平塚「比企谷が私に相談とは珍しいな」back

平塚「比企谷が私に相談とは珍しいな」


続き・詳細・画像をみる

1:
平塚「明日は雪が降るんじゃないか?」
八幡「はは、先生が結婚した翌日には必ず・・・」
平塚「ほぅ・・・?」ビキビキ
八幡「ひっ!?」ビクッ
平塚「・・・まぁ、私も教師だ」
平塚「生徒が困っているのなら、話を聞かなくてはな」
平塚「それで比企谷、一体どうしたんだ?」
八幡「・・・はい」
2:
平塚「・・・ふむ、なるほどな」
平塚「最近、他の生徒からの当たりが強過ぎて、精神的に参っている・・・と」
八幡「まぁ、自業自得なんですけど」
八幡「こうも理不尽に色々されると、もう・・・」
平塚「・・・・・・」
八幡「(俺がこんなにも豆腐メンタルだったとは・・・小町に笑われるな)」
平塚「比企谷、思い出すのも辛いとは思うが」
平塚「詳細を聞かせてくれないか?」
八幡「まぁ、良いですけど・・・」
八幡「まずは雪ノ下ですかね」
平塚「雪ノ下か・・・」
3:
八幡「俺が何かするたびに、世界の古今東西で使われた」
八幡「ありとあらゆる罵倒の言葉の数々を浴びせてくるんです」
平塚「ほぅ・・・」
八幡「この前は・・・」
八幡『うーす』
雪ノ下『・・・誰?』
八幡『いや、俺だよ』
雪ノ下『私は貴方の顔を知らないのだけど? 熊谷君』
八幡『誰だよそれ、てかお前わざとやってるだろ』
雪ノ下『そんなことはないわ、私はいつだって真面目よ』
八幡『へぇへぇ、そうですか・・・』
4:
八幡『・・・・・・』
雪ノ下『』ペラ
八幡『(なんで俺はいつもこいつに罵倒されるんだ?)」
八幡『(そんなに俺のことが嫌いなのか)』
八幡『(もしかして俺って、人間から嫌われる呪いでもかけられているのか?)』
八幡『(なにそれ怖い・・・小町、助けて)』
雪ノ下『・・・比企谷君』
八幡『な、なんだよ』
5:
雪ノ下『その酷く濁って、今にも腐り落ちそうな瞳で私を見ないでくれるかしら?』
雪ノ下『酷く不快だわ』
八幡『・・・・・・』
雪ノ下『(・・・やってしまったわ)』
八幡『・・・そうかよ、悪かったな』
雪ノ下『あ・・・・・・』
雪ノ下『(また比企谷君に強く当たってしまったわ・・・)』
雪ノ下『(比企谷君と一緒にいると、何故か素直になれない・・・)』
八幡「という感じで・・・」
平塚「なるほどな・・・」
6:
平塚「彼女なら、君のことを理解してくれると思ったんだがな・・・」ボソ
八幡「? 何か言いました?」
平塚「いや、なんでもない」
平塚「・・・ふぅ、まぁ君のことだ」
平塚「雪ノ下以外にもいるんだろう? 君に辛く当たる輩は」
八幡「・・・まぁ」
平塚「君も相当ストレスが溜まっているだろう、全部話してくれて構わないぞ?」
八幡「・・・じゃあ、次は由比ヶ浜です」
平塚「由比ヶ浜か・・・」
9:
八幡「あいつが優しい奴だってのは知っているんですよ?」
八幡「ただ、いつもキモいキモい言われていると、辛くて・・・」
平塚「ふむ・・・」
由比ヶ浜『やっはろー!』
八幡『お前はいつも元気だな』
由比ヶ浜『え? そうかな?』
八幡『お前がテンション低いときの方が珍しいほどだ』
由比ヶ浜『は!? それっていつも私のこと見てるってこと!?』
由比ヶ浜『ヒッキーマジキモい! 最低! キモいキモ過ぎ!』
八幡『(何故だ・・・)』
