ツール・ド・フランスの歴代優勝者wwwback

ツール・ド・フランスの歴代優勝者www


続き・詳細・画像をみる

1:
ツール・ド・フランス歴代優勝者
第85回 1998年 マルコ=パンターニ
1999年?2005年 優勝者無し
第93回 2006年 オスカル=ペレイロ
第94回 2007年 アルベルト=コンタドール
第95回 2008年 カルロス=サストレ
第96回 2009年 アルベルト=コンタドール
第97回 2010年 アルベルト=コンタドール
第98回 2011年 カデル=エバンス
ツール・ド・フランスまたは(ル・)トゥール・ド・フランス(仏: Le Tour de France、以下「ツール」)とは毎年7月にフランスおよび周辺国を舞台にして行われる自転車プロロードレースである。1903年から開催されている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ツール・ド・フランス
2:
7年間もなんで開催されんかったんやろなあ
3:
完全に黒歴史
10:
全員リタイヤするほど過酷やったんやろなあ
12:
ここちょっと消えてますね
13:
なんで不開催やったんやろなあ
18:
山登り好きだわ
スプリントのつまらなさが日本に知られない一因でもあると思うわ
29:
>>18
なんでや、ゴール前までのトレイン編成とか最後のスプリンター発射とか燃えるやろ
https://www.youtube.com/watch?v=yF96ERtV2no
20:
最近興味持ったんやがどっかで過去のレースみれんのか?
68:
>>20
jスポのDVD買え
23:
実は全員なんかやってるんやろ
27:
自転車業界でお薬で追放されたドクターがリーガでチームドクターをやってるという事実
自転車のお薬事件で摘発された証拠を全て(他の競技の証拠も含む)廃棄しろとスペインの裁判所が命令したという闇
28:
中学校の英語の教科書にアームストロングの伝記が載ってたな
ちな23
33:
>>28
精巣ガンからスポーツ選手としてカンバックしたところまではすごいと思うで
ランス・アームストロング(Lance Armstrong , 1971年9月18日 - )、本名ランス・エドワード・アームストロング(Lance Edward Armstrong )は、アメリカ合衆国テキサス州プラーノ出身の元自転車プロロードレース選手。
癌に脳まで冒されながらも奇跡的に復活し、その後1999年から2005年にかけてツール・ド・フランスを7連覇した選手として世界的に著名であったが、この7連覇はドーピング問題により後に取り消された。
身体の不調を感じ、診断を受けたランスは1996年10月2日、医師から自分が精巣腫瘍に侵され、既に肺と脳にも転移しており、生存確率は50%であることを告げられる(ナイキによって2005年から発売されている彼のブランド「10//2」やトレック社「1/2 Series」はこれが由来)。
精巣腫瘍には化学療法を施すのが一般的だが、治療薬のブレオマイシンには肺毒性があり、間質性肺炎を引き起こすなど、心肺機能を低減してしまう副作用があるため、プロの自転車選手として復帰することは不可能になると判断したランスはこれを拒否。結局インディアナ大学医学部で心肺機能へのダメージは少ないが、より過酷な化学療法を施し、さらに脳の浸潤部を切除することとなった。
その後、幸運にも治療は成功し、小康状態となったという診断を受けてトレーニングを再開。しかし所属していたコフィディスからは、再起不能とみなされて事務的に解雇された。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ランス・アームストロング
194:
スーパーランディスくんのおくすり全開山岳走法からのツール追放はホンマに面白かった
これぜったいつこうてるわ→やっぱりつこうてました
とかいう形式美
197:
でもクスリやってなかったとしてもランス勝ってたと思うけどな
200:
>>197
だから勿体ないわ
203:
コロンビアは生まれたときから高地トレーニングしとるからな
山適正そら高いよw
31:
コンタはどんな抜け道使ったんや
アルベルト・コンタドール(Alberto Contador Velasco。1982年12月6日- )は、スペイン・マドリード生まれの自転車競技ロードレース選手。2007年のツール・ド・フランスと2008年のジロ・デ・イタリアおよびブエルタ・ア・エスパーニャで総合優勝し、史上5人目となるグランツール完全制覇達成者となった[1]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/アルベルト・コンタドール
43:
コンタは言うほどドーピングか?
2010年シーズン
ツール・ド・フランス
2年連続3度目の総合優勝を果たした。しかし、2012年2月にドーピング違反が認定されたことにより、この優勝は剥奪された。
2010年
9月29日、コンタドールの広報担当者が、ツール・ド・フランス開催期間中である2010年7月21日に行われたドーピング検査結果で、クレンブテロールの陽性反応が出たことを明らかにした[14]。
