 「クソ役人め!クソ選抜チームめ!乙女の純情を弄びやがってぇぇぇぇッ!!」
小梅 「あの戦いで活躍して、みほさんに『こんなに強くなれました』って報告するつもりだったんですよ!」
小梅 「その場面を頭の中で何度もなんどもシミュレーションして、準備万端でした!」
エリカ 「そう…。」
小梅 「そのまま抱かれてもよかった!!」
エリカ 「次期副隊長候補からの唐突な濃厚レズ宣言。私にどうしろと。」
5:
小梅 「…まぁ、実際の結果がアレだったわけですが。」
エリカ 「そういえば小梅、アンタあの試合の後みほに会った?」
小梅 「会わせる顔なんか無いですよぉ…。もう、こそこそと逃げるように去りましたよ。」
エリカ 「ぷ、プラウダの連中だって序盤で脱落したし…。」
小梅 「あれはちびっこ隊長を逃がすという目的を果たしたわけですからね。」
小梅 「むしろ称賛されるべき活躍でしょう。」
小梅 「私なんか、すごい音がしたなーと思ったらいきなりひっくり返ってそれでおしまいですよ!」
小梅 「ちくしょぅめぇぇぇぇぇぇッ!!」
6:
小梅 「…話は変わりますが、みほさんってひとに教えるのが上手いというか」
小梅 「指導者としてものすごく優秀なんですよね。」
エリカ 「それはもう、大洗の素人集団に思い知らされたわ。」
小梅 「問題点を的確に見抜き、その解決法をわかりやすく語り。」
小梅 「殴りもせず怒鳴りもせず、優しく諭し。根気よく見守り励まし、できれば褒める。素敵ですよねぇ…。」
エリカ 「それって、教わる方がつけあがるだけなんじゃないの?」
エリカ 「規律が無ければチームは機能しない。そういった意味では悪手だと思うけど。」
小梅 「一般的にはそうかもしれませんが、みほさんに限ればそれは無いです。」
エリカ 「なんでよ?」
小梅 「教わる方もみほさんに好意を抱き尊敬し」
小梅 「その期待に応え、褒められようと努力するからです。」
小梅 「つまり大洗の隊員はみんな、みほさんに恋をしているんですよ!!」
エリカ 「大洗の強さの秘訣を探ろうという奴はいくらもいるけど」
エリカ 「そんな気持ち悪い意見を聞いたのは初めてだわ…。」
小梅 「断言します!」
エリカ 「せんでいいわ。」
7:
小梅 「私を見てくださいよ。ハッキリ言って中学のころは戦車道の知識も経験も才能もない。」
小梅 「ただの憧れ、ミーハー根性で黒森峰戦車道チームに入った小娘でした。」
エリカ 「そう考えると、一か月持てばマシって部類よね。」
エリカ 「実際、入ってすぐ辞めていった奴も多いわけだし。」
小梅 「それが今や黒森峰のレギュラーで、車長で、次期副隊長候補ですよ。」
小梅 「そういえばあの頃、みほさんのすごさに気づかずにヘッポコだのどんくさだのと言って」
小梅 「喧嘩を売ってボコボコにされた人がいましたっけねぇ?」
エリカ 「やかましいッ!中学の頃の話なんか持ち出すんじゃないわよ!」
小梅 「私と!みほさんのチームに!ボコボコに!」
エリカ 「アンタは金魚のフンのごとく、みほにくっついていただけでしょうが!」
8:
小梅 「指揮官としても教官としても優秀なみほさんをあっさり手放しているんだから」
小梅 「ハハッ、そりゃぁ黒森峰も落ちぶれるってもんですわ。」
エリカ 「落ちぶれてないわよ!」
エリカ 「ちょっと負けが重なっただけで、戦車も隊員も黒森峰が最強であることに変わりはないから!」
小梅 「でも、黒森峰ブランドの価値が落ちたのは事実ですよね。」
エリカ 「小梅ェ… アンタ、まがりなりにも黒森峰の幹部でしょうに。どっちの味方なのよ!?」
小梅 「こと、みほさんに関する限り。わたしは向こうの味方です。」
エリカ 「言い切りやがったよこのアマ。」
9:
小梅 「そもそもみなさん、なにか勘違いをしていますが。」
小梅 「去年のみほさんの行動は黒森峰を負けさせたどころか」
小梅 「黒森峰と、戦車道にかかわる全ての人にとっての救世主ですよ。」
