犬「わん」男「危ないっ!」トラック「ブイーン」  男「車は危ないんだ、気を付けろよ」犬「わん」back

犬「わん」男「危ないっ!」トラック「ブイーン」  男「車は危ないんだ、気を付けろよ」犬「わん」


続き・詳細・画像をみる

1:
数年後
男「ただいまー。っと、さっさと課題終わらせて寝るか」
ピンポーン
男「はいはーい」ガチャ
美少女「こ、こんにちわ!」
男「あー・・・引っ越して来た人?」
美少女「いえっ、違います!」
男「・・・誰かの家族?」
美少女「いいえ!」
男「じゃあ、誰?」
               
・ZARD坂井泉水、デビュー前のAV出演画像…これが芸能界最大のタブー…(画像あり)
・【動画】フ●ラチオ学校、マジでエ□すぎる
・これはエ□い。「シャワー中の全裸女子を撮影してみた」
・女友達(巨乳) 「(女が)お●ぱいだけでイクとかないからw」 → 試した結果・・・・・・・・・・・・・
・【衝撃】女とヤリまくれる大学、学部がこれwwww女から股開いてくるぞwwwwwwwwwwwwwwwww
・【セクシーランジェリーエ□画像】際どい!過激!こんな下着身に着けられたらぼ●き必至!
・ギャルA「やっぱ快感〜♥」 ギャルB「次あたしあたしー!いくよ? ……っらぁっ!」どごぉっ 縛られ俺「うぶっ……」
・神楽「銀ちゃん大変アル!銀魂が実写化するらしいネ!」銀時「マジでか!?」
・【画像】彡(●)(●) 「彼女できないなぁ・・・せや!」
・しんのすけ(35)「マサオ君がネネちゃんを孕ませたぞ」
・彡(´)(`) 「めっちゃ射精た…オナティッシュトイレに流すか…」
・ジャイアンの母ちゃん「え?風俗嬢にならないかだって!?」
・【画像】バッティングセンターにいる変態女をご覧ください・・・・・(※画像あり)
・マギーの乳首が透けまくっちゃってる画像が流出、エ□乳首 キタ━━━(●∀●)━━━!!! (画像あり)
・AV出演強要の芸プロ逮捕に人気女優が反論「強要?嘘でしょ?!あの娘超楽しんでやってた」
・【最新画像】広瀬すずの胸ってこんなにデカかったのかよ!!!
・【画像】東京女子体育大学新体操部の胸がエ□ーい!Y字バランスたまらねえwww
・NHK巨乳気象予報士・福岡良子さんの胸がエ□過ぎばいwwwww
・悟空「ピッコロぉ、おめえ頭からなんか生えてねえか?」ピッコロ「チソコだ」
・【画像】ミニスカ過ぎて椅子に座ったらパンツが丸見えになってる女の子が激写されるwwww
・淫乱スーツ女がパンストとパンティー脱いでおま◯こ見せM字開脚自撮り
・シンジ「掃除機にオ○ホを固定したら凄いバキューム力が得られるんじゃないかな」
・兄「マ○コって何なんだ?」妹「死ねよ変態」
・サキュバス「さぁチンチン出しなさい!キンタマ空っぽになるまで絞り尽くしてあげる!」ショタ「ママ…?」サキュバス「?!」
          
6:
美少女「あの、以前動物を助けた事はありませんか?」
男「ああ・・・あるけど?」
美少女「・・・!!」
美少女「貴方は、どこの学校に通っているんですか?」
男「・・・A高校だけど」
美少女「わかりました。今日のところは帰らせていただきます」
美少女「では」
ガチャン
男「いや、誰だよあいつ」
               
          
8:
男「よっ、友」
友「よう、男。課題終わったか?」
男「おう、ばっちり」
女「あら、男」
男「おう、おはよう」
女「課題終わったのよね、見せて」
男「いいけど・・・今までも友がいたろ?」
友「俺にも見せて男」
男「お前ら・・・」
               
