【ガルパン】ダージリン「私が愛しているのは貴女だけよ」back

【ガルパン】ダージリン「私が愛しているのは貴女だけよ」


続き・詳細・画像をみる


ダージリン「貴女が好きよ、西さん。いえ絹代さん」
絹代「そっそんな、ダージリンさんっ//」ドキ
ダージリン「あら、照れているのかしら?」
絹代「驚いているのですっ///」ドキドキドキドキ
ダージリン「貴女の得意な突撃をしてみたのよ」
絹代「大変光栄です!しかし私などがダージリンさんと釣り合うとは思えません!」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1469117671
2: 以下、
ダージリン「あら?そんなことを気にするの?愛さえあれば関係ありませんわ」
絹代「ですが、ダージリンさんならもっと素敵なお相手が……」
ダージリン「いいえ、貴女しかいません」
ダージリン「私が愛しているのは貴女だけよ」
絹代「ダージリンさん///」ドキドキィ
ダージリン「さあ、答えを聞かせて?」
絹代「そっそのっ!少しだけ時間をください!明日には必ずお答え致しますっ!」
ダージリン「わかったわ。いい答えを期待してるわね」
絹代「はぃ!それでは///」ソソクサ
3: 以下、
ダージリン「ふう、思ってたよりも手強いわね。まあそれはそれで面白いけど」
ダージリン「……」ピッピ
プル
ケイ『ハアイ!!ダージリン!!あなたからかけてくるなんて珍しいわね!』
ダージリン「ケイ、今夜会えない?寂しいの。貴女に会いたいわ」
4: 以下、
ケイ『もう!最近全然会ってくれなかったのにいきなり?』
ダージリン「忙しかったのよ。貴女も隊長ならお分かりでしょう?」
ケイ『そんなこと言って、別の娘と遊んだりしてないでしょうねえ?』
ダージリン「まさか。私が愛しているのは貴女だけよ」
ケイ『ふふ、ありがと!じゃあ今夜ね!迎えに行くわ!』
ピッ
ダージリン「さてと、そろそろかしら」
5: 以下、
スタスタ
まほ「すまない。待ったか?」
ダージリン「いいえ。私も今来たところですわ」
まほ「そうか。花を買ってきた。ダージリンに似合うと良いんだが」ガサッ
ダージリン「まあ素敵。ありがとう、まほさん」
まほ「中々会う時間を作ってやれないからな。せめてプレゼントのひとつでもしないと気が収まらない」
6: 以下、
ダージリン「その気持ちだけで結構ですのに。そうやって想ってくれて私は幸せよ」
まほ「ありがとう。優しいな、ダージリンは」
ダージリン「今日も夕方にはまた用事があるんでしょう?」
まほ「そうだ。連盟の仕事でな。夜まで一緒にいれなくてすまない」
ダージリン「いいのよ」
7: 以下、
まほ「そうだ。連盟の仕事でな。夜まで一緒にいれなくてすまない」
ダージリン「いいのよ」
まほ「もう少ししたら、隊長を引退して自由な時間も増える。そうしたら今よりもっと会えるようになるはずだ」
ダージリン「嬉しいわ」
まほ「だからそれまで、愛想を尽かさないでくれ……頼む」
ダージリン「不安になることはないわ。私が愛しているのは貴女だけよ」
まほ「ダージリン……」キュン
17: 以下、
まほ「おっと、そろそろ行かないと」
ダージリン「あら、もうこんな時間なのね。寂しいわ」
まほ「ダージリンといると時が経つのを忘れてしまうな」