由比ヶ浜『(・・・ヒ、ヒッキーそんなにいつも私のことを観察しているんだ)』
由比ヶ浜『(え、えへへへへ・・・・・・///)』
八幡「」ズーン
平塚「それは酷いな・・・」
11:
平塚「由比ヶ浜は少しお人好しなところがあって」
平塚「優し過ぎる部分があるのかと思っていたが」
平塚「そうか・・・猫を被っていたわけか・・・」
平塚「」ギリ
八幡「せ、先生・・・?」
平塚「いや、大丈夫だ」
平塚「気にするな」ニコ
八幡「」ゾワ
13:
平塚「さて、話の続きをしようか」
平塚「次は誰なんだ?」
八幡「その・・・名前がよく思い出せなくて・・・」
八幡「川・・・川内・・・? いや・・・川・・・」
平塚「川崎か?」
八幡「あぁ・・・多分それです」
平塚「(川崎が? 最近は落ち着いたと思っていたのだが)」
14:
八幡「まぁ、その・・・睨まれるんですよ」
平塚「ほぅ?」
八幡『』キコキコ
八幡『(今日も朝起きて、自転車を漕いで学校に行く)」
八幡『(特に誰とも会話をすることもなく、時間は流れていき)」
八幡『(そして放課後になる)」
八幡『(そう・・・放課後になるんだ・・・)』
八幡『(俺は奉仕部に行き、また雪ノ下と由比ヶ浜から罵詈雑言を喚き散らされるのか・・・)』
八幡『(辛い・・・もう行きたくない・・・)』
八幡『』キキィ
八幡『』チャリチャリチャリ
八幡『(そう思っているうちに、学校に着いてしまった)』
八幡『はぁ・・・』
16:
八幡『あ』
沙希『あ』
八幡『・・・・・・』
沙希『・・・・・・』
八幡『(ち、沈黙が気まずい・・・)』
沙希『・・・・・・』
八幡『・・・・・・』
沙希『』ギロ
八幡『ひっ!?』ビク
17:
沙希『』スタスタ
八幡『(な、何故俺は睨まれなければならないんだ・・・』
沙希『(・・・・・・///)』
八幡「はぁ・・・」
平塚「すまん・・・本気で君が可哀想になってきた・・・」
20:
平塚「(以前、私にも反抗してきた生徒だからな)」
平塚「(多少強く注意しておいた方が良いのかもしれないな)」
平塚「・・・まさか、まだいるのか?」
八幡「・・・・・・」
平塚「・・・・・・」
平塚「い、いや、君が良いのならどんどん話してもらって構わないんだ」
平塚「はは・・・はははは・・・・・・」
八幡「・・・じゃあ、次はおか・・・三浦・・・さんです」
平塚「あぁ・・・ (今少し間が空いてさん付けしたな・・・)」
22:
八幡「俺はただ、平和に過ごしたいだけなんですが・・・」
平塚「・・・・・・」
八幡『・・・・・・』
三浦『あ゛ー、あっつー・・・マジ最悪ー』
三浦『最近暑過ぎでしょ? マジありえないってのー・・・』
三浦『つーかマジ結衣と隼人どこ行ったし?」
三浦『みんないないとか暇だわー・・・』
八幡『(・・・何か嫌な予感がする)』
三浦『・・・・・・』
三浦『ねぇ』
八幡『・・・・・・』
三浦『おい、無視すんなヒキオ』
八幡『』ビク
八幡『(やはり俺か・・・)』
24:
八幡『・・・なんだよ』
三浦『はぁ? なんだよじゃないでしょ?』
三浦『あーしが呼んでいるのに無視するとか、マジキモいわー』
八幡『・・・・・・』
三浦『まぁ、ヒキオだしー? 普段誰にも話しかけられないから仕方ないもんねー」
三浦『マジウケるわwwwww』
八幡『・・・・・・ (もうお家帰りたい・・・)』
三浦『んでさー、あーしさぁ、咽乾いたわけ』
