本当の「残業」について教えてやるから労働者ちょっと来いback

本当の「残業」について教えてやるから労働者ちょっと来い


続き・詳細・画像をみる

1:
とにかく日本人は労働基準法、とりわけ残業についてまるで無知なので一回知っておいた方がいい
特にGW終わろうという新社会人にはぜひ知ってもらいたい
ただし俺も別に法律家とかじゃなくただのサラリーマンなので間違った知識があったら教えてくれ
書き溜めは無いが内容はだいたい決めてるし多分そんなに長くない
質問があれば答えれるものはググりながら答える
最近やっと信じ続けてきた事が妄想だとわかった
http://world-fusigi.net/archives/8444518.html
6:
副社長ぼく、待機
8:
まず労働基準法の労働時間(32条)についてコピペする
これ特に重要だから覚えといてくれ
使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。
使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。
18:
「させてはならない」って書いてるのが重要だからな
社畜と洗脳されかかってる新入社員はこれを胸に刻んどけ
つまり、労働者が「すっげー仕事やりたいっす!もう24時間やらせてください!!」
と言ったとしても、使用者(社長とかそのへんの、要するに雇用してる側)は「させてはいけない」のでNOと答えなくてはいけない
22:
>>18
なんかもう既に間違ってる
原則のとこだけ取り出して強調するのは恣意的
21:
ただし割増料金払って組合がOKすればいいよじゃなかったっけ?
23:
現実の話をすれば
労働者「もう帰りたい……」
上司「仕事終わってないのに帰れるわけねーだろボケ、残業して終わらせろ」
こっちの方が多いけどな
こういう教育を受けると、いつの間にか思考回路が
「仕事があるから残業するのは当然のことだ」と洗脳されていく
洗脳されるなよ、「させてはならない」が原点だからな
29:
今やブラックバイトとかあるからな
30:
で、原則にあげた8時間が「法定労働時間」
これを超えてはいけないので、これ以下に会社が設定してるのは構わない
でも8時間ピッタリに設定してるところもあって、この場合は帰り支度が一分遅れたら厳密にはアウトになる
が、そんなことやってられないので、「残業」を認める規則がある
通称36協定、労働基準法第36条(時間外及び休日の労働)な
31:
36条ぺろぺろ
32:
36(さぶろく)協定
33:
残業の役目は「本当は一日8時間以上働かせてはいけない」けれど「特別な場合は超えてもいいよ(ただし届出してね)」だ
最初にぶちまけるけど「残業時間これだけあるから、その分見込んだ業務量建てよう」はクズだからな
34:
36協定を労働組合だったり代表者だったりが使用者と締結すると残業が可能になる
ただし無限延長ではなく限界時間があって、色々区切りがあるけど一ヶ月45時間でやってるところが多いかな?
これを締結すると一ヶ月に付き45時間まで残業が可能となる
もう一度言うが
「本当は一日8時間以上働かせてはいけない」けれど「特別な場合は超えてもいいよ」だ
「45時間許可したから限界まで働いてね」じゃないからな
37:
労働組合とかない大多数の中小企業は
どうなる
38:
忙しけりゃ100時間とか残業あるわ
残業しないと自分が困るシステムにしてる会社がきたねーわ
39:
ついでにもう一個言えば、やべえ45時間でも足りねえ!ってなったときにさらに限界突破する申請がある
これを出すと一ヶ月45時間を超えていいんだが、代わりにこれは一年の半分、つまり6回しか使えない
一年の半分以上も限界突破するような状況があるんだったら、もう特別な場合じゃなくて恒常的だから業務改善しろっていうことだ
一年中45時間恒常的に超えてる状況もどうかと思うがな
確か最近80時間以上が何かの水準になったと思う
40:
言いたいことは重々分かるが解決策ってあるのかね?
残業させないとしてその分の仕事はどうする?人増やす?人件費増えて給与減るよね?
仕事そのものを減らす?売上減って結局給与減るよね?
42:
>>40
どうもこうもそれに見合った社会システムになるんだよ
45:
>>42
それを具体的に提示できなきゃ変わるわけないと思うんだが
48:
>>45
それは一般社員が考えることじゃなくて上層部が考えることじゃないの?
52:
>>48
上層部がうんこだったらどうする?
まあうんこだし仕方ないとするか
うんこ許さんと奮起するか
別の会社へ移るか
63:
>>52
いやどうあるべきかって話じゃないのか?
一般社員が勝手に人員ふやしたり給料減らしたりできないでしょ
64:
>>63
その必要があるのなら
上に掛け合えるだろう
それで良くなりそうなら採用されるし
その逆は逆