          
10:
先生「課題集めるぞー」
女「あ、男。あんたの課題間違ってるわよ」
男「は?」
女「答え、一問ずれてる」
男「あ・・・」
女「ま、私は満点だけどね」ニコッ
男「てめえ!気付いて黙ってやがったな!」
女「どんまい4点!」
男「あ・・・っのやろう・・・」
友「え?ずれてるの?」
男「・・・」
               
          
13:
男「4点・・・」
友「0点!?」
女「何で写すだけで間違うのよ」ヒラッ
男「このやろおおおおお!その100点よこせ!!」
女「・・・ぷっ」
男「・・・帰る」
女「あらっ、怒った?」
男「うるせえ」
               
          
14:
男「ただいまー」
美少女「お帰りなさいです。早いんですね」
男「おう、さくっと帰ってきたからな」
美少女「課題はどうでしたか?」
男「4点だったよ。ったく、女のやつめ」
美少女「そうですか」
・・・
男「・・・・・・そうですかじゃねーよ!お前何でいんの!?」
美少女「はい、居候することにしました」
男「しましたじゃない!誰の許可でこんなこと!訴えるぞ!?」
美少女「貴方の親御さんには連絡いたしました。鍵もいただけました」
美少女「独り暮らしさせるのは心配だったらしいですよ。たまには顔見せてあげてください」
男「やかましい!お前の家に帰れ!!」
美少女「訳ありで家がないんです・・・・・・」
男「はあ!?」
               
          
15:
美少女「せめて、一週間でいいので」
男「・・・・・・貯金は」
美少女「いちもんなしってやつです」
男「・・・親戚は」
美少女「みんな絶縁状態です」
               
          
18:
美少女「お願い致します。・・・無理・・・ですか?」
男「無理ではないけど・・・何で俺が」
美少女ウルウル
男「ああああああああ!!わかったよ!!一週間だけな!?!?」
美少女「!!! ありがとうございます!!!」
男「ただし!食費は出せ!バイトしろよ!」
美少女「はいっ」ニコッ
               
          
20:
男「・・・朝か」
男「朝飯はコンビニでパンでも買って行こう」
美少女「あっ、男さん、おはようございます!」
美少女「朝ごはんの準備、できてますよ!」
男「ああ・・・そっかあ・・・・・・」
男「嬉しいような・・・うーん・・・・・・」
               
          
22:
男「じゃ、学校行ってくるから。バイト探せよ」
美少女「はーい」
バタンッ
男「昼飯は・・・学食でいいか」
美少女「あっ、大丈夫です。お弁当ありますよ」
男「・・・バイト探しにいくんだよな?」
美少女「セーラー服着て朝からバイト探しですか?印象最悪じゃないですか」
男「・・・」
美少女「A高校に編入するんです。あ、よろしくです」
男「はあ!?」
               
          
24:
先生「転校生の美少女ちゃんです。皆仲良くするように」
美少女「よろしくお願いしますっ」
男「嘘だろぉー・・・」
友「超かわいいじゃん見ろよ男」
               
          
25:
友「ちーす!よろしく美少女ちゃん!友ってよんで!」
美少女「はい、友さん」
友「堅いよ堅い!呼び捨てでよろしく!」
美少女「こんにちわ、男さん!」
男「友に構ってやれ。俺学食行くから」
美少女「お弁当あるって言ってるじゃないですか!」
男「・・・」
美少女「それに、男さん」
男「・・・」
美少女「今日財布持ってますか?」
男「えっ」
美少女「カバンから抜いておきました!」
男「・・・」
美少女「お弁当、食べましょう!」
               
          
26:
美少女「こちらになりま〜す!!」
友「ね・・・ねえ?どういう・・・ご関係に・・・?」
美少女「男さんの彼女です!」
男「ただの居候だ」
友「・・・」
女「あら、男。今日弁当なのね」
男「ああ」
女「自分で作ったの?」
友「美少女ちゃんだと」
女「はあ!?」
男「居候だからな。ただの」
女「男女一つ屋根の下に・・・!?」
美少女「そうなりますね」
女「〜〜〜!?!?/////」
男「ちげーって!!!!」
               
