冬馬「うーっす」back

冬馬「うーっす」


続き・詳細・画像をみる


?ある日の早朝?
北斗「チャオ☆冬馬」
翔太「おはよう冬馬くん」
冬馬「お前ら早いな」
翔太「待ちきれなくて早く来ちゃったよ」
冬馬「北斗もか?」
北斗「ああ」
翔太「北斗くんは僕より早かったよ」
冬馬「マジかよ、いつから居たんだ?」
北斗「三時間前だな」
三人「www」
冬馬「まだ夜じゃねーかwどんだけ楽しみにしてたんだよw」
翔太「でも気持ちはわかるよ!皆で旅行なんてワクワクするよね!」
―――
――

----------------------------------------------------------------------------
2: 以下、
前回のP「よ、いらっしゃい」を読んでなければ意味がわからないと思いますご注意ください
草が苦手な人もご注意ください
3: 以下、
北斗「しかしプロデューサーさんはそんなに長く休んで大丈夫なのか?」
冬馬「何か有休がたまりにたまってたらしいぜ」
翔太「そうそう、だから消化しないといけないんだって」
北斗「プロデューサーさんも大変だな」
冬馬「まあ好きでやってるんだし幸せだろ。何だかんだこうやって休めてるしな」
翔太「仕方なく休むみたいだけどね」
北斗「でもこの旅行を企画したのもプロデューサーさんなんだろ?」
冬馬「あと黒井のおっさんな」
翔太「職業病だねー」
北斗「俺たちは長期ロケってことになってるけど」
冬馬「完全におっさんが遊びたかっただけだろうな」
翔太「プロデューサーさんが長期休暇もらえるって聞いて一番喜んでたのクロちゃんだしね」
冬馬「あの時の笑顔を思い出したら……くっ」
北斗「ふ、くく……」
翔太「花が咲いたような笑顔だったねw」
冬馬「おっさんのそんな顔みたくねぇよってなw」
三人「www」
―――
――

4: 以下、
冬馬「そろそろ時間だよな。お……?」
北斗「どうした冬馬?」
翔太「うわ、何かすごい車がこっちくるね」
キキー
冬馬「でけぇ……」
北斗「こんな大きいワゴン車初めて見たな……」
翔太「真っ黒ってことは……」
冬馬「まあ迎えの車だろうな」
北斗「これに乗るのか……」
翔太「スモークガラスですっごい怪しいね……」
ガチャ
冬馬「お、誰か降りてきたぜ」
5: 以下、
男性「おはようございます。ジュピターの皆様」
北斗「おはようございます」
翔太「お兄さんは961の社員さん?」
男性「はい、今回の旅行でドライバーを務めさせて頂きます」
冬馬「ふーん、よろしく頼むぜ」
男性「はい、よろしくお願い致します」
翔太「ねぇねぇ、僕たちこの車に乗ればいいの?」
男性「はい、ですが少々お待ちください。まずはこれを」
北斗「ん?ブレスレット?」
男性「腕に付けるようにとの社長からの指示でございます」
冬馬「よくわかんねぇけど付ければいいんだな」カチッ
北斗「しょうがないな」カチッ
翔太「旅の仲間の証か何かかな?」カチッ
男性「……それでは、お次はこちらのビデオをご覧ください」ピッ
6: 以下、
三人「?」
P『ウィ、ジュピターの諸君』
冬馬「おいこいつプロデューサーだよな」
北斗「プロデューサーさんだな」
翔太「クロちゃんの真似してるね」
P『ウィウィウィ!』
三人「www」
ピッ……ビリビリ
冬馬「いってぇぇぇぇ!」
北斗「いたたたたたたた!」
翔太「痛い痛い痛い!」
7: 以下、
P『おわかりいただけたかな?』
冬馬「ってぇ……何がだよ!」
P『そのブレスレットは君たちが笑うと電流が体に流れる仕掛けになっている』
冬馬「はぁ!?」
北斗「これ……外れないぞ」
翔太「ど、どうしてこんなことするのさ!」
P『どうして……?』
冬馬「おいこれビデオなんだよな」
北斗「俺たちの反応を読み過ぎてるな」
P『お前ら普段から笑いすぎだボケェェェェ!!』
8: 以下、
翔太「プロデューサーさんが笑わせるんでしょ……」
P『よって、この旅行一日目は、笑うことを禁止する』
冬馬「何かみたことあんぞこれ」
北斗「これってガキつ」デデーン
三人「!?」
ホクト、アウトー
北斗「いたいいたいいたい!」
P『発言には気をつけたまえ』
翔太「本当にどこかで見てるんじゃないのこの人」
9: 以下、
P『とにかくだ、一日目は笑ってはいけない。そう……黒井&Pプロデュース……絶対に笑ってはいけないクロワゴンの旅だ!』
冬馬「突っ込むなよ北斗」
北斗「ああ、わかってる」
翔太「何のひねりもないね」
P『せいぜい頑張りたまえよ。それではアデュ』ガチャ
黒井『ちょっとP!また他の女の子とお話してるでしょ!』
三人「!?」
10: 以下、
P『!?お、お前ここには入ってくんなって……』
黒井『あ、やっぱりー誰かとお話してる!』
P『ちょ……』
黒井『もう許さないんだからー!』ポカポカ
P『ご、ごめんごめん!』
黒井『ばかー!』ポカポカ
プツン
男性「いかがでしたか?」
三人「wwwwwwwww」
11: 以下、
ゼンイン、アウトー
冬馬「いてえええええ!wひきょ、ひきょうだろててててて!」
北斗「つ、ツインテールwいたいいたいいたい!」
翔太「ミニスカートwああ痛いっていたいいたい!」
―――
――

三人「……」
冬馬「おい、やべぇぞこれ……」
北斗「殺りにきてるな……」
翔太「僕帰りたい……」
男性「それでは皆様、車の方にお乗りください」
北斗「どうする?」
冬馬「どうするったって……これ外れねぇし……」
翔太「乗るしかないよね……」
三人「……」
―――
――

12: 以下、
―車内―
冬馬「広すぎんだろ……」
北斗「座席があるんじゃないんだな」
翔太「真ん中にテーブルがあってまるで部屋みたいになってるね」
冬馬「まあトラックぐらいでかかったしな」
北斗「運転席は見えないようになってるんだな」
翔太「うわ何かこの車専用のシートベルトがあるみたいだよ」
冬馬「マジかよ……大型モニターもあるし、どんだけ金かけてんだ……」
北斗「とりあえずシートベルトをつけて好きなところに座ればいいのか?」
翔太「シートベルトってなんだっけ……」
13: 以下、
男性『皆様お座りになられましたか?』
冬馬「あ、おう」
北斗「スピーカーからか……」
翔太「ねぇ僕たちは座ってればいいの?」
男性『はい、今からプロデューサー様をお迎えに行きますので、天ヶ瀬様、伊集院様、トイレ様は楽にしていてください』
冬馬「……おう」
北斗「……はい」
翔太「……」
14: 以下、
男性『?どうかされましたか?トイレ様?』
冬馬「……」プルプル
北斗「……」ピクピク
翔太「……」
男性『トイレ様?』
冬馬「くっふふ……」
北斗「ふ、ふふふ……」
男性『トイレ様?』
二人「www」
トウマ、ホクト、アウトー
二人「いたいいたいいたい!」
翔太「……何でもないよ」
男性『それでは出発致します』
翔太「ひどいよ二人とも……」
冬馬「わ、わりい翔太……」プルプル
北斗「悪気はないんだ……」ピクピク
―――
――

