モバP「才能の定義」back

モバP「才能の定義」


続き・詳細・画像をみる


モバマスSSです。
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460902076
2: 以下、
事務所
志希「てーいくみあうととぅざぼーるげーむ♪」
P「お、ご機嫌だな」
志希「ん?ちょっと向こうにいた時に聞いてた歌を思い出しただけだよ」
P「野球なんて観に行ってたのか?」
志希「まぁ、国民的なスポーツだからね。人付き合いで行っただけだけど」
P「そうなのか」
志希「7回に皆で歌ってたよ」
P「俺は行ったことないが楽しそうだよな」
志希「いつか行こうよー」
P「志希は野球に興味ないんだろ?」
志希「んー、あるかないかと聞かれたらないけど」
志希「キミが興奮してる姿には興味があるんだよね」
P「変な言い方だな…」
志希「それはきっとキミが変な想像をしてるからだよねー」アハハ
志希「普段は鉄仮面宜しく、アタシ達にあんまりプライベートの顔を見せないキミの本当の素顔。興味ない方がおかしいよね」
P「まぁ、そんなもんなのか…」ポリポリ
志希「そういうことなのだ」
3: 以下、
P「志希が向こうにいた時に有名な選手とかっていたのか?」
志希「んー…あんまり外国人の名前は覚えてないんだよねぇ」
P「まぁ、そりゃそうか」
志希「あ、でもイチローは知ってるよ。向こうでも話題になったし」
P「おー、今でもメジャーリーガーだもんな」
志希「だねー。初めて来た時は皆あんまり期待してなかったって言ってたよ」
P「まぁ、そりゃ…そうだったわな」
P(あそこまで記録残すとは思わなかった)
ガチャ
桃華「おつかれさ…あ、Pちゃまいらしてましたの」
P「御疲れ様。丁度休憩していた所だ」
志希「アタシも休憩。ずっと休憩なの?」
桃華「それはそれでどうなのかしら…」
P「あ、そうだ。桃華はイチローって知ってるか?」
桃華「お名前だけは伺ったことはありますけど…どうかされまして?」
P「昔はオリックスにいたんだよイチローは」
桃華「そうでしたの」
4: 以下、
P「丁度さ、震災の時に颯爽と現れた天才がイチローだったんだよなぁ…」
桃華「なんだかドラマテックですわね」
志希「ヒーロー見参!って感じだね」
ガチャ
友紀「…くぁ。頭痛い」
P「まだ寝ててもいいぞ」
友紀「ん…喉渇いたから…」
P「飲み過ぎもほどほどにな」
友紀「ふあーい…」
桃華「あぁ、なりたくないですわね…」
友紀「今なんの話してたの?」
P「ん?野球の話だな」
友紀「おっ!今年のキャッツは強いよね!監督が違うよ監督が」
P「あー、まぁ、勝って欲しい気持ちはあるよな」
友紀「だよねぇ…まだ活躍出来たのに夢半ばだったもんね」
P「2000本まであと少しだったもんな」
友紀「だよねぇ…それでキャッツの話?」
P「いや、違うな。イチローの話」
友紀「あぁ!イチローね」
志希「こっちでも有名だったんだねー」
桃華「自分のチームの選手以外で盛り上がってる友紀さん初めて見ましたわ…」
5: 以下、
友紀「しょうがないよー。だってWBCとか見てると応援したくなっちゃうじゃんか」
桃華「WBC?」
P「野球の世界一を決める大会が前にあってな」
桃華「野球のワールドカップみたいなものですのね」
志希「お、この間キミが見てたね?」
P「よく見てたな」
志希「ん?アタシの部屋で見てたじゃん」
ちひろ「プロデューサーさん?」
友紀「なになに?志希ちゃんもどっかのファンなの?」
志希「アタシは良く分からないかなー。見てる人を見るのは楽しいけども」
P「誤解を招くような言い方は止めろって…」
桃華「どういうことですの?」
P「志希が寝坊しそうだから起こしに来て。って言ってきてな」
P「起こしに行ったら案の定寝ててな」
志希「アタシが準備してる間に見てたって感じかな」
P「たまたまラジオでその話題が出ててな」