          
27:
女「なるほど」
男「わかったか?」
女「美少女ちゃん、男に襲われたら私に相談してね。他言しないから安心していいわ」
男「お前一つもわっかてないな」
美少女「美味しいですか?」
男「まあ・・・」
美少女「頑張ったので嬉しいです」
女「・・・私も、頑張らないと」
友「・・・」
               
          
28:
男「ただいまー」
男「美少女がバイト探し行ってる間に課題終わらせるか」
美少女「ただいまです」
男「おかえり、バイト決まったか」
美少女「はいっ、コンビニです」
男「時間は?」
美少女「深夜2時から7時です。高校生ってばれなかったので」
男「・・・まあいいや」
               
          
29:
男「ふぁ・・・」
男「朝か」
美少女「くう・・・」
男「・・・おい、朝飯くらい食え、起きろ」
美少女「あう、男さん。おはようございます」
美少女「冷蔵庫に朝ごはん入ってます。準備しますね」
男「いつ作ったんだ?」
美少女「バイトに出る前です。あっ、お弁当もあるので、楽しみにしてくださいね」
男(大変だっただろうな・・・今日は美味いって言ってやるか)
               
          
34:
男「ふう、昼休みか」
友「あいつ話なげーもんな。疲れた」
男「数学の山田。途中から背骨の話してたもんな」
友「ほんとだよ」
女「男!!」
女「べっ、お弁当作りすぎちゃったんだけど!?」
男「・・・そうか、お疲れ」
女「お疲れじゃないわよ!食べたいっていいなさい!!」
美少女「男さーん。お弁当食べましょう」
美少女「・・・女さんがとても敵対的な目をしています」
女「・・・あ、あら。そうかしら?」
男「弁当作りすぎちゃったらしいぞ」
美少女「私食べましょうか?」
女「何言ってんのよ!」
友「・・・」
               
          
35:
男「結局両方食わされた・・・」
友「どうだった」
男「腹がいてえ」
友「幸せな悩みだなあ。お前らの横でメロンパン食うの辛かったぞ」
男(でも・・・どっちも美味かったな)
友「・・・ま、見守らせてもらおうかね」
               
          
36:
美少女「男さん、帰りましょう」
女「あっ、男。帰るの?わ、私も帰るんだけど・・・?」
男「そうか、じゃあな」
女「誘いなさいよ!!」
男「でも・・・お前家逆じゃ・・・?」
美少女「まあ、いいじゃないですか。女さん、帰りましょう」
男「まいいけどな」
女「う・・・うん、帰ろっ」
               
          
37:
女「じゃ、じゃーね!」
美少女「はいっ、女さん。また明日です」
男「じゃーな」
美少女「女さん、楽しそうでしたね」
男「そうか?」
美少女「はい、いつもより楽しそうでした」
男「お前、まだ二日目だろ」
美少女「それでも、この二日の中で一番綺麗な笑顔でした」
男「そうか」
               
          
38:
・・・
・・・・
・・・・・・
男「おはよう、美少女」
美少女「むにゃ・・・おはようございます。男さん」
男「飯用意しといたぞ」
美少女「ありがとうございます」
男「って・・・」
               
          
39:
男「もう1ヵ月だぞ!?一週間だけじゃないのかよ!」
美少女「えっ!?もう家族みたいな扱いじゃないんですか!?」
男「何でだよ!貯金貯まったろ!独立しろよ!!」
美少女「いやですよ!つーかバイトだけで暮らせませんよ!」
男「そういえばどっから学費でてんだよ!そっからもらえよ!」
美少女「バイトからですよ!おかげで貯金ゼロです!」
男「はあ!?!?ゼロ!?」
               
          
40:
美少女「残念でしたね!ここでもう少し過ごさせてもらいますよ!」
男「学費だけで飛ぶか!?ゼロ!?」
美少女「制服だって高いんですよ!まだ払ってないのも入れればマイナスですね!」
男「お前・・・話が違・・・」
美少女「なんとなく流してくれるものかと」
男「・・・」
美少女「というか、こんないたいけな少女を独り暮らしさせようなんて、正気ですか」
男「・・・」
美少女「それこそ襲われたらどうするんですか」
男「・・・」
美少女「ほんと冷たいですね」
男「おかしいだろおおおおお!?!?お前が悪いんだからな!?」
               
