千歌「5億年ボタン…?」back

千歌「5億年ボタン…?」


続き・詳細・画像をみる


千歌「なぁにそれ?」
曜「なんかネット見てたら載ってたの!そのボタンを押せば100万円が出てくるんだよ!」
千歌「す、すごい…!でも5億年って?」
曜「100万円貰える代わりに何もない空間で5億年間過ごさなきゃいけないの」
千歌「うーん…なんか怖いね…」
曜「でもその5億年間の記憶は消されるから何にも覚えてないんだって!現実世界では1秒も経ってないんだよ!」
千歌「で、でも5億年は経験しちゃうんでしょ?そこでお腹減ったらどうするの?餓死しちゃうよ」
2:
曜「その空間ではお腹も減らないし死なないんだって!疲れもしないの!」
千歌「でも5億年も何して過ごすの?怖いよ?…」
曜「まぁそんなボタンは無いんだけどね!都市伝説みたいなものだよ!」
千歌「あはは!だよね?!」
梨子「あの…」
3:
千歌「どうしたの梨子ちゃん?」
梨子「その5億年ボタンね…私買ったことがあるの」
千歌・曜「えぇっ!?」
曜「ど、どどどうなったのそれ!」
梨子「ドッキリグッズだったんだけど…なんか不気味な感じがして、実はまだ開封してないの」
千歌「あー!ドッキリグッズかぁ!もう脅かさないでよぉ!」
曜「びっくりしたよ…」
梨子「怖いから捨てようと思ったんだけどすっかり忘れてて…」
4:
千歌「…ちょっと見てみたいね」
曜「…だね」
梨子「え?」
千歌「どうせ捨てるならどんなボタンか見てみたい!」
曜「賛成!」
梨子「う、う?ん…べつにいいけどただのドッキリグッズだよ?」
千歌「それでもいいの!じゃあ梨子ちゃんの家にしゅっぱーつ!」
曜「ヨーソロー!」
梨子「…大丈夫かな」
7:
梨子家
梨子「これ…なんだけど…」ゴトッ
千歌「うーん、普通のパーティグッズみたいだね」
曜「特に変わった様子はないよね」
千歌「…でも何か嫌な感じがするよ」
梨子「だよね?だから早く捨てちゃいたいの」
曜「そうかなぁ?べつに普通のボタンに見えるけどな?」ヒョイ
梨子「!」ビクッ
千歌「よ、曜ちゃん!間違えて押しちゃったらどうするの!」
曜「大丈夫だよ?まだ箱から出してないんだし!」
8:
曜「……ちょっと開けてみよっかな」
梨子・千歌「!!?」
千歌「だ、ダメだよ!早く捨てようよ!」
梨子「危ないよ!」
曜「心配しすぎだって!」ガサゴソ
千歌「早く捨てちゃおうよ!なんか怖いよ…」
梨子「…」ゴクッ
曜「開封ー!」
11:
曜「なるほど…ここから100万円が出てきてこのボタンで例の空間に飛ばされるだね」ワクワク
千歌「曜ちゃん…?」
梨子「もしかして…」
曜「押しちゃおっかな?!」ワクワク
千歌「!?絶対ダメぇ!!危ないよ!」
梨子「やめよ?ね?」
曜「ただの都市伝説だよ?大丈夫だって!」
千歌「う?…」
梨子「もしかしてこういう話好きなタイプなのかな…」
12:
曜「じゃあ押しまーす!」
千歌「ひっ…」ビクッ
梨子「…っ」ギュッ
曜「ポチッ!」
曜「…」
千歌「…」
梨子「…」
千歌「曜ちゃん?」
梨子「どうなったの…?」
13:
曜「うーん?特になんともないね」
曜「やっぱりただのドッキリグッズなんだね…ん?」
『100万円』ゴトッ
三人「…!?!??」
梨子「…え?」
千歌「お、お金が…」
曜「おお!すごーい!本物だぁ!」
梨子「こ、こんなことって…」
千歌「曜ちゃん…体は大丈夫なの?」
曜「全然!なんともないよ!それより100万円もあればAqoursの新しい衣装いっぱい作れるよ?!」
17:
千歌「で、でもこんなの絶対おかしいよ…」
梨子「まさか…本物なんて……やっぱり危険!早く捨てなきゃ!」
曜「でも私はなんともないよ?5億年なんて嘘だよきっと!たぶん売ってた人が度胸だめしでお金入れといてくれたんだね!」
千歌「そんなことあるわけないよ!」
曜「じゃあもう一回押してみるよ!お金入れとくにしても一束でいっぱいだし次に100万円が出てきたら本当に本物だね!」
21:
梨子「…っ!もうダメだよ!危険だって!」
曜「大丈夫大丈夫!はいポチッ!」
千歌「あっ…」
『100万円』ゴトッ
三人「…」
千歌「出、出てきた…やっぱり本当に5億年ボタンなんだ…」
梨子「あ…あ…」
24:
曜「でもほんとになんともないよ?本物だったとしてもこれで100万円出てくるなんてお得だね!」
梨子「も、もうダメ!」ヒョイ
曜「あ、」
梨子「えい!」バキバキィ
曜「あ…ボタンが…」
千歌「よ、良かったぁ…もうあんなの押しちゃダメだよ!」
曜「えー…すごいボタンだったのにぃ!」
28:
梨子「…」
梨子(このボタンは一つだけじゃない…普通にドッキリグッズとして流通してる…)
