八幡「一夜を過ごした」back

八幡「一夜を過ごした」


続き・詳細・画像をみる


いろは「……」スタスタ
八幡「……」スタスタ
いろは「……」
八幡「なあ…一色…」
いろは「話しかけないでください…」
八幡「す、すまん…」
いろは「あ、いえ……すみません」モジモジ
八幡「なんでこんなことになったのか…」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432902355
2: 以下、
八幡(時刻は朝6時前…まだ辺りは暗い…)
八幡(なんで、一色の奴と一緒にこんな時間に歩いてるのかというと…)
八幡(昨日は…ホテルで…つまり…)
いろは「…まさか、先輩とこんな関係になるなんて…」
八幡「悪かったな…俺で…」
いろは「別に…平気ですよ。そんなに嫌じゃないです」
八幡「…一色…ていうかお前初めてだったんだな…」
いろは「意外でしたか?」
4: 以下、
八幡「まあな…もうしてるものだと思ってた」
いろは「私も1年前は中学生だったわけですし……」
八幡「今の御時勢、そのくらいの年齢でしてる奴も珍しくないんだろ?」
いろは「でしょうね、私の友達はしてましたし」
八幡「はあ…」
いろは「先輩、へたくそでしたよ?」
八幡「うっせ…」
いろは「といっても、私も初めてだし比べる相手もいないんですが」
6: 以下、
八幡「……」
八幡(初めてだったし、こいつ不安だっただろうな…)
八幡(そもそも勢いみたいなもんだしな、こうなったのも)
いろは「葉山先輩には振られちゃいましたからね」
八幡「お前、今その話題出すか…?」
いろは「あれ??嫉妬ですか??先輩もそういうとこあるんですか?」
八幡「……」
いろは「……冗談です」
八幡(こいつはバレンタインデーに葉山にチョコレートを渡した…)
八幡(でも結果は…駄目だった)
8: 以下、
八幡(で…そのあと俺なりに慰めの言葉とか言ってたら…ホテルに行く羽目に…)
八幡(なにこの勢いでしましたって流れ……)
八幡(俺の初めてこんなんでよかったのか…?)
いろは「先輩はもちろん童貞ですよね」
八幡「もちろんって言葉はひどいですな」
いろは「でも、一皮むけたんじゃないですか??ほら、男の人ってエッチすると雰囲気変わるらしいですし」
八幡「…なんの話だよそれ」
いろは「今の先輩ちょっとだけかっこよく見えますよ?」
八幡「いや、いくらなんでもそんなすぐ変わるわけねぇだろ……」
10: 以下、
いろは「まあ、それはどうでもいいんです」
八幡「そっちから振っておいて、いきなりどうでもいいはないんじゃないですかね」
いろは「先輩は私を傷物にしたんですから、責任とってもらわないといけませんね!」
八幡「責任ってお前ね……」
いろは「子供とかできたらどうするんですか??」
八幡「ば…!一応注意したし…」
いろは「ゴムつけてませんよね?万が一ってこともありますよ??」
八幡「く……!」
13: 以下、
いろは「でも、明日からよろしくお願いしますね先輩!」
八幡「はあ?……付き合うってことか…?」
いろは「私としては不本意なんですが…この際先輩で我慢してあげます」
八幡「こんな俺でわるーござんしたね……」
いろは「面倒くさいからいやだって断るかと思ってましたけど」
八幡「いや、あんなことしちゃったしな……」
いろは「なんかずいぶん色気がないっていうか…常識外れのお付き合いですよね」
八幡「ああ…」
14: 以下、
数日後 日曜日
いろは「♪???」
八幡「なに鼻歌歌ってんの?」
いろは「あ、せんぱ?い、遅いですよ??」
八幡「まだ時間前だけどな」
いろは「女の子より早く来ないと遅刻ですよ」
八幡「ふ?ん」
いろは「真面目に考えてないので?30点です」
八幡「はあ?」
いろは「でも、時間前に来てくれたので20点あげます」
16: 以下、
八幡「またその採点方式やんの?」
いろは「当たり前です。こうして付き合ってるわけですから、先輩には私と釣り合う人になってもらいます」
八幡「めんどくさいな」
いろは「先輩は……内面は良いところいっぱいあると思うんでそっちは心配してないんですが」
八幡「…え?」
いろは「とにかく、行きましょう!」グイ
八幡「お、おい引っ張るな…!」
22: 以下、
ショッピングモール
いろは「せんぱい、せんぱい!この服いいと思いませんか??」
