なんと鑑定額2500万の刀がこれ!美しすぎる名刀に惚れたback

なんと鑑定額2500万の刀がこれ!美しすぎる名刀に惚れた


続き・詳細・画像をみる



備前長船景光の太刀備前長船景光作の太刀。長さは二尺五寸三分(76.6センチ)で極めて長く反りも深い。刃文は互の目に丁字を交え景光にしては実に華やかである。
http://blog.livedoor.jp/otakarajoho/archives/18512705.html
何でも鑑定団:備前長船景光の太刀
http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20121002/03.html
引用元: ・鑑定額2500万の刀がこれ。美し過ぎるだろ
3:
置き方これでいいのかい
25:
>>3
置き方逆だよね
刃が下だから下手したら欠けるね
77:
太刀の置き方はこれで正解
打刀は刃が上になる
4:
さぞかし切れ味も凄いんだろうね
とりあえず>>1斬られてこい
6:
鎌倉時代の刀っぽい反り方
60:
>>6
時代劇に洗脳されてるけど実用の刀は新撰組のやつとかでも恐ろしく反ってる
61:
>>60
新撰組は刺すのに適してる反りのない刀使ってなっかったけ?
64:
>>61
俺が思い描いてるのは燃える剣
近藤勇の奴も恐ろしいほど反り返ってたと思う
とにかく馬力でぶった切る流派だったと聞く
82:
>>64
虎徹(偽)はわからんが土方が持ってた和泉守兼定は反りは浅い
幕末の頃は刀身が長くて反りの浅い刀が流行ってたらしい
13:
輪とのバランスがすばらしい
16:
こち亀の「両さんが全力で偽物の刀を作ったら凄い名刀ができてしまった」
という話が地味に好き
18:
反りすぎじゃね?刀のこと知らんけど
26:
28:
刀の善し悪しは10年以上見ていてやっと判る
ぐらい難しいらしい
30:
どちらかというと古くて希少価値が高いから鑑定額が高いだけでしょ
美しいからこの値段なわけではない
33:
これ戦闘で使ったら一瞬で折れそう
37:
問題はこれで誰を切ったかだよ
有名な武将を切ったなら億を超える金額だろ
38:
刀なんて装飾品
戦闘で使えるものではない
83:
>>38
その装飾品を相手に足を翼のようにして遁走した人たちもいるみたいだ
ルイス・フロイス『日本史』
・だが日本軍はきわめて計画的に進出し、鉄砲に加え、太刀の威力をもって散々に襲撃したので、
朝鮮軍は戦場を放棄し、足を翼(のよう)にして先を争って遁走した。
フロイス日本史『フロイス日本史』、正式には『日本史』は、戦国時代末期の日本でキリスト教の布教活動を行ったイエズス会宣教師ルイス・フロイスによる編年体歴史書。
https://ja.wikipedia.org/wiki/フロイス日本史
86:
「槍の方が役に立つし」というが唐入りのときは補給物資に槍は一切いらない
なんて文言が書かれるくらいだった
推定文禄二年 九月廿九日付 島津義弘書簡
「てつほう並玉薬被成御用意、可被食越候、鑓ハ一切不用立候、
何としても鉄砲被仰付肝要ニ候」
「高麗人ニ対してハてつほうニ可相究と見へ申候事」
>>83見ればわかるように刀は鉄砲と組み合わさって大活躍だが
40:
刀剣て古くて希少価値があるものとそこまで珍しいものじゃないけど
歴史上の偉人とかが使ってたものとどっちが高い値がつくんだろう
43:
>>40
そもそも後者でないとなかなか今まで残らないのでは
42:
高いのは美術的価値が基本だからね
刀1つで何万石みたいな世界だったから
45:
女性が主に習得していた薙刀の方が非常に使い勝手がよい場面が多かったのではと思う
51:
刀なんて一回戦ったら歯がボロボロになったらしいけどな
53:
マグロ包丁がすごいがそれを超えるクジラ包丁がもっとすごい事になってる
http://store.shopping.yahoo.co.jp/chokuhan/g060814n078s5.html?basket=&et=&unique=&ba=
55:
装飾品なんてしょうがないだろ
マグロ包丁は実用品だからこそ価値がある
62:
国宝
三日月宗近三日月宗近(みかづきむねちか)は、平安時代に作られたとされる日本刀(太刀)である。天下五剣の一つ。日本の国宝に指定されている。
