900万円のクロスワードパズル(美術品)に答えを書いた婆さん 「書けと書いてあるから書いた。私は悪くない」back

900万円のクロスワードパズル(美術品)に答えを書いた婆さん 「書けと書いてあるから書いた。私は悪くない」


続き・詳細・画像をみる


900万円のクロスワードパズルに文字を書き込んでしまったおばあさん、
警察から厳重注意を受ける
ドイツの博物館には約900万円の価値があるというクロスワードパズルが展示されているのですが、観光に訪れたおばあさんがなんとボールペンで文字を書き込んでしまうというアクシデントが発生しています。
問題のクロスワードパズルは、ドイツ・ニュルンベルクにあるゲルマン国立博物館に展示されている「Reading-work-piece」という作品で、ドイツの芸術家・Arthur Kopcke氏が1977年に制作したもの。Reading-work-pieceは、一見するとマスが埋まっていない状態のクロスワードパズルのような見た目をしています。博物館によれば、Reading-work-pieceをもともと持っていた個人コレクターが博物館に寄贈したものだそうで、8万ユーロ(約933万円)の価値があるとのこと。
クロスワードパズルの隣には、作品の一部として「Insert words.(文字を入れてください)」という文章が書かれているのですが、博物館を訪れた91歳のおばあさんは、この文章を字面通りに受け取ってクロスワードパズルの穴を文字で埋めていったとのこと。おばあさんは、警察の事情聴取に対して、「私は、作品の隣に書かれた指示に従って文字を書いただけです。芸術家の指示を無視してほしいならば、博物館側がそのように注意事項を明記しておくべきです」と語っています。
博物館の館長であるEエヴァ・クラウス氏は、おばあさんの書いた文字は比較的簡単に修復可能だろうと述べています。簡単とはいえ修復作業には数百ユーロ(数万円)の費用がかかる見込みですが、費用は博物館が負担するとのこと。クラウス氏は、「おばあさんが展示品を傷つけるつもりはなかったことを、我々は重々承知しています。しかしながら、国立博物館の立場としては、おばあさんを刑事告発しないわけにはいきませんでした。また、保険の関係で、警察への報告も必要でした。作品の元の持ち主が、今回の件で機嫌を損ねていないことを、おばあさんに伝えるつもりです」と語っています。
博物館では、作品の修復後は展示場所に「クロスワードの穴を埋めないように」という注意書きをつける予定とのこ
http://gigazine.net/news/20160721-crossword-museum/
2
おばあちゃんwww
4
なんでこれが美術品なんだ?
5
美術館に入る時に触るなって注意があったなら駄目だろ
6
そりゃもっともだ
10
なんでこれに1000万円近い価値があるの?(´・ω・`)
13
そうだな天井に展示しておくべきだったな
14
むしろそれ含めて現代美術(笑)だろ?
良かったじゃん箔がついて
139
>>14
俺もそう思ったんだけどな
18
おばあちゃんかわいい
24
絵画を修正したお婆ちゃんを思い出したわw
婆さんは何事にも動じないし絶対に非を認めないからなw
46
ばーちゃんは1mmも悪くない
63
年齢で得したな
これが五十路とか六十路なら全額自己負担弁償させられてる
71
よく頭が回るばあさんだ
101
ガラスケースに入れておけ
102
現代アートなら埋めてこそ完成でしょ
109
書くなよ
絶対に書くなよ
133
こういう作品ならこういう騒ぎが発生することも想定してそう
137

続き・詳細・画像をみる


【セコ】学生時代からの友人が家を建てることになったので工務店をしてる父にお願いしたいと連絡が来た

KO世紀ビースト三銃士の思い出

毎月5万円支給される代わりにEXILE以外の音楽が聴こえなくなるwwwwwwwwww

『響け!ユーフォニアム』原作小説最新刊の表紙公開!新たな主人公・佐々木梓ら立華高校吹部1年生が集合!

『アイドルマスタープラチナスターズ』キャラPV第11弾「我那覇響」が公開!

結婚するお姉ちゃんから、お父さんあてに小包がとどいた

back 削除依頼&連絡先