吹雪「おっぱいか…」back

吹雪「おっぱいか…」


続き・詳細・画像をみる


島風「は?吹雪ちゃん何言ってるの」
吹雪「おっぱいだよ!おっぱい!」
島風「それはわかったから…その、おっ…おっ」
島風「////」カァァ
吹雪「おっぱいって言うのがそんな恥ずかしいことかなぁ」
島風「もぅ!連呼しないで!」
吹雪「恥ずかしがる島風ちゃん可愛いなぁ?」
島風「そ、それで…おっぱいがどうしたの!?」
吹雪「うん、触りたいなぁって」
島風「思ったよりも直球だったよ」
吹雪「あぁ?この手に溢れんばかりの大き柔らかなおっぱいが揉みたいよぉフヒヒw」
島風「(あっ、これダメな吹雪ちゃんだ)」
吹雪「ちょっと行ってくるね!」ダッ
島風「うん…行ってらっしゃい」
島風「…」
島風「吹雪ちゃんって病気なのかな」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458228090
2: 以下、
鈴谷「ねー聞いてよ熊野〜」
熊野「はいはい聞いてますわよ」
ガチャ
吹雪「鈴谷さーんいますかー?」
鈴谷「はーい、鈴谷はここでーす」
熊野「吹雪さん!?入る時はノックしてくださる!?」
吹雪「あ、熊野さんいたんですか」
熊野「貴女の目は節穴でして!?」
鈴谷「まぁまぁ熊野、よくあることだからさ」
熊野「…なら仕方ありませんわね」
鈴谷「で、どったの?」
吹雪「ちょっと一揉みしに行くので鈴谷さんも一緒にどうかなって」
鈴谷「おっいーね!鈴谷も行くよ!」
熊野「えっ、えぇっ!?」
吹雪「そうと決まれば早ゴーです!」
鈴谷「じゃ〜ね〜熊野〜」
熊野「…ま、待ってくださいまし〜!!」トテテ
4: 以下、
提督「…で、何でここに来たんだ」
吹雪「司令官によさそうな人を選んでもらおうと思いまして」
提督「あのなぁ…お前らのせいで文句言われるの俺なんだぞ。少しは自重してくれよ」
鈴谷「まーまーいいじゃん。怒られるのは提督だけなんだし」
提督「て言うか熊野、お前までいるのか…」
熊野「わたくしも少し…興味が」
提督「マジかよ」
吹雪「それで!誰がいいと思いますか!?」
提督「誰がって…別に誰でもいいだろ」
鈴谷「それじゃあここに来た意味無いじゃん」
提督「わざわざ来んなよ…」
熊野「例えば、提督が今無性に触りたいという方を教えていただければよいのです」
提督「うーむ…それならって言うわけないだろ!」
5: 以下、
鈴谷「ちぇー、提督ノリ悪すぎ〜」
熊野「貴方には失望しましたわ」
吹雪「司令官…信じていたのに」グス
提督「だー!もう!わかったよ!最近海外艦を手に入れたからその子が気になってる!!」
鈴谷「新しいものはすぐ自分のものにしたがるんだから」
提督「うるさい」
吹雪「海外艦かぁ…確かにスタイル抜群そうだから揉んでみたいかも」
熊野「何という名前ですの?」
提督「Graf Zeppelinだ」
鈴谷「ふむふむ…よーし!そのなんとかツェッペリンって子のところに行こう!」
吹雪「おー!」
バタン!
熊野「ああ!お待ちになって!」トテテ
熊野「失礼しました」ペコリ
提督「…何だったんだ一体」
6: 以下、
吹雪「ここがグラーフさんのお部屋」
鈴谷「ねぇ、海外艦の人ってなんて挨拶すればいいのかな」
熊野「普通に英語でいいと思いますわ」
鈴谷「え、でもイギリス艦じゃなかったら?ほら、オイゲンみたいなドイツもいるじゃん」