69:
>>64
そんなにサクッと動いてくれるわけないじゃん
41:
結局今の給与水準欲しいなら残業せざるを得ない気がするんだが
46:
>>41
より短時間、より人員少なく稼げる手法構築するか
出費を減らすか
44:
あと労働時間の算定なんだが、会社によって30分とか15分単位切り捨てとかあると思うけど
俺も調べて驚いたんだがあれ違法なんだってな
一定期間、まあ普通のサラリーマンなら一ヶ月だと思うが
一ヶ月で分単位できっちり集計して、合計の一時間未満の端数は「切り上げ」だそうだ
余談だがうちの会社も切り捨てだからその一分前まで粘るとか言う社畜脳が山ほどいる
こいつら全員法律違反の片棒担いでるという自覚がない
59:
>>44
分単位で集計したなら切り上げせずにそのまま計算すればいいような気がするが
あと一分前まで粘ったところで本人が切り捨ててるのでなければ片棒担いだわけじゃなくてやっぱり被害者になるんじゃないのか?
102:
>>59
本人が15分切り捨ての意識を持って
時には15分切り捨てだから10分まではいけるとさえ考えて行動しているから加害者だ
10分だって20日積み重なれば三時間越えのサビ残だって意識がないとも言えるが
51:
法律の話はここまで
こっからは俺のただの考察
なんで日本でサービス残業が横行してるかと言えば、やっぱ労働意識の問題だと思う
「与えられた仕事を時間内に終わらせられないのは自分のせいなので、仕事の完了のため追加でかかった時間について金を請求するのは恥知らずだ」
という考えなんだろうと思ってる
あるいは最初はそうじゃなくても、周りがみんなそうだから徐々に洗脳されてる
恥の文化がこんなところで足を引っ張ってるんだな
53:
>>51
恥もあるとは思うが、個人的には単純にやらんと誰もやってくれないからやらざるを得ないだけだと思う
98:
>>53
自分がやらないと誰もやってくれない、自分がやるしかない、が行きついたのがすき家のワンオペとかだと思う
自分がやるしかない、出来なかったら自分のせい
無理ですは甘えであり、頑張れば出来る
頑張ってやったやつがいるんだから、お前が出来なかったら頑張りが足りないだけ
自虐と精神論で固められてるから、成否の結果を頑張りの量だけで捉えようとするんだな
たしかにバイトに「これ明らかに業務量過多です」の判断は無理だろうけど、何年も働いてる社会人たちが揃って頑張ればできるって唱えてるの見ると恐怖を覚える
99:
>>98
結果論者が大多数を占めるからな
過程こそ宝ではないのかと思う
55:
労基はまったく働かない模様
61:
>>55
警察が違法外国人労働者を検挙したときに「労基仕事しろ!」と言う話がむかしあった
58:
なんで残業が常態化するかといえばこれは企業としては当たり前で、
産業革命時のイギリスなんかは労働基準法などないから長時間労働低賃金だったわけだ
なぜなら長く働かせるほど売り物が多くできて、従業員に払う金が少ないほど企業は儲かるからな
これを改善するために労働基準法があり、労働者はこれに守られなければならない
その労働者があまりにも労働基準法に無知無関心ではそりゃ自分の身を守ることも出来ないだろう
労働基準法第1条
労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。
日本国憲法第25条
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
ブラック企業と呼ばれるところで体と心すり減らしてるのに、社畜に洗脳されて「自分が悪い」と思い込んでいるやつらは、
一回この原則に立ち直ってほしい
そう思ってこのスレをたてたんだ
67:
まあ残業とかについて伝えたいことはざっくり伝えられた、と思う
伝えられてたらいいな
生活残業とかはまた別の話だと思うけど
「残業代当てにしてないで生活レベル落とせ」とも思うし
「会社も残業代込みで給与水準考えんな」とも思う
68:
上は下の不平不満を最大限加味するべきだし、
下は上に最大限不平不満を伝えるべき
会話のない夫婦状態ほど
良くならないものはない
71:
とりあえずサビ残させたら経営者を即逮捕してほしい
73:
こういう話をすると「残業嫌なら転職しろ」とか「自分で起業しろ」とかいろいろ言われるんだが、
原理原則がどうあって、そして現状がどうだから残業があるのかというところがポイント
また、労働者一人二人がどうこうしたところで焼け石に水滴にもならないというのも現実だ
さっきもいったけど「働かせるほど儲けられる」のだから、企業としては長時間労働させたい
なおかつ、ちょっと話は逸れるけど「長時間労働していないと仕事がもらえない」という下請けの問題もあると思う
仕事出す側が22時まで仕事してたとして、18時から先は連絡取れない部品会社と22時まで連絡取れる部品会社
どっちを使うかと考えれば、やっぱり後者だろうからな
