春香「やられたらやり返す、ヴァイ返しだ!!」back

春香「やられたらやり返す、ヴァイ返しだ!!」


続き・詳細・画像をみる

1:
P「一体どうしたんだ?春香」
春香「半沢直樹ですよ!半沢直樹!」
P「半沢直樹?ジャンプのキャラクターか?」
春香「違います!」
3:
春香「ほら、今話題になってる...」
P「...ああ!」
春香「わかりましたか!?」
P「林先生でしょ!」ハヤシフェイス
春香「全然違います!」
6:
P「あーアベノミk春香「それでもないです!」
P「じゃあ、なんなんだよ?」
春香「半沢直樹はドラマです」
P「...じぇじぇじぇか!!」
春香「わざとですよねぇ?ねぇ?わざとですよねぇ!?」
P「HAHAHA」
8:
P「冗談だ、冗談。倍返しだろ?」
春香「そう!それですよ!それ!」
P「なんだっていきなり半沢が出てくるんだよ?」
春香「もしかしたらですけど...」
P「ですけど?」
春香「最終回に出演するかもしれないです、私...」
P「」
9:
P亜美真美「な、なんだってー!?」
春香「亜美と真美はいつからここにいたの?」
亜美「それは置いといて」
春香「置いとくんかい」
真美「鈴木福くんを連れ出してきたことも置いといて」
春香「ん?待って、今とんでもないこと言わなかった?」
10:
春香「福くん?福くんってあの福くん?」
亜美「そう、天才子役として有名な福くん」
真美「舌っ足らずなのがあざといとうわさのはるるんとちょっとかぶる福くん」
春香「おいこら」
13:
春香「連れて帰りなさい」
亜美真美「は→い...」トボトボ
春香「...で、話を戻しますけど...」
P「ちょっと待った!俺はそんな話聞いてないぞ!!」
春香「決まったのが昨日なので...」
P「待て。オーディションは?」
春香「なんか、ティンと来たらしくて」
P(あーなんか読めた)
P(社長は何かんがえてんだ...?)
14:
社長(これは...受けてよかったのだろうか...)
社長(いくらなんでも半沢直樹の宣伝部長...)
社長(天海くんにはキツすぎたかもしれないが...)
16:
社長(しかし、まあ、天海くんならこなしてくれるだろう!うん!)
P(何故だろう...とてつもなく嫌な予感がする...)
P(前にも似たようなことがあったような...)
18:
翌日
P「春香...頑張れよ...」
春香「はい!行ってきます!」ニコッ
P「......」
監督「はいじゃあこれ台本ね」
春香「ありがとうございます!」
19:
春香(すごい!大物俳優が目の前に!)
春香(...頑張らないと!)
監督(クククッ...天海春香...)
監督(ここまで間抜けだとはな...)
22:
春香「?!......」
監督(ふーん...)
監督(思ったより演技出来るんだな...)
監督(だが...)
監督「カット!そこもう少し悲しげに!!」
春香「はい!」
監督(まだまだだ...)
23:
監督(演技が下手ならそれでいいし...)
監督(仮に上手くても宣伝部長だ...)
監督(それは先方も了承済み...)
監督(ならばネタバラシをするまでしごいてやるか...)
24:
監督「棒読みになってる!もっと抑揚つけて!」
春香「はい!」
監督(だが...)
監督(逸材ではあるな...)
監督(天海春香...)
監督(まあ、今回は報われんがな!)
26:
そして試写会...
春香「......?」
春香「あれ?」
上戸「どうしたの?春香ちゃん」
春香「私が写っていない...」
上戸「えっ...?」
上戸「確かに...」
堺「監督!これは一体!?」
27:
監督「これはな...ドッキリだ」
堺「なっ!?」
上戸「ドッキリ!?」
香川「おいおいどうなってんだよこりゃ!?」
29:
愛之助「そんな話、我々も聞かされていないし、聞かされたとしたらこんなことは...」
北大路「...どういうことですかな?」
監督「天海春香は半沢直樹には出演しない」
監督「代わりの仕事がある」
32:
監督「これだ」
上戸「えっと...『半沢直樹』宣伝部長?」
堺「...天海春香氏については『半沢直樹』宣伝部長に任命し、『半沢直樹』を全国に
広めることとする...」
堺「なんですか?これは?」
監督「見ての通りだよ」
監督「天海春香には宣伝部長として全国各地に半沢を宣伝するんだ」
34:
春香(そん...な...)
春香(嘘...だよね...?)
その頃Pは...
P「なんでそんな企画受けたんですか!!」バン!
社長「い、いや...天海くんならこなせるだろうと思って...」
P「全国各地ですよ!?無茶が過ぎます!」
P「それに、なんで俺に話を通さないんですか!!」
社長「す、すまない...」
P「...っ春香!!」ダッ
ガチャッ
バターン
社長「......」
36:
堺「次で最終回なんですよ!!宣伝する必要性がない!」
監督「フッ、甘い...」
監督「より多くの人に最終回を見てもらって視聴率をさらに上げるんだ...」
監督「念には念を...だ」
堺「百歩譲って宣伝する必要性があるとしましょう!だが、天海さんに宣伝部長をやらせる理由はどこにもない!」
監督「アイドルとして知名度のある天海春香を宣伝部長として用いれば...」
監督「宣伝効果が増すだろう!?」
37:
堺「そんな...そんな理由で...」
上戸「ひどい...」
春香「ハハ...ハ...」ヘナヘナ
上戸「春香ちゃん?」
春香「せっかく...大きな仕事が入ったと思ったのに...」
半沢の出演者達「......」
39:
P「春香!!」
春香「プロデューサー...さん?」
監督「プロデューサー?プロデューサーとは先方の...」
P「...お願いします。春香を宣伝部長にするのはやめて下さい!」
P「お願いします!」
監督「......」
43:
監督「それなら...キャンセル料だ」
監督「300万でどうだろう?」
P「なっ...!?」
監督「さあ、どうするかね?」
P「ぐっ...」ギリッ
???「それなら私が払おう」
P「あ、あなたは!!」
47:
P「黒井社長!!」
黒井「ウィ」
黒井「弱小765プロを潰すのはこの私だ。他のものに潰されるのは許せん」
黒井「300万だ。これでいいだろう?」
監督「あ、ああ...」
監督「じゃあ、この件はうやむやに...」
春香「じゃあ...」
P「...春香...大丈夫だ!」
P「次があるさ!」
春香「...プロデューサーさん...」ウルウル
春香「プロデューサーさん!!」
P「よしよし...」ナデナデ
49:
P(その後も、春香はめげずに頑張った)
P(因果応報というのだろうか...)
P(あのあと、春香には大きな仕事がたくさんくるようになった...)
P(そして...春香が引退したのち...)
51:
十数年後
p「パパー!」
P「おお!よしよし!pは可愛いなぁー」
春香「もう!あんまり甘やかさないでください!」
P「HAHAHA!いやー悪い悪い!」
春香「もー...!」
P「...春香、愛してるよ」
春香「...私もです、Pさん」
END
5

続き・詳細・画像をみる


【衝撃映像】 時速48kmで走り障害物もジャンプで回避!「チーターロボ」誕生へ

ヒョウとジャガーの画像をランダムに貼ってく

【画像】美しき「女流棋士」、強くて、駒っちゃう?アイドル顔負けのルックスで注目

行けたら行く役物(10%)

【サッカー】明治安田生命J1 1S第14節夜 浦和が6発大勝で首位独走&無敗継続 鹿島、FC東京、清水が勝利 横浜Mガンバ広島湘南ドロー

現在の巨人打線wwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先