国宝指定名称は「太刀 銘三条(名物三日月宗近) 附 糸巻太刀拵鞘(たち めい さんじょう めいぶつみかづきむねちか つけたり いとまきたちこしらえさや)」。
平安時代の刀工・三条宗近の作で、刀身に鎬と反りのある形式の日本刀としてはもっとも古いものの一つである。「天下五剣」の中でも最も美しいとも評され、「名物中の名物」とも呼び慣わされた。
wiki-三日月宗近-より引用
63:
ほとんど歴史的価値だろ
65:
細くてもリアルな真剣はほとんど反ってるよね
暴れん坊将軍の真っ直ぐの剣みすぎw
66:
美しさとか切れ味とかだったら今の技術でもっと良い物ができないのかい?
92:
>>66
作刀技術は今もなお古来の方法のまま作っている
完璧に完成された技術でこれ以上改良する余地がない
そして昔の傑作を越えた物が未だに作られない
68:
欲しい
70:
ブーメランみたいな反り方だけど
突きとかやりづらくね?
73:
>>70
円を描くように振るから実戦用の刀は反りが大きい、直線的な刀は平時の飾り要素かある。
71:
太刀は突くための武器じゃないからね
74:
新撰組の沖田は三段突きが得意技だったけどね
75:
戦では槍のほうが役に立つし
一対一でも薙刀とかのほうが強いよね
刀の存在価値ってよーわからんな
シンボル的な?
85:
>>75
接近戦とか乱戦とか状況によっては槍は使い物にならない
そういう状況で刀がなかったら死ぬ
フロイス『日本史』
・彼我の戦備は極度にちぐはぐであった。すなわち隆信勢は多数の鉄砲を
有していたが弓の数は少なく、長槍と短い太刀を持っていたのに反し、
薩摩勢は鉄砲の数が少なかったが多くの弓を持ち、短い槍と非常に
長い太刀を備えていた。
・そして戦闘が開始された。それは熾烈をきわめ、両軍とも槍を構える暇もなく、
手当たり次第に刀で相手の槍を切り払った。薩摩勢は、敵の槍など
眼中にないかのように、その(真只)中に身を投じ、鉄砲も弾を込める
間がないので射つのをやめてしまった。
76:
たまに鑑定額は低いけど鑑定士が大絶賛することあるよね
田端の夫婦窯とか
81:
>>76
希少さと市場価格が連動するわけじゃないって事じゃないの
絵なんかも市場で人気が出ないといかに素晴らしい作品でも値段つかないわけだし
78:
国立博物館に行けば無造作に国宝が展示されている
87:
ふと思ったけどなんで日本では「盾」というのが発達しなかったんだろうね
89:
個人の武装ではなく専門の楯持ちがかつぐ矢防ぎ用の掻楯が広く普及していたからかな
西洋でも鎖帷子から板金鎧に変わり十分な防御力が得られるようになると盾は廃れる
91:
個人単位の盾はいらなかったんだろ
5、6人ずつ隠れるデカい木の板持ってた
88:
戦国期の太刀はとにかく長いんだよな
90:
>>88
化け物みたいな太刀が目立つのは南北朝時代じゃないか
戦国時代前期ごろには片手打ちの打刀みたいに
江戸時代と変わらない長さの刀も流行ったし太刀は廃れてきてる
97:
「人と刀は昔の方が良い」って言葉が江戸時代くらいからあるんだよな
日本刀の原材料である玉鋼も昔の方が良質だったという説がある
砂鉄を原材料に「たたら製鉄」っていう原始的な方法で生産される鋼だけど
ノウハウは職人の伝承のみで数値とかの記録が残ってない
すべて「勘」の世界
99:
新潟の弥彦山の麓に鎮守の弥彦神社があって
その神社に奉納された刀を集めた刀剣博物館が併設されてるんだけど
霊感とかある方じゃないんだけど中にはあきらかに妖気みたいなの放ってる刀があった
先祖代々祟りみたいなのがあってこの刀のせいで...とか納められたのかな?とか思った
101:
そういえば技術が完成されてない時代のほうが
刃紋が美しいみたいなことをNHKでゆうてたな
おまけ!その他何でも鑑定団で高値がついたと思われる名刀
大和守安定の刀
http://blog.livedoor.jp/otakarajoho/archives/6606856.html
青江の脇差
http://blog.livedoor.jp/otakarajoho/archives/6607305.html
虎徹の刀
http://blog.livedoor.jp/otakarajoho/archives/6606918.html
福岡一文字の刀