逆に言えば仕事を振る側である大企業さんが16時に空っぽになってしまえば、下請けも残ってる意味がないから帰れるんじゃないかな
77:
>>73
現実は大企業は下請けに丸投げで定時あがり、下請けは納期に追われて帰れないんですよ
76:
家でいっぱい寝たいから残業やめろ、では
はいそうします、とはならんことは
さすがに分かる
80:
(強制)させてはならない
と解釈することもできるが
85:
>>80
念のため、だが補足すると強制の禁止の条項もある
労働基準法第5条(強制労働の禁止)
使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によつて、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。
82:
まあ一番伝えたかったことは
明らかに8時間×5日で終わる量じゃない仕事積んできて
「残業嫌なら早く仕事終わらせなよ」じゃねーよ明らかにこれ11時間×5日ぐらいあんだろうが
55時間を8で割ったら約7って結局一週間働いてんのとかわんねーだろヴォケ
っていう私怨です
89:
サビ残は論外だが、協定内でやる分には合法なんだから上に何とかさせたいなら法改正して、そもそも残業違法にして労基にバンバン仕事させてガンガン摘発して潰していくしかない
無理だな
90:
昔はサビ残してもボーナスで還元したりしてた
今は残業代出す変わりにボーナス減った
92:
>>90
どこも、儲けづらくなってるんだろう。
ではどうするかだよな
96:
掃除やって金もらえんなら俺なら喜んでするけどな。
97:
>>96
それこそが仕事だと思うわ俺。
100:
過程じゃ金は稼げないからしゃーない
104:
>>100
金稼ぐのはシステムやろ
システムとは過程だ
で、もし結果が振るわないのであれば
それはもれなく過程のどこかにウンチがある
101:
このテの話題の時に
「そんなこと知ってる、だから何?」
「現実は変わらないんだからやる意味がない」
っていう最初から諦め君の声が大きいんだよな
カイジで強制労働所にいた石田息子みたいな
全て諦めて受け入れて真面目に働く俺は賢いっていう人が
多数を占めると自然と職場も負のスパイラルに陥ってくると思う
106:
>>101
みんなが不満を抱えているがゆえに「みんな辛いけど頑張ってるんだからあなたも頑張りなさい」とかいう謎理論
本当に皆が不満なのならばデモストは労働者の権利なのだから改善のために動かないといけない
まあもっと酷いのは「頑張ってる俺すげー会社に貢献してる」と思ってるやつだけどな
108:
>>106
業務を淡々とこなす頑張りは怖いな
「あ、じゃあもっと長時間やらせらば製品おおくできる!」てなる
109:
現代は国内需要がほとんど満たされていて、一昔前のように
長時間労働で大量生産をすればどんどん売れる時代じゃなくなった
でも現在の経営者層はその時代、その手法で成功した者が圧倒的
多数だから、現代の成功者のような、アイディア・仕組みの方向へ
シフトすることができず、特に大企業中心に昭和時代の経営が
前へ倣え状態で、それが下請けの中小零細も影響を受けてるように感じる
110:
>>109
ほんまそれ
もはやポテチの内容量減らすぐらいが関の山
114:
>>110
消費者がデフレがいいことのように受け入れているから
商品メーカーは値上げになかなか踏み切れないのよね
だから値段を維持するための容量減らしなんかは常套手段になってる
115:
>>114
怖くなる
大企業、破綻しないか不安になる
ほんとにもう見いだせてないんだなぁと思う
112:
月80時間を超えるただ働きの事だろ
休日出勤についても月8日くらいあるただ働きの日だろ
お前に言われなくても普段からやってるから知ってるやい
113:
詳しく書いてくれてありがたい
117:
特に労働したことのない専業主婦なんかは
罪の意識がない罪人の気がする
自分が安いものを求めれば求めるほど
巡り巡って稼いでくる旦那の給料が減るという原則に気が付いていない
気が付いているのかもしれないが、自分だけは、自分のところは貧乏だからと理由を付ける
でもそれは、電車で自分が目先の時間を得するために駆け込み乗車をしたら
失敗してダイヤが乱れて全体に影響することと原理的には同じだと思う
11

続き・詳細・画像をみる


メルケル首相「難民を受け入れたら内需が喚起された」

このセクシー女優5人以上わかる奴はオッサンらしいぞ(※画像あり)

金曜ロードショーでやって欲しい4週連続○○祭りといえば

父はもう二回癌をやってる。義実家で私がお土産を差し出したとき、舅が「癌がうつるw」と言った

【画像】元AKB48川栄李奈の制服姿が「うそだろーがーってくらいにかわぇぇー」

【画像】種付け最適年齢、やっぱり10代だった

back 削除依頼&連絡先