熊野「そ、その時はGuten Morgenと言えば…」
コンコンコン
吹雪「グラーフさーん」
『…』
鈴谷「あれ?いない感じ?」
吹雪「警戒してるのかもしれないですね」
熊野「航空巡洋艦の熊野ですわ。敵ではありません。ここを開けてくださりませんこと?」
『…』
鈴谷「ダメ、出てこない」
吹雪「留守なのかもしれませんね…」ガチャ
鈴谷「おっ開いてんじゃーん」
熊野「さてはわたくしたちの策略を読まれて…!?」
ジミー・ペイジ『?』
3人「!!!???」
7: 以下、
鈴谷「あ、あれ…?何でおじさんがいるの?」
吹雪「ここグラーフさんのお部屋ですよね?」
熊野「確かに間違い無いはずですわ」
ジミー・ペイジ『お嬢ちゃん達、どうかしたのかい?』
鈴谷「い、いえーす!いえーす!まいねみーずすずや!」アセアセ
吹雪「ワターシタチ、オパーイモミニキマシター!」アセアセ
熊野「ちょっ…何言ってますの!?吹雪さんにいたっては英語ですらないですわ!」
ジミー・ペイジ『よくわからないが入りたまへ』
鈴谷「だ、だめだ…これは殺されるフラグじゃん」
吹雪「あ、アイムソーリーヒゲソーリー!」
熊野「ひ、人違いでしたわ!おほほ!」
バタン!
8: 以下、
3人「はぁ…はぁ…」
吹雪「し、死ぬかと思いました」
鈴谷「艦娘って全員女の子だよね。海外艦に限りおじさんがなってるわけじゃないよね」
熊野「そ…そんなことわたくしにきかれましても」
???「何をやってるんだ、お前達」
吹雪「!?」
鈴谷「何かまた知らない人が来たよ!今度こそおしまいじゃん…」
熊野「お、落ち着くのですわ!こういう時こそジャパンのおもてなしの心です!」
???「…大丈夫か?」
9: 以下、
???「よくわからんが私の部屋に入るといい」ガチャ
吹雪「あ、どうも…!?」
鈴谷「どうしたの吹雪」
吹雪「…ここ、グラーフさんのお部屋みたいです」
鈴谷「えっ!じゃあこの人が本物のグラーフってこと!?」
グラーフ「如何にも、私がGraf Zeppelinだが」
熊野「何てことですの…わたくし達部屋を間違えていたのですね」
吹雪「お会いできて光栄です!グラーフさん!!」ギュ
グラーフ「あ、あぁ…こちらこそよろしく頼む」
吹雪「あ、私は駆逐艦の吹雪です」
鈴谷「鈴谷は鈴谷だよ」
熊野「熊野ですわ」
グラーフ「フブキにスズヤにクマノだな。多分覚えた」
14: 以下、
グラーフ「…それで、私のところに何をしに来た」
吹雪「あ、はい。あのですね…」
グラーフ「くだらない用なら帰ってくれ」
鈴谷「えらく警戒してるね」ヒソヒソ
熊野「無理もありませんわ。まだ着任して日が浅いのにいきなり訳の分からない人達に絡まれてるんですもの」ヒソヒソ
吹雪「グラーフさんのおっぱいを揉ませて欲しいんですが…」
グラーフ「…」
グラーフ「は?」
吹雪「あのですね、私達はグラーフさんのおっぱいが揉みたいんです」
鈴谷「わーおド直球」
熊野「流石ですわね」
15: 以下、
グラーフ「貴様、それでも軍人か!!」
吹雪「」ビクッ
グラーフ「ヤーパンの船はここまで堕ちているのか!私が粛清してやる!!」
鈴谷「どうどうどう」
熊野「落ち着いてくださいまし、わたくし達は貴女を襲うつもりはないのですわ」
グラーフ「黙れ!」ジャキッ
鈴谷「ひいっ!」
グラーフ「私達は戦いのために生まれてきた存在…それなのに自己快楽を求めるとはどういうことだ!大和魂はどこへいったのだ!!」
