モバP「アイドルのいいトコ 悪いトコ」back

モバP「アイドルのいいトコ 悪いトコ」


続き・詳細・画像をみる


未央「・・・そこで私はこう言ってやったの!『それって電子レンジに入れられたダイナマイトみたいだね』って!」
アイドル達「HAHAHA!」
加蓮「アハハハ!そのジョーク最ッ高!」バンバン
奈緒「は、腹が捩れるっての!」
凛「こんにちは・・・って、何コレ?」
卯月「あ、凛ちゃん!」
未央「いやータイミングが悪かったね。僅差でこの本田未央特製ジョークを聞き逃してしまうとは・・・」
凛「そんな事はどうでもいいからさ、どうして私たちを集めたの?プロデューサー」
未央「そんな事!?」ガビーン
P「ああ、今説明するよ」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424523631
2: 以下、
P「今日皆に集まってもらったのはな・・・まぁ、まずはこの紙を取ってくれ」
凛「ただの白紙だね」
P「こいつにお互いの長所、短所を赤裸々に書いて欲しいんだ。 そんでもって、これを機に自分を見つめ直して欲しい」
奈緒「いきなり・・・どうしてだよ?」
P「どうも最近、仲良しが過ぎるというか、お前たちが馴れ合いになってきてる感じがしてな・・・ それだと他人の悪いところばかり目に付くようになるだろ」
P「だから意見を出し合って、自分の本当にいい所、直さなくちゃいけない所を見つけられたら、と思って」
4: 以下、
未央「いやいやプロデューサー!私たちの友情は核シェルターよりも厚い!ちょっとばかし馴れ合ってるからと言って・・・」
凛「ま、悪くないかな」カキカキ
加蓮「ネットだと根も葉もない噂があるからねー」カキカキ
奈緒「学校で似たようなのやったっけなぁ」カキカキ
卯月「島村卯月、頑張って書いちゃいます!」カキカキ
未央「またスルー!?」ガビーン
P「終わったら俺に出してくれよ」
5: 以下、
P「・・・えーそれでは発表します。その前に・・・」
P「いいか、これはあくまでチームワークの、ひいてはアイドル活動の質の向上の為であってケンカを売る会では無い。なのであまり敵意を持たないように」
凛「分かってるよ。いいから早く読んで」
P「じゃあまず卯月の悪いトコから。いいな、卯月?」
卯月「は、はい! うぅ?、酷い事書かれてないかな・・・」
未央「大丈夫だってしまむー!取り立てていいトコも悪いトコもないじゃん?」
卯月「え、えぇ???!?」
凛「物は言い様だね」
6: 以下、
P「えー、『特に悪いトコが無いのが悪いトコ』 」
凛「『悩みが無いのが悩み』みたいな回答だね」
未央「良かったじゃん!しまむー!」
卯月「え、えへへ・・・」
P「『ケツがデカすぎ』」
卯月「!?」
P「『ケツがデカすぎる』、『ケツが訴訟モノのデカさ』」
奈緒「ち、ちょっと誰だよ!これ書いたヤツ!」
凛「さあ?」シレーッ
未央「酷い事書く人もいたもんだねぇ」シレーッ
加蓮「まるで卯月にはケツしか特筆することが無いように・・・」シレーッ
卯月「み、皆・・・」プルプル
8: 以下、
P「そ、それじゃいい所言うぞ!」
P「『特にいいトコが無いのがいいトコ』そして後は・・・」
P「『見るからに安産型と分かるケツ』、『ブルマを穿くと映えるケツ』、『ムチムチの内モモにかけてからケツ』」
卯月「皆にとって私にはお尻しか無いんですかー!?」ガーン
P「次は凛の悪いトコ言うぞー」
凛(私の短所・・・何だろ)
