にこ「ユメノトビラ〜夢を諦めたスクールアイドル〜」back

にこ「ユメノトビラ〜夢を諦めたスクールアイドル〜」


続き・詳細・画像をみる

2:
にこ「3分ちょっとでわかる!! 夢を諦めたスクールアイドル」
あんじゅ「を、予定してましたが、2スレ分をダイジェストするのは無謀過ぎたので変則紹介で誤魔化します」
にこ「最後のスレなのにいきなり挫折からなの!?」
あんじゅ「最後のスレだからって気合い入れる必要なんてないよ。ただ終わるだけだもの」
にこ「……それもそうね」
あんじゅ「ちなみにネタバレが含まれる場合があるので、嫌な人は次の更新(16レス目)からお読みください」
にこ「ダイジェストの代わりなのにネタバレがあるの!?」
あんじゅ「にこってば驚いてばかり。斬新さを求めた結果だよ」
にこ「斬新過ぎるわ! 邪道を通りこしてもはや外道よ」
あんじゅ「掟破りのえべっさんの外道クラッチからの3カウントを思い出すね」
にこ「何それ!?」
3:
音ノ木坂学院
◇矢澤 にこ / ニコフィラ◇
小学五年生の時にレッスンスクールでキラ星(ツバサ)と出会いアイドルになるという夢を諦める
人を笑顔にするという気持ちを何よりも大切にし、学内・商店街を明るくしてきた
音ノ木坂学院スクールアイドルSMILEのリーダーであり策略家
色んな部を活性化させてきたこともあり、学内での信頼は物凄い
自身を過小評価することが多く、姉妹達をやきもきさせる一面も
キラ星とラブライブ本選で再会することを目標としている
一度もA-RISEのライブを観に行ったことがないがファンである
パパが生前に作ってくれてよく歌っていた歌にアレンジを加えた笑顔の魔法
その大切な魔法はあんじゅと出逢った日に貸し与えている
将来は何をするにしても、あんじゅを養っていくつもり
「あんじゅ。あんたは一生私の傍にいなさい」
4:
◇矢澤 あんじゅ / アンジュリカ◇
中三の春先に矢澤家の隣の部屋に引っ越してきて、にこと出逢った
最初は甘えるのにも遠慮があり一人暮らしであることを黙ってた
矢澤姉妹にさん付けで呼んでたけど、にこだけは呼び捨てにするも最初の頃はにこにー呼びを多用していた
現在は矢澤家のにこの部屋で寝起きもお風呂も登下校も常に一緒!
少年漫画に嵌った時に運命の書物と出会い、以降策略家として目覚める ざわ・・・ざわ・・・
万能っぽいがにこが居ないと不安定になるヤンデレ。明晰夢でにこを庇って死にかけたことがある
毎朝海未と自主練をしていて、放課後は陸上部と走ることもある
とにかく寝ても覚めてもにこと一緒!
こころとここあに対してはきちんとお姉ちゃんをしている
にこの手作りカレーとお肉が好き
コスプレ幽霊 紅蓮女がハロウィンでコスプレするくらい好き
ヤンデレだけの特技『目のハイライトを消せる』を使える
綺羅ツバサが大嫌い!!
「にこと私は姉妹星。一生一緒にラブラブ姉妹にこ。ね、ダーリン☆」
5:
◇絢瀬 絵里 / エリーチカ◇
ロシアでバレエ選手になる夢をトウシューズと一緒に捨て、一人日本へ
一年生の時ににことあんじゅが生徒会に乗り込んできて、返り討ちにするも生徒会長に命令され、一月だけスクールアイドルの練習を共にする
初日に元メンバー達と組んだ練習メニューを全否定し、にこを泣かせた
生徒会長の暗躍にお婆様と亜里沙が力を貸してスクールアイドル入りを果たす
現在の生徒会長であり、にこ達の邪道の結果もあり新しい夢を見つけた
『自分の劇団を立ち上げる』
ミュージカルを亜里沙と一緒に観に行くことが最近の趣味でもある
重度のシスコンであり、特にリトルシスターズへの愛情は激熱
ツバサに対して勝手だと知りながら嫌な感情を抱いてしまう
お婆様に自信を持ってスクールアイドルの自分を見て貰い、見つけた夢を告げるのが現在の目標
