【ガルパン】あゆみ「梓がまた隊長の臭いを嗅いでる.....」back

【ガルパン】あゆみ「梓がまた隊長の臭いを嗅いでる.....」


続き・詳細・画像をみる

1:
梓「臭いじゃないよ!匂いだよ!」
あゆみ「う、うん。違いがよくわからないけどごめん......」
梓「まったくもう!」スンスン
あゆみ「......ところでそれ、隊長のタンクジャケットだけど、勝手に持ってきて大丈夫なの?」
梓「うん、代わりのタンクジャケットを置いてるから大丈夫!」
あゆみ「そ、そう......」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477577623
3:
あゆみ「......」
梓「......」くんかくんか
あゆみ「それ、楽しい?」
梓「......え?いや、楽しいっていうか、落ち着くかな?」
梓「うーん、あゆみも嗅いでみる?」
あゆみ「え?いや、わたしはいいかな......」
梓「遠慮しなくていいよ!はい!あたしは体操服がまだあるから!」
あゆみ「遠慮とかじゃないよ.....」
あゆみ「っていうか、体操服までとってきたんだ.....」
梓「まぁまぁ、ほら!」
あゆみ「わかった。分かったから体操服押し付けないで!」フガフガ
4:
あゆみ「っていうことがあって.....」
あや「梓どんどんストーカーっぽくなるね」
優季「秋山先輩みたぁい」
あゆみ「いや、それ秋山先輩に失礼だよ」
桂利奈「ねぇ、西住隊長の匂いどうだったの?」
あや「か、桂利奈興味あるの?」
あゆみ「うーん、どうと言われても.....なんか柔軟剤のいい匂いがした」
桂利奈「ふーん」
あゆみ「あんまり汗臭くなかったからちょっと羨ましいかな?ぐらいの感想しか持てなかった」
優季「へぇー、それは確かに羨ましいかもぉ」
沙希「......」ぼんやり
5:
あや「西住隊長汗臭くないのもすごいけど、梓って西住隊長の匂いって分かるのかな?」
あゆみ「う、うん。わたしもその一件でそう思って、自分のタンクジャケットを同じ洗剤と柔軟剤で洗って渡してみたんだけど......」
梓『......違う。これ隊長のじゃない』
あゆみ「って、一嗅ぎで」
優季「へぇ、なんかすごぉい」
あや「いや、ちょっと引くけど......」
桂利奈「でね、そっからがすごくて!」
沙希「......」コクコク
6:
?別の日?
あゆみ「結局、隊長の匂いのどこが良かったんだろ.....」
梓「.......」こそこそ
あゆみ「梓だ。何やってるんだろ......」
梓「はぁ、西住隊長......」
あゆみ(?号に乗り込んだけど....また椅子の座り心地※を確かめてるのかな?)
※座り心地....http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467376933/
参照
9:
梓「.......隊長、好きです。大好きです」
あゆみ(隊長席に頬ずりしながらなんか言ってる.....)
梓「わたしも、隊長みたいになれますか?隊長.....」
あゆみ(梓、泣いてる?そっか、梓も梓なりに悩んでるんだ.....)
あゆみ(できれば普通に悩んで欲しかったけど)ホロリ
あゆみ「ってことがね」
優季「そっかぁ、梓も悩んでるんだ」
あや「わたしももっと頑張らないと.....っ!」
桂利奈「うん!がんばろー!」
沙希「......」静かに、おー!のポーズ
あゆみ「うん、あの時は頬ずりしてるように見えたけど、椅子にすがりついてたのかもって気がしてきた」
あや「それだち恋する乙女って感じだね!」
優季「武部先輩みたぁい」
桂利奈「うーん、ちょっと違う気がする」
沙希「......」コクコク
11:
あゆみ「おじゃましまーす」
梓「いらっしゃい。ごめんね、宿題分かんないとこ多くって」
あゆみ「いいよ、わたしも梓に聞きたいとこあったし」
梓「ちょっと狭いけどごめんね。あ、机とか今片付けるから」
あゆみ「うん。っていうか、また増えたね、みほぐるみ」
梓「えへへ、ついつい作りすぎちゃって」
あゆみ「あ、すごい。服のバリエーションとか増えてる」
梓「さすがに制服ばっかりだと変わりばえしないから」
あゆみ(でも隊長以外は作らないんだ.....)
梓「それで、どこが分からないの?」
あゆみ「あ、ココなんだけど......」
12:
あゆみ「で、おかげで宿題は終わったんだけど」
あや「梓って勉強もできたんだぁ」
優季「それはあやとは違うもぉん」
あや「あー!今バカにしたなぁ!」
あゆみ「そういえば桂利奈は?」
あや「あ、宿題やってなくて紗希と教室に残って居残り中」