          
41:
女「朝からどうしたの遅刻なんか」
男「い・・・いや・・・」
美少女「ちょっと・・・色々ありまして・・・」
女「ったく、もう」
               
          
43:
友「今日の体育、男女でやるんだよな」
女「そうね」
美少女「何するんですかね」
男「・・・知らないほうが幸せだぞ」
女「あんた、しってんの?」
美少女「体育委員でしたね」
友「何なんだ?」
男「・・・マラソンだ」
               
          
44:
友「おえっ、今どんくらいだ?」
男「半分くらいじゃないか?」
女「余裕ね」
友「お前体力あるな・・・」
美少女「はあっ・・・はあっ・・・」グラッ
男「あっ、おい!」
友「大丈夫か!?美少女ちゃん」
女「大丈夫!?貧血っぽいわね・・・早く休ませてあげないと・・・」
男(深夜のバイトのせいで寝不足か・・・やっぱ止めさせればよかった!)
男「わりい、俺美少女つれてくから、先行っててくれ!」
友「おう」
女「手伝おうか?」
男「一人でいける、先行ってくれ!」
女「うん・・・」
               
          
45:
男「保健の溝橋どこいった?」
男「まあいい・・・とりあえずベッドに寝かせてやろう」
ドサ
数分後
美少女「・・・男さん」
男「おう」
美少女「マラソンは・・・?」
男「お前、貧血でぶっ倒れたんだぞ。休め」
美少女「・・・そうですか。ごめんなさい。お手間かけさせたようですね」
               
          
47:
・・・
美少女「男さん」
男「あん?」
美少女「その。言わなければいけない事があります」
男「なんだ?バイトクビにでもなったか」
美少女「いえ・・・ずっと、私、男さんを騙してました」
               
          
48:
男「・・・なんだよ?」
美少女「私・・・人間じゃ、ありません」
美少女「その、あのとき助けていただきました」
男「まさか、あの時の・・・」
ピョコッ
男「お前・・・その、耳・・・尻尾・・・」
               
          
50:
男「・・・は?」
美少女「あのとき助けていただきました」
男「・・・最初に会った時に聞いてたあれだよな?」
美少女「はい。助けた動物の話」
美少女「助けていただいた、猫です」
男「・・・犬なんだけど」
美少女「え」
男「俺が助けたの、犬だよ」
               
          
52:
美少女「え?いやそれ猫ですよ」
男「いや犬だよ。わんって言ってたし」
美少女「マンホールに落ちてたのを助けたんですよね?」
男「トラックにひかれそうなとこ助けたんだけど」
美少女「はあ?冗談やめません?おもしろくないですよ」
男「いや、まじ」
美少女「えっ」
               
          
54:
美少女「ええー!?!?」
美少女「どうしてくれるんですか!?男さんに助けてもらった恩返しとして、バイトしてプレゼント買ったのに!?」
男「あー・・・え?俺が悪いの?」
美少女「もう帰らないといけない時期せまってるんですけど・・・」
美少女「恩返しが済めばこっちにいられる。じゃなければ5週間で帰らないといけないんです」
美少女「どうするんですか!?」
男「しらねーよ!?」
               
          
55:
美少女「私他にしないといけない事あるんですけど」ウルウル
男「そういわれてもな・・・」
男「なんか可哀想・・・なのは俺だけど、今からは最後の一週間って事だろ?」
男「その用事、付き合ってやるよ」
美少女「本当ですか!?」
               
          
58:
男「明日から学校休んでさ」
男「俺は一週間くらい大丈夫だから」
美少女「男さん!ありがとうございます!!大好きです!!」
男「都合いいこといってんじゃねーよ・・・」
女「そ・・・そっかぁ・・・」
女「やっぱ・・・あの二人・・・」
女「私・・・失恋・・・しちゃったのか・・・」ポロ
女「グスッ・・・ウッ・・・」ポロポロ
               