15: 以下、
冬馬「これ本当に走ってんのか?」
北斗「全く揺れないな」
翔太「どんな技術なんだろうね」
冬馬「しかし、まああれだな……」
北斗「暇だな……」
翔太「笑えないから下手なことできないしね」
冬馬「喉渇いたし何か飲むか……」
北斗「冷蔵庫まであるんだな……」
翔太「これで笑えたら最高なのに……」
冬馬「さて、何が入って……」ガチャ
北斗「?どうした冬馬?」
翔太「?」
冬馬「……」スッ…
北斗「」
翔太「」
冬馬「グレイテストストライカーだ……」
17: 以下、
前作も面白かったけどこれもやばそうだな
期待
18: 以下、
グレイテストストライカー!
19: 以下、
北斗「……ふ」ピクピク
翔太「くふ……」プルプル
冬馬「音声認識コントローラーもある……」スッ
北斗「www」
翔太「www」
ホクト、ショウタ、アウトー
北斗「いたたたたたたた!!」
翔太「や、やめてよ冬馬くん!痛い痛い!」
冬馬「お、俺は悪くねぇだろ!」
―――
――

20: 以下、
翔太「ねえ、このテーブルさ……」
冬馬「おう」
北斗「引き出しがあるな……何故か」
冬馬「……おう」
翔太「……開ける?」
北斗「危険だな……」
冬馬「……グレイテストストライカーの件もあるしな」
翔太「ふ……」
北斗「くっ……」
21: 以下、
デデーン
二人「!?」
ホクト、ショウタ、アウトー
二人「いたいいたいいたい!!」
北斗「と、冬馬!」
翔太「ひどいよ!」
冬馬「わ、わりぃ……」
翔太「罰として冬馬くんが引き出し開けてよ!」
冬馬「はぁ!?」
北斗「そうだな」
冬馬「いやいやいやちょっと待てよ!」
二人「……」ジッ
冬馬「……チッ、わかったよ」
翔太「流石冬馬くん!」
北斗「気をつけろよ」
22: 以下、
冬馬「じゃあ、まずはここから開けるぜ……」
翔太「頑張って!」
北斗「何かあっても下手に触るなよ」
冬馬「ふぅ……おらぁ!!」
北斗「勢いw」
デデーン
北斗「あ」
ホクト、アウトー
北斗「いたたたたたたたたた!」
翔太「何やってんのw」
デデーン
翔太「あ」
ショウタ、アウトー
翔太「ち、違う痛い痛い!」 
冬馬「お前らw」
デデーン
冬馬「あ」
トウマ、アウトー
冬馬「くっそいたたたたたた!」
―――
――

23: 以下、
三人「……」
北斗「……で、冬馬、なにが入ってた?」
冬馬「……」
翔太「冬馬くん?」
冬馬「何も……」
二人「え?」
冬馬「何も入ってなかった……」
北斗「……」
翔太「……」
冬馬「……」
24: 以下、
冬馬「あーもう、次開けるぜ!」
北斗「ああ!どんどんいこう!」
翔太「もう怖くないよ!」
冬馬「よっしゃ、おらぁ!!」
北斗「ふ……何かあったか?」
冬馬「ん?なんだこれ?」スッ
翔太「日記帳?」
――Pくんのにっき
三人「……」
冬馬「見るか……?これ」
北斗「まあ……ここまできたら」
翔太「ちょっと見たいよね……」
冬馬「よし!よし!開くぞ!」
北斗「ああ!」
翔太「うん!」
25: 以下、
○がつ×にち
きょうはおしごとをした。おわり
冬馬「おいふざけてんのか」
北斗「……」ピクピク
翔太「絵日記なんだね」
ペラッ
○がつ×にち
きょうもおしごとをした。おわり
冬馬「全部ひらがななのがうぜぇ」
北斗「……ふぅ」
翔太「読みづらいね」
ペラッ
○がつ×にち
きょうはおーるないとダンシングだった。おわり
26: 以下、
冬馬「……ふ」
北斗「……」プルプル
翔太「……もっと見る?」
ペラッ
○がつ×にち
くろいしゃちゃうがとまりにきた。へくせんをちょっとやった。おわり
冬馬「あのおっさんまた泊まりにいったのかよ」
北斗「ヘクセンってのは冬馬が選んだゲームだったか」
翔太「しゃちゃうになってるよ」
冬馬「ふ……」
北斗「く……」
翔太「あ、ごめん」
ペラッ
○がつ×にち
へくせんはふたりできょうりょくしてできるみたいだ。おわり
冬馬「ヘクセンはもういいっつうの」
北斗「……」
翔太「北斗くん大丈夫?」
ペラッ
○がつ×にち
ついにへくせんをくりあした。くろいしゃちょうがないた。おわり
27: 以下、
冬馬「泣くなよ……」プルプル
北斗「ふぅー、ふぅー」ピクピク
翔太「きっと嬉しかったんだよ」
冬馬「翔太ぁ!」
翔太「あ、ご、ごめんね」
北斗「……」ピクピクプルプル
冬馬「こっから先は仕事したばっかりだな」パラパラ
北斗「まあ……ごほっ、忙し、ごほっ忙しいんだろ」
翔太「北斗くん大丈夫?」
冬馬「ん?」
○がつ×にち
くろいしゃちょうとあいのりをみた。おわり
冬馬「何であいのり見てんだよ……」パラパラ
北斗「ふっ、ふっ、ふっ……」
翔太「本当仲いいね……」
ペラッ
○がつ×にち
さいきんまいにちあいのりをみてる。おわり
28: 以下、
冬馬「まあこの後は仕事とあいのりの話しかないみたいだな」パンッ
北斗「助かった……」
翔太「あれ?冬馬くん、裏に何か書いてあるみたいだよ」
冬馬「ん?えーと……」
――ノンフィクション
冬馬「日記なんだから当たり前だろ……」
翔太「何がしたかったんだろう……」
北斗「ふ、くくっふ、ふふふ」
デデーン
北斗「ああ!」
ホクト、アウトー
北斗「あいたたたたたたたた!」
冬馬「せっかく耐えてたのにな」
翔太「最後に変なツボつかれたね」
―――
――

29: 以下、
冬馬「うし!次だぜ!」
翔太「さっきも耐えられたし今度も平気だよね!」
北斗「チャオー☆」
二人「www」
トウマ、ショウタ、アウトー
冬馬「ほ、ほくとぁ!いてぇいてぇ!」
翔太「や、やめてよ!いたたたたたた!」
北斗「お、俺だけふ、ふふふ」
ホクト、アウトー
北斗「あああいたいたい!!」
冬馬「自爆してんじゃねーかw」
デデーン
冬馬「あいたたたたたた!!」
翔太「僕もう笑わないからね……」
北斗「悪かった」
30: 以下、
冬馬「ふぅ、開けるぜ」
北斗「ああ」
翔太「うん」
冬馬「おらぁ!!」
北斗「……冬馬、それどうにかならないか」ピクピク
翔太「普通に開けてよ……」
冬馬「……」
北斗「……何があったんだ?」
翔太「もうやだよ……」
冬馬「……」スッ…
――スーパーマリオ64×2
二人「……」
冬馬「……」クルッ
――まさし×2
三人「wwwwwwwww」
冬馬「ちくしょうwwwいてぇwww」ビリビリ
北斗「おっほwwwおぅっふぉwww」ビリビリ
翔太「あああ痛いいたいってぇwww」ビリビリ
―――
――

31: 以下、
冬馬「はー、はー……最後、最後だ……」
翔太「あれ以上はないよね……」
北斗「……」プルプルプルプル
翔太「北斗くん死んじゃうよ……」
冬馬「いくぜ!おらぁ!!」
翔太「あ、もう北斗くん見ないようにしたんだ」
北斗「な、何かあったか……?」プルプル
翔太「……冬馬くん?」
冬馬「……」スッ…
――スーパーまさし64
32: 以下、
ビリビリビリビリ
冬馬「な、何をwww何を作ってんだあいつらぁwww」
翔太「ひどいwwwひどいよwww」
北斗「wwwwwwww」ヒューヒュー
ビリビリビリビリ
冬馬「ああああちくしょうwww」
翔太「もうどこが痛いのかwww」
北斗「wwwwwwww」バタバタバタ
ビリビリビリビリ
三人「ああああああああああ」
―――
――