ダージリン「ええ、私もよ。とても楽しかったわ」
まほ「……」
ダージリン「どうしました?」
まほ「やっぱり予定はキャンセルするよ。君ともっと一緒にいたい。今夜までずっと」
ダージリン「えっ」
18: 以下、
まほ「連盟の仕事なんて知ったことか。私はダージリンの方が大事だ」
ダージリン「だ、ダメよ。そうやって投げ出してはいけないわ」
まほ「だが……」
ダージリン「私は、頑張っているまほさんが好きなの。責任を放棄するようなことされたら嫌いになるわよ?」
まほ「……わかったよ。君に嫌われたくないからな」
ダージリン「ええ、寂しいけど我慢するわ」ホッ
19: 以下、
まほ「じゃあ、これで」
ダージリン「お気をつけて」ガサガサ
まほ「少し花束が大きすぎたかな?帰りに邪魔だろう」
ダージリン「そんなことありませんわ。私の好きな青いバラをせっかく持ってきてくれたんですもの」
まほ「なら良かった……」
ダージリン「また会いましょ」チュッ
まほ「///」
ダージリン「ふう、やれやれですわ」
26: 以下、
ブオオオン!
ケイ「ヘイ!ダージリン!迎えに来たわよ!」
ガチャ
ダージリン「ケイ。元気そうね」
ケイ「んー、会いたかった!」
ギュー チュッ チュッ
ダージリン「もう。人前で……はしたないわよ?」
ケイ「いいじゃない!むしろ見せ付けちゃおうよ!」
27: 以下、
ダージリン「私達にも立場があるでしょう?」
ケイ「むー。わかったわ」
ダージリン「それで、今夜なんだけど」
ケイ「横浜の高級ホテルを予約しといたわよ!」
ダージリン「さすがに手際がいいわね」
ケイ「今晩は朝まで寝かさないからねー?」
28: 以下、
ダージリン「そんなこと言って、いつも先にお休みちゃうでしょ?」
ケイ「そういえばダージリン、その花束は?綺麗な青いバラね!」
ダージリン「貴女のために用意したの。受け取っていただける?」
ケイ「サンキュー!!これって確かダージリンの好きな花よね?」
ダージリン「ええ。貴女にも好きになってほしくて。よく似合うと思うわ」
ケイ「もー!ダージリンのプレゼントならなんでも好きになっちゃうよ!大切にするわ!」
ダージリン「さあ。行きましょうか」
29: 以下、
翌朝
チュンチュン
ケイ「グッモーニン!ダージリン!」
ダージリン「んん……」
ケイ「いつも私が先に寝ちゃうけど、起きるのも私が先ね!」
ダージリン「ケイ……おはよう」
ケイ「今日は戦車道部の訓練があるから先に帰るけど、ダージリンはもう少し寝てる?」
30: 以下、
ダージリン「学園艦が横浜に帰港するのが明日なのよ。だから明日まで……」
ケイ「しょうがないねー。ならもう一泊できるようにしとくわ!料金のことは心配しなくていいわよ」
ダージリン「いつも悪いわね……」
ケイ「こちらこそ!ダージリンと一緒にいるとハッピーになれるもの!」
ダージリン「私もよ」
ケイ「シーユー!」チュッ
バタン
ダージリン「……」ゴロン
ダージリン「さてと」
31: 以下、
カチカチ プルルルル
ダージリン「もしもし、絹代さん?おはようございます」
ダージリン「今日、お返事聞かせてくれるのよね?会いましょう」
ダージリン「貴女のために横浜の高級ホテルをとっておいたわ」
ダージリン「ええ、では今夜」
ガチャ
39: 以下、