エリカ 「メシアとは、そりゃまた大きく出たわね…。」
小梅 「考えてもみてくださいよ。もしも試合中の事故で死人が出ていた場合。」
小梅 「来年は大会自粛… とまではいかないものの、規模縮小くらいはされてもおかしくないですよね。」
エリカ 「まぁ、そうよね。プロリーグ発足に向けて話が進んでいる時期だというのもまずいわ。」
小梅 「反対派に格好の餌を与えるようなものですよ。」
小梅 「見ず知らずの、赤の他人が私の遺影をもってパレードやっているとか」
小梅 「考えるだけでもぞっとします。」
小梅 「不幸な被害者の赤星さん、かわいそうな小梅ちゃんと、嬉々として叫ぶんですよ… 気持ち悪い。」
エリカ 「…コメントしづらぁい。」
10:
小梅 「そうなると、黒森峰のケツ持ちやっている西住流本家にも迷惑がかかるでしょうね。」
エリカ 「何でよ!?あの試合は私たちが行っていたもので、本家がどうこう言われる筋合いは無いじゃない!」
小梅 「世間はそうは見ないし、責任者として知らぬ存ぜぬじゃ通じませんよ。」
小梅 「プロリーグが設立されても、そこでの西住流の影響力は小さくなって。」
小梅 「西住流が指導、監督しないから全体のレベルが下がって」
小梅 「世界を相手に通用せず、恥をさらして日本戦車道は衰退しました、ワロスwww」
小梅 「と、そんなことになりかねないわけです。」
小梅 「無論、これはあくまで一例であって、そうなるとは限りません。」
エリカ 「言いたかないけど、島田流だっているわけだしね。」
小梅 「少なくとも、黒森峰と西住流からすれば被害が最小限に抑えられたと感謝するべきでしょう。」
小梅 「みほ神社を建てて、みほ祭りを開催して」
小梅 「神輿の上にみほさんを乗せて、屈強な男たちが担いで、みーっほ!みーっほっ!と掛け声挙げて。」
エリカ 「さすがにそれは本人が嫌がるわよ。」
小梅 「私はいつだって、みほ神を祀る祭司のつもりです!」
エリカ 「捨ててしまえ、そんな役職。」
11:
小梅 「ではどうして、みほさんに全ての責任がおっ被せられたのかと考えると」
小梅 「とにかく騒ぎにしたくなかったんでしょう。」
小梅 「先ほども言ったように、プロリーグ設立前のデリケートな時期ですからね。」
エリカ 「誰のせいだったのかと本格的に調査に乗り出せば、どうしたって」
エリカ 「戦車道の安全性とか、悪天候で中止にしなかった戦車道連盟の責任とかに話が及ぶわけよね。」
小梅 「臭いものに蓋をしたけど、廻り巡ってみほさんが大活躍したおかげで」
小梅 「あの事件が再度注目されているんだから皮肉といえば皮肉ですよねぇ。」プークスクス
エリカ 「さっきから気になっていたんだけど、アンタそんなふうに毒吐くような奴だったっけ?」
小梅 「エリカさんも一度、水没してみればわかります。」
小梅 「人間不信とまではいかないものの。冷めた目と、恩人に対する情熱が手に入りますよ。」
12:
エリカ 「水没したことでトラウマにとかなってない?水が怖いとか…」
小梅 「おっ、どうしたエリちゃん?私のこと心配してくれているんですね?」
エリカ 「心配なんかしちゃいないわよ!少し気になっただけだから、さっさと答えなさい!」
小梅 「はいはい… トラウマとかフラッシュバックとか、そういうのは無いです。」
小梅 「むしろお風呂に入っているときなんか、みほさんが来てくれるような気がして」
小梅 「ついつい長湯してしまいますね、うふふ…//」
エリカ 「…聞かなきゃよかった。」
小梅 「みほニーが捗ります。」
エリカ 「聞きたくなかった!!」
13:
小梅 「みほさんが大洗で楽しく戦車道をやっていると聞いて、嬉しくもあり… 寂しくもあります。」
小梅 「これ、見てください。大洗関連の記事は全てスクラップ帳にまとめているんですが…」ドサッ
エリカ 「うわ、すごい量。」
小梅 「写真の中の、みほさんの笑顔は、私たちに向けられたものじゃないんだな、って。」