http://blog.livedoor.jp/otakarajoho/archives/6606869.html
-->
- Tweet
-
-
-
-
この記事が気に入ったら
イイね!しよう
不思議.netの最新記事をお届けします
おススメ記事ピックアップ(外部)
「雑学」カテゴリの最新記事
「雑学」の記事一覧
過去の人気記事ランダムPICK UP
おススメサイトの最新記事
コメント
1 不思議な
集え刀博士
2 不思議な
置き方に突っ込む奴いるだろうなと思ったら案の定
だいたい太刀は刃が下よ
3 不思議な
税務署職員「よし、行くか」
4 不思議な
刀のことは門外漢だが日本刀は世界一の刀剣だということは知ってる。
5 不思議な
刃紋がきれいと言われてダマスカスナイフを思い出した。木目調の
あれロストテクノロジーなんだっけ
6 不思議な
下においただけで刃が欠けるとかどんだけ名刀脆弱なんだよ
7 不思議な
ニューオータニ東京に刀屋さんがあって100万円くらいの刀がたくさん
売ってた気がする。
カッコイイけど怖いし置くとこもないしなあw
憧れだな。
8 不思議な
錵の美しさを観賞したい
9 不思議な
鎌倉後期から南北朝時代の刀ってすごいらしいよ。江戸時代のものよりも錆びにくく折れずによくしなる。工法途絶えてるからロストテクノロジー。高値がつくわけだ
10 不思議な
>>64
は阿呆かな?譲位方の薩摩示現流と勘違いしてるぞ
11 不思議な
割りと刀って安いんだよな10万くらいで買えたりするし猟銃じゃないから警察の審査要らないし鍵付き保管ロッカーも要らない、刀剣登録は刀剣店や骨董屋がしてくれるので欲しいなら金持って買いに行けば直ぐ手に入る
12 不思議な
ここに写ってる刀はどれもデロッとした印象で美しくない
前に京都で参考出品されていた鎌倉時代の刀はピキーンとした曇り一つない鏡のような純粋さで超現実的な別格の存在感を放っていた。
ほかに出品されていた室町以降の刀とは別物だよ。
13 不思議な
刀の使い方を言ってるのに新撰組の○○が?とか言ってる奴新撰組好きすぎだろ
14 不思議な
刀すげーな
技術完成されててもされてなくてもスゲーな
いやスゲーな
15 不思議な
なんで刀厨は事実を無視して槍より刀が強いってことにしたがるんだろうなw
ゲームマンガ脳もほどほどになw
そして自分に都合のいい文献だけコピペの準備までしてるとか気持ち悪すぎ
刀が好きなだけにこういうただのバカと一緒にされたくないわ
16 不思議な
剣道をやっているので、刀剣それ自体の美しさよりも
自分がそれを手にして、どう戦うことになるのかを想像してしまう
それなりに曲線があり、長過ぎず、太過ぎず折れない刀剣なら最高だろう
曲線が無いと引き斬るのが難しく、体の回転を利用して斬ることも出来ない
長すぎる物は、室内で振るうには無理がある また太過ぎるものは長時間振るうには適さない
実戦に鍛えられた室町後期のものが「実用」的な意味では洗練されていると思う
17 不思議な
よく聞く懐宝剣尺の業物とかだったら何万レベルなのだろうか
18 不思議な
26のは斬馬刀?中身が細すぎない?さびたのか?
19 不思議な
下衆なお話しだけど謙信公が所持していた小豆長光だったら如何ほどのお値段になるのだろうか・・・・
20 不思議な
真っ直ぐだったらいざという時に鞘から抜きにくそう
21 不思議な

続き・詳細・画像をみる


【ハンターハンター】クラピカ「22口径ではハンターの足止めは難しい」←これwwwwww

ホグワーツのAO入試落ちたんだけど…

【画像】安価で彡(゚)(゚)を探索させるスレ

対抗車線のマスツーの人達が一斉にヒゲダンス踊ってた

【朗報】オリックス、SB相手に2カード連続の勝ち越し決定

【ないわー】卒業式に壇上で花を渡す役なのでいつもアレルギーでメイクしない子を捕獲してメイクしてあげてた

絵里「真姫のサプライズパーティー」

ガンプラってSD以外敷居高くね?

ゲーム史上最高のタイアップソングwwwwwwwwwwwwwwww

【サッカー】日本、矢島弾でスウェーデンに勝利 組3位で大会終える リオ五輪

海外記者「審判は内村贔屓」発言に対するベルニャエフの対応wwwwwwwww

比叡「私は金剛お姉さまになりたいです!!」

back 過去ログ 削除依頼&連絡先