12: 以下、
P「『不良っぽい』」
凛「・・・その人それだけ?」
P「ああ。それだけ」
凛「へぇ」
奈緒(ありゃ・・・?傷つくかなと思って結構悩んだんだけど・・・)
P「えーと・・・『援交してそうな外見してる』」
凛「ふぅん。次」
未央「し、しぶりん!キツいの言われてるけど大丈夫なの!?」
凛「別に?こんなの所詮、他人の想像に過ぎないよ。自分はこんな事しないって確信があれば動揺することも無いでしょ」
奈緒「凄いなぁ・・・」
13: 以下、
P「『親のネーミングセンスが絶望的に悪い』」
凛「ッ! 加蓮!?それとも奈緒!?」
加蓮「ち、違うって!」
奈緒「先ほどの毅然とした態度は何処に!?」
凛「いやだって!親は関係ないよね親は!?」
卯月「本人はともかく親を攻撃するなんて許せませんよね・・・!エヘヘ・・・」シレーッ
未央(しまむーもやるねェ)
14: 以下、
P「最後・・・『クンカー』」
凛「ブフォ!?」バタリ
P「凛が泡吹いてブッ倒れた!?」
卯月「プロデューサーさん、クンカーって何ですか!?」
P「知らん!新手の変化球か!?」
奈緒「凛起きろ!起きろーーーッッ!」ユサユサ
加蓮「あれれ?自分はこんな事しないっていう確信があれば大丈夫なんじゃあ無いのォ?」
凛(ぐうぅ・・・私の秘密を、何故!?)
加蓮(次にプロデューサーの上着を嗅ぐときはソファの上で堂々とではなく、人目に付かない所でする事だね)
凛(なん・・・だと・・・!)
15: 以下、
P「凛!今お前のいい所を読んでやるから目を覚ますんだ!」
P「『不愛想な見た目に反して忠実』!『根はいい奴』!」
凛「むぅぅ・・・ぬぉおおおおおっ!」グググ
未央「た、立った!しぶりんが立った!」
P「『犬の真似が上手い』!『プロデューサーのスメルに敏感』!」
凛「ぬわーーーーーーっ!!!」バタリ
奈緒「トドメを刺してどうすんだーーッッ!?」
P「し、仕方ないだろ!?嘘を言うワケにもいかないし・・・」
加蓮「犬の真似って、犬の真似って・・・・!」プークスクス
16: 以下、
未央「まぁしぶりんは置いといて・・・次は私の番だよね?」
P「お、おう。では未央の悪いトコ、『Paの癖に個性が薄い』『軟弱者』『スパロボF主人公並みの存在感の無さ』『リーダー気取りが鼻につく』」
未央「いやいやいやこれは言い過ぎじゃない!?」
加蓮「そうかな?妥当な所と思うけど」
奈緒「大体アニメ6話のせいだな」
卯月「大丈夫だよ未央ちゃん!未央ちゃんにはそれをカバーするいいトコがあるハズだから!」
卯月「・・・多分」
未央「多分!?今さ、多分って付け加えなかった!?」
P「その通りさ。悪いトコをメタメタに書いた分いいトコもべた褒めしてるって。きっと」
未央「何それ!?きっとォ!?」
18: 以下、
P「未央のいい所・・・『いつも明るい』『元気』『声が大きい』『(NGの中では)ナイスバディ』」
加蓮「いかにも無理やり書かされましたって感じだね」
奈緒「適当さが滲み出てるな・・・」
凛「ブクブク・・・この香り、この肌触りこそプロデューサーよ・・・」ピクピク
卯月「未央ちゃん・・・ホラ、明るく笑おう?ね?」
未央「フフ・・・そーだよね・・・どうせ私なんてちょっと明るいだけの女の子なんだよね・・・これじゃあファンが付かないのも当たり前だよね・・・」ドヨーン
加蓮「いけない!未央が今にもダークサイドに落ちそうに・・・!」
P「な、何か・・・ この空気を打破してくれる何かがあれば!」
