花陽「ことりちゃん!やるよ!」ことり「かよちゃん!了解だよ!」back

花陽「ことりちゃん!やるよ!」ことり「かよちゃん!了解だよ!」


続き・詳細・画像をみる


<練習後>
穂乃果「二人とも何かあるの?」
ことり「ぴぃっ!?」
花陽「ほ、穂乃果ちゃん!?」
穂乃果「ね?、何かあるの? あるんだったら、穂乃果も一緒に行ってもいい?」ウキウキ
花陽「い、いやぁー...それは......」
ことり「穂乃果ちゃんごめんね? かよちゃんの相談にのってあげる約束なんだ」ニコッ
花陽(ことりちゃん、ナイス?)
穂乃果「え?そうなの? でも二人より三人がいいって言うじゃん♪ えっと...文殊の知恵だっけ?」
ことり「うん、そうなんだけど...プライベートなことだから」
花陽「ごめんね、あんまり知られてほしくないことだから...」
穂乃果「ふーん、そっか。なら仕方ないね。それじゃ、お先に? また明日?」ブンブン
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427289730
2: 以下、
ことぱな「「ふぅーーー...」」
花陽「あ、危なかった?...」
ことり「うん、そうだね...」
花陽「まさか穂乃果ちゃんのことがメインなのに、本人に来られても...」
ことり「話せるわけないよね...」
海未「またいつものですか?」フフ
絵里「あなたたち飽きずによく続くわね?」
ことり「二人に言われたくないよ!?」
花陽「そうだよ! 二人とも穂乃果ちゃんのこと好きなのはわかってるんだよ!」
海未「それは...どうかと聞かれればそれは好きですけど...」
ことり「ううん、友達としてじゃなくて、一人の女の子として」
海未「はぅ...!?」
絵里「ズバリ言ってくれるわね... まあ否定はしないけど」キリッ
花陽「だからこそ、二人には負けてられないんです!」
ことり「穂乃果ちゃんと付き合うのは...」
ことぱな「「私なんです!!」」
3: 以下、
海未「...絵里」
絵里「...何よ、海未?」
海未「宣戦布告されましたね...」ゴゴゴッ
絵里「ええ、そうね」ユラァ
海未「フフ、フフフフフッ」
絵里「アハ、アハハハハッ」
希「...あの二人も大概やね」
にこ「まあ私たちに害があるわけじゃないし、放っておけばいいじゃない?」
真姫「そうね。にこちゃんは、このあとどうするの?」
にこ「にこは?、にこを待ってるみんなのために?、笑顔を届けに?...」
凛「なんか寒くないかにゃ?」
希「凛ちゃん、それは言わないのが優しさやって」
にこ「ってどういうことよ!?」
うみえり「「負けてたまるもんですか!!」」
4: 以下、
花陽「それではこれより、第9回HIA会議を始めます!」
 >>0?(穂乃果ちゃん)I(イチャイチャ)A(アプローチ)
ことり「毎回思うけど、そのネーミングはどうかな...?」
花陽「キニシナイデクダサイ」
ことり「じゃあ今日のお題だけど」
花陽「はい、前回は二人交互に穂乃果ちゃんとデート(買い物)をしたわけですが」
ことり「お互い進展はなかったよね...」
花陽「はい...」
ことり「さすがに普段からスキンシップ多いだけはあるね... 全然普通だったし...」
花陽「ですが、めげてる暇はありません!海未ちゃんや絵里ちゃんにも同じ事が言えるし...」
ことり「そうだね、ほんとに負けてられない!」
5: 以下、
ことり「では改めて...今回はどうするの?かよちゃん?」
花陽「今回は、来週の3連休での合宿を利用します!」
ことり「合宿?」
花陽「正確には、穂乃果ちゃんとお泊まりをすることです!」
ことり「普通にお泊まりじゃダメなの?」
花陽「誰かの家にお泊りするんじゃあ、親の目があります!」
ことり「確かにそうだね?」
花陽「ですが、合宿でユニットごとで部屋を使うとしたら?」
ことり「!?」
ことり「...間違いなく穂乃果ちゃんと一緒になれる!」
花陽「そうです!」
花陽「そしてユニットで別れることで、海未ちゃんと絵里ちゃんを隔離できます」
ことり「隔離って、なんか物騒な物言いだね...」
ことり「けど、何の違和感もなく一緒になれるなら、これでいいね!」
ことり「だけど、一緒の部屋になったあとどうするの?」
花陽「それはですね....」ゴニョゴニョ
6: 以下、