三浦『なんか飲み物買ってきてくんなーい? あーしマジ今ダルいんだわー』
八幡『なんで俺が・・・自分で買いにいけよ』
三浦『 は ぁ ? 』
八幡『』ビク
26:
三浦『あんた目腐ってんじゃない? 結衣も隼人もいないの』
三浦『見りゃわかるでしょ』
三浦『今ここで動けてあーしの言うこと聞けるのはあんただけなの』
三浦『わかる? あーしが買ってこいって言ってんだからさっさと動くし!』
八幡『・・・・・・』
八幡『・・・何を買ってくりゃ良いんだよ』
三浦『あーしレモンティーが飲みたーい』
八幡『』トボトボ
三浦『早くしろしヒキオ、3分以内でー』
八幡『(俺はパシリかよ・・・)』
三浦『・・・・・・』
三浦『(ちょっと酷かったかな・・・?)』
八幡「先生、泣きそうです・・・」
平塚「比企谷・・・!」
27:
平塚「(かつて、マルコムXは言った)」
平塚「(自衛のための暴力は、暴力とは呼ばず)」
平塚「(知性と呼ぶ)」
平塚「(穏やかで礼儀正しく、人を尊敬する人間であれ)」
平塚「(ただし、誰かがお前に手を出そうとしたときは)」
平塚「(そいつを墓場に送ってやるんだ)」
平塚「・・・・・・」
平塚「(今回は比企谷が被害者だ)」
平塚「(自衛ではなく、彼を守るために)」
平塚「(三浦に制裁を加えても、それは知性と呼べるのだろうか?)」
平塚「・・・ふふ、教師の考えることではないな」ボソ
八幡「先生? 大丈夫ですか?」
平塚「あ、あぁ」
29:
八幡「そう言えば先生、今日はタバコ吸わないんですね」
平塚「なーに、ちょっと禁煙でもしようかとね」
八幡「・・・先生、病院行った方が良いですよ」
平塚「どういう意味だ」
八幡「いや、天変地異でも起きるんじゃないかと・・・」
平塚「ほぅ・・・?」ビキビキ
八幡「ひっ!?」ビク
平塚「」ハッ
平塚「(いかん、比企谷は今非常に敏感になっているんだ)」
平塚「(あまり悪い刺激は与えないようにしよう)」
平塚「(何かリラックスできるものは・・・)」
平塚「(・・・・・・)」
平塚「・・・・・・」
平塚「・・・・・・・・・」
31:
平塚「・・・比企谷」
八幡「なんですか?」
平塚「丁度、リラックスできるものがあるんだ」
平塚「最近買ったアロマなんだがな、この部屋で試してみても良いかな?」
八幡「は、はぁ・・・まぁ、良いんじゃないんですか?」
平塚「そうか・・・」
33:
平塚「」キュッキュッ
平塚「」カタン
平塚「」コト
平塚「・・・・・・」
平塚「・・・・・・・・・」
34:
平塚「・・・さて、こうなったらとことんまで君の話を聞こうじゃないか」
平塚「今度はどんなことをされたんだ?」
八幡「次は・・・」
八幡『』トボトボ
八幡『(はぁ・・・放課後になってしまった)』
八幡『(憂鬱だ・・・)』
相模『げっ』
八幡『(俺を見るなりそれかよ・・・)』
相模『最悪・・・』ボソ
相模『』タッ
八幡『・・・・・・』
八幡『小町、お兄ちゃんもう疲れちゃったよ・・・』
八幡「いや、もうこれは仕方がないんですけどね?」
平塚「比企谷・・・」
35:
平塚「比企谷、もうそろそろ辛くなってきたんじゃないか?」
八幡「まだ3人分話していないんですが」
平塚「どれだけの人間が君に対して憎悪の念を抱いているんだ・・・」
平塚「(それに、話に出てくるのは女性しかいないじゃないか・・・)」
八幡「俺って、本当にみんなの嫌われ者なんですね」