          
59:
男「と、まあ朝なわけだが」
男「今日はどうすんの?」
美少女「P県の、V町に行きたいです」
男「遠いな・・・まあ新幹線で2時間くらいか」
美少女「うぇっ」
男「なんだよ」
美少女「切符買えません・・・」
男「はあ・・・買ってやるよ、くそ」
               
          
60:
男「ふう、着いたな」
美少女「はい。ありがとうございます」
男「で?」
美少女「こっちです」
男「了解です」
               
          
61:
美少女「ここです」
男「・・・ここは?」
美少女「野良になる前は、人に飼われていました」
男「・・・捨てられた?」
美少女「いえ。とてもいいかたでしたが・・・その、病気で」
男「・・・ごめん」
美少女「い、いえいえっ。こちらこそです」
               
          
62:
男「今日は泊まっていくか、ここらへん回りたいだろ?」
美少女「・・・はい」
美少女「散歩していたルートに入りました!」
美少女「ここです!ここの家のバカ犬、まだ健在でしたか、忌々しい・・・!」
美少女「空き地・・・もっとあったんですけどね」
               
          
63:
男「この旅館でいいよな」
美少女「はい。こんなとこできてたんですね」
男「結構綺麗だよな」
美少女「そうですね、新しいはずです」
美少女「何で部屋が一緒なんですか」
男「仕方ないだろ、さすがに高かったんだよ」
美少女「もう少し離れてください」
男「これ以上無理だ」
美少女「・・・何かしたら許しませんから」
男「何もしねーよ」
               
          
64:
美少女「本当に何もしてきませんでしたね」
男「事後かもよ?」
美少女「ひっ・・・本当ですか!?」
男「ばか、冗談だよ」
美少女「ただのセクハラですよ!まあ何もないならいいです」
美少女「今日も1日散歩でいいですか?」
               
          
65:
・・・
・・・・・
美少女「明日は、R県のL町に行きたいです」
男「ああ・・・いいぞ」
美少女「今日は、散歩でいいです」
男「おう、じゃあ明日の朝出発な」
               
          
66:
・・・
・・・・
・・・・・・
男「で、ここはどこなんだ?」
美少女「ここは・・・私の生まれ故郷です」
男「・・・?」
美少女「私、保健所から引き取っていただいて、あそこで暮らしてました」
美少女「その前は、ここに」
男「きれいな山だな」
美少女「そうですね、一度も行った事ないですけど」
男「あ、市街で捕まったのか。てっきり」
美少女「はい。残りの3日、ここで過ごしていいですか」
男「最後だもんな。いいぜ、宿を探そう」
               
          
67:
美少女「・・・だめですね、今日はもう宿に帰りましょう」
男「ああ、わかったよ」
・・・
・・・・
美少女「今日もだめ・・・帰りましょうか」
男「だめって何だ?」
美少女「見つかりませんでしたから・・・」
男「・・・?」
               
          
68:
美少女「最後の日・・・ですね」
男「ああ・・・今日1日でお前とお別れか・・・」
美少女「寂しいんですか?」
男「・・・バカ言うなよ」
美少女「・・・寂しがって・・・くれないんですね・・・」ボソッ
               
          
69:
男「なあ、お前、何探してるんだよ」
美少女「・・・」
美少女「・・・母です」
男「・・・そっか、見つかるといいな」
美少女「ありがとうございます」
               
          
71:
美少女「・・・見つかりません」
男「・・・そうだな」
美少女「もしかして・・・もう・・・」
男「・・・たまたま今まで会えなかっただけだよ、きっと・・・」
「にゃあ」
美少女「・・・!」
猫「にゃあ」
美少女「そう・・・ですか、ありがとう・・・ございます・・・」
猫ドスドスッ
美少女「ひっく・・・うっ・・・」
男「どうだったんだ?」
               