八幡「あ?ん、そうだな…似合うんじゃね?」
いろは「なんでそんな投げやりなんですか??」
八幡「だってお前、俺にファッションセンス求めるか?わかるわけないだろう」
いろは「先輩!そんなんじゃ駄目です?!」
八幡「そんなところで怒られてもな…」
いろは「先輩には教育が必要ですね」
25: 以下、
別の服屋
いろは「先輩にはこういうジャケットとかいいんじゃないですか?」
八幡「う?ん、けっこう高いな…今のでも十分なんだが」
いろは「駄目です、それ格好悪いとはいいませんが地味です」
八幡「俺プロのボッチだし、地味?君でいいんだが…」
いろは「よしこのジャケットにしましょう!高いですけど何年間ももちますよ!」
八幡「結局買う羽目になるのかよ…」
いろは「次は靴を見に行きましょう」
27: 以下、
いろは「この黒いブーツがいいんじゃないですか?」
八幡「…葉山とかが履きそうだな」
いろは「……」
八幡「まあ、ちょうど靴はほしかったところだしな、これにするか」
いろは「はい!」
いろは「先輩、マフラーも買いませんか?」
八幡「マフラー?今の季節からか?もうすぐ冬終わるぞ」
29: 以下、
いろは「来年も着まわせばいいじゃないですか、ほらおそろいのマフラー」
八幡「……これにすんの?」
いろは「はい」
八幡「…」
いろは「決定ですね」
八幡「恥ずかしいんですけど…」
いろは「却下します」
30: 以下、
ショッピングモール内 フードコート
いろは「一通り買いましたね」
八幡「なんか、改造された気分だ」
いろは「そうですね、先輩改造計画ですね」
八幡「やめてくれ……俺のアイデンティティが…」
いろは「先輩のアイデンティティなんて、外見にあるんですか?」
八幡「いや、特にないな」
いろは「先輩のこだわりは、主に内面の方ですもんね」
31: 以下、
八幡「ボッチのこだわりなめんなよ」
いろは「うわ???引きます…」
八幡「引かれたよ…」
いろは「あ、先輩これどうぞ」
八幡「なにこれ…?ファッション雑誌?」
いろは「こういうの見て勉強してくださいね」
八幡「今、流行の髪型…」
いろは「髪型はかなり重要な部分ですからね!」
八幡「あ?はいはい…」
34: 以下、
いろは「う?ん、この後どうします先輩?」
八幡「…そうだな、カラオケとかビリヤードか?」
いろは「カラオケですか…そういう気分でも…」
いろは「前にデートした時にも言いましたけどビリヤード似合ってませんよ」
八幡「うるせーよ…」
いろは「えっと、じゃあ先輩行きたいところあるんですけど…」
八幡「どこだよ…?」
いろは「……ホテル」ボソ
八幡「なっ……」
36: 以下、
いろは「嫌ですか…?」
八幡「そ、そんなことは……ねぇけど…」ポリポリ
いろは「じゃあ、そういうことで…」
いろは「あと、ゴムは必要かと思って用意してきました…」
八幡「は?お前もかよ…?」
いろは「え……?」
八幡「あ…」
いろは「…先輩の変態…」
38: 以下、
八幡「…悪かったな…」
いろは「もういいです、とにかく行きましょう」
八幡「へいへい」
いろは「はい……」
1時間後
八幡「…」スタスタ
いろは「……」スタスタ
八幡「な、なあ…」
いろは「こ、この前よりはよかったと思います……」
八幡「俺もき、緊張で頭真っ白になるんだよ…!」
39: 以下、
いろは「でも、最後の方で声が出てるじゃないですか。男の人が声だすとかないです」
八幡「いや、あれはだな……つい」
いろは「これからは、もっと余裕もって私を抱いてくださいね。そっちの方が安心しますし」
八幡「わかったよ…てかなんて会話してんだ俺らは……」
いろは「リア充爆発しろ状態ですよ、多分」
八幡「いや、違うだろ」
いろは「先輩、ほんと素直じゃないですよね」
いろは「もしかして、まだ裏があるんじゃないかとか思ってるんですか??」
八幡「そんなことはねぇけど…」
いろは「そのあたりも教育していく必要がありますね、楽しみです」
八幡「意味わからん」
43: 以下、
次の日 学校
八幡「は??なんか最近しんどいな、めずらしく動いてるからか筋肉痛が」
戸塚「おはよう、八幡」
八幡「おう、戸塚か」
八幡「朝練だったのか?やっぱ運動部は大変そうだな…」
戸塚「ううん、楽しいことだから大変ていうことはないよ。八幡はスポーツしないの?」
八幡「スポーツね……ふ、腹筋とかは少しつけたいかな…」