アイドルに夢をにこに取り戻してもらうのも目標の一つ
「妹に甘くない姉なんて存在しないわ!」
6:
◇園田 海未 / ウミンディーネ◇
中学三年生の秋の終わりにあんじゅの邪道により嫌々スクールアイドルの練習に参加
同年の商店街のハロウィンで初ライブを経験し、自分の意思で活動の継続を決める
正義感が強く、嫌々の参加の時に他のメンバーが泥を被ろうとした際に自分も泥を被ろうとした
それが後の音ノ木坂体験という制度を生み出す要因となり、運動部との絆を生む切っ掛けともなった
姉達(三年生)を尊敬していて、次期生徒会長となることを確約している
中二病を患っていてにこやあんじゅに隠すことなく前に出した方がいいと言われ悩んでいる最中
必殺技は現在ラブアローシュートしかないが……?
ツバサに対して自分勝手だと思いながらも憎む気持ちがある
時間か要望がある時は弓道部と剣道部に指導することもあって、運動部からの信頼度は高い
家のこともあり小学生の途中で夢を持つことをやめたが、今はにこをアイドルにするという夢を持っている
「邪道の中にも正義あり。邪道シスターズ四女・愛弗精霊ウミンディーネ!」
音ノ木坂学院サイドで一人だけ諦めてたり暗かったりする状態で始まっていない異色の子
だから本当はスクールアイドルにならずにリストラされる予定だったけど、安価で救済された
そこから物語の方向性が決まったのである意味裏主人子的存在
リストラされてたら当然邪道シスターズも生まれなかった...
7:
◇高坂 穂乃果◇
音ノ木坂学院入学当初は暗かったが、にこの邪道によりスクールアイドルを初めてから元の明るさを取り戻す
何かある度に頑張る頑張ると言うがすぐにだらける性格だったが、三年生に恩返しをする為に家を継ぐ覚悟を決めて覚醒!
SMILEの二代目リーダーとして気合いを入れている
海未とことりを守れる王子様となるべく日々邁進中!
「いつかお父さんの味を受け継いでみせるよ」
◇星空 凛◇
花陽と別々の学校になったことでスクールアイドルを嫌い、笑顔を失っていた
しかし、にことあんじゅの邪道の結果陸上部に入り、兼任でSMILE入りを果たす
足のさは次期部長のシカコに近く、勝てるように頑張っている
花陽に対して同じスクールアイドルになったことで今までとは少し違うライバル心もある
真姫ともライバルであり友達でもある関係を築いている
A-RISEのことりに対して敵愾心が強い
「陸上もスクールアイドルも暗かった分を取り戻す為に頑張るニャー!」
8:
◇SMILE◇
現在ラブライブランキング25位(予選通過は20位まで)
作詞・海未(中二の時にポエムブームがあった)
作曲・あんじゅ(ピアノを習っていた為)
振付・絵里(バレエ経験を活かしている)
衣装デザイン・穂乃果(ことりとよく描いていた頃があった)
衣装制作・にこ(呉服屋のお婆ちゃん直伝の腕前)
元メンバーは三人
一人は美術部部長。一人はバイト戦士。もう一人は影が薄いが優しい少女
初ライブからずっと支えてくれている縁の下の力持ち
◇邪道シスターズ◇
長女絵里・次女にこ・三女あんじゅ・四女海未
邪道を是として活動する謎の四姉妹
夢の中なら穂乃果もメンバーである
初めて使ったのは名付け親のあんじゅで、海未が初めて音ノ木坂学院に連れられた日の出来事
にこが初めてこの名を行ったのはつい最近で、凛を笑顔にする邪道の時
これとは別にシスターズもあり、そちらは五女亜里沙・六女こころ・七女ここあ
9:
◇姉妹星◇
にこが作った自分とあんじゅを比喩した星座
常に隣に寄り添う誰よりも近い存在ということ
ツンデレのにこがデレ期に突入し始めた《愛図》でもある
◇願いの旅人◇