梨子(買った人みんな使ってるの…?だとしたら…)
千歌「もー!これからはそんな訳のわからないものは押さないで!」
曜「私は何回でもバッチコイだよ!」
千歌「こらぁ!」
30:
―――5億年空間―――
曜「…え?」
曜「ここはどこなんだろ…あっ」
曜「ま、まさか…ここが……ど、どどどどうしよう…」ガクガク
曜「千歌ちゃーん!!梨子ちゃーん!!……うぅ…」
曜「本物だなんて……嘘でしょ………」
32:
曜「うーん…まぁ、悔やんでもしょーがないし、5億年ぐらいすぐ経っちゃうでしょ!」
曜「とりあえず探検だね!」
【1日後】
曜「だいぶ歩いた気がするけど本当に何もない……どこまでこの空間が続いてるの…?怖いよ…千歌ちゃん……」
曜「うぅ?…ずっと歩いてるのに全然疲れないし眠れないし足も痛くならない…」
曜「どうなってんの!もう!」
曜「………」
33:
【3日後】
曜「…どのぐらい経ったんだろ?もう探検はやめようかな…」ドサッ
曜「何にも見つからないし…ずっと動いてるのに体力が有り余ってしょうがないよ…」
曜「…もしかして私…取り返しのつかない状況にいるんじゃ…」
曜「あああああああああー!!!!!!!どうしよぉ……」
37:
【5日後】
曜「うぅ…帰りたいよぉ……千歌ちゃんに会いたい…梨子ちゃんに会いたいよぉ…」グスッ…
曜「いつまでこんなとこにいなきゃいけないの……助けてよ…」
【一週間後】
曜「…あ…はは、あはは…はは…は………」
曜「もう1年ぐらい経ったかな…?時間の感覚がないよ…」
曜「1年経ってても残り4億9999年……」ゾクッ
曜「うわあああああああああああああああああああああああああああ………あはははは、あはははは!!!!!!!!!!!」
39:
>>37
ミス
4億9999万9999年だす
41:
【10日後】
曜「…Aqoursはどうなったんだろ」
曜「私がいなくて衣装はどうしてるのかな……」
曜「…あは、現実世界では1秒にも感じないんだっけ…あはは……じゃあ心配ないね……」
曜「…」
42:
【2週間後】
曜「ここはこうして……たんたんたんっと!」
曜「うん!苦手なとこもだいぶ出来るようになってきた!」
曜「曲が無いのは寂しいけどダンスはやっぱり楽しいね!」
曜「戻ったときに備えていっぱい練習しよう!」
曜「はやく帰りたいなぁ…」
44:
【半年後】
曜「もう…いい加減にしてよ…」
曜「いつになったら帰れるの?…もういいでしょ?」
曜「誰か見てるんでしょ!!!はやくここから出してよおおお!!!!!!!!!!!」
曜「うぅ………ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」
46:
【1年後】
曜「…千歌ちゃん……はやく会いたい……」
【10年後】
曜「千歌…ちゃん…」
【100年後】
曜「…千…歌?千歌…?いったい何なの……何故か…懐かしい感覚…」
曜「……千歌って…なに?」
【1000年後】
曜「…歌……」
曜「…」
48:
【1億年後】
曜「おっはよー!」
千歌『あ、曜ちゃん!おはよー!見てみて?!』
曜「なぁにそれ?」
千歌『スクールアイドルだよ!スクールアイドル!』
曜「スクールアイドル?」
千歌『そう!今大人気なんだよ!ほらほらμ'sっていうグループ可愛いでしょ?』
50:
曜「ほんとだ…キラキラしてるね!」
千歌『だから私も始めようと思うの!もうチラシも作ったんだよ!』
曜「へぇ?…って字間違えまくってるじゃん!」
千歌『あっほんとだぁ…えへへ…』
曜「も?千歌ちゃんはほんとにしょうがないな?…」ズキ…ズキ…
51:
千歌『えへへ♪でも私には曜ちゃんがいるから平気なの!』
曜「う、うん…そう…だね…」ズキズキ
千歌『…?どうかしたの?』
曜「なんか…頭が痛い…」ズキン…
千歌『どduた…のo?』
曜「なんか…大事なことを忘れてる気が……」ズキズキズキ
千歌『?』
曜「…っあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」ズキズキズキズキズキズキ
曜「あ…あ……」
53:

続き・詳細・画像をみる


渋谷凛「エロ本」

彡(゚)(゚)「仕事やめたいな……せや!クビになったろ!!」

旦那と喧嘩?して気まずいまま旦那は仕事へ。離婚とか言われたらどうしようなんて泣きながら掃除した

今までの人生で一番後悔してることは何?

【速報】鳥越俊太郎氏、民進党が擁立で都知事選出馬の意向を固める「参院選の結果を見て決断した」…大丈夫かこれ…

ハゲ朗報!?カレーに発毛作用が・・・インド人の薄毛率の低さはスパイスか?

back 削除依頼&連絡先