戸塚「え?腹筋…?」
八幡「ああ」
44: 以下、
戸塚「八幡がそんなこと言うなんてめずらしいね」
八幡「あ…いや、いいや忘れてくれ」
戸塚「お腹の脂肪燃焼させるっていう意味なら、休みの日にでもマラソンするとか」
八幡「マラソンか…休みの日までしんどいことしたくねぇな…」
戸塚「あ、ちょっといつもの八幡になったね」
八幡「いや、でもそんなこと言ってらんねぇな…」
戸塚「…ねえ、八幡」
八幡「ん?」
戸塚「ちょっと、雰囲気変わったね」
八幡「…そうか?」
戸塚「そうだよ」
48: 以下、
放課後 奉仕部の部室
八幡(雰囲気が変わったね…戸塚の言葉がよくわからんけど…)
雪乃「比企谷君」
八幡「なんだ?」
雪乃「あなたの読んでる物だけど」
八幡「これがなんだよ」
雪乃「あなた今まで、そういう雑誌をここで読んでいたことがあったかしら?」
八幡「いや、ねぇけど…」
結衣「これって、流行の髪型特集のやつじゃん。定期的に発行されてるよね」
52: 以下、
八幡「みたいだな」
結衣「みたいだなって…そんな他人事みたいに…」
雪乃「あなたがそんな物を見るようになるなんて……天変地異の前触れかしら?とても恐ろしいのだけれど」
八幡「俺のがファッション系の雑誌見るのは天変地異クラスですか、そうですか」(泣いていいですかね)
結衣「あはは…まあまあ。でもどうしたのヒッキー。髪型とか変えるの?」
八幡「いや……今まであんま気にしたことなかったしよくわかんねぇんだよ…」
結衣「そっか?。じゃあ、ワックスとかで髪型整えてみたら?それだけでも大分変るよ?」
八幡「ワックスね…」
54: 以下、
雪乃「あら?今でもしっかりとついてるじゃない」
八幡「悪かったな、これは寝癖の一部だ」
雪乃「そんなものつけたままで登校しないでほしいわ。これだからあなたは…」
八幡「あのな…」
結衣「二人で雰囲気作らないでほしいな…」
雪乃「え…?なにを言ってるの由比ヶ浜さん?そんなの」
八幡「作ってねぇし……」
雪乃「…」
57: 以下、
ガラ
いろは「ごめんなさ?い!遅くなっちゃいました?!」
結衣「あ、いろはちゃん!やっはろ?!」
雪乃「ノックを忘れないでね、一色さん」
いろは「あ。いっけな?い!忘れてました??!」
八幡(あざとい、いろはすあざとい…この突っ込みも久しぶりに感じるな…)
雪乃「それで一色さん?今日は依頼なのかしら?」
いろは「やだな??私はもう部員の一人みたいなものじゃないですか??」
雪乃「違うのだけれど…」
62: 以下、
八幡「お前、生徒会終わったの?」
いろは「はい、なんとか。誰かさんが手伝ってくれないから、時間かかっちゃって」
八幡「それ色々おかしいからね」
雪乃「そうよ、一色さん。比企谷君は奉仕部の部員なの。生徒会で私物化されては困るわ」
いろは「私物化なんてしてません。先輩は私を生徒会長にしたんですから、責任とってもらってるんです、せ・き・に・ん!」
八幡「なんで、そこの部分強調するんだ?」
いろは「さあ?なんででしょう?」
64: 以下、
雪乃「とにかく比企谷君を借りる時は、部長の私の許可をとってからにして」
八幡「俺の自由はないんですかね」
雪乃「ないわ」
八幡「即答ですか…」
いろは「どうしてですか??まるで、雪ノ下先輩の物って言ってるみたいに聞こえます」
雪乃「そ、そうじゃないわ……ただ…この男は部活の物だからよ。だから、部長の許可を…」
結衣「ゆきのん…言ってることが支離滅裂になってきてるよ…落ち着こうよ」
雪乃「あ…ごめんなさい」
いろは「……」
65: 以下、
いろは「あ、先輩。その雑誌って……」
八幡「え……あ、ああ……」(しまった…)
いろは「へえ???なるほど…」ニヘラ?
八幡「……なんだよ」
いろは「いえいえ、なんでもありません!」
八幡「………」
いろは「じゃあ、座りますね」ガタガタ
八幡(なんで俺のすぐ隣に陣取るんだよ…もうちょっと左だっただろ今まで…)
70: 以下、
結衣「あはは、もうすっかり4人になっちゃったね。こういうのも悪くないよね!」
いろは「はい、そうですね!」
雪乃「……」
八幡「…あ、まあ、いいんじゃねーか?」
いろは「先輩、ノリ悪いですよ」
八幡「ほっとけ……」
いろは「あ、そうだ先輩」
八幡「ん??」
いろは「この前、番号交換したじゃないですか?」
八幡「あ、ああ……」(なんで今言うかね…?)
