モバP「ここが765プロの事務所か」back

モバP「ここが765プロの事務所か」


続き・詳細・画像をみる


書溜めなしの見切り発車です
凛「え?本当にここであってるの?何かボロくない?」
モバP「建物はそうでも所属アイドルは全員トップクラスだ。失礼ないようにしろよ?」
凛「分かってるよ。ほら早く入ろ……」
デカイ鶏っぽい生き物「クエェェェエエーーーーーー!!!!!」バリーン!
律子「事務所ぉぉぉーーーー!!!!!」
凛 モバP「「!!?」」
凛「ちょ、え!?な、なに今の!?」
モバP「俺が知りてぇよ!!」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458794631
2: 以下、
凛「いやいや、え?なに?私達この中に入らなきゃいけないの?絶対嫌なんだけど」
モバP「気持ちはわかるが入らない訳にもいかないぞ?できれば俺も入りたくないが」
凛「そうだけどさ……」
小鳥「あら?もしかして本日打ち合わせ予定のモバPさんと渋谷凛ちゃんですか?」
モバP「え?あ、はい!そうですが…失礼ですが…」
小鳥「あ!失礼しました、私、765プロで事務員をしております音無小鳥です。こんな所で立ち話も何ですから中へどうぞ」
モバP「は、はい失礼します…あの、音無さん」
小鳥「はい?」
3: 以下、
モバP「あの、さっき事務所から何か鶏っぽいデカイのが窓突き破って飛び去ったんですけど…あれ、何ですか?」
小鳥「あ、あぁ……えぇっと、まぁ割と日常茶飯事なんで気にしないで大丈夫ですよ。……たぶん」
モバP(日常茶飯事って……事務所の壁が吹き抜けになるのが?)
凛(だからボロいのかな?)
ガチャ
小鳥「戻りましたー。それとお客様が…
律子「響!!ちびき泣かさないでって何回もいってるでしょ!!」
響「それはこまみとこあみに言ってくれさー!!自分結構頑張ってるぞ!」
律子「何回も言ってるわよ…もうまた今月の修繕費が……」
小鳥「あの、律子さーん、346プロの方がいらっしゃってますよー…」
4: 以下、
律子「え?あぁ!すみません!!みっともないところを!」
モバP「いえ、お気にせずに…と言いたい所ですが…打ち合わせ……できないですよね?こんな状態じゃ」
律子「あ、あはは……すみません…あ、あの下のお店で待ってて頂いてよろしいですか?」
モバP「それは構いませんが……貴方が今回の企画の担当の方ですか?」
律子「いえ、私じゃないんですが、担当のプロデューサーは……あの、大きい鶏、見ましたか?」
モバP「……先程」
律子「その鶏に連れ去られてしまいまして」
モバP「はい!? え!?大丈夫なんですか!?」
5: 以下、
律子「体の方は多分平気なんですが、戻ってくるのに1日は掛かると思うので、申し訳有りませんが、私が代わりにお話しさせて頂きます」
凛(それは「平気」って言っていいの?)
モバP「はぁ……わかりました、では下の店で待ってますので、落ち着いたらいらして下さい」
律子「申し訳ありません……お代はこちらで出しますので飲みたいものか食べたいものがあれば注文なさって下さい」
モバP「お気遣いありがとうございます。では。 凛、行くぞ」
凛「うん。失礼しました。」
ガチャ
ヒビキ-カタヅケテツダッテ-!
モ-シカタナイナ-
ホラ!コアミ!コマミ!チビキ!アナタタチモ!!
トカ-!チ-!ダゾ!
6: 以下、
たるき亭
モバP「……」
凛「……ねえ?」
モバP「うん?」
凛「すごい流してたけどさ」
モバP「うん」
凛「さっきの鶏って確実に現実に存在してる生物じゃないよね?あと何か事務所にいたちっこいのも」
モバP「うん……」
凛「……気にしないほうがいいのかな?」
モバP「俺はそうしてる」
凛「そっか……」
モバP「うん」
7: 以下、
ガラガラ
律子「すみません!お待たせしてしまって!」
モバP「いえ、お気になさらずに。 それと自己紹介が遅れてしまいました、346プロでプロデューサーをしておりますモバPです。で、こちらが私が担当しております渋谷凛です」
凛「渋谷凛です。宜しくお願いします」
律子「これはご丁寧に…私は765プロのプロデューサーの秋月律子です。本日は代理ですが宜しくお願いします」
モバP「では、打ち合わせを始めたいのですが……ここで大丈夫ですか?」
律子「はい、普段はこの時間は空いてなくて、今は特別に使わせてもらってるので他のお客さんが入ってくることはないので」
モバP「そうなんですか、ご主人、わざわざありがとうございます」
主人「765プロさんはお得意様だからねー、気にしないでいいよ」
律子「すいませんいつも……では本題に入りますね?」