八幡「実際になってみて得られるものは孤独と汚名」
八幡「失うものは信頼と人の温もり・・・」
平塚「ま、まぁまぁ落ち着きたまえ! な・・・?」
八幡「・・・っす」
36:
八幡「次は他校の生徒なんですが・・・」
平塚「ふむ」
折本『うっわ! 比企谷じゃーん!』
八幡『・・・・・・』
折本『こんなとこで何してんのー? と言うか外出先でも会うとかマジ最悪だわwwwww』
折本『なに? 私のことストーカーでもしてるわけ? キモいわwwwww』
八幡『・・・・・・』
八幡『(何故だ・・・)』
八幡「偶然会っただけなのに・・・」
平塚「(後で海浜総合高校に連絡を入れておこう)」
40:
八幡「あとの2人はちょっと違うんですよ」
八幡「なんつーか、その・・・いつも見張られているような気がするというか・・・」
平塚「ん? さらに穏やかではないな」
八幡「まぁ、その・・・雪ノ下さんとか?」
平塚「陽乃か・・・」
陽乃『あれぇ? 比企谷君じゃーん!』
八幡『(ゲッ・・・)』
陽乃『いつも暗い顔して大丈夫?』
八幡『(この人と一緒にいると、色々面倒臭いことになるから嫌なんだ・・・)』
41:
陽乃『あ、そうそう』
陽乃『そう言えばさぁ、雪乃ちゃんがね』
陽乃『最近元気がないんだぁ』
陽乃『それでさぁ、比企谷君』
陽乃『 何 か 知 ら な い ? 』ニコ
八幡『』ビクッ
八幡『いや、よくわからないです・・・』
陽乃『ふーん』
陽乃『そっか』
陽乃『・・・・・・』
八幡『』ビクビク
43:
陽乃『ねぇ、比企谷君』
八幡『な、なんすか』
陽乃『君が捻くれ者だっていうのは知ってるけどさぁ』
陽乃『雪乃ちゃんを悲しませたらダメだよ?』
八幡『いや、だから俺は知らないって』
陽乃『もしもの話ってこと』
陽乃『あ、そうそう』
陽乃『それとね? 雪乃ちゃんも素直な子じゃないけどね』
陽乃『あぁ見えて、結構比企谷君のこと気に入っているんだぁ』
八幡『いや、それはありえなi』
陽乃『だからさぁ』
陽乃『雪乃ちゃんを選ばないと』
陽乃『絶対に許さないから』ニタァ
八幡『』
陽乃『ま、そういうことだからそこんとこよろしくねぇー ♪』
陽乃『じゃぁね』
陽乃『比企谷君』
八幡『』
八幡「俺、もう家から出たくないです・・・」
平塚「またあいつは・・・」
44:
平塚「随分と長い相談になってしまったな」
平塚「まさか、君がこんなに病んでいたとは・・・」
平塚「すまない、私は生活指導担当でもあるというのに・・・」
平塚「君が悩んでいることに気づいてやれなかった・・・」
八幡「・・・いや、別に良いっすよ」
八幡「ちゃっちゃと最期の1人を言いますよ」
平塚「あぁ・・・」
八幡「まぁ、後輩の一色なんですが」
平塚「(あのブリッ娘か・・・)」
45:
八幡「あいつ、なんか怖いんですよ」
八幡「目っていうか・・・声とか表情とか・・・」
八幡「最近様子がおかしくて・・・」
平塚「・・・? (てっきりあの態度が辛いと思っていたのだが)」
八幡『はぁ・・・雪ノ下さん怖い・・・』トボトボ
八幡『(もう疲れた・・・早く家に帰って休もう・・・)』
いろは『先輩』
八幡『』ビク
いろは『先輩こんにちわぁ?!』
八幡『お、おう・・・』
いろは『最近よく私と会いますよねぇ?』
いろは『なんででしょうね?』
八幡『(し、知らねぇよ・・・)』
46:
いろは『そうそう、先輩』