あんじゅが書いた物語。音ノ木坂新聞版とネット版が存在する
前者は好評で、後者は荒らされに荒らされてあんじゅのトラウマとなった
願いの宝玉という物をテーマにしたお話
一見無駄としか思えない話だが、中二病の誰かさんの覚醒に必要な物で……?
◇フラグ◇
あんじゅが大好きなフラグ遊び
個人差があるが、フラグが立つと音が鳴るらしい
クライマックスの見せ場も最初にフラグが成立している
今回の合宿?大下剋上でのフラグは
《最近天気予報が当てにならない》
《ウミンディーネ》
《願いの旅人》
《ラーメン好きな凛》
《梅屋メンVSメンジョルノ》
《矢澤絵里の二段目のサプライズだっちゃ》
《パパとの約束》
10:
◇ラブライブ◇
今年で開催十年目であり、来年からはシステムが変更されるというほぼ確実な噂が立っている
開催する季節はバラバラで、今年は予選が七月三十一日の正午まで、本選は八月半ば
◇大連続公開合宿/大下剋上◇
七月二十二日?二十九日までが合宿
七月三十日が大下剋上
予選二十一位?三十位のグループが音ノ木坂で合宿をしながらその様子を公開する
ラストスパートでの変動はないと言われている昨今に挑む少女達を応援するように、ラブライブ実行委員会は予選開始日からランキングを非公開へ
予選通過発表は八月一日の正午に一位から順に一グループ毎に公開されていく仕様
今回のメンバー達は未来においてもその絆が深く、毎年全員とは無理でも集まっているみたい
11:
UTX学院
◇南 ことり◇
穂乃果・海未と同じ音ノ木坂に入学すると思っていたけど、UTXから被服科の設立に伴った特待生としてのスカウトを受ける
悩んだ結果二人に背中を押されて一人UTXへ入学
その年の冬、課題提出にUTXへ行った際に英玲奈に声を掛けられそのままA-RISEにスカウトされる
被服科の課題と勉強に加えてスクールアイドルになる為の練習の日々
ことりにとって一番辛かったのは其れを大切な幼馴染に告げることを禁止され、秘密としていたこと
UTXに入学した日にA-RISE入りが発表され、スクールアイドル掲示板はアンチことりの板が立ち並んだ
特待生というだけでなく、スクールアイドルもやっていることから被服科では孤立
ファーストライブ後、自分に絡んできたことのあるアンチ先輩という友達が出来る
尚、現在もメンバーを除いた友達はアンチ先輩しか居ない
穂乃果の影響を受けた所為か無茶をすることが多く、ツバサと英玲奈には問題児の烙印を押されている
次期A-RISEのリーダーで、花陽と真姫をスカウトした
英玲奈の妹に懐かれていることもあり、英玲奈の家にお泊まりすることが多い
A-RISEの衣装デザインを担当させてもらっている
12:
◇綺羅 ツバサ / キラ星◇
小学五年生の時にミニバスに入りたかったが母に無理やりレッスン教室に入れられて不貞腐れる
そこでにこと出逢い、半分が過ぎた頃からは本気で取り組むようになった
にこがスクールアイドルになると宣言したことで自分もなることを誓う
約束を果たし、その先にあるアイドルになることを目指して日々輝き増す
自分を変えたにこのファンであり、SMILEが初めて載った雑誌は自分達が初めて載った雑誌の二倍以上購入した
商店街のハロウィンイベント(二年目)に参加する条件としてラブライブ本選で再会することを提示し、絵里がその条件を呑んだ
リーダーとして呼び捨てにしようと心掛けるも、直ぐにさん付けで呼んでしまう
その為、一年生達は最初から呼び捨てにする気を無くした可愛い一面もある
にこを誰よりも高く評価していて、自分を星とするならにこは太陽とよく口にする
掲示板等で過去最高のスクールアイドルに真っ先に名前が挙がるカリスマの申し子
13:
◇藤堂 英玲奈◇