絹代「こ、こんばんはっ」ドキドキ
ダージリン「こんばんは、絹代さん。緊張してます?」
絹代「このようなハイカラな高級ホテルなど初めてでしてっ……」
ダージリン「お金のことなら心配しなくていいわ。それよりも、早く答えを聞かせて頂ける?」
絹代「はっ、はいっ!私、一晩中吟味に吟味を重ねた結果っ……!」ビシッ
ダージリン「結果?」
絹代「私も、もっとダージリンさんと一緒にいたいとおもいましたっ、で、ですからっ///」
絹代「不束者ですが、どうぞ私と付き合ってくださいっ!!//」
ダージリン「まあ、嬉しいわ!ありがとう、絹代さん」ギュ
絹代「いっ!そんないきなり手を握られてはっはっ恥ずかしいですっ///」
ダージリン「絹代さんったら、とても純粋なのね」
40: 以下、
絹代「このような経験は初めてでしてっ!お手柔らかにお願いします!」ピシッ
ダージリン「そんなに固くならなくていいわ。これからゆっくり愛を深めていきましょう?」
絹代「はいっ!!//」
ダージリン「それから、大切な約束事が一つだけあるの。私達が付き合っていることは内緒よ。誰にも言ってはいけないわ」
絹代「そ、それはなぜですか?私は後ろめたい気持ちなど全くございません!」
ダージリン「もちろんそれはわかってます。だけど、私達は各校のチームを率いる隊長同士。
例え私達が純粋に愛し合っていても、世間の目は許してくれないの。公になったら仲間たちにも迷惑が及ぶわ」
絹代「そんな……!」
ダージリン「でも大丈夫。貴女が高校を卒業すればそんなことからも開放されるわ。1年とちょっとの辛抱よ」
絹代「わかりました!待っていてください!」
46: 以下、
翌朝
ブオオオオ
ダージリン「学園艦が帰港したようね。そろそろ私も帰るわ」
絹代「次はいつお会いできるのでしょうか……?」
ダージリン「すぐにまた連絡するわ」
絹代「わかりました!ではさようなら!」
ブオオオオオオオン
ダージリン「さて、そこに居るのはわかってるわよ。アッサム」
アッサム「……」
47: 以下、
アッサム「……」
ダージリン「お迎えかしら?」
アッサム「わかってるでしょう?」
ダージリン「……私を尾行してたのね」
アッサム「ついに西隊長にまで手を出されたんですね」
ダージリン「手を出したなんて人聞きが悪いわ。互いを想い合うことの何がいけないのかしら?」
アッサム「これが一人なら何も文句はありません。ですがあまりにも節度が無さ過ぎます」
ダージリン「節度ならありますわ。私は付き合うのは3人までって決めてるの。それ以上の人数になると平等に愛せないのよ」
アッサム「呆れて言葉も出ませんね」
ダージリン「結構よ。貴女にまで愛の言葉を囁かれたら身がもたないわ」
アッサム「とにかく、卒業するまでに問題を起こしたら許しませんからね?」
ダージリン「ご心配なく。貴女は私のことなんて気にしないで紅茶を飲んでるだけで良いのよ」
48: 以下、
まほ「……」
エリカ「隊長」
まほ「……」
エリカ「隊長!!」
まほ「!!っすまない、少しボーッとしてた。なんだ?」
エリカ「間もなくサンダースに到着します」
まほ「わかった。ありがとう」
エリカ「隊長。最近何か悩みでもあるんですか?」
まほ「どうして?」
49: 以下、
エリカ「どこか上の空になったり、携帯を見つめてボーっとしたりしてるじゃないですか」
まほ「悩み……悩みか。確かに悩みといえば悩みか」
エリカ「私で良ければ、相談してください。隊長のお力になりたいですから」
まほ「エリカには恋人はいるか?」
エリカ「いませんけど……ってこここ恋人!?////隊長、まさかっ??//」
まほ「いや、やっぱりなんでもない」
エリカ(隊長……まさか私のこと////)
50: 以下、
ケイ「ハーイ!マホ!エリカ!ウェルカム!」
まほ「よろしく頼む」
エリカ「……」ペコリ