吹雪「ご、ごめんなさいグラーフさん…」
グラーフ「今更謝っても遅い!さぁこのMG42の消し炭となれ!!」
鈴谷「あわわわ…鈴谷達まさかの鎮守府で轟沈しちゃうパターン?」
熊野「…ん?」
熊野「(あれは!)」
吹雪「ごめんなさい鈴谷さん私が鈴谷さんを誘ったばっかりに」シクシク
鈴谷「いいよ吹雪。悪いのはこんなところに連れてきた提督だから」シクシク
熊野「お待ちになって!」
グラーフ「何だ!」
熊野「あのベッドの下にある書籍は何ですの?」
グラーフ「!!!???」
熊野「」ゴソゴソ
グラーフ「や、やめろー!!!!!」ドガガガガ
16: 以下、
グラーフ「…」
鈴谷「なーんだ、グラーフも鈴谷達のお仲間さんじゃん」
吹雪「ドイツ語のおっぱい雑誌…フヒヒw」ペラ
熊野「読めないですけど際どい写真が多いですわね」ペラ
鈴谷「どうしてあんなことしたの?」
グラーフ「…」
グラーフ「…は」
鈴谷「は?」
グラーフ「…恥ずかしい…ではないか////」
鈴谷「恥ずかしいって…女の子同士なんだし」
グラーフ「うるさいうるさい!恥ずかしいものは恥ずかしいんだ!」
吹雪「はい、もうおしまいにしましょう」パン
グラーフ「フブキ…」
吹雪「グラーフさん、日本ではおっぱいが好きなことは恥ずかしいことじゃないんですよ?」
グラーフ「なん…だと…」
吹雪「むしろ誇りに思うことなんです。おっぱいで海域を制圧した艦娘だっているんですから」
グラーフ「それは本当か!?」
熊野「えぇ…まぁ…」シラ
鈴谷「(よくあんな口から出まかせ言えるなぁ)」
グラーフ「そうか…そうだったのか」ホッ
鈴谷「(あっ、心なしか表情が緩くなった)」
吹雪「と、言うわけでグラーフさんのおっぱいいただきまーす!」ガバ
17: 以下、
グラーフ「い、いきなりはやめっ…ひゃんっ!」ピク
吹雪「おお…これが海外艦のおっぱい」モミモミ
鈴谷「どれどれ鈴谷も」モミモミ
鈴谷「やっべーこんなの初めてだよ」モミモミ
グラーフ「お、おい…もう少し優しく触ってくれ////」
吹雪「大きさは赤城さんと同じくらいかな」モミモミ
鈴谷「あーうん、何となくわかる」モミモミ
熊野「(はぁぁ…////)」
グラーフ「んうっ////」
吹雪「そろそろ生乳いきますか」
鈴谷「ん、そだね。でもその前に」
鈴谷「熊野ー、熊野も見てないで、こっち来て揉んでみなよ」
熊野「えっ」
吹雪「柔らかいですよー」
グラーフ「ハァ…ハァ…////」
熊野「で、では…失礼して」フニ
熊野「ふぉぉ…!」フニフニ
グラーフ「や…だめ…その触り方したら////」
吹雪「どうですか熊野さん?」
熊野「非常に新鮮で、非常に柔らかいですわ」フニ
18: 以下、
吹雪「服ぬがしますね」
グラーフ「」コクン
鈴谷「手際いいね〜手馴れた感あるよ」
吹雪「えへへ、島風ちゃんで練習してますから」スルプチ
ポインッ
鈴谷「うぉぉ…生だと迫力満天」
グラーフ「うぅ…////」
熊野「乳首がたってますわね…」
グラーフ「い、言わないでくれぇ////」
吹雪「では失礼します」モミュ
吹雪「あはぁ〜これだよこれ!この感触!」
鈴谷「あぁん両方はずるいよ。鈴谷にも半分ちょうだい」モミュ
鈴谷「あ〜^」
グラーフ「……っ!」ビクビクン
グラーフ「も、もう…だめだ////これ以上は…////」
熊野「なっ…胸だけでエクスタシーになるなんて」
鈴谷「流石ドイツだね」
吹雪「鈴谷さん、フィニッシュといきましょう!」