モバP「はい、お願いします」
9: 以下、
ア-デモナイコ-デモナイ
カクシカジカマルマルウマウマ
凛(プロデューサー、ついさっきあんな衝撃的な事あったのによくあんな真面目に話せるね。気にしないってのも限度があるよ)
ドガガ
凛(大体意味わかんないでしょ。突然窓突き破ってきた怪物が逃げ出したんだよ?なんでそれが日常茶飯事なのさ?)
ドガガガ
凛(?何か工事みたいな音が聞こえるけど、近くで工事なんて、やってたっけ?)
ドガガガガ
凛(てか近づいてきてない?え?)
ドガガガッドゴンッッ
ゆきぽ「ぽえー」
凛(もうやだ)
10: 以下、
律子「ゆきぽ!?どうしたのよ一体?」
ゆきぽ「ぽえっぽえぽえぽえっ!」
律子「響ー何があったのよー?」
響「あー、自分が目離した隙にこあみまみが寝てるゆきぽにイタズラして驚かしたんだぞー」
凛(なんでこの人たち平然と穴が空いた天井通して会話してんの?)
モバP「………」
凛(プロデューサー?)
モバP「これは夢だなうん。何だ冷静になればこの子達可愛いじゃないか」
凛(現実逃避か……)
11: 以下、
律子「もーちゃんと面倒見てなさいよー」
響「それは本来貴音の役目だぞー」
律子「じゃあその貴音はどこにいるのよ?」
響「さぁ?たかにゃ知ってる?」
たかにゃ「しじょっ」らぁめん
響「ラーメン店巡りしてるって」
凛(本当に日常茶飯事なんだなーこの落ち着きよう。天井壊されたのに店の人も動じてないし)
ぴよぴよ「ぴよっ!」
律子「あらぴよぴよ?どうしたの?」
凛(飛んでる…)
モバP「あはは、皆可愛らしいなぁー」
凛(こっちもある意味飛んでる)
12: 以下、
凛(あーもう……)
凛「誰もいないところに行きたい……」
みうらさん「あらー?」
凛「え?いつの間に…」
みうらさん「あらあらー」スタンバーイ
律子「!待って!みうらさ
パン
シュンッ
響「あ、律子とあっちのプロデューサーも巻き込まれた……まぁ、なんくるないさー、たぶん」
13: 以下、
いつもの無人島
シュンッ
ドサドサドサッ
凛「っぅ…な、何?」
律子「あぁ、ごめんなさい、この子、みうらさんには音がなると瞬間移動する特徴があって……」
モバP「あはは、特徴なら仕方ないなー、個性は大事だし」
凛「そういう問題じゃないでしょ!!どうすんの!このどこ!?」
律子「多分ここは私達がよく使ってる無人島ね。帰る方法はまたみうらさんに頼めば良いから大丈夫よ」
凛「じゃあ早くお願いします」
律子「えぇ、ってみうらさん?どこー?」
春香「あれー?みうらさん?どうしたの?」アマミハルカですっ
みうらさん「あらあらー」
春香「へぇー、何言ってるか分からないけど次は南国行きたいからみうらさんお願ーい」アマミハルカですっ
みうらさん「あらあらー」スタンバーイ
律子「!!?待って!春香!」
春香「はーい、行くよー」パン
シュンッ
律子「」
凛「」
モバP「無人島とかテンション上がるわ」
14: 以下、
その後、無人島に取り残された私たちは「かっかー」と鳴くはるかさんと呼ばれる生物に増殖しながら追いかけ回された挙句、キレた秋月さんに元に戻された後、一匹だけを巨大化してそれを船代わりに帰国することが出来た
秋月さんによると水瀬さんはこの程度の事はいつも体験してるらしい
トップアイドルなのに凄い
現実逃避してたプロデューサーも346プロへの帰りの途中でやっと目を覚ました
凛「プロデューサー」
モバP「何だ?」
凛「アイドルってあれくらいの事には動じない神経ないとトップになれないのかな?」
モバP「それはない……と、いいたいなぁ」
凛「はぁ…… あ、あれ楓さんじゃない?」
モバP「ん?本当だ。楓さーん!」
楓「?あ、プロデューサーと凛ちゃん、お疲れ様です」
モバP「はい、お疲れ様です。あの今日はオフですよね?どうして事務所へ?」
楓「ふふっ…お散歩してたら可愛い子拾っちゃったんで事務所の皆に見せに来たんです。 どことなく凛ちゃんにも似てますし」
凛 モバP「え?」
楓「この子ですっ」
???「ふーん?」
16: 以下、
終わり html依頼出してきます
本当はぷち全員とマジPも出したかったけど即興だとむずいね
とにかくぷちデレラアニメ化はよ
18: 以下、

続き・詳細・画像をみる


恐怖!スーパーで自ら持ち込んだゴキブリ十数匹をビニール袋から解き放つ女/神戸

SIMPLEシリーズ「THE・スパロボ」にありがちなこと

何が目的で自爆テロをするん?

海外の友人「何でジャップって笑うとき猿みたいに手叩くの?」

女の多い職場に勤めてる俺が女について教えてやるよ

いざという時に武器にするならどの野菜?

back 削除依頼&連絡先