71: 以下、
いろは「それで?先輩の名前何にしようかなって思いまして」
八幡「はあ?そんなことで悩むのか?」
いろは「比企谷先輩っていうのも味気ないじゃないですか?」
八幡「そうか?それでいいだろ」
いろは「駄目ですよ?。やっぱり八幡先輩かな??う?ん」
結衣「…」
雪乃「…」
73: 以下、
結衣「ね、ねえ…!」
八幡「なんだ、由比ヶ浜?」
結衣「いろはちゃんと、連絡先交換してたの…?」
八幡「あ、ま、まあ……」(あれ?なにこの雰囲気…)
結衣「え?え?それって……」
八幡「いや、でもお前ともしてるだろ?ほらかなり前だけど…」
結衣「あ、う、うんそうだよね。あはははは…大したことじゃないよね…」
75: 以下、
雪乃「比企谷君」
八幡「な、なんだよ…」
雪乃「そういえば、あなたの連絡先知らないわね」
八幡「そ、そうだったな…そういえば…」
雪乃「ぶ、部活で必要になるときもあるし…こ、交換しましょうか…」
八幡「い、今かよ…?」
雪乃「え、ええ…そうね」
八幡「……」チラ
いろは「……」ジト?
八幡(うっわ!メッチャにらんでるよいろはす!)
76: 以下、
ピッ ピッ ピッ
雪乃「はい、これで終了ね」
八幡「ああ、サンキュ」
いろは「……」
結衣「ゆきのん…」
雪乃「今日はここまでで、解散にしましょうか」
結衣「あ、う、うん。そうだね」
いろは「……」
八幡「んじゃ、俺も帰るか…」
いろは「あ、先輩、一緒に…」
78: 以下、
ガラ
静「比企谷?いるか??」
八幡「先生…」
静「進路相談だ、借りてくぞ?」
雪乃「あ、はい」
静「よし、比企谷。来い」
八幡「俺の人権マジでないんですかね……」
いろは「あ、先輩……」
79: 以下、
進路指導室
静「で、、比企谷…お前の将来だが」
八幡「専業主夫志望っス」
ボキボキ
八幡「先生のその拳ならしほんと恐いから、勘弁してくださいお願いします…」
静「相変わらず、変えない男だな…」
八幡「俺のアイデンティティなんで…」
静「格好よくないからな」
八幡「わかってますよ…」
静「ふむ…」ジ?
八幡「…?」
81: 以下、
静「1年前から、比企谷を見てきたが……」
八幡「はあ…」
静「夏休みや文化祭、修学旅行なんかを通して、君は変わってきたな」
八幡「そうですか?」
静「そうだよ、さらに生徒会を手伝うようになって年が明けて…少し顔つきも変わったんじゃないか?」
八幡「……」
静「さらに、最近何かあったな?雰囲気がまた変わった気がする」
八幡「あ……いや…」
静「今の時期から推測すると、バレンタインか?そうだな?」
85: 以下、
八幡「はあ…全く関係ないとは言いませんけど…」
静「なるほど…まあ青春してるようで何よりだ」
八幡「青春なんですかね……はあ…」
静「うらやましいだな、3人も女子に囲まれた部活なんて」
八幡「いや、別に囲まれてませんから…」
静「あいつらとなにかあったんだろ?ん?」
八幡「いや…えっと…」
静「私の見立てでは、雪ノ下もお前に気を許してるぞ。チャンスだな」
八幡「え?」
86: 以下、
静「なんだ?お前は彼女が好きなんじゃないのか?」
八幡「……」(どうなんだろうな…?)
八幡(いや…今はどうでもいいことか…一色と付き合ってるわけだし)
静「由比ヶ浜のことも考えてやれよ…また以前の奉仕部みたいにはなるな」
八幡「…はい」
静「ん、ならいい。よし、これで進路相談は終わりだ!」
八幡「進路相談でしたか今の…?」
静「細かいことは気にするな」
87: 以下、
その夜
小町「お兄ちゃん?お風呂入ってくるね。覗いちゃ駄目だよ?」
八幡「はいはい、覗かない覗かない」
小町「ちぇ、お兄ちゃんノリ悪い?」
八幡「それ言われたの2回目だ…」
ブルルルル
八幡「ん?メールか…」
いろは:今度の休み空けておいてください。あと、明日は自転車乗せてもらいますからね
八幡「……俺の平穏の休みはないのか」
八幡「というか、俺の都合無視だよね、これ?」
88: 以下、
今日はこのくらいで寝ます。
今日中には終わるかな
98: 以下、
>>1です。目が覚めてしまったので、続き書きます
99: 以下、
週末の土曜日
いろは「…」ソワソワ
八幡「おう、待たせたな」
いろは「先輩!…て、遅いですよ?」
八幡「お前が早く来すぎなんだよ…まだ15分前だぞ」
いろは「もう…」
いろは「それはそうと…へえ」
八幡「なんだよ?」
いろは「この前の日曜日に買った、服とか靴とか着てるじゃないですか?」