鈴谷「おっけー」
モミモミペロペロクリクリ
グラーフ「ハァ、ハァ……アアッー、アッ、ンアッー、ンッ……ォゥ、ォウ、 オォン!アォン! ハァ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ……アアッー!ハァハァ、イキすぎィ!イクゥ、イクイクゥ……」
グラーフ「(≧Д≦)ンアッー!」プシャ
熊野「潮吹きましたわ!」
22: 以下、
グラーフ「うぅ…////」フキフキ
吹雪「よかったですよ。グラーフさん」
鈴谷「初っ端から当たり引いちゃったね」ポイン
熊野「はぁ…一時は命の危険を感じましたけど」ポイン
グラーフ「本当にすまなかった…ん?」
グラーフ「…」ジ-
鈴谷「どしたのグラーフ?」
熊野「わたくしに何かついてまして?」
グラーフ「あぁ…大きな大きな果実が2つな」ムニュ
鈴谷「ひゃぅ!」
熊野「きゃあ!」
グラーフ「フフフ…フヒヒヒヒw」
吹雪「(グラーフさんの目が…!)」
グラーフ「さぁ、今度はこちらの番だ!!」
すずくま「うわぁぁぁぁ!!!!」
サァチチヲダセ!ソシテモマセロ!!
オォ…ナントイウヤワラカサ
コレガヤ-パイカ
吹雪「…やっぱり羨ましいなぁ」ペタ-
23: 以下、
鈴谷「流石ドイツ艦…ここまで激しかったのは初めてだよ////」
熊野「汚されてしまいましたわ…////」
グラーフ「ふぅ」ツヤツヤ
吹雪「さてと、次に行きましょうか」
鈴谷「そだね」
熊野「どなたになさるんですの?」
吹雪「うーん…」
グラーフ「な、なぁ」
吹雪「どうしたんですかグラーフさん」
グラーフ「この子はいないのか?」スッ
鈴谷「潮?」
グラーフ「ずっと触りたいと思っていたんだ。このサイズでこの大きさは我がドイツでも滅多に目にかかれない」
熊野「確かにそうですわね…駆逐艦なのにこの大きさは」チラ
吹雪「な、なんで私を見るんですか!!」
グラーフ「で、この鎮守府にはいるのか!?いないのか!?」
鈴谷「いるのはいるんだけど…潮はガードが固くて」
吹雪「アイスティーに睡眠薬を混ぜるくらいしないと触れないんです」
熊野「ボディガードかのように第七の子達が守っていますものね」
グラーフ「そうか…」シュン
吹雪「ごめんなさい」
グラーフ「なら突破するまでだ!」ジャキ
鈴谷「え?」
グラーフ「行くぞ!」
24: 以下、
漣「マジカルバナナ♪バナナといったらアレ」
曙「アレってなんなのよアレって!」
漣「はいアウト〜」
曙「アレじゃわかるわけないでしょ!!もっと他のにしなさいよ!!」
漣「果たしてそうかな?」
曙「!?」
漣「本当にアレがわからないの?バナナに似たア、レ」
曙「そ、そんなこと…!」
曙「わかるわけ…////」カァァ
漣「ほらほら〜、恥ずかしがらないでいいなよ〜あくしろよ〜」
曙「〜////」プルプル
朧「ふふん、攻撃力3500に勝てるかな?」
潮「ホープ、ライトニング」スッスッ
朧「」
漣「ほらほらほらほら」ツルギノマイ
曙「ち…ちちち、ちん////」
曙「ちんp「たのもー!!」ドガガガガ
4人「!!!!????」
グラーフ「潮はどこだー!!」ドガガガガ
28: 以下、
漣「なんかすごいのキタコレ!!」
曙「関心してる場合!?部屋の中で機関銃ぶっぱなされてるのよ!?」
グラーフ「潮を出せ!そしてそのたわわに実った果実を頬ばらせろ!!」ドガガガガ
吹雪「潮ちゃーん!大きくなったか見てあげるよ〜!」