20: 以下、
ちひろ「あら、プロデューサーさん達、何をされているんですか?」ガチャリ
P「いよーーーっし! ちひろさんの良いトコ悪いトコを書きまくってやろうぜーーーっ!」
アイドル「おーーーーっ!」
ちひろ「ど、どうしたんですか!?」
P「実はかくかくしかじかという訳で」
ちひろ「へぇ・・・・ 良いんじゃないですか?」
卯月「プロデューサーさん!皆書き終えました!あと、凛ちゃんも起こしておきました!」
P「凛!目覚めたか!」
凛「そりゃこんな面白・・・ゲフンゲフン貴重な機会を逃す手はないからね」
ちひろ「面白そうってどういう・・・」
22: 以下、
P「そんじゃ行きますかァ!ちひろさんの悪いトコォ!」
P「『尻で椅子を磨くだけの女』!『チェフェイが最高レベルで襲い掛かる程の物欲』!『ヤクの売人』!『人間の屑』!『運営の犬の真似が上手い』!」
ちひろ「ひ、酷い! 酷過ぎる!?」
未央「ヘイカモーンプロデューサー! いいトコでちひろさんをホットにしてやってくれェェーーー!」
P「オッケー!」
P「いいトコー! 『なーし』!」
卯月「イヤッ!」
P「『なーし!』」
未央「カモッ!」
P「『なーし』!」
加蓮「アオッ!」
P「『なーし!』」
奈緒「ウェルカムッ!」
P「なー・・・あ!1コあった!」
ちひろ「!」
P「『服が緑で目に優しい』」
ちひろ「」
凛「あ、それ私が書いたヤツ」
24: 以下、
しぶりんは天使、はっきりわかんだね
25: 以下、
ちひろ「ふ・・・ふーんだ!どうせ私のいいトコなんて、誰にも分からないんですよーーーーッ!」ダダダダ
P「ち、ちひろさ・・・」
ちひろ「くるり」ピタリ
アイドル・P「・・・・」
ちひろ「・・・うわーーーーーーん!」ズダダダダダダ
P「おい!ちひろさん行っちゃったぞ!誰か止めてやれよ!」
卯月「い、いえ今のは魂胆が見え見えでしたし・・・」
凛「そういうプロデューサーはどうして行ってあげなかったの?」
P「うっ!そ、それは・・・まあいい!奈緒の悪いトコ言うぞ!」
加蓮(勢いで流したね・・・)
26: 以下、
P「『プロデューサーに対して素直になれない』」
奈緒「な、なななな!?アアアアタシがどーしたって!?」カァッ
未央「アハハ!顔真っ赤にしちゃって!かーわいいなもう!」
奈緒「可愛いって言うなぁ!」
P「『ボスボロット未満の安いツンデレ』『いい加減照れ隠しがウザい』」
奈緒「・・・」
P「『眉毛ニョーン』」
奈緒「!!! 凛ンンンンンン!!!」
凛「ぐうっ!?わ、私は知らないよ!?」ギチギチ
卯月「ど、どおどお!さっき覚醒したばかりなのにまた凛ちゃんが落ちちゃう!」
27: 以下、
加蓮「いいトコを!いいトコを早く読み上げて!」
P「ああ!『アニメに詳しい』!あと、ああ?っと・・・」
P「・・・『傘を持ってきてくれる優しさがある』」
凛「ねえプロデューサー?」
P「な、何だ!?」
加蓮「嘘はイケナイよねぇ???????」
P「うっ!?」ドキン
未央「いいんだよプロデューサー、無理して庇わなくても」
P「な、奈緒! 安心しろ!たとえ4枚中3枚が『なし』でも、お前には俺しか知らないイイとこがたくさんあるんだ!」
P「あっ!」
奈緒「やっぱり『なし』!? あんまりだよ…!」グスッ
28: 以下、
加蓮「ラストは私だね。じゃ、プロデューサーお願い」
P「加蓮の悪いトコ、『取って付けたような病弱設定』『生意気』『病弱の癖に好物がジャンクフードという矛盾』」
