心が痛くなるコピペくださいback

心が痛くなるコピペください


続き・詳細・画像をみる


知り合いの話なんだけど
そいつが無職スロプーで
母親と二人暮らしなんだけど母親が突発性の緑内障になり
今すぐ病院に行かないと失明する、ってくらいヤバいときに
金がないんで放置してたら 
そいつに別居してる兄貴がいて
「とにかくすぐに病院連れて行けよ!」って20万置いて行った
兄貴も忙しいんで金置いて仕事に戻ったらしいんだけど
そのバカは置いていった金に手をつけて「押忍 番長!」を打ち
結局20万全部負けた
母親には適当にドラッグストアで買った目薬を与えて
寝かせておいた母は地獄の苦しみの中で
「ああ、ありがとう、XXちゃんが目薬買ってきてくれたんで楽になったよ」
と言いながら食事もとらず ボロ布団のなかで徐々に失明していった
衰弱しきった母を兄が救急車で運んだときには
完全に失明し極度の栄養失調に陥ってたらしい
マジで実話です ほんとうに人間って怖いわ
53: 2015/10/08(木)19:01:19 ID:gwg
126: 2011/05/25 03:33:55 XDrakQMr0 [sage]
特番で後味悪すぎて現在進行形のやつ。
新聞配達の少年がたまたま通りかかったDQNのガキ集団にリンチされて昏睡。DQN放置。
4時間後に心配して探していた母親が発見。
命を取り留めるも知的障害、記憶障害、顔面麻痺、指先の機能障害が残ってしまい、
進学を諦め学校を退学せざるをえなくなった。
成人して暫く経つが仕事がみつからない。勤め先をつてを頼りに公務員の障害者枠に入れ、
事務や雑用をこなすようになる。
その姿をカメラで撮影。両親が控え室からモニターで見て
「よかったね。ああ、ちゃんと仕事を覚えられるんだ。忘れないんだ。よかったよかった。」
と涙を流していた。
取材中、チェーンの飲食店で記者と差し向かいでハンバーグ食べるシーンがあるんだけど
「口が閉じられないんだ。だからこうしてるの」と
咀嚼のたびに手で顎と唇を閉じているのが悲しかった。
手を添えないと顎がだらりと下がってしまう。
「熱いうちに食べて火傷しないの?」の問いに「美味しいものは熱いうちにたべたいから」
と麻痺した顔でぎこちなく笑うのが今思い出しても胸苦しいわ。
彼は一生後遺症に苦しまないといけないんだから。
一方DQNのガキどもは一番重い刑で1年ぐらい少年院に入って
みんな結婚して子供作って普通に暮らしているという。
55: 2015/10/08(木)19:03:29 ID:6Ye
俺はいつものように2に書き込んでる。
部屋に篭り俗世間とはズレた生き方をするようになって何年たつだろう。
最初はどうにかするのなんて簡単だと思ってた。テレビに映ってるオタクを見る度に
俺はこいつらとは違う。やる気を出せばすぐ社会に出れる。仕事なんてすぐ馴染める。
彼女だって出会いさえあればすぐできる。そんな風に思ってた。
だが俺は気づいてしまった。人間に一番大切なものは「経験」だということを・・・
俺みたいな何の経験も無い、学校もロクにってない、しばらく他人と会話したことすらの無い
人間を雇う会社があるわけない。こんな俺みたいな奴を好きになる女が居る訳ない。
いつのまにか肥え太った体、青白い顔、どもった声、俺はどう考えても他の人達より劣っている
麻痺した俺の脳は怠惰な生活に何の危機感も覚えず数年間過ごしてしまった。
俺はもうどうにもならないと思う。もう無理だと思う。
お前らにはこうなって欲しくない。早く気が付いてくれ。どんなに後悔しても時間は絶対に戻ってこないってことを
56: 2015/10/08(木)19:04:07 ID:rgK
友人に裏切られ、全財産を失い、荒れた 暮らしで体を壊し、 不治の病に冒され、 ひとり寂しく死の床についている男がい た。
突然、目の前に妖精が現れて言った。
「どんな願い事でも構いませんので、あなたがかなえたい事を3つ言ってください」 男は即答した。
「友情と財産と健康が欲しい!」
そして、感激して男は続けた。
