【社会】招き猫で再びアメリカ進出へ 瀬戸物「欧米人にうける」back

【社会】招き猫で再びアメリカ進出へ 瀬戸物「欧米人にうける」


続き・詳細・画像をみる

1:
創業から半世紀の焼き物メーカー、中外陶園。招き猫を始めとする縁起物、ひな人形や干支(えと)の置物など、季節物を中心に瀬戸焼を生産、販売している。
常務の鈴木康浩さん(31)は「TPP(環太平洋経済連携協定)をきっかけにして、一度は撤退した米国向け輸出に再挑戦したい」と意気込む。
東海地方の焼き物は、良質な土と精緻(せいち)な技術で知られる。かつては輸出も盛んだった。
とくに瀬戸焼は「セト・ノベルティー」と呼ばれ、海外でも人気を集めた。
 中外陶園では、かつては売り上げのほぼ100%が海外販売だった。歯ブラシスタンドや食卓小物入れ、西洋人形などを手がけた。
人形が着るドレスの生地まで細かく表現する技術が、欧米で受けたという。「中外」という社名は「国内から海外へ」を意味する。
 だが、1985年のプラザ合意で円高ドル安が急激に進んだ。国内の陶磁器は価格競争力を失い、韓国勢や台湾勢の後塵(こうじん)を拝す。
 焼き物で1300年の歴史を持つとされる瀬戸も、例外ではなかった。輸出に頼る陶磁器メーカーは次々と窯を壊し、マンションに変わった。
事業を続ける会社も、国内向けに集中したり、海外生産に切り替えたり。さらに近年は、後継者不足が追い打ちをかけている。
 そんな中で明るいニュースとなったのが、TPPの大筋合意だ。TPPが発効すれば、陶磁器では米国向けで最大28%かかっている関税が撤廃される。
米議会の承認が見通せない状況ではあるものの、「海外でどんなものが売れるのか、社内で議論している」。
 候補に挙がっているのは招き猫だ。同社は縁起物に絞ることで逆境に耐え、「ニッチなところでやってきたからこそ生き残れた」という自負がある。
これまで250種類もの招き猫を売り出しており、そこで培った技術をTPP時代に生かそうというわけだ。
ただ、文化が異なる海外で招き猫の需要があるのか――。鈴木さんは「手応えはある」と話す。
 今年1月、東京・新宿の伊勢丹で招き猫の展示販売をしたが、米国やフランスなどの外国人客が多く買っていった。
インバウンド(訪日外国人旅行客)効果でアジアの購入客も増え、客の3分の1は中国や台湾から来た人だ。
中国では、現地産の招き猫風の置物も目立つようになった。ニッチ路線を続け、一定の需要を確実に取り込めば勝機はあると見込む。
 マーケティングを続けるうちに、かわいらしい置物が売れる日本と違い、欧米では職人が一つ一つ手描きで絵付けをするような、クラシックなものが受けると気づいた。
一朝一夕でまねされる技術ではない。海外への再挑戦は、まだ明確な計画を立てていないが、「将来的には売り上げの半分を海外で売りたい」という。
中外陶園が運営する「招き猫ミュージアム」、中外陶園は250種の招き猫を作っている
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-00010000-sippo-life
(sippo 6月19日(日)10時10分配信)
2:
フサフサの長毛種の招き猫つくってほしいわ
11:
>>2 戦後は、そういう陶器も多かったよ 輸出用
4:
ヤンキーに輸出するなら件のナメ猫のほうが
15:
招き猫発祥の伝説は諸説ある
13:
招き猫の上げてる手は右と左では意味がことなる
12:
欧米用の招き猫は手の向きを逆にしている。日本風だと「あっちいけ、バイバイ」だから
55:
両手上げバージョンもあるよ
18:
欧米に置いて似合うものが一つもないだろww 招き猫がアメリカの家に置いて
あったら、違和感しかないぞ!
2

続き・詳細・画像をみる


俺「いつもありがとね、愛してるよ」

【●人●】ラブライバーが新田恵海似の女優の写真を印刷しライブ会場で掲げる!

職場外では女の子として生きる40代男性 朝礼で"私は性同一性障害です"と言わされ鬱、裁判へ

この漫画を理解できない奴はアスペらしいぞ

モバP「うちの事務所でサラリーキャップが生まれたら?」

【悲報】今日レジですごいクレーム受けたんだが・・・・・・・・・・

back 削除依頼&連絡先