34: 以下、
男性『そろそろ目的地に着きます』
冬馬「……おう」
翔太「……うん」
北斗「……」
冬馬「北斗、そろそろ着くってよ……」
北斗「あ、ああ……」ムクリ
翔太「もう限界っぽいね……」
男性『プロデューサー様が見えてまいりました。皆様、窓の外をご覧ください』
冬馬「外ったってこれ中からも見えねえ……うお!?」
北斗「窓がクリアになっていく……」
翔太「本当ムダにハイテクだね……」
冬馬「お、あれがプロデューサーか」
北斗「何かあると思ったが……」
翔太「別に普通の格好だね」
35: 以下、
冬馬「ていうかここどこだよ」
翔太「田んぼばっかりだね」
北斗「だいぶ時間経ってるみたいだな……ん?」
冬馬「どうした?」
北斗「いや、あれプロデューサーさん何か持ってないか?」
翔太「あ、本当だ。……ダンボールの板?」
冬馬「何か書いてあるな……」
北斗「近づいてきたぞ……」
――真実の愛を求めて、P
三人「wwwwww」
デデーン
三人「いたいいたいいたい!!」
37: 以下、
冬馬「かはっはぁ、何であいのり風何だよ!」
北斗「……もうダメだ……」ピクピク
翔太「さっきの日記このためだったんだね……」
冬馬「ん?……そういやこの旅って……」
北斗「……クロワゴンの旅だったな」
翔太「……ラブワゴン」
三人「………」
冬馬「あいのりに影響されすぎだろ……」
北斗「ハマったのか……」
翔太「いい歳した二人が……」
―――
――

39: 以下、
男性『プロデューサー様が乗車されます』
冬馬「あいつが乗ってくんのか……」
北斗「俺たちは降りられないんだな……」
翔太「僕外の空気吸いたい……」
ガラッ
P「よお!お前ら!」
冬馬「腹立つな……」
北斗「冬馬じゃないけど殴りたい」
翔太「チャオしないくらいだもんね……」
P「どうしたどうした?元気がないぞ!はっはっはっ!」
デデーン
三人「!?」
プロデューサー、アウトー
P「あああああああいたいぃぃぃぃ!」
三人「www」
デデーン
冬馬「な、なんであいつもwいてぇいてぇw」
北斗「いたたたたたw何だあのリアクションwww」
翔太「ひきょうだよwいたいいたいひきょうだよぉw」
―――
――

40: 以下、
体を張るなんてPの鏡だな(目を反らし)
41: 以下、
P「ほら、昼飯持ってきてやったんだぞ!」
冬馬「もう夜飯でいいよ……」
翔太「早く終わって……」
北斗「俺なんて昨日からほとんど寝てないんだぞ……」
P「何だお前ら、昼飯いらないのか?」
冬馬「いや食うけどよ」
北斗「食べたら少し回復できるかもですし」
翔太「ねえねえ!何持ってきてくれたの?」
P「流しそうめんセットだ!」
翔太「え、それってあの回る……」
北斗「翔太ぁ!」
冬馬「そっとしておけぇ!」
翔太「え、う、うん」
42: 以下、
P「よし、じゃあ早やるか!」ドンッ
翔太「あ、やっぱりこれなんだ……」
冬馬「……くそが」ボソッ
北斗「……ふざけないでくださいよ」ボソッ
P「早食うか!ほら皿!」
冬馬「……」
北斗「……」
翔太「あ、ありがとう」
P「つゆだ!」ドンッ
冬馬、北斗「(ムダにでかい)」
P「よーし!じゃあ始めるか!」
ガラッ
三人「!?」
黒井「……」
冬馬「(ビデオの恰好だ……)」
北斗「ふ、く……」
翔太「(網タイツまで履いてる……)」
43: 以下、
P「黒子……」
冬馬「ふ……」
北斗「ふうぅぅぅぅぅぅん」ピクピク
翔太「くふ……ふ」
黒子「……」
P「……」
冬馬「……」
北斗「……」プルプル
翔太「……」
黒子「まだ話は終わってないわよぉ?!」クネクネ
冬馬「ぶほっ!」
北斗「ぼふほぉっ!!」
翔太「えふっえはっ!」
44: 以下、
黒子「ちょっとこっちきなさいP!」プンプン
P「ま、待ってくれ!今は友達と!」
黒子「問答むよお?う!」グワシッ
P「あ、ああ助けてくれ冬馬!」
冬馬「ごほっおほっえへっ」
P「ほくとぉ!」
北斗「はっはっはっはっ」ヒューヒュー
P「翔太ぁぁぁぁ!」
翔太「ふ、ふふふふふ、く、ふふふ」
黒子「問答むよお?う!」ズルズル
P「ああああああああ……」
黒子「問答むよお?う!」ガラッ
P「じゅ、じゅぴたああああああああ!!」
黒子「問答むよお?う!」バンッ
45: 以下、
シーン…
三人「wwwwwwwwwwww」
ゼンイン、アウトー
冬馬「しかたっwwwしかたねぇwwwしかたねぇだろwww」
翔太「なwwwんなのwwwもうwww」
北斗「い、息がwww息がwwwできなwww」
ビリビリビリビリ
―――
――

46: 以下、
冬馬「……」
北斗「……」
翔太「……」
冬馬「……そうめん」
北斗「ん……」
翔太「うん……」
冬馬「そうめん……食うか」
北斗「ああ……」
翔太「うん……」
冬馬「流すか……?」
翔太「いいよ、ザルから直接で……」
北斗「ああ……」
冬馬「……いただきます」
北斗「いただきます……」
翔太「いただきます……」
―――
――

47: 以下、
男性『P様が戻られました』
冬馬「いいよ戻ってこなくて……」
翔太「僕トイレ行きたいんだけど……」
北斗「く、ふふふ」
冬馬「朝の思い出したか」
デデーン
北斗「はいはいwww」
冬馬「壊れたな」
翔太「壊れたね」
ガラッ
P「ただいま……」ボロッ…
三人「www」
デデーン
冬馬「ボロボロじゃねえかwww」ビリビリ
翔太「何があったのwww」ビリビリ
北斗「あははははははははひぃっひひひひひひふwww」ビリビリ
―――
――

48: 以下、
P「よーし、お前らトイレ休憩は済んだかー?」
冬馬「トイレ以外何もなかったな」
北斗「どこなんだここは……」
翔太「トイレがポツンと田んぼの中に立っててシュールだったよ……」
P「がんばれがんばれー、次の目的地に向かうぞー!」
冬馬「どこいくんだよ……」
P「ひ、み、ちゅ!」
北斗「ああはい」
翔太「どこでもいいから帰りたい……」
P「さあいくぞー!」
冬馬「お前服着替えろよ」
―――
――