ことりのお姉ちゃん的存在で、懐かない年離れた実妹より可愛がれている
実家の花屋を継ぐことを決めているのでスクールアイドル引退後はアイドルになることはない
凛々しく男性ファンより女性ファンの方が多い
だけどことりには年々女子力が深まっていると思われている
ツバサ同様過去最高のスクールアイドルには必ず名前が挙がる
A-RISE一のしっかり者で、頼れるお姉さん的存在
油断すると暴走しがちになることりを上手く包み込む
14:
◇小泉 花陽◇
A-RISEことり参加のファーストライブでその強さに凄く惹かれる
その強さから凛に守られるだけの存在から卒業したいと願い、UTXへ入学を決めた
入学以来、一般生徒でありながらスクールアイドルへの想いから一人で練習を重ねた
その噂を聞きつけたことりがやってきて一緒に練習をする
可愛く見せる為には眼鏡を外した方がいいのかな? と悩んだけれど
「ありのまま等身大の自分で挑戦して、本当の意味での自信を掴んで欲しい」
「『今までの自分を否定したことを一生後悔する』って、だから等身大のままでいいの」
アンチ先輩の言葉をアレンジしたことりに否定され、現在も眼鏡のまま!
◇西木野 真姫◇
中学時代にクラスメイトのまこに遊びに誘われるも、自転車に乗れないことで断った
だけど、そのままじゃ駄目だと奮闘して休みの日に自転車の練習をする
漸く乗れるようになって調子に乗った際、ことりとぶつかって怪我をさせてしまう
西木野病院に来るように言うも南条病院へ行った為再会は出来ず
自分の責任だしだからって素直に自分からお詫びにも行けず、だから正攻法であるUTXに入学した
体力面では花陽より劣るもののことりへの負けん気から食らいつく現在
医者になる為にも自分の音楽は高校までときちんと線引きをしている
◇A-RISE◇
ツバサと英玲奈が一年目に三年生のメンバーと対決し、その座を受け継いだ
二人で挑んだラブライブは二位という結果に甘んじたが、二年目はことりを加え見事優勝した
次期リーダーのことりにスカウトさせ、新メンバーの花陽と真姫が加入
ラブライブ本選を見据えて連続ライブをしてライブに慣らせるか練習を優先するか悩む
だが、SMILEの合宿と大下剋上の告知を見て七月二十九日に一度だけライブをする英断を下す
15:
◇東條 希◇
UTX学院に入学し、当時の生徒会長に上手く誘われて生徒会入りを果たす
生徒会が自分にとっての居場所となり、音ノ木坂学院との合同学園祭の野望も受け継いだ
前生徒会長により生徒会を辞めさせられた少女を何度も誘い、説得して頼りになる相方を得た
スピリチュアルパワーという名の予見の力を持っていたが、三年目にはその力を失う
それでも今は野望の成功の為に忙しく、だけど幸せな日々を送っている
絵里とも打ち合わせでよく顔を合わせ、時間があれば喫茶店でお茶をすることもある
生徒のアンケート結果の繰り上げ一位として、合同学園祭一日目に副会長とペアでライブをする
◇副会長◇
漫画版で会長だったけどなんだかんだで副会長の座で満足してる
他校には厳しいが身内には優しく、A-RISEの為に先生達を熱い言葉で説得!
ことりがアンチ先輩とリボン先輩に絡まれた時に助けたり、迷ってる花陽にアドバイスしたりもした
本来は絵里がUTX行きになる予定だったが、この人に勝てないという点で希が行くことになった
◇アンチ先輩◇
漫画版一巻一話のそばかすの嫌味の先輩でことりに絡んだ英玲奈のファン
言いたいことはズケズケと言うタイプで何だかんだことりの良き相談相手
現在は学園祭の一日目(UTX開催)のライブ企画でことりとペアで出る為に猛特訓中
21:
ママ「会わせてあげることは無理だけど、あんじゅちゃんだったなら会えるかもしれないわ」
あんじゅ「えっ、どういうこと?」
