【艦これ】鳳翔「……や……いやぁ……」back

【艦これ】鳳翔「……や……いやぁ……」


続き・詳細・画像をみる


4月……。
陽の沈む薄茜色の空。
幾多の雁が群れをなし、はるか北の大地を目指す。
鴻雁北(かえる)の字のごとく、それは暖かな春の訪れを確かなものとした。
彼らの心のふるさとは敢えて望む厳寒の地か、又日の出るこの地に在るか。
私に知る術など、あろうはずもない。
埃がかった執務室の窓が大きく口をあけ、自然換気に伴う澄んだ空気が私の心を躍らせた。
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460594793
2: 以下、
今日こそは……
想いを抱き、私は眼前の窓をそっと閉め切る。
3: 以下、
本日の作戦完了の報が届いたのは、つい先刻のこと。
旗艦を務めた矢矧の、あの興奮隠せぬ凛とした声が、今も尚耳に残っている。
だが、心の底から安堵した。
長きに渡る戦線の停滞は、艦隊に所属する艦娘達の間で厭戦の気を漂わせていた。
彼女達の士気の低下、更には軍令部総長による叱咤。
あらゆる事象の板挟みとなり、私の心は憔悴した。
だが、そんな過酷な二か月を支えてくれた一人の女性がいる。
彼女の存在なくして、今の私は無い。
4: 以下、
艦隊の皆が今、此方への帰途についている事は疑い無し。
従って、時は今しかないと踏んだ。
軋む松材の床板、目についた“室炊烹”の木札。
私は扉を前にして、立ち竦む。
この扉の向こうには、いつものように……
――白き割烹着に身を包む、美しい彼女の姿があるはずだ。
5: 以下、
――はずだった。
ゆっくりと開かれた扉。
音も無く、水銀灯の明かりも未だ無い。
私が感じた違和感はただ一つ……。
此処が、恐ろしく静かなのだ。
イチナナマルマル、本来ならば彼女が兵食準備に従事している時刻。
これはおかしい……
6: 以下、
私の心の不穏が取り除かれるまで、そう時間はかからなかった。
おそるおそる歩を進め、耳を傾ける。
厨房の奥より聞こえる、可愛らしさすら感じるほどの静かな寝息……。
そう……彼女もまた、私と同じだった。
彼女も例外なく、長きに渡る作戦を裏方より支え、共に戦った仲間である。
蓄積しつつあった自覚無き疲労が、このような眠りへ誘ったことは明白だ。
それを理解したがために、私は彼女に近づいた。
7: 以下、
鳳翔は、うさぎの着ぐるみに身を包んでいた。
8: 以下、
「航空母艦、鳳翔です。不束者ですが、よろしくお願い致します」
「お疲れ様です。お風呂にしますか?ご飯にしますか?それとも……ふふっ、冗談ですよ」
「私の夢ですか? そうですね……いつか二人で小さなお店でも開きたいですね」
「……って、あらやだ、ごめんなさい。忘れてください」
9: 以下、
私の脳裏で、彼女の発した思い出せる限りの言葉を、ひとつひとつ丁寧に紡いでゆく。
小豆色の素朴で清楚な着物姿で、誰に対しても優しく接してくれる鳳翔。
この部屋で皆の空腹を満たし、そして笑顔にするため、割烹着に身を包む鳳翔。
眼前にはそのいずれでもない、白いうさぎの着ぐるみ姿の鳳翔がいたのだ。
私はつとめて冷静にいたかった。
10: 以下、
うさぎの顔に当たる位置の穴から、眠りこけた鳳翔の綺麗な顔が見えるようになっている。
その透き通るような肌……。
やわらかな頬を、私の人差し指でつついてみる。
「ん……」
艶やかな声が漏れる。
だが、彼女は着ぐるみ姿だった。
ちょっと吹いた。
12: 以下、
心の中に生まれた怪物(いたずらごころ)は、次第にその力を増してゆく。
着ぐるみの上についている、可愛らしい二本の長い耳。
それらを両の手で持ち、無防備な鳳翔の寝顔へ近づけた。
その繊細な動き、さながら英才ピアニストの如く。
……私は思わず舌をなめずる。
やがて片方の耳が、鳳翔の小さな鼻を捉えた。
「うりうり」
「……う……」
「……は……はぁ……」
13: 以下、
「はっくちゅ!」
鳳翔が、目を覚ました。
14: 以下、
「…………」
「……おはよう」
私が満面の笑みを以て、彼女の目覚めに応じる。
「……や……」
「……いやぁ……」
鳳翔は、その吸い込まれそうな瞳に大粒の涙を滲ませ……泣いた。
18: ◆9l/Fpc6Qck 2016/04/14(木) 11:36:45.52 ID:rP/gz3Nl0
「ていと……く……」
「見ない……で……くだしゃ、さい……っ」
途中で噛んだらしい。
かわいそうに……彼女は顔を赤く腫らし、まるで幼子のように体を震わせ始めたではないか。