鈴谷「定期検診は必要じゃーん!」
漣「いつもの2人もいるし…」
曙「朧!潮をいつものところに運びなさい!」
朧「今いいところ何だけど」
朧「エクシーズ召喚!こっちもホープ!ライトニング!」
潮「フレシア効果、奈落で」
朧「」
曙「早くしなさいよ!!」
グラーフ「見つけた!」
潮「?」
漣「漣きりもみキーック!」ゲシッ
グラーフ「なんの!」ガシッ
漣「あり?」
曙「何やってるのよバカ!!」
吹雪「ほーれほれ潮ちゃ〜ん」ワキワキ
鈴谷「お姉さん達が診てあげるじゃん」ワキワキ
29: 以下、
熊野「これが戦争なのですわね…」
鈴谷「くそー、ここを開けろー!」ドンドンドン
吹雪「何もしないよ〜怖くないから出ておいで〜」
曙「何もしないわけないでしょ!!」
潮「朧ちゃん…」ギュ
朧「向こうが諦めるのを待つしかないよ」
漣「あのぉ…私蜂の巣にされてるんですけど」フラフラ
曙「ひいっ!寄らないで!!」ドンッ
漣「しどい!」
グラーフ「潮っぱいを揉ませてくれぇ!」ドガガガガガ
グラーフ「…なんて硬いシェルターなんだ」
朧「核4発まで耐える強度だからね」
潮「ほぇ…そうだったんだ」
グラーフ「どうすれば潮っぱいを…」
熊野「……」
熊野「そうですわ!」
熊野「グラーフさん、耳を貸して下さる?」
グラーフ「どうした?クマノ」
熊野「」ヒソヒソヒソ
グラーフ「なるほど!」
30: 以下、
グラーフ「フブキ!スズヤ!一旦退却だ!」
吹雪「えっ、どうして?」
鈴谷「えーなんでさ」
熊野「ほらほら行きますわよ」グイグイ
バタン
曙「…行ったわね」
ガチャン
朧「もう大丈夫だからね」
潮「うん…ありがとう朧ちゃん、曙ちゃん」
漣「」
曙「派手にやってくれたわねぇ…壁とか穴だらけじゃない」
潮「怖かったね…」
朧「それより、漣をどうするよ」
漣「」
潮「あっ、私お風呂連れていくよ?」
曙「いや、いつどこでうろついてるかわからないわ。私が連れていく」
漣「」ズルズル
潮「うん…ありがとう」
バタン
31: 以下、
天井裏
グラーフ「…よし、行ったみたいだな」
吹雪「後は朧ちゃんだけですね」
鈴谷「よーし、ここは」
鈴谷「熊野に任せよう」
熊野「おファッ!?」
熊野「な、なぜわたくしが囮を努めないといけませんの!?」
鈴谷「しー、声が大きいよ」
鈴谷「鈴谷と吹雪じゃおっぱいが目的だって認知されてるから近づけないじゃん?でも熊野なら」
グラーフ「隠れおっぱい好きのクマノならいけるかもしれないな」
熊野「そんなに上手くいきますの?」
鈴谷「だいじょーぶ、鈴谷を信じて」
32: 以下、
朧「…よし、続きやろっか」
潮「うん」
潮「ジョーカー、猿サーチ、亀猿セッティング、亀効果猿チェーン効果…」
朧「ははは、もう何回このやりとり見たんだろう」ホロリ
コンコンコン
『熊野ですわ』
朧「入って、どうぞ」
ガチャリ
熊野「潮さん、貴女に用事がありますの」
潮「えっ、私ですか?」
熊野「ちょっと来て下さるかしら?」
潮「あ、はい…今行きます」
朧「待って潮」
朧「なにか嫌な予感がする…私のスベスベマンジュウガニくんもそう言ってる」
朧「気をつけてね」
潮「うん…わかった」トテトテ
熊野「さぁさ、いらっしゃい」
熊野「それでは、失礼致しますわ」
バタン
朧「…」
キャーッ!!
朧「やっぱり!!」
33: 以下、
グラーフ「ふふふ…もう逃げられんぞ」
潮「んー!んー!」ジタバタ