八幡『なんだよ』
いろは『さっき先輩と一緒にいた女の人』
いろは『 あ れ 、 誰 で す か ? 』ニコ
八幡『』ビク
いろは『先輩って、本当に色んな女の人と一緒にいますよねぇ?』
いろは『なんでかなぁ?? なんでかなぁ??』
いろは『・・・・・・』
いろは『面白くないです』
いろは『本当に』ニコ
八幡『』ガタガタ
八幡「俺が何をしたって言うんだよ・・・!」
平塚「・・・・・・」
47:
平塚「比企谷、もう良い・・・もう良いんだ・・・」
平塚「君は全て私に話してくれた、だからもう良いんだ・・・」
八幡「・・・・・・ (今気づいたが、あのアロマ、結構良い香りがするな)」
平塚「辛かっただろう、君はこういうことは誰にも相談せずに」
平塚「いつも自分でどうにかしようとする人間だ」
平塚「だが、今回は私に相談してくれた、私に助けを求めてくれた」
平塚「後のことは私に任せてくれ、悪いようにはしない」
八幡「先生・・・・・・ (なんだ? 頭がボーッとしてきた・・・)」
49:
平塚「比企谷・・・」ギュッ
八幡「あ・・・・・・」
平塚「もう君が悩む必要なんてないんだ、君が犠牲になる必要なんてないんだ」
平塚「君は正しい、周りが間違っているだけなんだよ・・・」
八幡「(先生・・・・・・)」
平塚「君は決して1人じゃないぞ? 私はいつだって君の味方だ」
平塚「・・・・・・」
八幡「(ん・・・段々意識が・・・・・・)」
平塚「そうだ・・・深呼吸をしようか」
平塚「このアロマはリラックス効果もあるからな・・・」
平塚「呼吸の調子も整えて、落ち着く空気も吸える」
平塚「一石二鳥だな」
八幡「すぅー・・・はぁー・・・」
平塚「そうだ、その調子だ・・・」
八幡「すぅー・・・はぁー・・・」
平塚「そう・・・もっと・・・もっと吸うんだ・・・・・・」
八幡「(あぁ・・・あぁ・・・ぅ・・・・・・)」
平塚「ふふ・・・・・・」ニタァ
52:
平塚「八幡、今日はどうだったんだ?」
八幡「ハイ、ミンナ優シカッタデス」
八幡「モウ、ナニモ辛クナイ」
八幡「ヤット苦シミカラ解放サレマシタ」
平塚「そうかそうか・・・ふふ・・・良かったな」
平塚「快適な学校生活が送れるようになって、私も安心だ」
平塚「ふふ・・・・・・」ナデナデ
八幡「ハハ」
53:
雪ノ下「ア・・・ア・・・ヒ・・・比企谷君・・・」
八幡「・・・・・・」
平塚「雪ノ下、下がっていろ」
雪ノ下「チ・・・違・・・私ハ・・・彼ヲ・・・」
平塚「雪ノ下」
平塚「聞こえなかったのか?」
平塚「 下 が っ て い ろ と 言 っ た ん だ 」
雪ノ下「ア・・・ゥ・・・・・・」
雪ノ下「」トボトボ
平塚「ふふ・・・そうだ・・・利口じゃないか・・・・・・」
八幡「・・・・・・」
5

続き・詳細・画像をみる


韓国「産業革命遺産は戦中の植民地支配強制徴用の場ニダ!」日本「あのー、ここ明治時代の遺産ですが」

【野球】糸井重里がBSフジに激怒「ほんとにひどい!フジテレビはもう野球中継をやめたほうがいい」

やったー!インデックスちゃん描けたよー!\(^o^)/

【不思議な科学】 向かい合わせた扇風機の間に紙飛行機を置いたら…浮いた!(・∀・)

【悲報】俺氏(17) プロゲーマー専門学校への進学を親に激怒され連休中の家族旅行置き去りにされる

桃太郎「鬼倒すのだりぃ」

back 削除依頼&連絡先