その様を私は憐れみの眼差しで眺むるも、同時に湧いたもうふたつの心が、私をその場に留まらせた。
鳳翔は何故、如何様にして着ぐるみに手を出したのか。
又、出さざるを得なかったのか。
それを私はどうしても知りたかったのだ。
そして、ここに来た本来の任務を遂行しなければならなかった。
19: ◆9l/Fpc6Qck 2016/04/14(木) 11:50:16.77 ID:rP/gz3Nl0
「もぉ……見ない……で……っ」
鳳翔はうさぎの身体をふるふると震わせて、
その赤くなった顔をうさぎのホワホワした手で包み隠している。
私には想像もつかないほどの羞恥心が、彼女にそうさせるのだろう。
だが、私は目を背けはしない。
真っ直ぐな目で、彼女のありのままを見つめ続けた。
意味は無い、意地悪をしたかっただけだ。
「ぶひひ」
20: ◆9l/Fpc6Qck 2016/04/14(木) 11:55:16.01 ID:rP/gz3Nl0
「えぐ……っ……ぐす……っ」
「…………」
だが、これ以上は流石に可哀想だ……
そう感じた、まさにその時。
なんと、彼女は大きなうさぎの頭を外して、こちらに向かって投げつけてきたではないか。
「うおっ」
後ろへ逃げつつ、山なりに飛んできたそれを私は横跳びで避け、その場で意味も無く前転した。
21: ◆9l/Fpc6Qck 2016/04/14(木) 12:01:50.88 ID:rP/gz3Nl0
「な、何をするんだっ」
「??っ」
鳳翔の腰の力が抜け、その場でちょこんと尻もちをついてしまう。
やがて、彼女は声にならない声を上げ、そのままうさぎの手足をばたつかせ始めた。
もはや打つ手なし、といった心境であろうか。
私自身、ささやかなサディズムを自覚しているとはいえ、これ以上彼女を傷つけることは本望ではなかった。
だから、私は絶えず震え続ける鳳翔のそばへ……ゆっくりと歩を進めた。
23: ◆9l/Fpc6Qck 2016/04/14(木) 12:06:45.76 ID:rP/gz3Nl0
私は彼女の顔を覆っていたうさぎの手を力強く握り、振りのける。
そして――
暴れている彼女の手足が体を痛めつけることも厭わず、私はそのまま熱い抱擁を交わした。
26: ◆9l/Fpc6Qck 2016/04/14(木) 12:10:59.92 ID:rP/gz3Nl0
「ふぁっ」
「……鳳翔」
「……もう、大丈夫だ」
「……提……督……」
29: ◆9l/Fpc6Qck 2016/04/14(木) 12:14:27.51 ID:rP/gz3Nl0
「幻滅しましたよね……」
「こんな姿の私……ひどい……ですよね……」
「……そんなわけ、ないだろ」
「ずっと、着てみたかったんだろ」
「作戦が終わって、気が楽になって……」
「今ならって……」
「そう思ったんだよな」
「…………」
彼女は小さく頷いた。
可憐な顔は未だに赤く腫れ、震えも収まらぬ。
でも、その時の鳳翔はいつも以上にしおらしく感じた。
着ぐるみ姿だが。
31: ◆9l/Fpc6Qck 2016/04/14(木) 12:19:17.98 ID:rP/gz3Nl0
「艦隊の皆にとって……まるで母親のように接する、優しく一生懸命な君も……」
「今のように、着ぐるみに身を包んで密かな自分を楽しんでいた君も……」
「私にとっては全部、鳳翔なんだ」
「……提督」
「私はそれを踏まえた上で、今日……」
「これを、君に渡しに来た」
「受け取ってくれないか」
32: ◆9l/Fpc6Qck 2016/04/14(木) 12:20:32.14 ID:rP/gz3Nl0
開かれた小箱より、重い光沢を放つひとつの輪が現れた。
その時、鳳翔が流した涙は先ほどの羞恥によるものか、はたまた……
全ては、彼女の心のみぞ知ることだ。
―――――――――――fin―――――――――――――
33: ◆9l/Fpc6Qck 2016/04/14(木) 12:22:40.97 ID:rP/gz3Nl0
もはや言い訳はしません(決意)
ここまで読んでいただいた方、楽しく書かせていただきありがとうございました。
37: 以下、

続き・詳細・画像をみる


2度目のタブー? 鈴木亜美、超イケメンと結婚・妊娠の裏で…

兄「すみません。わんちゃん触らせてもらってもいいですか?」弟「いいですか?」

兄「すみません。わんちゃん触らせてもらってもいいですか?」弟「いいですか?」

男「スライムが最弱とか言うけどさ」

『HUNTER×HUNTER』キルア「これは爺さんのドラゴンダイヴ!」←これ

レイザーラモンHGが鍛えぬかれた身体で別人になってる!

back 削除依頼&連絡先