ヒッチハイクロボット「hitchBOT」くん、アメリカ横断中に破壊されるback

ヒッチハイクロボット「hitchBOT」くん、アメリカ横断中に破壊される


続き・詳細・画像をみる

1:
ロボットと人はどんなふうにコミュニケーションをとるのか、そして互いを信用できるのかどうか。
「hitchBOT」くんは、こういった問題を研究するためにライアソン大学のFrauke Zellers博士とマックマスター大学のDavid Harris Smith氏によって開発されました。
昨年のカナダ横断につづいて今年2月にはドイツ、6月にオランダでのヒッチハイクも無事に成功。およそ2週間前にスタートしたアメリカ横断ヒッチハイクでは、ボストンからサンフランシスコまでを旅するはずでした。しかし、下の地図をみてわかる通り、短い挑戦となってしまいます。

全文ソース
http://www.gizmodo.jp/2015/08/hitchbot.html
12:
>>1
クソワロタwww
25:
>>1
もし彼が人間だったら、と思うとアメリカってつくづく怖い国だなって痛感するわ
36:
>>25
アリゾナの砂漠に何人のヒッチハイカーが埋まってることやら
3:
犯人の体液が残ってるんじゃね?
4:
ロボコップ2で見た
85:
>>4
これ?
5:
さすがアメリカw
7:
これで治安が悪い国が分かるってわけか
13:
つうか、どうやってヒッチハイクするんだよ?
14:
日本
22:
>>14
そ、それはロボコンwww
107:
>>14
いやあああああああああ
18:
瞬殺やないか
26:
>>18
いうても東京?大阪くらいの距離は移動してるやろ
大阪…あっ(察し
23:
見かけが怪し過ぎるわ!w
27:
でも爆弾とかウィルスとか仕込まれてるかもしれないから怖い
48:
or BUST
のニュアンスがわからん
76:
>>48
「なんとしてもサンフランシスコまで!」
が近い表現かも
50:
カメラ映像残ってるだろ
開示してくれ
69:
まぁわかる
これ、イラっとする
73:
謎の有志によって原型を留めないほどの改造を施されて自走で走りきって欲しい
100:
かわいそう
人は残酷だな
102:
オリエント工業に委託してたらまた違ったんだろうな
112:
カナダ→ドイツ→アメリカ(笑)
の流れは悪意があるなw
11

続き・詳細・画像をみる


15年後にはほぼ壊滅的になっているものといえば?

セフレに何度も中絶手術させてたら

ヒッチハイクロボット「hitchBOT」くん、アメリカ横断中に破壊される

北斗のトキの痛グラス掘ってみた(※画像あり)

「リアル壁走り」で自転車レースの勝利を掻っ攫った少年すごすぎだろ(;゚ Д゚)

90日無料で使える「Windows 10 Enterprise」の配布がスタート

back 削除依頼&連絡先