友紀「あー、分かる。そういうの聞くと見たくなっちゃうよねー」
桃華「そうですわね」
桃華「Pちゃまがそんなに気になるお話、私も気になってきましたわ」
P「そうか。えっと――」チラ
ちひろ「そういうことはお仕事が終わってからにしてくださいね」
P「そうですね。桃華今日の夜時間あるか?」
桃華「ありますけども……」
P「折角、桃華も興味持ったみたいだし今夜見るか」
友紀「やったー!」
志希「おー」
6: 以下、
車内
P「御疲れ様。さて、事務所に戻るか」
志希「お疲れ様ー。ねーねー」
P「どうした?」
志希「キミも好きなことあるんだね」
P「どういうことだ?」
志希「さっきのキミはキラキラしてたよ」
P「そう見えたか?」
志希「なんか子供みたいだったよ」
志希「アタシたちがキラキラしてるのを見るのが好きって前に言ってたけど、その気持ち少し分かっちゃった」
P「…なんか言われると恥ずかしいな」
志希「こうやって指で切り取った世界のキミはアタシの目には少年に映ってるよ」
志希「しっかし、お昼に話してたけどまさかイチローって日本でもすごいんだね」
P「まぁな。オリックスにいた時から凄かったよ」
志希「ふーん。名前は普通の選手なんだけどねー」
P「そうだな」
志希「ま。見たらその凄さが分かるかな」
7: 以下、
友紀の部屋
友紀「Pさんはビールでいい?」
P「いや、俺は飲まないぞ?」
友紀「えー」
志希「えー」
P「志希はそもそも飲めないだろうが」
志希「まぁ、言ってみただけ」
桃華「急にお邪魔してしまい申し訳ないですわ」
友紀「いいっていいって。それより桃華ちゃんよく夜に来れたね」
桃華「これも社会勉強の一環ですもの」
友紀「社会勉強かー。ってことはあたし普段から勉強しまくってるねPさん」
P「今度テストするな」
友紀「任せてよ野球に関してなら8割は取れるはず」
桃華「満点じゃないんですわね…」
友紀「まーね。それじゃイチローの動画見ようよー」
P「そうだな」
桃華「Pちゃまをそこまで熱くさせる選手。気になりましてよ」
志希「天才らしいよー」
桃華「天才ですか?」
友紀「ま。そうだよねーだって、打っても投げても走っても良しだもんね」
P「そうだな」
8: 以下、
友紀「当然、他の選手だって高校とか大学時代にエースで四番だった人とかがプロ野球選手になるんだもんね」
友紀「それでその中で一軍でレギュラーになって尚且つ活躍する人なんてホント一握りだよね」
桃華「確かにそうですわね」
友紀「その中で活躍するって更に一握りだもんね」
P「そう考えると大変だよな」
志希「濾して濾して濾した結果だよね」
P「上澄みだよな本当に」
桃華「なんだかわたくし達と似てますね」
P「かもしれないな。桃華たちだってオーディションで勝ち残ってお仕事とか貰ってるだろ?」
桃華「まぁ、そうですわね……」
志希「にゃるほどねー」
友紀「志希ちゃん何を納得してるの?」
志希「んー?ねー」
P「俺に振るのか……」
志希「キミが一番一家言ありそうだもん」
P「まぁ…そうか。ほら、オーディションって勝ち負けがあるだろ?」
桃華「まぁ、そうですわね」
P「トップになるアイドルって上澄みの上澄みだろ?」
桃華「まぁ……そうですわね」
友紀「かもしれないよねー。テレビとか雑誌とかで出てるってそれだけ競争を勝ち抜いてるんだもんね」
P「ま、友紀たちも頑張ろうな」
友紀「うんっ!」
友紀「あ、Pさん。そろそろ……」
P「悪いな。今日の本題に入るか」
志希「待ってました?」パチパチ
9: 以下、
友紀「パソコンって便利だよねー」
P「時代の進歩を感じるよ」
志希「ねー」
友紀「えっと、どこから見ればいいんだろ?入団時から?」
P「それでいいんじゃないか?」
桃華「そうしてくれるとありがたいですわ」
10: 以下、
P「正直、桃華はあんまり野球とか観ないと思うけどさ」
桃華「Pちゃまと一緒に観てからは少し観るようにしてますわ」