49: 以下、
P「ポッキー食べるか?」
冬馬「いらねーよ」
北斗「俺もいらないです」
翔太「僕食べる」
P「はい、翔太きゅん!」
翔太「ありがとう」
冬馬「翔太きゅんで笑ってたのが懐かしいな……」
北斗「あの頃は良かった……」
P「あなたと私とポッキー!」
翔太「美味しいね、ポッキー」
50: 以下、
ウィ、ウィ、ウィ、ウィ、ウィ
冬馬「おっさんな声がするぞ」
北斗「何でこんなに小刻みに……」
翔太「……」 ポリポリ
P「黒井社長から連絡だな、出るぞ」ピッ
冬馬「着信音かよ」
北斗「くだらないな」
翔太「悟ったね北斗くん」
ウィ……
黒井『ウィ、私だ』
冬馬「モニターに出んのかよ」
北斗「www」
デデーン
北斗「いたいいたいいたいいたい」
翔太「やっぱりダメだった」
P「黒井社長、何か?」
冬馬「黒子とは別人設定なのか」
翔太「どうでもいいよ……」
北斗「……」ピクピク
51: 以下、
黒井『そちらに強烈な怨みを持った者が近づいている。気をつけろ』
P「強烈な怨みを持ったもの……?一体……」
冬馬「何か始まったぞ」
北斗「勘弁してくださいよ……」
翔太「僕たち置いてきぼりだね」
黒井『それは私にもわからない。ただ、覚悟したほうがいいだろう』
P「わかりました……では、無事生き残れたらまた……」
黒井『ああ……無事を祈っているぞ……それでは、あで……アデュー』
冬馬「噛んだぞおい」
北斗「ふ、くくく……」
翔太「ふふ、ふふふ……」
デデーン
北斗「痛いんですってもおおおおお!!」
翔太「いやだ!いやだあああああ!」
52: 以下、
P「聞いたかお前たち」
冬馬「おう」
北斗「はい……」
翔太「うん……」
P「何者かが俺たちを狙っている……だがこのワゴン車はそう簡単に――」
キキー、ドォン!
三人「!?」
P「ば、ばかな!?止められただと……!」ギリィ
冬馬「ちょっと驚いたな」
翔太「心臓に悪いね」
北斗「少し目が覚めたよ」
53: 以下、
P「だがまだだ!そう簡単にこの中へは――」
ガラッ!
P「なにぃ!?」
冬馬「また誰か入ってくんのか」
北斗「仕掛け人は黒井社長とプロデューサーさんだけだよな」
翔太「じゃあクロちゃんだね」
???「おい……」
P「お、お前は……!?」
男「……」
三人「(……誰だよ……)」
冬馬「マジで誰だよ……」
北斗「見たことないな……」
翔太「知らない人雇わないでよ……」
54: 以下、
男「……」スタスタ
三人「(入ってきた……)」
P「あ、ああ……」
冬馬「何であいつはあんなにびびってんだ」
北斗「設定がわからないな」
翔太「どうせロクなものじゃないよ」
男「……どこに隠した?」
P「し、知らない……俺は何も……」
冬馬「何か探してんのか」
北斗「何だろうな」
翔太「この中ふざけたものしかないよ」
55: 以下、
男「……うそついてんじゃねぇぞ」
P「う、うそなんか……」
バァン!!
冬馬「机殴ったな」
北斗「あれ痛いぞ結構」
翔太「すごい演技力だね」
男「……」ギロッ
三人「(こっち見るなよ……)」
男「……おい、そこのお前ちょっとこい」
北斗「翔太お前だぞ」ヒソヒソ
冬馬「ご指名だ」ヒソヒソ
翔太「ええ……やだよぉ」ヒソヒソ
男「さっさとこいよ!」バァン!!
北斗「いってやれ」ヒソヒソ
冬馬「ああ、あいつの手が無事なうちに」ヒソヒソ
男「こいってんだよ!」
翔太「わ、わかったよ……」スッ
56: 以下、
男「ほぉ……ふぅん……」ジロジロ
冬馬「近すぎねぇ?」
北斗「あれ逆に見えてないよな」
男「ふん……」
翔太「うぅ……」
男「お前じゃねぇな、悪かった。これやるよ」
翔太「え、ありがとう」
冬馬「意外といい奴じゃねぇか」ピクピク
北斗「態度変わりすぎ」プルプル
翔太「ただいま……」
冬馬「何貰ったんだ?」
翔太「これ……」
――ディディーコングレーシング
北斗「何でゲームのカセット……」プルプル
冬馬「意味が、わからねぇ……」ピクピク
57: 以下、
男「次、金髪」チョイチョイ
北斗「俺か……」スッ
冬馬「がんばれよ」ヒソヒソ
翔太「多分大丈夫だよ」ヒソヒソ
男「こっちこい」
北斗「やれやれ……男からのお誘いは専門外なんだが……」スタスタ
男「……好きだ」
北斗「は?」
男「好きだああああああああ!これを受け取ってください!」
翔太「モテモテじゃん」ピクピク
冬馬「どこが専門外なんだよ……」プルプル
北斗「……ただいま」
翔太「良かったね」プルプル
北斗「良くないよ……」
冬馬「何もらった?」
北斗「これ……」
――爆ボンバーマン
冬馬「だから何で……」ピクピク
翔太「ゲームのカセット何だろう……」
58: 以下、
男「次、そこのセンターっぽいの」
冬馬「俺だな……」スッ
翔太「ていうかあの人僕たちのこと知ってるよね」ヒソヒソ
北斗「多分な」ヒソヒソ
男「こっちこい」チョイチョイ
冬馬「おう」スタスタ
翔太「どうどうとしてるね」
北斗「まあもう慣れただろ」
男「ん?……ん??お前??」
冬馬「な、何だよ……」
男「臭うな……」
冬馬「は……?」
翔太「冬馬くん……」
北斗「大丈夫、俺たちは友達だ……!」
男「ちょっと良く嗅がせろよ」
冬馬「や、やめろって……」
男「ん、ん??でもお前じゃねぇな……悪かったよ疑って。ごめんなはいこれ」
冬馬「お、おう……」
翔太「そもそも何を疑ってるんだろう」
北斗「ちょっとわからないな」
59: 以下、
冬馬「戻ったぜ……」
翔太「何もらった?」
冬馬「これ……」
――ゼルダの伝説、時のオカリナ
北斗「やっぱりゲームのカセットなんだな……」
翔太「一体どういうことなんだろう……」
冬馬「わからん……全くわからん……」
男「……はぁ?」
P「ひぃっ」
男「やっぱりてめぇだなぁ?」
P「ち、違う!」
60: 以下、
男「俺の顔、覚えてんだろぉ??」
P「し、知らないな……」
翔太「いつまで続くのこれ……」
北斗「さぁ……」
冬馬「あいつだけ長いよな」
男「目ぇあわせろや!」バァン!!
P「ひっ」
男「俺はおめぇの顔ちゃ?んと覚えてるぜ」
P「な、何のことだか……」
男「しらばっくれんじゃねぇよ!返すまで逃がさねえからな!」
P「ひぃっ」
翔太「なんなの……」
北斗「わからないな……」
冬馬「……」
北斗「ん?どうした冬馬?」
男「さっさと出せって言ってんだよ!」
P「ひぃっ!」
冬馬「いやこれ……さっきのゲームだけどよ……」
翔太「ゲームがどうかしたの?」
61: 以下、
冬馬「裏に……」クルッ
翔太「」
北斗「」
――まさし
男「俺の、まさし様のスーパーマリオ64をよぉ!!」バァン!!
P「ひいぃっ!!」
まさし「出せねぇってんなら連れてくしかねぇなぁ……」ガシッ
P「や、やめてくれ……」ガタガタ
まさし「おらああああああ」ズルズル
P「ああああああああああ!!」
まさし「邪魔したな!」バンッ
三人「……」
三人「……wwwwwwwww」
デデーン
62: 以下、
続きは明日にでも
63: 以下、
乙です。
まさし借りパクされとったんかい!
66: 以下、
いいテンポ
67: 以下、
―――
――

冬馬「まさしだったんだな……」
北斗「そういえば冬馬はさっきあのカセット触ってたな……」
翔太「それで臭ったんだ……」
冬馬「ていうかよ」
北斗「うん?」
翔太「何?」
冬馬「臭いでわかるならあそこにあるの持って帰れよ……」
北斗「んふっ」
翔太「ふっ」
ホクト、ショウタ、アウトー
北斗「冬馬!やめいたたたたたたた!」
翔太「痛い痛い冬馬くん!」
冬馬「いや悪いつい……」
68: 以下、
男性『出発いたします』
冬馬「あれ?」
北斗「プロデューサーさん待たないんだな」
翔太「もう来なくてもいいけどね……」
男性『目的地まで時間がかかりますのでその間ビデオでもご覧ください』
ピッ
冬馬「見たくねぇ……」
北斗「寝ててもいいかな?」
翔太「寝れるならね……」
北斗『バッチコーイ!』パンッ!パンッ!
三人「www」
デデーン
69: 以下、
冬馬「いだだだだだだ!」
北斗「あああああああ!」
翔太「これ痛い!この間の痛い痛い!」
男性『失礼致しました。流すビデオを間違えました』
冬馬「何であれの映像があんだよ……」
翔太「いつ撮ってたんだろう……」
北斗「飲み過ぎたな……」
男性『それでは改めてご覧ください』
ピッ
黒子『ディーフェンス!ディーフェンス!』
三人「www」
デデーン
70: 以下、
三人「いたたたたたたたた!!」
冬馬「はぁ、はぁ、やめろよ本当もう!」
北斗「……」ピクピク
翔太「これは卑怯だよ!」
黒子『へい!パスパース!』
冬馬「何でバスケなんだよ……」
翔太「クロちゃん体張りすぎでしょ……」
北斗「……っはぁ」
ダムダム、キュキュッ、ダムダム
黒子『スリーポイーンツ!』
―――
――