八幡「せっかくだしな…着てみた…」
100: 以下、
いろは「良い感じですね?、マフラーもお揃いだし。あ、あと髪の毛ワックスつけてません?」
八幡「…いつもボサボサだったからな…こんな感じでいいのか?」
いろは「男と女では違うこともありますけど、概ねいいんじゃないですか」
八幡「そっか…」
いろは「でも先輩って…」
八幡「なんだよ…」
いろは「けっこういい顔してるんですね、こうやって見ると」
101: 以下、
八幡「まあ、小町は可愛いからな。その遺伝子継いでるし」
いろは「うっわ、すっごいシスコン…本気で引いちゃいます…」
八幡「その本当に引いてるしぐさ、傷つくんで辞めてください…」
いろは「ではでは、先輩、行きましょ??!」グイ
八幡「お、おい…引っ張るな…!」
その頃
ショッピングモール 喫茶店
雪乃「…ふう」
結衣「ゆきのん…ごめんね?呼び出しちゃって…」
102: 以下、
雪乃「いえ…ありがたいわ。ここ数日あまり良くなかったから…」
結衣「なにが?」
雪乃「なにって…それは、その……」
結衣「奉仕部…かな?」
雪乃「…」
結衣「また、年末の時みたいになっちゃうのかな……そんなの」
雪乃「いえ、今回は原因がはっきりしてるもの…大丈夫よ。どうしていいかわからないってわけじゃないわ」
103: 以下、
結衣「…あのね、今週何回かヒッキーの自転車に、いろはちゃんが乗ってるの見たんだ」
雪乃「そう…そうなのね」
結衣「うん……奉仕部に来た時も、いつもより仲良さげだったし…」
雪乃「…」
結衣「…」
同じく ショッピングモール 服屋
いろは「先輩、こんなのもいい感じじゃないですか??」
八幡「高い、高いっての。ていうか今日もまた買うのか?この前いっぱい買ったのに」
いろは「こういうのは積み重ねなんですよ」
八幡「積み重ね…ね」
104: 以下、
いろは「葉山先輩もファッション雑誌などで勉強を重ねて、今の葉山先輩がいるんです」
八幡「あいつのセンスも、努力の賜物ってことか…」
いろは「そうです。先輩だって、今までの積み重ねがあるから、今の先輩がいるんじゃないですか?」
八幡「…」
いろは「意外と優しくて、面倒な裏方の作業引き受けちゃうところとか、けっこう器用でそつなく仕事こなすところとか。それを全然気取らないところとか…」
八幡「なんかむずがゆいんですが…」
105: 以下、
いろは「茶化さないでください。あと、目的の為に自分犠牲にしちゃってバカ見るところとか…文化祭ではそれで悪者にされたとか…本呼んでる時にたまににやけてて気持ち悪いとか…」
八幡「待て、最後のは単なる悪口だから。ていうかいつ見たんだよ」
いろは「奉仕部に居る時に、先輩が本読んでる時、横目で何回か」
八幡「………」
いろは「それで、葉山先輩に振られた私に優しくしてくれて、勢いで肉体関係になっちゃって、今に至るとか…」
八幡(平塚先生の言葉がよぎるな…)
静(雪ノ下が好きなんじゃないのか?)
いろは「……なんか話逸れちゃいましたね、買い物続けましょうか」
106: 以下、
八幡「結局お前、何が言いたかったんだ?」
いろは「ええっと…言いたいことは色々あるんですが…とりあえず…」
いろは「自分を磨いてくださいね、先輩!ってことかな」
八幡「へーへー」
いろは「なんですか、その返事は?。先輩だけじゃなくて、私もちゃんと磨きますから!」
八幡「一色がか?」
いろは「はい!」
八幡「そういや、こいつ今日デカい鞄持ってるな…それと関係あんのか?」
107: 以下、
いろは「へへ?そうですね…」
戸部「あっれ???いろはすじゃね?」
隼人「…」
いろは「あ…戸部先輩…葉山先輩も…」
八幡(タイミング悪いな……)
戸部「あんれ?デート中?」
108: 以下、
いろは「そうですよ?邪魔しないでほしいです」
隼人「そうか、デートか…」
いろは「はい、葉山先輩!」
隼人「そうか、少し安心したよ」
八幡「な?にが安心しただ、お前は…」
戸部「あっれ、もしかしてヒキタニ君じゃね?やっべ気づかんかったわ?、マジで!」
八幡「名前違うけどな」
隼人「比企谷…」
109: 以下、
いろは「そうです、先輩ですよ?気づかないとかないですよ」
戸部「いっや?ごめんマジで!イメチェン?なんか全然違うからさ?」
いろは「そうなんですよ?こうして見ると格好よくないですか??」
戸部「おお?マジマジ、イケてるわ?!」
八幡「葉山…」