エリカ 「… … …。」
小梅 「見出しの通り、大洗の連中がみほさんにとって『私の最高の仲間たち』だとすると」
小梅 「ずっと一緒にやってきた私たちは、みほさんにとって何だったのかと。」
エリカ 「あいつのそういうところ、本当に無神経で気に入らないわ…。」
小梅 「そうですよねー。みんなで一緒に戦車道を続けていたかったっていう気持ちが」
小梅 「一番強いのはエリカさんですからね!」
エリカ 「誰もそんなこと言っていないでしょうが!!」
小梅 「いいですよね、夢の西住サンド。」
エリカ 「同意を求めるなッ!」
エリカ 「さっきからアンタはもう、しんみりした空気が5分ともたないわね!」
小梅 「真面目な話って苦手なんですよ。」
エリカ 「何の間違いで黒森峰に入ったんだこいつはぁぁぁぁッ!?」
14:
小梅 「寂しくはありますが、みほさんが幸せなら私的にはオールオッケーですから。」
小梅 「ただ、ひとつだけ気に食わないことがありまして… ちょっとこの写真みてくださいよ。」
エリカ 「うん?」
小梅 「それとこっちと… これも。」
 (∪^ω^)にしずみどのー
 (∪^ω^)にしずみどのー
 (∪^ω^)にしずみどのー
エリカ 「全部、隣に秋山優花里がいるけど… それが何か?」
小梅 「何か、じゃないでしょう!!」バンッ
エリカ 「ヒェッ」
小梅 「こいつはいつもいつも、みほさんの隣に陣取って!」
小梅 「軍神の右腕だの、懐刀だの名参謀だのとおだてられて… えぇい!」
小梅 「みほさんのわんわんポジションは私のものでしょうッ!?」
エリカ 「でしょう、と言われてもなぁ…。」
小梅 「髪のもしゃもしゃ具合なら負けていないのに!」
エリカ 「え、これ、そういう勝負?」
15:
小梅 「100歩譲って、こいつがみほさんの雌犬だとしましょう。」
小梅 「でも、嫁が一人でなければいけない決まりなんかないですよね?」
エリカ 「あるわよ。」
小梅 「えぇ… あるのぉ?」
エリカ 「あるのよ。」
エリカ 「ついでに、女同士で結婚もできないから。」
小梅 「クソッ!この国は狂っている!」
エリカ 「そうね。アンタみたいなのを野放しにしているはどうかと思うわ。」
16:
小梅 「はぁ…。みほさん、私たちのことなんかもう忘れちゃったのかなぁ…。」
エリカ 「… … …。」
小梅 「あの時、活躍できていればなぁ…。」
小梅 「公式戦前のように慌ただしくじゃなくて、ゆっくりお話しできていたのに…。」
エリカ 「… … …。」イラッ
小梅 「なんか悲しくなってきました。」グスッ
小梅 「会いたぁい… みほさんに会いたい…。小梅さん頑張ったねって、褒めてもらいたぁい…。」グスン
17:
エリカ 「あああああ!もう!やかましい、このバカ梅!」
小梅 「ば、ばかうめッ!?」
エリカ 「まだ、何もかも終わったってわけじゃないでしょう!?」
エリカ 「戦車道を続けている限り、会う機会も活躍する場面も、いくらでもあるわよ!」
エリカ 「公式戦は来年にもあるわけだし!」
小梅 「でも、一緒のチームで戦う機会なんてもう無いし…。」
エリカ 「高校で一緒になることはもう無いにせよ、大学とかプロとかに進めばわからないじゃない。」
エリカ 「胸を張ってみほに会いに行きたいなら、今は結果と実力を追い求めなさい!」
小梅 「エリカさん…。」
エリカ 「ふん、次期副隊長にいつまでもめそめそされていたら私が困るのよ。」
小梅 「そうですね、来年こそ取り戻しましょう。黒森峰最強の称号を!」
小梅 「あのひとが、黒森峰にいたことを誇りに思えるような、そんな戦いを…ッ!」
エリカ 「結局みほ絡みってのが気に入らないけど…。」
エリカ 「まぁいいわ、最強を取り戻すっていうのは同感ね。」
18:
? 翌年 第64回戦車道大会 黒森峰女学園 対 サンダース大学付属高校 会場 ?
ミーン ミーン ミーン…
エリカ 「… … …。」
小梅 「… … …。」
19:
アリサ 「あっははは!どうかしら、驚いて声も出ないようね!?」
アリサ 「これぞサンダースの秘密兵器!カール自走臼砲よ!!」ババァン
エリカ 「… … …。」
小梅 「… … …。」
アリサ 「こいつの威力については今さら語るまでもないわよねぇ?」
アリサ 「上空からの砲撃に恐れおののきなさい!」
アリサ 「黒森峰の常勝神話も崩れたことだし、今年の優勝旗はサンダースに飾らせてもらうわ!あっははは!」
エリカ 「…小梅。」
小梅 「はい…。」
エリカ 「ほどほどにね。」
小梅 「(#^ω^)保証はできません…。」ビキビキッ
20:
? 大洗女子学園 生徒会室 ?
カエサル 「ああ゛? クーラー気持ちいいんじゃぁ?。」
エルヴィン 「読書には最適な環境だな。」
左衛門佐 「水を張った盥に足を突っ込んでの読書も風流でいいのだが…。」
おりょう 「本に汗が落ちるのだけはいただけんぜよ。」
麻子 「( ?ω?)スヤァ…。」
典子 「う?、麦茶麦茶。」
妙子 「冷蔵庫が使えるっていいですよね!」
あけび 「戦車道の練習が終わって、一息ついて。すぐにバレーの練習に移れる。」
忍 「ここはもう、我々の部室と言ってもよいのではないだろうか!」
ねこにゃー 「クーラーとPCと、おやつジュース完備…。ここは人をダメにする空間だにゃー…。」カタカタ
ももがー 「もっとも、出ていくつもりは毛頭ないナリよ。」カタカタッ
21:
沙織 「なんか、すっかり戦車道チームのたまり場になっちゃったね…。」
みほ 「いいんじゃないかな。何だか合宿みたいで楽しいし。」
沙織 「んもー、またみぽりんはそうやって皆を甘やかすー。」
華 「ふふっ、みほさんらしいです。」
優花里 「訓練が終わったのに8割がたが帰らないのはいかがなものかと…。」
ねこにゃー 「に、西住さん。戦車道Webの更新来てるよ…。黒森峰とサンダースの結果が載ってる。」
みほ 「ありがとう猫田さん。え?と、どれどれ…。」
優花里 「下馬評どおり黒森峰優勢ですかねぇ?それとも、サンダースがやってくれたか。」
優花里 「いやぁ、楽しみですねぇ!」
ねこにゃー 「それが、ちょっとそのぅ…。」
みほ・優花里 「?」
22:
─────────────────────────────────────────
『 粉砕、玉砕、大喝采!黒森峰女学園、サンダースに圧勝! 』
『 狂星の小梅伝説、ここに誕生! 執拗な砲撃により大破したカール自走臼砲(写真)』
 黒森峰副隊長、赤星小梅さんのコメント: 愛が私を強くしました。
 黒森峰隊長、逸見エリカさん: 知らない 済んだこと 小梅が勝手にやった。
 サンダース高隊長、アリサさん: 戦車道は戦争じゃない。フェアプレイ大事。
─────────────────────────────────────────
23:
沙織 「うわぁ…。」
華 「きょうせいのこうめでんせつ…?」
優花里 「アリサ殿、完全に涙目ですよ。何があったんでしょうか…?」
みほ 「小梅さん、元気でやっているんだなぁ…(遠い目)。」
なんだかんだで活躍は伝わった         【 おしまい 】
24:
以上になります。
赤星小梅ちゃんの設定は主人公でもおかしくないくらい濃い。
フェイズエリカで見せ場があるといいですね。
2

続き・詳細・画像をみる


首相の顔した「晋ゴジラ」 吉田照美氏「ニュース油絵」公開した理由

【2/3】義母「明後日の結婚式、一緒に行かない?」私「結婚式…?義弟夫婦から招待状貰ってないし今知りました。急な話ですし欠席で」→義弟嫁「欠席ならキャンセル料払って下さい!!」

闇の深いCDジャケットを貼ってく

中国外務省がアパホテルにコメント「歴史を直視せず歪曲しようとしている」 内容への具体的な反論は出来ず

年下のやつらくそむかつく

「減塩信仰」は間違いだった!? 日本人の2人に1人は塩分を摂っても血圧が上がらないらしい

back 削除依頼&連絡先