71: 以下、
冬馬「ずっとおっさんがバスケしてる映像だな」
黒子『バスケが……したいです……』
翔太「やってるじゃん」
北斗「ふっ」
ホクト、アウトー
北斗「翔太ぁ!いたたたたたた」
翔太「ご、ごめん」
黒子『大好きです。今度は嘘じゃないっす』
冬馬「……あ」
翔太「え?どうしたの?」
北斗「?」
冬馬「…………黒子のバスケ」ボソッ
翔太「くふっ」
北斗「んふっ」
デデーン
72: 以下、
二人「痛い痛い痛い!!」
冬馬「怒られんぞぉ!」
北斗「く、くっだらない」ピクピク
翔太「そういうことだったんだ……」
黒子『スリーポイーンツ!!』
―――
――

男性『目的地が見えて参りました。皆様も外をご覧ください』
冬馬「長かったな……」
北斗「ビデオもとっくに終わってるしな」
翔太「外は夕方みたいだね」
冬馬「もう夜でいいって……」
ブゥゥゥゥゥン
73: 以下、
三人「?」
P「うおおおおおおおおお!!」ブゥゥゥゥゥン
まさし「まてやこらぁぁぁぁぁぁ!」パラリラパラリラ
P「捕まってたまるかあああああ!」
まさし「返せやあああああああ!」
三人「……」
冬馬「あいつ、バイクの免許持ってたんだな」
北斗「このために合流しなかったのか」
翔太「楽しそうだね」
P「うおおおおおおお!」ブゥゥゥゥゥン
冬馬「通り過ぎたな」
北斗「ああ」
翔太「うん」
まさし「ヤッホホォーウッヤッフィー!」パラリラパラリラ
三人「www」
デデーン
冬馬「まさ、まさしぃぃぃぃい!」 
北斗「ゆ、油断しあいたたたたた!」
翔太「笑わないですむと思ったのにいたたたたた!」
―――
――

74: 以下、
男性『目的地に到着致しました。皆様降車をお願いします』
冬馬「あ、降りていいんだな」
北斗「助かる……」
翔太「やった……やった……」
男性『暗くなっておりますので足下にお気をつけください』
冬馬「おう」
北斗「はい」
翔太「うん」
―――
――

75: 以下、
冬馬「はー!久しぶりの外の空気だぜ!」
北斗「生き返るな……」
翔太「ねえ二人とも……」
冬馬「ん?うおっ」
北斗「これまた立派な……」
翔太「旅館、だよね……真っ黒の」
男性『こちらは本日皆様に御宿泊していただく黒井の宿でございます』 
冬馬「いやな名前だな」
北斗「泊まりたくなくなるな」
翔太「まあでもこのワゴンの中よりはましじゃない?」
男性『では玄関までご案内します』
76: 以下、
冬馬「なあ、俺たちの荷物車の中だぜ」
男性『私が後ほどお部屋まで運ばせていただきます』
冬馬「そっか、サンキュー」
北斗「あの人も大変だな……」
翔太「本当はこんなのやりたくないだろうね……」
―――
――

―中庭―
冬馬「!……おい、あれ……」
北斗「プロデューサーさんが乗ってたバイクだな……」
翔太「スクラップになってるよ……何があったんだろう……」
冬馬「多分何もなかったんだろ」
北斗「だな」
翔太「そうだね」
冬馬「流石にもう慣れたぜ」
北斗「もう簡単には笑わないな」
翔太「痛いの嫌だしね」
―――
――

77: 以下、
―玄関―
キャッキャウフフ
冬馬「何か騒がしいな」
北斗「何だろうな」
翔太「……あれ」スッ
P「もうっやーめーろーよ」
まさし「お前が先にやったんだろー」
キャッキャ
三人「www」
デデーン
冬馬「くそ……くそが……」ビリビリ
北斗「ふ、くく……」ビリビリ
翔太「何で……仲良く……」ビリビリ
78: 以下、
P「あ、そろそろ時間だから……」
まさし「あ、そうか……その、またな!」
P「おうっ」
まさし「今度お前の家いくからな!」ダッ
P「待ってる!待ってるぞーまさしー!」ブンブン
三人「……」
―――
――

P「ようお前ら!久しぶり!」
冬馬「……おう」
北斗「はい……」
翔太「どうせまたボロボロだと思ってたのに……」
P「何だか暗いぞー!よし!まずは風呂でもいくかー!」
冬馬「俺たちの荷物まだワゴンの中だぜ」
北斗「確かに風呂は入りたいですけど……」
翔太「着替えとかどうするの?」
P「こっちで準備してあるから大丈夫だ!ここの温泉はすごいぞー!」
冬馬「嫌な予感しかしねぇよ」
北斗「絶対何かあるな」
翔太「荷物取りに行きたい……」
P「さあ!旅館に入るぞ!」
79: 以下、
―旅館内―
P「こーんにーちわー!!」
冬馬「うるさっ」
北斗「……」
翔太「もうこんばんはでしょ……」
ハーイ!
三人「!?」
冬馬「おい、この声……」ヒソヒソ
北斗「黒子……黒子だ……」ヒソヒソ
翔太「気合い入れなきゃ……」ヒソヒソ
パタパタパタ
黒子「お帰りなさいませ!ご主人様!」キャピッ
三人「wwwwww」
デデーン
80: 以下、
三人「あだだだだだだだだ!!」
P「予約してたPです」
黒子「はーい!早ごあんなーい!」クネクネ
冬馬「もうなんなんだよあいつ……」プルプル
北斗「何で……旅館にメイド……」ピクピク
翔太「意味わかんないってもう……」プルプル
P「あ、先に風呂行きたいんですけど」
黒子「はーい!早ごあんなーい!」クネクネ
冬馬「お前ら知り合いじゃねえのかよ……」
北斗「と、冬馬……」ピクピク
冬馬「あ、わりぃ」
翔太「……」プルプル
黒子「ごあんなーい!」クネクネ
―――
――

81: 以下、
黒子「ルンルン♪」
冬馬「なあこの旅館……」
北斗「至る所に……」 
翔太「クロちゃんの写真とか貼ってあるね……」
P「お前ら遅れるなよー」
冬馬「黒井ニュースってなんだよ……」
北斗「新聞みたいなものか」
翔太「読みたくないけど目に入っちゃうね……」
――黒井、遂にヘクセンを全クリ!
――祝!プロデューサー宅宿泊通算30日突破!
冬馬「心底どうでもいいな」
北斗「わざわざこれも作ったんだろうな」
翔太「そういえば中庭には銅像もあったね……クロちゃんの」
黒子「ルンルン♪」
―――
――

82: 以下、
黒子「こちらが当館自慢の温泉になりま?す!」
P「着いたぞお前らー」
冬馬「おう」
北斗「はい」
翔太「うん」
P「じゃ、お前らとっとと入ってこい」
冬馬「アンタは?」
北斗「入らないんですか?」
翔太「せっかくだしプロデューサーさんも入ろうよ」
P「ばっかお前ら俺は……」チラッ
黒子「キャッ……」ポッ
P「黒子と入んだよ」ボソッ
三人「……」
P「さ、行こうぜ」スッ
黒子「……はい」ポッ
P「お前らはゆっくり入ってこいよ」
三人「……」
P「またなー」ヒラヒラ
三人「……」
―――
――

83: 以下、
―温泉内―
冬馬「……」
北斗「……」
翔太「あれ、言ってて気持ち悪くないのかな……」
冬馬「鳥肌が立ったぜ……」
北斗「吐きそうだった……」
翔太「うん、僕も……」
冬馬「……」
北斗「……」
翔太「……」
カポーン
―――
――