隼人「すまん、少し向こうでいいかな?」
111: 以下、
少し離れた場所
隼人「この辺りで」
八幡「安心したってのはなんだよ?」
隼人「いや、言葉のままだよ。バレンタイン以降彼女とは話してなかったから…」
八幡「お前が2回も振るから、今の事態になってるんだけどな……」
隼人「じゃあ、二人はやっぱり付き合ってるのかい?」
八幡「望まない形でな…」
隼人「…?どういうことだい?」
八幡「お前が振ったあと、俺が…その慰めてだな…それでそのまま…」
隼人「……それは意外だな…。君がそんな大胆だったとは…」
隼人「それに…悪いことをした。本当にすまない」ペコ
112: 以下、
八幡「いや、別に謝れとはいわねぇけどよ…」
隼人「俺じゃ駄目なんだ」
八幡「…」
隼人「俺じゃいろはを楽しくしてやれない。仮に付き合ってもすぐに終わりがくる…」
八幡「他に好きな奴がいんのか?」
隼人「それもある…」
八幡「そうかよ…」
隼人「君が羨ましく思うよ。君は手が届きそうだものな」
113: 以下、
八幡「はあ?」
隼人「できればいろはの気持ちに答えてやってほしい。彼女は本当に楽しそうにしてるから…」
八幡「…………」
戸部「あ、隼人く?ん」
いろは「先輩、葉山先輩。遅いです」
隼人「ああ、すまないねいろは」
いろは「あ、全然いいですよ?じゃ、先輩、そろそろ行きましょうか」グイ
114: 以下、
八幡「お、おい……」
隼人「邪魔したね、二人共。じゃあ行こうか戸部」
戸部「んじゃ、またね?いろはす?ヒキタニ君?」
いろは「何の話してたんですか??」
八幡「ま、まあ…世間話…」
いろは「ま、予想はつきますけど」
八幡「と、とにかく行こうぜ…」
いろは「いいですよ、そういう態度なら。今夜身体に聞きますから」
115: 以下、
八幡「……!な、なに言って…!」
いろは「プッ、先輩、顔真っ赤ですよ??」
八幡「くく……!」
………
いろは「先輩、先輩!このサングラスつけてください!腐った目が隠れて良さげですよ」
八幡「すげー失礼だからね、その発言」
いろは「いいじゃないですか?!」
116: 以下、
……
いろは「先輩、プリクラ撮りましょ!」
八幡「お、おう…」
いろは「今さらこんなことくらいで恥ずかしがることないでしょ?」
八幡「それとこれとは、話が別でだな…」
いろは「ほら、行きますよ!チーズ」
パシャ
……
いろは「とりあえず先輩、昼食奢ってください!」
八幡「服やらなんやら買って、キツイのに…」
いろは「大丈夫ですよ、今日は部屋代は私が出しますから…」
八幡「そんな恥ずかしがって言わないでくれる?こっちもきつくなるし…!」
117: 以下、
………………
フードコート
いろは「けっこう回りましたね??疲れた?!」
八幡「荷物が重い…はあ」
いろは「でも楽しかったですよね?」
八幡「ん?まあ、もちろん…」
いろは「本当ですか!?よかった?」
八幡(こいつは最初、素を見せてたんだよな俺に)
八幡(あん時は好かれる気がなかったからそうしてたんだろうが…)
八幡(変に勘違いせずに済んでたから、楽に付き合えたなそういえば…)
八幡(今もそれは変わらず…か)
八幡(楽しい…か。確かに一色といるのは楽しいな)
118: 以下、
いろは「あの…先輩…」
八幡「ん?なに?」
いろは「動き回って、疲れましたよね…そろそろ休憩します…?」
八幡「……本当に今日も行くのかよ…?」
いろは「でも、先輩どうせゴム持ってきてるんでしょ?」
八幡「……」
いろは「変態…」
八幡「…うっせーよ…」
いろは「でも、本当は他にしてもらいたいことあるんですよね」
八幡「なに?その鞄と関係あるとか言ってたな」
いろは「はい、実はですね…」
119: 以下、
結衣「ヒッキー……」
いろは「あ…」
八幡「由比ヶ浜……」
雪乃「比企谷君……」
八幡「雪ノ下……」
雪乃「……」
結衣「…」
いろは「……」
八幡「……」
120: 以下、
結衣「あ、あのさ…ヒッキーといろはちゃんはここで…えと…」
雪乃「何をしていたのかしら?」
結衣「あ……えと…」
いろは「わかりませんか?」
八幡「おい、一色…あのな…」
いろは「なんですか??」
八幡「……」
いろは「先輩が何を怖がってるのかはわかります」
雪乃「…」
いろは「せっかく戻った雰囲気壊したくないんですよね?」
八幡「お前、それわかってんなら…」
いろは「だから、学校でも黙っててくれって言ったんですよね」