ケイ「アリサ、歓迎パーティの準備はどう?」
アリサ「急ピッチで進めてます!」
まほ「試合の打ち合わせに来ただけだ。そこまでしてもらわなくてもいい」
ケイ「いいじゃない!自慢のバーベキュー食べてってよ!」
アリサ「人手が足りないからちょっとアンタ手伝いなさい」
エリカ「はぁ?しょうがないわね……」
ケイ「悪いわね!じゃあマホ、隊長室に案内するわ!私達だけで確認できることは話しておきましょ!」
まほ「ああ、わかった」
51: 以下、
ガチャ
ケイ「どうぞー。座って!資料はそっちの机の上よ!」
まほ「相変わらず豪華な隊長室だな」
ケイ「今コーヒー淹れるわね!」
まほ「ありがとう。ん……?」
ケイ「はい、アイスコーヒーでいいよね!」
カチャカチャ
まほ「あそこに飾ってある青いバラは……」
ケイ「お、いいところに目を付けるわね!素敵でしょ!」
まほ「そうだな。どうしたんだ?」
ケイ「大切な人に貰ったのよ!」
52: 以下、
まほ「大切な人……?もしかして恋人か?」
ケイ「ふふ、まあねー」
まほ「ケイも恋人がいるのか」
ケイ「ケイも?」
まほ「実を言うと、私にも最近恋人が出来た」
ケイ「オウ!すごいじゃない!誰?私の知ってる人?エリカとか?」
まほ「いや、違う。相手のことは悪いが話せない。そういうケイはどうなんだ。私の知ってる人なのか?」
ケイ「ソーリー、私もシークレットでお願い!」
まほ「そうか……」
ケイ「ええ……」
まほ「……」
ケイ「……」
61: 以下、
まほ「ケイはバラが好きなのか?」
ケイ「んー、特別好きってわけじゃないけどね。だけど好きな人に貰った花だから好きよ♪」
まほ「ではなぜ青いバラをくれたのかな」
ケイ「それは相手が好きな花だからよ。自分の好きな花を私にも好きになって欲しいってね」
まほ「青いバラが好きとは、珍しいな」
ケイ「そうかなー。あんまりお花には詳しくないんだけど」
まほ「そうだよ」
ケイ「……」
まほ「……」
ケイ「ねえ、あなたの付き合ってる相手って」
アリサ「隊長!準備ができましたよ!」
バンッ
ケイ「オウ!サンキューアリサ!じゃあ行きましょ、マホ!」
まほ「あ、ああ。ありがとう」
エリカ「隊長、何かありました?」
まほ「なんでもない」スタスタ
62: 以下、
ケイ「アリサ、ちょっといい?」ヒソヒソ
アリサ「はい」
ケイ「個人的に調べてほしい人がいるんだけど。盗聴でも何でもしていいわ」
アリサ「えっ!?隊長、そういうこと一番嫌いじゃないですか」
ケイ「戦車道ならね!これはプライベートの話!私の好きな人の潔白を証明したいの!」
63: 以下、
知波単学園
絹代「では皆、出かけてくる」
福田「隊長!どこにお出かけされるんでありますか!?」
細見「我々は付いて行ってはダメでありますか!?」
玉田「いつもよりお化粧が濃いような気がしますが!?」
絹代「悪いな。大切な人に会って来るんだ///」
福田「お相手は誰でありますか!?」
絹代「それは言えん!」
細見「なぜでありますか!?」
絹代「この事は誰にも話してはいけないとダージリンさんに言われているからだ!」
玉田「なるほどであります!では我々も聞きません!」
絹代「ありがとう玉田。行ってくる」
ブロオオオオオ
64: 以下、
聖グロリアーナ
ダージリン「それでは少し外出してくるわ。帰ってくるのは夕方くらいね」
オレンジペコ「……」
ダージリン「どうしたの、ペコ?」
オレンジペコ「ダージリン様、これ」スッ
ダージリン「何かしら、これは。いい香りがするわね」
オレンジペコ「ダージリン様と一緒に食べようと、クッキーを手作りしてみたんです」
ダージリン「まあ。ありがとう」
オレンジペコ「ですが外出されるなら仕方ありません。外でおやつにしてください」
ダージリン「ええ、いただくわ。今度は一緒に食べましょうね」
オレンジペコ「……はい」
65: 以下、