84: 以下、
―脱衣場―
冬馬「いやー、流石に風呂には仕掛けがなくて良かったぜ」
翔太「だねー、さっぱりしたよ」
北斗「生き返ったな。……?」
冬馬「着替えも普通の浴衣だし心配して損したな」
翔太「うん!そうだね!」
北斗「……」
冬馬「ん?北斗、どうかしたか?」
翔太「北斗くん?」
北斗「あ、いや……」
冬馬「さっさと浴衣着ちまえよ」
翔太「僕おなか減った。次はきっとご飯だよ!北斗くん!」
北斗「着ていいか……?」
85: 以下、
冬馬「は?当たり前だろ」
翔太「何言ってるの?」
北斗「……わかった」ゴソゴソ
冬馬「……」
翔太「……」
北斗「……着たぞ」
冬馬「……」
翔太「……」
北斗「黒子とお揃いのメイド服」
冬馬「ふっ」
翔太「くふっ」
デデーン
86: 以下、
P「お、お前らやっと出てきたか」
冬馬「おう……」
翔太「うん……」
北斗「……」
P「次は飯だ飯!宴会場いくぞー!」
冬馬「おう……」
北斗「……」
翔太「北斗くんちょっと離れて歩いてくれないかな……」
北斗「……」
翔太「笑っちゃうから……」
P「いくぞー」
―――
――

88: 以下、
―宴会場―
P「さあお前ら晩飯だ!」
冬馬「無駄に豪華だな……」
北斗「……」
翔太「ご、ごめん北斗くん元気だしてよ……ほら、美味しそうだよ!」
北斗「……ああ」
P「好きなように食ってくれ」
三人「いただきます」
冬馬「うわ、うめぇ……」
翔太「何これすっごく美味しいよ!」
北斗「……ちょっと元気出たよ」
P「うんうん、ゆっくり食べていいからな、よっこいしょっと」
冬馬「またどっかいくのか」
P「おう!また後でな!」
翔太「美味しい!美味しい!」
北斗「そうめんしか食べてなかったから染みるな……」
―――
――

89: 以下、
冬馬「ふー食った食った!」
北斗「美味かったな」
翔太「今日一番幸せだったよ!」
冬馬「俺のデザートやるよ翔太」
翔太「本当?ありがとう冬馬くん!」
北斗「しかし、こんなに広いのに俺たちだけってのはシュールだな……」
冬馬「まあ確かにな」
翔太「僕たちしかお客さんいないだろうしねー」モグモグ
ガラッ
三人「?」
P「おー、お前ら食ったかー」
冬馬「おう、美味かったぜ」
北斗「ごちそうさまでした」
翔太「ありがとう!プロデューサーさん!」
P「よし、それじゃあ次はステージが始まるからなー」ガララパタン
三人「!?」
90: 以下、
冬馬「おい……ステージって……」
北斗「ずっと気になってはいたがあの緞帳……」
翔太「やっぱり舞台なんだ……」
冬馬「……嫌な予感しかしねぇ……」
北斗「もうやめてくれ……」
翔太「せっかく幸せだったのに……」
ピンポンパンポーン
三人「!?」
ご来場の皆様、本日はお集まりいただきまして、誠にありがとうございます
三人「……」
ただ今より、黒子1stライブ『私はアイドル!』を開演致します
冬馬「ふざけんなおい!!」
北斗「殺す気でしょ!殺す気でしょう!?」
翔太「嫌だあああああああ!」
91: 以下、
シャァァァァ、パパッ
黒子「……」
冬馬「もう既におもしれぇんだよくそっ!www」
北斗「ステージ衣装www」
翔太「フリフリwww」
黒子「ミュージックゥスタートォ!」
???♪
黒子「ハイっ!ハイっ!ハイっ!ハイっ!」クネクネ
冬馬「へったくそwww」
北斗「www」
翔太「もうだめwww」
※すでに笑いましたが最後までお楽しみください
92: 以下、
?music・誰だって問題むよお?う☆黒子?produce・P?
93: 以下、
黒子「私はかわいいかわいい女の子♪」
黒子「そんな私がー最近ーこいっをーしたーきゃっ///」
黒子「それは同じクラスの男の子♪」
黒子「でーもーあーのーこーにはー」
黒子「きっとー」キットー
黒子「きっとー」キットー
黒子「ほかーにーすきなこがいーるのー」シューン…
黒子「でも!でも!そーんなのかーんけーいなーいわー♪」
黒子「だって!」ダッテ!
黒子「だって!」ダッテ!
黒子「わたーしは!アイドル!」
三人「wwwwwwwwwwww」
94: 以下、
黒ちゃんノリノリだな
95: 以下、
黒子「だから……」
黒子「問題むよお?う☆問題むよお?う☆」
黒子「たとえどーんなー壁があってもー♪」
黒子「問題むよお?う☆問題むよお?う☆」
黒子「誰だって」ダレダッテ!
黒子「誰だって」ダレダッテ!
黒子「わたーしのみりょーくでー」
黒子「問答無用でい・た・だ・く・の☆」キラッ
三人「wwwwwwwwwwww」
デデーン
96: 以下、
冬馬「あああああいてぇぇぇぇぇ!」
北斗「あいだだだだだだだだだ!!」
翔太「痛い痛い!いつもより痛い!!」
黒子「みんなー!ありがとー!」
冬馬「くそwwwくそwww」
北斗「wwwwwwwww」
翔太「お腹www痛いwwwwww」
デデーン
三人「ああああああああああ!!」
97: 以下、
シャアアアア
冬馬「はぁはぁはぁ、やっと……やっとしまったか……」
北斗「……」ピクピク
翔太「ぜぇ…ぜぇ……せ、専用曲まで準備してるなんて……」
シャアアアア
三人「!?」
黒子「プロデューサー!」ダッ
P「良くやったぞ黒子!」
冬馬「ぶ、舞台裏……?」ピクピク
北斗「まだあるの、か……」プルプル
翔太「もうムリ……」ピクピク
98: 以下、
黒子「プロデューサー!私……!私……」ポロポロ
P「こら……泣くのはまだ早いだろ……?」
黒子「え……?」
P「あの声援が聞こえないのか?」
アンコール!アンコール!アンコール!
冬馬「誰がアンコールするんだよあんなの……」ピクピク
北斗「ふ、く……」
翔太「もう聞きたくないもう聞きたくない……」
黒子「きこ……える……聞こえるよ……プロデューサー……」
P「……じゃあ、やることは分かるな?」
黒子「……うん!」ゴシゴシ
冬馬「くるな!くるなぁぁぁぁぁぁ!」
北斗「黒子!お前にファンなんていないぞ!」
翔太「帰って!もう帰って!!」
99: 以下、
P「よし、いい顔だ」
黒子「えへへ……ねぇプロデューサー?」
P「ん?何だ?」
黒子「背中……おしてくださいっ」
P「!ああ、わかった」
冬馬「おすなよ!絶対おすなよ!」
北斗「帰らせろ!」
翔太「お願いだから!」
P「よし、いって……」グッ
???「ちょっと待ってください!」
P「!?」
黒子「!?」
三人「!?」
バンッ
冬馬「な、何だ!?」
北斗「照明が!?」
翔太「これって……暗転!?」
P『この声は……まさか……』
冬馬「何だよこの演出……」
北斗「何が起きるんだ……」
翔太「このプロデューサーさんの声は心の声なのかな……」
100: 以下、
――まさか……そんなはずはない……あいつが……あいつがここにいるわけが……
冬馬「誰だよ……」
北斗「また誰か来るのか……」
翔太「怖いよもう……」
101: 以下、
パッ
高木「……」
冬馬「ぶはっ!」
北斗「ぐほぉっ!」
翔太「ぶふっ!」
高木「……プロデューサーさん……」
※すでに笑いましたが最後までお楽しみください
102: 以下、
高木「私の……私の歌を聞いて……!」
P『高美……』
高美「あなたは私を見捨てた……だけど……だけど私はやっぱり……」
P『違うんだ……俺は……!』
高美「私!あなたのアイドルでいたいんです!」
P『!!』
高美「だから……私のパフォーマンスで、あなたを取り戻してみせます!」
P『高美……俺は……』
三人「……」
103: 以下、
高美「……いきます!」
???♪
冬馬「お?これ……」
翔太「美希さんの曲だね」
北斗「Day of the futureだな」
???♪
高美「……」スゥ
バッ!
高美「Future star今はまだ未知の夢どれだけの世界が広がる」ババッ
三人「wwwwwwwww」
冬馬「キレッキレwww」
北斗「wwwwww」
翔太「なwww何でこんなに上手いのwww」
―――
――