P「真面目だな」
桃華「真面目。と言う訳じゃないですけど……」
志希「皆の輪に入りたいんだよねー」
桃華「なっ……」カァァ
友紀「桃華ちゃん可愛いなぁ」
友紀「キャッツってチームがおすすめだよ」
桃華「え、遠慮しておきますわ……」
志希「振られちゃった?」
友紀「まっ!とりあえず観よっか」
11: 以下、
桃華「……」
友紀「ん?」
桃華「当然と言えば当然ですけどよく打ってますわね」
友紀「ま。そういう動画だからね?」
P「だよなぁ」
桃華「あっ、今ワンバウンドの球を打ちましたわ」
志希「アレはボールだよね?」
P「まぁ、打たなくてもいい球だよな」
志希「そこを打っちゃったらピッチャーもビックリだよね」
桃華「観てる人もビックリですわ…」
友紀「打てるなら打っちゃえ!って感じだよね」
桃華「確かにそうですわね」
桃華(でも、無理に打って打てなかったらただの変な人ですけども…)
P「こういうことやりながら、打率良かったんだよな」
志希「やっぱりすごかったんだ?」
P「確か……打率は.387位だったかな」
桃華「それは…どのくらい凄いんですの?」
友紀「桃華ちゃんってオリックス好きなんだよね?」
桃華「ま、まぁそうですけども…」
友紀「そこの誰よりも凄いよ?」
桃華「なるほど……」
P「例えば桃華もさ、何でもいいけどランキング付ける時1位から予想するよな?」
桃華「えぇ、当然ですわ」
P「この選手がいた時は打率の予想は皆2位からしてたんだよ」
桃華「どうしてですの?」
友紀「1位は絶対イチローって決まってたからね?」
志希「そんなもんなの?」
友紀「まぁ、そんなもんだったんだろうね」
桃華「凄いですわね…」
12: 以下、
友紀「ま。一般的に三割打てれば優秀って言われてるんだけど、それを17年連続でやってるからね」
志希「おー、アタシが生まれる前からずっと一流なんだね」
桃華「なんだか、一流って表現がゲシュタルト崩壊しそうですわ…」
P「当たり前ってなってるのが凄いよな」
友紀「まっ!そんなことよりかんぱーい」
P「ホドホドにな」
志希「かんぱーい♪」
桃華「それはなんですの…?」
志希「普通のアセロラジュースだよ?」
P「なんだかそういう色の液体を志希が持ってると色々勘ぐるよな」
志希「んー?そうかな」
桃華「そうですわね」
友紀「是非ともキャッツの選手が飲んだら強くなる飲み物でも作ってよ」アハハ
志希「そんなのドーピングになっちゃうけどね」
友紀「あ、確かに。それじゃダメだ」
友紀「そう言えば、志希ちゃんとか向こうで見たことあんじゃないの?」
志希「ん?あるよー。研究室の人に連れられて行ったこと」
友紀「やっぱりメジャーって凄い?」
志希「んー、こっちの方の球場行ったことないからなんとも」
友紀「あー…なんか言ってみたいなそのセリフ」
13: 以下、
友紀「さてっ!お次は守備の方だね」
桃華「外野手ってあの芝生の上にいる方達ですよね?」
P「そうだな」
桃華「取って投げ返すのが大体のお仕事のイメージがありますわ」
P「まぁ、簡単に言えばそうだよな」
友紀「外野って基本的に守備が内野に比べて簡単だから打てる人が守ってるイメージもあるよね」
桃華「まぁ、あんなに簡単にワンバウンドの球を打てるんですもの」
志希「あ、一回だけ見たことあるよ。イチロー選手の送球」
桃華「……?」
Ground-ball base hit into the right field,
heading for third is Terrence Long,
THE THROW BY ICHIRO! beautiful! tagging got'im.
HOLY SMOKE! A laser-beam strike from Ichiro!
桃華「え……」
友紀「いつ見ても凄いねぇ」
志希「レーザービ?ム」
P「ストライク送球が凄いよなぁ…」
桃華「CG…ですの?」
P「いや、実際に投げてるよ」