穂乃果「いやー、いい天気だね?」
海未「そうですね、山は清々しいです。穂乃果やみんなとこれてよかったです」
絵里「そうね、私も“穂乃果”と来れてよかったわ」ニコッ
海未「......」ジロッ
絵里「......」ギロッ
希「お、おー...二人の間に火花が見える...」
にこ「本当に懲りないわね?」
凛「にこちゃんは別にいいんじゃないかにゃ?」
真姫「そ、そうよ///だって、この真姫ちゃんがいるんだから///」
にこ「ちょ、ちょっと急に何言うの!?」カアアア
ことぱな((よし...!))
ことり「じゃあ、今回はユニットごとの練習や作曲をメインにした合宿だから」
花陽「部屋もユニットごとがいいと思うんだけど、どうかな?」
希「ウチはそれでええよ?」
凛「凛もにゃ?」
真姫「にこちゃんと一緒なら別に...///」
にこ「マッキーが素直にこ...」
うみえり((ナンデスッテ...!?))
海未(穂乃果と一緒になるチャンスが...!)
絵里(失くなったというの...!)
絵里「ねぇ、部屋割りくらいはクジで決めてもよかったんじゃないかしら?」
海未「そうですね、ユニットばかりにかたまりっぱなしもどうかと思いますし、穂乃果はどうですか?」
7: 以下、
穂乃果「穂乃果? 穂乃果はユニットごとで分かれるのでいいと思うよ!」
うみえり((頼みの綱がー!!))
ことり「それじゃあ、決まりだね♪」ニコッ
真姫「決まったなら、早く準備しましょ」
希「せやね?、ユニットでみっちりなんてそんなにやってないしね?」
凛「海未ちゃんと絵里ちゃんはどうしたの?」
にこ「あの二人はまあ放っておきなさい」
海未「ぅー...穂乃果ぁ......」シュン
絵里「穂乃果と一緒に寝れるチャンスが......」ガクッ
穂乃果「......?」
8: 以下、



穂乃果「お腹すいた?...」
ことり「いつも以上にみっちりやったもんね」
にこ「もうちょっと待ってなさいって、いま花陽と希とで作ってるから」
海未「いつもすみません」
にこ「なぁに言ってんの いつもやってるから慣れっこよ」
希「そやで? こっちも美味しいって言ってもらえるのが嬉しくて作ってるのもあるし」
花陽「何より喜んでもらいたい人がいるからね!」
ことり「...かよちゃん?」
花陽「ぴぃっ、ぬ、抜けがけじゃないよ!?」
ことり「ごめんね、わかってはいるんだけどね」
花陽「そのかわり、デザートは期待してます!」
穂乃果「にこちゃんたちのご飯も楽しみだけど、ことりちゃんのデザートも楽しみ?♪」
海未「食べ過ぎはいけませんからね?」
穂乃果「う、わかってるよー...」
9: 以下、
「「ごちそうさまでした(いただきました)」」
穂乃果「はぁ?、幸せ?...」
絵里「すぐに横になると牛になるわよ?」
穂乃果「もぅ、海未ちゃんみたいなこと言わないで?」ヒーン
海未「私のセリフが...」
凛「そこなんだ...」
真姫「さ、寝ちゃう前にお風呂入っちゃいましょ」
にこ「まーきちゃん、一緒に入ろ?」
真姫「な、何でよ...?///」
にこ「いーじゃん、こういう時にしか一緒に入ってくれないのに?」
真姫「ぅ...わかったわよ、一緒に入りましょ」
真姫(ヤッターーーーーー///)
希「凛ちゃんはウチと一緒に入ろ?」
凛「凛はみんなと入( 希「一緒に入ろうな??」
凛「りょ、了解しましたっ、隊長!」ピシッ
10: 以下、
海未(みんなバラバラなら、穂乃果と一緒に入る絶好の機会!)
絵里(この機会に穂乃果と洗いっこなんてできたら、穂乃果のあんなところやこんなところを...グフフ)
穂乃果「ことりちゃん、花陽ちゃん、一緒に入ろー」
ことり「いいよ?」ニコッ
花陽「入りましょう!」パァ
海未「な......!」
絵里「く.......、ねぇ穂乃果? 私も一緒にいいかしら?」
海未「しまった!?」
穂乃果「う?ん...今日はせっかくだし、ユニットメンバーで入りたいかなぁ?」
絵里「そ、そう? なら、明日は一緒に入りましょ?」
穂乃果「うん、いいよ?」
海未「穂乃果、私もいいですか?」
穂乃果「うん! 一緒に洗いっこしちゃお!」
花陽(こ、この二人......)
ことり(抜け目ない......)
11: 以下、