「ありがとう!もう何と言ってよいのか...」
「いいえ、どういたしまして」 妖精は答えて言った。
「こちらこそ、アンケートに御協力いただき、ありがとうございました」
59: 2015/10/08(木)19:09:14 ID:gwg
子供のころ、両親は「いずれ誰か連れてきた時は…」とか
嬉しそうに話してたな・・・・。
そのころは子供心に、「いつの日か自分もケコンするんだろうな」と思っていた。
しかし厨房の時以来、女からは「キモイ」「顔こっちに向けないで」
と嫌がられ避けらればい菌扱いされたことしかなかった。
それでも社会人になってから自分なりに努力してみたよ。
服装や髪型や、よくいわれる清潔感とか・・・・。
だが一生懸命努力しても、それが実ることはとうとう無かった。
まともに会話が続いたことすらほとんどない。
仕方ないよな・・・・軍ヲタ鉄ヲタで他に何を話せばいいのか思いつくことができないのだから。
もうすぐ40代になる。
両親が、「結婚したときに相手に渡すんだ」と
嬉しそうに作っていた俺のアルバム。小さい頃の声が入ったテープ。
父さん母さん、ごめんよ。
全部に無駄にさせてしまって…。
60: 2015/10/08(木)19:10:58 ID:6Ye
クリスマス、トムはサンタクロースからのプレゼントを楽しみにしていた。
朝起きるとクリスマスツリーの下にプレゼント箱が3つほどあった。
窓からサンタが中を覗いているのが見える。
サンタはニタニタと笑いながらトムを見ている。トムはニタニタ笑っているサンタを見て少し不気味に思いながらもプレゼントの置いてある所に行った。
トムはまず一つ目のプレゼントの箱を手に取った。
サンタは更にニタニタ笑っている。
プレゼントの箱を開けると、中から長ズボンが出てきた。トムは少しがっかりしたような顔をしながら次の箱を開けた。
サンタは腹を抱えながら笑っている。
二つ目の箱を開けると、中からサッカーボールが出てきた。
トムはますます不機嫌になり、とても腹が立った。
トムは続けて三つ目の箱を開けた。
すると中から自転車が出てきた。
サンタは雪の上を転がり回って笑っている。
トムはとうとう耐えきれなくなって泣き出してしまった。
62: 2015/10/08(木)19:13:56 ID:gwg
912
入学したての頃、俺は初めて学食に行ってみたんだ。もちろん一人でね。
慣れない食券システムにに戸惑いつつも、俺はウキウキした気分でハンバーグ定食を購入した。
定食を貰って、席に着こうとしたんだが、もうすでに満席。
一見空いているかに見える席も、DQNどもが荷物を置いて席取りしていた。
今考えたら混雑した昼時に学食に行ったのが、全ての間違いだったんだ…
俺は焦った。とりあえずどこか席が空くのを待ってみたが、一向に空かない。
明らかに食事を終えている奴らも、友人と会話をしていて席を立とうとしない。
俺はハンバーグ定食のお盆を持ったまま、その場に立ち尽くしてしまった。
どうしようもなくなって錯乱してしまった俺は、近くの調味料や飲み物が置いてある台に、持っていたハンバーグ定食を置き、その場で立ち食いを始めてしまったんだ。
俺のあまりに滑稽な姿に、周りの奴らが笑っているのに気づいた。
中には俺の姿を写メールで撮影し始めるDQNもいた。
俺は半泣きになりながらハンバーグ定食を急いで食べ終え、逃げるようにその場を去った。
あれ以来2度と学食へは行っていない…
63: 2015/10/08(木)19:15:09 ID:gwg
686

続き・詳細・画像をみる


ソシャゲに課金してる奴って10年後にもあれは面白いゲームだったなって言えんの?

厨二病こじらせた中高生が山口組に喧嘩を売っててワロタwww

【画像】じじいばばあが強い展開wwwwwwwwwwwww

【タイバニ】「TIGER & BUNNY」ハリウッド実写化計画始動! ツイッターではキャストについての空想が盛り上がる

【画像】1990年代のオタク差別酷すぎワロタwwwwwwwww

【VIP】47都道府県の県名の由来を書いてく

back 削除依頼&連絡先