104: 以下、
ジャジャーン
高美「はぁ……はぁ……」
P『……すごい……』
冬馬「疲れてんな」
北斗「そりゃそうだろう」
翔太「あの曲はねー」
高美「まだ……」
三人「!?」
???♪
冬馬「今度は……」
北斗「マリオネットの心だな……」
翔太「……」
P『無理だ!そんなダンサブルな曲を続けてなんて……!』
三人「wwwwww」
冬馬「言いたかっただけだろwww」
北斗「ひどいwwwこれはひどいwww」
翔太「もうやめてよwww」
高美「ねぇ消えてしまっても探してくれますか?」ババッ
三人「wwwwww」
―――
――

105: 以下、
高美「はぁ、はぁ、はぁ……」
冬馬「やりきったぜあのおっさん……」
北斗「普通にすごいな……」
翔太「まさかフルでやるなんて……」
P「高美……」
冬馬「出てきたな」
北斗「ああ」
翔太「どうなるんだろうね」
高美「プロデューサー……さん……」フラッ
P「高美!」ガシッ
冬馬「酷い絵だな」
北斗「汗だくのおっさんを支えてるからな」
翔太「フリフリ衣装のね」
高美「見てて……くれた……?」
P「高美、俺は……」
106: 以下、
高美「すごかったでしょ……?私……これでまた……私をプロデュースしてくれる……?」
冬馬「……」
北斗「……」
翔太「……ちょっと見入っちゃう演技だね」
P「高美……俺は、お前を見捨てたんじゃない……」
高美「え……?」
P「お前にもう俺は必要ないと思ったんだ」
冬馬「なるほどな……」
北斗「そういうことか……」
翔太「え、どういうこと?」
107: 以下、
P「お前はすごいよ……俺なんかじゃ到底磨きあげられないくらい……それぐらいすごい資質を持ってる。俺はあの日それに気づいたんだ……」
高美「……」
三人「……」
P「だから……俺は……」
高美「プロデューサーさん、私に最初に言ってくれた言葉、覚えてます?」
P「え?」
高美「俺たちは、相棒だって」
P「!」
高美「どんな時でも俺がお前を支えてる。だから一緒に頑張ろうなって……あの言葉があったから……私……」
P「高美……」
高美「私……プロデューサーさんじゃなきゃ嫌です……敏腕じゃなくてもいい、ちょっと抜けてるところがあってもいい……いつだって、優しい言葉をかけてくれるプロデューサーさんが、大好きなんです……」
冬馬「……」グスッ
北斗「……」
翔太「……」
108: 以下、
P「俺で…いいのか……?お前の才能は……」
高美「プロデューサーさん……」ギュッ
P「……」
高美「私たちは、相棒です」ニコッ
P「!……そう、だったな……」
高美「また………プロデュース、してくれますか?」
P「……ああ……!ああ!」
冬馬「く、う……うぅ………」
北斗「いい話だな……」ウルウル
翔太「二人はベストパートナーだったんだね………」
黒子「ちょっとぉ?!」ダンッ!
三人「!?」
109: 以下、
黒子「また他の女の子とお話してるぅ?!」プンプン
P「ちょ……」
黒子「問答むよお?う」
高美「え……」
黒子「問答むよお?う☆」
黒子「問答むよお?う問答むよお?うそう!私たちはいつだって!誰だって……」
P&高美&黒子「問答むよお?う☆」
三人「!?」
110: 以下、
黒子「私たちはかわいいかわいい女の子♪」
P「そんな私たちがー最近ーこいっをーしたーきゃっ///」
高美「それは同じクラスの男の子♪」
黒子「でーもーあーのーこーにはー」
P「きっとー」キットー
高美「きっとー」キットー
黒子「ほかーにーすきなこがいーるのー」シューン…
P「でも!でも!そーんなのかーんけーいなーいわー♪」
高美「だって!」ダッテ!
P「だって!」ダッテ!
黒子「わたーしたちは!アイドル!」
三人「wwwwwwwww」
デデーン
111: 以下、
―――
――

―旅館の一室―
冬馬「最悪だったな……」
北斗「ああ……」
翔太「……」
ガラッ
P「よーし、お前らそろそろ眠いだろー?」
三人「……」
P「そこに敷いてある布団好きに使ってもう寝ていいぞ。明日も早いからなー、早く寝ろよーおやすみ!」パタン
三人「……」
冬馬「……寝るか」
北斗「ああ……」
翔太「……」
112: 以下、
冬馬「ん……?」
北斗「どうしたんだ冬馬?」
翔太「もう寝ようよ……」
冬馬「いや、枕が何か硬くてよ……」ゴソゴソ
北斗「枕?」
翔太「ふかふかだよ?」
冬馬「中に何か……」ピタッ
北斗「どうしたんだ?」
翔太「?」
冬馬「……」スッ
北斗「」
翔太「」
冬馬「グレイテストストライカーだ……」
113: 以下、
デデーン
冬馬「いてぇ!いてぇ!いてぇ!」
北斗「いだだだだだだだだ!」
翔太「いたいいたいいたい!」
シーン
冬馬「……」
北斗「……」
翔太「……」
冬馬「……おやすみ」
北斗「おやすみ……」
翔太「おやすみ……」
―――
――

114: 以下、
冬馬「北斗のやつもう寝てやがる……」
北斗「すー……すー……」
翔太「疲れてたからね……僕たちも早く寝ようよ」
冬馬「ああ」
<ジュウウウウウ
二人「!?」
<アツイアツイヨォォォォシンヂャウウウウ
<ドウシテコンナコトスルノドウシテェェェ
<アデモチョットキモチヨク……アアー
二人「www」
デデーン
116: 以下、
冬馬「ふざ、ふざけんいてて!」
翔太「寝かせていたいいたい!」
冬馬「……」
翔太「……」
北斗「すー…すー…」
<グレイテストストライカー!
冬馬「んふっ」
翔太「くふっ」
デデーン
二人「いたたたたたた!」
117: 以下、
冬馬「やめろよもう……」
翔太「寝かせてってば……」
北斗「ん…すー…」
冬馬「羨ましいぜ……」
翔太「僕も夜から起きてれば良かった……」
<グレイテストストライカー!
冬馬「くっ」
翔太「……」プルプル
トウマ、アウトー
冬馬「やめろいてぇ!やめろぉぉお」
<グレイテストストライカー!
翔太「流石にもう笑わないよ……」
冬馬「ああ、耐えきってやるぜ……」
120: 以下、
<グレイテストストライカー!
<グレイテストストライカー!
<グレイテストストライカー!
冬馬「ああもううるせぇ!」
翔太「寝られないよ……」
<グレイテストストライカー!
<グレイテストストライカー!
冬馬「……」
翔太「……」
<グ、グレ、グレグレグレ
二人「!?」
<グレグレウィ、グレグレウィ、グレグレグレグレグレイテストストライカー!
二人「www」
デデーン
121: 以下、
冬馬「あああもういてぇ!」
翔太「なに今のwいたたたた!」
シーン
二人「……」
北斗「すー……すー……」
<グレイテストストライカー!
二人「」ビクッ
<ジュウウウウウ
冬馬「また餃子かよ……」
翔太「ていうか僕、これ良く知らないのに笑っちゃったんだけど……」
<アツイアツイヨォォォォシンヂャウウウウ
<ドウシテコンナコトスルノドウシテェェェ
<アデモチョットキモチヨク……グレイテストストライカー!
二人「wwwwww」
デデーン
122: 以下、
こうして、夜は更けていった――
123: 以下、
?翌朝?
北斗「ん?ううーん……朝か……」
冬馬「」
翔太「」
北斗「二人とも、もう朝だぞ」
冬馬「もうちょっと寝かせてくれ……」
翔太「うん……もうちょっとだけ……」
ガラッ
P「ようお前ら!おはよう!よく眠れたか?」
冬馬「今すぐぶんなぐりてぇ……」
翔太「僕も……」
北斗「チャオ☆プロデューサーさん」
P「おお!北斗は元気だな!はっはっはっ!」
デデーン
三人「!?」
プロデューサー、アウトー
P「あああああああいたいいいいいんんんん」クネクネ
三人「wwwwww」
デデーン
124: 以下、
―――
――