ことり「はぁ?...広いお風呂ってやっぱりいいね?」
花陽「ほんとだね?...」
穂乃果「さあ二人とも! 洗いっこの時間だよ!」
ことり「ふぇ?」
花陽(き、キマシター/!#$%"$!>?!#"#)
穂乃果「さあ二人とも早く早く?...にしても二人ともおっきいよね?」
ことり「え?」
花陽「何が?」
穂乃果「何がって...おっぱいの話だよ?」
花陽「はぅっ///」
ことり「も、もぅ...穂乃果ちゃん///」
穂乃果「洗いっこついでに希ちゃん直伝のわしわしMAXで,,,グヒヒ」
ことり「ほ、穂乃果ちゃん?」
花陽「お、お、お手柔らかに...」
ヒャーーーーーーー
キャーーーーーーー
※ご想像におまかせ
12: 以下、



穂乃果「いやぁ?、二人ともすごかった?」ツヤツヤ
ことり「ひゃう?...///」
花陽「はひ?...///」
穂乃果「二人とも形もよくって、柔らかいし、揉み心地もよかった///」
穂乃果「希ちゃんがやりたくなる気持ちがわかったよ!」
ことり「...そう? 穂乃果ちゃん...」ニコッ
花陽「では、次は私たちです...」ニコッ
穂乃果「.............」
穂乃果「...デスヨネ?」
イーヤァーーーーーー
※ご想像に(ry
13: 以下、