桃華「…凄いですわ」
志希「ピッチャーからキャッチャーまで投げるだけでもストライク入らない人がいるのにね」
P「そうだな」
友紀「何メートルくらいあるのかな?」
P「60mはありそうだもんな」
桃華「凄いですわね…」
友紀「あはは。桃華ちゃんが言葉を失ってるね」
桃華「凄いって言葉以外見つかりませんわ…たまたまああいう送球が出来たって訳でもないみたいですし」
友紀「まだまだ続くよ!」
14: 以下、
桃華「これが当たり前とは凄い話ですわ」
友紀「今こんな選手なんていないもんね」
志希「そんなにポンポン出て来なさそうだもんね」
P「そりゃ…な」
桃華「まだ現役でやってるんですの?」
友紀「まだ海の向こうで頑張ってるよ」
桃華「自分が満足行くまでプレーして欲しいですわ」
P「お」
友紀「ん?どしたの?」
P「いや、今日偶然イチローの対談がテレビでやるみたいだ」
友紀「おっ、何時から?」
P「そろそろだな」
友紀「そろそろかー。それじゃテレビ点けないと」ポチ
P「桃華は大丈夫か?」
桃華「泊まるとまで言ってありますので」
友紀「お、それじゃ、一緒に寝れるね」
桃華「あんまりお酒臭いのは好きじゃありませんけど…」
友紀「大丈夫大丈夫。しっかりお風呂入るから」
志希「ねぇねぇ」チョイチョイ
P「どうかしたか?」
志希「キミは桃華ちゃんの心配はするのにアタシの心配はしてくれないんだ?」
P「あぁ、悪いな。志希はどうする?」
志希「キミの家で寝ようかな」
P「どうする?」
志希「釣れないね。もうちょっと良い反応があってもいいと思うんだけどね」
P「そうか?」
志希「うん。任せとけ。とかカッコよく言っても罰は当たらないと思うよ」
友紀「まーまー。Pさんの家とかそんなに面白くないし」
桃華「行ったことあるんですのね…」
友紀「あ、あはは?」
15: 以下、
P「お、始まった」
友紀「そっかーフロリダか」
桃華「なんだか思ったよりフランクな人ですわね」
志希「思ったよりゆるーい人だね」
P「確かに野球やってる時と顔が違うよな」
友紀「あはは。なんでわさびなんだろ?」
P「42歳とは思えないな」
16: 以下、
志希「インタビューしてる人も凄いんだよね?」
P「あぁ、2000本安打を達成した素晴らしい選手――」
ソレハショボイデスネ
友紀「あはは」
P「いや、まぁ確かに3000本打ちそう選手からしたら…そうなのか」
桃華「ちょっとさっきの打撃と守備のイメージからの乖離で混乱しますわ……」
志希「なんだか仲良くなれそうな感じがする?」
友紀「芝が綺麗だなぁ」
P「確かに外国って感じがするよな」
17: 以下、
友紀「なんか本当に普通に雑談してるね」
志希「雑談だね」
桃華「こっちが素なんですわね」
コウベキテクダサイヨ
桃華「神戸はいいですものね」
友紀「自主練こっちでやってるもんね」
P「そうだな。会えるかもな。その時期に行ったら」
友紀「行きたいなー」
P「色々行きたい場所多いな」
友紀「まぁ、キャンプとか行ってみたいし」
18: 以下、
P「お?」
志希「技術敵な話をする時はちょっと目が変わったね」
桃華「目が変わりましたね」
友紀「やっぱり野球選手だね」
P「回転数を弄ったりとかって天才だな」
志希「やっぱり回転が多い方がいいの?」
P「遠くに投げるんだったらそうだな」
志希「へー」
P「時160kmで毎分40回転で球は浮くらしいぞ」
友紀「Pさんよく知ってるね」
P「この間テレビで観た奴の受け売りだけどな」
志希「ふーん。さっきの動画でもそうだけど球がギュイーンって伸びるよね」
19: 以下、
ムネヲミセチャダメスヨ
友紀「確かに胸見せたらバントとか出来ないって言うよね」
P「みたいだな」
テガハヤイオトコダメスヨ
志希「だってー」チラ
P「なんで俺を見るんだ…」
志希「手が遅すぎても見逃しさんしーん!ってなっちゃうなぁって」
P「確かにバントは決めるならしっかり一発目で決めないとな」