これを受けコンタドールは、翌30日に記者会見を行った。その場において、世界アンチドーピング機構(WADA)によると、クレンブテロールの検出量はわずか50ピコグラム(0.000 000 000 05グラム)に過ぎず、この数字はWADAが認める含有量の400分の1以下の数字であることも踏まえ、食物汚染における結果だとして、自身の関与を否定した[15]。
国際自転車競技連合(UCI)は、ドーピング関与の疑いをかけるにしてはあまりにも微量であるとして、早急にBサンプル結果に基づいて結論を下したいと言明。最終的な調査が終わるまで、コンタドールを出場保留処分とした[16]。
2012年
2月6日、CASは、UCI及びWADAが訴状に挙げた、コンタドールのクレンブテロール陽性を認め、コンタドールに当年8月5日まで、2年間の出場停止処分を下した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/アルベルト・コンタドール
38:
自転車競技ってヘタすりゃボディビル以上に薬物ユーザー多いやろ
競輪とかもひどいやん
202:
>>38
競輪も薬使ってるんか?
やっぱステロイドか
44:
トライアスロンの選手をやっていた頃は好きだったんだけどな。
何でこんなことになったんだろう。
49:
>>44
なお、エディメルクスというツール5勝の男の名を知らなかった模様
45:
ニバリブエルタで魔法の絨毯使うて咎められて失格になってからあらゆる所でブチ切れてて草生えた
https://www.youtube.com/watch?v=wJmYXC99wfI
54:
>>45
あれ、とっさに車つかんだの、ツールでフルーム待たなかった意趣返し食らって孤立したのもあるんやろな
46:
「昨日までマイヨジョーヌ着てた選手が突然お薬疑惑で離脱」ってのやめろ
マイヨ・ジョーヌ (フランス語: maillot jaune) は、自転車ロードレースのツール・ド・フランスにおいて、個人総合成績1位の選手に与えられる黄色のリーダージャージである。
2014年ツール・ド・フランスでマルセル・キッテルが獲得したマイヨジョーヌ
https://ja.wikipedia.org/wiki/マイヨ・ジョーヌ
50:
ソウル五輪のカールルイスみたいに2位の繰り上げ優勝でいいじゃん
51:
フランス革命が起こったからねしょうがないね
57:
>>51
そのフランス人が近年何勝してますか…?
53:
フルームが使ってなかったらマジで超人だろこいつ
閉会式のとときにツール・ド・フランスを汚すようなことはしてないって
言ってたけど
クリス・フルーム(Chris Froome、1985年5月20日 - )は、イギリスの自転車競技(ロードレース)選手。2010年よりイギリスのチームであるチーム・スカイへ所属している[2]。
2015年は、ブエルタ・ア・アンダルシア、クリテリウム・デュ・ドフィネで総合優勝。ツール・ド・フランスでは、この年のジロ・デ・イタリアを制したコンタドール、前年の覇者ヴィンチェンツォ・ニバリ、ナイロ・キンタナと共に「4強 (Fantastic Four) 」[5]と呼ばれて優勝候補に挙げられた。
総合1位で迎えた第10ステージで優勝して他の優勝候補に大きな差を付けると、アルプス山岳ステージの第19、20ステージでは逆にキンタナに引き離されて総合タイム差を詰められたが守り切り、2度目の総合優勝と初の山岳賞獲得を果たした。
https://ja.wikipedia.org/wiki/クリス・フルーム
140:
>>53
ヤクに厳しいことで有名なスカイのエースが使っててもスキャンダルすぎてやばいやで
64:
使ってないと信じてるけど、スカイの欧州での嫌われようと日本での好かれようのギャップが半端なくて草生える
やっぱ大正義が好きなんか日本人は
59:
自転車のお薬から
サッカーに飛び火しそうになったら
途端に静かになるのが草
60:
ここちょっと消えてますね
62:
事前に血抜いて試合前に輸血するのは今もええんか?
67:
>>62
あかんで。というかそれやって死にかけたやつとかおるで。
保存状態が劣悪だったらしく。
71:
なにがあったんやろうなあ・・・
73:
最後の200メートルくらいまでのトップが全く意味なくて草生える
85:
>>73
カメラ映るのが仕事や
90:
>>73
風除けやってるんやで
91:
>>73
まあ大逃げ決まることときたまあるしスポンサーの関係もあるし
75:
ただマイヨジョーヌのためでなく(ドヤ顔)
79:
みんな使っとるなか優勝してたんやから凄いのは変わらんやろ
80:
元々はチームメイトのヒンカピーが、ワイも使ってたけどあいつも使ってましたってゲロしたのがバレまくった原因なんやっけ
ジョージ・ヒンカピー(George Hincapie、1973年6月29日 - )は、アメリカの自転車プロロードレース選手。ニューヨーク出身。1994年プロデビュー。190cmを超える長身から「ビッグ・ジョージ(Big George)」の愛称で呼ばれる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ジョージ・ヒンカピー