八幡「…」
121: 以下、
いろは「でも、もうこの状況じゃ無理ですよ?」
雪乃「……」
結衣「……」
いろは「二人ともわかってますし、納得してくれないです」
八幡「…そうだな…」
いろは「それに、これで壊れるなら、そんなの本物の関係じゃないです…」
雪乃「そう…ね」
結衣「じゃあ、二人はやっぱり…」
いろは「付き合ってます、先輩と」
122: 以下、
雪乃「そう…わかってはいたけれど…」
結衣「そうなんだ…」
いろは「大丈夫ですよね?奉仕部が雰囲気悪くなることとか、特にないですよね?」
雪乃「それは…」
結衣「いろはちゃん…」
八幡「待てよ、一色…俺たちの関係だって歪なもんだろ?」
いろは「それを、今言いますか?」
八幡「……」
雪乃「…駄目ね」
結衣「ゆきのん?」
123: 以下、
雪乃「本当はわかってるわ…こんなこと言うのは間違ってるってわかってる…」
雪乃「本当なら、お付き合いおめでとうと言うべきかしら…?」
いろは「雪ノ下先輩…?」
八幡「雪ノ下…?」
雪乃「何時の頃からかしらね、去年のクリスマス辺りが妖しいのだけれど…」
雪乃「いえ、あのころはもう既に惹かれていたわね…あなたが本物が欲しいと言った頃ね…もしかしたら、さらに前かもしれないけれど…」
八幡「何の話だよ……?」(なんかこれ以上聞いてはいけないんじゃないか?嫌な予感が…)
124: 以下、
雪乃「…比企谷君」
八幡「なんだ……?」
雪乃「本当にごめんなさい」
八幡「待て、謝るくらいならそれ以上何も言うな……」
雪乃「駄目…できないわ…」
八幡(駄目だ…言うな…でも聞きたい…)
八幡(平塚先生の言葉が頭をよぎるな…多分俺は、かなり前からその言葉を待ってた気がする……)
125: 以下、
雪乃「あなたが好きよ、比企谷君…」
結衣「あ…!」
いろは「……!」
八幡「……!」
雪乃「………」
八幡「なんで…」
雪乃「比企谷君…?」
八幡「なんで今なんだよ……なんで、このタイミングなんだよ…」
126: 以下、
雪乃「…そうね、最低の行為ね…」
八幡「奉仕部で長机の端と端で座ってた時に、いくらでもこの話する機会あっただろ…」
雪乃「ごめんなさい…あなたは私をそういう眼では見てないと思ってたから…」
八幡「お互い様だ…」
雪乃「そうね…」クス
結衣「……」
いろは「………!!……!」
八幡「でもな…」
127: 以下、
いろは「先輩…」
八幡「ん?一色?」
いろは「どうして……そんなに嬉しそうなんですか…?」
八幡「一色…?」
いろは「なんで、私の前で雪ノ下先輩にそんなこと言えるんですか?」
雪乃「一色さん…」
八幡「待てよ、まだ何も…」
いろは「先輩は、ずっと雪ノ下先輩のことが好きだったんですよね?」
128: 以下、
八幡「それは…」
結衣「ヒッキー…」
いろは「もっと早く告白されてたら、付き合ってたんですよね?」
八幡「……」
いろは「別れませんから…」
八幡「お前…あんな、歪な付き合いで……」
いろは「歪でもなんでも!もうエッチだってしてるんですから、一緒にいて楽しいって言ってくれたんですから…!私と先輩の気持ちの方が強いはずです!」
八幡「一色…あのな…」
いろは「嫌です!」ダッ タタタタ
129: 以下、
八幡「おい!一色!」
雪乃「…」
結衣「いろはちゃん…」
雪乃「比企谷君…」
八幡「え?」
雪乃「追いかけないの?」
八幡「行くけどよ…荷物見ててくれな」
雪乃「ええ、大丈夫よ」
タタタ
130: 以下、
結衣「…ゆきのん…」
雪乃「なに?」
結衣「ずるいよ、先に告白しちゃうなんて…」
雪乃「じゃあ……あなたも…?」
結衣「でも私だと、ヒッキーあんなに嬉しそうにしてくれなかったと思うけどね」
雪乃「……」
135: 以下、
いろは「……」
いろは「あ?あ、荷物置いてきちゃったな…」
いろは「戸部先輩近くにまだいないかな…取ってきてもらおうかな?」
いろは「ついでに、カラオケでも連れて行ってもらおうかな…」
いろは「先輩、嫉妬してくれるかな……はあ…」
136: 以下、
ピロロロロロ ピロロロロロ
いろは「着信……先輩からだ……」
いろは「…」
ピロロロロ ピロロロロ ピロロロロロ ピロロロロロロロ……
ピッ
いろは「しつこい男は嫌われますよ……」
八幡「お前がさっさと出ねぇからだろ…」
いろは「なにか用ですか?」
八幡「なにか用ですかってお前ね…まず、荷物どうすんだよ…?」