          
73:
美少女「今のかたは、私が小さな頃お世話になったかたです」
美少女「どうやら・・・母はもう・・・」
美少女「でも、言ってたそうです」
男「・・・なんて?」
美少女「猫としての幸せは野良じゃないって、だから、幸せを手にして欲しいって・・・」
美少女「私の事、ずっと思っててくれたみたいです」
美少女「もっと早くこれなくて、ごめんね・・・お母さんっ・・・」ポロポロ
               
          
74:
男「いいお母さんなんだな」
美少女「はい・・・本当に」
美少女「今から、男さんの家に帰れますか」
男「ああ、時間的には、ぎりぎりかな」
美少女「最後に、あそこをみたいです」
               
          
75:
・・・
・・・・
・・・・・・
美少女「ただいま・・・です」
美少女「もう、時間です。・・・男さん・・・」
男「・・・」
美少女「私の勘違いでここに来て、一ヶ月。お世話になりました」
美少女「男さんといて、学校にいって」
美少女「楽しかったです」
美少女「本当に、幸せでした」ポロ
男「美少女」
男「ここは、お前のもうひとつの家だ」
男「・・・思い出してくれよ」ポロ
美少女「はい・・・ありがとうございます」
美少女「本当に男さんには、感謝してばかりですね」ポロポロ
美少女「では・・・お達者で」ニコッ
パアアアアアア
男「美少女!!」
男「元気でな!!来れるもんなら・・・またこいよ!!!」
美少女ポロポロ「・・・はいっ!!」ニコッ
               
          
76:
男「これで・・・俺もまた、一人か・・・」
男「・・・明日くらい、学校、休んでもいいよな・・・」
               
          
77:
・・・
・・・・
男「あいつの荷物か・・・」
男「・・・散らかしっぱなしじゃねーかよ」
男「整理・・・しよう」
男「あいつの靴下、破けてんじゃねーかよ・・・」
男「言えば直したのに・・・」
男「ん?何だこれ」
               
          
78:
男「・・・腕時計・・・」
男「言ってた、プレゼントか・・・」
男「俺がもらってもいいのかな・・・」
カチッ
男「・・・」ポロ
パアアアアアアッ!!!!!!!
男「!?」
               
          
79:
美少女「・・・え?」
男「・・・え」
男「美少女!?」
美少女「何ですか!?何で!?!?」
美少女「あっ!!腕時計!!」
男「あ、これ、俺がもらっていいよな?」
美少女「それで恩返しが成立したってことですか!?!?」
男「え!?!?あー・・・なるほどー・・・」
               
          
80:
「恩返しが済めばこっちにいられる。じゃなければ5週間で帰らないといけないんです」
男「ということは・・・?」
美少女「はい・・・・そういうことですね」
男「・・・」
美少女「泣いてました(笑)?」
男「っせええよ!!!」
美少女「男さん、かわいいとこありますね」
男「今度こそはちゃんとバイトで払えよ!!」
美少女「・・・」
男「・・・貧血になるほど、やんなよ・・・」
美少女「わー・・・男さんかわいい・・・」
男「っせえ!!!!!」
               
          
82:
男「と、いうわけで終わりです!」
友「長々とありがとうございました!!」
美少女「男さんかわいかったですね」
女「ねえ、私だけ失恋エンドってどうなってんの?」
男「ではでは!」
女「無視!?」
男・美少女・女・友・俺「ありがとうございました!!」
男・美少女・女・友「って、何で俺君が!?」
end
               
          
83:
では!
ありがとうございましたー!!
               
          
8

続き・詳細・画像をみる


今日1日ポケモンGOしてたら

名作映画の有名シーンが「素晴らしい構図」に見える理由がこれ!

汚い字でも丁寧に書けばいいと良く言われるけどいくら丁寧に時間かけて書いても汚い字は汚いんだけど…

【動画】ポケモンGOをプレイしながら運転している車が撮影されるwww 危なすぎワロタwww?2ch.net

【野球】贔屓球団で一瞬だけ覚醒した選手

【都知事選】 小池氏 「石原さんから話があったのは事実。四男の事業を猪瀬さんが止めたとかで、(復活させてほしい)でした」

back 削除依頼&連絡先