83:
英語の教科書に載ってたやつが消えてるやんけ!
86:
ハゲてるやつだらけやしみんな使ってるやろ
93:
>>86
ボーネン「は?(威圧)」
トム・ボーネン(Tom Boonen、1980年10月15日 - )は、ベルギーのアントウェルペン州・モル出身の自転車プロロードレース選手。2002年プロデビュー。192 cm・82kgという体格を活かした力強いスプリントスタイルと圧倒的な実力から「トルネード・トム (Tornado Tom)」という愛称をつけられている。
2005年世界選手権優勝や2005?2006年ロンド・ファン・フラーンデレン優勝を果たすなどクラシックを中心としたワンデイレースで活躍するほか、2007年ツール・ド・フランスでもポイント賞を獲得するなどの成績を残しているスプリンター。
https://ja.wikipedia.org/wiki/トム・ボーネン
87:
スカイ「お薬じゃなくてコーヒーンゴ。ティーブレイクしたら何故かパワーがみなぎるようになるンゴ!!規定の濃度は守ってるンゴ!!!」
92:
サガンすき
※GIF
99:
リッコとかいうレジェンド
リカルド・リッコ(Riccardo Ricc?、1983年9月1日- )はイタリア・フォルミージネ出身の自転車ロードレース選手。2006年プロデビュー。2008年に薬物使用が発覚し出場停止処分を受けたが2010年にプロ復帰。2008年ジロ・デ・イタリア新人賞などの実績がある。アタックをかける前に周囲の選手を威嚇するようなしぐさを見せるところから「コブラ」の異名で呼ばれるクライマー。
https://ja.wikipedia.org/wiki/リカルド・リッコ
100:
ジャックバウアーすき
118:
>>100
去年のツールの残り200mまでの逃げは惜しかったンゴねぇ
106:
散々2ゲッターだったサガンが虹の呪いでなにやらかすのか楽しみ
そしてブチギレるオレグティンコフオーナー
マイヨ・アルカンシエル (仏: Maillot arc-en-ciel) は世界選手権自転車競技大会の優勝者に与えられるジャージである。日本では、マイヨ・アルカンシェルと表記されることが多いが、フランス語によるこれらの呼称が一般的である。五つの大陸を表す緑、黄、黒、赤、青のストライプ(虹=アルカンシエル)が襟と袖、胴回りにあしらわれたジャージ(マイヨ)であることから、この名がある。
世界選手権(特に男子エリートロードレース)で優勝した選手が、翌年には大きく成績を落とすというケースが少なくないほか、なぜかレース中の落車事故やメカトラブルが頻発したり、歴代の優勝者は私生活で家庭不和や事故、病気に罹患するなどのトラブルに見舞われていることなどから、俗に自転車業界では「アルカンシエルの呪い(英語: Curse of the rainbow jersey、フランス語: Mal?diction du maillot arc-en-ciel)」というジンクスがまことしやかに噂されている[1]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/マイヨ・アルカンシエル
125:
>>106
前借りやぞ
143:
>>125
大怪我で春を棒に振るみたいなのはやめてほしいわ
今年のツールと世界選手権の危険なダウンヒルは無茶苦茶燃えた
ロンバルディアかどっかでもニバリがやばい下り方で勝ったけど、やっぱダウンヒル得意なやつってあたまおかしいわ
145:
>>143
世界選手権の逃げはうまかったわな
アルカンシエルの呪いが来年降りかからないことを祈るわ
110:
パンターニの映画がいま新宿の映画館でやっとるで!
119:
>>110
今年はランスとパンターニの映画もだけど、台湾のロードレース映画がすげーリアルで楽しかったわ
114:
ワイの大好きなキンタナとかバルベルデがやってたら泣きますよ
126:
>>114
バルベルデはやってたんやで
2009年に入り、イタリアオリンピック委員会(CONI)が、イタリア領域を通過した2008年のツール・ド・フランス第15ステージにおけるDNAサンプルを求めたことから、バルベルデのドーピング問題が再燃[4]。さらにCONIは4月1日、バルベルデから採取した血液サンプルが、オペラシオン・プエルトにおける容疑者の血液バックから発見されたDNAの1つについて一致したことを理由に、イタリア国内におけるレースについて、2年間の出場停止処分を促した[5]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/アレハンドロ・バルベルデ
127:
>>114
バは1度引っ掛かってる
146:
>>126
>>127
モビスターになってからはやってないからセーフ
133:
キンタナとかどうやろな
やってないっぽいが
117:
スカイ「許されるギリギリの量までしかお薬使ってないからセーフやで」