いろは「そこに置いといてください…後で戸部先輩に回収してもらいます」
八幡「ひでぇ…」
いろは「歪な恋愛の私より、真実の愛の雪ノ下先輩を気にかけなくていいんですか??」
137: 以下、
八幡「なんだよ、その捻くれた言い方は……」
いろは「先輩に言われたくないです…」
八幡「とにかく何処にいるんだよ…?」
いろは「教えたくないです…」
八幡「なんでだよ…?」
いろは「だって……」
八幡「だって?」
138: 以下、
いろは「先輩に振られたら、私……」
八幡「……」
いろは「どうして…葉山先輩に振られて、その上先輩にまで…」
いろは「好きな人にこれ以上振られたら…私、もう…」グスグス
八幡「…あのな、一色…」
いろは「…なんですか…?」
八幡「電話口で言うことじゃないけど……俺、別れるとか考えてないぞ…」
いろは「え?」
八幡「だ、だから…その…だな…」
いろは「へたれてますよ、先輩。ちゃんと言ってください」
139: 以下、
八幡「さっき言っただろ?もう言わん…!」
いろは「あ、ずるい!!」
いろは「でも……どうして…?だって両想いってわかったのに…」
八幡「まあ……一言で言えば…お前が好きだからかな……」
いろは「…もう一回言ってください」
八幡「…やだ」
いろは「…へたれ」
八幡「うるせい…」
いろは「なんでなんですか、意味わかんないです…」
八幡「…お前と一緒に居るの楽しいしな…きっかけがあれでも…もっといたい…って感じだ…」
いろは「…先輩…」
………
140: 以下、
いろは「先輩、こっちです」
八幡「なんだよ…すぐ近くにいたんだな」
いろは「あんまり長く走っても疲れますし」
八幡「とりあえず、戻るか」
いろは「はい」
ギュウ
八幡「…何これ?」
いろは「私を心配させた罰です」
八幡「…このまま戻るの…?」
いろは「はい。雪ノ下先輩にもバッチリ見せますよ!」
八幡「………」
141: 以下、
いろは「せんぱい」
八幡「ん?」
いろは「私も…きっかけは歪でしたけど…やっぱり、私は先輩と思い出作っていきたいです」
八幡「ああ…えっと…なんていうか……ありがと…?」
いろは「そこ、言葉に迷うとか格好悪すぎです…」
八幡「慣れてないんだよ…」
いろは「教育しないと駄目ですね」
八幡「どっちが先輩なんだ…これ…」
142: 以下、
それから、学校にて…
いろは「せ?んぱい!」
八幡「一色か…おう」
いろは「リアクション薄くないですか?」
八幡「だってお前のそれ……て、なんかこのやり取り懐かしいな」
いろは「そういえば、生徒会の合同会議の時でしたっけ?ずいぶん前に感じますね」
八幡「…だな」
いろは「本物がほしいもあの頃なんですね?」
八幡「やめろ…いや、やめてください…」
143: 以下、
いろは「あの時に雪ノ下先輩から、既に好かれてたんですね」
八幡「……」
いろは「思い返せば、思い当たるふしはあるんじゃないですか??」
八幡「まあな…」
いろは「なに浸ってるんですか、気持ち悪いですよ」
八幡「…ところで、奉仕部の雰囲気作り手伝ってもらうからな」
いろは「わかってますよ、生徒会のお礼もありますし」
八幡「あれから、気まずくてな…」
いろは「先輩が、雪ノ下先輩を意識し過ぎてるだけで、なにも悪い雰囲気じゃないと思うんですが…」
144: 以下、
八幡「……」
いろは「ていうか、彼女いるのに雪ノ下先輩意識するって、ひどくないですか?

八幡「いや…意識すんのと、浮気とかとは結びつかんだろ……」
いろは「いえ、普通に結びつきますから」
八幡「トーン、メッチャ下げて言うのやめてくれる?恐いから…」
いろは「あ、ところで先輩、今日時間あります?ありますよね?」
八幡「なんだよ?もう俺の意見聞く気ないよね」
いろは「はい、そうですね。部活終わったら、時間いただきたいんですが」
145: 以下、

続き・詳細・画像をみる


ホーキング博士「今すぐ大聖堂を建設せよ!」 価値観が富に偏重した文明は必ず滅びると強く警告

生活板を見るようになって長男教とか三文安という言葉を知ったけどうちもそうかもしれない

ここ数年で最も評価が高かったアニメってなんなの?

笑っちゃダメ!本当は女性としたいだけの男の「必死すぎるLINE」

【炎上】フジテレビが台湾を批判する番組を放送 取材をうけた台湾人がパクリ扱いされ激怒

韓国のキム・ヨナ(25)が突如美人になったと話題にwwwwwwww(※画像あり)

back 削除依頼&連絡先