穂乃果「ぁ.../// ヒグ...///」
ことり「穂乃果ちゃんの体気持ちよかった?///」ツヤツヤ
花陽「うん、癖になりそうだね///」ツヤツヤ
ことり「穂乃果ちゃんいい匂いするし?///」
花陽「胸もおしりも触り心地よかったです///」
ことり「うん/// 胸なんか私たちのとは全然感触違ったもんね?///」
花陽「柔らかすぎて、どこまでも触っていたくなるね///」
穂乃果「ハァ...ハァ...ハァ......///」
ことり「...ちょっとやりすぎちゃったかな?」
花陽「かも...しれないね」アハハ
14: 以下、
穂乃果「ぅ...ぅ?ん...?」
ことり「あっ、気がついた? 穂乃果ちゃん?」
花陽「大丈夫?」
穂乃果「ぅ、うん... 私、どうしたんだっけ...?」
花陽「お風呂に入ってる時にのぼせちゃったんだよ?」
穂乃果「そうだったんだ... みんなに心配かけたかな...?」
ことり「大丈夫 みんなにはちゃんと話してあるから」ニコッ
ことり(穂乃果ちゃんの体を満喫してたなんて言えなかったけど///)
花陽(誤魔化すの大変だったけどね...主に海未ちゃんと絵里ちゃん...)
穂乃果「あ、着替えまでやってくれたんだ?、ありが...と......」
穂乃果「........」
ことり「........」ニコッ
穂乃果「...あ、あの?、この格好は...何?」
花陽「はぁ?、似合ってるよ、穂乃果ちゃん///」ウットリ
15: 以下、
穂乃果「って、よく見たら二人もおんなじ格好!?」
ことり「えへへ/// かわいいでしょ?」
花陽「部屋からでなければ大丈夫だよ?」
穂乃果「いやそうじゃなくって!? ネグリジェだけど、スケスケなんだけど!?」
ことり「この日のためにこっそり用意しておいたんだ?///」
穂乃果「いやいや何のため!?」
花陽「私も恥ずかしいな?、とは思ったけど、ベビードールのタイプは好きだし」
ことり「穂乃果ちゃんにも着てもらいたかったし、見てもらいたかったから///」
穂乃果「いやっ、それでもね!?」
花陽「穂乃果ちゃんは、嫌だった...?」ウル
穂乃果「い、いや...そういうわけじゃないけど...///」
ことり「それじゃあ今日のお楽しみを...」
花陽「始めましょうか...」
穂乃果「ぇ?...うぇー!?!?」
16: 以下、
ダキッ
穂乃果「え? えっ?」
ことり「ねぇ、穂乃果ちゃん...///」
花陽「私とことりちゃんは、穂乃果ちゃんのこと、大好きだよ...///」
穂乃果「え?っと...うん、私も二人のこと大好きだよ?」
ことり「ううん。ことりとかよちゃんの好きはそういう好きじゃないの、恋愛としての好きなの」
花陽「...最初は憧れだったの... アイドルになりたくても引っ込み思案で立ち止まってた私を
 引っ張ってくれたのがきっかけだったの...」
ことり「私もずっと小さい頃からいつも私だけじゃ行けないところに連れて行ってくれたり、
 見られないものを見せてくれる...」
花陽「私たちにはないまっすぐなところ」
ことり「私たちにはない素直なところ」
花陽「全部が羨ましくって、憧れで...」
ことり「好きにならずにはいられなかった、好きになるしかなかった、一緒に居たいって願っちゃいたいくらい」
ことぱな「「だから、私と付き合ってください!!///」」
17: 以下、
穂乃果「.../////」
ことり「/////」
花陽「/////」
穂乃果「...えっとね...、そこまで想ってくれてありがとね...///」
ことり「/////」
穂乃果「だけど、返事は待ってもらってもいいかな...?」
花陽「...../////」
穂乃果「やっぱり、焦って答えは出したくないんだ... 二人とも大切な人だからね?」ニコッ
ことり「うん///」
花陽「ありがと///」
穂乃果「だからってわけじゃないけど、今日はもう寝ちゃおっか?」
花陽「え? もう?」
ことり「まだ21時だよ?」
穂乃果「実はね、いつも私から抱きついてばっかりだけど、抱きつかれるのもいいな?っと思って///」
穂乃果「二人に抱きつかれてるの気持ちいいから、このまま寝ちゃうのも悪くないなって///」
ことり「ウフフ それもそうだね♪」
花陽「うん! 私もそれでいいよ?...穂乃果ちゃ?ん///」
穂乃果「かよちゃんくすぐったいよ?」
ことり「あ、私も?///」
穂乃果「くすぐったいからやーめーて?...」
18: 以下、



<翌日>
絵里「さあ穂乃果、一緒にお風呂入りましょ」
海未「穂乃果、すぐに準備してくださいね?」
穂乃果「うん、わかったよ?」



19: 以下、
絵里「...どうしてこうなるのかしら......」
海未「本当なぜでしょうね......」
凛「希ちゃん、もうわしわしはやめてほしーにゃー」バタバタ
希「凛ちゃ?ん、逃がさへんで??」グヒヒ
真姫「にこちゃんて、肌本当に綺麗ね...スベスベ......」サスリ
にこ「真姫ちゃんだってそうじゃない、それに髪だって綺麗だし...」サラサラ
真姫「にこちゃんだって...それに、にこちゃんの黒髪、私は好きだけど///」
にこ「あ、ありがと///」カアアア
凛「にゃーーー!!!!もうやめてにゃーーーーー!!!!!」
希「グヒヒヒッ、ここか?ここがええのんか??」ワシワシ
ことり「穂乃果ちゃ?ん///」
花陽「穂乃果ちゃーん///」
穂乃果「ふ、二人とも、動けないよ?///」
うみえり「「どうしてこうなっちゃうのー!?」」
20: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【悲報】Tehuさん、Twitterでアイドルに友達になるよう執拗に迫りアカウント削除に追い込む

宮根誠司アナ、地震の「勘違い解説」を指摘されて赤っ恥

大麻所持で逮捕された余命半年の末期ガン患者 「緊急避難であり生存権の行使だ」と無罪主張

意識低い麻雀の役wwwwwwwwwwwww

米マイクロソフト純利益25%減 1〜3月、PCと携帯不振

グーグル、OSめぐり独禁法違反の疑い 最大7700億円の罰金を課す可能性も

back 削除依頼&連絡先