優季「アニメに夢中で忘れてたんだってぇ」
あゆみ「紗希も?」
あや「紗希は付き添いだよ」
あゆみ「あの二人仲良いね」
13:
あゆみ「それで、梓に勉強教えてもらったんだけど」
あや「梓成績いいの?」
優季「冷泉先輩みたぁい」
あゆみ「いや、冷泉先輩ほどではないんだけど、普通くらいかな?わたしとあんまり変わらないし....って、それは今どうでもいいんだけど」
あや「どうでもいいの?」
あゆみ「うん....問題はこっちなんだけど」
あや「西住隊長のぬいぐるみ?」
あゆみ「みほぐるみって言うらしいんだけど、なんかいくつか渡されちゃって.....」
優季「いちにいさん.....5つぅ?」
あゆみ「ちょうど一人一個ずつあるんだけど、いらない?」
あや「いや、いらない?って言われても....」
優季「もらうけどぉ......わ、思ったより出来が良くて可愛いかもぉ」
あや「え?ほんとだ!普通に売れるレベルだよ!」
あゆみ「うん、みほぐるみ以外は作れないらしいけど」
15:
あゆみ「......はぁ」
あゆみ(気づいたら梓の行動を目で追っちゃうなぁ。隊長に迷惑かけてなければいいけど.....)
沙織「どうしたの?元気ないね?」
あゆみ「あ、先輩」
沙織「悩み事?よければ相談に乗るよ?」
あゆみ「あ、いえ。たいした事じゃないんですけど.....」
沙織「ん?」
あゆみ「気づいたらいっつも目がいっちゃって....何してるか気になっちゃうっていうか......」
沙織「えぇっ!?恋してるの?」
あゆみ「え?恋?」
沙織「だって気になるんでしょ?あの人今何してるんだろう?とか、何考えてるのかな?とか!」
あゆみ「あ、あの別にそういうわけじゃ.....」
あゆみ(あれ?でも最近ずっと梓のこと考えてるし、梓ばっかり見てるような......)トゥンク
沙織「ほら!胸に手を当ててみて?それでその人のことを考えるの!」
あゆみ「胸に手を当てて、考える.....」
あゆみ「......」
あゆみ(ど、どうしよう!なんかドキドキしてきた.....)ドキドキ
17:
沙織「ふふふ、ね?恋でしょ?」
あゆみ「こ、こい......赤ヘルじゃなくて、恋.....」
沙織「王手はかけられちゃったけど、まだチャンスはあるよね!.....じゃなくて、そうだよ!きっと恋だよ!」
あゆみ「せ、先輩、どうしたらいいんでしょう?!きゅ、急に胸が苦しく......」
沙織「大丈夫!ちょっと苦しくって、切なくって.....でも、楽しいの!そういうものだよね、恋って!」ウンウン
あゆみ(わ、わたし好きだったんだ、梓のこと.....)
あゆみ「あ、あの!わたし.......し、失礼します!」ダッ
沙織「頑張って!応援してるからねぇー!」
沙織「......あれ?そういえば、誰に恋してるんだろ?うち女子校だし.....先生だったりして!キャーッ!!」やだもー
18:
あゆみ(どうしよう、ドキドキが止まんない.....)
あゆみ「何と無く戦車車庫に来ちゃった.....」
あゆみ「......ふぅ、ねぇ、M3リー、わたしどうしたらいいのかな?」
あゆみ「このままじゃ梓と戦車に乗るたび意識しちゃう....ってこれ梓のタンクジャケット......」
あゆみ「......」ドキドキ
あゆみ「......」スッ
すんすん
あゆみ(ど、どうしよう。無意識に手にとって匂い嗅いじゃって.....)
梓『楽しいっていうか、落ち着くかな?』
あゆみ(落ち着かないよぉ!落ち着くどころか余計にドキドキしちゃうよぉ)
19:
あゆみ「ど、どうしよう。つい持って帰って来ちゃった.....」
あゆみ「はぁ.....明日洗って返そ」
あゆみ(でも、洗っちゃうのもったいないな......)
あゆみ「だ、ダメダメ!ちゃんと返すの!洗って!」
あゆみ「うぅ......テレビでも見よっと」
『今週はラブソング特集!一曲目はコレッ!』
キミガスキナリー♪
あゆみ(ひぃ!今まで何とも思わなかったラブソングが急に胸に突き刺さるよぉ)
あゆみ「だ、ダメだ。顔がなんか熱い....別のこと、別のこと考えて寝よ.....」
あゆみ「別のこと.....」
梓『逃げちゃダメだってばー』
梓『今度は逃げないから!』
梓『何だか負ける気がしません!』
あゆみ(あ、梓のこと以外考えられない?っ!!)
20:
あゆみ「うぅ、全然寝れなかった.....」
梓「おはよ、あゆみ....ってどうしたの?辛そうだけど?」
あゆみ「あ、梓っ?」
梓「そんなにびっくりしなくても.....って、なんか顔赤いよ?」
あゆみ「そ、それは......」
梓「顔色も悪いし....風邪?ねつは?」おでここつん