120:
>>117
やっぱりスカイ嫌いだわ
115:
ドーピング撲滅しても勝負できるのは天然のドーパーだけの模様
121:
アームストロングなんか絶対やっとる言われてて案の定やからな
ドーピング疑惑を指摘した奴片っ端から訴えとった癖に
128:
ドーピングについて毎度おもうんだけど徹底的にお薬使った超人対決のが見たくないか?
そんでパワー系池沼と対決して欲しい
178:
>>128
お薬は身体に悪いからダメなんやで
186:
>>128
無制限お薬は人が持たんで
129:
2005年
優勝 アームストロング←つこうた
2位 バッソ←つこうた
3位 ウルリッヒ←つこうた
4位 マンセボ←多分つこうた
5位 ヴィノクロフ←多分つこうた
6位 ライプハイマー←つこうた
7位 ラスムッセン←つこうた
8位 エヴァンス←けつあご
9位 ランディス←つこうた
142:
>>129
けつあごって凄い
136:
>>129
ケツアゴさん最近離婚したんやからそんないじったらあかん
130:
最近のお薬チェックは厳しくなったからな
ユキヤの特集でやってたわ 毎晩宿泊場所を報告してて、抜き打ちが急にやってくると
152:
バはまた春のクラシックでバ差しかまして勝ちそうだな
156:
>>152
バさん、来年はパヴェにも挑戦するらしいで
173:
>>156
バはまあなんやかんや言ってこなしそうやな
137:
フィニョンすこ
138:
今年のブエルタはニバリ失格サガン轢かれるデュムラン最後に力尽きると面白かった
https://www.youtube.com/watch?v=pw5cswUw2dY
160:
161:
ロードこそガチれば日本人でも勝てるよな
体格差関係ないし
新城なんて18から始めてあれやからな
新城 幸也(あらしろ ゆきや、1984年9月22日 - )は、沖縄県石垣市登野城出身のサイクルロードレース選手。チーム・ヨーロッパカー所属。沖縄県立八重山高等学校卒業。
2009年7月には、別府史之とともに日本選手として13年ぶりにツール・ド・フランスに出場し、日本人で初めて近代ツール・ド・フランスを完走した選手の一人となった。更に2010年のジロ・デ・イタリアを完走し、ツール・ド・フランスとジロ・デ・イタリアの2大グランツールを初めて完走した日本人ライダーとなった。2012年のツール・ド・フランスでは第4ステージにおいて敢闘賞を獲得。日本人で初めてグランツールの表彰台に上がった選手となった[注 1]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/新城幸也
164:
>>161
環境がね・・・
新城は突然変異やから
165:
>>161
なお、鳴り物入りでグランツールでた石橋はジロの初日からついていくのがやっとで、何もできずに一週目にリタイア
171:
>>161
日本の場合自転車素材はみんな競輪行ってまう
170:
>>161
でも上位選手は軒並み180cm代だよな
184:
>>170
そこでキンタナよ
あの体型であの強さ
189:
>>184
山はあのくらいちっこい方がええんやで
今年のサプライズはブエルタでしばらく赤ジャージだったジャイアントのあいつ(名前ど忘れした…)
191:
>>189
TTくっそ早いデュムラン
199:
>>191
せやせや、トムデュムランやった。
あんな体型で超級こなしまくっててすごかったわ
バルギルとかアシストで連れてってたらわからんかったなぁ…
デゲンコルブのためのチームだったのが裏目やった
179:
>>161
そもそもフィジカルエリートが野球とサッカーに集中するからあまり素質のある人が集まらんてのもあるで
162:
サガンはまあ多少登れてもおかしくない見た目しとるやろ
フスホフトは完全に頭おかしかったけど
168:
>>162
アルカンシェルのスプリンターが超級山岳ステージで逃げに乗って優勝やぞ
169:
ワイ初心者、グランツールよりもクラシックレースにハマる
自転車ロードレースにおけるクラシック (英: Classic,仏: Classique,伊: Classiche) とは、一般的には自転車ロードレースのうち、一日で競技を終了する「ワンデイレース(シングルデーレース)」のなかで、特に長い歴史を持ち、高い格式を誇るレースを指す。ツール・ド・フランスのように複数日にわたって行われる「ステージレース」は、いかに歴史や格式があってもクラシックとは呼ばれない。