ブオオオオオン
絹代「ダージリンさん、そろそろお昼にしましょう!」
ダージリン「ええ。バイクに乗せてもらうなんて初めてで、疲れましたわ」
絹代「すっすいません!つい飛ばしすぎてしましまして!」
ダージリン「とっても楽しかったわ。絹代さんとじゃないとこんな体験できないもの」
絹代「ありがとうございます!私、弁当を作ってきましたので是非どうぞ!」
ダージリン「美味しそうね。私もクッキーを作ってきたのよ」スッ
絹代「おお!これはいい香りですね!」
ダージリン「でもこの和風のお弁当とは合わないわね。クッキーはおみやげに持ち帰ってもらえる?」
絹代「はい!」
67: 以下、

オレンジペコ「お帰りなさいませ、ダージリン様」
ダージリン「あら、待っていてくれたの?帰りが遅くなってごめんなさい」
オレンジペコ「いいんですよ。それよりも、クッキーは食べていただけましたか?」
ダージリン「クッキー、え、ええ。とっても美味しかったわ」
オレンジペコ「!!!」
オレンジペコ「本当に美味しかったんですか?私に気を使わずに正直な感想を言ってくれませんか?」
ダージリン「本当に決まってるじゃない」
オレンジペコ「……そうですか」グスッ
オレンジペコ「ううっ、ううっ」ポロポロ
ダージリン「ペコ!?どうしたの急に泣き出して!?」
68: 以下、
オレンジペコ「やはりダージリン様は、私の事なんてどうでもいいと思ってるんですね!」
ダージリン「そんな事あるわけないでしょう」
オレンジペコ「嘘です!だって、私が作ったクッキーは……」
オレンジペコ「タバスコを大量に入れた激辛悶絶クッキーですから!」
ダージリン「」
オレンジペコ「最近ダージリン様が全然かまってくれないから、つい意地悪しようと思ったんです。
それで、ダージリン様に怒られようと」
オレンジペコ「だけどダージリン様はクッキーを食べてすらくれなかったんですね!捨てたんですよね!
私なんかのクッキー、食べるまでもなく捨てたんですよね!」
ダージリン「」
69: 以下、
同時刻 知波単学園
絹代「帰ったぞみんな!」
福田「お帰りなさい!」
絹代「ほら、おみやげを持ってきたぞ!」
細見「これは、洋菓子でありますか!?」
絹代「ああ。クッキーだ。みんなで食べよう」
玉田「やったであります!皆!!集合!」
ワアアアアアアア
「「「「いただきまーす」」」」
パクッ モグモグ
「「「「ウぎゃァああアアあぁあああぁあああああァ!!??!??!」」」」
71: 以下、
絹代「うぁうあぁああ!!」ジタバタ
福田「ひやぁあああっ!!」ジタバタ
玉田「死ぬうぅううう!!?」ジタバタ
細見「」ガクガク
ケイ「みんな!アテンションプリーズ!」
絹代「あ、あなたは、ケイさんっげほっ!」
ケイ「喋っちゃダメ!今あなた達は激辛悶絶クッキーを食べてるのよ!」
絹代「ごほっっっ!!?」
ケイ「大丈夫。ダージリンの仕業じゃないわ。いや、ある意味ダージリンの仕業なんだけど。
不幸な事故が重なっただけ」
72: 以下、
アリサ「ほら、水を用意したからみんな飲みなさい」
福田「ごほぃぉ!助かったであります!」
ゴクゴク
ケイ「アリサの盗聴のおかげで大事にならなくて済んだわね」
アリサ「隊長の命令ですからね!?」
ケイ「ま、こういうことね。私達みんな騙されてたってわけ。マホ」
まほ「……」ギリッ
73: 以下、
聖グロリアーナ
ダージリン「ああ、なんてこと」オロオロ
ダージリン「ペコは怒って泣いて自室に閉じこもってしまうし、絹代さんは電話に出ないし」
ダージリン「このままでは……」
まほ「このままでは、なんだ?」
ダージリン「!?」
74: 以下、
ダージリン「ま、まほさん。あの」
まほ「私が送った青いバラを有効利用してくれてありがとう。サンダースの隊長室の雰囲気にとても合っていたよ」