ここの伏線もちのろんっありますよね(期待の眼差し
22:
※残りレス数に惑わされて大事な部分を入れ忘れてましたので少しだけ続きを...
◇続・矢澤絵里の最良の一日◇
にこ「あら、エリーチカお姉ちゃん。目が真っ赤ね。私を泣かせた過去の自分を恨むがいいわ!」
絵里「ぐぬぬ!」
あんじゅ「にこってば童話の意地悪な義母みたいな顔になってる」
あんじゅ「にこは私の旦那さんなんだから、男っぽい顔しないと」
にこ「旦那さんっておかしいでしょ。いや、あんたに常識を言う時点で今更だけど」
絵里「明日はUTXと打ち合わせがあるのに……明日瞼が腫れてないといいけど」
亜里沙「大丈夫だよお姉ちゃん。腫れててもお姉ちゃんは綺麗だから」
凛「発言が少しズレてる辺りが姉妹の絆を感じるね」
穂乃果「うんうん。逆に言えば亜里沙ちゃんもスクールアイドルになったら絵里ちゃんみたいにダンスが上手くなるかも」
海未「単純にそう言えるものではありませんよ。絵里は元々バレエをしていましたからね」
23:
凛「でもかよちんや真姫ちゃんが練習し始めたのも最近なのにA-RISE入り出来たし」
凛「やる気と根気があるなら充分化けると思う」
穂乃果「そう言われるとそうかも。私の妹の雪穂は元々卒なくこなせるし」
穂乃果「他の子が入ってくれるかは別として、二人は充分な戦力になりそうだね」
海未「少し気が早いですが偉大な姉達の足跡を汚さぬよう、精進していきましょう」
ここあ「エリーちゃんおいしい?」
絵里「ええ、美味しいわ。ここあちゃんが味見しただけあるわ」
こころ「これ食べて! これはこころが形つくったにこ!」
絵里「可愛い形。ありがとう頂くわね」
あんじゅ「絵里ちゃんは泣いても直ぐに天使二人に癒されちゃった。にことは違うね」
にこ「くっ!」
あんじゅ「でも泣く時には私が居てあげるから安心だよ。大天使アンジュリカ」
24:
にこ「私はもう泣かないって言ってるでしょ」
あんじゅ「大下剋上・ラブライブ・卒業式・大人の階段。これだけ泣く要素が待ってるよ」
にこ「最後の明らかにおかしいでしょ。何よ大人の階段って?」
あんじゅ「私とにこが一緒に上がる物。処女Tシャツを作って、翌日はお互いにバッテンマークを書くの」
にこ「あんたは一体私とどこまでいきたいのよ。いや、そのハイライト消した目で笑顔浮かべるのやめなさい」
にこ「さて、復活したならもう一度叩き潰すまでよ。穂乃果!」
穂乃果「あれの登場だね。任せて!」
にこ「私達もアレを持ってくるわよ。第一弾の邪道はこのイベントに非ず」
にこ「亜里沙というスパイがあって可能だった正確なデータ」
にこ「絵里の涙を倍プッシュよ!」
あんじゅ「涙をプッシュってなんか戻って行きそう」
にこ「そんな茶々は要らないわ!」
25:
――3分後...
絵里「ふふふっ。なんて幸せなのかしら。今日は私の最良の一日ってやつね」
穂乃果「これで終わりだと思ってるのかな?」
凛「誕生日は皆でこうしてお祝いするだけじゃないにゃ!」
海未「とはいえ当然私達ですから普通とは違う物を用意させていただきました」
絵里「えっ、まだ何かあるの?」
穂乃果「お父さんが本気を出して作り出した穂むら始まって以来の初作品」
穂乃果「妥当名古屋を胸に頑張った巨大お饅頭!!」
絵里「ハ、ハラショー」
こころ「とっても大きいにこ!」
ここあ「あんなに食べられるかな? ここあちょっとしんぱい」
こころ「こころ一人で食べるわけじゃないよ。みんなで食べるから心配ないの」
ここあ「それもそっか!」
穂乃果「私も手伝ってね。尊敬する先輩の為にって頑張ったんだよ」
26:
穂乃果「お父さん出来た後に凄いやりきった顔してて格好良かったんだー」
絵里「穂乃果……ありがとう。お父様にもありがとうと伝えておいて」