あゆみ「!?」カァァ
梓「熱っ!熱あるじゃん!保健室に......」
あゆみ「何でもない!何でもないのーっ!!」ダッ
梓「ちょ、ちょっとあゆみ?」
梓「大丈夫かな?......ん?これって」
21:
あゆみ「うぅ、梓に会うのが気まずい.....」
あや「なんかあったの?」
優季「なんか辛そぉ」
桂利奈「風邪?」
紗希「......」おでこに手を当てて熱を計っている
あゆみ「うーん、風邪じゃないけど.....ごめん、やっぱり保健室行くね」
あや「一人で平気?」
あゆみ「今は一人がいい.....」
桂利奈「なんかあゆみ変だね、今日」
紗希「......」
優季「どうしたんだろぉ」
梓「みんなー」
あや「あ、梓」
梓「あゆみは?」
桂利奈「保健室に行ったよ」
優季「風邪かもってぇ」
梓「.......」
梓「あたし、心配だから様子見てくるね!」
あや「あ、梓......行っちゃった」
桂利奈「大丈夫かなー?」
22:
あゆみ(はぁ、ダメだな、わたし。梓はすごいなぁ。西住隊長好きになっても普通にできるんだもん.....)
あゆみ(......普通?普通かな?いや、でも、好きになったらあれくらい普通なのかも?うーん......)
あゆみ(ダメだ、考えがまとまんない。頭がぐるぐるする。本当に風邪引いちゃったかな?)
梓「あゆみ?」
あゆみ「.....っ!?」ビクッ
梓「......ねぇ、あゆみ。教えて欲しいんだけど」
あゆみ「う、うん」
梓「もしかして、好きに、なったの?」
あゆみ「ッ!!」ドクン
梓「......そっか」
梓「これ、落としたから」
あゆみ(あ、梓のタンクジャケット?!)
あゆみ「ご、ごめん違うの!それ、梓に返そうと思って.....」
梓「......うん」
あゆみ「そのっ、違うから。す、好きになったとかじゃなくて、わたしは....」
梓「誤魔化さないで!」
あゆみ「ッ!?」
梓「あゆみの態度見たらわかるよ......」
23:
梓「好きに、なっちゃたんだよね?」
あゆみ「......うん」
梓「.....そっか」
あゆみ「ごめん、梓。気持ち悪いよね?」
梓「ううん!そんなことないよ!わたし嬉しいもん!」
あゆみ「!?」
あゆみ「ほ、ほんとに?」
梓「うん。気付いた時は戸惑ったっていうか、ちょっと複雑な気持ちだったけど、でも、好きって気持ちはどうしようもないよね?」
あゆみ「梓.....」
梓「仕方ないよ。西住隊長、すっごく魅力的だもん!」
あゆみ「へ?」
梓「西住隊長を好きになっちゃうのはしょうがないことだよ!」
あゆみ「」
24:
梓「わたし応援する!でも負けないよ!」
あゆみ「えーっと、梓?」
梓「あ、あとこれわたしのタンクジャケットだよ。間違えてもって帰っちゃうなんて」
あゆみ「あは、あはは」へなー
梓「どうしたのあゆみ?」
あゆみ「う、ううん。ホッとしたら力抜けちゃって」
梓「だ、大丈夫?」
あゆみ「うん、大丈夫」
梓「一緒に頑張ろうね!ライバル結構多いよ!」
あゆみ「う、うん」
25:
あや「で?なんであんなことになってるの?」
優季「さぁ?」
桂利奈「でもなんか楽しそう」
紗希「......」みほぐるみを抱っこして頭を撫でている
梓「ほら、この写真もいいでしょ!」
あゆみ「う、うん。そうだね」
あゆみ(結局、わたしも西住隊長を好きになったと思われたまま梓と西住隊長の、よく言えば追っかけ、悪く言えばストーキングをするようになりました)
あゆみ(梓が隊長の話をするたび胸が痛むけど、それ以上に梓と前より仲良くなれて幸せかな?)
あゆみ(いつか梓と両思いになれたらいいなと思うけど)
梓「えへへ、あゆみと隊長の話ができるようになってよかったぁ」
あゆみ(今は今まで十分幸せかな?)
おしまい
27:
終わりです。HTML出してきます
この前茨城空港に行った時に山郷ちゃんのパネル見て山郷ちゃんが可愛い話を書きたくなってなんでこうなった?
恋する女の子は可愛さが100倍増しになると思います。ヤバイです。
あと関係ないですが、みほの誕生日会イベント行ってきました。あんこう祭行く人は覚悟した方がいいと思う(何
2

続き・詳細・画像をみる


「黒いプリンス」ことロミオさんの画像集

【悲報】俺、人生めちゃくちゃ上手く行ってるけど未だにDT

東大首席エリート実践! すらすら頭に入る「7回読み勉強法」

無宗教の人ってカルト宗教、マルチ商売、スピリチュアルにハマりやすそう

言うほど記憶そのままで中学生に戻ったら無双できるか?

家と家の隙間に伐採した木を落とす木こりのテクニックが素晴らしい!!

back 削除依頼&連絡先