鈴谷「熊野!お手柄だよ!」
熊野「もうわたくし…第七の子達に信用してもらえない」
吹雪「私達がいるじゃないですか」
鈴谷「そーそー」
グラーフ「いよいよなのか…夢にまでみた潮っぱい」ゴクリ
潮「んー!」
グラーフ「よし…いくぞ!」フニッ
グラーフ「こ、これは…!!」
グラーフ「…」モミモミ
グラーフ「…」モミモミモミ
吹雪「ぐ、グラーフさん…?」
グラーフ「ウヘヘw」ニヘラ
鈴谷「数分前とは180度違う顔をしてらっしゃる」
熊野「そんなにいいんですの?」
グラーフ「あぁ…沈むような弾力、マシュマロの何倍もの柔らかさ、そしてなにより」
グラーフ「いい匂いがする」スンスン
潮「(やめて…ひどいことしないで!)」グスン
34: 以下、
潮「うぅっ…ぐすっ」
吹雪「グラーフさん、私にも触らせてくださいよ〜」
鈴谷「グラーフさんばっかりずるいよ〜」
グラーフ「あぁすまない。あまりにも高尚なおっぱいだからつい」
吹雪「では…」ムニュ
吹雪「あ〜^たまらんのじゃあ〜^」
鈴谷「いいねいいねぇこの感触。普通に生活してたら味わうことは出来ないだろうねぇ」
グラーフ「潮の婿になる男が羨ましくてならんな」
潮「////」
吹雪「さてと…そろそろ生乳いきましょう」ペロン
ポインッ
鈴谷「うっはー!」
グラーフ「これが…生潮っぱい」
熊野「(何という綺麗なおっぱいですの…)」
潮「(み、見ないでください…////)」
熊野「」モミュ
鈴谷「おお、熊野積極的じゃん」
熊野「いいですわゾ?^」
グラーフ「はやく…私にも触らせてくれ!」
熊野「んもぅ、順番ですわ」
鈴谷「おっぱいってホント神様からの贈り物だよね」
グラーフ「あぁ…本当にな」
35: 以下、
グラーフ「あ〜^」ツヤツヤ
鈴谷「堪能したぁ」ツヤツヤ
熊野「これはいいものでしたわ」ツヤツヤ
吹雪「えぇー!まだ私触ってないですよぉ!!」
鈴谷「じゃ早く触っちゃないよ」
熊野「あら?潮さんは?」
こつぜん
グラーフ「いない!?」
吹雪「どこに行ったんですか!?」
鈴谷「逃げられちゃったね」
吹雪「あぁ…潮っぱいがぁ」ガクリ
鈴谷「そんな時もあるよ。次行こ次」
「もう次はないぞ」
4人「えっ」
長門「朧から聞いた…潮を捕らえて襲ったらしいな」
長門「吹雪…鈴谷…またお前達か」パキポキ
吹雪「えっ、いや、ち、違いますよ!」
鈴谷「誤解だよ誤解!鈴谷達がそんなことすると思う?」
長門「熊野も共犯なのか?」
熊野「ちょーっと潮さんの出っ張ったところを確認していただけですわ!」
グラーフ「そ、そうだ!決して暴力を奮ったりなどしていない!!」
長門「と言ってるがどうだ」
潮「胸がもげるかというくらい揉まれ触られました…」グスグス
長門「だそうだ」
長門「さぁて…お前達にはきつーいお仕置きをせねばなぁ」
4人「ひ、ひぃぃ!!」
37: 以下、

続き・詳細・画像をみる


イデオンがいろんな意味で最高傑作

スパロボ「種死00マクロスFダンノヴァガガガ」お前ら「またかよ」俺「よっしゃ」

我が家は低学歴な貧乏子沢山一族で、知的で優雅な生活をしている叔母家が羨ましくて仕方なかった

すぽると終わらしたフジwwwwwwww

1番使うCtrl+キーといえばやっぱり・・・

『漫画・アニメ等』ラスボス「皆が幸せになれる楽園を作る!」主人公「楽園じゃない!幸せを管理されてる世界は地獄!幸せは自力で手に入れないと意味ない」

back 削除依頼&連絡先