絵里「今度挨拶に伺わせて貰うわ」
にこ「また涙ぐんで泣き虫な姉だこと。そんなエリーチカにメンバーから誕生日プレゼントがあるのよ!」
あんじゅ「活き活きとしてるけど小悪魔っぽさが全然皆無なにこが愛しい♪」
あんじゅ「そして今のはエリーチカお姉ちゃんの涙再びフラグにこっ」
絵里「誕生日プレゼントまであるの!? でもこれだけも充分なのに」
海未「こう言ってはなんですが、これはロシアに居た頃の絵里との決別と和解」
海未「その為に絶対必要なアイテムかと思います」
凛「是非とも大下剋上までに慣らして欲しいなって」
穂乃果「過去の夢への想いが未来の夢の力になる。そう信じて皆で決めたんだよ」
にこ「亜里沙が渡してあげて。それが一番ふさわしいわ」
亜里沙「にこさん、ありがとうございます。……さ、お姉ちゃん。これを開けてみて」
27:
絵里「何かしらね。なんか緊張して手が震えちゃってるわ」
絵里「――」
あんじゅ「震える手で開けた箱の中に入っていたのはあの日のトウシューズ」
あんじゅ「訂正。今のサイズにピッタリと一致するトウシューズ」
あんじゅ「そして、その純白さを隠すかのように書かれている皆からのメッセージ」
にこ「オーダーメイド=高級ってイメージあったけどそうでもなかったのが幸いね」
凛「そうだね。バレエってだけで高いイメージあったけど」
あんじゅ「さて、ここでネタばらし。亜里沙ちゃんが一緒に寝るようになった事があったよね」
あんじゅ「足を掴まれる夢を見たりしたのは、絵里ちゃんが寝た後に亜里沙ちゃんが足を図る為に触っていたから」
あんじゅ「オーダーメイドだからより正確なデータが欲しかったからね」
海未「絵里のシスコンと怖い話が苦手という部分を利用して誤魔化したと聞きました」
にこ「そこは楽勝だったわ。邪道とは相手の弱点を利用してこそだもの」
にこ「本来なら大下剋上当日の朝とかに渡した方が威力はあったんだけどね」
にこ「トウシューズに慣らす為にも今渡すことが一番の意味だから」
28:
にこ「大下剋上のルールは制服縛り。でも靴の指定はしなかった」
にこ「だから絶対にそれまでに履き慣らして、歌姫より...を歌う時はそれを履きなさい」
にこ「皆の想いが詰まってるんだから」
あんじゅ「部屋に飾ってる過去のトウシューズとは違う希望の証だよ」
あんじゅ「諦めて尚、踊ることが好きである気持ちを灯し続けてくれたから訪れた今!」
あんじゅ「その集大成。私達のメッセージと一緒に夢まで歩んでね」
海未「正直ラブライブ本選へ進めるかどうかはエリーチカに掛かってると思っています」
海未「連続合宿の出来は当然必要になります。ですが大下剋上で歌う新曲が決めてですからね」
海未「偉大なる長女の為に作られた曲を、幸せな気持ちを込めて歌ってください」
絵里「うっ……もうっ、もう!」
絵里「せっかく、涙っが、とまったのにぃ」
亜里沙「お姉ちゃん。一緒にラブライブを目指すことは出来ないけど」
亜里沙「でもね、私はお姉ちゃんに負けないくらい素敵なスクールアイドルになるからね」
亜里沙「だからお姉ちゃんも最高のスクールアイドルであることを魅せてね」
2

続き・詳細・画像をみる


【VIP】小説家ごとの「背後で爆発が起きて振り返る」完全版つくろうぜ

【女子中学生誘拐】寺内樺風容疑者、女子生徒に「お父さんは私から借金をしている。借金のかたにあなたを預かる」

【画像あり】すげえ!人間って半年でここまで変われるもんなんだな!!!!!!

JK「高校生になったのにまだ生理がこないよ…… 」初潮告げおじさん「やぁ」

花陽「絵里ちゃん可愛い…」海末「そうですね」にこ「分かる」

【分析】まったく彼女ができない男性の特徴www

back 削除依頼&連絡先