友紀「確かに次があるとは限らないもんね」
20: 以下、
桃華「色々考えてるって印象を受けましたわ」
P「やっぱりこの年までプレーしてる人は違うよなぁ」
友紀「意識が違うよね。怪我しないし」
P「人感万事塞翁が馬だな」
友紀「馬?」
P「まぁいいさ」
桃華「怪我しないことが最善ということですわ」
友紀「そうだね!結局凄い才能が有っても怪我してそれを発揮出来なかったら意味ないもんね」
21: 以下、
友紀「んー面白かったなあ」
桃華「ですわね…くぁ」
P「そろそろ帰るか…桃華は結局泊まっていくのか?」
桃華「大丈夫ですの?」ウツラウツラ
友紀「アタシ?大丈夫だよ?」
桃華「それじゃお言葉に甘えさせていただきますわ」
志希「んーアタシはちょっとやることあるから帰ろうかな」
P「それなら送っていくぞ」
志希「ん。ありがとね」
友紀「ばいばーい」
22: 以下、
車内
志希「ん?お疲れ様」
P「楽しかったな」
志希「そうだね!正直野球なんてあんまり興味なかったけど楽しめたよ」
P「それは良かった」
志希「野球は分からないけど、球場の雰囲気は好きだったなーって」
P「いつか行くか」
志希「ん。期待しておくね」
P「友紀とか良く行ってるから一緒に行ってみたらどうだ?」
志希「それもいいかもねー。アタシはキミと行ってみたいけどね」
P「時間あったらな」
23: 以下、
P「お、そろそろ着きそうだな」
志希「家上がってくー?」
P「いや、普通に帰るよ」
志希「えー」
P「えーってなんだよ」
志希「てーいくみあうととぅざぼーるげーむ♪」
P「どうした?」
志希「この歌ってさ、7回が終わった時に歌ってたと思うんだよね」
P「確かにそうだろうな」
志希「アタシが今歌った意味分かる?」
P「ん?」
志希「まだ、7回ってこと」
志希「サヨナラにはまだ早いってね」
P「なるほどな」
志希「このままどっかに行っちゃおう?」
P「少しだけな」
志希「話が分かるね」
P「伊達に志希のプロデューサーやってないからな」
志希「このままどっかに連れてって言ったらどうする?」
P「ん?」
志希「どっか遠い所に行っちゃおうって。アイドルとかプロデューサーとか関係なしに二人でさ」
志希「ピーナッツとクラッカージャックと言わないけれど、キミさえいたら家に帰らなくてもいいかなって思うよ」
P「志希……?」
志希「なーんてね。びっくりした?」
P「少しな」
志希「キミを驚かせられたなら満足。満足。にゃはは」
24: 以下、
志希「ルーズヴェルトゲームって知ってる?」
P「あぁ、アメリカの大統領が言ったセリフだよな」
志希「そそ。流石博識だね」
P「俺の知識は薄いと思うけどな」
志希「そうかな?それでさその大統領はさ4-7から逆転して8-7で勝つのが一番面白いって言ってたよね?」
P「言ってたな」
志希「それはきっと最後に勝つって分かってるから面白いんだよね」
P「そうかもしれないな」
志希「きっと勝てなかったら何にも面白くもなんともないよね」
P「そうだな…」
志希「それならアタシは10-0で勝ちたいな」
25: 以下、
P「そういや」
志希「ん?」
P「イチローってさ天才って呼ばれてるんだよな」
志希「そうだねー」
P「シンパシー感じたりするのか?」
志希「……」ピク
P「まぁ、日本球界でも活躍してメジャーで活躍するってのは天才だよな」
志希「そーかもね」
P「なんでもかんでも出来るから天才って呼ばれてるみたいだな」
志希「アタシと似てるね」
志希「アタシがさーギフテッドって呼ばれてたの知ってる?」
P「あぁ、知ってるよ」
志希「なんでもかんでも才能で片づけられること辛いことはないよねぇ」
P「そうだろうな」
志希「んー…いくらキミでもこればっかりは分からないと思うよ?」
P「それはそうだな。それでも志希は天才だと思う」
志希「なんて言うか響かないねその言葉」
P「言われ慣れてるから?」
26: 以下、