ダージリン「……!」タラタラ
まほ「得意の話術はどうした?弁解しないのか?」
ダージリン「ご、ごめんなさい!!!」
まほ「ん?何を謝る」
ダージリン「その、あなた達みんな魅力的で、欲が出たと言いますか……みんなを愛しているのは本当です!」
まほ「お前の舌は何枚あるんだ?」
バチンッ!
ダージリン「痛いっ!」
バチンッ!
ダージリン「ふぐっ!」
75: 以下、
まほ「今の2発はケイと西の分だ。頼まれてたんでな」
ダージリン「ま、まほさんの分は……」ガクガク
まほ「私はダージリンを恨んでなんかいないよ」
ダージリン「まほさん……!良かった、やっぱり私が本当に愛していたのは貴女だけよ!」
まほ「そうか、ありがとう。ところでダージリンにプレゼントを持ってきたんだが」
ダージリン「えっ」
まほ「クッキーだ。最近知波単学園で流行ってるらしくてな。一枚譲ってもらった」
ダージリン「そ、それは……」タラタラ
76: 以下、
まほ「口を開けろ」
ダージリン「……」
まほ「開けろ!!!」
ダージリン「」ビクッ
ダージリン「あ、あーん」
ヒョイパク
ダージリン「!!!!!」ムグ
まほ「このまましっかり味わえ。吐き出すんじゃないぞ。私が口を抑えてやろう」
ダージリン「!!!??!???」ムグー!ジタバタ!
まほ「何を涙目になっているんだ?泣きたいのはケイや西も同じだぞ」
77: 以下、
ダージリン「!!!?!?!?」ジタバタ
まほ「暴れるな」
オレンジペコ「やめてください!!」
まほ「!」パッ
ダージリン「ぷはっ!げほっごほっ!」
オレンジペコ「これ以上ダージリン様を傷つけるなら、私が許しません」
まほ「君は……良いのか?」
オレンジペコ「はい。私はダージリン様をお慕いしていますから」
ダージリン「ペコオオオッ!やっぱり私はペコが一番大切よ!」ダキッ
オレンジペコ「ふふ、よしよし」ナデナデ
まほ「……わかった。あとは好きにすればいい。お別れだ」
78: 以下、
エリカ「あっ!隊長!」
まほ「待たせたなエリカ。帰りも操縦を頼む」スタスタ
エリカ「もういいんですか?ダージリンのことは……」
まほ「いいんだ」
エリカ「あの、隊長。今回のこと、なんと言葉をかけたらいいか……」
まほ「エリカ!」
ギュウ
エリカ「えったたた隊長!?///」
79: 以下、
まほ「私はやっとわかったよ。私に必要なのは、ずっと側で支えてくれたお前だ」
エリカ「ええっ///」ドキドキドキ
まほ「エリカさえ良ければ、私と共に歩んで欲しい」
エリカ「わっ私も!隊長がしゅきですっぅ///」
まほ「エリカ、私はお前だけを愛している」
エリカ「隊長っ///」
まほ「今夜、私の部屋に泊まると良い」
エリカ「はいっ!あ、私ヘリの準備してきますねっ//」タタッ
80: 以下、
ピッピッ プルルルル
まほ「ああもしもし、みほか?」
まほ「悪いが、今夜は急用で泊まりに行けなくなった」
まほ「そう言うな。次の週末は必ず行くから」
まほ「大丈夫さ」
まほ「私が愛しているのはお前だけだよ」
おわり
81: 以下、
おわりです。読んでくれてありがとう
84: 以下、

続き・詳細・画像をみる


少年野球審判「はい今君変化球投げたね?退場退場!」

【悲報】自殺しようとした妊娠中の女性、止めに来た警官に射殺される  (画像あり)

レコード大賞買収報道に三代目JSBヲタ発狂!現実を受け入れられない模様wwwww

転売ぼく「お、これオークションなら数万の値がつく奴じゃん」ポチー

エアバイブ←天才 SANKYOのハンドルから飛び出すボタン←ゴミ

子供に黒や濃紺のコートを着せてる親って事故が心配じゃないのか。この時期は夕方でも暗いのに

back 削除依頼&連絡先