https://ja.wikipedia.org/wiki/クラシック_(ロードレース)
180:
>>169
クラシック熱くて好き
175:
実はロードレースがヨーロッパでそれほど人気のスポーツではないという事実
198:
>>175
ベルギーとかフランス、オランダではサッカーの次くらいには人気らしい
205:
>>175
こマ?
ツール・ド・フランスってワールドカップオリンピックに次ぐ
人気ちゃうんけ?
176:
>>175
給料くっそ安いからな
トップ選手で1億ぐらいやし
198:
>>176
いくら観客がいても金を徴収できないからキツイわな
アロンソがチームを買収するってニュースになる度に嬉しい反面ちょっと悲しくなったわ
アロンソが全額運用資金出すわけじゃないやろうけど
208:
欧州各国でのサイクリングの立ち位置
まずフランス。最も人気な観戦スポーツは、問答無用でサッカー。次にラグビー、テニス。サイクリングは4番目、ひょっとしたらF1、MOTO GPを含むモータースポーツの方が人気かな?との事。
ドイツは、問答無用でサッカー。これはまあ、聞くまでもないので言われなくても知っていますが。という感じですが、サッカーの次はと聞くと、ドイツの新聞を読むとスポーツ誌が40ページあって30ページがサッカーの話という状況なので、2番目以降はどうしようもない差が存在するとか。
オランダのジャーナリスト曰く、サッカー。以上。
イギリスもサッカーが一番。かつてはサイクリングなど見向きもされなかったが、ここ数年は急激にサイクリング人気が上昇していて、トップ5に食い込むぐらいの観戦型スポーツに伸びて来ているとの事。
イタリアもやはりサッカー。2番目はサイクリングとモータースポーツが同じレベルの人気。ただし、イタリアではドーピング=サイクリングになってしまっているらしく、往年の自転車ファンは皆、この現状を悲しんでいるそうだ。
一方変わって、アメリカは、野球。観戦型スポーツとしてサッカーが人気になる事は永久にないだろうとまで断言された。理由は、人気のスポーツが多すぎるため。アイスホッケー、アメフト、バスケット。
http://tamalpais.bikejournal.jp/?p=128
2013年の記事だけど、各国の記者が自国のスポーツ事情について語ってる
やっぱり大正義サッカー
183:
日本史上最強の選手が石垣島でハンドボールやってるとか
発掘しようが無い
192:
ジロでヘロヘロだった石橋見てると、やはり新城幸也と別府史之は別次元
あの二人がいなくなったら悲しいわ土井雪広ももう最前線からいなくなったし
182:
他の日本人選手も頑張ってると思うけど新城と別府だけ次元違いすぎやろ
別府 史之(べっぷ ふみゆき、1983年4月10日 - )は、神奈川県茅ヶ崎市出身の自転車プロロードレース選手。長兄に自転車ジャーナリストの別府始、次兄に元ロードレース選手であり、現愛三工業レーシングチーム監督の別府匠。史之と匠のマネージメントは始が行っている[1]。
日本人初のツール・ド・フランス完走者の一人(同年、新城幸也も完走。ただし、総合順位は別府史之のほうが上)。また日本人初で唯一の全モニュメント完走者である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/別府史之
210:
弱虫ペダルとか流行ってるけど国内学生レースとかレース展開や脚質関係無しにぶっち切れるくらい強ないとヨーロッパでは活躍出来んのやろな
209:
スカイはポートくん移籍したけど来年のツールもも盤石なんかなあ
14

続き・詳細・画像をみる


【悲報】ワイの姉(32)、婚期絶望

『冴えカノ』深崎暮人氏描き下ろしタペストリーイラスト完成!半裸姿の女子勢たまらない

スパロボ戦力外になった参戦作品で打線組んだ

スーパーで旦那に「新しい地で友達が居なくて寂しい」と言ったら、すぐ後ろにいた主婦が突然「じゃ友達になってあげよっか」と。

「日本のスーパーにヤバいものが売ってあるぞ・・・」 海外サイトで話題に

みんなで川で遊んで解散する時に見知らぬオバサンがうちの子どこ?と問うてきた。子供がいないらしい

back 削除依頼&連絡先