志希「全部その言葉で片づけられるのが気持ちよくないなぁって」
P「天才って努力しないで何でも出来るって意味じゃないぞ?」
志希「ん?」
P「例えばレッスンしないで、振付を練習しないでトップアイドルになれる奴は化け物だろ」
志希「そうだね。同じ人類か疑っちゃうかも」
志希(杏ちゃんでさえ練習してるんだし)
P「イチローも言ってたんだけどな。天才ってのは努力した結果なにかが出来るようになる人のことを指すってさ」
志希「努力した結果…」
P「あぁ、同じ心境だったのかもな。これだけ努力したから今の場所に立ってるのにそれを才能の一言で済まされるなんてさ」
P「志希も同じだろ?」
志希「え……?」
P「朝は弱いけど、夜とか合間にこそこそ練習してるのは知ってるぞ?」
志希「そういう努力は見ても言わないものだよね?」
P「そうだな。悪い悪い」
志希「だいじょーぶ。志希ちゃんの耳は聞きたいことしか聞こえないから」
P「だから今の志希があるのは自分の努力のおかげだよな」
志希「んー、アタシは天才だからなぁ…」アハハ
P「素直じゃないな」
志希「科学者はひねくれてこそだよ」
P「今はアイドルだろ?」
志希「あ、そうだった♪」
27: 以下、
志希「しっかし、ライブも終わってなんか気が抜けちゃった」フゥ
P「そうだな。だからこうやって皆で遊んだり出来てると考えればいいんじゃないか?」
志希「そうだね。たまには。ならいいのかもね」
P「だろ?」
志希「だねぇ」
28: 以下、
志希「おー、ふーん」
P「どうかしたか?」
志希「ん?ちょっとあることに気づいてね」
P「どうした?」
志希「LIVEって英単語を思い浮かべて欲しいんだけど」
P「おう」
志希「IをOに変えると?」
P「ラブになるな」
志希「そうだね」
P「それがどうしたんだ?当たり前っちゃ当たり前だろ?」
志希「そうだね」
志希「アイがオーきくなったらラブになるって素敵じゃない?」
P「詩人だな」
志希「そうかな?」
29: 以下、
志希「どうしたら、キミの中にいるアタシは大きくなれるんだろうね?」
P「さぁな」
志希「ま。そりゃ分かんないよね」ヤレヤレ
志希「キミは数学とか得意?」
P「人並みだな。得意と言えるほどではないけれど」
志希「そっか。そっか。アタシはきっと他の人よりは得意かなぁって思うんだ」
P「まぁ、そりゃそうだろうな」
志希「だよね。それでさー、この世界って理屈が全部説明出来るんだろうなぁって思ってたんだ」
志希「でも出来ないこともあったんだよねー」
P「そうなのか?」
志希「そーなんだよ。それも最近出来ちゃった」
志希「それってさ、理屈とか方程式で答え出ないからあんまり面白くないんだよね」
志希「でも、不思議と嫌いじゃないんだ」
P「そうなのか」
志希「うん。てやっ☆」カシャ
P「ん!?」
志希「にゃはは。横顔ゲットだぜ?」
P「そんなものどうするんだ?」
志希「ヒミツ☆」
志希「女の子は心の奥を先に見せたら負けだからね」
P「釣れないな」
志希「たまにはお返しさせて貰おうかなーってにゃはは」
志希「観たかったらもっとアタシのことをじーっと見なきゃだよ」
志希「ずっと。ずーっとね」
志希「アタシの心の奥が分かったらきっとその時はもうキミはアタシの虜だよ」
志希(尤もアタシの方はとっくにキミに夢中なんだけどね)
30: 以下、
終わりです。
読んで下さった方ありがとうございます。
31: 以下、

続き・詳細・画像をみる


漫画でよくある「これ喰らったら死んでた…」的なシーンが好きなんだが

【画像】ホモ専用プールが汚すぎる

NPB 不滅の大記録ベスト10wwww

【悲報】アメリカ人が「朝食」と呼んでいるものは、実はデザートだった

【生活】誰のおかげでメシを食べられると思っているんだ!ありがちな「DV相談事例」トップ3

心霊番組のロケ「うわ!カメラ映んなくなった!」

back 削除依頼&連絡先