加蓮「フフン」ケロリ
卯月「効いてないね・・・」
未央「強い」
加蓮「入院時代に負のオーラの耐性が付いたからね。伊達にあの世は見てないよ」
P「『アバズレ』」
加蓮「うぐっ!?」
凛(あ・・・ちょっと効いてる)
加蓮「え・・・え!?アバズレって・・・アバズレって!?」
凛「奈緒の仕業じゃない?この前からかわれたのを根に持ってるんだよ」
奈緒「!?」
30: 以下、
卯月「プロデューサーさん!いいトコ行きましょう!最後くらいはいい気分で締めましょう!?ね!」
P「そ、そうだな。では加蓮のいいトコ!『ドジだけど頑張り屋な所』『あざと可愛い』」
加蓮「へ?」
P「『巫女服がはだけたときグッと来た』『えげつない程キュート』」
加蓮「これってもしかして・・・」
奈緒「あちゃー。加蓮の事を書いたはずが間違って歌鈴について書いちゃったよ」
凛「ごめんね」テヘペロ
加蓮「」
31: 以下、
加蓮「ふざけてるの、ねえ!?私何か悪い事した!?」
奈緒「うわ!怒るなって!」
P「と言うか、お前たちなぁ!いくら友達同士でも書いて良い事と悪い事があるだろうが!」
凛「ロクでもないおためごかしを書いて何になるの?」
未央「そもそも、ありのままを書いて欲しいって言ったのプロデューサーだよね?」
P「容赦が無さ過ぎるんだよ! この会の趣旨を忘れたか!」
卯月「チームワークの向上どころか、溝が深まっちゃいましたね・・・」
32: 以下、
P「ええーいこうなったら俺がお前ら全員に共通する悪いトコを言ってやる!お前ら全員バカだ!」
未央「い、言ったね!?」
P「バカで向こう見ずで、そのくせ夢ばかり大きくて!」
奈緒「くう、人には注意しておいて!」
加蓮「よくも抜け抜けと・・・」
P「でもな!俺はそんなお前たちのいいトコも悪いところも含めて・・・」
P「お前たちが・・・大好きなんだよ!」
卯月「!」
凛「プロデューサー・・・」
P「だから・・・!皆も、お互いを嫌いにならないでくれ!この通りだ!」
卯月「当然ですよ!仲良しが一番です♪」
凛「プロデューサーが言うなら、仕方ないかな」
未央「うん!トップアイドルの星目指して、力を合わせて頑張って行こーっ!」
奈緒「で、でもいいトコ1コの痛みは忘れないからな!」
加蓮「雨降って地固まる・・・て所かな?」
おわり
33: 以下、
ちひろ「私へのフォローは一切無し!?」
ほんとのおわり
34: 以下、

ちひろは日ごろの行い的にちかたない、ちかたない
36: 以下、
ご愛読有難うございました。
元ネタは仰る通り、稲中です。原作のノリを尊重した所、一部アイドルが大変な事になってしまいました。
ちひろさんはコスプレの見ごたえがあるといういいトコがあると思います。
39: 以下、
ちっひの服って蛍光色だからむしろ目に悪いような
41: 以下、

続き・詳細・画像をみる


『ブレイキング・バッド』のウォルター・ホワイトになりきる男の子がカワイイ!!

オリラジ「ラッスン」便乗で第3次ブレーク到来!

寄生獣、うしおととら、とくれば次に来る完結済み名作マンガのアニメ化は

【鉄道】中国で開発中の「世界最速鉄道車両」・・・大切なのは「安全性よりも速度!」=中国メディア

ToLOVEるの矢吹健太朗先生が妻をニコ厨のガキに取られて娘を人質に財産分与を要求された騒動から早くも6年

【朗報】日本一の大学に合格したら上原亜衣の中に出せるらしいぞwwwお前ら急げwwwwww

back 削除依頼&連絡先