―宴会場―
P「よし、お前らもうそれ外していいぞ」
冬馬「あ?外していいって……」
翔太「あ、取れた!取れたよ!」
北斗「やっと解放されるのか……」
黒井「ウィ、どうだったかな?」
P「楽しかったか?」
高木「私の演技はどうだったかね?」
冬馬「何で765の社長が普通にいんだよ……」
高木「実はね、この旅行私も参加することにしたのだよ!」
P「765プロの方は問題ないぞ!黒井社長が社員を回してくれたからな!」
黒井「ウィ、王者として当然だ」
125: 以下、
三人「……」
P「いやぁ楽しかったですね!」
黒井「最高だったな。あれこそセレブの遊びだ」
高木「私も久しぶりに本気を出してしまったよ」
P&黒井&高木「はっはっはっ!」
P「さあさあお前たちも昨日の思い出を語ろうぜ!」
高木「ああ、ゆっくりと話をしようじゃないか」
黒井「私の用意したセレブな朝食をつまみながらな」
冬馬「ああ、いいぜ……」
翔太「でもその前に……」
北斗「ちょっといいですか……」
P&黒井&高木「ん?」
三人「一発殴らせろぉ!!!」
126: 以下、
こうして、旅行一日目は幕を閉じた
三人の怒りを買いながら……
後に、プロデューサーはこう語る
ああ、あれですか?ちょっとやりすぎましたね――
6人の愉快な旅は、まだ始まったばかりだ!!
   おわれ
127: 以下、
以上でとりあえず終了です
何かもういろいろとすみませんでした
130: 以下、

続け
134: 以下、
めっちゃわろた
131: 以下、
最後まで女性陣出なかったな
男だけのssもいいもんだ

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER DREAMERS 02
ランティス ランティス 2015-10-27
Amazonで詳しく見る
関連記事
- 凛「プロデューサーって、何で皆に手を出さないの?」
- 貴音「面妖な」イカ娘「ゲ、ゲソ…」
- 浜口あやめ「影法師」【R18】
- 加蓮「凛ってさ、甘えるの下手そうだよね」
- 【R-18】モバP「茜と」
- 【モバマス】「綾瀬穂乃香。趣味、特技、どちらもバレエです」
- 冬馬「765プロのライブが当たった」
- 北沢志保「出会い」
- みゆき「やよいちゃーん!……あれ?」やよい「うっうー?」
- P「春香、仕事を取ってきたぞ」春香「本当ですか!?」
- 美希「雪歩って男の人が苦手なんだよね?」 雪歩「う、うん」
- モバP「アイドルのいいトコ 悪いトコ」
- 春香「League of Legends?」
- P「役割論理…?」
- やよい「『プロデューサー、お休みなさい(はぁと)』っと…送信!」ピッ
Amazonの新着おすすめ
干物妹!うまるちゃん うまるが家でかぶってるアレ [公式]
ぱこたて! 性交率0%の鉄壁美処女VS性交率100%の変態家庭教師 (真激COMICS)
PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#03【電子特別版】
Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box ?【完全生産限定版】
ARIA The ANIMATION Blu-ray BOX
PGユニコーンガンダム用 LEDユニット [RX-0シリーズ兼用] (機動戦士ガンダムUC)
おすすめサイトの最新記事
アイドルマスターSS コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
-
- モバP「ある日の事務所」膝枕編
| トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第4巻(初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説同梱) [Blu-ray]Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Box ?【完全生産限定版】とある科学の超電磁砲S Blu-ray BOX (初回限定生産)
最新記事
- 冬馬「うーっす」
- モバP「ある日の事務所」膝枕編
- DQN「うはwwww魔法のランプwwww拾ったwwww」
- 憲兵「た、大変ですぞ! 翔鶴殿が排水溝に詰まっておられますぞ!」
- 男「俺は確実に“弘法にも筆の誤り”をさせる技を編み出した」
- 島村卯月「頑張ります禁止令?」モバP「そうだ」
- 岡部「なに!? 紅莉栖の乳首からおっぱいが!?」
- 森久保乃々「蘭子さんの手は綺麗ですね」神崎蘭子「う……また、そんなことを……」
- P「よ、いらっしゃい」
- 【艦これ】提督「梅雨以来祥鳳の肩を見ていない」
- 武内P「ハンバーグを食べにいきましょう」蘭子「ほぇっ」
- 音無小鳥「詳しく知りたいんです!」
- 提督「朝潮型、整列!」
- 黒ジャンヌ「どうして私の下着が白なの!」
- 【Charlotte SS】化物の清算【最終回その後】
週間人気SSランキング
【全ランキングを表示】
カテゴリー
禁書目録SS
Fate SS
アイドルマスターSS
艦これSS
俺ガイルSS
エヴァンゲリオンSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
ポケモンSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
モンスターハンタークロス (【数量限定特典】「3DSオリジナルテーマ(2種)ダウンロード番号」 同梱)Fate/EXTRA CCC セイバー・ブライドソードアート・オンライン ゲームディレクターズエディションランス03 リーザス陥落【Amazon.co.jpオリジナル特典付き】デジモンアドベンチャー02 15th Anniversary Blu-ray BOX ジョグレスエディション(完全初回生産限定版)機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [Blu-ray]Angel Beats! -1st beat- 【予約特典:未公開シングル「Million Star」+ Amazon.co.jp限定特典】amiibo ガール(スプラトゥーンシリーズ)性交祭 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
新刊ピックアップ
フィギュア
ゲーム
アニメ
最近のオススメSS
清麿「強くてニューゲームか…」ヌァァァァァァ!!
一夏「ドゥフッw拙者織斑一夏でござるwwww」ギャプッwwwコポォwwww
佐天「またレイプされた…」初春「佐天さんも大変ですね」黒髪美少女のレベル0が性的過ぎてヤバイ
佐天「すごいテニスが出来る能力かぁ」間違いなく攻撃的な能力だなぁ
浜面「女の子になれる能力かぁ」アイテムで性別逆転して……
オーキド「ここに3人の女性がおるじゃろ?」 レッド「は?」僕はナツメちゃん!!
【※ネタバレ注意】エレン「同期にホモとレズしか居ない……」確かに
ボーボボ「黒の騎士団入団希望のボーボボでぇす!!」ゼロ「ほう?」死ねやぁ!!!!!
桐乃「そうです!私はブラコンの変態ヤローです!」きゃわわ!!!!!!!
岡部「紅莉栖をひたすら愛で続けたらどうなるか」うわぁぁああぁ!!(AA略
クリリン「やっぱりオレも、サイヤ人の子供欲しいな・・・」スレタイのインパクトェ……
ゆうしゃ「くらえー!まおー!!」魔王「くはははは!!」ゆうしゃちゃん!!!!
俺「グヘヘヘ……」 女騎士「早くこの手錠を外せ!」お○んぽなんかには絶対負けない!
鍛冶師「今日中に仕上げるぞ」弟子「はい」雰囲気が良いSS
「ついに地球はウリ達の物ニダー」ニダニダ
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
モバイルゾーン
新着コメント!

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


トヨタ系列会社の面接で『うちの会社で8時間寝てる社員はいない自慢』を始める人事wwwwwwwwwwww

【画像あり】総課金額7000万超えのオフがヤバすぎてワロタwwwwwwwwwww

【閲覧注意】飼い犬(♀)を獣姦して以来すごい求めてくる様になったんだが…

ミス・モノクロームによる新体操がたまらない

現役NPB投手の通算成績ランキング

ガンダムの工口ゲーが出た場合、基本的に鬱エンドしかないよな

back 削除依頼&連絡先